アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


書籍紹介

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

今夜20時から、ニコニコ動画のストリーミング放送(同時中継)に出演します。
テーマは「ねずさんの日本の心で読み解く『百人一首』: 生放送解説「百人一首に関する四方山話」です。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv220899657

あやめ
あやめ0509


今日は、書籍のご紹介です。
3冊あります。
3冊とも、貴重な本です。
ゴールデンウイークは終わってしまいましたが、これかの時代を生きる教養書として、また蔵書としてお薦めできる本です。

紹介記事の末尾に、本についての私見を書かせていただきました。
よろしければ末尾もお目汚しいただけると嬉しく思います。



1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO


まずご紹介するのは、桜の花出版から出ました『1907 IN KOREA WITH MARQUIS ITO(伊藤侯爵と共に朝鮮にて)』です。
著者は、米国イェール大学教授ジョージ・T・ラッド博士です。

この本は、そのラッド博士が明治40(1907)年に合邦前の朝鮮半島を訪問したときの克明な記録で、きわめて客観的に、当時の日韓の実情がありありと記載されています。
米国での出版は明治41(1908)年なのですが、日本では初翻訳になります。
内容は、まさに第一級資料と呼べるものです。
日韓関係に関心のある方なら必読の書です。
この本を邦訳し、ご出版いただいた桜の花出版の編集長には、心から感謝を申し上げたいと思います。

この本は、翻訳に嘘がないことを示すために、左のページが英文、右のページが和訳で、双方をちゃんと対比することができるようになっています。
内容は、いかにも学者らしく、きわめて冷静に、当時の李氏朝鮮の様子を伝えています。

李氏朝鮮王朝において、両班がいかに国際情勢に無関心で、自分の利権に安住しようとしていたか、民衆がいかに貧しく、搾取されるだけの状況にあったか、とりわけ女性が、まさに性の道具として奴隷以下の扱いを受けていたことなどが、克明に記されています。

また、当時においても、強いものには卑しく媚びへつらい、弱い者の前では人が変わったように居丈高になる朝鮮の人々の様子が活写されています。
これを読んで、あらためて感じたのは、1907年といういまから百年以上も昔も、いまの韓国も、あるいは日本にいる在日コリアンも、その民族性において「何も変わっていない」ということが、まさに手に取るようにわかります。

そうした民族性を目の当たりにしながら、当時、日本の伊藤博文が、穏健にかつ敢然と腐敗した朝鮮を立て直し、人々の民度を向上させるべく、まさに血を吐くような努力をしたいたこともわかります。
伊藤博文は、初代の朝鮮総督府統監ですが、その伊藤博文は、自ら朝鮮半島で努力をすると同時に、半島人の二枚舌、民度の低さ、平気で人を裏切る性癖、女性をまるで性の道具としてしか認識しない半島の男性たちの行状を明確に把握していました。

ですから伊藤は、自ら真剣に半島の民度をあげるべく努力を重ねるとともに、一方では、そのような半島が日本と合邦したときに起きるであろう日本国内の治安の悪化や民度の低下を、明確に認識し、合邦に反対の立場をとっています。
そんな伊藤の葛藤も、まさに米国人のラッド博士は、はっきりと掌握し、そのことを本書に認めています。

いまの韓国では、伊藤博文を暗殺した安重根を民族の英雄にしていますが、この本を読めば、伊藤が暗殺された理由は、まさに朝鮮半島の合邦に伊藤が反対したからであることが、明確にわかります。
その合邦に反対した伊藤が暗殺されたのは、まさに日本に合邦してもらいたい朝鮮人によるものであったわけです。
つまり、いまの韓国が、暗殺の実行犯である安重根を民族の英雄とするならば、それは韓国が日本に合邦してもらいたいという意思表示に、本当はなってしまうのです。
そのことも、この本では、明確にわかります。

まさに、お薦めの本です。



昭和天皇の戦い


次にご紹介するのは、勉誠出版から出た『昭和天皇の戦い 昭和二十年一月~昭和二十六年四月』です。
著者は、外交評論家の加瀬英明先生です。
先頃宮内庁から『昭和天皇実録1』が出版されましたが、この『〜実録』は、昭和天皇のご生誕から崩御されるまでの毎日の御動静を克明に編纂したもので、今年3月から20巻に分けて刊行されることになっています。

この本は、その昭和天皇の御動静について、終戦の年の1月から終戦の翌年4月までを扱ったもので、まさに日本が戦争を終結させ、占領統治が始まった頃の、緊迫した昭和天皇の日常が、克明に綴られています。
実は終戦の前の日、クーデターの計画があり、もしそれが実現していれば、日本は本土決戦となり、はるかに多くの命が失われたであろうこと、そしてそうした暴挙を抑えるために、どれほどまでに陛下がご苦悩されたのか、またご皇族の皆様方が、このとき、どれほどまでに日本の民の安寧のために御心を配られていたか。
一読して、まさに涙がこぼれることを止めることができない慟哭の書となっています。

先の大戦についてご関心のある方には、まさに必読の書といえようかと思います。


英霊との対話としての政治


次にご紹介するのは、西村眞悟先生の『英霊との対話としての政治』です。
この本は、先にご紹介した『英霊に贈る手紙』を編集担当した鈴木千春さんが、今度は西村眞悟先生の講演録を編集し、今回出版に至ったものです。
西村先生の名文は、すでに先生の時事通信等でみなさまご存知のことと思いますが、この本は、編集者として国想う女性が編集を担当することで、西村先生の日頃の主張が、いつも以上に、やわらかで感情のこもったやさしさのあふれていて、それでいて雄々しい文章になっています。

今日、ご紹介した三冊の中では、もっとも読みやすい文になっていますので、女性の方でも、抵抗感なくお読みいただける本だと思います。

ご参考にもくじだけ記しますと、以下のとおりです。
第1章 日本人よ、魂を取り戻せ
第2章 平和を望むなら、戦いに備えよ
第3章 国防は最大の福祉である
第4章 歴史に「解決」はない
第5章 今、幕末が来ている。

==========

さて、せっかく書籍紹介の記事となりましたので、本についてひとこと述べさていただきたいと思います。
「本にオーラがある」などと言ったら、みなさんはお笑いになられるかもしれません。
けれど、内容のある本は、ただそこに置いてあるだけ、あるいは手にしただけで、何事かを私達に語りかけてくれるような気がします。
ちょっと気取った言い方をしますと、「本がささやく」といった感じです。

膨大な本があります。
これまでに出版された本は数知れず、しかも毎日数十冊から多い日は数百冊の本が、新刊書として世の中に送り出されます。
そうした本が置いてあるのが、本屋さんや図書館です。

どんなにすごい読書家でも、そうして毎日世に出される本、過去から続く膨大な本の山にある本のすべてを読むことはできません。
いいかえれば、私達が人生の中で接することができる本は、そうやって世の中に出てくる本の中の、ほんのごく一部のものであるわけです。

膨大な本の山。
その本の山のなかで、自分の人生でどの本を栄養として選択するか。
それはとっても大事なことのように思います。

私達が子供の頃、本屋さんや図書館は、入り口をはいっただけで、そこは何か「宝の山」といった感じがありました。
あるいは遊園地、あるいは宝物殿、言い方は様々ですが、そこには何かワクワクするもの、ドキドキするもの、嬉しいもの、悲しいもの、感動するもの、私達が知らないこの世の秘密の花園、そんな感じです。

ですから、本屋さんや図書館に行くことは、とても楽しいことでしたし、知的な興奮というより、貴重な情報に辿り着けるような、そんな喜びがありました。
昭和で言ったら、30年代40年代の頃です。

ところが昭和50年代くらいからでしょうか。
本の紙質がだんだん良くなり、装丁も立派になり、カラフルな本がたくさん並ぶようになったのだけれど、書店さんや図書館の本のオーラが変わりました。
どの本も、「買って、買って〜〜」とものすごい自己主張をしているのですが、本そのものにエネルギーがない。そんな感じです。
いいかえれば、誤解を恐れずわかりやすく言えば、「中身が空っぽの化粧のどぎつい整形美女」ばかり、つまり外見ばかりで中身のない、実のある知的財産から、中味のない虚飾に覆われた世界になってしまったような、そんな感じです。

そんな変化は、急激になったわけではなくて、徐々に起こった変化でした。
ですから私達には、変わったことさえも当時はわかりませんでした。

ところが、です。
数年前に、焚書の蒐集をしているある篤志家の方のお宅を訪問させていただきました。
そこにはGHQが焚書にした数々の本がぎっしりと書架に並んでいました。
部屋にはいっただけで、その空気に圧倒されました。
空気が重厚なのです。

その中の一冊を、蒐集家の方にご了解をいただいて手に取りました。
中をすこし読ませていただきました。
それは、ある学者の先生が、インドの奥地に行き、そこでの民族の習俗や信仰、歴史、そして欧米の植民地統治によってなされた人々の心の変化などが詳細に記述されていました。
全部、自分の足で歩き、自分で村に入っていき、村の人達から直接取材し、そこからさらに考察を深めていった、そんな本でした。

他にも軍人と性の問題を生真面目に扱った本もありました。
どの本も、出典がどうのとか、他の学者の引用とかはありません。
そういう様々なものから学んだ人が、自分の足で、自分の手で、自分の頭で考え、書き残したもの、それが「本」でした。

そんな焚書本の山の中にいて、三つのこと感じました。
それは「蔵書、引用、実学と虚学」です。

1 蔵書
昔の人は、本はたいせつなものだから、「またいでもいけない」と言いました。
そう思わせるだけの内容が、たしかにあった。それが本というものだった、ということです。
だから「蔵書」として大切に扱いました。
昔だって週刊誌のようなものは、ありました。
知的財産として大切にする本と、たんなる読み捨てペーパーの本、その区別はあったのです。
言い換えれば、蔵書にするということは、その本の外見ではなくて、内容に、自分の子孫にまで伝えたい素晴らしいものがあった、そのように感じさせるだけの内容が本の中にあった、ということです。

2 引用
焚書本のほとんどは、当時の第一級の学者が、自分の足で歩き、自分の目で見、自分の頭で考えた結論をまとめた本でした。
これに対し、戦後の学者の本に限らず小説家の本にしても、あるいは何かの解説書にしても、その多くは、他人の知恵を机の上で寄せ集めただけのものです。
ただの寄せ集めなら、その出典先を読めば済む話であって、逆にいえばその出典先の本を読めば、その本など読む値打ちもありません。
だから「軽い」のです。

もっというなら、その出典先を読めば、だれでも必ずその本と同じ結論に至るはずなのですが、ところが、いくつかの本は、その出典先の本を私も読んでいましたけれど、そこから得られた結論は、まるで違うものでした。
むしろ、これだけの資料を集め、目を通していながら、どうしてそんな表層的なくだらない結論しか得られないのか、その事のほうが不思議に思いました。

そして何より、出典云々の話になれば、まともな書籍はすでに焚書されていて、物事を斜めにしかみれない人の本しか残っていないわけです。
出典は、いかにも「根拠がありそう」を装っていながら、その実態は「根拠のない本を根拠にしている」にすぎないわけです。
しかも、そこには知的実学の欠片もない。
ただ机に座って、他人の書いたものをあれこれと評釈しているだけ。
そんなものなら、いかに高名な学者や小説家の書いた本であったとしても、ただのクズの山だと思いました。

3 実学と虚学
実学と虚学なんて言い方をしたら難しそうですけれど、簡単に言ったら、本物の美人と整形美人の違いです。
若い内は、若さのエネルギーで、大抵の人は輝きます。
けれど、歳をとってくると、だんだんとその人の人生が、顔やスタイルに明確に現れてきます。
若く見えるということと、美しく見えるということは違います。

書店さんの店頭や図書館に並んでいる本が実学の本であった時代、書店さんや図書館には深みのあるオーラがありました。
けれど、だんだんにそれが薄れ、ただのお楽しみ本や中身のない読み捨て本が並ぶようになり、そのオーラはただの化粧の香りだけになりました。
それでも個々にみれば、実のある本というのは、いまでも確かにあります。
そしてそういう本には、たしかに輝きがあります。

いま、書店不況と言われています。
売れるのは、ダイエット本やお弁当のレシピ本、それと漫画ばかりなのだそうです。
けれど考えてみれば、そんなダイエット本やお弁当のレシピ本、漫画本は、出典云々なんてありません。
その本の著者が、自分で悩み、自分の実体験を通していろいろ考え工夫したものばかりです。
漫画にしても、そこには強烈なメッセージ性があります。

消費者は、何故か、とは言ってくれませんが、本物を見分ける力を持っています。
だから実学の本は、いまだって蔵書です。
けれど、虚学な本は、値打ちのない、ただの読み捨ての暇つぶし本です。

戦後の日本社会において、戦前の教育を受けた人達が社会の中心であった時代、そんな時代には、まだ実学の本が主流を占めていたように思います。
ところがその後、本は、どんどん虚飾化してしまし、気がつけば書店不況となりました。
そりゃあそうです。
週刊誌程度の本なら、駅の売店で十分なのです。

そうではなく、一生の宝、あるいは子孫までの宝となるような、そんな本物。そんな本に巡り会えることは、人生の喜びだと思います。
そしてそんな場を提供してくれていたのが、かつての書店さんであり、図書館であったのではないかと思います。

そんなわけで、今日、ご紹介した3冊は、どれも値打ちのある本だと思います。

最後にあと1冊ご紹介します。

国防女子が行く-なでしこが国を思うて何が悪い


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

全世界のカトリック教徒よ日本軍に協力せよ!!ローマ法王が日本軍の進軍を全面支持


ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html




関連記事

コメント
No title
こんにちは。一括りに歴史と言っても・・その只中で人の心はうつろうもの
です。ねずさんは、あやめを選ばれるのですね。
前回の頼政さん。
さみだれに・・そうも乱れた世に 築いてきた垣根を越えて 浸食してしま
うような災いであれば いずれが あやめ~文目・・物事の道理~か わか
らずまどってしまいます
確かに頼政さんは、鳥羽院亡き後保元の乱、平治の乱、以仁王の挙兵へと関
わっていっています。鳥羽院の示唆なさったかもしれない文目、世の道理と
いうものに毎回悩んでおられたでしょうねww以仁王の呼びかけは、逝去の
後に世の源氏諸君に響いていくわけですが、頼政さんの選んだ道でもありま
すね。
人の心は変わるもの。だから二宮尊徳さんのいうように・・人道はともすれ
ば壊れる。だから政道を立て、教えを立て、刑法を定め、礼法を制し、やか
ましくうるさく世話をやいてようやく人道は立つ。天然自然の道とは違う。
となるのでしょう。
鳥羽院の問いかけに、むずかし~と頼政さんが応えて、道理(文目)を忘れ
るなと・・あやめ御前をしてダメ押しした・・みたいなね。そして更に穿っ
た見方をすれば・・あや・・あやうじ・・宗峻天皇の故事まで行き着いても
当時の武人であればおかしくはないかもしれませんね。やはり・・
学術書は全てがフィールドワークではありませんのでして、他の学術の徒の
調べたものも多数参考にしつつ、その上に構築する仮説と検討が大事でして、
そのために眠くなったりするわけですが、特に理系のものはそうでして、そ
のアトラスが教科書になったりするわけで、いろいろな研究をまとめる役割
と頭脳の人も必要なわけです。そして学問の蓄積は分厚くなっておりまして、
ソースの提示も必要でありまして、分厚いくせにコンだけか~い!となって
しまうのもイカ仕方ないのであります。







2015/05/12(火) 22:28 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
私がいつも感心するのは、ブログ主さんたちの読書量の多さです。
それも今私なんかが色々な事を知る何十年も前から、正しい日本について書かれているものを選んで読んでいるのです。やっぱり頭が好い人たちは違うなあと思っています。
私も子供の頃から本が大好きで、町の本屋さんにつれていって貰うと嬉しくてワクワクドキドキで身体中が活性化する感じで、必ずトイレに行きたくなりました。
2015/05/12(火) 22:22 | URL | にこちゃん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/12(火) 17:27 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/12(火) 16:53 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/12(火) 15:23 | | #[ 編集]
出版界の光と影
昔、本を出すというのは大変、手間と労力の掛かるのものでした。明治より前はもちろん、活版印刷の時代は鋳造活字を職人が頁ごとに組版しなければならず、いまより人件費が安かったとはいえ、この工程のイニシャルコストは大変大きなものがありました。また、日本は文字数が多いので活字セットを揃えるための設備投資額も大きく、これも事業者には負担でした。

http://robundo.com/adana-press-club/glossary/ka.html

そのため、売れるか売れないか分からない本というのは簡単には出版できず、出版しようという場合も組版工程の前段階である原稿づくりに手間暇掛けて、間違いのないものを作ろうとしていました。ゲラ刷り(校正刷り)段階で大きな修正を入れることは、組版職人の作業を無にする行為であり、許されないものだったからです。

それがオフセット印刷+写植時代を経て、いまではパソコンを使ったDTP(デスクトップ・パブリッシング)の時代です。パソコンで作った原稿(データ)がそのまま本になる、というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、印刷の工程を知らない人からすると印刷会社は大きなプリンターのように感じるかもしれません(印刷機は英語でプリンターです)。

一冊の本が出しやすくなったので、出版界は粗製乱造の方向に傾いているのは間違いありません。もちろん、渾身の力を込めて原稿を書いている筆者や丁寧な仕事をしている出版社はありますが、そうでないものも多々存在するのも事実です。漫画は現在でも原稿を作るのに手間暇が掛かるので、「片手間で書きました」といったものは淘汰されやすいのでしょう。とはいえ、ダメな漫画も星の数ほどありますけど。

ただ、出版の閾値が下がったこともあってか、書籍の世界にはマスコミ界と違って、言論の自由があります。一部には特定の書籍を出版させないように活動している連中がいるようですが、誰でも出版できるというのは良いことです。かつて本は高価なものの代名詞でしたが、いまの日本は世界で最も安く出版物を入手できる国の一つでもあります。これらは僥倖と言えるのではないでしょうか?
2015/05/12(火) 10:12 | URL | 本がつお #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク