アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


古墳のお話

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

仁徳天皇陵1023_th


───────────
1 古墳はなぜ生まれたのか
───────────

古墳がなぜ造られたのかについて、このブログを通じて何度も「あれは、荒れ地を開墾して田畑を作ることによって生じた土砂の盛り土です」と述べさせていただいています。
これは、何も私が申し上げている新説でもなんでもなくて、戦前は、むしろそれが世の中の常識でした。
地元のお年寄りに聞けば、誰でも知っていた、あたりまえの話でしかなかったのです。

実際、一昔前は、市道とか町道、あるいは農道などの道路は、近隣のおじさんたちが総出で手作りで道を造成していました。
もう少しまえの時代になりますと、いわゆる新田と名前が付いているところなどは、そこに住む農家の方々が、みんなで協力しあって、荒れ地を切り開き、開墾して、田んぼにしていました。

そうやって、人力で、自分たちの力で土地の造成をしてきた人達にとって、田んぼを造ったり、水路を造成したりすれば、そこに大量の残土が出るというのはあたりまえのことでしたし、またそうした残土は、計画的にどこかにきちんと盛土しないと、そもそも土地が拓けない。
くわえて盛土は、計画的にきちんと盛土しなければ、土を盛っただけでは弱いから、大雨で降ったら、土砂が流れて大変なことになってしまうわけです。
だから、盛土の仕方も、ただそこに土を盛れば良いというものではなくて、そこには長年培われた「盛り方」があったし、土砂が流れないための工夫もあったのです。

そうした工事を、自分たちで協力しあってやってきたという経験をもった昔のおじさんたちにとって、そもそも古墳は平地にしかないわけですし、その姿、形、古墳の周囲の土地の状態などを見れば、古墳が「土地を拓くために計画的に残土を盛土したもの」であるということは、経験的に、体感として実感できたものだったのです。


やまと新聞 小名木善行の「百人一首」
11番歌 参議篁(さんぎたかむら)後編



そもそも土地というのは、遠くから平地に見えても、ものすごくデコボコしているものです。
さらに木が生えている。大きな岩もある。
水田にするためには、そんなデコボコ地を(水田は水を張るから)まっ平らにしなければならないのです。
しかも、水はけも良くしなければなりません。

たとえば、表土を取り払ったら、その下から粘土層の土が出てきたなどという場合には、せっかく土地を平らにしても、それだけでは田にも畑にもなりません。しかも水はけが悪い。
これでは作物が稔らないし、根腐れを起して作物がダメになってしまいます。
つまり、土地を開墾して田にするということは、ただ土地を平らにすれば良いというだけでなくて、(もちろん幸運にもそういう土地もあったかもしれないけれど、多くの場合)土地を掘り返し、耕し、土壌の改良作業まで行って、そこではじめて田畑になるのです。

しかも、田畑には水路の敷設が必要です。
水路があるということは、土地が低いということです。
そして土地が低ければ、大雨のとき、大水が出て、作物は全部やられてしまいます。
これを防ぐための手当も必要なのです。
つまり、土地の開墾というのは、それ自体が、長い年月をかけた経験の蓄積の上からでしか成り立たない事業なのです。

さらに大勢で何年もかけて土地を開墾するとなれば、役割分担、出来上がった土地の分配、共同での道具や飯の手配、作業日程管理など、これらは、ただ人が集まればできるというものではなくて、そこには大きな計画性が必要です。
要するに、土地の開墾というのは、それ自体が高い技術の産物なのです。
しかも、ものすごくたいへんな、汗をかく仕事です。

学者の先生たちは、自分では体を動かして働かないから、そうした苦労がわからない。そうした工事の複雑ささえ、理解しようとしない。
ただ頭ごなしに、「古墳は豪族たちが権威を誇示するために民衆を使役して強制的に作らせた墳墓である」などという珍説を唱えているだけです。

どこにそんな証拠があるのでしょうか。
豪族が自分の墓を造るために民衆をムチでしばきあげて使役した、そんな証拠があるのでしょうか。
肝心のムチさえ、これまで一度も出土していないのです。
お墓があるではないかというのかもしれない。
けれど全然逆なのです。

豪族たちが自分の墓を作るために民衆を使役して盛土したのではなくて、その豪族さんを中心に、みんなで努力して新田を開墾し、結果として残土処理のための小高い丘(盛土)ができたから、そこにあとから中心者となってくれた豪族さんをお祀りしたのです。
そこにあるのは、「あの人のおかげで、こうして広い土地ができ、田んぼができ、お米がたくさんとれるようになって、みんなが腹いっぱい飯が食えるようになった」という感謝です。

そのどこがどうしたら「豪族が自分の墓を造るために民衆を使役した」となるのか。
まるで「あべこべ」です。

ですから、私などが子供の頃は、お年寄りたちは、「偉い学者さんというのは勉強ばかりしているから、頭が変になるんだねえ」と、可笑しそうに話していました。
学者さんたちの「豪族使役説、古墳墳墓説」などは、ただの奇説、珍説の類(たぐい)でしかなかったのです。

ところがいつの間にか、そんな「たわごと」にすぎないご高説が、いまではすっかり定説どころか常識化してしまいました。
日本人が土木作業をしなくなったからと言ってしまえばそれまでですが、あまりにも低レベルな話に、むしろ驚いてしまいます。

古墳といえば、我が国最大の古墳が仁徳天皇陵ですが、以前、大林組がこの御陵を造るのに、どれだけの労力がかかるか計算しました。
結果は、完成までに15年8ヶ月、必要人員が延べ796万人です。

仁徳天皇のご治世の頃の日本列島の人口は全国でも4〜500万人程度です。
そんな時代にどうやって796万人も動員したのか。しかも工期は約16年です。
その16年の間、民衆が、ひたすらムチでぶっ叩かれながら古墳造りのための強制労働をさせられていたというのなら、その人達は、使役させている豪族たちも含めて、いったい16年間、何を食べて生きていたのでしょうか。

その間、民衆は老若男女の区別なく、赤ん坊まで借りだして、盛土していたとでもいうのでしょうか。
そしてそこまでして民衆全員を使役しても、まだ人口が足らないことを、いったいどのように説明するのでしょうか。

そもそも、仁徳天皇といえば、「民のカマド」の話で有名な、たいへんに慈愛に満ちた天皇として知られる歴史上の人物です。
その慈愛に満ちた「仁徳」というご尊名と、その業績と、古墳制作のための民の強制労働という話は、あきらかに矛盾します。
その矛盾を、どのように整合させるのでしょうか。

仁徳天皇は、日本書紀によれば、難波の堀江の開削、茨田堤(まんだのつつみ:大阪府寝屋川市付近)の築造(日本最初の大規模土木事業)、山背の栗隈県(くるくまのあがた、京都府城陽市西北~久世郡久御山町)の灌漑用水、茨田屯倉(まむたのみやけ)設立、和珥池(わにのいけ、奈良市)、横野堤(よこののつつみ、大阪市生野区)の築造、灌漑用水としての感玖大溝(こむくのおおみぞ、大阪府南河内郡河南町辺り)の掘削など、広大な田地の開拓を行った、たいへ失礼な言い方ですが、かまどのお話よりも、むしろ仁徳天皇はいわば「土木(どぼく)天皇」といってよいくらい、民のための広大な土木事業を営んだ天皇です。

そしてそれだけの広大な土木事業を営めば、結果として必ず残土が出ます。
その残土は、いったいどのように処分するのでしょうか。
いまならダンプカーで港湾の埋め立てに用いたりしますが、大昔にはダンプなんてありません。
結局、開墾地内に計画的に盛り土するしかない。
わかりきったことです。

ちなみに仁徳天皇陵は、周囲が堀になっています。
盛り土は、土が柔らかいですから、雨が降れば土砂が流れます。
つまり付近の田畑が、土砂で埋まってしまいます。
これを防ぐために周囲を計画的にお堀で二重に囲んでいます。
実に合理的な対処法です。

仁徳天皇陵もそうですが、すべての古墳は平野部にあります。山間部にはありません。
平野を開墾するといっても、原始のままならでこぼこです。
それを水田にするなら、水田は水を引きますから、全体が真っ平らでなければなりません。
また水を引くための水路も必要です。水路には堤防も必要です。そうしなければ大雨のときに水害が出ます。
そうした被害を未然に防ぐためには、計画的な土地の開墾と、指揮者、労働者が必要です。
ただ耕せば良いというものではないのです。
そして広大な土地の開墾は、ものすごく年月がかかります。
しかも開墾しただけではだめで、そのあとの土地のメンテナンスが必要です。

いまでも、一級河川と呼ばれる川には堤防がありますが、そこには国土交通省の役人さんが、自転車で毎日堤防の検査監督をしています。これは猛暑でも酷寒でも大雨でも続けられています。
そういう地道な保護があってはじめて、土地は活きるのです。

けれど人には寿命がありますから、そんな工事を計画し、全体を統轄してくれた大将にも、死が訪れます。
全部、大将が面倒見てくれたから、広い田畑ができたのです。
大将がいてくれたから、安全に土地が使えたのです。みんなが腹一杯飯が食えたのです。
そんな大将に感謝するとしたら、大将のお墓はどこに築くでしょうか。
広大な田畑を見渡せる、盛り土のてっぺんではないでしょうか。
古墳が墳墓となった理由は、そこからきています。
ですから古墳によっては、墳墓ではない古墳もたくさんあります。

たとえば仁徳天皇陵は、もともと墳墓とすることだけを目的とした御陵ではないことは、仁徳天皇陵のすぐ近くにある他の古墳がこれを証明しています。
仁徳天皇陵のすぐ脇に、いたすけ古墳とか御廟山古墳といった前方後円墳がありますが、その古墳が誰のお墓であるのか、いまだにわかっていません。そもそもお墓であるかどうかさえもわかっていません。
要するに、墳墓を目的に造成されものではないからです。
もともとが工事の結果としての盛り土で、結果としていちばん大きな盛り土に、みんなが仁徳天皇に感謝して、そこを御陵にしたに他ならないからです。

ちなみに、小さな盛り土を近くに造成したことにも、ちゃんと意味があります。
水田地帯は、大水に弱いのです。
水が出たら、みなさん、どうしますか?
高いとろろに避難しませんか?
一番大きな御陵を天皇陵にしてしまったら、そこは避難所には使えません。
ならば、その周囲に、こぶりの盛り土を造っておき、万一の場合の避難所にする。
実に合理的です。

そして、冒頭のご質問です。
では、副葬品の埴輪(はにわ)は、何のために埋められたの?、人柱ではないの?というご質問です。

古墳がもともとは大規模土木工事のために、計画的に築かれた盛り土であり、そこに土木工事の大将のお墓を作ります。
なんのためでしょうか?

広大な荒れ地を開墾し、みんなのために尽くしてくれた大将がいれば、感謝の心を持つのが日本人というものです。
お世話になった大将に、こんどは、ずっとその農地を守ってもらいたいと思う。これが人情です。
「大将、生前はお世話になりました。こうして田んぼがひらかれ、オラたち感謝にたえません。
大将、オラたち、これかもずっと、この田畑を大事に守って行きます。
そしたら大将、そんなオラたちが災害に遭わないように、作物に虫がついたり、作物が病気にならないように、今度は、墳墓の上からずっとオラたちを見守っていてくだせえ」

それは、大将が、こんどはあっちの世界で大将になって、病魔や厄災からみんなを守ることです。

「そんなありがたいことをしてくださるなら、おひとりっちゅーわけには、いくめえよ」
「だったら、大将に兵隊さんを付けてあげるべえ」
「んだな。じゃあ、どうせなら、たくさんの兵隊さんがいたほうが良かっぺな」

それで副葬品にしたのが埴輪です。
ですから埴輪は、あの世の神様の兵隊さんたちです。
だから、生きた人、秦の始皇帝の兵馬俑(へいばよう)の兵像のようなリアルな像ではなくて、のっぺりとした、ちょっとお化けのようなお顔をされています。
あきらかに生きた人とは区別した、あの世の神様の兵隊さんたちなのです。
その「あの世の兵隊さん」たちは、とってもユーモラスなお顔をされています。
これを作った人々の、あたたかで、おおらかで、やさしい気持ちが伝わってくるかのようです。

埴輪は、人柱の代替品ではありません。
黄泉の国に行った新田開墾の大将(大きな古墳では天皇)のための、あの世の軍団であり、最初からそういう、この世のものとは異なる設定のものであったのです。

そしてこれまた、わたしたちの曾祖父の時代くらいまでは、古墳の近くで代々生活している人たちにとっては、およそ常識のことでした。

埼玉の行田市には「さきたま古墳群」がありますが、そこは石田三成が忍城(おしじょう)の城攻めをやったところとしても有名です。映画「のぼうの城」になりました。

この城攻めのとき、石田三成は近隣にある古墳群の古墳を取り崩して堤防を築きました。
石田三成は教養人です。
古墳がお墓なら、そんな乱暴なことはしません。
古墳が盛り土と知っていたから、これを用いました。

いまでもこのときに作られた堤防が残っていますが、その土は古墳と同じものだし、堤防から埴輪の欠片などが出土するそうです。
埴輪が、田畑を守る一種の飾り物だったからこそ、三成は、平気でこれを取り崩したのです。

そんな古くからの常識を破壊したのが、戦後の学者さんたちです。
学者さんたちは、古墳は豪族たちの権力の象徴であり、だから古墳は墳墓であり、副葬品としての埴輪は、人柱の代替品であり、もともとは人間を埋めていたのだ、といいます。

では、お伺いしたいのです。
副葬に人柱を立てたというのなら、その人骨が並んだ古墳を見せてくださいと。


───────────
2 古墳はなぜ無くなったのか
───────────

さて、その古墳。
時代とともにだんだん大きくなり、そして小さくなり、最後にはなくなってしまいました。
これはいったいどういうことでしょうか。

古墳の推移
20150707 古墳の推移


上の図をみるとわかるのですが、古墳は西から生まれ、東へと移動して行きながらだんだんに大きくなり、それがさらに東へと移動していくなかで、だんだんと小さくなって、最後にはなくなっています。
その理由です。

これを考えるにあたっては、2つのことを頭に先に入れておく必要があります。
ひとつは、古墳が誕生する以前は、集落社会であり、田んぼも集落前の小規模なものでしかなかった、ということです。(下図)

菜畑遺跡を復元したジオラマ
日本最古の水田(紀元前7000年〜、縄文時代)
20150707 菜畑遺跡


ところが古墳が築造される大和朝廷の時代になると、広大な土地が開かれ、開墾されるようになります。
つまり、大規模な土地の造成と灌漑工事が行われるようになるわけです。
そしてこのことが、つぎの2つめです。
それは、「技術は蓄積によって進化する」ということです。

つまり、大規模造成地の開墾は、技術の蓄積があって、はじめて可能になるということです。
もっというなら、残土処理としての古墳築造の技術が誕生したことによって、大規模な開拓が可能になり、そしてその大規模開墾事業の事業規模がだんだん大きくなるにしたがって、古墳も徐々に大型化していった、ということがわかるのです。

ところがその古墳は、大型化したあと、今度は逆に小型化し、最後にはなくなってしまいます。
なぜでしょうか。

これも答えは、実は容易です。
大規模な土地の造成が行われるようになると、目的は田んぼつくりですから、田んぼは水を使いますので、当然、水路も切り開かれます。

そしていったん水路ができてしまえば、次に必要になるのは、洪水対策としての河川の堤防工事です。
つまり、水路つくりのために掘った土を、以前は盛土にしていたのですけれど、こんどは、その土を、水路を使って運搬し、河川の堤防工事に活かすようになっていったのです。

こうなると、大量な土が必要になりますから、こんどは、盛土(古墳)どころか、山を切り崩して、そこから河川を使って土を運んでくる、といった技術まで生まれてきます。
そしてそうした技術がどんどん進化することで、気がつけば、東京の江戸川や、玉川上水、あるいは神田川のような人造河川さえも築かれるようになっていくわけです。

要するに、土地を開梱した際の残土が、水路が開かれることによって、堤防工事や護岸工事に使われるようになり、結果として、古墳が必要なくなった。
だから、古墳はだんだんに小さくなったし、最後にはなくなってしまったのです。
それだけのことです。

先生によっては、古墳がなぜなくなったのか、という質問に対し、「ブームが去ったから」などと、意味不明の回答をしている方もあるやに伺いましたが、そもそも「豪族たちがムチで使役して〜」という前提が間違っているのです。


───────────
3 仁徳天皇と茨田堤(まんだのつつみ)
───────────

さて、仁徳天皇の業績のひとつに茨田堤(まんだのつつみ)があります。
これは堤防工事としては、日本初の大規模土木工事です。
この工事に際して、日本書紀に次の記載があります。

 *
どうしても決壊してしまう場所が2か所あった。
工事の成功を期して、それぞれの箇所に一人ずつの河伯(川の神)への人柱を立てることになった。
犠牲に選ばれたのは、
武蔵の住人の強頸(こわくび)と、
河内の住人の茨田連衫子(まむたのむらじのころものこ)であった。
強頸は泣きながら入水していき、衫子はヒョウタンを使った頓知で死を免れた。
結果として2か所とも工事は成功し、それぞれ強頸の断間(こわくびのたえま)、衫子の断間(ころものこのたえま)と呼ばれた。
 *

ここで面白いのは、人柱をたてるということが、本当に異常事態であったということが、この短い抄の中で明確にわかることです。
しかもその人柱に際して、ひとりはお亡くなりになってしまったけれど、もうひとりは頓智で生き延びた。
そしてその両方の人の名を懸賞して、いまなお、地名にそれを刻んでいるということです。
どこまでも人命を尊重している姿勢が、ここにはっきりと伺えます。

こうしたことは、日本がウシハク国であり、仁徳天皇が民をムチでしばきあげながら強制労働させて自分の墓を造るような大君なら、ありえないことです。
あたりまえのことですが、大規模土木工事の「技術」は、一朝一夕に出来るものではありません。
長い年月にわたる高度な築造技術の蓄積がなければ、絶対になし得ないことです。
それだけの技術が開発され定着するには何代にもわたる土木技術の積み重ねがなければなりません。
そしてこうした大規模な土木工事が、誰のために誰がするものなのかといえば、まさに地域に住む民衆のために民衆のリーダーがするものです。

リーダーのもと、みんなが納得して力を合わせるのでなければ、土木工事なんてできるものではありません。
公共工事としての土木事業は、水害から多くの人々の命と暮らしと田畑の作物を守ります。
それは要するに、みんなの暮らしが安全で豊かになる、それをみんなで納得して行なうということです。

それをみんなが納得して行う。
それが「シラス」国というものです。


───────────
4 世界遺産登録に反対する
───────────

平成20年に、文化庁が仁徳天皇陵を世界遺産に推薦する構想を発表しました。
これは実は仁徳天皇陵だけではなくて、履中天皇陵・反正天皇陵・仲哀天皇陵・応神天皇陵・允恭天皇陵などのある「百舌鳥古墳群」なども含まれます。
文化庁のこの発表は、もともとはその前年に大阪府・堺市・羽曳野市・藤井寺市が、世界遺産の国内暫定リストへの追加を求める提案書を提出したことを受けたものです。

「我が国の誇る御陵が世界遺産になるというのなら、結構な話じゃないか」と思うのは、浅はかというものです。
実は、この提案の背景には、とんでもない「ウラ」があるのです。

というのは、世界文化遺産に登録するためには、学者達による審査が必要になるのです。
その審査とは何かというと、「仁徳天皇陵であり、仁徳天皇のお墓というのなら、その墓をあばいて本当にお墓であるかどうかを調査せろ」という、とんでもない「条件付き」になっているのです。

要するに文化財としての実態があるのかどうかを、左巻きで「古墳=豪族たちが民衆を強制的に使役して奴隷のようにこきつかって自分の墓を築かせた」としか考えようとしない、もうしわけないけれど私に言わせていただければ「頭のおかしな自称学者」たちが、学生たちを引き連れて古墳を掘り返し、「墓あばきをさせろ」というのが、その背景にあるのです。
そしてこのことは、我が国における天皇の権威とその存在を否定したい人たちにとっての標的になっているのです。

これに対し宮内庁は、
「陵墓は単なる文化財ではなく皇室の祖先祭祀の場である。よって静安と尊厳を維持すべきものである」として、断固反対をしています。
当然のことです。

そもそも日本は、天皇を頂点とする君主国なのです。
たかだかできて70年にも満たない日本国憲法にどう書いてあるかがが問題なのではなくて、日本にはどんなに遅くに見積もっても1300年以上の天皇のシラス国としての歴史の重さがあるのです。
そして天皇が神聖にして不可侵の存在であり、その天皇によって、すべての民衆とすべての日本国領土が天皇の「おおみたから」とされることによって、私たちは権力者、民衆を私的に支配し収奪する権力者からの自由を得ているのです。それが日本です。

このことは逆に見たら、よりわかりやすいかと思います。
天皇という権威の存在がなければ、私たちは権力者に私的に支配される私物と化すのです。
その権力者が、たとえ選挙など民主的な方法によって選ばれたとしても、ひとたび権力を得てしまえば、その権力者からみれば、民衆は被支配者であり、権力者の私物です。
権力者は民衆から、財産どころが命を奪っても構わない。なぜなら、私物だからです。

いまの日本には、この日本古来の社会的仕組みを否定する人たちがいます。
なぜでしょうか。
天皇は政治権力を持ちません。単に権威として領土領民を「たから」としています。
政治権力者にとって、民衆も領土も天皇の「たから」だからこそ、自由に私的に支配できない。
民衆のための政治をせざるをえない。民衆のために働かざるを得ない。

それを否定するということは、端的に言えば、否定している人が、ただ自分が権力を握り、多くの民衆を使役し支配し、自由にわがままを通したい(これをウシハクといいます)だけのことだということがわかります。
グローバリズムでも民主主義でもなんでもない。
ただ、支配欲、権力欲に取り憑かれた痴れ者だということです。

天皇陵は、そのシラス存在である天皇と、民衆の君民一体の証(あかし)です。
証だからこそ、聖地なのです。
陵墓公開要求をはじめ、仁徳天皇陵を仁徳天皇陵と呼ばず「大仙古墳」などと呼ぶ運動は、煎じ詰めれば、日本を解体し、日本人の自由を奪いたいという私的な欲望に他なりません。
じつに、傲慢かつ不遜かつ、子供じみた執着というべきものです。

御陵を護るということは、単に御陵を物理的に維持するということではありません。
仁徳天皇の遺徳を通じて、私たちが君民一体という日本の国のカタチを護るということなのです。
だからこそ仁徳天皇陵は「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」として、立入禁止の「聖地」とされてきたのです。
仁徳天皇陵は、単なる古墳ではないし、文化財や観光遺跡とは違うのです。
私たちのアイデンティティの源泉なのです。

「世界遺産になれば沢山の見物客が訪れるから、皇室の宣伝になっていいじゃない」という人もいます。
それこそ自分勝手な自己の利得だけを考えている証左です。
自分がウシハク者になりたいと宣言しているようなものです。

仁徳天皇陵をはじめとしたご皇室の墳墓は、観光地ではありません。
「世界遺産」という名の観光地ではなく、私たち日本人の「聖地」です。
仁徳天皇陵をはじめとする陵墓には、私たちは断固反対しなければなりません。


最後にもうひとつ古墳に関するお話を書いておきます。
今、東日本最古・最大級の古墳である「高尾山古墳」が潰されようとしています。
この古墳は、西暦230年頃に築造されたもので、卑弥呼が埋葬されたといわれる箸墓古墳(奈良県桜井市)よりも古いものです。
全長62.178m、周囲には、幅8~9mの周溝が巡らされ、周溝の底から墳頂までは4.679mもあります。
これは古墳出現期としては全国でも屈指の規模の古墳です。

この古墳が発見されたのは2008年のことで、沼津市中心部と東名沼津IC・国道246号方面を結ぶ都市計画道路「沼津南一色線」の建設のために、その計画線上にあった2つの神社が移転となり、さらに工事を進めようとしたところ、神社の跡地の下から巨大な前方後方墳が出現したのです。

高尾山古墳近影
20150710 高尾山古墳


ところが沼津市は、この古墳を壊して道路を建設する方針でいます。
そして2016年までに発掘調査を済ませ、2017年から道路工事に着手するのだそうです。

私は、道路工事には賛成です。
ですが、古墳の取り壊しには反対です。
古墳は、その地が開墾された大きな証です。
沼津に「高尾山古墳」があるということは、西暦230年には、このあたり一帯が広く開墾されたということ、そしてその大規模な開拓工事が行われるだけの技術力が、この地にあったことを示している大切な遺構だからです。
これは地域の誇りです。

ちなみにこの古墳も、「埋葬は西暦250年頃」と推定されています。
つまり、古墳ができた時期と、埋葬の時期に隔たりがあるのです。
理由は、上をお読みいただいた方には、もう明らかだと思います。


最後にもうひとつ。
この記事をアップしたあと、非公開コメントで、次のご指摘をいただきました。
「日本書紀の垂仁天皇記の「ノミノスクネと埴輪」のところに、ヤマトヒコノミコトが亡くなっなさい近習の者を集めて、全員を生きたままで、陵のめぐりに埋めたてた。その事に垂仁天皇が心を痛まれて、「これからは、止めよう。」と、そしてノミノスクネが出雲の土部を呼んで埴輪を造らせ天皇に献上し、「これからは、この埴輪を生きた人に変え陵墓に立て後世のきまりとしましょう」と、提案すると天皇は大いに喜ばれた」とあるが、というご指摘です。

日本書紀のこのくだりを読んだらわかるのですが、ここに書かれているのは、できあがった古墳に、偉い人を埋葬する際のしきたりとしての殉死の話です。
つまり、殉死と、古墳が何故できたかの話とは、別な話です。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html






関連記事

コメント
神社移転は全く触れていませんでしたが、
古墳移転計画、日本人勝利を勝ち取りました。

沼津市長は過失一部分以上を認め、市民反対に屈しました。
2015/08/21(金) 00:53 | URL | どちらさまでしょうか。 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/12(水) 15:54 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/14(火) 03:22 | | #[ 編集]
No title
こんにちは。今回の歌は青い海に島々が見える雄大な絵が浮かびますね。
小野タカムラ。子子子子子子子子子子子子 をどう読むかという嵯峨天皇に、
ねこのこ こねこ ししのこ こじし とすかさず応えたというお方ww
すばらしく機知に富んだ方だったのですね。きっと句を捻るのもお好きだっ
たし、もちろん暗喩もお好きだったのじゃないかな。というところで、連想
ゲームを楽しんでみました。
わたのはら・・・まんま古語のワタ(海)で海原。
八十島かけて・・八十島祭。中でも海や航海の神さまである住吉神社の神さ
        まには、航海の前には祈願した。その神さまにかけて
こぎいでぬと・・コレは斉明天皇(あるいは額田王)のうたで、白村江への
        派兵前に詠んだうた 
    新田津に船乗りせむと月待てば 潮もかないぬ 今は漕ぎ出でな 
        にひっかけて、自分は出ないとww
人には告げよ・・人って政権と民衆かな
海人の・・・・・海に関係する人。海人族?小野家は小野妹子より隋や唐へ
        派遣される人材や九州や東北の地方官を生んできた。
        斉明天皇や額田王に付随する大海人皇子の連想も。大海人
        皇子の教育係が凡海氏(おおあまし)
つりふね・・・・難解。こじつけるとタカムラを意味するかな。
        つ(都の)り(官吏)ふ(にんべんに専 で東宮の指導者
        タカムラは東宮学士で東宮の教官)ね(声)
        都の官吏で東宮学士の声で~す とかww
        ふね には棺の意味もありますが・・
当時は遣唐使の航路も変わり、南路の五島列島から東シナ海横ルートだった
ようです。ハントウは危険だったのと、白村江の影響もあって行きにくかっ
た模様wwそこも、やんわ~り突いているような・・。唐に渡ろうとして2
度失敗し、3度目で船を上役にとられて、も~~行かねえよ~という声ww
上役の藤原常嗣に同行した円仁さんの書いたのが、入唐求法巡礼行記という
唐末期のちょっと~~・・な状況記録という。これでは廃止論も出るという
ものですね。

2015/07/13(月) 01:44 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
一日に稼動する人数
一日に稼働する人数ですが、その稼働人員は、他の事をまったく何もしないで、専業であったとお考えでしょうか。
また、日本の人口500万は、老若男女を合わせた全国の人口です。
仕事のできる年代の男性人口で、しかも作業は農閑期のみ、しかも浪速界隈に集まれる人たちだけが作業対象です。
しかも、公共工事ですから、当然、当時でも休日があります。
その農閑期ですが、当時は二期作です。つまり春〜夏、秋〜冬にかけて、年二回作物をつくります。
その農閑期となると、期間は限られます。
そう考えると、所要人員はお考えよりも、もっとずっと大変になるのでは?
2015/07/12(日) 09:49 | URL | #qbIq4rIg[ 編集]
No title
>>完成までに15年8ヶ月、必要人員が延べ796万人です。

と言うことは、一日に稼動する人数は 
7,960,000/(15*365+8*30)=1,392
です。

日本全人口が5,000,000だとするとそれほど桁外れの人数とも思えませんがいかがでしょうか。
2015/07/12(日) 09:12 | URL | #AIlHpmOk[ 編集]
No title
いつも為になるお話ありがとうございます。ねずさんの古墳盛り土説に私も賛成です。ただ、中の巨石については、とてもその時代に加工運搬できないため、もともと巨石があった場所に盛り土したのだと思います。なぜ、巨石があったのかはわかりませんが、ピラミッドのように世界には超有名な時代に合わない巨石建造物があり、それら遺物と同様なのではと思います。あと、ワニの話は賛成しかねます。船のことをワニと発音していたのではと言う説があり、そっちのほうが考えやすいです。
2015/07/11(土) 13:04 | URL | 盛り土説に賛成です #-[ 編集]
思い出した…
古墳とはそういうものでしたか…。

ふと小さい頃に読んだ歴史漫画を思い出しました。
時の権力者(天皇?)が働く下々に命令している図、
働く下々が家族と泣き泣き離れて旅立つ図、
何一つ疑問に思わず読んでいました。

このブログの内容が漫画になったらいいですね。
2015/07/10(金) 23:09 | URL | 柴犬女子19歳 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/10(金) 21:55 | | #[ 編集]
神話は創作か、実話を元にしているのか
 GHQが仁徳天皇陵に入ったという「話」があります。
プレスコードに
17. 神国日本の宣伝
とありますが、これが単に【思想だけ】の問題であるのか。

 はやし浩司さんという方の動画をご紹介します。
https://www.youtube.com/user/hiroshihayashi/videos
事実を積み重ねてほぼ毎日検証されています。

例えば昨年2月頃の話ですが、ペルーのパラカスに長頭頭蓋骨が見つかり、
DNAバンクで調べたところ未知のミトコンドリアDNAだったそうです。
(つまり地球上のミトコンドリアを持つ生物との繋がりを持たない)

 【大日本帝国憲法は現存し、『日本国憲法』は憲法として無効であり、
国体・憲法に反しない限りに於いては、日本国憲法は講和条約として有効で、
また、その下の法令も有効である】と提唱した南出喜久治弁護士は
「喜久治だからキ印だと言われた」と以前紹介した動画で発言されています。

 同じく古事記にはワニが出て来ますが、大阪から30万年前の地層から出て来ました。
これは学術的にはサメであるのが「常識」であり、ワニは「論外」です。
 しかし、ワニで無ければ「うさぎが背中の上を跳ねる」という「話のネタ」は
無理があるのです。

 では、神様と呼ばれる「人間」では無い存在が現存しているのか。
帝国憲法告文には「皇祖
皇宗ノ遺訓ヲ明徴ニシ」と有り、
「皇祖皇宗」と言うお言葉は教育勅語や終戦の玉音などでも有ります。
天照大神を祖とし、それに続く神様や代々天皇のことを指します。

全ての物事について皆が再検証する時が来ました。
物事をはじめから決めつける時代が終わったのです。

 基礎知識と日本の成り立ちに係わりそうな動画をいくつかご紹介します。
興味深いのは仁徳天皇陵について、
ねずさんがここで紹介されているお話と、
はやしさんの仮説が干渉しないところです。

何のために大仙陵はあるのか?https://www.youtube.com/watch?v=SnU7aTCF9tc
周囲科学と周囲文化についてhttps://www.youtube.com/watch?v=68G4orfs2YA
神々の96分割分度器(神々の正20面体地図)https://www.youtube.com/watch?v=lN35JUaXX1o
謎の稲荷、稲荷とは誰なのか 日本とエジプトの不思議な関係https://www.youtube.com/watch?v=-4wSvnN0F5A
古事記の中の神々https://www.youtube.com/watch?v=MfqpsOmI_Yw
靖国神社は日本の拠点だったhttps://www.youtube.com/watch?v=EnRpf4FyJxw
銅鏡はhttps://www.youtube.com/watch?v=smzwPcXR2Lw
これが日本です。https://www.youtube.com/watch?v=wHvLmDp23e4
2015/07/10(金) 21:06 | URL | 子無零 すこぴお #3un.pJ2M[ 編集]
No title
ただ金が欲しいのなら、恐山なり、富士山をほじくればいくらでも金が出て来ます。
其れをしないという事こそ、日本人の誇りなんでしょうね。
自然を蝕まない事を神道という形で抑制して来た様に思われます。
2015/07/10(金) 21:01 | URL | のんべ安 #-[ 編集]
No title
仁徳天皇陵は航海の目安となり水飢饉などの甕の役割など民にとって重要な施設であったと思われます。その事が広く伝わり古代の人々の知恵を図るのも歴史の重要性と考えます。

また、大仙古墳ではありません。仁徳天皇陵です。
2015/07/10(金) 20:51 | URL | 冷えたの阿礼 #-[ 編集]
大事な古墳を守らなければ
世界文化遺産に登録するために古墳を掘り返すなんて、もってのほかです。
今回の明治維新の遺産登録でも見られたように世界遺産登録されることにより引き起こされる弊害の方が大きいです。
世界文化遺産の登録なんて必要ありません。
高尾山古墳も同じです。
古くから受け継いだ日本の大事な財産を次の世代に伝えられるように守ることが大切だと思います。
2015/07/10(金) 18:42 | URL | #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
ねず先生がこの間のお話で北朝鮮は実は親日と言われていた事が心に残っています。
しかし、今なお拉致された日本人が多くいて拉致被害者のご家族がご高齢になられた現状で、とても北朝鮮が親日とは言えないと思うのですが。北朝鮮が親日である根拠を機会があれば、お話して頂きたいです。
2015/07/10(金) 18:01 | URL | #-[ 編集]
20年ほど前、当時の沼津市は某百貨店系列と懇意で飛ぶ鳥を落とす勢いで発展していたと感じましたが、先日行った際はみる影もなく廃れていました。観光客で賑わっているのは沼津港くらいかな。言い過ぎでスミマセン。
それにひきかえ、現在では隣の三島市は蛍はあるわ、楽寿園はあるわ、三嶋大社のにぎわいはあるわ(これが一番の違いかも)、で完全逆転していました。
ここで更に歴史的遺物を壊すとは…。
2015/07/10(金) 17:08 | URL | 菊 #J9KrKsHg[ 編集]
No title
古墳にはちょっと関係ありませんが、日本とシナが戦争したときになぜ日本軍は圧倒的なシナ軍の数に勝つことが出来るのかという理由が判明したそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000064-rcdc-cn

:引用:
国民党軍で軍医をしていたというスレ主の祖父が、スレ主に対して抗日戦争で日本に負け続けた理由について語ったという。それは「国民党軍は上層部への報告で、人数を少なくとも2割から3割は水増しし、ひどい所では7割も水増しして不正に給与などを得ていたから」だという。

それで、「日本軍が3万人きたら、蒋介石は10万人の軍を派遣するが、実際には2~3万人しかおらず、軍はすぐに逃げだすが、上層部へは7~8万人死亡と報告する。そうしないとつじつまが合わなくなるからだ。さらに、勝てる戦争でも上層部が来て統計すると矛盾が出るので勝ってはいけなかったのだ」とも語ったという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これでは勝てるわけがないな」
「これは十分あり得る話だ。統計数は簡単に誤魔化せるものだから」
「なるほど。だから数十万や数百万の軍で数万人の日本に勝てなかったのか」
 「水増しはわが国の伝統だからな」
2015/07/10(金) 15:29 | URL | 鬼子 #-[ 編集]
驚き…そして納得
うわぁ、そうだったのか!と驚きました。そして納得出来ました。何故なら、私の故郷の南河内には小さな古墳があちらこちらに在りまして、その上にテニスコートがあったり、別の学校はグラウンドだったりしています(笑)
何かの工事がはじまると暫くして中断…古墳らしきものを調査、とにかく時間がかかったりします(笑)
自宅の建て直しでも旧家は、鉄筋に建て替えるのに土台作りの為に下手に掘ると、色々出て来て、自費で調査→出土品は寄付、の運びになる、お金もかかるものだから困ると言うような事が度々あります(笑)
ですよね~!お墓ならその上で走り回ったり出来ませんもの、そうでしたか(笑)それから河内平野を見渡す山から見ると町のあり得ない場所に小高い丘があるのもきっとそうなんでしょうね~
確かに日本で最も古い古墳は大切に未来へ渡す責任が私たちには在ります。
しかし、道路も今を生きる私たちには大切なものでも在ります。現代はもう壊す為の技術を駆使しては成りません。保存できる為の技術を駆使して遺すのが「世界に感動を与える」日本のインフラだと思います。
あっと驚く解決案で沼津に海外・国内の観光客が押し寄せるようなものが出来ると嬉しいですね。
新しく出来る道路が古墳のビューポイントであったならどうでしょう?近隣の方には便利に利用出来る道路でありますが、ちょっとおりれば道の駅ふうの施設と古墳の見学コース等の入り口があるとか?
せっかくの遺産を破壊ではなく道路を活かして町の有益な財産になるといいな。難しいですかね…
2015/07/10(金) 15:18 | URL | 紫陽花 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/10(金) 13:18 | | #[ 編集]
No title
初めて聞いた話ですが墳墓説よりはるかに説得力を感じました。
盛り土をお墓にしたかどうかは分かりませんが、南米のモホス大平原にも同じような遺跡があります。
洪水対策として湖を作り、その残土で丘を作る。丘は洪水時の避難場所になり、湖では魚の養殖をしていたらしいです。
2015/07/10(金) 12:08 | URL |   #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/10(金) 11:35 | | #[ 編集]
ストンと理解できました
いつも楽しく拝読しております。
最近、出雲旅行を契機に神話や古代に興味を持ち始めた、歴史初心者です。
今日の古墳のお話、とても自然に納得できました。
学校で習った歴史は、「そんなもんだったのかなぁ・・・」といまいち情景が思い浮かばない、現実味を帯びないもので、なかなか授業に身が入らなかったのを覚えています。
古墳が土木事業の産物で、残土もきれいに形を整えて、より貢献した人のお墓にしましょう!という考え方にとても共感できます。
当時、すべて人の手で土地を開拓し河川を整備することは大変だったでしょうね。古墳は、大変だけど実りある作業を終えたとき、自分たちを称えるモニュメントにもなり得たのではないでしょうか。
もし学校の授業でそう教えて貰っていたら、古墳を見るたびに、遠い昔のご先祖様に感謝できたのに・・・と残念です。
ねずさんのブログを通して、真実を自分の目で見極める事の大切さを日々学んでおります。これからもねずさんのご活躍を楽しみにしております。
2015/07/10(金) 10:59 | URL | maru #4qjBBH3c[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/10(金) 10:02 | | #[ 編集]
No title
あの世や黄泉の国もこの世とあんまり変わりはない世界だそうですね。

***
あるとき保守系愛国者が埋葬されました。
 民衆「おいら達のあの大将には本当にお世話になったなぁ。そうだ!護衛官として旭日旗掲げて戦闘服着て大和刀と重機関銃持ったハニワも埋葬してやるべさ。きっと百鬼達から守ってくれるに違えねぇ!」

数日後、左翼が埋葬されました。
 民衆「あの変わり者も埋葬せなにゃならんなぁ。そうだ!やつの墓に憲法9条の旗持った9条信者の人形とかも埋葬してやるっぺさ!あいつらの言うことが本当なら憲法9条が赤鬼青鬼鬼子に百鬼達から守ってくれるっぺよ!」
2015/07/10(金) 08:45 | URL | 鬼子 #-[ 編集]
ぜひ反対の声をあげて下さい。m(__)m
 <<今月中>>に、来年ユネスコへ推薦する1件が選ばれますが、
仁徳天皇陵などを含む【百舌鳥古市古墳群】もその候補に入っています。
ぜひ【反対の声】を届けていただけますようお願いいたします。

ご参考)
■文化庁
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
御意見・お問合せページ(https://inquiry.bunka.go.jp/)の
「世界文化遺産に関すること」をクリックするとフォームページに移動。

■日本ユネスコ国内委員会事務局
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 文部科学省内
メールアドレス jpnatcom@mext.go.jp

■宮内庁
〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
ホームページ(http://www.kunaicho.go.jp/)最下部の「ご意見・お問い合わせ」を
クリックするとメーラーが起動。

■e-Govの「各府省への政策に関する意見・要望」
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose)で「宮内庁」「文部科学省」に
チェックを入れて意見送信することも可能。

■また大阪府堺市では、世界遺産登録を視野に
「(仮称)百舌鳥古墳群ガイダンス施設基本計画(案)」として、仁徳天皇陵西側
(大阪女子大学跡地)に新施設を建てる計画です。

http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/sei/ayumi/guidance-keikakuan.files/guidance-gaiyouban.pdf
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/sei/ayumi/guidance-keikakuan.files/guidance-kihon.pdf

これについての意見公募が7月31日締め切りで実施されています。
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/rekishi/sei/ayumi/guidance-keikakuan.html
2015/07/10(金) 07:54 | URL | 桜 #5LvXutIM[ 編集]
No title
民主党政権の時に「仕分け」といって建設工事中断ばかりをしていた。
地方の建設業者は看板をおろした。
廃業ではない。
人夫の給料を支払うことが出来なくなった。

その時、東日本大震災が起こった。
復旧工事をする建設業者は少なくなっていので作業が出来ない。
人夫は転職していて作業をすすめることさえできない。

今日のお話で「因果」なことだと思った。
今の国会議員に言い聞かせたい。
2015/07/10(金) 07:53 | URL | はっちょもん #-[ 編集]
No title
有事~そのとき【4】敵を分散&個別撃破せよ[前編]
http://yomei3archives.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
2015/07/10(金) 07:18 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク