アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


涙の打坂峠

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20150720 夏の花


終戦後、まだ間もない昭和22(1947)年9月1日午前8時頃のことです。
長崎市の北側の山中にある打坂峠(うちさかとおうげ)の急な坂道を、大瀬戸発長崎行きの木炭バスが、満員の乗客を乗せて登っていました。

この頃の打坂峠は、舗装などされいていないデコボコ道です。
道は狭くてくねくね曲がり、道路勾配は20%もありました。

いまの道路構造令では第20条で、道路勾配は最大12%以下と定められています。
勾配5%の坂が20メートルもあったら、もはや坂の向こうはみえないくらいの急な坂です。
それが勾配20%です。
どれだけ急な怖い坂だったか伺われます。

その木炭バスが坂の半ばに差し掛かったとき、突然エンジンが停まってしまいました。
運転手は直ぐにブレーキを踏みました。
ところが、ブレーキが利きません。
サイドブレーキも利かない。
エンジンもかからない。

上り坂の途中です。
バスがバックで坂を転げ落ちないよう、運転手はギアを前進に入れようとしました。
ところが前進ギアも入らない。
あとでわかったことですが、ギアそのものが壊れてしまっていたのです。


やまと新聞 小名木善行の「百人一首」 第17番歌 在原業平朝臣

上り坂でいったん停止したバスは、ズルズルと坂道を後退し始めました。
運転手はバスを止めようと必死に操作しましたが、バスはドンドンうしろに下がって行きます。
急な坂道です。
しかも曲がりくねっています。
乗客は30人あまりです。

このままでは大惨事になると思った運転手は、車掌をしていた鬼塚道男(おにづかみちお、当時21歳)さんに向かって、
「鬼塚!直ぐに降りろ!石ころでん棒きれでん、なんでんよかけん車の下に敷け!」と叫びました。

声を聞くやいなや、鬼塚車掌はバスから飛び降りました。
そして近くにあるものを片っ端から車輪の後ろに置きました。
ところが急な下り坂で加速がついたバスの車輪は、木片を弾き飛ばし、乗り越え、石を粉々に砕(くだ)いて、後退してしまいます。

乗客たちには、なすすべもありません。
「こいは、もう、おしまいばい!」
乗客全員が、そう思ったとき、バスは崖っぷちギリギリのところで止まりました。
すぐ後ろは、高さ20メートルの険しい崖でした。
あとすこしで、大事故になるところでした。
運転手も乗客も、みんなほっとしました。

運転手はバスから降りました。
そして、「鬼塚!どこに、おっとか!」と声をかけました。
けれど返事がありません。
乗客たちも、降りてきました。
そしてひとりの乗客が、「バスん後ん車輪に、人のはさまっとる」と指差しました。

車輪の下に、鬼塚車掌がいました。
彼は自分の体を輪止めにしてバスを止め、崖からの転落を防いでいたのでした。

 *

朝の10時過ぎ、自転車に乗った人が「打坂峠でバスが落ちた。早く救助に!」と長崎バスの時津営業所に駆け込んできました。
時津営業所の高峰貞介さんは、すぐにトラックに飛び乗り、大急ぎで現場に駆けつけました。

バスは、落ちてはいませんでした。
崖、ギリギリのところで止まっていました。
バスの外に運転手はいました。
真っ青な顔をしていました。
必死になってジャッキで、バスの車体を持ち上げていました。

 *

高峰貞介さんは後に事故の様子と鬼塚さんについて次のように語っています。
=======
たしか、朝の10時少し過ぎだったですたい。
自転車に乗った人が「打坂峠でバスが落ちとるばい、早よう行ってくれんか」って、駆け込んで来たとです。
木炭のトラックの火ばおこしてイリイリしてかけつけると、バスは崖のギリギリのところで止まっとったとです。

もうお客はだれもおらんで、運転手が一人、真っ青か顔ばしてジャッキで車体を持ち上げとったですたい。
「道男が飛び込んで輪止めになったばい。道男、道男」って涙流しとったです。

当時の打坂峠は胸をつくような坂がくねくねと曲がっとりましたけん、わしら地獄坂と呼んどったです。
自分で輪止めにならんばいかんと思うたとじゃなかでしょうか。
丸うなって飛び込んで。

道雄の体をバスの下から引きずり出して、木炭トラックの荷台に乗せました。
背中と足にはタイヤの跡が付いていましたが、腹はきれいでした。

十秒か二十秒おきに大きく息をしていたので、ノロノロ走る木炭トラックにイライラしながら、しっかりしろ、しっかりしろと声をかけて。
9月といっても一日ですから、陽がカンカン照って、何とかして陰をつくろうと鬼塚車掌に覆いかぶさるようにして時津の病院に運んで、先生早く来てくれ、早く早くって大声を出しました。

その晩遅くに、みかん箱でつくった祭壇(さいだん)と一緒に仏さんを時津営業所に運んで来たとです。
道男君は、おとなしかよか男じゃったですたい。
木炭ばおこして準備するのは、みんな車掌の仕事ですけん、きつか仕事です。
うまいことエンジンがかかればよかが、なかなかそげんコツは覚えられん。
よう怒られとりました。

それでもススだらけの顔で口ごたえひとつせんで、運転手の言うことばハイ、ハイって聞いとったです。
ばってん、そげん死に方ばしたって聞いた時には、おとなしか男が、まことに肝っ玉は太かって思ったもんですたい。
=======

鬼塚車掌は、炎天下のトラックの荷台で熱風のような空気を大きく吸い込んだのが最期でした。
この事故が起こった昭和22年のことです。
日本はまだ敗戦の虚脱状態にありました。
長崎は、原爆被害のあとで、病院通いをする人たちがたくさんいた頃です。
闇市への買い出し、市内の病院に被爆(ひばく)したお子さんを連れて行く母親、そういう30人あまり乗客でした。
その乗客たちの命と引き換えに、鬼塚さんは若い命を閉じました。

みんな生きるだけで精一杯の時代でした。
原爆が落ちて日もない。
他人のことなんかかまってる余裕なんてなかった、そんな時代でした。

それでも乗客たちはみんな、口々に身代わりになってくれた鬼塚車掌さんや、たすけてくれたバス会社の人たちにお礼を述べました。
けれど、物資が不自由な時代です。
誰も何もしてあげることは出来ませんでした。

鬼塚道雄車掌(当時21歳)
鬼塚道雄車掌


それから26年が経ちました。
昭和48年のことです。
新聞の投書欄に、そのときの乗客だった方が、感謝の思いを綴った記事が載りました。
その記事を、たまたま長崎自動車(長崎バス)の社長が眼にしました。

社長は、その日の内に緊急の役員会を招集しました。
「私が発起人になる。浄財を集めて、鬼塚さんを供養する記念碑を造ろう!」

こうして一年後、事故が起きた打坂に、記念碑とお地蔵さんが建てられました。

救命地蔵(長崎市打坂)
救命地蔵


以降毎年、鬼塚車掌の命日となった9月1日に、長崎自動車では社長以下、幹部社員が地蔵の前で供養を行っています。
また、近くにある時津幼稚園の年長組みの園児たちも、毎年地蔵尊にお参りして、花を手向けて小さな手を合わせています。

時津幼稚園の山口理事長は、「近年、子供の犯罪が問題化しており、園児達に小さい頃から命の尊さを感じとって貰いたい」と鬼塚車掌の話を子供たちにして園児達の地蔵尊へのお参りを実施しているそうです。

******

このお話は、長崎の教育委員会からパンフレット等で紹介され、また、ネット上でも
『伝えたいふるさとの100話』
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/1_all/jirei/100furusato/html/furusato090.htm
でも紹介されています。

命は、たったひとつしかない、たいせつな、かけがえのないものです。
けれどみんなのために役に立つこと。
そのために自分の命を使うこと。
それは、間違ったことなのでしょうか。

鬼塚道雄さんは、バスを止めようとして、若い命を散らせました。
それは「自分の命を粗末にした」ということなのでしょうか。

鬼塚さんの勇気のおかげで、30人の乗客乗員の命が救われました。
あと数メートルで、バスが崖から転落するとわかったとき、鬼塚さんにはきっと他に選択肢がなかったのだろうと思います。
そのときに、自分の命を優先するか、乗客の命を優先するか。

そういうとき、バスが転落して乗客もろとも運転手までお亡くなりになっても、自分だけが先にバスから降りていたことを奇貨として、ひとりだけ助かる道を選ぶ人や民族や国もあります。
けれどひとついえることは、戦前の軍人さんも、鬼塚さんのような民間人も、そして東日本大震災のときの被災地の皆さんも、限界ギリギリの状態になったとき、自分の命を犠牲にしてでも同胞の命を助けようとして、お亡くなりになっています。

そういえば、幕末の思想家、藤田東湖も、安政の地震のとき家屋が倒壊し、屋内にいた母を助けるために自分の命を失っています。
「正しい道を生きよう。
 乞食したって、この魂だけは穢すものか」
日頃からそう言って、自分の命よりも、自分は共同体の一員であると自覚して、どこまでも「みんな」を優先して生きてきたのが日本人です。

大東亜戦争における特攻隊戦死者は、海軍4156名、陸軍1689名、その他回天、震洋、会場挺身隊、空挺隊などを加えると、特攻作戦による日本人戦没者は1万4千名をこえます。
誰のためでもない。
みんなを守るために、命を散らせました。
人を守るために自分の命さえも惜しまなかった日本でした。

日本は、そういう国であり、そういう先人たちによって支えられ、育まれてきた国です。
その日本を守りぬくことは、世界中の宗派を越えた神々の御心なのではないかとさえ思います。
そしてそれは、いまを生きる私達に与えられた、とっても大切な使命なのではないかと思います。


※このお話は2010年1月にアップした記事をリニューアルして再掲したものです。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html

国旗の重みシリーズ 英雄編
~十三秒後のベイル・アウト~




関連記事

コメント
塩狩峠さま
>果たして、自分はそういうことが出来るだろうか・・・・・・・・

平成の世の日本人でも、似たような「死に様」を見せつけてくれた「偉人」がいます↓
http://ameblo.jp/sukunabikona28/entry-10087595337.html
2015/08/02(日) 15:09 | URL | のらくろ #-[ 編集]
No title
私も塩狩峠を思い出しました。


昨日のフェリー火災ですが、テロではないかと訝っております。
2015/08/01(土) 23:35 | URL | エレン #-[ 編集]
No title
日本人と支那朝鮮との違いを際立たせるのが緊急時の対応ですね。
彼らはとにかく個人個人が生き残ることのみを考えるので民族全体としての存続可能性を犠牲にし、逆に日本人は個人の存続を犠牲にして民族全体の存続を追求する傾向があるようです。生存競争の厳しい大陸での進化の結論なんでしょうか?実際に長江流域の日本人の祖先近縁種は絶滅し、チベットと日本に落ち延びました。自然環境の厳しい地域を選ぶことで大陸の生存競争の枠から逃れ独自の進化を遂げたということなのでしょう。
短い期間で生き残りの選択が迫られると知力より暴力性の高い人間が自然選択されたということ。日本人は自然(神)の選択で知力と共感性を発達させたのだと思っています。
2015/07/31(金) 21:22 | URL | #-[ 編集]
No title
先日凛として愛を閲覧しました。そこで一人のおばあちゃんがおっしゃっていたこと、今の人は人を殺しはするけれども、誰かのため国のために自分の命を犠牲にする人はいないんじゃないかと。
この言葉を聞いて、果たしてただ一日一日を送るだけが生きるということなのかなと思いました。命は地球よりも重い、確かにその通りだと思います。ですが、ただ生きることが本当に「良い」人生なのかがこの話から学ぶことができると思います。
世に身生きて魂死するものあり、身滅びて魂存するものあり。
死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。
上は松陰先生が高杉公に送った手紙です。幕末の日本人の精神をこの言葉から読み取れると思います。幕末の松陰先生や橋本佐内、聖徳太子の体は死んでいても魂はまだ日本人の中に引き継がれています。同様に鬼塚さんの体は死んでいても、魂はまだ生きています。魂を世に残した方々の思いを踏みにじることなく、魂を清らかにして生きていきたいものです。

余談
私事で恐縮ですが、明日二十歳になります。明後日KAZUYAさん主催の靖国神社参拝に行って英霊に感謝の意を伝えてきます。今年は明治の戦役、大東亜戦争の終戦からキリの良い年です。是非靖国神社や地元の護国神社に参拝されてはどうでしょうか?
2015/07/31(金) 20:01 | URL | 岡山のネトウヨ #-[ 編集]
塩狩峠の話
私は、昭和44年生まれの男です。
今日もいい話、泣けるお話でした。

昔、学生の時に、感想文課題で読んだ塩狩峠を思い出しましたね。

こちらは、列車が暴走してしまい、脱線してしまう刹那、自分の体を列車の車輪に挟めて、乗客の命を救うお話です。

現代の話には、なぜかこういう自己犠牲を賛美することを極端に廃絶する動きを感じます。

しかし、これは、自己犠牲を奨励するものでなく、自分の人生において、どれだけの努力をしても、突然死を迎えるような、何とも言えない、避けられないことがあると信じます。

そういう死が突然迎えるくるような事態に、自分が、その死を冷静に受け入れられるのだろうかという覚悟を自分ならという客観的に受け止める大事なお話だと思います。

主人公が、この列車を止めるにはこれしかないと覚悟した一瞬に、自分が想う女性のこと、友人や親のことなど走馬灯のように頭の中に出て来るのですが、そういう私心を払いのけて、公の為、自らをゴウゴウと走る列車の下敷きになるべく、飛び込みました。

果たして、自分はそういうことが出来るだろうか・・・・・・・・

こういうお話を通じて、少なくとも日本人とは何であるかを識る機会になればよいと思います。
2015/07/31(金) 17:53 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/31(金) 17:04 | | #[ 編集]
追記
私の勝手な思い込みかもしれませんが、安倍政権を批判している美輪明宏さんと長渕剛さんは、世の中や社会に対して何か恨みを持っている気がします。(ファンの方は怒るかもしれませんが)思考が現実を創っていることからすれば他人や社会を恨むことは筋違いだと思います。人を批判する前に自分の意識を高めることが大切であり、そのことが現実を変える近道だと自分は思います。
2015/07/31(金) 14:41 | URL | hiyo #Ldyc1/3I[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/31(金) 13:37 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/07/31(金) 12:45 | | #[ 編集]
自由意思がある以上、全て自己責任
すべての人に、仏性・神性がありますが、物事には必ず二面性があるはずなので悪魔性も持っていると思います。シオンの議定書やタルムードを見る限り一部のユダヤ人は、悪魔性が強いように思われます。問題なのはユダヤ人と言っても見た目は普通の白人と見分けがつかないことで、これと同じ状況がアジアにおける中国人と朝鮮人で、明らかに悪魔性の強い民族だと思いますが、見た目は他のアジア人と殆ど変りません。穿った見方をすると現在の日本ブームも移民を促進するためにわざと煽っているよに思えます。しかし、これも神に試されていると思うことで、ずるをしたり、人を騙して一時的に得をした人を見てイライラしたり怒ったりするのではなく、必ず因果応報で後でその人に返ってくると思えば同情こそすれ怒る必要はないと思います。
今回の話は、釈迦の前世で飢えた肉食動物に自分の身を与えたことのようで正に菩薩のような人だと思います。今の自分にはとても出来ないのでとても尊敬し、なるべく見習うようにしたいです。
2015/07/31(金) 12:04 | URL | hiyo #Ldyc1/3I[ 編集]
思いやりですね
素敵なお話ありがとうございます。
乗客を守るために自分の命を投げ出したのは、咄嗟の判断で思わず体が動いた、たくさんの乗客を助けたいと思った鬼塚さんの優しさだと思います。そして、その行動を知り記念碑を造った長崎自動車の社長さんの行動も、人を思う優しさなのだと思います。
命の大切さを知っているからこそ、誰かを思いやれる心が生まれるのですね。
2015/07/31(金) 11:58 | URL | 森 美紀 #iWfHidvU[ 編集]
今なお、チベット、ウイグルの方達を幼児も容赦なく殺害、拷問による弾圧している(日本のマスゴミは一切報道せず)鬼畜の支那共産党とそれに与する者達が一日も早く滅亡しますように!
2015/07/31(金) 11:20 | URL | #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。
おとといの記事から、民族性の比較といった流れを感じます。
今日の記事を読んだ記憶はありますが、やはり涙してしまいました。
こういう涙は、自分の夾雑物を洗い流すように感じます。
2015/07/31(金) 09:54 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
No title
涙と鼻水が止まりません。ティッシュがもうありません。日本人の血は尊いなぁ。
2015/07/31(金) 09:42 | URL | 鬼子 #-[ 編集]
No title
2015/07/31(金) 07:58 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク