アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


超簡単・3分でわかるヲシテ文字の一音ごとの意味

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20150802 神代文字


昨日の記事で、大和言葉には、一音一音に意味があり、その組み合わせによって単語が生まれ、言葉ができているということを申し上げました。
実は、その意味の元とさせていただいたのがヲシテ文字です。

ヲシテは、いまの歴史学会は「江戸時代に創作された神代文字のひとつにすぎない」とされています。
理由は、日本の古代には母音が8つあったけれど、ヲシテには5母音しかない、あるいは7世紀に書かれた隋書倭国伝に「無文字 唯刻木結繩 敬佛法」とされていることなどを根拠としているようです。

ところが一方には、古代から母音は5つであったと見る向きもあり、また隋書の「無文字」の記述も、単に漢字が使われていなかったことを示しているにすぎないという説もあります。
「唯刻木結繩(ただ木に縄を結んで刻む)」とありますが、だから紐文字(紐の結び目で意味を表す符号)のようなものであったと読む方もおいでになりますが、「木に縄を結んだような文字を用いている」と読み取ることもできるわけです。
縄文式土器には、縄目のような模様がありますが、その模様は数列をなしているという発見もあり、もしかするといま私達が縄文土器のただの模様と考えているものは、実は文字なのかもしれない。

「日本に独自の文字が存在したならば、数百年かけて漢字を輸入し仮名を創作する必要はなかった」という説もあるようですが、私はそうは思いません。
なぜなら漢字に訓読みがあり、ひらがなやカタカナを日本人は用いているからです。
すくなくとも、漢字に訓読みがあるということは、漢字輸入以前に日本語がちゃんと成立していたからであるし、それを表記するための五十音のカナ(神代文字)があったからと考えたほうが、どうみても合理的です。

それに、そもそも日本には西暦57年、つまり1世紀に金印が贈られているわけです。
印は、古今東西、文書に押すものです。
古墳などの大規模な構造物を建設する(大規模な土地の開墾をする)に際しても、その計画や実施の示達には文書は必携で、漢字渡来とされる6世紀よりもはるかに古い時代に、文書に押す金印が送られているという事実からして、漢字伝来以前に日本にオリジナルの文字文化があったと考えるのが自然なことです。

百歩譲って、ヲシテなどの神代文字が仮に6世紀以降の成立であったとしても、記紀の研究と並んでむしろヲシテなどの神代文字から学ぶことができる太古の日本の思想等を謙虚に研究してみることは、とても大切なことであると思います。
むしろ一方的に「なかった」と決め付けて思考停止に陥ることのほうこそ、学問的な態度とはいえないといえるのではないかと思います。
すくなくとも、大昔の日本人が、一音一音の大和言葉に込めた思いを学ぶことで、私達はそこから大切な何かを学ぶことができると思えるのです。

谷村新司はかつてロンドン交響楽団をバックに歌った時、日本語の美しさをものすごく感じたそうです。
そういえば「アナと雪の女王」の主題歌を世界の各国語で歌われたもの(下に貼ります)でも、日本語がダントツで美しいと世界中で評判になりました。
私達は、もっと日本語を大切にしなければならないのではと思うのです。

そこで、誰にでもわかるヲシテ文字として、ものすごく簡単にわかるヲシテの解説を、ねずさん流でやってみたいと思います。
これだけでも、ものすごく勉強になります。
ヲシテの研究者の方から見ると、「そんな単純なものじゃない」とお叱りを受けるかもしれませんが、まずは、わかりやすさを優先する、ということでご勘弁いただければと思います。



ヲシテ文字は、いまの「ひらがな」と同じ構造です。
アイウエオの母音と、「カサタナハマヤラワ」行それぞれの子音の組み合わせでできています。
そして、その母音と子音の組み合わせそのものが文字になっています。

まず面白いのは、アイウエオの母音です。
この母音のひとつひとつに、意味があります。
ここが基本になります。

」は「◯」で表されますが、◯には必ず中心点があります。つまりここが万物の中心です。
」は「Ω」みたいな図柄になっていますが、お天道さまが東から登って西に沈むみたいなもので、時の経過や時間の推移のようなものをあらわします。
」は「△」ですが、これは高いところから低いところへ流れ、それがまた天に昇るみたいな壮大な循環をあらわします。 
」は「己」のようなカタチですが、これは川が蛇行して流れているようなさまです。つまり水の流れとか、天から地への流れ、街道や道筋をあらわします。
」は「口」のようなカタチです。囲われて止まっているさまです。

この5音が母音となって、子音との組み合わせでか行からワ行までのそれぞれの文字ができています。
たとえば「か行」は「|」です。
「|」は、上から下への真っ直ぐな力です。
ですから、これが「◯(ア)」と組み合わさると、万物の中心から降りてくる力となります。
万物の中心から降りてくる力ですから、まさに「カミ」の力です。

その「カミ」の「ミ」は、ま行の「T」の字と組み合わさってできています。
ミは「mi」で、子音の「m」を表す「T」みたいな音符は、力を「ー」で受け止めて「|」で下に流します。
そして「イ」は「Ω」で、時の経過を表します。
ということは、「ミ」は、時を超えた力を受け止めて民衆に作用する力となります。
そこで「カ」と「ミ」を組み合わせると、「万物の中心から降りてくる力を受け止めて、人々に作用する力」となり、これが「カミ」の、大和言葉もしくはヲシテにおける意味、となります。
なんだか、すごいです。

民衆は「タミ」です。
「タ」は「Y」みたいな符号が子音で、上から降りてきた力を受け止めるさまを表します。
タの母音は「ア」で、アは天の中心点です。
つまり、天の中心点から降りてきた力を受け止めるのが「タ」です。
そして「ミ」は、時を超えて力を受け止める人々のことですから、そうなると「タミ」は、神々の力(恵み)を受け止めながら、時を超えて暮らす人々、となります。
全員が、神々のタミですから、そこから人類みな兄弟とか、同胞相助けあうといった思想が生まれてきます。
実によくできていると思います。

そんなわけで、下に簡単なまとめを記しておきたいと思います。
いろいろ組み合わせながら、そこから単語の意味を考えると楽しです。

たとえば「シアワセ」なら、
「シ」全てを覆う力を受け止め
「ア」その中心点から
「ワ」四方八方に
「セ」飛び散るような喜び
を意味しているとわかります。
ただ、両手の四本の指と、手のひらのシワとシワを合わせるから「シアワセ」ではないのですね。
そんなおとなしいものではなくて、なんだかすごく嬉しいことがあって、心の底から、まるでドカンと飛び散るような心の晴れやかな喜びを得ることが「シアワセ」。
この方が、おおらかだし、まさにハッピーな感じで良い感じです。

お伊勢様の「イセ」なら、時を超えた力(イ)を受け止める(セ)となります。
天照大御神様のお恵みを、時を超えて受け止め続けるところだから「イセ」となるわけです。

「出雲大社」の「イスモ」は、時を超えた力(イ)を、そこに封じ(ス)固定化した(モ)ところ、となります。
なんだか意味深です。

こうなると、先般、高円宮妃久子さまの次女、典子さまと、出雲大社(島根県出雲市)権宮司、千家国麿さんがご結婚されましたけれど、時空を越えて封印した力(イスモ)と、時を超えた力(天皇)が、何千年かの時を超えて、ここに相互に結びついたわけです。
最強です。
これは、なんだかとてつもなくすごいことだと感じ取ることができます。

日本の花といえば「サクラ」ですが、サクラも、下の一覧から、太陽の恵みを受け止め(サ)て、それを循環させ(ク)、広がる(ラ)という意味とわかります。
一年のはじめ、田植えの始まりの季節に咲く花に、古代の日本人は豊作を願って「サクラ」と命名したわけです。
すっごくわかる気がします。

というわけで、以下に「ねず式まとめ」を掲載します。
ご参考にしてください。

*******

【ヲシテ文字の(ねず式)まとめ】

ア ◯ 中心点
イ Ω 時の経過
ウ △ 循環 
エ 己 川の流れ、上から下への流れ
オ 口 静止

(か行=| 上から下への流れ)
カ 中心から降りてくる光や力、カミ。
キ 時の流れの力
ク 循環の恵み
ケ 天からの命令
コ 流れの静止

(さ行=一 受け止める)
サ 太陽の恵みを受け止める
シ すべてを覆う光を受け止める
ス 動きを受け止めバランスをとる。住む。
セ 流れを受け止めて、バランスをとる。
ソ 全て受け止めて、もう変化しない

(た行=Y 集まる)
タ 各方面から中心に集まる。集まるからタス(足す)
チ 中心に集まり繰り返す。血。
ツ 各方面から集まって動く。月は太陽の光を集めて動く。
テ 流れを集めて押し出す
ト 流れを固定化して動かさない。立てわける。

(な行=十 受け止めて繰り返す)
ナ 光を受け止めて成就する、ナル。
二 循環を受け止めて繰り返す。
ヌ 動きを受け止めて繰り返す
ネ 流れを受け止めて繰り返す
ノ 受け止め繰り返し変化させない。

(は行=‖ 異なるものを合わせる)
ハ 天上に対する地上、新たに生える。
ヒ 動きが異なるものの力を流す
フ 新たに生まれるエネルギー 踏む。
へ 流れが重なる。歳をヘル。
ホ 異なるものが固定化する

(ま行=T  受け止めて下に流す)
マ 太陽の恵みを受け止めて下に流す(増える)
ミ 循環を受け止めて聞き取る。見えないけど聞き取る。
ム 調和をとりつつ動く(向く)
メ 流れのなかに芽が生まれる
モ 流れてきたものを受け止め固定化する。まもる。

(や行=山 受け止めて上に返す)
ヤ 恵みを受け止め調和させる
ヰ ゐ 恵みを受け止めて返す。伊勢。
ユ 動いていく。ユク。
ヱ ゑ 流れを素直に受け止めて返す。干支
ヨ 固定化したものに感謝する。世

(ら行=人 中心から広がる。広める)
ラ 太陽の恵みが広がる
リ ひとつにまとまり繰り返す。
ル 放射する
レ 流れをまとめて伝える。あれ、かれ、これ
ロ 広がるものを固定化する。

(わ行=♢ 四方八方)
ワ 四方八方の中心、自分
ヲ 四方八方の中心、ヲカミ
ン 四方に強調

******

縄文時代は、1万7000年ほど続いた、途方もない長い時代です。
古事記には、神々の逸話として描かれていますが、考えてみれば戦国時代から現代まででさえ、たったの400年しか経っていないわけです。

1万7000年もの間、人々が動かず移動せず、文化さえも育まなかったと考えるほうがむしろ異常で、その長い期間を経由して、私達日本人は、現代日本人に通じる、ひとつの文化を形成してきたわけです。

そしてその中に、ヲシテのように、非常に高度に進んだ文字体系があったとしても、何もおかしくありません。
それだけに、私達はもっと謙虚に、歴史に向かわなければならないと思うのです。

【参考】
ブログ「まとかなる やまと」
http://matocayamato.blog62.fc2.com/

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html

『アナと雪の女王』「Let It Go」(25ヵ国Ver. )






関連記事

コメント
梵字
仏教界には梵字(悉曇文字)というインド世界に生まれた文字が古くから伝わっていますが、広く一般に知られ使われているわけではありません。伝承されていることと、普及することは違います。

近年、タイ人観光客が増えたこともあって町中でタイ語表記を見ることもありますが、あのタイの文字も梵字(ブラーフミー文字)系統のものです。たいぶカスタマイズされていますが。
2015/08/04(火) 11:01 | URL | ウンケンソワカ #-[ 編集]
神代文字について
大変興味深く読ませて頂きました。
神代文字について有ったと信じますが、何故それが漢字とかなに替わってしまったのか、いまいち解りません。
何故、江戸後半明治初期に英語の言葉を日本語に訳した様に漢字を神代文字に訳さなかったのか、余りにもそれまでの概念に無い漢字が多過ぎて漢字とかなにしたのか、としても何か納得できません。
推察出来るお考えが有れば教えて頂ければ幸いです
2015/08/03(月) 16:13 | URL | やすはわ #nddDC882[ 編集]
65歳から入学出来る教育施設を作りましょう。
その学校の卒業証書にはこう書いてあります。
貴殿は本校における教育課程を修了し、戦後の自虐史観から
脱却した事を此処に認む。
病院を社交場代わりにされるよりも楽しいのではないでしょうか。
私はこれを持って、日本大好きっこ増産作戦の開始を提言します!
2015/08/03(月) 07:59 | URL | m.e #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/03(月) 03:52 | | #[ 編集]
日本は素晴らしい
私は日本に生まれ感謝します。色々な言葉を使う事が出来本当に嬉しく思います。
2015/08/02(日) 20:40 | URL | 中嶋 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 19:26 | | #[ 編集]
サマリア人
>>鬼子さんへ

正確には古代イスラエル人の内の2部族をユダヤ人と言うべきで、それ以外の北イスラエルに居た10部族はサマリヤ人と言うべきです。
サマリヤという言葉はスメラノミコトという言葉に通ずるという説も見かけました。

シュメールという言葉も語感が似ています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/善きサマリア人のたとえ
ある人がエルサレムからエリコに向かう道中で(今日のマアレ・アドゥンミームのことであろうと言われている)、強盗に襲われて身ぐるみはがれ、半死半生となって道端に倒れていた。祭司、レビ人といった神殿にかかわる人々はこの人を助けずに通り過ぎた。しかしユダヤ人から大変に嫌悪されていたサマリア人は、この半死半生の人を助けた。傷口の治療をし、家畜に乗せて宿屋まで運び、宿屋に怪我人の世話を頼んで費用まで出した。

ユダヤ人がサマリア人を嫌悪していたのは、鬼子さんが仰られた様に一神教と多神教の対立が有った為でしょう。
2015/08/02(日) 19:17 | URL | taigen #-[ 編集]
先日ご紹介頂いた「授業作りJAPANの日本が好きになる!」が先程届きました。子供の為と思い求めましたが想像以上の内容の濃さに大興奮で、さっそく身内にも薦めたところです。大人にとっても大変勉強になる内容です。
素晴らしい書籍をご紹介頂き、本当にありがとうございました。
著者の齋藤先生にも、感謝と尊敬の気持ちで一杯です。
2015/08/02(日) 18:57 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
No title
後醍醐天皇の起源は韓国ニダ!とか言い出しそうですね。
2015/08/02(日) 18:10 | URL | #-[ 編集]
日本語はもっと研究されるべき
『オシテ』が登場して些か驚いています・・・
池田満さんの本はほとんど読みましたし、万葉学者の中西進の大和言葉に対する解説も示唆に富んでいます。

ただ・・・『偽書』である可能性もあり凡人は判断に苦しみます。ただ、体系というのか纏まり方の凄さというのか、悲しいかな言葉を知りませんが、信じたい部分が多く、心に響くのも・・・良くありたいそうであって欲しいという、我欲なのかと悩んでいます・・・

博覧強記な方の研究が進んでくれると有り難いのですが。
何となく嬉しくて書き込みさせていただきました。

ねずさんのご本は、このブログを始めすべて読ませていただいています、啓もう活動には、心より感謝申し上げます、ご自愛のうえまだまだ頑張って、私の様な愚痴な国民を引っ張っていってください。陰ながら応援しております。
2015/08/02(日) 12:15 | URL | 悲しい爺 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 11:57 | | #[ 編集]
No title
へえ~面白い!
2015/08/02(日) 11:43 | URL | 臣民 #-[ 編集]
アマテルカミは男性だった
アマテルカミ(天照大神)はホツマツタヱでは男性で実在したスメラギです。ご両親はもちろんイザナキ様、イザナミ様で長女がワカヒメ様、弟にツキヨミ様、ソサノオ様がおられます。
アマテル様は1月1日にお生まれになりました。元日は日本人にとって特別な日なのです。
イザナキ様の時代以前からスメラギ(天皇)はおられました。イザナキ様の時代になって世の中が乱れ、昔の良い風習が残っているヒタカミ(仙台)におられたタカミムスビのトヨケ様にアマテル様は留学しました。
アマテル様の治世で世の中が治まりました。アマテル様は天皇の中興の祖なのです。
アマテル様が神上がりされたところが伊勢神宮です。

やはりご皇室は男系継承でないとなりません。
2015/08/02(日) 10:17 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 09:59 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 09:27 | | #[ 編集]
No title
ねずさん、お早うございます。

大和言葉には一音一音意味があったんですね。
ねず先生式の授業だったらもっと縄文時代にも興味を持てたのに・・・。

今日もありがとうございます。
2015/08/02(日) 08:56 | URL | たんぽぽ #svdrai66[ 編集]
No title
高度な言語文明が日本にあったのは濃厚で、カタカムナ文明の存在も濃厚になってきていて、最近それらは超高度文明だと判明し始めました。

ここで注意なのは、日本には縄文以前から高度な言語文明があったのは間違いないんですが、恐らくその後にユダヤが入ってきて、一度その高度言語の精神が切り捨てられたような感じなのです。(スサナルノカミが隠れ神になったことと重なる)

ユダヤには二系統あって、一神教のユダヤと多神教のユダヤの流れがあったらしいく、まずは多神教のユダヤ(カミムスビ系)が入ってきて、あとから一神教のユダヤ(タカミムスビ系)が入ってきて、一神教のユダヤがアマテラス(伊勢)になり、多神教ユダヤが大国主(出雲)になったらしいのです。
 この時期になんらかの言語と精神の変化が起きたために、純粋な縄文精神と言語文明の流れは一度裏に隠れてしまったようなのです。

日本を取り戻すとは、この裏に隠れた精神(スサナル)を再び発掘する作業のことを指すのではないかと思います。そのカギが日本語、ひいては古代言語(大和言葉)などにあるはずです。

日本語が最初の言語であり、最初の言語ということは、最初の精神(民族)という表現も出来ます。
 元素で言うなら日本人は「金(79番目の元素)」です。ユダヤは「鉄(29番目)」です。この金の精神が鉄の精神に関与を行う時、意識進化(ミロクの世の開始)のような大変化が起こるとされています。それは次の言葉で確証出来ます(分かりづらい話ですいません)

*日月神示『アイカギコノカギハ、ユダヤとスメラがシカと手を組むことぞ』
2015/08/02(日) 08:31 | URL | 鬼子 #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。
昨日の記事を読んで、ヲシテ文字で自分の名前の意味を調べました。
それから、ありがとうの文字をみせた水の氷結結晶も一緒に、ブログに載せました。
さらに、今日のねずさんブログの続きを、寝て待ちました。
すると、記事があり、
「よかった、続きは来週・乞うご期待でなくて。」
と思いました。
   完

2015/08/02(日) 08:06 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
No title
早速ありがとうございました
すごいおもしろいです

漢字と違いいやな意味を持つ文字というのがひとつもないというのは必要がなかったからなのかな
皆仲良く神と自然と共に生きていたのかなあと想像しました
2015/08/02(日) 08:01 | URL | てっさん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 07:46 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/02(日) 07:44 | | #[ 編集]
No title
朝鮮人元慰安婦の偽証と誣告の罪は? http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/68186960.html
2015/08/02(日) 07:42 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク