アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


個別的自衛権、集団的自衛権という哀れな妄想

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

核シェルター
20150805 核シェルター


スイスは永世中立国として有名です。
私などは学生時代に日教組系の社会科教師から「美しい山が連なるスイスは、世界に誇る永世中立の国である。日本もそうした平和な国を目指している。そのために拳法9条がある」などと教わったものです。
いまでも、そのように真剣に信じている方は、比較的多いのではないでしょうか。

ところがそのスイスは、永世中立国であると同時に、国民皆兵の国でもあります。
市中には、2万を超える重装備のトーチカが備え付けられ、一定の訓練を受けた国民は全員が屋内に軽機関銃や弾薬等が取り揃えられ、民間防衛のための教本は全国民に配布され、また学校教育にも取り入れられています。

スイスは主体的に戦争はしないけれど、もしスイスを蹂躙しようという国があれば、国民のすべてを敵に回して戦うことになる。
市街地のどこから銃や砲弾を浴びるかわからない。
来るなら来い。どこまでも相手になってやる。
まるで、国をあげてそういう声を上げているかのようです。

そして「どこまでも身を守ることは自己責任」という教育のひとつの成果として、男性の5人に一人、つまり健康な成人男性のほぼ全員が、毎週2〜3回ジムに通って体を鍛えあげています。

さらに申し上げるならば、スイスには、街中いたるところに核シェルターが備え付けられ、その収容人口は国民の人口に対して100%以上です。
その核シェルターは、個人保有のただのコンクリートの地下室というものではなくて、そこには寝所から台所、ランドリーなどが備え付けられ、さらに国の力で、常に収容人員の4ヶ月分の食料が備蓄されています。

ちなみにこの核シェルター、日本核シェルター協会(http://www.j-shelter.com/)の発表によると、人口あたりの核シェルター普及率は以下のようになっています。

 スイス    100.00%
 イスラエル  100.00%
 ノルウェー   98.00%
 アメリカ    82.00%
 ロシア     78.00%
 イギリス    67.00%
 シンガポール  54.00%
 日本      0.02%

スイス、イスラエルが100%、福祉国家で知られるノルウェーが98%、米国でさえ82%、英国67%、シンガポールでも54%です。
ところが先進諸国の中で、日本だけが0.02%と極端に低いのです。


世界は日本をどう見ているか(グレードアップ版)



国家の最大の役割が、国民の生命と財産の安全を護ることにあり、法定制限速度が時速30km/hに制限されている原動機付自転車にさえヘルメット着用が義務付けられ、四輪自動車では後席シートにまでシートベルト着用が義務付けられ、原発の放射能に対しては何シーベルト云々と大騒ぎするほど国家的安全にこだわる日本が、こと核の危機については、すぐとなりに北朝鮮、中共という二つの共産主義核保有国があって、その核弾頭が日本に向けられているという事実がありながら、核シェルターの普及率では世界の最後進国なのです。

ちなみに核シェルターは、大地震や大津波、大洪水の発生時などにおいても、威力を発揮します。
とりわけスイスのように、非常時用の備蓄食料の4ヶ月分が常備されているということは、万一の災害発生時にもどれだけ強い味方となるか、考えるまでもないことです。

中山成彬先生は、現職の議員であられた頃、総額200兆円規模の予算を計上して防災都市計画を実現すべしと提言されましたが、これは地震大国日本において、もっと真剣に議論されるべきことだと思います。

さて、では、なぜ永世中立国であって戦争をしないはずのスイスが、そこまでして防衛にこだわるのでしょうか。
その理由は、まさに「永世中立」にあります。

「中立」というのは、実はたいへんに厳しいものなのです。
たとえば、スイスを囲む国は、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリアの四カ国ですけれど、もしその中のどこかの国、たとえばドイツがイタリアに進行しようとしたとします。
このとき、ドイツ軍がイタリアに進軍するためにスイス国内を通過する。
このことをスイス政府がドイツに許せば、その瞬間、スイスはドイツに味方しかことになり、イタリアから攻撃を受けることになります。

交戦国がドイツとイタリアであるかとかは関係ないのです。
戦争なのですから、勝つためにはなんでもありなのです。
当然、スイスは攻撃を受けることになる。
スイスが戦場になるのです。
それを防ぐためには、スイスは徹底防衛し、国境を超えてくるものに対しては、相手がドイツであれ、イタリアであれ、オーストリアであれ、徹底抗戦しなければなりません。
なぜなら、「どこにも組しない」ということが「中立」の意味だからです。

かつてドイツ帝国がフランスに攻め込んだ時、ドイツ軍が間にあるベルギーを通過しました。
ベルギーは、当時、中立を宣言する国でした。
ですからフランスに味方しない代わりに、ドイツにも味方しない。
けれど、そのベルギーを、ドイツ軍が通過しようとしたのです。
ベルギーはどうしたか。
ドイツ軍と戦ったのです。
戦力はドイツが圧倒的でした。
ベルギーは、またたくまに軍が壊滅し、ベルギー王は辺境の小さな村に立てこもり、そこで最後の最後まで力を振り絞ってドイツ軍と戦い続けました。
当時のヨーロッパ諸国は、ドイツを怖れて、どこもベルギーに手を貸しません。
そんなベルギー王の窮状を察し、援助の手を差し伸べたのは、地球の反対側にある日本でした。

繰り返しますが、戦争においては、どちらか一方の国が、自国内を「通過しただけ」で、敵国とみなされるのです。
まして、戦争当事者国のどちらか一方の国の軍事基地があれば、最早それは「中立」とは言いません。
戦争当時者国そのものとなります。

日本には米軍基地があります。
その米軍基地からは、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン紛争、イラク戦争等のために、常に軍用機が発着し、軍用船が出入りしています。

東京に近いところでは、住宅の密集する福生に米軍基地があるし、横須賀には常に米国のイージス艦が出入りしています。
つまり、日本人の意識がどうあれ、憲法9条に戦争放棄が歌われていようがいまいが、世界からみれば日本は「中立」国ではありません。
そして「中立」ではないということは、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン紛争、イラク戦争における立派な「交戦国」であるということなのです。

日本の自衛隊は「個別的自衛権」のための組織であり、国際紛争の解決に用いられる戦争への対応としての「集団的自衛権」の行使の容認は許されないとかいう議論は、そもそも議論の履き違えであり、現実を見ていない空論にすぎません。

なぜなら日本は、とっくの昔に朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン紛争、イラク戦争において米軍の発着を許してきました。
ということは、日本は、とっくの昔に「集団的自衛権」を行使容認しているということです。
つまり日本は、すでに「戦争当事者国」であり、「集団的自衛権行使国」なのです。

そしてその日本には、すぐ近くに中共、北朝鮮という共産主義の核保有国があり、そのミサイルの弾頭は日本に向けられているという現実があります。

日本人の多くは、「東西冷戦」は、平成3(1991)年12月のソ連崩壊によって終わったと思っているかのようです。
けれど、この年に「冷戦が終結」して、「共産主義の脅威が去った」のは、西欧諸国だけのことです。
共産主義は、いま、地球上で東洋にのみ残存しています。
それが中共政府であり、北朝鮮の金体制です。

「東西冷戦」がソ連の崩壊によって終ったのは、あくまでヨーロッパの話であって、東洋では、まだ冷戦ははっきりと続いているのです。
現に朝鮮半島は北と南に分断されたままになっていますが、これは38度線で「休戦」しているだけであって、両国の交戦状態は、いまなお継続しています。

そしてウイグルやチベット、内モンゴルでは、いまなお共産主義の恐怖が、市民の生活を脅かし続けているのです。
つまり「東西冷戦」は、いまや東洋の局地戦となって残存し、その火種は、いつ暴発するかわからない状況にあるわけです。

そんな中にあって、いまの日本人に何の防衛意識もないというのは、あまりに無謀なことといえます。
戦後の愚民化政策、ここに極まれり、なのです。
上に核シェルターのことを掲載しましたが、いま、世界でもっとも核の危険に近いところにある国は、スイスでもなければノルウェーでも、イギリスでもシンガポールでもありません。日本です。

ところがその日本では、戦争ハンターイ、徴兵ハンターイと、まるで子供じみた宣伝ばかりが繰り返され、万一に備えての核シェルターに関しては、議論さえ起こりません。
そもそも個別的自衛権、集団的自衛権という区別自体が、日本国内だけでの子供じみた妄論にすぎないのです。

自衛権は自衛権です。
これは人にたとえれば、不当な暴力に対する正当防衛です。
正当防衛に、個別正当防衛も集団的正当防衛もありません。
防衛は防衛です。

なぜなら不当な暴力に対して、自分で防衛するだけでは、そもそも不足、つまり危険は大きいからです。
ひとりでいるから狙われるのです。
だから集団で登下校します。
いま、全国の小学校で行われています。

小学生には認められるどころか、強制までされていて、国家単位ではそれが認められないというなら、それはあまりに浅はかな議論と言わざるを得ません。
なぜなら、最大の自己防衛は、悪い奴らが手を出しにくくする、あるいは手を出せないようにすることだからです。

帰宅時の女子高生が拉致され殺される。
ひとりでいるからです。
だから親たちの多くは、塾まで夜、迎えに行っています。
その親たちの車が、夜10時頃になると塾の前に行列をなしています。
あれでは襲えません。
これが集団的自衛権です。
つまり、個別的自衛権の共同した姿が集団的自衛権です。
なんのためにするのか。
自国が襲われないようにするためです。

平和を願うことは、とても大切なことです。
戦争という悲惨を招かないことも、とても大切なことです。

しかし戦争が現実に世界に存在している以上、万一の場合に備えることは、まさに国家的事業です。
そういうちゃんとした冷静な大人の議論が、国会で普通にできるようになることを、希望します。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





関連記事

コメント
自衛隊->日本軍 への昇格が  
必要な時期に来ているのでは、ないでしょうか
ねずさんの仰るとうり、「集団的自衛権」の議論は、国会においても、「机上の空論」でしかありませんね。
 中山成彬先生のような「本質的な提案」が無ければ、物事は前に進みませんね
 こう言っては失礼ですが、公明党や民主党の議員さんは「損特勘定」だけで、質問されているだけ_ 安倍総理の揚げ足とりの「くだらない質問」\(__)
ばかりで、嫌になります。
良い質問が無ければ
回答者は、まともに答えられません。
反日マスコミがそれを連日報道するので
呆れるばかりです
(`へ´#)
せめてネットの中だけでも言わせていただきます
憲法9条を改正しろ
憲法1条「天皇陛下の国家元首に関する条文」を広報し、これを遵守しよう
w(゜o゜)w
2015/08/12(水) 22:42 | URL | スナフキンひらの #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/11(火) 10:07 | | #[ 編集]
はじめまして!
ねづさんのブログ毎日読ませていただいております(*^^*)
私は現在高校三年生で今まで学校で習って来ていたことは正しい事だと思っていました。
しかし、ねづさんのブログや掲示板を見るとニュースでは報道されていないこと、また教科書とは反したことが沢山書かれていることが分かり、ようやく今の日本の教育、メディアが私達を洗脳しようとしているということがわかりました。
私はいままで洗脳されて来たことを凄く恥ずかしく思います。ただ漠然と日本は軍国主義だったんだなあひどいことしたんだなあと思っていたのが、歴史を学ぼうとすればするほど日本がいかに素晴らしい国かというのがわかりました。
これから開かれるオリンピックの際に
外国人の方から日本ってどんな国?なにが凄いの?と聞かれて国民一人一人がちゃんと答えることができるような日本にしたいと思います(*^^*)!
拙い文で失礼いたしました!
2015/08/10(月) 17:35 | URL | なかむ #yxU6ylcQ[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/08(土) 23:20 | | #[ 編集]
No title
小手先に腐心するより、時間は掛かりますが、教育を取り戻して行く事が一番大事ですね。
同じ価値観を共有出来ないと抜本的な改正なぞ夢の又夢で終わり兼ねませんので。
暗雲は立ち込めてますが、雲の上にはまごうことなく太陽が在るのです。
目先の事に心を囚われず、一つ一つ取り戻して行かなければなりませんね。
2015/08/08(土) 21:59 | URL | のんべやす #-[ 編集]
No title
日本が同盟を廃止し個別的自衛権のみでやっていこうとしたら、国民皆兵どころではなく核武装まで行かざるを得ません。

まあ、核兵器は日本人には拒否反応が有るかもしれませんが、ねずさんのおっしゃられるように核シェルターの設置は今すぐにでも推進すべきですね。
2015/08/08(土) 20:52 | URL | taigen #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/08/08(土) 20:22 | | #[ 編集]
No title
日本一国だけで国際社会を生きていくつもりなら、どれだけの軍備が必要になるのだろうかと思いました。

日本の憲法には、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」とありますが、平和を愛する諸国民とは連合国のようです。
この諸国民に、「日本を火の海にしてやる」といった国は含まれませんし、日本の近隣国に連合国はありません。

おまけに、第九条には「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と、されています。

日本を火の海にしてやるといった国が日本の国民を拉致して誘拐した場合、これは誰が防御するのでしょう。正規軍に対抗する武装は警察にありません。

不審船事件の時、海上保安庁の巡視船が対応しましたが、よく死傷者を出さずに帰れたと思えます。これで、自衛隊の実力も想像できました。

しかし、憲法を条文通りに読むと、自衛隊自体の存在が許されないことになります。自国の存在を守るのは自然権に含まれるとのことですけれど、そんな分かり難いことをせずに憲法に入れておいて欲しかったと思います。

それに、平和を愛する理想的な憲法だといっても、どこかの国が攻めてきた場合(火の海にするといい、国民を拉致した国があるのに、まさかの可能性がないといえません。)、非武装中立で国民は、どうなるのでしょう。

国なくなりて憲法が残ったでは、2600年ものあいだ保ってきた日本の国民は赤恥ですみません。

憲法を、1日でも早く改正しなければなりません。
それができるまでの間は、国を守れるように解釈して、日本の国土と領土を守らなければならないと思います。

こんなことになってしまったのは、終戦後にやってきたGHQによるWIGPとプレスコードのためだと思います。
2015/08/08(土) 19:47 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
集団的自衛「権」なのですよね
権利なのです
なんで米国の戦争に巻き込まれるという
集団的自衛「義務」のように喚くのかがわかりません
2015/08/08(土) 19:16 | URL | #-[ 編集]
『君主論』 - 第21章
君主はまた、真の友か全くの敵を持つと、つまり、なんの留保もなく、一方の党派に味方しもう一方には敵対することを鮮明にすると、尊敬されます。そうしたやり方は常に中立であるより有利なのです。なぜなら、近所の力自慢の二人が殴りあったとして、勝ったほうは、あなたにとって恐ろしい性格のやつかそうでないか、いずれかなのです。どちらの場合にも、自分の旗幟を鮮明にして、奮戦するほうが有利なのです。最初の場合には、自分の旗幟を鮮明にしてなければ、必ずや勝者の餌食となり、敗北した側を慰め満足させるとになりますし、守もり庇護してくれるよう申し入れる理由もなく、そうしてくれるものもないのです。なぜなら、勝者は試練の時に助けにならない疑わしい友を必要とはしないし、敗者も、剣を手にして進んで運命を共にしなかったという理由で、その者をかくまおうとはしないでしょうから。

アンティオコスは、アエトリア人にローマ人を駆逐するための派兵を請われて、ギリシアに侵入しました。彼はローマの友邦であったアカイア人に特使を送って、中立を保つよう勧めました。その一方ではローマ人が彼らに武器をとるよう強く迫っていました。この問題はアカイア人の評議会で討議されることになり、その場でアンティオコスの使節は中立を守るよう説得しました。これに答えてローマの使節は「言われたことは、我らが戦争に介入しないほうが、諸君の国家にとってより良いし、有利だということだった。これほど誤っていることはない。なぜなら、介入しないままでいれば、恩顧もなく敬意も払われずに、勝者への褒美とされるのだ」と言いました。友人でない者が中立を要請し、友人が参戦を布告するよう頼むといったことは、常々起こることです。そして優柔不断な君主は、目先の危険を避けようとして、たいていは中立の道を採り、たいていは破滅します。しかし、君主が堂々として一方の側に味方することを明らかにすると、もし同盟した側が勝てば、勝者がどんなに強力で、彼がそのなすがままであったとしても、勝者は彼に恩義があり、友愛の絆を結びます。それに人間というものは、味方を抑圧して忘恩の記念碑となるほど、恥知らずではありません。勝者がなんの気遣いもせず、特に正義に配慮しなくてすむような、完璧な勝利など、そもそも、ありえないのです。また、同盟した側が負ければ、同盟者がかくまってくれるでしょうし、できうれば支援してくれるでしょう。そうして、いつかまた上向くかもしれぬ運命を共にする仲間となるでしょう。

第二の場合、つまり戦っているのが、どっちが勝とうが気にする必要もないほどの者だというときは、一方と同盟するほうが得策なのです。なぜなら、賢明なら互いに助けあうものなのに、その一方を支援してもう一方を滅ぼすのを手助けることになるのですから。そして、勝った場合は、支援がなければ勝てなかったのだから、支援した君主の意のままとなるのです。ここで留意しておいて欲しいのは、君主は、他国を攻撃するのに、上に述べたように、必要に迫られないかぎりは、自分より強大な国と同盟してはならないということです。なぜなら、もし勝てば、同盟した君主の意のままとなるからであり、そして君主は、できるかぎり他人の意のままになるのは避けなければならないからです。ヴェネツィア人はミラノ公に対抗するためフランスと結びました。この同盟はその破滅の原因となりましたが、この同盟は避けることができたものでした。しかし、教皇とスペインが派兵してロンバルディアを攻撃したときにフィレンツェに起ったように、同盟が避けがたいときは、前に述べたように、君主はどちらか一方の側の味方とならざるをえないのです。

2015/08/08(土) 16:13 | URL | ニッコロ・マキャヴェリ #-[ 編集]
核シェルター「日本列島地下改造論」
今頃騒いでも遅い。私はずっと前から核シェルターや地下都市を作れと言って来たが、日本の行政および日本人はあまりまじめに考えなかった。
「全米で「地下シェルター」大流行:「日本列島地下改造論」で復興できるゾ!」
http://quasimoto.exblog.jp/14956811/
2015/08/08(土) 15:12 | URL | KI #-[ 編集]
スイスの永世中立国としての国民皆兵の気概というのは素晴らしいですね。本当は日本もそうあるべきだと想いますよ。
2015/08/08(土) 10:02 | URL | #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
私は朝から気分が悪いです。支那人の観光客が春日大社の神使の鹿の角を折っているそうです。支那人の奴等は、鹿がベビーカーの食べ物をあさって身動きできないのを助けようとして角が折れたと弁明してますが、嘘でしょう。故意にしなければ、鹿の角が折れるわけがありません。鹿の角というのは漢方薬として支那や韓国朝鮮では高価で売られています。今後もこのような事件が起こると思う。支那人や韓国人以外の外国人は、奈良の鹿に優しく声かけしたり、春日大社の神様にもちゃんと頭を下げて敬意を表しているをよく見かけます。しかし、支那人や韓国人は最低ですよ!
私は春日大社の神様を信仰しているので、赦せません。
もう来るな!それから今度鹿を傷つけたら動物愛護法違反で支那人を逮捕
するべきです!奈良県警の方達も大変かもしれませんが、しっかり奈良の境内を警らして下さい。日本の神社を守る事は、日本の国体とご皇室と日本人を守る事に繋がります。
2015/08/08(土) 09:49 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
No title
集団的自衛権を持たない国ほど徴兵するって結果が出たそうです。集団的自衛権を持ってる国ほど徴兵はないそうです。絶賛左翼発狂中。
2015/08/08(土) 09:42 | URL | ひるこ #-[ 編集]
No title
今日も、ありがとうございます。
なんというスッキリしたお話でしょうか。

昨日、自分のブログで、スイスの永世中立について言及しましたが、
この記事を見ると納得。修行がたらない私です。比較するのもおこがましいですが、上を見て努力するのは大事だろ思うので。

国会で、わけのわからない議員さんに印刷して配り、宿題として持ち帰らせたいくらいです。
2015/08/08(土) 08:55 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
No title
[リクエスト] 在日朝鮮人のほとんどは密航者 http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/28989958.html

 

2015/08/08(土) 08:14 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク