アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


殷富門院大輔とドアの鍵

■「第六期 日本史検定講座」が受講生募集中です。
今期は本当の近現代史を学びます。
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html</u>">http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

殷富門院大輔(冷泉為恭画)
殷富門院大輔


百人一首の90番に殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)の歌があります。

 見せばやな 
 雄島の海人の袖だにも
 濡れにぞ濡れし色は変はらず

実は、百人一首の本を書くときに、いちばん苦労したのが、この殷富門院大輔の歌です。
といいますのは、一般にはこの歌は、「恋のつらさから血の涙で染まった袖を詠んだ歌」だとされているわけです。
ところが、歌をみたらわかりますが「色はかわらず」です。
つまり「袖の色は変わっていない」と詠んでいるのです。
殷富門院大輔は何を伝えようとしたのでしょうか。

この時代、袖を濡らすというのは、涙で袖が濡れることを言います。
歌には「海人の袖のように濡れにぞ濡れし」とあります。
海人というのは、漁師さんのことで、漁師さんの袖は、海水でビショビショに濡れますけれど、それくらい袖が濡れたというわけです。
それだけ袖が濡れれば、濡れたところは着物の色が変わります。

一般の解釈では、「濡れて色が変ったはずの袖が、まるで濡れていないと思えるほど濡れた」→「だからこれは血の涙に違いない」→「恋で血涙を流しているのだから、そうとう悔しいに違いない」→「だからこの歌は失恋して相手を恨んで詠んでいる歌だ」と説いているようです。
しかも「見せばやな(=あなた方に見せてあげたいわ)」というのです。
ここまできたら、もう精神異常の世界です。
これではまるで怪談話です。


もっと冷静になっていただきたいのです。
そもそも作者の殷富門院大輔は、式子内親王の実姉である殷富門院に仕えた女性です。
大輔というのは役職名です。
そしてこの歌は、「百人一首」では式子内親王の歌の次に配列されています。

式子内親王は、重い病にもかかわらず命懸けで平和を祈り続けたことを歌に託しました。
そして89番の歌を詠んだ翌年の正月に亡くなられています。
殷富門院大輔は、その式子内親王の実の姉に仕えています。
そういう地位と立場にある女性が、そもそも「血の涙を流すほど恋の悲嘆に暮れている」などと詠むでしょうか。
この歌は、歌会で公式に発表された歌です。
女性が、公の場の人さまの前で、「私、恨んでます」などと声高に主張するものなのでしょうか。
どこかの国の民族と違うのです。
バカにしないでもらいたいとさえ思います。

そもそも失恋の歌というなら、どうして「雄島」が出てくるのか説明がつきません。
雄島というのは、仙台の名勝、松島にある島で、霊場です。

五句目の「色は変はらず」にしても、水に濡れたら袖の色は変わるのです。
ところが大輔は、「漁師の袖は、海水をかぶってぐっしょり濡れても、色が変わらない(濡れない)」と、現実には有り得ない様子を詠んでいます。
何度もお伝えしたとおり、こういう疑問やストレスが歌を読み解く鍵となります。
では、殷富門院大輔はいったい何を伝えたかったのでしょうか。

ひとつ目の鍵は、「雄島」です。
雄島がある松島は、後年、松尾芭蕉が『奥の細道』で訪れた際に、あまりの美しさに言葉が浮かばず、「松島やああ松島や松島や」と俳句を詠んだという逸話があるほどの景勝地です(実際に詠んだのは別の人物だともいわれています)。
そして松島の中でも「雄島」は特別な島で、古代から霊場とされてきました。

殷富門院大輔は都にいて、遠く離れた松島を歌にしています。
松島に大小たくさんの美しい島々が浮かんでいます。
「美しい島々」といえば、敷島、秋津島、大八洲と呼ばれる日本列島そのものに関連付けることができます。
そして「松島」にある霊場が「雄島」なら、日本列島の中にある霊場は、まぎれもなく天子様(天皇)のおわす京の都です。
つまり「雄島」は、京の都を暗示しています。

ということは、「雄島の海人」は、実は「京の都の民」だということになります。
そして歌は「(都の民の)袖だにも濡れにぞ濡れし」と続くわけです。
「都の民たちの袖が涙でぐっしょり濡れている」と詠んでいるのです。

思い出していただきたいのです。
「保元の乱」以降、戦乱が続いて国内が騒然となり、都でも幾度となく戦いが繰り返されました。
その都度、多くの血が流れています。
都の民にも犠牲者がいたことでしょう。
身内が亡くなったり、あるいは大怪我をしたり、戦乱は一般の人々にも大きな傷跡を残しています。
だから都の民たちは涙で袖を濡らしているのです。
それも「濡れにぞ濡れし」ですから、「ぐっしょり」濡らしているわけです。

ふたつ目の鍵は、「色は変はらず」です。
繰り返しますが、濡れれば袖の色は変わります。
なのに「濡れても色は変わらない」ということは、何か別のものを指していると解釈するべきです。

当時、「色」といえば色彩の意味と、形あるものという意味がありました。ですから世の中のカタチのことを「色」と言います。
これは今でも同じで、政治のことをちょっと前までは「色物」といいました。
「色物にかかわると、ろくなことはない」とは、昔のお年寄りたちがよく口にした言葉です。
要するに政治は、力関係でコロコロと変わるものなので、そんなふうに言われていたわけです。

そうなると「色は変はらず」というのは、まさに「世の中のカタチ」が変わらない、戦乱の続く世が変わらないという嘆きであると分かります。

ここまでをまとめると「京の都の人々の袖は、相次ぐ戦乱のために涙でぐっしょり濡れています。それなのに世の中は一向に良くなる気配がありません」となります。

では初句の「見せばやな」で、何を「見せたい」と言っているのでしょうか。
都の人々の涙でしょうか。
それとも変わらない世の中のカタチでしょうか。

どちらも違います。
それらはわざわざ見せようとしなくても、誰もが見て知っているものだからです。
彼女が見せたいものの答えは「袖」です。

理由は三句目の「袖だにも」にあります。
「だにも」は「次に示す事柄以上にもっと」という意味です。
そして次に示しているのは、四句目の「濡れにぞ濡れし」です。雄島の漁師(都の民)の袖よりも、その「袖」はもっと濡れていると詠まれています。

その「袖」が誰の「袖」かといえば、大輔が仕える殷富門院の「袖」です。
殷富門院(亮子内親王)は後白河天皇の皇女です。
それだけの身分の方が、相次ぐ騒乱によって民が犠牲になる世情を悲しんでいるのです。
そして殷富門院の悲しみを誰よりも知っているのが、身近で仕えている大輔です。
私たちの国で「仕える」ということは、全知全霊を込めてその人に奉仕することを意味します。

ですから大輔は、「殷富門院の悲しみの袖」を、「みなさまに見せてあげたい」と詠んでいます。

この歌は歌合で「恋歌」として詠まれていますが、恋歌として読めば読むほど、
「何を見せたいのか」
「どうして雄島なのか」
「なぜ濡れても色が変わらないのか」が分からなくなります。

それらの疑問やストレスを鍵として読み解き、はじめて大輔の立ち位置とともに、殷富門院の悲しみが見えてくるのです。

このように、わずかな手がかりから、相手の思いを「察する」という技能訓練のために積極的に用いられたのが和歌です。
平安貴族も、昔の武将たちも和歌をこよなく愛し、詠みましたけれど、それは単に古典のお楽しみ、というだけのものではなくて、実は、みずからの察する能力を極限までためるための日々の鍛錬でもあったのです。

実は、昨日ご紹介した李久惟先生にお聞きした話ですが、台湾ではいまでも和歌の愛好家たちの集いがあるのだそうです。
それが、ただ和歌を愛する人達の集いというだけならば、いまの日本にだってあります。
ところが台湾に残っているのは、戦前、戦中まで、日本中で行われていた和歌の愛好会の様式なのです。
これは実に新鮮な驚きでした。

どういうものかというと、参加者それぞれが、各一首ずつの和歌を出詠します。
その和歌について、参加者は、それぞれ他の人が詠んだ和歌の意味を紙に書いて発表しあうのです。
すると、人によって、その和歌から得た感想やイメージが異なります。
そしてその中から、もっとも、深いところまで歌の意味を察した人が、その日の優勝者になるのです。

優勝者になったからといって、何か報酬が出るとかではないし、また競い合うものでもありません。
ただ、お互いに、相手の和歌を通じて、その心を読み合い、それぞれの人が詠んだ和歌の深い意図を察していくのです。
そして、見事に自分の真意を読み当ててもらえると、それは「わかってくれた!!」というエモーショナルな感動があって、本当に嬉しいことなのだそうです。

そんな歌会が、台湾では、いまでも各所で催されている。
日本人は、いまではすっかり「察しない民族」に成り果てたかのようです。
言わなきゃわからない。
言ってもわからない。
だから放置するしかない。
他人のことは関係ない。
誰も自分のことなんかわかってくれない。
だから自分さえよければそれで良い。

それって、まるで支那人、朝鮮人と同じマインドです。
そういう人が中世の日本の和歌を解釈しようとしても、わかるわけなどないのです。
たとえそれが優秀な大学生や、有名大学の教授であっても、です。
いくら勉強ができて頭が良くても、人の心をもたなければ、それはケダモノでしかありません。
なぜなら「文化は心が織りなすもの」だからです。
心がなければ、文化もないのです。

そもそも「伝えたい思いを伝えよう」とするとき、くどくどと長く説明するのではなくて、31文字という制限の中で全部伝える。そこに全部詰め込む。それが和歌です。
このことは、たとえていえば、宝物のある部屋に鍵をかけて、ドアだけを指し示すようなものです。和歌がドアです。
ドアが大事なのではなくて、ドアの向こうにある宝が大事なのです。
和歌はドアです。
そしてドアを開けるには、「鍵」が必要です。
「鍵」はドアの中にあります。
つまり、歌のなかに鍵がちゃんとあるのです。

そういうことを理解しないで、ただドアだけみて、いろいろと評釈を加えても、まともな議論になどなるわけがありません。
ましてや恨みつらみの血涙だとか、程度が低いにも程があります。

それにしてもおもしろいものです。
普通の日本人なら誰でもが持っている感性という名前の鍵が、特定の人達には、まったく理解できない。
ドアしかないと思っている。
ドアの向こうなど、まるで察することができない。

私は、そのようなケモノにはなりたくないし、日本人でありたいと思います。
そしておそらくは、これをお読みのみなさんも、同じ心を共有している皆様だと思います。
日本を取り戻して、誰もが手にしている鍵で、ドアを開けましょう。
そこには、古代から続く日本の心の宝が山のように積まれています。



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
こんにちは。さすがに千首大輔と異名を取った女人ですね。
藤原北家の筋の御方。後白河院の第一皇女いんぷ門院(亮子内親王)に仕え
ていたと。また藤原定家の姉2人も仕えていたそうです。
また千首大輔は歌人として、俊恵法師(85番歌)の白川の歌林苑にて、
西行、寂蓮、定家・・そして源頼政(平氏打倒の事始めの御方)と交流があっ
たそうですよww西行は元は北面の武士(院直属)で、地方行脚の御用があっ
たのは何故かな~の御方ですしww政の話もそれとなく・・とかね。
見せばなや 雄島のあまの袖だにも ぬれにそぬれし 色はかはらず 千載集
この歌の前詞きは”歌合し侍りけるとき、恋の歌とてよめる”とあります。
そして、源重之の歌の本歌取りだと。
松島や雄島の磯にあさりせしあまの袖こそかくは濡れしか 後拾遺集
では、ここで連想してみましょう。まずは、わ・ざ・わ・ざ恋の歌と断わっ
てあるので、恋歌として。
見せたい。雄島の水上がりの海女の袖よりもずっとずっと、塩辛涙でぬれた
上にぬれてしまっている袖を でも恋心(色心)は変わらないの。
な~んだか若い・・いくつですか~・・な純情な・・乙女心はね、こんな風
に矛盾しているし、甘~い哀し~い甘~い。恋人に見せれるのかな?それと
も・・?やっぱり千首大輔って凄いかもしれないww
ではちょっと・・政絡みの連想をしてみると・・。
お見せしなければ。雄島の海人の袖よりも、ずっと涙涙の厳しい状況ですが、
旗の色は白(源氏)で、(お上の)お心にお変わりはありません。
後白河院の皇女の女御ですしww白川の歌林苑ですしww源頼政いますしww
その場にいなくても、伝わっていきますし。当時の雄は平氏でしょうが、平
氏の色である赤の連想はちょっと・・そうですね・・赤い血の涙を流し続け
ているが、白を取る気持ちに変わりなし。源氏をとると。断言でしょ?
後白河院は、保元・平治の乱、治承・寿永の乱などの中、二条天皇、平清盛、
木曽義仲との争いを生き抜き、終に源氏の鎌倉幕府と協調路線に持ち込み、
公武関係の枠を作ったそうです。定家は残念に思ったかもしれませんが、地
方勢力が伸びる中、社会の円熟のため・・つまりは公のためには権威と権力
の分離があるべき流れだったのでしょう。この後しばらくして戦乱の世にな
りますが、この権威の残した法治制度が地方に残っていたからこそ、戦国時
代に人口が2倍に増え耕作面積も増えるという、世界ではあり得ない状況が
起きてたのだと思います。やがて戦国時代の終わりに、権力は権威の下に正
当性を得るためにやってきましたし。敦盛が好きだった信長さん。豊臣も徳
川もこの親分の路線。楽市楽座のために治安と貨幣制度の充実をはかりまし
た。社会規模が大きくなれば、親政では無理が来るのですね。政権に任せた
方がいい。日本は脱皮して成長を続ける歴史のようです。江戸時代の終わり
の脱皮は大内乱にせずに大急ぎでやっつけたりしてますねww失敗もありま
すが・・。そんな歴史の中で定家さんは、千年前も日本の女性が強かで、か
つ乙女であった証を残してくれているようですね。





2015/10/03(土) 03:57 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
ありがとうございます。
今日も心に響くお話でした。

日本古来の文化である、和歌、連歌、俳句など、その限られた文字の中で日本人は何を言わんとしているのかを理解してきました。
そしてそれを心で感じていました。

残念な事に「~していました」と過去形で言わなければならないほど日本人としての知性も感性も失われているのが現代日本の現実です。
その現実を作ってきたのは、戦後70年における日教組教育です。

自虐意識を刷り込み、日本の歴史を捨て自由、権利ばかり教えて来た結果がこれです。

知性、感性、つまり心を育てるのは教育です。
教育改革なくしては、変わる物も変わらない、そのように思います。

2015/10/02(金) 14:52 | URL | #PyZMa2bE[ 編集]
急がば回れ
日本はインドネシアの高速列車受注競争で、後だしジャンケンの中国に負けました。が、勝負はこれからです。中国は日本が3年前から調査していた「資料」をまるパクリで提出しています。

2018年に完成させるそうです。情報によれば線路敷設予定の場所は山や川などがあり、工事が難航すると予想されています。採算を度外視して競争に勝っても、その後の工事や維持管理でインドネシアは予想外の事態に苦労するかも知れません。

今回の受注が失敗すれば、その後の海外への売り込みは困難になります。後3年の我慢です。どんな結果になるかジョコ大統領も予想できないと思います。
2015/10/02(金) 14:06 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
歌の意味は、いかにして読み手の意図を察するということですが、これはゲームではなくことの真実を知ることだと思いました。

時代背景と発表したときの同席者の知識を計ってこそ、歌の意味が見えてくるのでしょうけれど、凡人には到底及ぶものではない気がします。

女性が読んだからと、単純に恋愛を歌ったと決めつける恐ろしさも、戦後の歴史学者の能力不足から来るものでしょう。
なにぶんにも、戦前の学者ならば基礎学力がしっかりしていましたから、表面だけをなでるというような偶行はしなかったと思いますが、国をよく知るものは危険(日本人の誇りを持たせないGHQの方針)として、公職追放の対象になったのではないでしょうか。

台湾の方は、日本の統治が始まった頃には日本人を侵略者として排除しましたが、善意の統治者として受け入れてからは、日本のよい部分を残されていると思います。

自分自身もより研鑽を積まなければならないのですが、最近は察して動くと、その後に相手はそうは言っていないと逃げることもありますので、確実な言質を必要とすることになり、気がつけば察することができなくなっています。(情けないことです。)



日本とインドネシアが交渉していた高速鉄道の建設については、後から出てきた中国に契約を持って行かれました。残念なことだと思います。

このことで、私は満州鉄道のロシアによる建設を思い出しました。
当時のロシアが、満州の統治者(清国)に建設費を出せと、言ったとは思いません。どちらかと言うと、費用はロシア持ちで、一方的に建設したのではないかと思うのです。

その目的は、言うまでもなく満州の侵奪であったと思います。
そして、清国が鉄道の管理について文句を言おうものなら、建設費を要求したでしょう。また、鉄道については、数十年または永久的な管理権を要求したと思います。
インドネシアと中国の高速鉄道の契約は、これに近い感じに受け取りました。


しかし、日本の場合は建設費用を要求しますがこれは当然であり、その後には相手国による鉄道の管理が含まれているのです。
この管理には、列車と線路の保守管理が含まれているでしょう。

そうすることにより、高速鉄道の保守管理は相手国のものとなるのです。技術の供与です。

これを受け入れることを拒否したインドネシアは、数十年後に痛い目に遭うことでしょう。
仕方のないことだと思います。

もちろん、日本の安全安心の技術は世界最高だと思いますが、これも忘れてただより高いものはないことを、インドネシアは知ることになると思います。
2015/10/02(金) 14:04 | URL | #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。

「日本を取り戻して、誰もが手にしている鍵で、ドアを開けましょう。そこには、古代から続く日本の心の宝が山のように積まれています。」
日本は宝の国ですね。
黄金の国ジパングとは、ゴールドを象徴しながら、日本の国土そのもののように思われます。

その鍵は、自然との会話、伝承遊び、日常生活を大事することで、受け取れるように思います。寺の修行は、掃除、草むしり(続けていると草が芽をだした音が聴こえるとか)食事の支度、沈黙の食事(感謝して、良く噛んで頂く)、当たり前と思われることが一番大事だと思います。
2015/10/02(金) 09:55 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
和歌に込めた平和
ねず様お疲れ様です。

私は毎日拝読している者です。

平和な世の中だからこそ感じることのできる平和の歌集が『和歌』だと思いました。

これからもねず様に和歌を日本中に広めていただきたいと強く切望します。




2015/10/02(金) 09:27 | URL | だいだい #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク