アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


古事記予告編として

■「第六期 日本史検定講座」が受講生募集中です。
今期は本当の近現代史を学びます。
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

天孫降臨
20151108 天孫降臨


倭塾にお越しの皆様、およびねずさんのメルマガをご購読の方には、すでにだいぶ前にお知らせ済なのですが、今度、古事記の解読本を出版します。
古典に関しては、先般の百人一首に継ぐ、第二弾になります。

その中から、ちょっとだけ、サワリをご紹介します。
まえがきの一部です。

 *

古事記には序文があり、日本書紀には序文がありません。そして古事記の序文には、太安万侶に古事記編纂を命じた天武天皇の問題意識として、歴史は「邦家之経緯、王化之鴻基焉」であると書かれています。

「邦家の経緯」とは、我が国の存立の経緯のことです。
「王化の鴻基」とは、国家の基本のことです。

そして、我が国の存立の経緯であり、国家の基本ということは、古事記は「国家組織の要素」であるということです。
これが古事記編纂にあたっての天武天皇の問題意識です。
そして古事記は、その求めに対する太安万侶の回答です。
つまり古事記は最初から「国家組織の要素であり、天皇の指導の基本書」として書かれているのです。



いまの小中学校の教科書に、たいてい序文はありません。
同様に日本書紀にも序文はありません。
なぜ序文がないのかといえば、日本書紀は当時の小中学校の教科書とすることを目的に書かれたものであり、実際、そのように用いられた書であるからです。

企業研修に、新入社員研修、ロアマネジメント研修、ミドルマネジメント研修、トップレベルマネジメント研修があるように、同じ題材であっても、それぞれの段階に応じて、研修の切り口や教育すべき内容の深さは異なります。
飛鳥、奈良、平安にかけて、貴族の子たちは、朝廷に出仕し、そこでハイレベルな教育を受けたのですが、そこで使われた教科書は、古事記ではなく日本書紀です。

いまでいう小学校の低学年のうちは、素読だけです。
なにせ物覚えの良い時期です。素読を進めると、どんどん暗記してくれる。
それが小学校の中学年になると、いよいよ解釈がはじまります。
漢文で書いてあるけれど、それがどのような物語なのかを教わります。
最初のうちは神話です。
そこには、ウサギさんとお話する大国主神さんや、海の宮殿で美しいお姫様と結婚する若者の物語などが出てきます。
なかには頭が八つある大蛇も出てきて、これを酒に酔わせてやっつけるという面白い物語も出てきます。
子供たちは興味津々、夢中になって学習してくれます。
小学校の高学年になると、歴代天皇記がはじまります。
各時代の天皇が、どのようにして国を運営してきたか。これもまた実に活き活きとした物語として子供たちの胸に染みこむお話となっています。

日本書紀は、こうした物語を、すべて美しい漢文で記しています。
日本書紀が書かれた時代は、日本は朝鮮半島で百済の救済を巡って、大きな戦い(白村江の戦い)を行ったすぐあとの時代です。
百済を滅ぼした新羅だけなら、たいした敵にはならない。
けれど、新羅は、滅ぼされてはかなわないと、支那にある強大な軍事大国である唐と結び、唐から大軍を派遣してもらって日本と対峙しました。

結果、白村江の戦いは、18万対5万の戦いとなりました。
日本は苦戦し、ついに白村江の戦いで、大きな敗北を喫しました。
兵の強さなら、数の違いがあっても、明らかに日本に歩がありました。
けれど、単一言語で統制のとれた唐軍に対し、日本は日本語であっても方言が強くて互いに言葉が通じない豪族連合軍でした。
しかも使っている文字は、各豪族ごとに異なる神代文字が使われ、情報伝達、意思伝達に疎漏が生じました。

敗れた日本は、朝鮮半島における権益を放棄し、国境を朝鮮半島南部から、対馬と朝鮮半島の間の海上へと後退させました。
ところが、唐の都に連行された日本人捕虜から、再び唐が、今度は「日本本土に攻め込む計画をしている」という決死の情報がもたらされたのです。

唐の大軍が日本本土に上陸し、本土決戦となったら、とんでもない事態になります。
ですからこの時代、日本にとって国防はたいへん重要な意味を持つものでした。また、白村江の敗戦の経験から、日本は統制のとれた言語、統一性のある文字を使用しなければならないという危機状況に直面しました。
緊急にそれを進めないと、日本が失くなる危険があったのです。

言葉が通じないという問題が、方言の問題だけなら、全国の豪族の跡継ぎの子を都で預かり、共同生活、共同教育を施すことによって、いまでいう標準語、同じ言葉を共用することができるようになります。
けれど文字は、各豪族ごとに誇りを持った歴史ある異なる文字を使用しています。
そのなかでどの豪族の文字を用いるかを調整することは困難です。
それぞれの豪族ごとに歴史があるのです。つまり、どの神代文字を採用するかを議論していたら、永遠に統一文字を日本は使えないのです。これは軍事的弱点です。

「ならば、敵の国の言語を、共通語にしてしまおう。」
これが漢文を、統一言語としての教育に取り入れた理由です。
こうすることにより、日本人は敵の言語を解読できます。
けれど敵には日本語がわからない。情報面で日本は有利に立つことができます。
しかも、日本全国の共通の敵である唐の言葉を学ぶと決めることは、どの豪族のどの神代文字を標準語にするかよりも、はるかに調整が容易です。
しかも漢字は、当時流行しはじめた仏教の経典でも使われています。普及が容易なのです。

だから日本書紀は漢文で編纂しました。
ただし、レ点などを入れ、大和言葉で読み下せるように、工夫が施されました。
そうすることで、日本書紀を通じて、漢文と大和言葉の両方をいっぺんに学ぶことができるように工夫されたのです。

日本書紀編纂運動は、いまでいう国定教科書つくりの運動です。
日本書紀は、続日本紀によれば、天武天皇によってその編纂が命ぜられたとあります。
出発点は古事記と同じなのです。

天武天皇がその詔を出したのが天武天皇10(681)年です。
日本書紀が完成したのが養老4(721)年です。
ですから日本書紀は、まる40年かけて出来上がったと、普通は解されています。

ところがこれは「続日本紀」の養老4年5月の項目に、
「先是一品舎人親王奉勅修日本紀 至是功成奏上」
(さきごろよりこの一品、舍人親王が天皇の奉勅によりて日本紀が成ったことを奏上した)とあることを言っているだけで、いまの学会においても、日本書紀の正確な成立年代というのは、現実のところ「よくわかっていない」といのが実情です。

当然のことです。
日本書紀は教科書なのだから、その後も改良に改良が重ねられ、書の名前も、日本書紀になったり、日本紀になったりしているのです。
「新らしい歴史教科書」が、「新版・新しい歴史教科書」になったり「新しい日本史」になったりするようなものです。

一方古事記は、同じく天武天皇の詔(681年)に始まり、和銅5(712)年には完成して元明天皇に献上されています。
完成まで31年です。たいへんな苦労があったものと拝察されます。

注意すべき点は、古事記が日本書紀よりも10年早く、完成に至っているということです。
逆にいえば日本書紀は、古事記より編纂にプラス10年、余計に時間がかかっているということです。

日本書紀が10年余計にかかった理由は、古事記に書かれた内容を、いかにして教育プログラムにしていくかが議論され、子供達に興味をもってもらうためには、どのようにしたら良いか、外国人にも読める漢文にするにあたり、何を伏せ、何を強調するかが深く検討されたためなのだとすれば、納得できます。

子供に教えるということと、大人の管理職が学ぶことでは、その意図も重さも異なります。
ですから古事記と日本書紀では、神様や人名に使われている漢字からして異なります。
たとえば日本書紀では神武天皇ですが、古事記では神倭伊波礼毘古天皇です。

古事記が先に書かれていたということは、日本書紀の編纂者たちは、神倭伊波礼毘古天皇という表記をちゃんと知った上で、あえて日本書紀には神武天皇と書いているわけです。
本書ではその理由も明確にしています。

冒頭に書きましたように、古事記は天武天皇の問題意識である「国家組織の要素であり、天皇の指導の基本書」として書かれたものです。
そうであれば、古事記はそのまま子供たちに公開文書として教えるわけにはいきません。
なぜなら子供たちの教科書になるということは、外国にもその書は公開されるということだからです。

もっと言えば、国家緊急権、非常大権を持つ天皇指導の根幹がわかるということは、日本が緊急時において、どのような意思決定をするかが、あらかじめ他国に読めてしまいかねないのです。
これは公開するわけにはいきません。
むしろトップシークレットの国家機密文書扱いになるのが当然です。
だからこそ、古事記は、天皇の側近の一部の国の高官にのみ、どこまでも大臣候補者研修資料として用いられたし、そうであれば、古事記とは別に、子供向けの教科書として、あとから日本書紀の編纂を行う必要があったのです。
そしてこのことが、同じ物語であっても、古事記と日本書紀の記述が微妙に違う理由となっています。



以上は、ほんの一部です。
けれど、上記の趣旨に添って、あらためて原文から解き明かした古事記は、おそらく私達がこれまでに持っていた古事記のイメージを180度反転させるインパクトを持ったものになっています。

乞うご期待です。



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
楽しみにしています
古事記は訳本を一通り読んだだけでまともに原文に当たったことはありません。現在解釈本はほとんど出ていない状況です。
小名木先生の驚きの解釈楽しみにしています。
小生としてはホツマツタヱなどヲシテ文献が記紀以前の正統文献と信じておりますが。

白村江の戦いがいかに我が国に影響を与えたか分かりました。
当時はまさに大東亜戦争に敗戦してアメリカ文化が流入した時に匹敵する国難だったことが分かりました。
2015/11/10(火) 08:01 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
No title
これから日本神話の勉強に取り掛かろうとしていたところです。

今、日本語は乱れに乱れています。どこか、日本を侵害しようとする、外国の勢力の力が入っているものと推察しますが、日本人は正しい日本語を受け継いでこそ、真の日本人でありえます。言霊あふれる正しいい日本語の基盤は、古事記にあると思います。心から、期待しています。

2015/11/09(月) 11:33 | URL | 花田良春 #-[ 編集]
心待ちにしております。あとは『ねずさん本』4巻もお願いしますね。
2015/11/09(月) 10:52 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
No title
毎日有難うございます。
お聞きしたいことがあります。
それならなぜ、唐字ではなく、
漢字というのでしょうか?
2015/11/09(月) 10:19 | URL | Supermum #-[ 編集]
楽しみです!
百人一首に続いて、日本最古の聖典であり神話である古事記のご解説本を出される事は素晴らしい事です。楽しみにしています。ねず先生、ありがとう御座います。
2015/11/09(月) 09:19 | URL | ケイシ #-[ 編集]
No title
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/07/blog-post_3.htmlオーストラリア:ストラスフィールドにて慰安婦像の災難が明らかに

 


http://maokapostamt.jugem.jp/?eid=5078【歴史】日本人虐殺事件を引き起こした朝鮮人大尉
2015/11/09(月) 07:42 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク