アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


天野屋利兵衛は男にござる

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20151215 天野屋利兵衛


昨日、赤穂浪士外伝から「矢頭右衛門七」をご紹介しましたので、今日は同じく外伝から天野屋利兵衛をご紹介してみようと思います。
上にある絵は、面白いので貼ってみたのですが(クリックすると掲載ページに飛びます)、同じ役柄でも、演じるのが丹波哲郎と、藤田まことでは、ずいぶんと雰囲気が違うものだと、あらためて納得してしまいます。
実は天野屋利兵衛のお話は、ねずブロでの登場はこれが初になりますが、倭塾では昨年、講談でこれをやっています。
そのときも、上の絵を用いて、ご来場いただいたみなさまに、講談からすこし補足をさせていただきました。

天野屋というのは、大阪で、代々続いた回船問屋の大店(おおだな)です。
熊本の細川家や、岡山の池田家などにも出入りしていたそうです。
また、大阪商人の寄り合いでは、北組惣年寄にもなっていたくらいですから、かなり商売も順調だったのでしょう。

ところが五代目利兵衛のときに大きな海難事故があって、店が傾いてしまいます。
そのときに助けてくれたのが、「赤穂塩」で藩の財政を立て直した播州赤穂藩でした。
このときから天野屋は「赤穂塩」の販売をいってに手掛けるようになり、家業を再興しています。
ところが元禄13年に、赤穂のお殿様が江戸城の殿中で刃傷沙汰を起こし、赤穂藩はお取り潰しになってしまったわけです。
これはある意味、天野屋からしてみれば、たいへん困る事件だったわけです。

ところがそんな天野屋のもとに、ある日、元赤穂藩の家老だった大石内蔵助がやってきます。
そして、
「内密で刀身が短く身幅の広い刀を50本ばかり用意してもらえぬか」と言うのです。

「もしかすると」と察しはついていましたが、これはたいへんな事態です。


20151208 倭塾・動画配信サービス2

「刀身が短く身幅の広い刀」というのは、屋内用の戦いのための刀です。しかも乱戦で相手の人数が多いことを想定したときに用いる刀です。
屋内では、屋根が低いので、普通の長さの大刀では、上段からの打ち込みができません。だから刀身を短くする必要があります。
「身幅が広い」というのは、乱戦で刀と刀が打ち合ったときに、折れない、曲がらないようにするための刀です。
つまり内蔵助は、明らかに吉良邸討ち入りを前提とした刀を求めにやってきたのです。

時は元禄、5代将軍綱吉の治世です。
この時代、有名なものに「生類憐れみの令」があります。
天下の悪法といわれ、綱吉は「犬公方」とアダ名されたりもしていますが、実はこの「生類憐れみの令」は、犬だけを殺すなといっているのではありません。
犬さえも殺してはならないのですから、なおのこと、人が人を殺すことは御法度、というのがこの令の趣旨です。

武士は刀を持ちます。
町人でも、ヤクザ者などは長脇差を腰に付けます。
刃物を持っていて喧嘩になれば、それが抜かれるし使われます。
けれど刀は武士の魂です。
民百姓から侮られないためにも、刀は必要です。
けれど、刃傷沙汰は、仇討も含めて御禁制としたい。
それが「生類憐れみの令」となっています。

もちろん綱吉の孝行などがきっかけのひとつになったこともあったでしょうけれど、この生類憐れみの令は、その後も幕末までに百回以上に渡って御触れが出されています。
学校でも綱吉がアホの犬公方と教える教科書があるそうですが、もしそうなら、以後の将軍全員もアホということになってしまいます。
ありえない解釈だと思います。

そういうわけで綱吉の時代というのは仇討などもってのほかです。
堀部安兵衛の高田馬場の決闘なども有名なものではありますが、仇討が御禁制となって、他にする人がいなくなったから、あの事件が際立ったのです。
まして、集団で主君の仇討など、絶対に認められないというのが幕府の立場です。

そして「明察功過」が治世の要とされた時代です。
もし赤穂の浪士たちの討入が実際に行われれば、該当する奉行は自身が腹を切らなければならなくなります。
だからこそ幕府の奉行たちは、赤穂の浪士たちの決起を、なんとしてでも防ごうとしていたのです。

こうした時代背景のなかにあって、天野屋利兵衛が赤穂の浪士たちの武器の調達を手伝ったとなれば、共犯者として処罰は免れないのです。
代々続いた天野屋も、自分の代が最後になってしまうかもしれない。
しかしそんな立場にある利兵衛の目の前で、赤穂藩の元家老が頭を下げているのです。
しかも、この天野屋利兵衛を男と見込んで秘事を打ち明けてくれている。

考えた末、天野屋利兵衛は、内蔵助の依頼を承諾しました。
利兵衛は、取扱商品の中から、まず最高の鉄を探しました。
調べてみると、岡山県の最北端にある西粟倉の若杉村のハガネが上質です。
刀鍛冶職人も探しました。
秘密が守れて、若杉村に長逗留できる職人となると限られます。
ようやく3人の刀鍛冶職人の手配をつけました。
さらにできあがった刀を研ぐのに用いる磨草に、播州徳久の庄から、大量の磨草を求めました。
ヤスリも植物性のものが最良だからです。

そして利兵衛は、湯治と称して刀鍛冶を連れて、若杉村に入りました。
自ら刀つくりの監督をしたのです。
こうして刀作りに励む利兵衛ですが、あまり若杉村にばかりもいられません。
彼は、大阪の店に戻っては、また湯治と称してでかけていきました。

利兵衛があまり頻繁に湯治に出かけるため、ある日、妻のおかよが「何処の湯治場へ行かれるのですか」と尋ねました。
これが上杉家の密偵に洩れます。
密偵は但馬の若杉村まで行って、その事実を確認しました。
けれど「武器製造の噂は嘘であった」と上杉のお殿様に報告しています。
このため利兵衛が無事武器を造りおおせたという話も残されています。

元禄15年7月、ようやく刀ができあがりました。
問題は、その刀をどうやって運ぶかです。
彼は、刀をこの地の産物である山芋に見立て、ススキ(茅)で編んだ包にこれを入れて浪速まで運搬しました。
おかげで、いまも西粟倉村のあたりは、別名で「大茅」と呼ばれます。

利兵衛は、山道の間道を選びながら海へ出て、海路で江戸まで刀を運びました。
それは西粟倉村から224里、約900kmの旅でした。
ところが無事に内蔵助に刀を届けた利兵衛は、浪速に戻ると大阪西町奉行に逮捕されてしまうのです。
容疑は、大量の武器の受注です。

奉行所では、注文主の名を白状せよと、天野屋利兵衛に再三の拷問を加えました。
肉が破け、骨が折れ、血だらけになってげっそりやつれ姿になっても、天野屋利兵衛は吐きません。
ついに奉行所は、利兵衛の子の芳松を捕らえてきて、利兵衛の目の前で芳松を火責めの拷問にかけると言い渡しました。
真っ赤に焼けた鉄板の上を、年端もいかない芳松に裸足で渡らせるというのです。

我が子が火攻めにかけられる!
目の前で可愛い我が子が恐怖に怯えています。
利兵衛は息子に言いました。
「芳松!、笑ってその鉄板(てついた)を渡っておくれ。私も死んで一緒に死出の旅では、おまえの手をひいてあげるから!」
「ええい、まだ言うか!」と声を荒げる役人に、天野屋利兵衛は言いました。
これがこの物語の「決め」のセリフです。

「町人なれども天野屋利兵衛、
 思い見込んで頼むぞと、
 頼まれましたお方様には
 義理の二字がございます。
 たとえ妻子がどのような
 火責め水責めに合うとても、
 これで白状したのでは
 頼まれました甲斐がない。
 天野屋利兵衛は、男でござる!」

これ、次回(26日)の倭塾でやりますね^^

そこに利兵衛の離縁した女房のおかよがひったてられてきました。
利兵衛は、自分の変わり果てた姿を見たり拷問にかけられそうになっている息子を見たら、きっと女房が余計なことを喋るにちがいないと踏み、
「この女は発狂しておりまする。だから離縁したのでございます」とうろたえました。

予想どおり、状況を見かねたおかよが、これまでの浅野家と夫の関係をペラペラと喋ります。
ところがこれを聞いていた大阪西町奉行は、次第におかよが語る利兵衛の姿に心を打たれるのです。
そして核心に触れそうになったところで、奉行自身が、
「おかよと申すその方、利兵衛の申す通り、お前はすでに気が違ごうておる。何を言っているのかまるでわからぬ。取り調べはこれにて終わりに致す」と折れてくれたのです。

そして討ち入りの後、奉行は「取り調べれば忠義の邪魔」と、利兵衛を釈放します。
利兵衛は、家督を芳松に譲り、76歳でこの世を去りました。

ちなみに大石内蔵助は、利兵衛から武器を受け取った際、涙を流しながら一片の色紙を贈ったそうです。
そこには、次のようにかいてありました。

「町人ながらも義に強く、
 意地を通じて侠気(おとこぎ)の
 武士も及ばぬ魂は
 亀鑑(きかん)と代々に照返す」

亀鑑(きかん)というのは、人のおこないの手本や模範を意味する言葉です。

「天野屋利兵衛は男でござる!」
日本人が取戻べき精神性の雄々しさが、ここにあります。


と、話はここで終わりなのですが、ほんのちょっとだけ、余計なことを書いておきます。
赤穂浪士の吉良邸討ち入りは、幕閣内でもそれが義挙なのか、仇討禁止の御法度を破った天下の大罪人なのか、たいへんな議論になりました。
これを大規模な殺人事件とすれば、事件の発生を未然に防ぐことができなかった関連部門の責任者は、全員切腹です。
武家の社会というのはそういうものです。

このことは、何度もこのブログでご紹介していることですが、川崎の中1児童殺害事件のようなものが起きれば、川崎の町奉行は切腹なのです。
なぜなら明察功過によって「事件を未然に防ぐ」のが奉行の役割です。
そのためにあらゆる権限が与えられています。
にも関わらず事件が起きてしまったのなら、その責任をとって切腹するのがあたりまえです。
責任と権限は両立するものだからです。

ところが赤穂浪士の義挙は、町方の殺人事件とは異なり、武士によって起こされた主君の仇討です。
ということは、この問題に関する最高責任者は、武家の治安を預かる者ということになります。
ということは、責任をとって切腹しなければならないのは、誰でしょうか。

だから幕府内で問題になったのです。
御法度破りの殺人事件とすれば、将軍や年寄、目付けの責任問題になるのです。
責任者は全員切腹という事態になります。

けれど、これを主君の仇を討った義挙とすれば、むしろ事前に事件の発生を意図して見逃したことが正義となります。
この場合、浪士たちに、あくまで事件として切腹をさせるのか、義挙として称えるのかが問題になりますが、称えてしまえば、以後、同種の事件が頻発することになりますから、これはできません。
結果、義挙でありながら、討入の実行犯は切腹という政治判断になっています。

そしてその結果討入犯人たちは命を失いますが、義挙をしいさぎよく切腹をした英雄となって名を残し、その家族等の再就職も容易になります。
そして、目付けや奉行、ひいては将軍が事件の責任を取る必要がなくなるのです。

この知恵を出したのは新井白石と言われていますが、実に見事な采配であったと思います。


PS:
今日のねずブロ記事、主題は天野屋利兵衛であり、もちろん「天野屋利兵衛は男にござる」が最大のテーマです。
けれど、サブテーマとして書いた「赤穂浪士や天野屋利兵衛の処罰を明察功過の観点から説いた」のは、おそらく本邦初であろうと思います。

でなければ、将軍や目付けの責任問題になるし、大坂町奉行もやはり責任問題です。武家ですから、責任を果たすには切腹以外ありません。
ところが浪士たちが義挙ということになれば、話は違ってきます。
だから実行犯である浪士たちの切腹は止むを得ないにせよ、それ以外の治安の責任者たちは「お咎めなし」となったのです。

そしてそういう目で見ると、大坂町奉行が利兵衛を釈放した理由もあきらかになろうかと思います。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html

三橋美智也 天野屋利兵衛は男でござる




【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
違うと思いますよ
伊勢新九郎さん、違うと思いますよ。
お話、物語であっても、そういうものを生み出し、受け入れようとしてきた日本人というものへの愛情をねずさんは書いているのです。
余計なご意見と思いますよ。
2015/12/18(金) 21:33 | URL | 通りすがり #qbIq4rIg[ 編集]
No title
 天野屋利兵衛は、俵星玄番や、日野家用人・垣見五郎兵衛と同様に忠臣蔵の中のお話しの中の出てくる人物で、赤穂事件とは何の関わりもないと思います。
お話しとして私も大好きですが、史実ではありませんので、ブログでは明確に創作であると記載していただきたいと思います。
 うそが真実のようになってしまう。これが一番怖いのです。

2015/12/18(金) 21:23 | URL | 伊勢新九郎 #-[ 編集]
No title
いつも興味深いお話ありがとうございます。
そうそう、私も生類憐みの令のことは薄ら笑いの対象という印象だったように覚えています。
日本史の教科書でも習いましたがその他の読み物でもそんな感じだったような。

ところで上杉家の密偵は何故本当の事を報告しなかったのでしょうか?
やはり利兵衛の男気に惚れたからでしょうか。

日本人の采配というのは、あちらもこちらも慮り無駄に潰さないような賢明さに満ち満ちているようですね。
2015/12/17(木) 17:27 | URL | Miki #bWeNS1W.[ 編集]
藤原正彦先生が日本人はただお茶を飲めばいい、花を飾ればいいのを「道」にしなけらば気のすまない民族だと称えておられましたが、モノでさえそうなら、当たり前のことですが生き方こそ道が基本というお話でしたね。しかも、子守りの娘が立て札を読んでいるのと同じですし。
さて、読売新聞で考古学の大塚初重先生の連載が載っていて興味深く読んでいます。
戦争で生き残り(蜘蛛の糸のような悲惨な経験では今も心を傷めておいでなのがわかります)、大学に入り考古学を中心に日本の古墳の発掘調査の黎明期を過ごした方みたいです。
今日の記事も楽しみに読んでいたのですが、文末にさらっと「学生運動の赤ヘルたちは熱が覚めるとみんな都道府県教育委に入って行きました」とあり、歴史の証人はすごいなと思いました。ちなみに会場の一階に過激派、二階三階は普通の学生だったとも。
道は誤らないで欲しいものです。
2015/12/17(木) 10:35 | URL | 菊 #J9KrKsHg[ 編集]
No title
恐怖で相手の意思を捻じ曲げようなどと

暴力で相手の意思を捻じ曲げようなどと

金で相手の意思を捻じ曲げようなどと

世の中にはその様な人達が跳梁跋扈しています。

今日は、素晴らしいお話しを伺いました。

深い感慨に浸っております。

真に、天野屋利兵衛は男にござる。 ですね。
2015/12/17(木) 10:11 | URL | やまとびと #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます・

今風に言うと「カッケー」です。

男の美学しかと受け止めました。

今、いるかしら?
2015/12/17(木) 08:46 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
No title
http://ameblo.jp/hourousya0907/entry-11206531430.html在日外国人は母国に住む親戚まで扶養控除に取り所得税を0にできることを日本人は知るべき

 
2015/12/17(木) 08:10 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク