アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


紙芝居「古事記」

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20151218 紙芝居古事記


CGSの神谷宗弊さんたちのグループが、紙芝居の「古事記」をつくりました。

古事記の物語に関する解説本は、来年2月に私の執筆の本が出ますが(予定です。もしかすると4月にずれこむかもしれません)、その前に、古事記を紙芝居で学んでしまおうというのが、今日ご紹介する紙芝居「古事記」です。

「十二、十三歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は例外なく滅んでいる」というのは英国の歴史学者のアーノルド・J・トインビーが残した言葉ですが、私などが子供の頃は、学校の図書館にも「日本神話」の本がたくさん置いてあったし、絵本もあったし、世界文学全集のようなセットの中には、かならず「日本神話」があって、ヤマタノオロチや、イナバの白ウサギなどの物語、天の岩戸の物語、あるいは国産み神話などが、挿絵入りの豪華本になっていたものです。

学校の図書館は、貸し出しカードに名前が乗るし、友達が読んでいる本は、自分も読んでいなと話においつけなくなるし、だからほとんど競争みたいにな感じで、少年少女世界の文学を読み漁ったりしたものです。
アンデルセンや、グリム童話、イソップ物語、ギリシャ神話、小公女に小公子、ロミオとジュリエット、ロビンソン漂流記、十五少年漂流記、西遊記、ロビンフット、ガリバーの冒険、あしながおしさん、シャーロック・ホームズなど、めちゃくちゃおもしろかったし、みにくいアヒルの子では、ポロボロと涙を流しました。

けれど何より興味津々だったのは「日本昔話」で、髪をみずらに結った神様たちの冒険譚は、子供心に、ものすごく刺激的だったような気がします。



20151208 倭塾・動画配信サービス2


残念ながら、最近の子どもたちは、そうした世界の名作文学に接するという機会が極端に減り、「桃から生まれた桃太郎」よりも、その桃太郎に代わって鬼さんたちに謝罪した桃次郎の物語などという、いまの日本人の大人たちにはまったくわけのわからないお話が、まるで古来からある日本昔話であるかのように教えられたりしています。

古事記の本当の深い意味はともかく、幼いうちから、日本人として日本の神話に接するということは、トインビー博士の言葉を持ち出すまでもなく、実はとっても大切なことです。
これをやっておかないと、情感を共有する前頭葉が発達せず、映画を観ても泣かない、感動動画をみても、「なんのことかわからない」という、屁理屈だけで情のない人間になってしまいます。

そういう意味で、今回発売となった紙芝居「古事記」は、実に素晴らしい取り組みだと思います。

是非、これを学校などに推薦し、また、学校の父兄会などを通じて、構内での紙芝居大会などを実現したり、あるいは神社の氏子会館などでの、定番紙芝居にしていけたら良いなと思います。

また大人たちが、あらためて古事記を学ぼうとするとき、いきなり原文読み下しみたいな難しい本を読んでも、いまいち意味がわからないかと思います。
私の場合、何か知りたいことや学びたいことがあると、最初にできるだけ薄くて文字の大きな本を買ってきて、これを読み、全体を鷲掴みにするようにしています。

民法や刑法などの法律の勉強をしたときも、会計や簿記の勉強をしたときも、マーケティングや経営学の勉強をしたときも、笑われるかもしれませんが、最初は小学生向けのようないちばん簡単そうで網羅的なものを買ってきて読みました。
そしてそれから、中程度の簡易な本、そのあとで、分厚い専門書に取り組みました。

小学生向けの薄手の本の場合、たとえば小学生向けの「よくわかる民法」のような本(これがけっこうよくできています)などは、だいたい20分もあれば全部読めてしまう。
そしてそういう本は、図解や挿絵も豊富ですから、全体の構造が、わりとすんなりと鷲掴みできます。

その次に、中程度の概説を書いた本で、興味のあるところだけをちら見して、それからできるだけ厚手の専門書を買ってきて読みました。
でもこれはものすごく時間のかかる作業で、いっぺんに全部読むなんてとてもできないので、毎日1節、もしくは1章だけ、自分にノルマにして読むというやり方をしました。
なので40代の半ばくらいまでは、たいてい読みかけの本が小説から専門書まで、常時6〜10冊、机の上に乗りっぱなしになるという情況でした(笑)

古事記も原文でしっかりと読もうとすると、実に膨大な時間がかかるものです。
今回、古事記の解説本を書きましたけれど、最初のところから神武天皇のところまでを原文で読み込もうと思い立ってから、読み終えて、本にしようと思い立つまでに、だいたい1年半くらいかかっています。

そういう意味で、今回出ました紙芝居「古事記」は、ちゃんとした読み込みの前に、全体像を鷲掴みするということのためにも、とってもよくできたものであると思います。

そして、実はこの紙芝居「古事記」、もともとは、市販用ではなく、神社や学校などで子供達への教育事業用にしていただこうと始めたプロジェクトです。
そういうのを「クラウドファンディング」といって、ウェブを通じて資金を募り、その資金で紙芝居「古事記」を全国に広げようという運動として誕生しています。

現在実際に紙芝居「古事記」を受け入れてくださった先は以下の通りです。
素晴らしい取り組みだと思います。

20151220 紙芝居古事記2



※ 紙芝居「古事記」プロジェクトホームページ
http://www.gstrategy.jp/kojiki/index.php




人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html

【CGS 日本の歴史 3-9】記紀の編纂と大仏建立




【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
余命三年時事日記 ミラーサイト
余命三年時事日記 ミラーサイト
https://quasi-stellar.appspot.com/

反日売国支那朝鮮人を排除する戦いの始ま
りを布告した「余命3年時事日記」の発売を
祝福するコメントや販売促進策の提案、販売
店情報など多くのコメントが寄せられています。

詳細は
【集団通報 第1会議室の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kgs/kgs1.cgi
2015/12/20(日) 16:26 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク