アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


楠正成と七生報国

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20151225 楠正成


東京の皇居前には、二体の銅像があります。
武官からひとり、文官からひとりです。
この銅像となっている二人が、日本の歴史に残る二人の英雄です。

武官が楠正成(くすのき まさしげ)です。
鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての河内の武将です。
鎌倉幕府に抵抗し、最後まで勤王をつらぬいたことから、明治以降「大楠公」(だいなんこう)と称されました。

文官が和気清麻呂(わけのきよまろ)です。
奈良時代末期から平安時代初期に活躍した貴族です。
勤王をつらぬき、時の権力者から天皇を守った英雄です。

そこで今日は楠正成を、明日、和気清麻呂を書いてみたいと思います。


20151208 倭塾・動画配信サービス2


楠正成は、実は出自は、まるで謎の人物です。
日本史上、これだけ有名でありながら、これほど出自が謎に包まれた人物はほかにいないくらいです。
楠正成が、確かな実像として捉えられるのは、元弘元年の挙兵から建武3年の湊川での自刃までのわずか6年ほどの間だけなのです。

ただ、歴史上に現れる日本を護るために命をかけて戦う人は、実際には歴史に名が残り、出自の明らかな人物よりも、草莽の志士たちがほとんどでもあるわけです。
そういう意味では、楠正成の出自など、その後の正成の命を賭けた戦いを考えれば、どうでも良いと言っていいものであるといえるのかもしれません。
どこの馬の骨であろうが、日本人として、日本のために誠実を尽くすこと。
そのことこそが大事なのだという、これもまた歴史の教えなのかもしれません。

わかっているのは、楠正成は、もともと河内一帯を中心に、水銀などを流通させていた豪族であったようだ、ということです。
この水銀の利権をめぐって、楠の家が幕府と対立し、これがきっかけで天皇方に付いたという説もあるようですが、真偽は不明です。

時は、鎌倉時代の末期です。
元寇から半世紀が経ち、幕府の権威も失墜し、執権の北条高時は、政治への興味をなくし遊興三昧の日々を送っていた、そんな時代です。
幕府の財政悪化から民は重税に苦しみ、世の秩序も乱れに乱れていたといいます。

すこし補足します。
鎌倉政権はもともと源氏政権ですが、源氏はもともと相続財産は均等配分制です。
現代日本と同じで、兄弟が5人いれば、財産は仲良く5等分して相続します。
ところがこれをやると、5〜6世代を経由したとき、領主がどんなに大きな財産を持っていたとしても、土地が分割されて、ひとつひとつの田んぼや畑が猫の額ほどになり、誰もが飯が食えなくなってしまうのです。
土地は広大であれば高度活用が可能になりますが、小さく細分化されてしまったら、誰もが貧乏になるのです。

だから鎌倉御家人たちは、鎌倉末期にはみんな借金まみれになりました。
やむを得ず幕府は、借金棒引き令としての徳政令を出しますが、これは一言で言ったら幕府による武家全部の破産宣告みたいなものです。当然、幕府の権威も御家人の権威も失墜する。
権威が堕ちれば世の中は荒れます。
だからこうした均等配分方式の財産相続のことを、昔は「タワケ」と言いました。
「たわけ者め!」の「たわけ」です。
「たわけ」は、「田分け」です。

みかねた後醍醐天皇は、元弘元(1331)年、幕府打倒を目指して京都で挙兵しました。
これを後醍醐天皇が権力を目指したなどとアホな解説をしているものを見かけますが、全然違います。
天皇は我が国の最高権威ですから、権力を必要としません。
天皇はいわば無の存在です。
ですからこのときに起きたことは、後醍醐天皇の周辺にある政治権力者が、後醍醐天皇を奉じて「もう幕府に政治を委ねているのは限界である」として挙兵したということです。

このことは、誤解を招きやすいのですが、実質的に国内を取り仕切っているのが幕府であるとしても、幕府はあくまでも朝廷の一機関でしかないというのが、その位置づけです。だから「幕府」です。
その幕府が政権担当能力を失えば、朝廷が改革に乗り出すのはあたりまえのことで、ところがそのことは幕府の側からすれば、幕府権力の失墜を意味します。
だから幕府を担ぐ北条氏は、武力を用いてこれに抵抗したわけです。
財政運営に失敗した鎌倉の北条氏にしてれみば、もはや頼りになるのは軍事力しかなかったのです。

このことは、幕府によって土地の私有を承認されている御家人たちの利害とも一致しました。
政権が朝廷に戻るということは、ふたたび公地公民制のもとに置かれるということです。
つまり土地の私有が制限されて、あらためて土地が統合されることを意味します。
すると小なりといえども、自分の私有地が失われる。
御家人たちにしてみれば、死活問題なのです。
だから御家人たちは、世の中の乱れを憂いながらも、倒幕となると恐れをなしています。

楠正成は、そういう意味では、水銀商人ですから、個人として土地問題を抱えているわけではありません。
それだけに「田分け」によってどうにもならなくなった国内事情を、もういちど整理統合して、みんなが食える世の中に戻そうという朝廷方の意見や理想に、共鳴することができたし、だからこそ楠正成は、後醍醐天皇のもとに馳せ参じています。
このとき楠正成、37歳です。

後醍醐天皇は、楠木正成に、
「勝てる見込みはあるのか?」と質問しました。
正成は、
「武芸に勝る関東武士に正攻法で挑んでも勝ち目はありません。しかし知謀を尽くし策略をめぐらせば勝機は生じます」と答えています。

そうはいっても正成の兵力はわずかに500余騎です。
これに対し幕府は、数万の大軍を差し向けています。
鎧兜に身を包み、きちんと武装した幕府軍に対し、正成軍の将兵は、まるで野武士の集団です。
兜なんてありません。上半身が裸の者も多いです。

粗末な山城を見た幕府軍の武将は
「こんな急ごしらえの城など片手に乗せて放り投げてしまえるではないか。せめて1日でも持ちこたえてくれねば恩賞に預かれぬぞ!」と声を荒げました。
幕府兵は、総員総攻撃を敢行しました。
兵が攻撃を始め、城の斜面を昇り始めました。

ところが、兵が斜面を埋めた瞬間・・・・
ドドンという音とともに、突然、城の外壁が崩れ出します。
幕府兵の頭上に、岩や大木が地響きをあげて転がってきます。

1対1で戦うことを名誉とする鎌倉武士と異なり、武勲にこだわらない地侍たちは、集団での奇襲作戦を行ったのです。
この初戦だけで、幕府側は700名も兵を失ってしまいます。
そして、楠木正成軍は、藁人形であざむく、熱湯をかける、熱した糞尿を頭からかける(まさに焼け糞です)など、奇策に奇策を重ね、幕府軍を翻弄しました。

やむなく幕府軍は、力押しをやめて、いったん兵を引き、城を包囲して持久戦に持ち込みました。
山城にとどまる正成軍の食料は、20日で底をついてしまう。
このままでは、飢え死にするほかない、となったそのとき、京で後醍醐天皇が捕らえられたと急報が入りました。

正成は城に火を放ち、火災の混乱に乗じて抜け道から脱出し、行方をくらまします。
猛烈な火災に、鎌倉幕府側の武将たちは、誰もが「正成は武士の伝統に従って炎の中で自刃した」と考えます。
そして、「敵ながら立派な最期だった」と言い合ったそうです。
このように従来の価値観で動かず、舌を出してさっさと逃げているところが、型に収まらない正成の正成たる由縁で、後世、特に江戸期に楠木正成は大人気となります。

これが有名な「赤坂城の戦い」です。

 *

翌元弘2(1332)年、赤坂城の攻防戦から1年が経った頃、再挙兵の仕込みを完璧に仕上た正成が姿を現しました。
当時の気分としては、
「天下の大悪党ここに現る!」という感じだったようです。

北条氏は、討伐のために、鎌倉幕府最強とされる先鋭部隊を差し向けました。
楠木正成側の兵力は、このとき幕府精鋭部隊の4倍です。
臣下は「一気に踏み潰しましょう」と正成に進言します。
しかし正成は、「良将は戦わずして勝つ」と提案を退け、謎の撤退をします。

幕府の精鋭部隊はもぬけの殻になった天王寺をなんなく占領しました。
ところが夜になると、天王寺は何万という“かがり火”に包囲されたのです。
兵士達は緊張で一睡も出来ないまま朝を迎えました。

しかし夜が明けても正成軍に動く気配はありません。
そして次の夜になると再び無数のかがり火が周囲を包囲します。
「いつになれば正成の大軍は総攻撃を始めるのか…」

4日目、精神的&肉体的に疲労の極致に達した幕府兵は、ついに天王寺から撤退します。
実は、このかがり火は「幻の大軍」で、正成が近隣の農民5000人に協力してもらい、火を焚いただけのものでした。
正成軍は一人の戦死者を出すこともなく勝利しています。


翌元弘3(1333)年2月。
幕府は8万騎の大征伐軍を編成し、目の上のタンコブの正成追討を図りました。
迎え撃つ楠木正成の軍団は、わずか千人です。
楠木正成は、山奥の千早城(いまの大阪府南河内郡千早赤阪村千早の辺り)に篭城しました。

幕府軍はこれを包囲したものの、正成の奇策を警戒するあまり近づくことが出来ません。
2年前の赤坂城と同様、兵糧攻めが一番と、千早城を取り囲みます。
ところが今回は勝手が違いました。
幕府方は、なまじ8万もの大軍であるがゆえに、先に餓えたのは、包囲している幕府軍だったのです。

正成の作戦は、目の前の大軍と戦わずに、その補給部隊を近隣の農民達と連携して叩き、敵の食糧を断つという、
「千早城そのものが囮(おとり)とする」という前代未聞のものだったのです。

山中で飢餓に陥った幕府兵に対し、抜け道から城内へどんどん食糧が運び込まれていた正成軍は、3ヶ月が経ってもピンピンしていました。
やがて幕府軍からは数百人単位で撤退する部隊が続出し、戦線は総崩れになりました。
これが「千早城の戦い」です。

 *

8万の幕府軍がたった千人の正成軍に敗北した事実は、すぐに諸国へと伝わりました。
「幕府軍、恐れるに足らず」
これまで幕府の軍事力を恐れて従っていた各地の豪族が次々と蜂起し始めました。
そしてついに、幕府内部からも、足利尊氏、新田義貞などの源氏直流の大物豪族たちが公然と反旗を翻し出したのです。

足利尊氏は、京都の幕軍を倒し、新田義貞は、鎌倉に攻め入って北条高時を討ち取りました。
ちなみに楠木正成は、赤坂城の戦い、千早城の戦いの後日、敵・味方の区別なく、戦没者を弔うための供養塔(五輪塔)を建立しています。
高僧を招いて法要もとり行なっています。

この供養塔で、彼は「敵」という字を使っていません。
代わりに「寄手(攻撃側)」という文字を使いました。
そして寄手塚の塚を、味方の塚よりひとまわり大きく築造しています。

味方の勝利におぼれ、敵のことなどいっこうに顧みない戦国武将が多い中で、こうした楠木正成の誠実な人柄は、際立ちました。
この供養塔は、現在も千早赤阪村営の墓地に残っています。

楠木正成は、同年6月、隠岐へ流されていた後醍醐天皇を迎えにあがり、都への凱旋の先陣を務めました。
翌建武元(1334)年。
後醍醐天皇は朝廷政治を復活させ、建武の新政をスタートさせました。
楠木正成は、土豪出身でありながら、河内・和泉の守護に任命されています。

ところがこのとき朝廷は、天皇主導の下で戦のない世の中を築こうという理想のもとに、恩賞の比重を公家に高く置き、武士の恩賞を低くしました。
さらには、早急に財政基盤を強固にする必要があるとして、庶民に対して鎌倉幕府よりも重い年貢や労役を課しました。
その結果はすぐに出ました。
諸国の武士が反発し、建武2(1335)年11月、足利尊氏が武家政権復活をうたって鎌倉で挙兵するのです。

京へ攻め上った尊氏軍を、楠木正成、新田義貞、北畠顕家ら天皇方の武将が迎え撃ちました。
尊氏軍は大敗を期し、九州へと敗走します。

しかし楠木正成は、この勝利を単純に喜ばなかったといいます。
なぜなら、逃げていく尊氏軍に、朝廷方から多くの武士が加わり、一緒に去っていったからです。
「天皇方の武士までが、ここまで尊氏を慕っている・・・」

このとき新政権から人々の心が離反した現実を痛感した正成は、戦場から戻ると朝廷に向かい、後醍醐天皇に、涙ながらに進言しています。
「どうか尊氏と和睦して下さい」
ところが公家達には、正成の誠意が通じない。
「なぜ勝利した我らが、尊氏めに和睦を求めねばごじゃらぬのか。正成は不思議なことを申すものよの」
正成は、公家たちに嘲笑され、罵倒されます。

建武3(1336)年4月。
いったん九州に疎開した後、多くの武士、民衆の支持を得た尊氏が大軍を率いて北上を開始しました。
朝廷は、「湊川で新田軍と合流し尊氏を討伐せよ」と正成に命じました。
湊川というのは、いまの神戸です。

「討伐」といっても、今や尊氏側の方が大軍勢です。
正面からぶつかっては勝てるものではありません。

楠木正成は、
「私は河内に帰って兵を集め
 淀の河口を塞ぎ敵の水軍を足留めします。
 帝(みかど)は比叡山に移ってください。
 京の都に尊氏軍を誘い込んだ後、
 北から新田軍、南から我が軍が
 敵を挟み撃ちすれば勝利できましょう」
と進言しました。

ところが公家たちは「帝が都から離れると朝廷の権威が落ちる」と反対して案を却下します。
有事と平時の区別がつかなかったのです。
失意の中、楠木正成は、湊川に向かって出陣します。

このときすでに朝廷方の求心力は無きに等しいものとなっています。
尊氏軍3万5千に対し、正成軍はたったの700だったのです。
戦力差は何と50倍です。

正成は決戦前に遺書とも思える手紙を後醍醐天皇に書き送りました。
-----------------------------
この戦いで我が軍は
間違いなく敗れるでしょう。
かつて幕府軍と戦った時は
多くの地侍が集まりました。
民の心は天皇と通じていたのです。
しかしこの度は、
一族、地侍、誰もこの正成に従いません。
正成、存命無益なり・・・
------------------------------
彼はこの書状を受け取った天皇が、朝廷内の改革革新を行ってくれることを心から祈ったのです。
けれど、それをすることは、天皇にはできない相談でもあったのです。
結局、朝廷内に人物がいなかった、ということです。

5月25日。
湊川で両軍が激突しました。
海岸に陣をひいた新田軍は、海と陸から挟まれ、あっという間に総崩れとなりました。
このため新田軍は、正成に合流できなかったばかりか、足利軍に加わる兵までいる始末です。

最早、戦力の差は歴然としています。
誰もが、即座に勝敗がつくと思われました。
ところがここで不思議なことが起こります。
敵の総大将である足利尊氏は、楠正成軍に対して戦力を小出しにするだけで、なかなか総攻撃に移らないのです。
これには理由がありました。
尊氏にしてみれば、今でこそ両者は戦っているけれど、3年前には北条氏打倒を誓い合って奮戦した同じ同志なのです。
楠正成ほどの男を失うのは、いかにしても惜しい。惜しすぎる。
ですから足利尊氏は、何とかして正成の命を助けようと、正成へ再三降伏勧告をしました。

しかし、正成軍は鬼気迫る突撃を繰り返しました。
このままでは足利尊氏軍の損失も増える一方です。
ついに尊氏は一斉攻撃を命じました。

6時間後・・・・

楠正成は生き残った72名の部下とともに民家に入りました。
そして死出の念仏を唱えて家屋に火を放ちました。
その炎の中で、全員が自刃しました。
正成は弟・正季と短刀を持って向かい合い、互いに相手の腹を刺しちがえました。
享年42歳でした。

このとき正成が、弟正季ら、生き残った一族郎党と誓い合った言葉としていまに伝えられているのが「七生報国」(しちしょうほうこく)です。
旧字体では“七生報國”と書きます。

最期をさとった正成が、弟正季に「何か願いはあるか」と問いかけたとき、正季が答えたのです。
「七生まで人間に生れて朝敵を滅ぼしたい」
これを聞いた正成は、
「いつかこの本懐を達せん」と誓ったと伝えられています。

正成の首は、一時京都六条河原に晒されました。
けれど死を惜しんだ足利尊氏の特別の配慮で、彼の首は故郷の親族へ丁重に送り届けられています。

尊氏側の記録(『梅松論』)には、敵将・正成の死が次のように書かれています。
****
誠に賢才武略の勇士とは
この様な者を申すべきと、
敵も味方も惜しまぬ人ぞなかりける。
****

尊氏没後、室町幕府は、北朝の正当性を強調するために、足利軍と戦った正成を『逆賊』として扱いました。
このため正成は、死後300年近くも「朝敵」の汚名を着せられたままとなりました。
たとえ胸中で正成の人徳に共鳴していても、朝廷政治より武士による支配の優秀さを説く武家社会の中で、後醍醐天皇の為に殉じた正成を礼賛することはタブーとされたのです。

その楠正成を、再び世に出したのが、水戸黄門で有名な、水戸光圀です。
光圀は、元禄5(1692)年、大日本史を編纂中、水田の中にあった小さな塚に正成の偉業を称え建立し、
「嗚呼忠臣楠子之墓」
と自書した墓碑を建立しています。

ちなみにこのときの工事監督をしたのが「助さん」として有名な佐々介三郎です。

光圀は、
「逆賊であろうと
 主君に忠誠を捧げた
 人間の鑑であり
 全ての武士は
 正成の精神を
 見習うべし」
と述べ、正成の名誉回復に努めました。

たとえ逆賊の汚名を着ても、主君に忠義を捧げつくす。
楠正成は、大東亜戦争を戦い抜いた若き日本軍の将兵に「皇国の最大の英雄」と慕われ、
「七生報国」は、「忠君愛国」「滅私奉公」とともに、旧日本軍日本人の精神として受け継がれました。

人間魚雷「回天」出撃の際には、正成の軍旗に記されていた文字「非理法権天」と書いたのぼりが掲げられ、その本体には楠一族が用いていた紋所の「菊水」が描かれました。

「非理法権天」というのは、
 *
 非は理に勝たず
 理は法に勝たず
 法は権に勝たず
 権は天に勝たず
 *
という意味です。つまり、天命のままに動き、人は天に逆らうことはできない。だから人は天道に従って行動すべきである、というものです。

人を思いやり、和をもって尊しとなすのが日本の文化です。
たとえ相手が自分より数十倍上回る敵であっても、勇猛果敢に戦いに挑む。
そしてその誇りと精神を守るために、「七生報国」を合言葉に命を捧げられた英霊が246万柱、靖国神社に祀られています。

私たち現代を生きる日本人は、そうした先人たちの心に恥じない日本を後世に繋いでいかなければならないと思います。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
自虐史観を乗り越えるのは、自省史観
ある方が書かれてました。「自虐史観を乗り越える手段が、自尊史観であってはならない」と。
私もそう思います。自分自身を振り返り、厳正に反省したいと思います。
大楠公の歌に魂の底から感動したことがあり、あの時代に私もいたのかなと思うことがあります。
小・中学生の時から、何度か聞いたことがありました。高校生の時、ある土曜日の朝、さあ学校に行こうという時、たまたまつけていたNHKFMで大楠公の歌が流れてきました。とても感情が高ぶり、大号泣してしまったのです。その時感じたことは、とてもここには書けません。私の心の中に秘めておきます。
ところが、そのあと夢で、自分の前世かと思われるような情景を何度か見たのです。立派な屋敷に住み、いばり散らし、部下に残虐なことを平気で行う。しかし、最後には、敵対勢力に追っ手をかけられ、方々逃げ回った挙句、見つけ出されて、その場で殺されてしまう、という夢です。その夢の中の自分はこの世で一番偉いと思いこんでいたのに、最後は人並以下の扱いでした。その無念の思いを一種の歌に込め、息絶えたのです。
高校生から20歳になるまでの間に見た夢でした。
その後10数年経って、その夢の内容を追認する出来事がありました。
八王子で大学生の身でありながらコンビニの店長をしていた時、自分にとってあまりにショッキングな出来事があり、出社拒否をしてしまいました。約2週間だったでしょうか。今となっては本当に悪いことをしてしまったと反省しております。そのコンビニのオーナー夫妻は弱りに弱り、奥様はある霊能者に私のことを霊視してもらったそうです。
それによると、「この人の先祖は大変悪い人だった。天皇ではないのに天皇と名乗っていた。家来のお腹を刺したり、その他にも色々と悪いことをした。今から600年くらい前に亡くなった。この人は、『越智天皇』と名乗っていた」そうです。600年前ちょうどではなく、600年には少し足りないくらい前に死んだとのこと。600に非常に近い数字らしい。この話をしてくださったコンビニのオーナーの奥様が驚いていたのは、この霊能者の方に相談者(私。越智富夫)の名前を告げずに霊視してもらったのに、「越智天皇」と言い当てたこと。私は当時、聖徳太子だ、天皇だとコンビニの仕事に関係ないことに夢中になっていました。
これを聞かされたのが1992年なので、1394年くらいに亡くなった方でしょうか?1391年(南北時代の終わり)から3年後に暗殺されたとすると、南朝にゆかりの方なのでしょうね。
今から21年前、この方について調べ回りました。私が現在住んでいる愛媛県にもこの方が隠れ住んでいた場所があり、この方をかくまっていたのは越智氏だったことが伝わっています。越智というのは愛媛県今治市の地名です。
松山市の大街道商店街の古本屋で見た本には、この方の最期を伝説として書いてありましたが、私の夢と全く同じでした。カズラの生えた山肌に身を潜めていて、追っ手をやり過ごしたと思った瞬間、時ならぬ一陣の風が吹き、我が身が露わとなって、追っ手に見つかり、「ここに居ったのか~」といきなり刺されました。つい先ほどまでは、我が身を追手から隠してくれたこのカズラ。しかし今は我が身を滅ぼす仇と成ってしまった、余りにも、余りにも口惜しい。そういう意味の歌を読み、その場で息絶えました。
私が所属している先祖供養の会でこの話をすると、世話役の方が、「その方は、越智さんの先祖というよりも、越智さん自身の前世ではないでしょうか?」と言われました。そうかも知れません。いや、きっとそうなのでしょう。
ただ、この方の名前はここには書きません。歴史を恨んだり、自己を正当化する意図はありません。過去は過去です。ここには、かつてとは違う自分がいます。
大勢に反逆する、困った性格は、なんとかして変革しないと。
よくよく自省して、魂を浄化しないといけませんね。
2015/12/28(月) 07:19 | URL | 越智富夫 #-[ 編集]
先日の天野屋利兵衛さんに続いてこの大楠公さんも最近私の興味深い人物でしたので驚きでした。今の住まいが京都ですが近所のお寺の前の石版に刻まれた「…男にござる」の言葉が気になっていて常日頃から調べたいと思いつつ直ぐ忘れてしまい、お名前だけは記憶しておりました。記事のタイトルを見て、本当に嬉しく有難かったです。
大楠公さんは私が育った町は小楠公さんが四條畷の戦いで最期を迎えた町で飯盛城もほど近いので小楠公さんの父君としか知識がなく、これも又、勉強しなければと思いつつ滞っていたので、有り難くて嬉しかったです。知りたいと思っていた人物のことが立て続けに記事にしていただけるなんてよい年末に成りました。有り難うございます(笑)ねず先生、今年もあとわずかですが、お身体ご自愛下さりながら、よいお年をお迎え下さいね!
2015/12/28(月) 03:18 | URL | 紫陽花 #-[ 編集]
No title
考えさせられる内容でした、
文面に北畠顕家公の名前がありました、
亡くなる前に朝廷に文章を残していますよね
顕家公は風林火山を最初に使ったなども目にしますしね
若いながらも何か芯があるように思います。

北畠家は伊勢守護大名でしたのでどのような思いで
一筆残したのか、ねずさんはどう考えますか?

何かの折でねずさん的 お考えを教えてください。
2015/12/27(日) 20:50 | URL | 花将軍 #-[ 編集]
No title
いつもありがとうございます。
本日の文も細かく説明頂けるおかげで、過去に生きた方々の微妙な心持が分かり、そうだったのか~そういう事だったんだ~と感嘆符いっぱいの気持ちで楽しく読ませて頂きました。このような歴史の勉強がしたかった。時代考証を含んだ説明がなければ、今のわたし達にはさっぱり意味が解りません。多分ですが、学校の先生自体が理解されていなかったのでしょうね。

 神戸在住の私ですが、この間約20年ぶりに湊川神社へ参拝させて頂きました。歴史に疎い私ですが、明治天皇すり替え説・・・多分、確かにまちがいなく起こった事だろうと(ブログ等読んだだけですが)理解はしていました。すり替わってはいても、明治天皇は南朝の後醍醐天皇の血を引くれっきとした天皇直系の男系男子で、正しくつながっています。だからこそ日本は続いていけるとも思っていました。その南朝を守ろうとしたのが楠木正成であると、あるブログを読んで、湊川神社にお礼参りせねばと思ったわけです。

 行って驚きました。旦那が見るNHK大河ドラマ”花燃ゆ”の看板がかかっていたのです。私は熱心には見ていなかっせいか、吉田松陰が楠木正成を大変敬愛されていた事を知りませんでした。当然松下村塾に出入りする有名な方々も同じで、湊川神社にお参りされているようです。熱心にはドラマは見ていなかったですが、結構涙したりして見ていたので、私の記憶にはそんな事一度も出て来なかったように思います。なのでそうやったん~?と驚いた次第です。何かNHKさんの思惑があったのでしょうか???考えすぎでしょうか???
2015/12/27(日) 14:02 | URL | kinokokko #-[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。

 「私たち現代を生きる日本人は、そうした先人たちの心に恥じない日本を後世に繋いでいかなければならないと思います。」

そう思います。

 昨日、船瀬塾で、勉強させていただきました。歴史を勉強するとともに、GHQのWGIPについても知り行動していく必要性を感じました。
2015/12/27(日) 13:11 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
No title
先日、孫がビデオを見ているととんでもない言葉に耳を疑いました

「極右おじいちゃん」

テレビの画面を見ると女の子がとてもおじいちゃんには見えない若い男性になついていました。暴力で全てを解決する極右がいつまでも若々しくて女の子にも人気があるというあからさまな右翼の洗脳的内容に寒気を感じました。

こんなものを孫に見せるわけにはいかないとビデオを止めようとしたときこんな言葉がでてきました。

「左端おじいちゃん」

なんという事でしょう。この女の子の2人のおじいちゃんはよりによって右翼の極と左翼の最端だったのです。このような境遇での女の子生活を想像すると不憫でなりません。

しかしよくよくビデオを見ていると極右と左端は仲が悪いわけではなく、むしろお互いに助け合っているような節すら見えます。両家の関係もきわめて良好で女の子は極右も左端も大好きです。

このビデオは右翼の洗脳ビデオでは無く、思想の違いはあってもお互いに助け合って仲良く暮らしていく事が出来るという素晴らしい内用だったのです。先走っておかしな思い込みをしてしまった私を恥ずかしさと、感動のあまり涙が止まりませんでした。
2015/12/27(日) 13:08 | URL | #-[ 編集]
大楠公と幕末志士、大楠公と英霊は生き方、最期が瓜二つと言われますが、まさしくそうです。
在野から、国の為に立たれ、勝てずとも後に続く者を信じて散華される御姿。
2015/12/27(日) 11:19 | URL | #-[ 編集]
No title
先日、ある会合に出席しました。
言うなれば歴史勉強会のようなものです。
おじさん、おばさんばかりかと思いきや、若者も多数来ていました。
勿論大学生、若いお嬢さんそして昔若いお嬢さんだった人もちらほら(私含む)。
どっちかと言うと、若い人の方が多かったように思います。

歴史大好き人間のおばさん、水を得た魚状態で半世紀前のお嬢さん?を忘れ、若い方達の仲間に入り歴史、そして現日本の話しと、それはそれは盛り上がり日本にもこんなしっかりした若者がいるのだと頼もしく思いました。

しっかりとした歴史観(史実)、国家観をお持ちになり、本当によく勉強されていました。
なのに、「自分達はまだまだ勉強が足りない、私達が国の為に何ができるかを考えこれからも勉強していきます」と大学生の方が言われました。
涙が出るくらい感激してしまいました。

恥も外聞も無く、日本国の議員バッジを付け、せっせと反日活動に精出してる国会議員など等に彼等の爪の垢を煎じて飲ませたい、マジで思いました。

で、その時ふと思ったんですが、日教組教育により自虐意識を刷り込まれ、おまけに戦後70年からの歴史しか見てないシールズとか言う学生グルーを、、、。
おばさんから言わせるとあれは「シースルーズ」で十分、何故かというと透け透けで中身まるで無し!

同じ大学生でもこうもレベルが違うのかとつくづく思いました。
雲泥の差、まさに月とスッポン、やることがまるでお子ちゃまレベル。
当の本人達は楽しくてやってるのでしょうが、大学行ってこの程度?
呆れを通り越して、「何とまあ、おかわいそうに、、、」です。
それこそ「お里が知れますよ」と言っても、もう、お里は知れていますね。

思うに、誰が後ろでこのおかわいそうな集団を煽いでいるのか知らないけど、煽ぐ方も煽ぐ方、それに乗っかる方も方、所詮その程度と言うわけですね。
まさに、類は友を呼ぶ、似たもの同士、同じ穴の狢とは良く言ったものです。

太鼓叩いて歌って踊ってる暇があったら、自虐意識で染まった戦後70年からの歴史ではなく、その前からの歴史(史実)を、お勉強しましょう。
そしたら日本が見え、世界が見えてきます。
つまりは間違いを見ても、間違いの答えしか出てこない、当たり前のことです。

私が一番情けなく思ったのは、この集団の中に先の戦いで命を懸け日本を護った御先祖様の命の上に生かされている日本人の若者がいるという事です。

湊川覚悟で「七生報国」を誓い散華された靖国の英霊の皆様は、今の日本の現状をどの様な思いで見ておいでなのでしょう、、、。
それを思うと、言葉にならないくらい情けなくなります、、、。

>人を思いやり、和をもって尊しとなすのが日本の文化です。
たとえ相手が自分より数十倍上回る敵であっても、勇猛果敢に戦いに挑む。
そしてその誇りと精神を守るために、「七生報国」を合言葉に命を捧げられた英霊が246万柱、靖国神社に祀られています。

私たち現代を生きる日本人は、そうした先人たちの心に恥じない日本を後世に繋いでいかなければならないと思います<

仰る通りです。
2015/12/27(日) 10:50 | URL | #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
後醍醐天皇は英雄的気質を備えた方との事ですが、その理想は結局おのが命と土地財産が惜しい公家達に潰されてしまいました。北条家の圧政により苦しんでいた庶民に以前よりも増して苛烈な税をかけるなどどは当時の公家は無能そのものですね。仁徳天皇であるなら税を半分以下、いやもっと少なくされて民の英気を養う事を第一にされたでしょう。
もし、当時私が武士なら、後醍醐天皇や楠木正成には就かず私利私欲の念の薄い武士の心を知る寛仁度量のある源氏の正統である足利尊氏に馳せ参じたと想います。
私も逆賊(ギャクゾク)ですね(笑)
2015/12/27(日) 10:10 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク