アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


新日本建設ニ関スル詔

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160117 昭和天皇


よく教科書などに書かれている言葉のひとつに「天皇人間宣言」と呼ばれるものがあります。
昭和21(1946)年元旦の昭和天皇の「新日本建設ニ関スル詔」が、その「宣言」なのですが、この詔には、実はどこにも「人間宣言」なるものは書かれていません。
この言葉は、終戦の翌年の元旦の昭和天皇の詔に、勝手な名前をつけて、まったく誤った印象を国民に植え付けようとした、戦後左翼の欺瞞です。

詔の正式名称は次の通りです。
【官報目録】
新年ニ当リ誓ヲ新ニシテ国運ヲ開カント欲ス国民ハ朕ト心ヲ一ニシテ此ノ大業ヲ成就センコトヲ庶幾フ
【法令全書】
新年ヲ迎フルニ際シ明治天皇ノ五箇条ノ御誓文ノ御趣旨ニ則リ官民挙ゲテ平和主義ニ徹シ、新日本ノ建設方

長い名称ですが、これを詰めた名称もちゃんとあって、
「新日本建設に関する詔書」とされています。

ところがメディアや学者、左巻きの政治家などが、これを不正に変造して「天皇人間宣言」と勝手に呼びました。
そしていまでは、「天皇人間宣言」、「人間宣言」、「天皇人間宣言」、「神格否定宣言」など、まったく意図の異なる名称で呼ばれています。
いわばこれらは、昭和天皇のお言葉の意図とはまったく異なる不公正な俗称でしかないのですが、いまでは、すっかりこちらの俗称が、まるで正式な名称であるかのように宣伝され、常識化しています。
実にとんでもない話です。


下に原文と現代語訳を掲載しますが、文を読んで、これが「天皇が人間であると宣言」したことだと思うなら、よほど国語能力が不足しています。
それで良い大学を出たエリートだというのなら、チャンチャラ可笑しいです。

昭和21年元旦といえば、まだ戦争が終わって4ヶ月半です。
我が国は焼け野原の傷跡が深く残り、また国そのものが貧窮のどん底にあって、国民がたいへんに飢えに苦しんでいた時期です。
そういう時期の日本において、昭和天皇から、まさに「新年にあたり誓いを新たにして国運を開こう、国民に生気を与えよう、国民に元気を取り戻させよう」と国民は元旦にお言葉を賜ったのです。

この詔で昭和天皇がお話されていることは、一貫しています。
 どんなに辛く苦しい時であっても、常に陛下は臣民とともにあること。
 喜びも悲しみも臣民とともに一緒にわかちあっていること。
 陛下と臣民との間の紐帯は、終始相互の信頼と敬愛とによりて結ばれていること。
 それは単なる神話と伝説によって生じているだけのものではないこと。
 天皇の信頼する国民が、天皇と心を一にして、
 みずから奮い、みずから励まし国運を自分たちの手で開いていくこと、です。

この同じ日の昭和天皇の御製があります。
有名なものです。

 ふりつもる深雪(みゆき)にたへて いろかえぬ
 松そを々しき 人もかくあれ


通解すると、「降り積もった深い雪にも耐えて色を変えない松の木は雄々しい。人もかくあれ」となります。
そしてこの和歌に込められた意図を、さらにお言葉として述べられたのが、同日の「新日本建設に関する詔書」です。
全文を現代語訳してみます。
(原文は下に示します)

********
【新日本建設に関する詔書】

ここに新年を迎えました。
かえりみれば明治天皇は、明治のはじめに国是として五箇条の御誓文を下されました。
そこには次のように書かれていました。
一、広く会議をおこし、万機公論に決すべし。
一、上下心を一にして盛んに経綸(=経済活動)を行うべし。
一、官武一途庶民に至るまで、おのおのその志をとげ、人心をしてうまざらしめんことを要す。
一、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
一、知識を世界に求め、おおいに皇基を振起すべし。
明治大帝のご誓文は、まことに公明正大なものです。
これ以上何をくわえるのでしょうか。

朕は、ここに誓いを新たにして、国運を開こうと思います。
私たちはもう一度、このご誓文の趣旨にのっとり、旧来のわるい習慣を去り、民意をのびのびと育て、官民あげて平和主義に徹し、教養豊かに文化を築き、もって民間生活の向上をはかり、新日本を建設するのです。

大小の都市が被った戦禍や、罹災者のなやみや苦しみ、産業の停滞、食糧の不足、失業者の増加など、現在の状況はまことに心をいためるものです。
しかし、私たち日本人が、いまの試練に真っ向から立ち向かい、かつ、徹頭徹尾、文明を平和の中に求める決意を固くして、結束をまっとうするなら、それは、ひとりわが日本人だけでなく、全人類のために、輝かしい前途が開けます。

「家を愛する心」と「国を愛する心」は、私たち日本人が特に大切にしてきたものです。
いまや私たちは日本人は、この心をさらに押し広げて、人類愛の完成に向かって、献身的な努力をしていくときです。

私たちは、長かった戦争が敗北に終わった結果、ややもすればいらいらと焦ったり、失意の淵によれよれになって沈んでしまいそうになるでしょう。
だからといって、過激な言動に流され、道義心を喪失し思想を混乱させてしまうのは、心配にたえないことです。

朕は、常に汝ら臣民とともにあります。
朕は、常に皆さんと利害を同じくして、喜びも悲しみも一緒にわかちあっています。
そして、朕と汝ら臣民との間のきづな(=紐帯)は、終始相互の信頼と敬愛とによりて結ばれているものです。

それは単なる神話と伝説によって生じているだけのものではありません。
このことは、天皇をもって現御神とし、かつ日本国民をもって他の民族に優越せる民族として、ひいて世界を支配すべき使命を有するなどという架空の観念に基づくものでもありません。

朕の政府は、国民の試練と苦難とを緩和するために、あらゆる施策と経営とに万全の方策を講じます。
同時に朕は、わが国民が、当面する難題に対処するため、心を定めて行動し、当面の困苦克服のために、また産業および学問、技術、芸術などの振興のために、ためらわずに前進することを希望します。

わが国民がその公民生活において団結し、互いに寄り合い、援けあい、寛容で、互いに許し合う気風を盛んにするならば、からなず私たち日本人は、至高の伝統に恥じない真価を発揮することができます。
そうすることで、私たちは人類の福祉と向上とのために、絶大な貢献をすることができるのです。

一年の計は元旦にあり、といいます。
朕は、朕の信頼する国民が、朕とその心を一にして、みずから奮い、みずから励まし、もってこの大業を成就することを願います。

御名 御璽
昭和21(1946)年1月1日

(原文)
茲ニ新年ヲ迎フ。顧ミレバ明治天皇明治ノ初国是トシテ五箇条ノ御誓文ヲ下シ給ヘリ。
曰ク、
一、広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ
一、上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ
一、官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメンコトヲ要ス
一、旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ
一、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ
叡旨公明正大、又何ヲカ加ヘン。朕ハ茲ニ誓ヲ新ニシテ国運ヲ開カント欲ス。須ラク此ノ御趣旨ニ則リ、旧来ノ陋習ヲ去リ、民意ヲ暢達シ、官民拳ゲテ平和主義ニ徹シ、教養豊カニ文化ヲ築キ、以テ民生ノ向上ヲ図リ、新日本ヲ建設スベシ。
大小都市ノ蒙リタル戦禍、罹災者ノ艱苦、産業ノ停頓、食糧ノ不足、失業者増加ノ趨勢等ハ真ニ心ヲ痛マシムルモノアリ。然リト雖モ、我国民ガ現在ノ試煉ニ直面シ、且徹頭徹尾文明ヲ平和ニ求ムルノ決意固ク、克ク其ノ結束ヲ全ウセバ、独リ我国ノミナラズ全人類ノ為ニ、輝カシキ前途ノ展開セラルルコトヲ疑ハズ。
夫レ家ヲ愛スル心ト国ヲ愛スル心トハ我国ニ於テ特ニ熱烈ナルヲ見ル。今ヤ実ニ此ノ心ヲ拡充シ、人類愛ノ完成ニ向ヒ、献身的努カヲ効スベキノ秋ナリ。
惟フニ長キニ亘レル戦争ノ敗北ニ終リタル結果、我国民ハ動モスレバ焦躁ニ流レ、失意ノ淵ニ沈淪セントスルノ傾キアリ。詭激ノ風漸ク長ジテ道義ノ念頗ル衰へ、為ニ思想混乱ノ兆アルハ洵ニ深憂ニ堪ヘズ。
然レドモ朕ハ爾等国民ト共ニ在リ、常ニ利害ヲ同ジウシ休戚ヲ分タント欲ス。朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ、単ナル神話ト伝説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ、且日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ。
朕ノ政府ハ国民ノ試煉ト苦難トヲ緩和センガ為、アラユル施策ト経営トニ万全ノ方途ヲ講ズベシ。同時ニ朕ハ我国民ガ時艱ニ蹶起シ、当面ノ困苦克服ノ為ニ、又産業及文運振興ノ為ニ勇往センコトヲ希念ス。我国民ガ其ノ公民生活ニ於テ団結シ、相倚リ相扶ケ、寛容相許スノ気風ヲ作興スルニ於テハ、能ク我至高ノ伝統ニ恥ヂザル真価ヲ発揮スルニ至ラン。斯ノ如キハ実ニ我国民ガ人類ノ福祉ト向上トノ為、絶大ナル貢献ヲ為ス所以ナルヲ疑ハザルナリ。
一年ノ計ハ年頭ニ在リ、朕ハ朕ノ信頼スル国民ガ朕ト其ノ心ヲ一ニシテ、自ラ奮ヒ自ラ励マシ、以テ此ノ大業ヲ成就センコトヲ庶幾フ。
御名 御璽
昭和二十一年一月一日

********

戦後の高度成長を担ったのは、上にある詔を、まともなちゃんと読めない、日本語能力さえも怪しいアホなメディアや左傾化した学者たちでも、左巻きになってデモやストライキばかりしていた市民団体や労働組合ではありません。
政治や国民生活に、ひたすら文句ばかり言っていた左巻きの政治家でもありません。

戦後の焼け野原を脱し、産業を復興させ、ビルや住宅を建て、道路を敷き、橋を架けたのは、陛下を愛し国を愛し故郷を愛し仕事を愛し家族を愛した、普通の日本人です。
そしてその日本人にとって、職場での標語は
「職場では政治の話はするな」でした。

この「職場では政治の話はするな」が何を意味しているかといえば、いたずらに言を弄する左巻きが、現実に世の中を良くしていったりしたことは一度もなかったし、私達の生活を築いていくにあたって良かったことは一度もありません。
要するに左巻きは、はっきり言って戦後の高度成長において、「何の役にも立たなかった」ということです。

左翼の思想というのは、ひとことでいえば共産主義に基づきます。
これがどういう思想かといえば、世界中にいるまともな人たちを殺して富を奪えば、自分たち共産主義者だけが贅沢の限りを尽くした生活ができるというものです。
そんなものが正義だというのですから、実にとんでもない思想です。

ですから共産主義思想に基づく人生の成功者は、東洋でいえば、中共の毛沢東であり、満洲の張学良です。
いずれも、共産主義者が絶賛する人です。
この二人が、どれだけ多くの人を殺したか。
どれだけ国富を失わせたか。
そしてどれだけ贅沢の限りをつくした生活を送ったか。
張学良は、最後には日本軍によって追い払われますが、追い払われた張学良がその後どうしたかというと、200人の美人女性を連れてヨーロッパに渡り、反日工作と酒池肉林の生活を送りました。

自分だけが贅沢をつくした生活ができれば、他の人間は、すべて自分の家畜にすぎないと考えるのが、共産主義です。
そのような悪魔の思想にとりつかれた人たちは、その悪魔の思想を実現するために、ありとあらゆる手段を尽くして、表向きだけきれいごとを並べたり、人間宣言のような嘘をへいきで並べ立てます。

けれど、本当に人々の生活にとって大切なことは、誠実にまじめに努力してコツコツ働くことであって、他人の富を奪うことではありません。
そして実は日本では、神武天皇の時代に、那賀須泥毘古という、まさにそうした収奪者を討ち果たして、みんなが安心して暮らせる世の中を築いています。
それが、2676年前に行われた、日本の建国であり、日本建国の精神です。

この精神があればこそ、天皇と臣民は心を一にして国運を開き、繁栄を手に入れることができるのです。



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
>>大阪市民さん
>長州の旧軍人閥がどこをどう間違えて陛下の意思を曲解して、
>泥沼の戦争へと日本国民を導いたのか改めて反省し、検証すべきです。

「泥沼の戦争」で指し示されるのが昭和に起こった満州事変以降の戦争のことでしたら、長州は関係ありません。
昭和陸軍においては、唯一、親子二代で元帥になった寺内親子を例外として長州人というだけで、高官への出世の道が断たれていました。昭和3年の田中義一政友会内閣を最後に長州出身の首相も、戦後の岸まで出ていません。

満州事変を起こした石原莞爾は庄内、真珠湾攻撃の山本五十六は長岡、満州事変の板垣征四郎、東条英機首相、海軍の米内光政は盛岡南部藩、皇道派の荒木貞夫は一橋家、陸軍参謀本部の杉山元は小倉藩、同じく梅津は中津藩、等々、昭和の陸海軍の高官は旧幕府系の人脈で占められています。驚くほどに。

「戦前の体制」とやらを薩長に「押しつけ」る前に、事実を直視して「誰が何の意図を以て、なんでもかんでも薩長を罵るのか」をよく見ると、会津・庄内等に残る地域ナショナリズムを悪用した反日思想戦略が見えてきます。これ、沖縄問題と同じ構図です。
2016/01/20(水) 10:23 | URL | 某 #IjFl0JPQ[ 編集]
クタバレ左翼
恐らく「人間宣言」とは、
天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ、且日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ。
の文章を都合良く解釈して嘘を吹聴したんでしょうね。此の文章は一つ前の
単ナル神話ト伝説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。
とセットに成って、もう一つ前の文
然レドモ朕ハ爾等国民ト共ニ在リ、常ニ利害ヲ同ジウシ休戚ヲ分タント欲ス。朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ、を強調する為の譬話の文であります。こう言う表現は仏教典に頻繁に出てきます。古来より仏教に帰依してきた皇室ならば極当たり前の文章構成だと思います。況んや文語体であります。
そんな事も知らずに陛下の人間宣言とは、つくづく左翼はバカなんだと思います。文化的進歩人?バカ言わっしゃいですな。聞いてる此方が恥ずかしいわい。
2016/01/19(火) 03:04 | URL | 憂国のトラッカー #-[ 編集]
No title
天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ、且日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ。


ここを人間宣言という人がいますが
でも意味を調べてみると



大辞林 第三版の解説

かつ【且つ】

 二つのことが同時にまたは相前後して行われることを表す。
 一方では。
 「大いに飲み,-歌った」
 「 -喰らい,-飲み,-語った」

 二つの動作・状態が並行あるいは添加して行われることを表す。
 同時に。また。その上。
 「学び,-遊ぶ」 「必要にして-十分な条件」
 「行く先は遠いし,-時間もない」





大辞林 第三版の解説

ひいて【延いて】

 それが原因となって,結果として直接には関係のな
 いところにまで影響の及ぶさま。
 さらには。その結果。ひいては。
 「良民の財貨を掠め,-経済社会全体を攪乱するを
 /社会百面相 魯庵」


---
天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ、

日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、

(天皇を現御神とする事
 と同時に
 日本国民が他の民族より優れているとする)
---

---
延テ

(これらを原因・根拠としてさらには)
---

---
世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ
架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ。

(世界を支配する運命を持っているなどというのは
架空なる観念であるし、そのようなもので陛下と国民が結ばれているわけでもない)
---

要は、

①天皇が現御神であること
②日本国民が優秀であること

これらの①②を根拠に

日本国民が世界を支配する運命を持っているってことになるなんてのは
当然架空なる観念であるし、そのような妄想で天皇と国民が繋がっているのではない。

ということだと思います。

どこが人間宣言なのかわかりません(苦笑)

ただ、左翼や在日の影響で
結果的に人間宣言されたかのような心理的影響が日本を支配してしまっているのは事実だと思いますが・・。
2016/01/18(月) 17:37 | URL | 大和~2600~ #c9iXJ.sE[ 編集]
No title
戦争に負け、国土は焼け野原と化しているときに、明治の御維新のときに明治天皇が下された五箇条の御誓文を元にして、国民に新たな気持ちで激励された昭和天皇に感謝です。

今は平成の世ですが、今上天皇も国民の繁栄を見守っておられます。
テレビでしか、見ることは出来ませんが、そのお姿に再び感謝します。
2016/01/18(月) 16:55 | URL | ポッポ #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
昭和天皇は戦後に御自身の御言葉で詔を発せられましたが、戦前も戦後も昭和天皇の御心は変わっておられないのが本当だと想います。日本人だけが特別な民族で他国を征服するなどとの間違った選民思想を厳しく戒めておらます。長州の旧軍人閥がどこをどう間違えて陛下の意思を曲解して、
泥沼の戦争へと日本国民を導いたのか改めて反省し、検証すべきです。
2016/01/18(月) 11:30 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
No title
http://burke-conservatism.blog.so-net.ne.jp/2011-06-30小林よしのり氏の漫画『新天皇論』を検証してみよう
2016/01/18(月) 07:46 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク