アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


台湾のお話

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160124 民進党
民進党蔡英文主席


先日台湾で選挙があり、民進党の蔡英文氏が勝利したと報道されました。
これまでの国民党の馬政権が、まさに親中派のとんでもない政権でしたから、これはとても良いことであると思います。
ただ、国民党にせよ民進党にせよ、いま台湾にあるこの政党は、どこまでも中華民国政権における政党です。
ところがその「中華民国」の領土は、本来、支那本土です。
台湾ではありません。

中華民国という「国」は、かつて支那本土にあった蒋介石の国民党政権のことです。
けれどその支那大陸には、いま中共政権があって、国名も中華人民共和国です。
国際社会は、その中共政権を、支那本土の国として承認していますから、中華民国は、実は存在が認められていない「国」です。

ではその中華民国政権が、なぜ台湾にいるのかというと、日本が戦争で負けたあと、日本に米国軍が進駐してきてGHQをつくったのと同様、台湾では支那本土にあった国民党軍が進駐してきて占領統治を行ったのです。
ところがその本体である中華民国が、中共との戦争に敗れて、台湾に亡命してきました。
そして戦後ずっと台湾に亡命してきたままになっているというのが、実はいまの台湾の姿です。

有名なチベットのダライ・ラマ14世は、もともとはチベットの君主です。
ですが中共政府がチベットを軍の力で制圧し占領したために、ダライ・ラマ氏は、いま、インドの北部にあるダラムサラに中央チベット政府を作って亡命しています。

しかしだからといって、ダラムサラが、チベット国であることにはなりません。
ダラムサラは、あくまでインドの領土内にあるわけで、これは国際政治的位置づけとしては「政治難民」にあたるものです。




同様に、実は台湾における中華民国政権も、これとまったく同じ「政治難民」にあたります。
もとから台湾にいた人たちにとっては、迷惑先般な政権です。
ですから日本も中華民国政権を承認していません。
社会経済的には支那本土にある中華人民共和国と別な体制を持った「エリア」という認識であって、国という認識ではありません。

つまり、詰めて言うならば、台湾における先日の選挙で誕生した民進党蔡英文政権は、「台湾で選挙によって承認された支那本土の政権」ということになります。
台湾の政権ではありません。

なんだかやっかいですが、もっというなら、台湾には政府がないのです。
あるのは支那本土の政府です。
そして、その支那本土の政府を名乗る政府は、いま、中華人民共和国と、中華民国と二つあるわけです。
そして当然のことながら、中共政府は、台湾は自国の領土であり、台湾は自国内の「省」であるという認識です。
中華民国政権も、台湾は自国内の「省」であるという認識です。
つまり、台湾という国は、実は国際社会に存在しないのです。

では、台湾が、中共から独立を果たすためには、どのようにしたら良いのでしょうか。
実は、この答えはとてもやっかいです。
もし、中華民国政権が、支那本土の領有権を放棄し、台湾国の政権となろうとするなら、中共政権と話し合って台湾の割譲を受けるか、それを中共政府が認めないのなら、台湾は中共からの独立戦争をするしかないのです。

このことは、実はチベットも同じです。
ダラムサラの中央チベット政府が中共政府からチベットを取り戻すためには、話し合いによって領土の差し戻し条約を締結するか、それができなければ、独立戦争をするしかありません。
しかし、チベットも、台湾も、誰も戦争など望まないと思います。

要するに、支那に中華人民共和国という名の暴力政権が誕生したことで、実は、台湾、チベットだけでなく、ウイグルや内モンゴル、満洲なども、まったく同様に不法な軍事的蹂躙がなされ、それがいまも国際社会の火種になっているわけです。

これがもし、中共政府という存在が、国際的にも信用のおける人権を大切にする民主的な国家であるのなら、経済力も軍事力も強いのですから、周辺国は「蹂躙された」などと言わずに、進んで中共の国家の枠組みの中に入り込もうとするでしょうし、いわばそれは支那合州国ともいうべき、巨大な平和な国家となったかもしれません。
しかしいまの中共政府に、そのような平和的民主的人道的政治など、まったく望むべくもないことは、これまた世界の常識です。

さて、台湾に話を戻します。
台湾が、支那大陸を本土とする中華民国政権による亡命政権による支配下に置かれ、台湾にある中華民国なる政権は、国際社会でどこからも認められない、つまり台湾が中華民国であるということは、国際社会がまったく認めていないということは、先に述べた通りです。

一方、中華人民共和国は、台湾を自国の「省」であるという認識ですが、これもまた国際社会で承認されていません。
つまり、台湾は、中華人民共和国の領土としても、中華民国の領土としても、どちらも国際社会には認められていないということです。
ここは、多くの日本人が誤解しているところです。

では、台湾の領有権は、いったいどこにあるのでしょうか。
答えは実は日本にあります。
そしてこのことは、日本の憲法議論にも、実は大きな影響を持ちます。

日本は、昭和27年のサンフランシスコ講和条約で、台湾に関する「権利権限及び請求権を放棄する」としました。
ですから日本国政府は条約通り、台湾からの徴税を行っていません。
ところが、放棄された以上、台湾の国籍は、どこかの国に移譲されなければならないのです。

日本が、どこに対して放棄したかといえば、連合国(United Nations)に対してです。
「United Nations」というのは、国連のことです。
ですから国連は、台湾の帰属先について、答えを出さなければなりません。
つまり国連が、台湾は中華人民共和国の領土とする、あるいは台湾を中華民国として独立国として承認するという決議を行えば、日本は、条約に従い、その当事者に領土の割譲を行います。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


では、割譲権者が誰かというと、これが実は日本国政府ではないのです。
ここがまた、やっかいなところです。
実は大日本帝国なのです。

サンフランシスコ講和条約は、日本と連合国との間で締結されました。
このとき、日本からは全権として吉田茂が調印の場に臨みました。
日本国内閣総理大臣としてではなく、日本国全権として調印の場に望んでいます。
では吉田茂はこのとき、誰から全権を委ねられていたのでしょうか。
実は日本国政府からではありません。
日本国天皇の名代として条約調印の場に臨んだから、全権です。

サンフランシスコ講和条約は、大東亜戦争を終結させるための講和です。
日本国政府は、戦後に誕生した日本国憲法下の政権です。
つまり日本国政府には、戦争当事者国として講和条約を締結する権限はありません。

大日本帝国憲法下の日本と、連合国が戦争したのです。
ですから戦争当事者国は大日本帝国です。
吉田茂は、その大日本帝国の全権として、この調印に臨んでいます。
日本国憲法下の政府の代表ではないのです。
だから「全権」です。

ちなみに、日本国憲法ができあがったときに、GHQが大日本帝国憲法の廃止ができなかった理由もここにあります。
GHQは日本を占領しましたが、いつまでもその占領統治を続けることはできません。
いずれどこかのタイミングで、占領軍を撤収しなければならない。
そのためには、講和条約を締結しなければならない。
そして講和条約は、戦争当事者国同士でなければ、意味を持ちません。
ですから大日本帝国憲法の執行停止は、さしものGHQにもできなかったし、すれば米国は戦争を終わらせることができないというジレンマにおちいるのです。

そして大日本帝国憲法における日本の主権者は、日本国天皇です。
つまり日本の領土領民は、すべて天皇の主権下におかれます。
ですから当然に台湾の主権も、日本国天皇にあります。
その台湾を、一時的に占領統治したのが中華民国です。
従って、日本と連合国の間に講和条約が交されれば、その時点で中華民国の台湾占領権も喪失します。

一方日本も、サンフランシスコ講和条約によって台湾に関する「権利、権原及び請求権」を放棄しています。
つまり台湾の主権の処分は、連合国に委ねられたままになっています。
ところが、講和から64年を経由して、いまだ台湾の処分先は決まっていません。

決まっていない状態で、支那本土に戦後新しくできた中共政府が、台湾の領有権を主張しました。
しかし中共政府は、サンフランシスコ講和条約の当事者国ではないのです。
つまり中共政府には、領有に関する主張権はあっても、台湾の支配権はありません。
一方、中華民国にも、台湾支配の正当な権原はありません。

そこでいま、米国で裁判が行われています。
おそらく今年中にも判決が出るものと思います。
判決の帰趨は、おそらく、台湾の主権者はいまだ大日本帝国にあり、とするものとなろうと思います。
法的にはそうなるからです。

しかしそうなると、大日本帝国憲法は、いまだ生きているということが国際的に承認されることになります。
では、日本国憲法とは何かという問題になります。
実はこの答えは明確です。
日本国憲法は、昭和天皇の名によって公布されましたが、その当時の日本は占領統治下にありました。
国名も「日本」ではありません。
もちろん「大日本帝国」でもありません。
当時の国名は「連合国統治領日本」です。
ということは、日本国憲法は、正確には「連合国統治領日本国憲法」ということになります。

その「連合国統治領日本」は、昭和27年にサンフランシスコ講和条約で終戦処理を行いましたが、このときの条約調印権者は、「連合国占領統治領日本」の代表者ではなく、戦争当事国であった大日本帝国の全権です。
つまり、この調印の時点で、「連合国統治領日本国憲法」は事実上執行を停止し、日本の統治は「大日本帝国」に戻っていたことになります。

ところが日本国内では、このことがずっと曖昧なままにされてきました。
いまの私たちは、なんとなく漠然と、日本国憲法が、日本の憲法であると思い込んでいます。
しかし、その日本国憲法は、実はどこまでも「連合国統治領日本国憲法」でしかないのです。

占領統治用の憲法ですから、当然、国家の非常大権もありません。
国家緊急権もありません。
占領統治下においては、非常大権も緊急権も軍事占領政府(GHQ)が保持しますから、「連合国統治領日本国憲法」に与えられているのは、どこまでも平時の対応だけということになります。

しかしこの状態で、米国での判決が「台湾は大日本帝国の領土」となると、台湾を国土の一部とする中共政府と日米台は、対立関係となります。
中共が、話し合いで解決のできる相手なら良いのですが、その期待は、まずできません。

話し合いで解決ができないとなれば、チベットやウイグル、満州の問題も含めて、日米台は、世界を巻き込んで中共と、軍事的衝突に至る危険も否定はできません。
そもそも中共政府の正統性さえも、あらためて議論になる可能性もあります。
そこへもってきて、昨今の在米支那人たちは、黒人の大統領が生まれたのだから、次は米国に中国人大統領を!とさかんに運動をしています。

中東のISも、火種になっています。
EUの内紛も、危険な状態です。
そして戦後に生まれた中共という暴力国家に関しても、解決しなければならないところにきています。
世界は動いています。

【新シリーズ予告】通史で学ぼう!「目からウロコの日本の歴史」


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
こんにちは。意見の分かれるところかもしれませんねww
まさに”今”の社会状況は、過去の人間達によるしがらみでのみ考察するのはちょっと・・ではありませんか?日本にいる台湾の留学生が、選挙のために
帰国したりしたそうです。現在の台湾社会を支える若者達は、国際社会によ
る認可などに頭を悩ます事なく、民主的な選挙を確約する政権と共に未来を
歩むつもりなのでしょう。そこには、金門島の戦い(古寧頭戦役)で中国共
産党を阻んだ国民党・蒋介石との歴史をも踏まえた台湾の人々の決意ではあ
りませんか?国民党による台湾の本省人への粛清もあったにもかかわらず、
国民党を支持し続けていたのはその表れかも?ところが、その国民党が、中
共側へとヨロメク・・・そこで当然、反発が起き・・今回の民進党勝利の選
挙結果へと繋がったのでは?
台湾の主権者云々についてアメリカがどう判断するかはわかりませんが・・。
漱石の言葉が浮かんできますねww智に働けば角が立つ。情に棹させば流さ
れる。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。
・・法的判断だそうですが、現状を汲んだ判決が望まれますね。金門島の戦
いを、独立戦争と位置付けてしまえばいいのではないかな。蒋介石に協力し
て金門島で戦った根本中将もそう・・・考えたかも・・。
シベリア虐殺?・・の前にWW1における日本のシベリア出兵をちょっとで
も勉強しましょう。日本は、明治から昭和にかけてず~っと戦争してきたの
です。そして戦争というものは常に戦場の民間人が巻き込まれて犠牲になる。
現在の中東もそうだけれど。当時、シベリアの民間人も犠牲になり、その反
発がWW2において旧ソが日帝に牙を剥いた遠因の一つでしょう・・因果は
巡るもの。しかし過去の人間達のしがらみを、未来を担う若者達にしょわせ
るのは、愚行ではありませんか?・・意地を通せば窮屈になり、未来は狭ま
るのでは?

2016/01/26(火) 01:44 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
台湾の主権者はいまだ大日本帝国にあり。これは、NHKのトップニュースで大々的にやって欲しいです。反日史観に楔を打ち込むことに、なりやしませんでしょうか。
黒人の大統領が生まれたのだから、次は米国に中国人大統領を!これでは、アメリカ人怒るでしょうね。
2016/01/25(月) 21:54 | URL | one #-[ 編集]
戦前と戦後を繋ぐ憲法問題解決法
 「日本国」の「日本人」がやるべき事のもう一つ。
それは、関心がある様で、関心が無い憲法問題です。

 そもそも憲法とは何か、を勉強していないので何が正しくて何が間違いなのか解りません。
GHQの政策と、その中で生まれた日教組の影響です。
 『戦前は天皇主権だった=国民に主権が無かった』と言うのもその一つです。

・大日本帝国憲法の成り立ち
・民主党の言う「安倍政権は立憲主義に反する」の意味とは
・天皇主権、ファシズムの嘘
https://youtu.be/CBTv7xm41lo?t=18m

 憲法とは何か、大日本帝国憲法の成り立ちをざっくり知った上で、
では『日本国憲法』はどうか、と言う事になりますが、「憲法」とは書かれているものの
内容としては大きく外れている事がよく分かります。

 英語が正文で日本語は訳文である、これは『事実』ですが成り立ちとして明らかにおかしい。
大日本帝国憲法を改正して日本国憲法が出来たのに、今回ねずさんが仰った様に
その後に「吉田茂は、その大日本帝国の全権として、この調印に臨」んでいる。
日本国憲法下では戦争を終わらせる事が出来ない。

 両方の憲法が『現存』している事実をどう『認識する』か。
youtube.com/watch?v=4PKQG3Ob-wY&feature=youtu.be&t=1h25m
大日本帝国憲法が有り、その下に『日本国憲法』がある、
これが最も(完全では無いが)矛盾を起こさず速やかに有事に対応出来る方法だと思います。

 少なくとも、政府国民がこの認識で一体となって、日本国憲法の改憲に挑むのなら
安心出来るかもしれませんが、
相手の軍隊は「これをしてはいけない=ネガティブリスト」に対し
自衛隊は「これをしてもいい=ポジティブリスト」でどの様に有事に対処出来るのか。
また、仮に仕掛けられた戦争に対し勝ったとしても「軍事法廷」が無い状態で
どの様に戦後処理が行われ、その正当性が認められるのか。

 さらに、有事が無くても、そもそも「憲法として」無効で有り、
同様に・占領下に
・植民地でも無く連邦制も採っていない台湾が割譲される事は
無効です。
その台湾が民政府を本格稼働させた時に、「日本国憲法日本国」として受け入れ
中国と対峙するのか、
拒否して政治煉獄で居続ける事を望むのか、
天皇を君主として独立する台湾国と、君主が明確で無い「憲法で国民主権のもとに
皇室をその下に置く」日本国として対立するのか。
たとえ世界情勢が不安定でも、台湾とじっくり考えて憲法を新たに作る協議をするのか。

 次の戦前に入った現代に、その様な余裕は無いのです。
國體を護持した法治国家で無ければ、国家が崩壊します。

「大日本帝国憲法が有り、その下に『日本国憲法』がある」
この『事実』を広めて『認識』する事が「日本の主権・領土問題」に対応する事
だと私は思います。
2016/01/25(月) 16:41 | URL | 子無零 すこぴお #3un.pJ2M[ 編集]
台湾問題を解決出来るのは「台湾人」、日本の領土問題を解決出来るのは「日本人」
 では、日本の領土問題である「台湾問題」「南シナ海問題」を解決するにはどうするのか。
 解決出来るのは中華民国政府の公務員では無い、大日本帝国の国籍を持つ台湾人とその子孫です。

 彼らはサンフランシスコ講和条約に書かれている「日本国」外の人間なので、
領土の主張が出来ます。
また、アメリカ政府はサンフランシスコ講和条約を「正しく」守っていないので、
アメリカで228人の集団訴訟を台湾人が起こし、2009年に判決が下されました。
判決文http://www.civil-taiwan.org/Lin_v_USA-Court_of_Appeals_4-7-2009.pdf
日本語で解説した動画https://youtu.be/8971RxY_r7U

 そして、昨年の2月28日に中華民国がサンフランシスコ講和条約締結前に行った
1946年の国籍変更命令は国際法違反&人権侵害で無効である、
と言う訴訟が、今回ねずさんが紹介された訴訟で、
ナショナルプレスクラブで記者会見された動画(日本語字幕)が上がってています。
https://www.youtube.com/watch?v=g7rKWhQwZ8M

 「日本国」の「日本人」がやるべき事は2つあります。
台湾人やアメリカに「台湾がサンフランシスコ講和条約で正しく守られるべきだ」
「台湾人がアメリカで訴訟した2009年の判決で『台湾には国際社会が認める政府が無い』
『アメリカの行政府は速やかに正すべき』である」
と周知する事で、勿論日本人も広く知らされなければなりません。

上の二つの紹介動画の再生数が少ないと言うのは、それだけ「台湾問題」
「日本の主権・領土問題」に無関心であり、危機的状況が続く事になります。
https://www.youtube.com/watch?v=5NAbPFUcDPE
2016/01/25(月) 13:18 | URL | 子無零 すこぴお #3un.pJ2M[ 編集]
知らないうちに中国内政問題として薦める日本人
 ”ダライ・ラマ14世がヒマチャル・プラデシュ州ダラムサラ市に亡命して
ヒマチャル・プラデシュ州のインド人から税金を取って、兵士を募集して、
選挙運動して居るのを見て、他の州のインド人は「民主的だ」
「ヒマチャル・プラデシュ州は独立すべきだ」”
と言う状態になっているのが台湾情勢です。

 民進党であれ国民党であれ「中華民国」の政府で、日本やアメリカが
「国」として認めたり、「中華民国」から独立を認めれば、
中華人民共和国は国連で採択された「アルバニア決議」により、
「中国の唯一の合法的な代表」と認めている為、
「台湾問題=中国の内政問題」として合法的に占領する事が出来ます。

 南シナ海の問題も台湾問題と同じ事ですが、何れも認めればシーレーンに
深刻な影響が出ますが、サンフランシスコ講和条約により「請求権を放棄」
していますので、「領土・主権問題」として発言出来ません。
2016/01/25(月) 11:04 | URL | 子無零 すこぴお #3un.pJ2M[ 編集]
No title
2016/01/25(月) 08:06 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク