アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


民族という名の危険な思想

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160126 明治神宮


先に、今日のお話を要約しておきます。
1 日本語の「民族」という言葉には、ネイションとエスニックの両方の意味がある。
2 ネイション(Nation)は、国家である。
3 エスニック(Ethnic)は、同一の文化集団である。
4 ネイションは国家だから「国民」の特定ができるが、エスニックはその特定ができない。

いきなり、硬い話でごめんなさい。
けれど、実はこのことが、沖縄問題をはじめ、世界中の様々な混乱や紛争を引き起こしているのです。

「民族」を辞書で引くと、「人種的・地域的起源が同一または同一であると信じ、言語・宗教などの文化的伝統と、歴史的な運命を共有する人間の集団」と書かれています。
ところが実はこの「民族」という思想こそが、きわめて危険な思想です。
なぜなら「民族」は、どの人なのか特定も線引もできないからです。

血族なら、誰が親なのか証明が可能です。
昔はこれを「姓」と言ったわけで、「姓」というのは女性から生まれたという字です。
同じひとりの特定の女性から生まれた血縁集団が「姓」です。

氏族も、同じ素性を持った人たちですから、これまた証明が可能です。
甲斐の武田家の家臣団であれば、誰と誰と特定ができます。

ところが民族になると、早い話が先般、沖縄の翁長知事が国連までわざわざ出かけて行って、「琉球民族は日本民族とは異なる」などと発言してきましたが、では、その琉球民族とは誰のことなのか、この特定ができません。
沖縄県出身者という意味で言っているなら、東京にも大阪にも札幌にも福岡にも、沖縄県出身者はいます。

いま沖縄に住んでいる人という意味なら、本土から移り住んだ人や、選挙工作やデモのためにアルバイトで入り込んでいる左翼の工作員たちも琉球民族です。
もちろん先祖代々の沖縄出身の方もおいででしょうけれど、ではそういう方が本土の人と結婚したら、生まれた子供は琉球民族なのでしょうか、それとも大和民族なのでしょうか。


昔、朝鮮半島が日本の領土だった頃、朝鮮半島は支那大陸と陸続きですから、当時多くの朝鮮人が支那にいました。
彼らは華夷秩序思想によって、日頃支那人から馬鹿にされ続けていたのですが、その支那の王朝である清が日本との戦争で負け、朝鮮半島が日本に併合され、朝鮮人が日本人になると、俄然、彼らは自分たちは「日本人」であるからと、支那人たちに横柄な態度をとるようになり、一方で、支那人たちの家を襲ったり、女性を強姦したりしはじめました。

怒った支那人たちは、集団で朝鮮人狩りを始めるのですが、そうすると彼らは日本軍や日本人のもとに逃げ込む。
結果、日本人まで支那人たちから恨まれる・・・とこれが実は支那事変の引き金になっています。

一部の朝鮮人たちは、民族自決・朝鮮独立と称して、日本国内でテロ活動をしていましたが、その多くはただのやくざ者であり、欲望のままに日本国内で窃盗や強盗、強姦をする行為を「民族自決のための運動だ」と自己正当化していただけの連中です。
他の多くの朝鮮人は、日本の教育を受け、むしろ立派な日本人になろうと努力をしていたというのが実情ですし、日本人と結婚し、日本人として生まれた子供も、当時もたくさんいたわけです。

要するに「民族」と言い始めると、これは支那朝鮮や沖縄問題やアイヌ問題に限らず、これは世界の、たとえばウクライナ問題、シリア難民問題、ヨーロッパの火薬庫と呼ばれるバルカン半島問題、アフリカにおける各地の民族問題等々、実はその意味するところがきわめて曖昧であるがゆえに、結果として、血を見る激しい戦いや紛争を生んでいるのです。

さらに言いますと、「民族」という概念が、国家そのものを崩壊させたという過去の実績もあります。
米国の第28代大統領のウッドロウ・ウィルソンは、第一次世界大戦の末期の1918年に米議会で「十四か条の平和原則」を発表し、この中で「民族自決」を唱えました。

このときのウイルソンの「民族自決」は、敵対する国家(ドイツ帝国・オーストリア・ハンガリー帝国・オスマン帝国)等の領土解体を目論む発言だったのですが、このときの「民族自決」の語だけが拡大解釈され、朝鮮独立派や、満州国成立への反対派にいいように利用され、朝鮮人があちこちで反日工作を行ったり、日本国内でテロを仕掛ける温床となっています。

ちなみにウイルソン大統領の発言の5年後の関東大震災では、そうした朝鮮人民族自決派が、震災を契機として首都圏のあちこちで火付け盗賊をはたらき、結果として震災後の火災によって約10万5千人の死者をもたらしています。
この関東大震災については、以前にもお話しましたが、震災による一次被害による死者は1万人程度です。
それが10万人に拡大したのは、震災後の火災が原因ですが、震災そのものによる火災は、震災直後に大方鎮火しているのです。
それが、人々が避難所に非難したあとに、なぜかあちこちから出火しています。

いまの在日の「朝鮮民族派」の方々は、関東大震災によって朝鮮人6000人が殺されたと主張してはばかりませんが、自分たちの中の独立派が、日本人10万人を殺害しているのです。しかも殺されたという6000人の具体的根拠はありません。
日本は緻密な国なので、大規模震災等においても、死者の数は何人という一桁の単位まで正確に把握されています。
残念ながら、6000人の朝鮮人の名前の特定はできません。
できないということは、「なかった」といことです。
つまり、6000人殺害事件は、まるでお話にならないファンタジーでしかないということです。

さて、ウイルソンの「十四か条の平和原則」は、まったくウイルソンの予期しないところで、多くの命を奪ったわけですけれど、実はそれだけにとどまらず、いまでも世界各地のいわゆる「民族紛争」なるものは、ことごとくこの「民族自決」という思想が元です。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


ちなみにこのときに、ウイルソンが述べた「民族自決」の意味するところは、ドイツ帝国やオーストリア・ハンガリー帝国・オスマン帝国など、複数の「ネイション(Nation・国家)」を併合した巨大帝国は、それぞれの国に分割せよという意味です。
実はここが非常にやっかいなことなのですが、日本語の「民族」という語の意味するものと、西欧における「Nation)」では、語彙が全然異なります。

もともと西洋社会はたいへんに暴力がさかんで、常に上か下かの競争と殺し合いが日常的、恒常的に発生し、一般の民衆が常に身の危険に晒されていたという歴史があります。
このため中世ヨーロッパでは、平均寿命も24〜5歳だったりしています。

こうした厳しい環境の中にあって、自分たちの身を守るために、すすんで王の庇護下にはいる。
王は民衆を守る義務があり、民衆はその見返りとして税を払う。
これが、王の主権のはじまりです。

王の庇護下にある領土領民を守るために、王は進んで主権者として他国と交戦するし、領土を広げ、あるいは植民地をなし、他国から金品を奪って自国の繁栄を図ります。
いいとか悪いとかではなくて、そうせざるを得なかった事情が、西欧社会の歴史にはあったのです。

こういう次第ですから、強い王の下には、いろいろな言語を話し、様々な血縁共同体があり、またときには宗教さえも、同じキリスト教徒とはいっても、カトリックとプロテスタントでは、まるっきり教義が異なるのですけれど、そうした宗教の壁さえも越えて、自分たちの安全をはかるために、様々な地域の様々な人たちがひとつの王のもとに集いました。

たとえばフランスの場合であれば、もともとフランス語を話したのはフランス北部に発生したフランク族だけです。
英語で「フランク(Frank)」といえば、率直といった意味いなりますが、映画『指輪物語』に出てくるエルフ族のように、王が髪の毛をロングヘアに伸ばし、他の者は後ろ髪を刈り上げるといった特徴のある格好をした一族がフランク族です。
このフランク族は民族ではなくて、複数の血族が集まった戦闘集団で、これが次第に勢力を伸ばし、オック語やピカルディ語、ブレイス語、アルザス語、フラマン語など、77種類もの異なる言語を話す人々の住むエリアを次々併合し、ブルボン王朝のルイ14世の時代に最大版図となったエリアが、いまのフランスです。
要するにフランスは「国家(Nation)」です。

これに対して、フランス国内にもともとあった77種類もの異なる言語を話す人々は「エスニック(Ethnic)」として区別されます。
ただし、エスニックは、きわめて曖昧なもので、早い話が日本人でフランスに住み、フランス語を流暢に話す人は、日本エスニックなのか、それともフランス・エスニックなのか。
逆に、深く日本を愛し、日本語を日本人以上に流暢に話し、日本文化への造詣が深く、日本国籍を持っているフランス人は、日本エスニックなのか、それともフランス・エスニックなのか。

要するにフランスに住んで、フランス国籍を持っていれば、フランス語を話せなくてもフランス人だというのは、ネイション(Nation)の考え方です。
フランスに住んでいて、フランス語を話しても、日本人は日本人だというのなら、それはエスニック(Ethnic)の考え方です。

しかし、そのエスニックたちが、当該国の内外で、独立運動や自決運動を始めたら、これはもう収拾がつきません。
国家(Nation)が解体してしまいます。


かつて満州国では「五族共和」が国家的スローガンになりました。これは「5つのエスニック(Ethnic)」がともに暮らす「国家(Nation)」という意味です。
「民族自決」ではなく、異なるエスニックが、一体となって平和に暮らせる国家(ネイション)を営もうとする意思と思想が、この言葉に込められています。

ところが日本語の「民族」という言葉は、このあたりの定義が非常に曖昧です。
満州国人(ネイション)という意味でも「民族」という語が使われるし、満洲国民であるモンゴル人(エスニック)という場合でも「民族」の語が使われます。
日本語における「民族」という語は、同族意識を持ち、同種の文化・伝統・慣習を有する人間集団として用いられる用語ですから、概念としてはきわめて曖昧なのです。

問題は、「エスニック(ethnic)」が、「民族自決」を言い出したときに生まれます。
たとえば冒頭のように沖縄の翁長知事が、わざわざ国連にまで出かけて行って、
「沖縄エスニックは、大和エスニックによって、意思に反して無理やり併呑されたのだ」
などと述べます。

日本語で聞くと、さももっともらしい言説に聞こえますが、これを英語圏などの西欧諸国の人が聞くと「?」マークが点滅しますし、本来の意味合いからすれば、意味不明です。
沖縄の人たちが「国家(Nation)」というのなら、彼らは、まごうことなき日本人であり、今現在日本の一部として政治的に一体となっています。

沖縄の人たちが「ethnic」というのなら、その「ethnic」ごとに国家が独立しなければならないのなら、フランスなどは、それこそ77カ国に分割しなければならないことになります。
アメリカ合州国のように、そもそも多民族共同体としてスタートした国家も解体せざるをえません。

日本にしても、会津人、鹿児島人、上州人、関西人、関東人など、それぞれに微妙に異なる文化・伝統・慣習を持っていますが、それらを異なる「エスニック」と考えるなら、それぞれが民族自決のための独立運動の対象となります。

もっといえば、武家と農家、商家では、文化・伝統・慣習が異なります。
さらに言うなら、お隣のお宅と、自分の家では、文化・伝統・慣習が異なるし、親子兄弟姉妹においても、それぞれに個性があって違いがあります。
要するに「ethnic」を言い出したら、きりがないのです。

きりがないということは、「琉球 ethnic」が、国家として独立主権や排他性を持とうとするということは、そもそも、どっからどこまでが「琉球 ethnic」を示すのかという定義さえも曖昧なわけですから、こうなると、もはや殺し合いと暴力によって、上下と支配を打ち立てるしかなくなってしまうのです。
定義ができないのです。

ですから、誰か「これが琉球 ethnic だ」と言い出す人がいて、その人が認める者が「琉球 ethnic」であり、そうでない者を排他するなら、血で血を洗う決着しか出来得なくなってしまうのです。
つまり、翁長知事のいう「琉球民族自決」というのは、実は、たいへんに暴力的で危険な思想であるということなのです。

「民族」というものが、血族を示す言葉であれば、「何親等までを血族とする」という線引も可能です。
あるいは氏族であれば、「◯◯家の人々」として特定できます。
けれど「ethnic」は、文化・伝統・慣習を同一にする人々という意味であって、特定ができないのです。

コリアンも同じです。
コリアンは、かなり血の密度が濃い人々であって、血族性の高い人たちであると言われますが、では、どこからどこまでがコリアン・エスニックなのかというと、これまた曖昧です。

もともとコリアンというのは、単一民族でもなんでもなくて、語族そのものが6種に別れ、民族的にも扶余系、濊族系、高句麗系、百済系、新羅系、済洲系と、まるでエスニックが異なる人々でした。
これを、ひとつの語族、ひとつの文化、慣習にまとめあげたのは、実は日本で、日本統治時代に、朝鮮における標準語を確立し、ハングルを日本が復活させ、服飾文化や住居文化、あるいは食文化なども、日本がひとつにまとめあげました。

それまで、朝鮮半島には李氏朝鮮王朝がありましたが、その李氏朝鮮王朝は、朝鮮半島内にある異なるエスニックの頂点に立って、エスニック相互の交流を分断することで、政権の安定を保っていたわけです。
これを日本は、彼らに朝鮮人としての誇りをもてるように、朝鮮半島の歴史が始まって以来、はじめて、朝鮮人という文化意識を彼らに植えつけたわけで、こうして生まれたのが、実は「朝鮮人」という民族です。

これを「民族」という用語で語ると、たいへんにわかりにくいですが、ネイションとエスニックに分けて考えると、たいへんにわかりやすくなります。
もともと朝鮮半島では、李氏というひとつのエスニックが、朝鮮半島内にある他の5つのエスニックを束ねて王朝(ネイション)を築いていました。

ところが朝鮮半島を併合した日本は、李氏朝鮮王朝を正統なネイションとして扱い、朝鮮半島にある異なるエスニックもまとめて、ひとつのエスニックとして統合しようとしました。
朝鮮半島がネイションではなく、日本ネイションの一部となったわけですから、日本はそのようにしたわけです。
こうして日本統治によってはじめて生まれたのが朝鮮エスニックです。

つまり、日本がやってくるまでは、朝鮮には、朝鮮エスニックは存在していないのです。
それまでの朝鮮半島は、さきほども述べましたように6つのエスニックが、ひとつのネイションに統合されたところだったのです。

その意味では、これは私の個人的見解ですけれど、日本の朝鮮統治は失敗したと思っています。
むしろ朝鮮は、ひとつのエスニックに統合するのではなく、半島を6つの県に分解して、それぞれのエスニックの文化を蘇生、復活させ、それぞれのエスニック毎に郷土愛を育むべきであったのではないかと思っています。

多くの日本人は、いまでも、このエスニックとネイションの区別がついていません。
「民族」という便利な用語で、エスニックとネイションの両方をひとまとめにしてしまっていることに安住し、エスニックの独立という言葉の持つ恐ろしさに気付いていません。

それどころか、「国家(Nation)は民族(ethnic)ごとに独立しなければならない」などと、まったく意味不明の論理のパラドックスの中に入り込んでいます。
この理屈は、戦前の朝鮮独立派の不逞朝鮮人のバカ者どもとまったく同じ発想にすぎません。

同じ会社で働くA君とB君が、それぞれエスニックを言い出したら会社組織は成立しません。
「お前とは生まれや出身や信仰や生活習慣が違うから、一緒に仕事ができない」などという、そんな主張を真に受けていたら、まともな経済活動など成立しません。
同様に、同じひとつのネイション(国家)の中にあって、互いにエスニックが異なるから一緒にやっていくことはできないなどと言い出したら、これまた国家など成立しえません。

日本語の「民族」には、ネイションという意味と、エスニックという意味の両方が内包されています。
このことを明確にしないで、ただ「民族」を言い出すのは、国家解体を唱えているのと同じことなのです。


※今日のお話は、新しい歴史教科書をつくる会主催「日本史検定講座」における、宮脇淳子先生、倉山満先生の講義をもとに、私なりに考えをまとめたものです。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
「民族」の意味、なるほどなあと思いました。

つまるところ、やはり、「対等」と「対立」になるのかなあと。
相手の文化や習慣を認める、認められない、という。

「和を以って尊しとなす」、と聖徳太子が訴えたのは、強大な隋に飲み込まれないために、この列島に住む人が一丸になる必要があったからですが、全く新たな考えでなく、それまでに長年培ってきたもので、最も大事なもの、芯にある強いもの、それを認識する、もっと大事にしよう、という考えからに他ならないのでしょう。

小名木先生が再三指摘されているように、縄文時代16000年もの長い間、一つの殺人用の武器が発掘されていない、というのは全くの驚きであり、この日本列島に住んでいた人がなにより、争いより和を重んじていたことの証だと思います。

朝鮮半島併合のやり方は失敗だったのでしょうね。 ただ、それはやり方の失敗で、考えはおかしなことではないでしょう。
無理やり朝鮮を押し付けられた、朝鮮側からも請われた、とか色々事情もあったでしょうが、半島のほとんどの人の極貧の姿をみて、気の毒、力になってあげたいと、確りしてくれと、懸命になって助けようとした日本の姿は、やっぱ美しいと思う。

私自身はかつての勤め先での体験も含め、朝鮮とは付き合うべきではないと思う。

しかし、また韓国が傲慢な口先で、助けを求めてきています(助けるのが当たり前だと思ってるのでしょうね)。 ほっとけばいいのに。
でも日本はやはり助けてしまうのでしょうね。私が首相なら・・・・、やはり無視できないのだろうと思う。

でも先人たちの苦労を思い、過去の経験を思って、どう対応するのか、それは各自でも考えるべき時なのだと思います、政治家がやれと、他人事としてでなく。特に後の人たちにとんでもない負の遺産を残さないために。
などとつらつらと妄想,迷走(瞑想でなく)などしているのですが。



2016/01/29(金) 07:22 | URL | 寺島 孝 #-[ 編集]
No title
某まとめサイトの書き込みで関心したものがあります。

【日本は、日本人が住んでいるから良い国なんだ、
 他の国のヤツらが住めば、日本は良く無くなる。】

日本良いな~と寄ってくる夷人には分からない感情でしょうな。
2016/01/28(木) 22:28 | URL | 物申すTV #-[ 編集]
No title
世界最大のエスニック集団、クルド人の今後はどうなるのでしょうか。

我が国は、どのように対処すればよいのでしょうか。

そして、我が国及び極東においてはどのような状態が安全、安定を享受できるのでしょうか。
2016/01/28(木) 21:46 | URL | やまとびと #JalddpaA[ 編集]
No title
民族の表現は、本当に難しいです。
今日の内容は、良い勉強になりました。

>朝鮮半島が日本の領土だった頃、朝鮮半島は支那大陸と陸続きですから、当時多くの朝鮮人が支那にいました。

この感覚は当時の支那人になく、暴虐な日本人がやってきたとなります。
だから、支那人の恨みは日本に向かうことになって、機会があれば日本人がやられることになったでしょう。

日本は、朝鮮を併合すべきではなかったと、つくづく思います。
その結果、日本はロシアに接する範囲が大きくなったと思いますが、その方がまだましだったのかもしれません。
元は任那の地も、今は昔で、大和民族の気風は残っていないのでしょう。
2016/01/28(木) 15:24 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
今日のスレのコメントではありません、実は3日前から風を引き(インフルではありませんでした)臥せっておりました。
昨日からだいぶ気分も良くなったので書いたものです。
長くなって申し訳ありませんが、コメントさせて下さい。

「舩坂弘さんの戦い」「日本が変えた台湾」そして昨日の「アーサー・マッカーサー・ジュニア」と、ここ三日で日本将兵の強さの神髄が見て取れる内容でした。
なぜ強かったか、それは本来持って生まれた日本人としての誇りの上に、更に世界でも類を見ないほどの軍律、風紀を持って、人間としてそして肉体的にも鍛え上げられた結果です。
世界でも類を見ないほど強くなるのも当り前です。

こんな事言うとすぐ左翼が何とか、かんとか言って突っつきたくなるでしょうが、将兵は現場で命を張って戦うのです、命を守るためでもあるのです。
強靱人的な肉体、精神(人間的)が必要なのです。
だからこそ日本の将兵の皆さんは肉体的の強さだけでは無く、精神的な強さ、そして人間としての優しさを持ち合わせていたのです。

「日本が変えた台湾」でも紆余曲折はありましたが、最終的には日本の統治政策を認め、日本との融和関係を築いていきました。
日本国民さえも困窮する時代に、日本は誠心誠意台湾発展に努力してきました。
要は、台湾の皆さんの心にそれだけの物を受け入れられる心があったと言う事です。
パラオ諸島しかりです、心と心の結びつきです。

それに引き替え斜め上の国ですが、こちらから望んでしたのではない朝鮮国から望まれてした統治です。
真の歴史を調べれば解かる事。
それでも日本は何処の国であろうと誠心誠意統治してきました。同じ統治下にあって、ビフォー、アンド、アフターの写真を見ても分る様に、劇的に変化しているのにも関わらず、
やはり長い間、支那の属国であったせいか、それとも本来持ち合わせた性分なのか、いずれにせよ同じ日本が統治したパラオ諸島の人、そして台湾の人とは持ってる心が違いすぎます。
言っても解からない、聞いても解からない、その様なお国とは心と心の結びつきは有り得ないでしょう、根本的に持ってるものが違い過ぎますから。

それと、203高地に建てられた碑文ですが、

>203高地は、1904年日露戦争時の主要戦場のひとつであった<
        ↑
これは本当の事だから良しとしましょう。

>日露両軍はこの高地を争奪するため殺しあっていた。
        ↑
戦争ですから殺しあっていたそれは事実です、が、これは碑文です、「戦った」と書かれるのが普通です。
なぜこの言葉を書き入れたかと言う答えは一番最後の文言にあります。

>その結果、ロシア軍は5000人以上、日本軍は1万人以上死傷した<
         ↑
これは、ねずさんのご指摘通り、訂正しなくてはいけませんね。

>戦後、旧日本第三軍司令官である乃木希典は死亡将士を記念するため、砲弾の破片から10.3メートル高さの銃弾のような形の党を鋳造し、自らが「爾霊山」という名を書いた<
         ↑
記念するするためではありません、両国の戦死者に対しての慰霊を込めてのものです。

>これは日本軍国主義が外国を侵略した犯罪の証拠と恥辱柱
となっている <
        ↑
要するに支那は、「殺しあった」とか「記念」とかの文言を入れ、何が一番言いたかったというと、
>これは日本軍国主義が外国を侵略した犯罪の証拠と恥辱柱となっている<
ただこれが一番言いたかったのです。

ポッポさんの言われるように、両者の戦死者の数とを見るに、「お互いよく戦った」と両軍を慰霊する文言があってしかるべきです。
一言の文言も入ってない。
本当にろくでもない国です。
文言を見ただけでその国の姿がみて取れます。

それに支那はこの戦いに直接関与した訳ではありません、むしろ部外者です。
戦いが終わり、水師営での乃木大将とステッセル将軍の水師営での会見、歌にもなっています、「水師営の会見」です。

4番の歌詞です。
>昨日の敵は今日の友
語る言葉もうちとけて
我は讃(たた)えつ彼(か)の防備
彼は讃(たた)えつ我が武勇<

乃木大将はロシア軍の難攻不落の要塞の防備の凄さを讃え、ステッセル将軍は猿とまで呼んでいた日本人がまさか難攻不落の要塞を
突破するとは予想だにしなかったでしょう。
まさかをやってのけた日本軍の武勇を讃えています。
お互いに死力を持って戦った者同士が分かり合える事です。

会見において乃木大将は敗者の将ステッセル将軍に軍刀の携帯を許しています。
軍人にとって軍刀は魂と同じです。それを許したという事は相手を認めていることに他なりません。
ステッセルも驚いたことでしょう。これが日本の心、武士道です。

その当事者が讃えあっているのにも関わらず、支那の碑文には?が付きます。
普通第三者的にみたら本当によく戦ったと両軍を讃える文言でなければなりません、それが普通です。
が、普通が普通でないのが支那たる所以です。

日露戦争で日本が勝利した事により当時西欧列強の植民地であった亜細亜諸国に希望を与え、大東亜戦争によって植民地の終焉をもたらしたのも日本です。

多くの日本将兵の犠牲のうえに今日の亜細亜の平和がある事を忘れてはならないと思います。
特亜を除いた亜細亜の方達は今持って感謝しているのにもかかわらず、悲しいかなその忘れてはならない日本人が一番解かってない、
情けないの一言です。

支那に歴史は無いに等しいのです、あるのは嘘の歴史、つまりはご都合主義の歴史に他なりません。
支那にとって歴史は学ぶものではなく、自国のご都合主義により、歴史は利用する物なのです。

それにしても、支那の意図がまるで手に取るように分かる文言ですね。



2016/01/28(木) 10:15 | URL | #-[ 編集]
フィリピンで英雄!神風特攻隊
フィリピンで英雄!神風特攻隊
https://twitter.com/taiwankikajin/status/692502545705627649

【関連情報】
神 風 軍 団
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/kkg.cgi

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2016/01/28(木) 09:52 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
翁長さんは沖縄独立も辞さないとかいって
いるくせに補助金をもっとくれと安倍首相と菅さんに言っていましたね。本当に独立するなら意思があるなら乞食みたいな言動は止めたらどうですか。
2016/01/28(木) 08:32 | URL | #-[ 編集]
No title
「日本人」という言葉は、「民族としての日本人」と「日本国民」の意味があってまぎらわしい時があります。

例えば、いわゆる「朝鮮人慰安婦」を募集したのは朝鮮人の民間業者ですが、それは、当時の「大日本帝国の国民」の朝鮮人でした。それを「大日本帝国の国民」→「日本人」となってることが問題の根源にあります。
2016/01/28(木) 07:57 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク