アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


古墳のお話

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

さきたま古墳群
20160313 埼玉古墳群


───────────
1 古墳はなぜ生まれたのか
───────────

古墳がなぜ造られたのかについて、このブログを通じて何度も「古墳は、荒れ地を開墾して田畑を作ることによって生じた土地造成時の残土の盛り土です」と述べさせていただいています。
これは、何も私が申し上げている新説でもなんでもなくて、戦前は、むしろそれが世の中の常識です。
戦後がおかしいのです。
一昔前までは、地元のお年寄りなら誰でも知っていたことです。

昔は、市道や町道、あるいは農道などは、近隣のおじさんたちが総出で手作りで造成していましたし、もう少しまえの時代では、新田と名前が付いているとこならどこでも、そこに住む農家の方々が、みんなで協力しあって、荒れ地を切り開いて開墾し田んぼにしていたのです。

そういう人力で、土地の造成をしてきた人達にとって、田んぼを造ったり、水路を造成したりすれば、そこに大量の残土が出るというのはあたりまえのことでしたし、またそうした残土は、計画的にどこかにきちんと盛土しないと、そもそも土地が拓けないことは、生活実感として、ごくあたりまえのことでしかなかったのです。

さらにいうなら、残土処理というのは、計画的にきちんと盛土しなければ、土を盛っただけでは大雨で降ったら、土砂が流れ出して、大変なことになってしまいます。
だから当然に、盛土にも工夫があるし、長年培われた「盛り方」があったのです。

そうした工事を協力しあってやってきた人たちからみれば、そもそも古墳は平地にしかないし、その姿、形、古墳の周囲の土地の状態などを見れば、古墳が「土地を拓くために計画的に残土を盛土したもの」であるということは、単なる常識以外のなにものでもなかったのです。


土地というのは、遠くからは平地に見えても、実際にはものすごくデコボコしています。
さらに木はあるし、根っこはあるし、土を掘れば岩も出ます。
水田にするためには、そんなデコボコ地を(水田は水を張るから)まっ平らにしなければならないのです。
しかも、水はけも良くしなければなりません。

ですから表土を取り払ったら、その下から粘土層の土が出てきたなどという場合には、せっかく土地を平らにしても、それだけでは水はけが悪くて田にも畑にもなりません。
これでは作物が根腐れを起しダメになってしまいます。

その場合は粘土層を掘り起こして、別な肥えた土と取り替えなければならないのです。
つまり土地を開墾して田にするということは、ただ土地を平らにすれば良いというだけでなくて、(もちろん幸運にもそういう土地もあったかもしれないけれど、多くの場合)土地を掘り返し、耕し、土壌の改良作業まで行って、そこではじめて田畑になるのです。

しかも、田畑には水路の敷設が必要です。
水路があるということは、土地が低いということです。
そして土地が低ければ、大雨のとき、大水が出て、作物は全部やられてしまいます。
これを防ぐための手当も必要なのです。
つまり、土地の開墾というのは、それ自体が、長い年月をかけた経験の蓄積の上からでしか成り立たない事業なのです。

さらに大勢で何年もかけて土地を開墾するとなれば、役割分担、出来上がった土地の分配、共同での道具や飯の手配、作業日程管理など、これらは、ただ人が集まればできるというものではなくて、そこには大きな計画性が必要です。
要するに、土地の開墾というのは、それ自体が高い技術の産物なのです。
しかも、ものすごくたいへんな、汗をかく仕事です。

学者の先生たちは、自分では体を動かして働かないから、そうした苦労がわからない。そうした工事の複雑ささえ、理解しようとしない。
ただ頭ごなしに、「古墳は豪族たちが権威を誇示するために民衆を使役して強制的に作らせた墳墓である」などという珍説を唱えているだけです。

どこにそんな証拠があるのでしょうか。
豪族が自分の墓を造るために民衆をムチでしばきあげて使役した、そんな証拠があるのでしょうか。
肝心のムチさえ、これまで一度も出土していないのです。
お墓があるではないかというのかもしれない。
けれど全然逆なのです。

豪族たちが自分の墓を作るために民衆を使役して盛土したのではなくて、その豪族さんを中心に、みんなで努力して新田を開墾し、結果として残土処理のための小高い丘(盛土)ができたから、そこにあとから中心者となってくれた豪族さんをお祀りしたのです。
そこにあるのは、「あの人のおかげで、こうして広い土地ができ、田んぼができ、お米がたくさんとれるようになって、みんなが腹いっぱい飯が食えるようになった」という感謝です。

そのどこがどうしたら「豪族が自分の墓を造るために民衆を使役した」となるのか。
まるで「あべこべ」です。

ですから、私などが子供の頃は、お年寄りたちは、「偉い学者さんというのは勉強ばかりしているから、頭が変になるんだねえ」と、可笑しそうに話していました。
学者さんたちの「豪族使役説、古墳墳墓説」などは、ただの奇説、珍説の類(たぐい)でしかなかったのです。

ところがいつの間にか、そんな「たわごと」にすぎないご高説が、いまではすっかり定説どころか常識化してしまいました。
日本人が土木作業をしなくなったからと言ってしまえばそれまでですが、あまりにも低レベルな話に、むしろ驚いてしまいます。

古墳といえば、我が国最大の古墳が仁徳天皇陵ですが、以前、大林組がこの御陵を造るのに、どれだけの労力がかかるか計算しました。
結果は、完成までに15年8ヶ月、必要人員が延べ796万人です。

仁徳天皇のご治世の頃の日本列島の人口は全国でも4〜500万人程度です。
そんな時代にどうやって796万人も動員したのか。しかも工期は約16年です。
その16年の間、民衆が、ひたすらムチでぶっ叩かれながら古墳造りのための強制労働をさせられていたというのなら、その人達は、使役させている豪族たちも含めて、いったい16年間、何を食べて生きていたのでしょうか。

その間、民衆は老若男女の区別なく、赤ん坊まで借りだして、盛土していたとでもいうのでしょうか。
そしてそこまでして民衆全員を使役しても、まだ人口が足らないことを、いったいどのように説明するのでしょうか。

そもそも、仁徳天皇といえば、「民のカマド」の話で有名な、たいへんに慈愛に満ちた天皇として知られる歴史上の人物です。
その慈愛に満ちた「仁徳」というご尊名と、その業績と、古墳制作のための民の強制労働という話は、あきらかに矛盾します。
その矛盾を、どのように整合させるのでしょうか。

仁徳天皇は、日本書紀によれば、難波の堀江の開削、茨田堤(まんだのつつみ:大阪府寝屋川市付近)の築造(日本最初の大規模土木事業)、山背の栗隈県(くるくまのあがた、京都府城陽市西北~久世郡久御山町)の灌漑用水、茨田屯倉(まむたのみやけ)設立、和珥池(わにのいけ、奈良市)、横野堤(よこののつつみ、大阪市生野区)の築造、灌漑用水としての感玖大溝(こむくのおおみぞ、大阪府南河内郡河南町辺り)の掘削など、広大な田地の開拓を行った、たいへ失礼な言い方ですが、かまどのお話よりも、むしろ仁徳天皇はいわば「土木(どぼく)天皇」といってよいくらい、民のための広大な土木事業を営んだ天皇です。

そしてそれだけの広大な土木事業を営めば、結果として必ず残土が出ます。
その残土は、いったいどのように処分するのでしょうか。
いまならダンプカーで港湾の埋め立てに用いたりしますが、大昔にはダンプなんてありません。
結局、開墾地内に計画的に盛り土するしかない。
わかりきったことです。

ちなみに仁徳天皇陵は、周囲が堀になっています。
盛り土は、土が柔らかいですから、雨が降れば土砂が流れます。
つまり付近の田畑が、土砂で埋まってしまいます。
これを防ぐために周囲を計画的にお堀で二重に囲んでいます。
実に合理的な対処法です。

仁徳天皇陵もそうですが、すべての古墳は平野部にあります。山間部にはありません。
平野を開墾するといっても、原始のままならでこぼこです。
それを水田にするなら、水田は水を引きますから、全体が真っ平らでなければなりません。
また水を引くための水路も必要です。水路には堤防も必要です。そうしなければ大雨のときに水害が出ます。
そうした被害を未然に防ぐためには、計画的な土地の開墾と、指揮者、労働者が必要です。
ただ耕せば良いというものではないのです。
そして広大な土地の開墾は、ものすごく年月がかかります。
しかも開墾しただけではだめで、そのあとの土地のメンテナンスが必要です。

いまでも、一級河川と呼ばれる川には堤防がありますが、そこには国土交通省の役人さんが、自転車で毎日堤防の検査監督をしています。これは猛暑でも酷寒でも大雨でも続けられています。
そういう地道な保護があってはじめて、土地は活きるのです。

けれど人には寿命がありますから、そんな工事を計画し、全体を統轄してくれた大将にも、死が訪れます。
全部、大将が面倒見てくれたから、広い田畑ができたのです。
大将がいてくれたから、安全に土地が使えたのです。みんなが腹一杯飯が食えたのです。
そんな大将に感謝するとしたら、大将のお墓はどこに築くでしょうか。
広大な田畑を見渡せる、盛り土のてっぺんではないでしょうか。
古墳が墳墓となった理由は、そこからきています。
ですから古墳によっては、墳墓ではない古墳もたくさんあります。

たとえば仁徳天皇陵は、もともと墳墓とすることだけを目的とした御陵ではないことは、仁徳天皇陵のすぐ近くにある他の古墳がこれを証明しています。
仁徳天皇陵のすぐ脇に、いたすけ古墳とか御廟山古墳といった前方後円墳がありますが、その古墳が誰のお墓であるのか、いまだにわかっていません。そもそもお墓であるかどうかさえもわかっていません。
要するに、墳墓を目的に造成されものではないからです。
もともとが工事の結果としての盛り土で、結果としていちばん大きな盛り土に、みんなが仁徳天皇に感謝して、そこを御陵にしたに他ならないからです。

ちなみに、小さな盛り土を近くに造成したことにも、ちゃんと意味があります。
水田地帯は、大水に弱いのです。
水が出たら、みなさん、どうしますか?
高いとろろに避難しませんか?
一番大きな御陵を天皇陵にしてしまったら、そこは避難所には使えません。
ならば、その周囲に、こぶりの盛り土を造っておき、万一の場合の避難所にする。
実に合理的です。

そして、冒頭のご質問です。
では、副葬品の埴輪(はにわ)は、何のために埋められたの?、人柱ではないの?というご質問です。

古墳がもともとは大規模土木工事のために、計画的に築かれた盛り土であり、そこに土木工事の大将のお墓を作ります。
なんのためでしょうか?

広大な荒れ地を開墾し、みんなのために尽くしてくれた大将がいれば、感謝の心を持つのが日本人というものです。
お世話になった大将に、こんどは、ずっとその農地を守ってもらいたいと思う。これが人情です。
「大将、生前はお世話になりました。こうして田んぼがひらかれ、オラたち感謝にたえません。
大将、オラたち、これかもずっと、この田畑を大事に守って行きます。
そしたら大将、そんなオラたちが災害に遭わないように、作物に虫がついたり、作物が病気にならないように、今度は、墳墓の上からずっとオラたちを見守っていてくだせえ」

それは、大将が、こんどはあっちの世界で大将になって、病魔や厄災からみんなを守ることです。

「そんなありがたいことをしてくださるなら、おひとりっちゅーわけには、いくめえよ」
「だったら、大将に兵隊さんを付けてあげるべえ」
「んだな。じゃあ、どうせなら、たくさんの兵隊さんがいたほうが良かっぺな」

それで副葬品にしたのが埴輪です。
ですから埴輪は、あの世の神様の兵隊さんたちです。
だから、生きた人、秦の始皇帝の兵馬俑(へいばよう)の兵像のようなリアルな像ではなくて、のっぺりとした、ちょっとお化けのようなお顔をされています。
あきらかに生きた人とは区別した、あの世の神様の兵隊さんたちなのです。
その「あの世の兵隊さん」たちは、とってもユーモラスなお顔をされています。
これを作った人々の、あたたかで、おおらかで、やさしい気持ちが伝わってくるかのようです。

埴輪は、人柱の代替品ではありません。
黄泉の国に行った新田開墾の大将(大きな古墳では天皇)のための、あの世の軍団であり、最初からそういう、この世のものとは異なる設定のものであったのです。

そしてこれまた、わたしたちの曾祖父の時代くらいまでは、古墳の近くで代々生活している人たちにとっては、およそ常識のことでした。

埼玉の行田市には「さきたま古墳群」がありますが、そこは石田三成が忍城(おしじょう)の城攻めをやったところとしても有名です。映画「のぼうの城」になりました。

この城攻めのとき、石田三成は近隣にある古墳群の古墳を取り崩して堤防を築きました。
石田三成は教養人です。
古墳がお墓なら、そんな乱暴なことはしません。
古墳が盛り土と知っていたから、これを用いました。

いまでもこのときに作られた堤防が残っていますが、その土は古墳と同じものだし、堤防から埴輪の欠片などが出土するそうです。
埴輪が、田畑を守る一種の飾り物だったからこそ、三成は、平気でこれを取り崩したのです。

そんな古くからの常識を破壊したのが、戦後の学者さんたちです。
学者さんたちは、古墳は豪族たちの権力の象徴であり、だから古墳は墳墓であり、副葬品としての埴輪は、人柱の代替品であり、もともとは人間を埋めていたのだ、といいます。

では、お伺いしたいのです。
副葬に人柱を立てたというのなら、その人骨が並んだ古墳を見せてくださいと。


───────────
2 古墳はなぜ無くなったのか
───────────

さて、その古墳。
時代とともにだんだん大きくなり、そして小さくなり、最後にはなくなってしまいました。
これはいったいどういうことでしょうか。

古墳の推移
20150707 古墳の推移


上の図をみるとわかるのですが、古墳は西から生まれ、東へと移動して行きながらだんだんに大きくなり、それがさらに東へと移動していくなかで、だんだんと小さくなって、最後にはなくなっています。
その理由です。

これを考えるにあたっては、2つのことを頭に先に入れておく必要があります。
ひとつは、古墳が誕生する以前は、集落社会であり、田んぼも集落前の小規模なものでしかなかった、ということです。(下図)

菜畑遺跡を復元したジオラマ
日本最古の水田(紀元前7000年〜、縄文時代)
20150707 菜畑遺跡


ところが古墳が築造される大和朝廷の時代になると、広大な土地が開かれ、開墾されるようになります。
つまり、大規模な土地の造成と灌漑工事が行われるようになるわけです。
そしてこのことが、つぎの2つめです。
それは、「技術は蓄積によって進化する」ということです。

つまり、大規模造成地の開墾は、技術の蓄積があって、はじめて可能になるということです。
もっというなら、残土処理としての古墳築造の技術が誕生したことによって、大規模な開拓が可能になり、そしてその大規模開墾事業の事業規模がだんだん大きくなるにしたがって、古墳も徐々に大型化していった、ということがわかるのです。

ところがその古墳は、大型化したあと、今度は逆に小型化し、最後にはなくなってしまいます。
なぜでしょうか。

これも答えは、実は容易です。
大規模な土地の造成が行われるようになると、目的は田んぼつくりですから、田んぼは水を使いますので、当然、水路も切り開かれます。

そしていったん水路ができてしまえば、次に必要になるのは、洪水対策としての河川の堤防工事です。
つまり、水路つくりのために掘った土を、以前は盛土にしていたのですけれど、こんどは、その土を、水路を使って運搬し、河川の堤防工事に活かすようになっていったのです。

こうなると、大量な土が必要になりますから、こんどは、盛土(古墳)どころか、山を切り崩して、そこから河川を使って土を運んでくる、といった技術まで生まれてきます。
そしてそうした技術がどんどん進化することで、気がつけば、東京の江戸川や、玉川上水、あるいは神田川のような人造河川さえも築かれるようになっていくわけです。

要するに、土地を開梱した際の残土が、水路が開かれることによって、堤防工事や護岸工事に使われるようになり、結果として、古墳が必要なくなった。
だから、古墳はだんだんに小さくなったし、最後にはなくなってしまったのです。
それだけのことです。

先生によっては、古墳がなぜなくなったのか、という質問に対し、「ブームが去ったから」などと、意味不明の回答をしている方もあるやに伺いましたが、そもそも「豪族たちがムチで使役して〜」という前提が間違っているのです。


───────────
3 仁徳天皇と茨田堤(まんだのつつみ)
───────────

さて、仁徳天皇の業績のひとつに茨田堤(まんだのつつみ)があります。
これは堤防工事としては、日本初の大規模土木工事です。
この工事に際して、日本書紀に次の記載があります。

 *
どうしても決壊してしまう場所が2か所あった。
工事の成功を期して、それぞれの箇所に一人ずつの河伯(川の神)への人柱を立てることになった。
犠牲に選ばれたのは、
武蔵の住人の強頸(こわくび)と、
河内の住人の茨田連衫子(まむたのむらじのころものこ)であった。
強頸は泣きながら入水していき、衫子はヒョウタンを使った頓知で死を免れた。
結果として2か所とも工事は成功し、それぞれ強頸の断間(こわくびのたえま)、衫子の断間(ころものこのたえま)と呼ばれた。
 *

ここで面白いのは、人柱をたてるということが、本当に異常事態であったということが、この短い抄の中で明確にわかることです。
しかもその人柱に際して、ひとりはお亡くなりになってしまったけれど、もうひとりは頓智で生き延びた。
そしてその両方の人の名を懸賞して、いまなお、地名にそれを刻んでいるということです。
どこまでも人命を尊重している姿勢が、ここにはっきりと伺えます。

こうしたことは、日本がウシハク国であり、仁徳天皇が民をムチでしばきあげながら強制労働させて自分の墓を造るような大君なら、ありえないことです。
あたりまえのことですが、大規模土木工事の「技術」は、一朝一夕に出来るものではありません。
長い年月にわたる高度な築造技術の蓄積がなければ、絶対になし得ないことです。
それだけの技術が開発され定着するには何代にもわたる土木技術の積み重ねがなければなりません。
そしてこうした大規模な土木工事が、誰のために誰がするものなのかといえば、まさに地域に住む民衆のために民衆のリーダーがするものです。

リーダーのもと、みんなが納得して力を合わせるのでなければ、土木工事なんてできるものではありません。
公共工事としての土木事業は、水害から多くの人々の命と暮らしと田畑の作物を守ります。
それは要するに、みんなの暮らしが安全で豊かになる、それをみんなで納得して行なうということです。

それをみんなが納得して行う。
それが「シラス」国というものです。


最後にもうひとつ。
この記事をアップしたあと、非公開コメントで、次のご指摘をいただきました。
「日本書紀の垂仁天皇記の「ノミノスクネと埴輪」のところに、ヤマトヒコノミコトが亡くなっなさい近習の者を集めて、全員を生きたままで、陵のめぐりに埋めたてた。その事に垂仁天皇が心を痛まれて、「これからは、止めよう。」と、そしてノミノスクネが出雲の土部を呼んで埴輪を造らせ天皇に献上し、「これからは、この埴輪を生きた人に変え陵墓に立て後世のきまりとしましょう」と、提案すると天皇は大いに喜ばれた」とあるが、というご指摘です。

日本書紀のこのくだりを読んだらわかるのですが、ここに書かれているのは、できあがった古墳に、偉い人を埋葬する際の殉死の話です。
だから「近習の者」とちゃんと書いてあります。
一般の民衆を徴発して、生き埋めにするということと、殉死はまったく別な事柄です。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





関連記事

コメント
教育を正す東葛市民の会
3月3日ひな祭りの日に行われた「昔も今もすごいぞ 日本人!」の講演を拝聴いたしました。
拝聴する前に会場入り口で立ち話をされていた、ねずさんこと小名木善行さんとすこしお話させていただいた者です。
お元気そうでなによりでした。

このお話は、そのときと同じお話ですね。
戦後に日教組によってゆがめられ伝えられなくなった話で、私もねずさんの文章を見て初めて知りました。ありがとうございました。
以前柏市に住んでいた縁で、二ヶ月以上前に柏検診クリニックでの健保指定ドッグを予約してました。
そうしたら、何と午後からねずさんの講演がアミュゼ柏であると、2/26に気が付きました。偶然が重なってねずさんとも少しお話ができました。ありがたいことです。

自然に涙が出てしまい泣けてつらい話も多いですが、常に読むようにしています。
がんばってとは言いませんので、体に気をつけて出来るだけ長くこのブログを継続してください。よろしくお願いします♪

2016/03/14(月) 18:35 | URL | アウェイク #-[ 編集]
被害者は誰か
司法の横暴
裁判所は犯罪者の犯罪を「法を犯したかどうか」の判断で判決を出す。大津地裁の「原発再稼働停止」判断は法の何に抵触したものか理解できない。被告は関西電力であるが、原発の再稼働は原子力規制委員会の安全基準に合格したものであり、違法行為ではない。

原子力規制委員会の合格判断を違法とするのであれば、被告は関電ではなく、原子力規制委員会でなければならないはずだ。今回の裁判は司法には馴染まない案件ではないかと思われる。

原発の運転を停止すれば経済的な損失が出る。関電の損失だけではなく、電気料金が下がる予定であった消費者も損失被害を被ることになる。仮に、今回の裁判結果が控訴によって覆った場合、被害者は損害賠償訴訟の権利があるはずだ。

その場合の被告は大津地裁と訴訟を起こした原告たちになるのか。興味深い。
2016/03/13(日) 14:51 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
日本国は、日本人自身が侵略国フランスによる植民地化を食い止め、保身のためこの植民地化を飲もうとしていた徳川幕府を倒幕しました。これに対し、李氏朝鮮は、保身のため、侵略国フランスロシアによる植民地化を飲み、日本国へ助けを求め自ら申し出て日韓併合してもらい、大東亜戦争終戦まで日本国へ韓国式寄生しました。
≪保存版≫ 日本国は、日本人自身が侵略国フランスによる植民地化を食い止め、保身のためこの植民地化を飲もうとしていた徳川幕府を倒幕しました。これに対し、李氏朝鮮は、保身のため、侵略国フランスおよび侵略国ロシアによる植民地化を飲み、日本国へ助けを求め自ら申し出て日韓併合してもらい、大東亜戦争終戦まで日本国へ韓国式寄生しました。

*****
◆◆◆◆◆ 殿 コメント 平成2◆年◆月◆◆日 [加筆済み]

[1]韓国人も共産シナ朝鮮族も共産シナ人も批判すべき対象は、当時の李氏朝鮮と清なんだがな。
●有史以来独立している日本国は幕末、徳川幕府が自己体制維持すなわち保身のため、侵略国フランスからの借款を含む統治を飲もうとしていた。これは、侵略国フランスによる植民地化への一歩だったが、日本人自身がこれを食い止め、徳川幕府を倒幕した。
●これに対し、有史以来独立したことがない大清属国李氏朝鮮は、自己体制維持すなわち保身のため、侵略国フランスおよび侵略国ロシアによる共同統治=侵略国フランスおよび侵略国ロシアによる植民地化を受け入れた。その後、大清属国李氏朝鮮すなわち朝鮮半島は、大日本帝国へ助けを求め大日本帝国への併合を自ら申し出て明治43年(西暦1910年)大日本帝国に併合してもらい(日韓併合してもらい)、大日本帝国が大東亜戦争で米国に敗戦するまで大日本帝国へ韓国式寄生しまくった。これは朝鮮半島人すなわち韓国人の愚かさである。

[2]参考までに、
明治27年(西暦1894年)1月4日「露仏同盟(フランス、ロシアおよび清は、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、スイス、フィンランド大公国、エチオピア、日本国などを挟み撃ちしようぜ)」締結以来現在まで、
世界は、
「ホワイト・チーム(英国、米国、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、スイス、フィンランド大公国、モンゴル、エチオピア、日本国など)=議会合議主義」

「レッド・チーム(フランス、ロシア、清など)=大統領勅令主義」
へ大まかに二分されている。
*****

-----
平塚パラヤン女
2016/03/13(日) 12:33 | URL | A敦子 #YbISL93o[ 編集]
No title
今日もありがとうございます。
古墳のお話で、
古墳に関して、戦後教育の誤りを、
また知ることとなりました。

残土が、古墳から、洪水対策としての河川の堤防工事への推移した経緯も、分かりやすく、
「そうだったんだあ。」
と納得です。

昨日、ドクター中松氏のお話を聞きました。「地球エネルギー革命」という演題でした。その中で、「日本を建て直すためには終戦から見直すことが一丁目一番地」という事を話されました
 毎日の記事で、戦後の誤った知識を、日々、捨てさり、正しい知識を得ることの幸せを感じています。ありがとうございます。



2016/03/13(日) 11:40 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
No title
古墳=墓というイメージしかありませんでした。
今日も古墳を通して日本国のあり方を学ばせていただきました。
有り難うございます。

頭でっかちで心が育ってない学者さんは、杓子定規的な物の考えしか出来ない、要は、出来ない人が人に教えたら出来ない人間が育つ、当たり前のことです。

日本を取り戻す=心を取り戻すことです。
「教育が悪い、悪いというだけでは何も変らない」と先日もねずさんが言われていました、その通りですね。
言うだけだったら子供でも出来ます。

今、求められているのは、自分に何が出来るか、その事ではないでしょうか?

地元では4月に地方選挙が控えています。
友人も私も仕事を持っていますが、仕事の調整をし応援に行かせて頂くようにしています。
仕事を持ってるから出来ないと逃げるのは簡単です、学べば学ぶほど、日本の今の現状をみたら、友人も私も居ても立ってもおられなくなるのです。

言わなくてもお分かりだと思いますが、組織票を持って応援の人間を送り込んで余裕綽々の所もあるようです。

でも、心から日本を愛し、郷土を愛し、日本を憂う方達を見ていると資金的にもお手伝いされる人間の数にも余裕がありません。
私達一人一人が出来ることをさせて頂く、日本を変えるにはこれしかありません。
まさに松蔭先生の言われる「草莽崛起」ですね。

2016/03/13(日) 10:39 | URL | #-[ 編集]
シラスの国に重なる件
ねず先生のお話で、古墳の成り立ちが、謎と思う小さい事柄までストンと落ち納得いたしました。なぜエライ学者先生はここに行き着かないのでしょうね。やはり机の上では、人を動かすという事の発想が貧困という事なのでしょうか。
あるいは、学者先生自体がシラスの国の心が基本というスタートがわかっていないのかもしれませんね。

話が飛んでしまい大変申し訳ないのですが、前回コメントさせていただいた内容と重なるのですが、教育現場が生徒に強要するというあまりにひどい場面を見かけたので貼らせていただきます。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/2cf35b08e65cfc2022ae763dcd6b7279

リンク記事のように、開墾と同様、皆が自主的に現地に行き何かを学ぼうとするのが修学旅行だと私は思っています。私の中高時代を思い出しても、例えば京都のお寺、なんていうと、男子生徒から、うへ〜なんて声が上がるものの、下調べのうちに皆楽しそうになったり現地でキラキラ目を輝かせて見学しているのは案外そういった生徒だったりします。正しい知識に触れるからです。
開墾や灌漑事業も自分たちの生活に密着しているからきついと思っても誰も文句を言う者はいなかったでしょうね。もし、学者先生が権力者の墳墓のみのためにこき使ったというのなら、全国にあんなにたくさんの古墳はできないと思います(平地だけということ、そしてなぜ造らなくなったというお説に超納得!)。

全く無意味な学校のゴリ押しを脅され強制されて行う事の苦痛、こんな理不尽な事があってはならないと思います。
2016/03/13(日) 09:53 | URL | 桐一葉 #a8N0vP3U[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク