アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


南京では虐殺することが戦時国際法に従う正義であったということ

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160315 南京事件


ショッキングなタイトルですが、虐殺すべし、というわけではありません。
もっと正確な言論が必要だということです。

南京で大虐殺があったというのが、中共を筆頭とする日本の左翼の立場です。
これに対して日本の保守の立場は、そんなものはなかった、という立場です。
左翼からみたら、保守は、右にあります。
しかし、片方が「あった」としているものを、「なかった」というのは、相手の言っていることに対抗しているだけで、実は正確な発言ではありません。

国際法に従えば、交戦の際には次の4つの要件があります。

 1、責任者の存在、
 2、遠方から認識し得る特殊徽章、
 3、公然と兵器を携帯すること
 4、その行為に付き戦争の法規慣例を遵守すること

このことが意味していることは、要するに交戦は軍人が行うものであって、交戦者はちゃんとそれとわかる服装をし、それとわかる武器を公然と携行し、どこまでも戦禍が続かないように、停戦交渉等の際の意思決定権者である責任者が存在し、その責任者は、ちゃんと戦時国際法を守って戦わなければならないということが、これが国際法で規定された交戦のルールです。

ところが南京事件で実際に起きたことは、


1 国民党の責任者は、日本軍がやってきたらさっさと逃げてしまった。
2 国民党は、便衣兵であり、民間人の服装をしていた。
3 国民党の便衣兵が武器を隠し持ち、一般人に混じって日本兵を殺傷していた。
4 国民党は戦争に関する法慣例をまったく無視していた。

加えて彼らは国家ですらなく、平和だった南京に、武器を持って突然乱入した連中です。
つまり国際法上のテロリストです。
そのテロリストたちが南京の市民を虐殺し、民家を焼き払い、民間人に銃を突き付けて、日本軍との戦闘をさせていました。

これは明らかに不法集団です。
この不法集団を追い払うために日本軍が向かったのです。
すると国民党の代表である蒋介石も、国民党軍の指揮官である唐生智もさっさと逃げ出し、国民党軍は責任者不在の状況となりました。
その中で国民党兵は、一般人に混じり、便衣兵となって、その一部が南京城内に残って南京市民や日本兵に対する殺傷行為を図ろうとしました。

この場合、日本側からすれば、便衣兵が民間人に紛れ込んでいる以上、どれが国民党兵であり、どれが民間人かの区別がつきません。
そうであれば、本来の軍の活動としては、その時点で南京にいる市民の全員をまとめて殺しても、それは国際法上適法な行為となりますし、世界の軍隊であれば、それが普通の軍の行動であり意思決定です。

そういう一般市民の虐殺にならないために戦時国際法があるのです。
しかし支那人の側が法を守らないなら、これは彼ら自身が招いた自業自得です。

日本は、南京城攻略後、場内に便衣兵がいるということがわかった時点で、テロリスト駆除のために、南京城内を完全に焼き払い、城内にいる支那人全員を男女を問わず全員殺戮して構わないし、むしろそのようにすべきというのが、戦時国際法上の交戦時の慣例です。

平時にあるわたしたちからすると、異常なことに思えるかもしれませんが、それが交戦というものです。

にも関わらず、当時の日本軍は、民間人を殺していません。
気がつけば南京の人口は増加の一途をたどっています。
その中には、相当数の便衣兵も混じっていたことでしょう。
その意味では、日本兵は、常に危険と隣り合わせの状態にあったわけですが、これによって日本側は、何人もの死者を出しながら、南京の平和の実現のために、民間人を保護しています。
だからこそ日本軍は、神のような崇高な存在として、当時の人たちに慕われたのです。
その証拠となるスナップ写真も何枚も残っています。

本来なら日本軍は、南京において城内の支那人全員を殺してよかったのです。
それをしなかったということが、どれだけの忍耐と、無辜の市民への思いやりがあったのか。
南京事件があったとか、なかったとかいう議論ではなく、本来全員皆殺しにすべきだったものを、そうはしていないということが、どれだけ人類史上に輝く存在であったのか。

従って、南京問題を議論するならば、国際法に従って、むしろなぜ日本軍が城内の支那人全員の虐殺をしなかったのか、こそが戦犯問題となるべきといって過言ではないのです。

従って、どこぞの国の政府や、国内の左翼が南京事件云々を言うのなら、日本としては、
「はい。おっしゃることはよくわかりました。
 では、次に機会があれば、
 便衣兵というそんざいがある以上、
 遠慮無く我が国は支那人市民を全員を殺害します。
 わざわざご忠告くださって、ありがとうございます!」
で良いのです。

これが戦時というものです。
そして戦時において下手な人道は、結果として迷惑なものにしかならないということを、私たち日本人は戦後、おおいに学ばせていただいています。

平時においては、人道は大切なことです。
しかし人道が守られないから戦時になるのです。
そして戦時においては、人道とは真逆のことが人道になります。
そうしたことを冷徹に実行してきたのが、世界の戦争です。

日本はあの支那事変のさなかにおいてさえ、きわめて人道的な活動をし続けていたために、あとになって日本国内の左翼や中共政府から糾弾されているのです。
逆なのです。

そもそも日本軍は、清朝という外来政権、つまり支那を植民地支配していた政権との間で、諸外国とともに北京議定書を交わし、諸外国とともに支那に軍を駐屯させていました。

欧米諸国は、支那国内で武器を携行して暴れるものに対しては、一般人、暴徒の区別なく、これをテロリスト(暴徒)と認定して、遠慮無く殺戮していました。
日本軍は、逆に、極力戦端を避けようとしたし、暴れている暴徒の鎮圧はしたけれど、それ以上のことはしないでいました。
だから日本人や日本軍に対しては、何をしても、どんなに非道なことをしても構わないと、支那の暴徒たちに日本は侮られたのです。
そして起きたのが、通州事件です。

本来であれば、日本は、南京でも重慶でも、核爆弾でも落として一網打尽にすべきだったのです。
絶対にそのようなことはしてほしくありませんが、そうすることが戦時というものであり、だからこそ広島や長崎に原爆を投下した米国は、国内からも海外からも一切責任を問われることがないという現実を、私たちはもっと直視すべきではないかと思います。


・・・

それにしても、戦争って嫌ですね。
本来、右も左もないと思うのです。
誰もが豊かに安全に安心して暮らせる社会を築こうと努力を重ねてきたのが日本です。
そしてそれが日本の国柄です。
対立することではなく、いかにしたらみんなが豊かに安全に安心して暮らせる社会を築いていけるのか。
そのために横暴をいかにして排除していくのか。
誰が悪いとか、そういう問題ではなく、わたしたちは、そういう本来の日本に立ち返り、本来の日本を取り戻すときにきているのだと思います。


※以上は、先だって行われた日本史検定講座の小山常実先生の講義をもとに、私なりに考察したものです。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


コメント
No title
大逆転の発想ですね。面白い!

「便衣兵というそんざいがある以上、 遠慮無く我が国は支那人市民を全員を殺害します。 わざわざご忠告くださって、ありがとうございます!」

ついでに、「わが日本軍は、日清、日露、第一次世界大戦、大東亜戦争、神のごとく崇高に、民間人を保護し、疑わしきは攻撃しませんでした。 
しかし今後は疑わしきは全員容赦なく抹殺します。しかし、白人のある国家、アジアのある国家のように、疑わしくない、民間の非戦闘員の大虐殺はやりません、それだけはしません。そのような人類の末代に恥の残るような所業は。」と付け加えて、世界中に発信してはどうなのでしょうか、本当に、マジに。

ところで、日本史検定講座。「安倍談話をどう読み解くか」というテーマで8人の先生が熱い講義をしてくれました。
第八講の小山常美氏、「歴史研究と歴史教育の課題」という題で、冒頭、「私は安倍政権には期待していたんですけど、ひょっとしたらとんでもない政権で終るかもしれないと最近は思っています。・・」と。

「おいおい」と思ったけど、90分の講義終えたら、決してやけっぱちではなく、そういう視点ももつべきかなあ、などと思いました。

最期が、
「基本的に政治に期待するなということが、現在の私の言いたいことです。どんなに素晴らしい政治家であっても期待するな、特に総理大臣や大臣になった時、その人が自虐史観を守らないと生きていけないという構造があるのです。だからまず民間が国家を乗り越えなければならないと思います。 そして国家を超えていくことです。 これが決定的なことであると思います。」と。

そういえば第二講の宮田昌明氏が、「日本は国際秩序への挑戦者だったのか」という題で、締めくくり、
「日本は民間主導で発展してきて、国家がそれを支え、安定的な社会秩序を作り、そして保護してきました。 それが戦争を戦う国民的負担を担える力となったし、戦後の発展の土台にもなっています。そこに世界との戦争を目指す構造的要因も主観的要因もなく、むしろ現在の日本の発展を理解する上で参考にすべきことが多くあるのだろうと思います。」

ここ、共通する部分がある。 
ねずさんが普段から、我々が自覚して、強くならないといけない、と言っています。それは日本の歴史を学ことで誇りを取り戻すことだと。

仰っていること、三人とも、同じ方向だと思うんですね。 民間が取り戻さないと。 民間が世の中を変える、そして政治家をも動かす、それが昔からの日本人のやり方だったのだと。
なるほどと思いました。

2016/03/18(金) 04:47 | URL | 寺島 孝 #-[ 編集]
No title
海外に住んでいます。いつだったか、反日情報で洗脳されたイタリア人が、「バターン死の行進」の話を持ち出してきたとき、こう私は言い返しました。
「だったら、全員殺せばよかったのですか。皆生きて帰ってるじゃないですか。」と。
相手は、「そんな!何てこと言うんだ。」とビックリしましたが、私は続けて、言いました。「そうすれば、わざわざ捕虜収容所まで歩かせる必要もありませんでした。日本兵だって大変だったのですよ。十分な食料がなかったのだから。」

相手は、インターネットで得た誤った知識で洗脳され、私が言うことなど、ことごとく否定するのです。活字で書かれていることは絶対だと思っているのです。

「ネットにたくさん書いてあるじゃないか。煙のあるところに焼き肉があるというだろう。」と言われ、「何もないところに煙を作ることはできるんだよ。」と反論しましたが、当時マッカーサーが放棄した米兵たちを全員射殺してくれていたらと、その時つくづく思いました。
2016/03/17(木) 22:35 | URL | marina #-[ 編集]
No title
なぜねずさんの仰ったことを日本の政治家は主張しないのでしょうか?
不思議でたまりませんし、情け無くてなりません。
朝日新聞の本多勝一〔在日〕が書いた『中国の旅』のお陰で、日本は従軍慰安婦並の貶めを受けています。一日も早く南京大虐殺の真実が広まって欲しいものです。
2016/03/17(木) 21:18 | URL | zipangu #-[ 編集]
事実は小説より奇なり
南京の虐殺があった、なかったの論争より「事実」を知ることが大事ではないでしょうか。南京事件の証拠として取り上げられる「ラーベの日記」には「目撃虐殺」は1件も書かれていません。

南京市民が逃げ込んだ「安全地帯」に日本軍は砲弾を撃ち込んでいません。
日記によると12月13日の投降時に逃げ帰った中国兵が私服に着かえ、民家を破壊してるのを見て「何故こんなことをするのか分からない」と書いています。

「中国兵が安全地帯の中に武器弾薬を持ち込み陣地を作っている」と怒ってもいます。日本人が書いた日記ではありません。有名な「ラーベ」氏が書いたものです。

とにかく、下記の動画を拡散願います。
1.https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4LbVeadjSbo
2.http://www.history.gr.jp/nanking/fukei.html
3.https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=S4W85wZWRds
4.https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=jEdR65Y6I7o
5.https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=JIK85r9bCVE
6.https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=VerWz6c2Dd4
7.https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=PbH2lWo6O2c
8.https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=G-wFWg4MyfA
9.https://www.youtube.com/watch?v=SNZ4ewk8hAs&feature=player_detailpage


2016/03/17(木) 15:17 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
No title
> 本来であれば、日本は、南京でも重慶でも、核爆弾でも落として一網打尽にすべきだったのです。

空襲や法爆撃に関しては便衣兵や暴徒の有無は関係ありません。ハーグ陸戦法規 第25条には「防守せざる都市、村落、住宅又は建物は如何なる手段に依るも之を攻撃又は砲撃することを得ず」とあり、逆にいうと軍事拠点を持ち、あるいは攻撃側に対して抵抗している都市、村落、住宅、建物は攻撃してよいことになります。

南京や重慶は明らかに防守都市であり、また攻撃目標は飛行場や防空銃座などでした(当時のことなので流れ弾はたくさんありました)。しかし、軍事拠点とは思われない住宅地やオフィス街を狙って、あるいは爆撃対象に入ることを知りながらそれを行うのは無差別爆撃の誹りを免れません。しかししかし、“無防備な人間の盾”を使って攻撃意図を挫こうとして被害者が出た場合は、防衛側の責任が問われるでしょう。
2016/03/17(木) 13:45 | URL | ショーン #-[ 編集]
No title
初めに、南京で日本軍はぎゃくさつをしたのではないと思います。
さつ処理または処分をしたことはあります。

日本軍は、南京において一般人が避難または安全な場所に移動できるように、事前に予告及び通知をしてから総攻撃を行いました。
そして、国民党軍はこれより前に、蒋介石や唐生智等の主要メンバーが避難(と言うより、逃亡が適切と思います。)し、兵隊もこれに準じて逃亡しました。中には、国民党の兵隊にその場で徴兵されて、兵隊にされた住民がいても、支那では不思議がなかったと思います。それに、逃亡する際には、事故死した者や督戦隊と戦闘した者もいたでしょう。

逃亡に失敗した者は、軍服を脱ぎ捨てて下着になったり、一般人の服を着たり(これは便衣兵であり、ゲリラに相当します。)、さらにはそのまま戦闘したり、捕虜になったりしたと思います。
日本軍は、戦闘し、捕虜を収容し、便衣兵を摘発しました。そして、その人数はを記録しています。
その後に、これを処分したこともあるでしょう。どこかで、その人数は18,000人余りと読んだことがあります。これらは、戦時の方正でぎゃくさつに含まれなかったと思います。それに、そのまま解放したことも、なかったとは言えません。

そして、南京の占領が終わった頃に、蒋介石は日本軍に20,000人をころされたと宣伝放送で発信しました。

ことは戦争中(宣戦布告はなかったと思いますが、国民党軍とは、南京事件の前に上海事変から戦闘を継続しています。)のことですから、ハーグ陸戦条約に応じたことを、日本軍は実行しています。
そして、民間人の被害は極少なく、なかったと言っても良いくらいだったとされています(客観的証拠がないため。)。

これは平時を考えると異常ですが、戦争と考えると普通のことだと思います。
2016/03/17(木) 12:52 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
さっそく在日工作員が湧いてますね。
戦後朝鮮進駐軍といって、日本人を虐殺したり強姦したのは事実ですよね。
在日朝鮮人が日韓紛争になれば、国防動員法で軍属になるのも事実ですから、殲滅の対象になるのは、あたりまえでしょう。今の平時でさえも、凶悪犯罪は殆ど在日絡みですし、日本中の神社仏閣で放火や窃盗を働いているくらいですから、紛争が起これば何をしでかすか分かったもんじゃないです。
おそらく、余命3年時事日記のことを気にしてるみたいですが、ここに書かれているのは全て事実ですから、在日にとっては、よほど都合が悪いのですね。
2016/03/17(木) 12:25 | URL | カズ #-[ 編集]
No title
歴史は作る物と認識している国は世界広しと言えども、お隣、そして斜め上の国ぐらいなものでしょう。

要は、世界が相手だろうが、何処が相手だろうが、そんなものお構いなし、嘘が常識の国です。
本当に関わりたくない国ですが、ほっときましょうで片付けられる問題ではありません。

言っても解らない、聞いても解らない、見ても解らない国であれば
我々日本国民が事実を知り、論破する以外に方法は無いそのように思います。
それには、日本人の我々が史実を知る必要があります。
知り得た知識を拡散、そして他にも個々が出来ることをする事が大切かと思います。
勿論、教育が悪いのは解っていますが、今は、今ある嘘の数々を論破する時だと思います。

余談です。
お隣、斜め上の国を見ていて思うことは、どの様な嘘を言っても、また、人の物と自分の物もお分かりにならない国なのに、何でああも自信と言うかプライドがあるのか不思議でなりません。

極論言いますと、馬鹿は馬鹿ですので馬鹿と言ったら、下手にプライドを持ってる人に限って、怒ります。
言うなればこの程度なのでしょうね。

よその国のプライドを言ってる場合ではありません。
有ること無いこと言われ、これほど日本が侮辱され続けているのに怒らない(今の日本を見てると、到底怒ってるようにはみえません)日本人のプライド、何処にいってしまったのでしょう?
その方がもっと深刻です、と言うよりまさに危機ですね。

>本来の日本に立ち返り、本来の日本を取り戻すときにきているのだと思います<
それこそがプライドであり、現況を変えることになる、そのように思います。

2016/03/17(木) 11:59 | URL | #-[ 編集]
No title
本日もためになるお話ありがとうございました。

昨今、朝鮮半島で北が南に進軍した場合や竹島で日韓紛争が
起きた場合、韓国は在日韓国人を含めて国民全員を軍属とするので、通名を使っている場合は、便衣兵として
殲滅が可能であると煽動する集団が、一部のネット界隈を跋扈しています。

南京の場合、日本軍が国民党軍を相手にしたことであって、
民間人の日本人が行ったことではないのに、
彼らには曲解されています。
通商事件では、民間人も闘った、それは自衛のためです。
なのに、細かいところを素っ飛ばして、まるで、
朝鮮進駐軍と称して日本人を虐殺強姦して回ったように、
日本人を非道に落とそうという策略です。
コソボでアルメニア人を虐殺して国を浄化した、見習おう。
ロシアはウクライナをうまく併合したが、マスコミを遮断したから、どんな非道も世界は知ることがない上手いやり方だ。
アメリカが核を落としたんだから、日本だけが国際法を守るのは馬鹿だ。などなど。

ねず先生の交遊範囲は見識の高い方々ばかりで、
そのような底辺の動きはご存知ないかもしれませんが、
少し、そういう輩が手ぐすね引いているのだと、
お心に留め置いていただけると幸いに存じます。

2016/03/17(木) 08:59 | URL | 警告 #-[ 編集]
No title
2016/03/17(木) 08:09 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク