アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


戦泥棒

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160415 鎧兜


最近のアニメ映画やテレビの時代劇などで、戦国時代の戦(いくさ)のあと、近隣の農家の人たちが戦場に転がっている武者たちから刀や鎧などを「盗みに」来る姿が描かれることがあります。
おそらくは日本に住んで日本人の名前を名乗る日本人でない監督やスタッフの勝手な思い込みなのでしょうが、実にとんでもない描写です。
死んだ兵の身ぐるみを剥いだ上、食べてしまうどこかの国では、それが常識かもしれませんが、日本には戦国時代にさえ、そのような習慣はありません。

なるほど戦のあと、近隣の農家のみなさんが、戦場となった場所にやってきたのは事実です。
けれどそれは、ちゃんとした理由があってやってきていたのです。
そもそもそこは、もともと彼らの田畑です。
そして、戦のあと片付け料も含めて、ちゃんとその費用を事前にもらっているのです。

戦国大名たちが戦をするときは、事前に戦場となるところを相互に打ち合わせ、あたり一帯の田畑の農作物を事前に買取ました。
ちなみにこのとき、主に田んぼを戦場にしました。
畑地は、あまり戦場には利用しませんでした。
これには理由があって、畑地には、かならず肥溜めがあるからです。

戦の最中に、万一、肥溜めに落ちて、重い鎧兜のためにそのまま沈んで亡くなりでもしたら、それはとっても残念なことだからです。
ですから、農家に依頼し、田んぼのなかにある畑などで、肥溜めがあるところでは、必ず事前に動かないようなちゃんとした蓋をしてもらっていました。

そして戦が行われれば、遺体の埋葬の手当も必要ですすから、それらの費用まで含めて、戦をする側が、事前に作物を高値で買取っていました。
ですから作物の買取費用には、
1 軍用食料の調達
2 戦場となる地域のメンテナンス(肥溜めの蓋など)
3 戦後の後片付け(遺体埋葬など)
4 鎧や刀、槍、弓など、先祖伝来の備品の郷里への送還
などの費用が含まれ、高値で買い取られるのが常識でした。


遺体が転がっていたままでは、そこで農業ができないのです。
ちゃんと後片付けもしなきゃならないし、彼らはそこで再び作物を育てるのです。あたりまえのことです。
戦場に転がる遺体は、そのまま放置しておけば、腐臭を発し、鳥や獣の餌になるだけでなく、寄ってきた獣たちは、こんどは農業を再開したあとの農地を荒らすようになります。
それに、時間が経ってしまうと、遺体は腐乱し、後片付けがしにくくなります。
ですから、戦が終われば、滞り無く、すぐに近隣の農家で力を合わせて、遺体や散乱した武器や幟などの片付けをしたのです。これまたあたりまえのことです。

日本では、遺体は鎧を脱がせてちゃんと埋葬までしています。
鎧を着たままの埋葬はしません。
埋葬は、火葬、土葬と、土地の習慣によってまちまちですが、火葬する場合は、鎧を着ていたら燃やすことができないのです。これまたあたりまえのことです。

そして、脱がせた鎧や武装は、ちゃんと持ち主の家族に送り届けています。
だから、鎧を脱がせる。これまた当然のことです。
武士たちの「もとどり」、つまり「ちょんまげ」にも理由があります。
遺体を遠くまで送り届けることはできないから、髷を切って、それを、鎧や兜、刀槍などと一緒に送り届けていたのです。

田舎の、すこし古い家ですと、いまでもご先祖の鎧をお持ちの家があります。
その祖先は、必ずしも戦で生還したご先祖ばかりではありません。
戦地でお亡くなりになったご先祖もいるのです。
けれど、その「戦地で亡くなったご先祖」が着ていた鎧は、ちゃんと持ち主の家に帰ってきているのです。
それがなぜかといえば、答えは簡単です。
「戦場の近隣の農家の人たちに、ちゃんと送り返してもらっていた」からです。

それができるだけの物流網があり、だから諸国の街道が整備されていました。
勘違いしているどこぞの半島が、日本が統治するまで、諸国をめぐる街道すらなかったのとは、段違いです。
現代のわたしたちは、産まれたときには、すでに道路網が整備された環境にあって、道路なんていうものは、「そこにあるもの、あたりまえのもの」と勘違いしていますが、実はすべての道路は、必要があって、誰かが造ったものです。

それをまるで泥棒でもしていたかのように描写するのは、おそらくその番組のプロデューサーか監督が、日本ではないところの出身者としか考えられません。
まさに、戦泥棒(いくさどろぼう)を映像化することは、歴史の捏造そのものでしかないのです。

そもそも戦泥棒が出るというのは、遺体からの泥棒が悪事と認識されず、民衆が貧しくて貧困に置かれていて、民衆の生活の根幹になる農地などを、民間の都合を無視して勝手にそこを戦場にする不届き者が、民衆の上に君臨している場合に限られます。
そして、まさにそういう状況にあった大陸やどこかの半島では、戦泥棒はまさに社会の常識でした。
それと日本を同じにしてもらいたくないと思います。

そもそも世界中、多くの国において、道路は「軍用」に造られましたが、日本では古代からすべての道路は民生用に造られています。
そして飛鳥奈良平安の昔から、日本では民間の物流機構が整えられていました。
そのために、駅ができ、宿もうまれ、道路網の整備によって、お伊勢参りや、京都御所を守る御垣守(みかきもり)などの参内旅行が庶民の憧れとなり、民間の湯治などの温泉旅行や紅葉見物、花見などが観光地として盛んに行われるようになっていました。

要するに、戦にでかける武士たちは、鎧兜に名前と住所を書いておきさえすれば、自軍が戦に負け、全員、野に散ったとしても、鎧も兜も、先祖伝来の大切な刀も、ちゃんと生家に送り返してもらえる。
鎧の中に、辞世の句を縫いこんでおけば、それもまたちゃんと送り届けてもらえる。
それだけの国柄が、日本ではすでに中世において、しっかりと確立していたのです。

戦場の近隣の農家のみなさんも、事前にお金をいただいており、ちゃんと約束を守る人たちだったからこそ、遺体の処理もちゃんとしてくれたし、遺品も送り返してくれました。
そういう高い民度をもった国が日本なのです。

ただ、どうしても、名前がなかったり、戦場に散乱してしまったために、誰のものなのかわからなくなってしまった刀剣や槍などが生じることがあります。
こうした誰のものかわからないものは「いつか所有者の家族が現れるまで」と、ずっと庄屋さんなどが保管しました。
刀も槍も、鉄製品ですから、保管は実はとてもたいへんなものです。手入れしないと錆びてしまうからです。
何年も保管して、所有者の現れなかった刀剣等は、ですからやむをえず、そこではじめて古物商に売却されました。

これはこれであたりまえのことで、戦が終わって刀剣が大量に散乱している時点で古物商に売ったとしても、十把一絡げに一山いくらでしかひきとってもらえません。
ちゃんと所有者の家族のもとに返し、残り僅かなものとなってからの売却だと、逆に高く売れる。
人の世の中なのです。
いまも昔も、そういうことは何も変わりがありません。

それにしても、メディアにしても大学の教授さんたちにしても、いい加減、目を覚ましていただきたいものです。
そもそも「階級闘争史観」などいうものが登場したのは、19世紀のことです。
それ以前の日本には、そもそも「階級闘争」なるもの自体が、存在しなかったのです。

かれらがよく引き合いにだすものに「下克上」がありますが、下克上という言葉は、もともとが6世紀の支那の隋の書物に見られる言葉であって、もともと日本の概念ではありません。
用語としては日本でも、14世紀頃以降「下克上」という言葉が使われるようになりましたが、その多くは、既得権益を守るために権力と戦う連中が落書において、やや揶揄的に「下克上」と書かれたにすぎません。
戦国期における「下克上」の事例として、室町幕府によって任ぜられた守護大名を廃位して、別な者を大名に据えるということは、よく行われましたが、この場合においても、ほとんどのケースは、その守護大名の親族が後任の大名になっています。

要するに日本における下克上は、室町以来、あるいは鎌倉以来の家柄に安住して民を顧みない主君がいたときに、その家臣団が一致団結して、その主君を引きずり下ろして、別な者を主君に据えたものだし、それが何のために行われたかといえば、主君その人よりも、民・百姓の生活の安定を大切にしたからこそ、それがわからないお馬鹿な主君がいれば、これを家臣が廃位したのです。
とりわけ戦国期のような戦いが頻発した時代にあっては、頭領には人々をまとめあげるだけの器が必要だったし、それがなければ、国が滅び、治安が乱れて民が困るのです。

つまり日本における「下克上」は、階級闘争として行われたものではなくて、あくまでも国を守る必要に駆られて、民を守るために行われたものという性格を持ちます。
階級闘争は、下の者が上の者を殺して、権力を奪うことですが、日本における「下克上」は、お祭りを盛大なものにするために、担ぐお神輿を立派なものに変えただけのものであって、祭りは祭りでしかないのです。

たとえれみれば、古くからある村の祭りを止めにしてしまって、鼓笛隊パレードに変えてしまうのが階級闘争です。
支那の下克上は、まさにそれにあたります。
だから易姓革命です。
統治者の姓が易(か)わるのです。

これに対し、日本で「下克上」と呼ばれたものは、お祭りを保持するために、お神輿を立派なものに造り替えるというものです。ですから階級闘争史観では、説明のつかないことなのです。
説明がつかないものを、無理やり歴史認識にしようとするから、そこに無理が生まれます。

戦のあとに、貧民達が現れて、亡くなった武士たちの身ぐるみを剥がすと描写しますが、仮にそうであったとするなら、剥がした連中は、その剥がした物品を、どうしたのでしょうか。
転売したのでしょうか。
転売するなら転売するで、それなりの流通市場が確立していなければなりません。
流通は、貧困の社会では成立しえませんから、そうなると、身ぐるみを剥がしても、剥がした物品は売れません。
売れないのに剥がす?
自分で使うためですか?
立派な鎧を、武芸のわからないお百姓さんが着たとしても、世間の笑いものになるだけです。
鎧を盗んだお百姓さんは、その鎧を着て、コメディアンでもやったとでも言うのでしょうか。
ここはそもそも震災のあとですら泥棒のでない日本なのです。

戦後生まれの私達は、実にとんでもない大嘘を刷り込まれてきたものです。
しかし何年経っても、どれだけ多くの本に書かれたとしても、どんなに「権威ある偉大な大学教授」が書いたとしても、ウソはウソです。

私達は真実に目覚め始めています。
民衆が真実に目覚めることは、誰にも止められることではありません。


※この記事は、2014年12月の記事のリニューアルです。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
大変おもしろく読ませていただきました。
ただ数点の疑問点があります。

・戦場では非常に多くの戦死者が出ますが、農民がどのように素性を調べ上げて、どういう手段で遺品を送り届けたのでしょうか?

・『大陸やどこかの半島では、戦泥棒はまさに社会の常識』とまことしやかに書かれていますが、半島のような貧困の社会では流通は成立しえませんから、そうなると、身ぐるみを剥がしても、剥がした物品は売れませんね(戦が終わって刀剣が大量に散乱している時点で古物商に売ったとしても、十把一絡げに一山いくらでしかひきとってもらえませんし)。
売れないのに剥がす?
自分で使うためですか?

以上。
ご教示いただければ幸いです。
2016/10/02(日) 03:14 | URL | #-[ 編集]
どこでその真理にたどり着きました?
この話のソースはどこですか?
それを教えてくれるとありがたい
2016/05/25(水) 13:26 | URL | ハルカ #bBmFigmc[ 編集]
最近の時代劇はおかしい
ねず様 時折 貴ブログを拝見して
真実の出来事を
学ばせて頂いて
おります
 今の30代の働き盛りの青年やご婦人と話をしますと「戦争に負けた日本が悪い」と主張します。
 完全に「自虐資観」に侵されており、日本より海外(欧米)の価値観を信用している様子です。
日本の教育を改めないといけませんね
日本を代表する【NHK】からして「反日意見」ばかり報道している始末。 私は悔しいです
2016/04/17(日) 15:06 | URL | ムーミン親爺 #-[ 編集]
日本人はテレビドラマを史実と信じ込むような真似はしないと思いたいです。
しかし、さも時代考証しているとされたら不明です。
戦後の日本人弱体化自虐史観を刷り込まれて、それは実は違うと日本人が目覚めだしたのはここ最近と思います。
戦の有り様について、史実や事実とテレビドラマの違いを、ねずさんが知識を得られた文献などを紹介しながら、本などにまとめられているものはございませんか?
戦後の自虐史観からの教育で、皇室への畏敬を持たず、日本が悪者史観をずっと根深く刷り込まれて来たのを払拭するために、ちゃんとした事実や史実を学びたいです。
2016/04/17(日) 09:24 | URL | 国民 #-[ 編集]
騙されることを恐れるな
田母神さん逮捕について、ふと気づいたことですが、田母神さんを批判している人を見ると、オレオレ詐欺にあった親を批判してる子供と同じように見えます。日本人はもともと人がいいので騙されやすきところがあると思います。しかし、それが日本人のよさでもある。最初から騙されないように身構えることは、自分の周りに囲いを造り、結局自分さえよければという気持ちになっていると思います。これは、戦後の個人主義と家に鍵をかけるようになったことにも関係しているような気がします。後、日本人は察することができますが、昔の人は本当に相手と心がひとつになり相手の心が分かったけれど、最近の日本人は自分で勝手にそう思い込んでいるだけで、誤解している人が多いようにな気がします。そのために誤解から相手を憎むが、相手は何で怒っているのか分からずに結局対立してしまっているような気がします。
2016/04/17(日) 05:14 | URL | hiyo #Ldyc1/3I[ 編集]
No title
いや、プロデューサーにしても何にしても、もはやそんな事知らないよ
知らないで作ってんだと思う

けしかけたのは、確かに外国人(まぎれも無く朝鮮・中国・アメリカ)だと思うけど、残念ながら定着しちゃってるよね
肥溜めの話は本当に面白かった、こういう実例を挙げて解説してくれるから、小名木さんは有難い
だから、なる程そうだよねって事になるんだよな

でも、これは、TV始めとしたメディア関係者には知られる事すら無いんじゃないかな
知られても、改める事は一切無いだろう
なんせ、それを支配してるのが、もはや日本人では無いんだから
同時に一斉に潰れでもしない限り無理だ
連中、改心なんかするようなタマじゃないしね
2016/04/16(土) 19:11 | URL | #-[ 編集]
No title
名作の誉れ高い「七人の侍」の影響じゃないでしょうか。侍が救う農民たちが死体から鎧を剥ぐ、というか落ち武者狩りを行っていたという。これも嘘なんですか?確かに維持管理や換金などを考えると理に適いませんね。
人間の醜さを描けばリアリズムだの芸術性だのがあると、高尚なものとして映画賞をもらったたようですが、事実とは違い芸術ぶってただけなのですね
2016/04/16(土) 14:09 | URL | #-[ 編集]
地震の被害に遭われた方のお見舞いを申し上げますとともに、犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。
村山内閣(社会党)のときの阪神淡路大震災、菅内閣(民主党)の東日本大震災、
先の大戦で亡くなられた方々、
その犠牲があって日本を取り戻し、植民地解放の成果があったと思うと、
大局的に考えさせてもらったとき、人びとの尊い命の上に日本の安定がもたらされたと思えるのですが、
今回の九州を襲った大地震も、神様が日本に結界を張ったと思えてなりません。
神社も多くが倒壊してしまいましたが、身を粉にして阻んでくれたのと。

犠牲が出てしまって大変気の毒ではあります。
ただ、逆に半島の火山が噴火したら漂流民として押し寄せて来そうですし。
科学的な歴史検証には載らない、偶然が重なってずっと日本が日本として守られてきた、歴史上の出来事なのかもしれません。

ご遺族で、不愉快な文章に感じられましたらどうかご勘弁を。
ねずさま、拙文(拙文どころじゃない!)をいつも載せてくださりありがとうございます。お目汚しの連投お許しください。
2016/04/16(土) 12:02 | URL | 菊 #J9KrKsHg[ 編集]
不敬な事で済みません・・・
ねずさんのおっしゃることは、知弱な私でも心に落ち、拙い私にも納得できることが多いので、知らないことを教えて頂き、いつも感謝をしているのですが・・・
今日読んだお話は、今まで一度も聞いたことが有りません。文献などが有りましたらお教え願えませんでしょうか(出来るだけ平明な書物が良いのですが)。
2016/04/16(土) 11:53 | URL | 悲しい爺 #-[ 編集]
No title
戦国時代の戦の後始末、鎧・兜や刀剣、亡くなった人の弔いについて、現代を生きる者にとっては分からないことばかりです。明快な説明をありがとうございます。

これに加えて、それぞれの戦場において、負傷者は多かったのでしょうけれど、亡くなる人は意外に少なかったと思います。

また、庶民の暮らしぶりについてですが、本当のところ、どの程度に豊かだったのか、貧しかったのかも分かりません。

幼い頃は、時代劇の映画が多かったのですが、最近はそれが減りました。
テレビや映画の時代考証がどれだけ正確なのかは分かりませんが、私のような者にとっては、これに頼る部分が大きいのです。(これで、それぞれの時代のイメージができていると思います。)

ところで、最近20年位でしょうか、従来とは相当に異なることが多いように思います。これは、作家や脚本家によるものか、その他の要因によるものかは分かりませんが、役者の話す言葉が「~ござる。」から「~です。」に変わった頃かも知れません。


考えてみれば、「やあ、やあ、遠とうからん者は音にも聞け~」と戦場で大声をもって敵を探した民族です。
あらかじめ戦場で思い切り戦うために、事前に田畑の持ち主に了解を取り付けておく位の準備はしていますよね。
2016/04/16(土) 10:44 | URL | ポッポ #/5dmJF4E[ 編集]
No title
以前、自分が駅で切符を落してしまい、
気づかず立ち去ろうとしていたときに、
近くの少年に拾ってもらったことがあります。
非常に助かりました。

他にもうっかり物を落して「いま何か落ちましたよ」
と声をかけてもらったこと何度かあります。

スキー場に行くとスマホを落す人よくいます。
拾って渡したこともありますし、
気づいて拾ってあげている人も何人か見ました。

携帯電話や財布や貴重品を落してもまわりの人が気づいて、
持ち主へ戻されるところを何度か見たことはありますが、
それを奪って持ち去ろうとしている人を一度も見たことがありません。

日本国内では財布や貴重品を落しても
本人のもとへ帰ってくることはよくあることです。

東日本大震災でも津波で流された金庫や貴重品がほぼ完全な状態で
本人のもとへ返されることは珍しいことではありませんでした。
でも海外では落ちている金品は奪い去らないことのほうが珍しいんだそうです。

日本人はずっと昔からそうだったんですね。

でももし昔の人がちゃんと出来ているのに、
現代人がしっかり出来ていなかったとしたら、
ちょっと恥ずかしいですね。
2016/04/16(土) 08:04 | URL | #-[ 編集]
No title
2015年の10か月で、すでにこれだけの仏閣・神社を狙った犯罪が発生! もちろん、彼らの仕業だ。
http://ameblo.jp/ray-sakanoue/entry-12083607031.html
2016/04/16(土) 08:01 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
戦後の常識や価値観こそ、リセットしよう
アメリカを支配している人達は、日本人のことを徹底的に研究した上で日本人の改造計画を実行したような気がして来ました。それほど日本人に脅威を感じたのか?なんか、学校で習ったことや新聞やテレビで知った内容が全てマインドコントロールの対象だったのか?今現在の日本は、実際に日本人であることを好きになれず、自分自身のことにも自信が持てなくなっているような気がします。
2016/04/16(土) 06:43 | URL | hiyo #Ldyc1/3I[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク