アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


須佐之男命のオロチ退治に学ぶ人の上に立つということ

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160510 八岐大蛇


10日の記事で「宇気比(うけひ)の勝負」をご紹介したのですが、ここまでですと、まるで須佐之男命(すさのおのみこと)が、悪者みたいですが、決してそうではないということを、今日は述べたいと思います。
基本的に「古事記」は、神々の成長の物語として描かれています。
成長の物語ですから、最初は、決して出来が良いとはいえなかった神様が、いろいろな出来事を経由して、偉大な神様に成長していく姿が描かれています。

須佐之男は、後には日本最初の和歌を詠んだ神様であり、また日本刀の源流を生んだ偉大な大神様となる方です。
それだけに、最初は様々な葛藤が描かれているわけです。
このことが意味していることは、きわめて大きなものです。
人は「変わる、成長できる」ということだからです。

人生に失敗はつきものです。
若い頃など、ハミ出してばかりですし、ある程度の年齢に至ってからの失敗は、取り返しがつかないものです。
その失敗やハミ出しを、当時に戻って取り返すことはできません。
しかし、矜持を失わないことで、別なカタチでその失敗を取り戻していくこと。そこが大事だということを教えてくれています。

さて、前回お話しましたように、高天原で様々な悪さをした須佐之男命は、立ち上がった八百万の神々によって、高天原を追放されます。
この追放されたときの様子がすさまじいです。
千位(ちくら)の置戸(おきど)を負わせ、鬚(ひげ)を切り、手足の爪を抜いたと「古事記」には書かれています。

千位の置戸を負わせたというのは、千台の車駕に乗るほどの莫大な過料の支払いを命ぜられたということです。
髭を剃られたというのは、神様としての霊力を奪われたということです。
手足の爪を抜いたというのは、罰として痛みを与えられたものです。

須佐之男命は、莫大な過料の支払いを命ぜられていますが、神様としての霊力を奪われ、両手両足の爪をはがされて、肉体的にもボロボロの状態にされているわけです。
そんな状態でどうやって過料を支払うのか、と疑問に思うほどですが、実は、須佐之男命はこれをきちんと全額高天原に支払っています。
それだけではなく、わが国最初の鋼鉄製の日本刀である草那芸之大刀を天照大御神に献上さえしています。
霊力を奪われた状態で、それだけのことを、実は須佐之男命は、ちゃんと実行しているのです。
並の迫力ではありません。



では、どうやってその支払を済ませたのかと言うお話が、実は、八俣遠呂智(やまたのおろち)の物語です。

須佐之男命の八俣遠呂智退治の話は、絵本などでは颯爽(さっそう)として帯剣した須佐之男命が、勇敢にオロチに立ち向かう姿に描かれることが多いのですが、実は「古事記」では、それとは正反対に、両手両足の爪を剥がされ、髭も剃られ、服はボロボロ、まるで乞食同然の姿で、地上の斐伊川の河原に須佐之男命が降り立つところから物語がはじまります。

川上から箸(はし)が流れてくるのを見た須佐之男命は、きっと川上に人が住んでいるに違いないと、川を遡るわけです。
そして奥出雲の鳥上村にたどり着きます。
そこで村人から、村の窮状を知らされるわけです。

その内容は、「我が女(むすめ)は、もとより八椎女(やおとめ)在りましたが、高志(こし)の八俣遠呂智(やまたのおろち)が年毎に来て喫(の)んでしまいました。今またそれがやって来る時」というわけです。

八俣遠呂智というのは、『日本書紀』では「八岐大蛇」と書かれています。
読みは同じ「やまたのおろち」です。
『日本書紀』ではあきらかに「大蛇」と書いているわけです。

ところがなぜか『古事記』は「遠呂智(おろち)」と書いています。
原文を見ますと「是高志之八俣遠呂智(此三字以音)」とあります。
「以音」というのは、「遠呂智」は書いてある漢字には意味がなくて、これはただの当て字ですという意味ですから、要するにカナの「オロチ」というわけです。

では『古事記』を書いた太安万侶が「蛇」という漢字を知らなかったのかというと、そんなことはありません。
大国主神神話のところでは、若いころの大国主神(大穴牟遅神)が、蛇の部屋に閉じ込められたというところで、ちゃんと「蛇」という漢字を使っています。
つまりここでは意図して「遠呂智」と書いているわけです。

では「八俣遠呂智」の「八俣」とは何かというと、「八」は「数えきれないくらいたくさんの」という意味です。
それが「俣」ですから、「数えきれないくらいたくさんに枝分かれした」という意味です。
つまり「数えきれないくらいたくさんに枝分かれしたオロチ」だというわけです。

では「オロチ」とは何でしょうか。
その疑問に対して、鳥上村の足名椎(あしなつち)は次のように答えています。
「目は赤加賀智(あかかがち)のようで、
 身一つに八頭八尾が有り、
 身には蘿(こけ)や檜(ひのき)や杉が生え、
 その長さは八つの谷八つの丘を渡り、
 その腹を見れば、ことごとく常に血でただれています」
(原文=彼目如赤加賀智而、身一有八頭八尾、亦其身生蘿及檜杉、其長度谿八谷峽八尾而、見其腹者、悉常血爛也)

「目如赤加賀智而」は、目が赤加賀智(あかかがち)のようだということです。
「赤加賀智」は赤いホオズキのことです。
つまり真っ赤だということです。

「身一有八頭八尾」は、体(胴体)がひとつで、たくさんの頭、たくさんの尾が有るという描写です。
これについて、ヤマタノオロチは八つの頭、八本の尾と描写しているものがありますが、繰り返しになりますけれど「八」は「たくさんの」という意味で、実数ではありません。

「其身生蘿及檜杉」の「蘿」というのは日陰の葛(カズラ)のことで、シダ類の植物です。
「及檜杉」は、「およびヒノキやスギ」ですから、八俣遠呂智の体には、葛(かずら)が生え、ヒノキやスギまで生えているということになります。
「其長度谿八谷峽八尾而」は、その身の長さは、たくさんの谷や丘を渡るほどだということです。
「見其腹者、悉常血爛也」」は、その腹を見れば、ことごとく常に血でただれているというわけです。

「オロチ」が意味するものについては、古来、様々な議論があります。
奇形の蛇だという説から、ドラゴンのような怪獣説、オロチとオロシャが音が似ているので、ウラジオストックなどのロシア方面からやってくる異民族の海賊だという説、あるいは洪水説、河川説もあり、どれも決め手に欠けているようです。

ところが、この物語の場所である鳥上村は、いまでも奥出雲にちゃんと現存する場所です。
そしてその鳥上村を上空から見ると、そこはまるで脳細胞のシナプスのような形をしています。
四方八方からたくさんの川が流れ込み、その流れこんだ川が、盆地内でさらに複雑に枝分かれし、最後は一本の川となって、流れ出ています。

もともと盆地というものは、大水のたびごとに山の峡谷に土砂が流れ込み、これが堆積してできるものです。
つまり鳥上盆地のように、あちこちから川が流れ込んでいるような山あいの土地は盆地が形成されやすい場所でもあるのです。
そのかわり、そうしてできた盆地は、もともと洪水に弱い土地となります。
とりわけ鳥上村のように、四方八方の水源地から水が流れ込んでくるような土地では、その悩みはひとしおです。

人が生きるためには、食料の確保が不可欠ですが、その食料をつくるための田畑が、毎年の洪水のたびに、作物ごと全部流されてしまうのです。

実は、昔は、このように土砂災害に弱い土地を「愚地(おろち)」と呼びました。
あるいは「悪露地」とも書きます。
いまでもパソコンで「おろち」と入力すると「愚地」や「悪露地」という漢字がちゃんと出てきます。
悪露は、妊娠などの際の悪露(おろ)という言葉にも出てくる言葉で、悪いものが堆積することをいいます。

まさに鳥上村の盆地の形状は、「たくさん川が流れ込む愚地(おろち)」なのです。
そして鳥上村が「愚地(おろち)」なら、毎年「八俣遠呂智」に飲まれたという「八椎女(やつちめ)」は、鳥上村の田畑のこととわかります。
そしていまある田畑が櫛名田比売です。

また、八俣遠呂智は、目が赤いホオズキのように真っ赤だというのですが、もともと鳥上はタタラ製鉄が行われていた土地です。
昔は近隣の山から鉄鉱石がよく採れたところでもあります。
鉄鉱石は表面に赤錆が浮きますので、真っ赤になります。
土も、鉄分が多いと錆が出ますから、土が赤くなります。

「八頭八尾」も、上流でたくさんの水源地から水を集めた川が、四方八方から鳥上村に流れ込み、さらに盆地内でその川が、いくつもの支流に分かれて暴れ川となっている様子そのものです。

そして鳥上村をさんざん荒らした川は、盆地から出るときは斐伊川一本だけになるのです。
遠呂智の胴体には、葛やヒノキやスギが生えてとありますが、これも川のことなら、川の流域にはそれらの草木が生えています。身の丈がたくさんの谷や丘を渡るという描写も、川ならば当然です。

つまり八俣の遠呂智は、四方八方から川が注ぎ込んでいる愚地(おろち)の鳥上盆地のことということがわかります。
そして「八椎女(やつちめ)」は、盆地で過去に洪水の土石流によって飲み込まれた田畑、「遠呂智」は「愚地」で、毎年の土石流災害に悩む鳥上村そのもののことを言っているわけです。

足名椎は遠呂智の腹について、「血でただれているようだ」と述べていますが、土石流が赤土を多く含めば、まさに土石流は赤い川になります。

要するに、須佐之男命がやってきた鳥上村は、ものすごく水に弱い愚地の盆地だったわけです。
そこで須佐之男命は、堤防をつくり、水門を築き、盆地の土地改良を行います。
これによって、鳥上村は肥沃な盆地へと生まれ変わり、作物の収量が大幅に増加します。

そしてその増加した作物を、まさに千の車駕に乗せて、高天原に須佐之男命は支払っているわけです。
また、鳥上村は、もともとタタラ製鉄を行う土地です。
そこで生まれた玉鋼(たまはがね)によって、素晴らしい名刀である草那芸之大刀をつくり、須佐之男命は、これもまた高天原に献上しています。
そして草那芸之大刀は、わが国の三種の神器のひとつとなりました。

鳥上村にやってきたときの須佐之男命は、まさにボロボロの姿です。
ほとんど乞食同然というより、乞食そのものの姿になっていました。
けれど、須佐之男命の心は、決して挫けてなどいませんでした。

むしろ、そのボロボロの状態の中にあって、矜持を失わず、人々の暮らしの安寧のために、最大限の努力を惜しまずに行い、それによって課せられた罰金も支払い、草那芸之大刀によって高天原との和解も実現し、その上で、地元の櫛名田姫を妻とし、八重垣をめぐらした立派な御殿を建てて、民衆の守り神となっています。

男が仕事をしていれば、必ず、どうしようもないボロボロの状態に身を置かれることというのが起きます。
これは必ずやってくることです。
しかし、たとえ身がいかに悲惨な状態になろうとも、心の矜持は失わず、人々のためにできる精一杯の努力を続けていく。

おそらくは、乞食同然のボロボロの姿であった須佐之男命に対して、村人の中には、これを疑う者もいたことでしょう。
あるいは、堤防工事の厳しさに、文句をいう人もいたことでしょう。
けれど、どこまでも人に対する愛情を失わず、人々のためにやると決めたことは最後までやりぬく。

やりぬいたからこそ、須佐之男命は歴史に名を遺し、偉大な大神として祀られる存在となったのです。
そして須佐之男命が遺した和歌、そして太刀は、どちらもいまなお日本の宝であり、民族の誇りです。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
須佐之男命さまは、一本気で優しい大神さまです。
そして、あらぶる(現ぶる、荒ぶるではなく)神さまです。
ただ、その優しさが勢い余って騒動を起こしてしまったのではないでしょうか。
純粋に姉君に挨拶し、ことの経緯を伝えようと天界に昇られたが、あまりの様子に天の神々さまは警戒し疑いを持たれた。
なので、天照大御神さまと須佐之男命さまはうけい(誓)を持って潔白を証明された。
その後、天界で様々な騒動が起きましたが、これは須佐之男命さまが天界に来たことによって、隠れていた天界の穢れが表に現れた。
そして天界の神々は自分たちの穢れや罪の発覚を恐れ、須佐之男命さまに罪をなすりつけ、刑罰した。
弟君の現ぶる性質を知っている天照大御神さまは、これを見て、岩戸の内にお籠りになった。神々さまに反省し、改心して欲しかったからです。
しかしその後、天の神々さまは天照大御神さまに岩戸から出てきてもらうために、計略し、強引に大神さまを引き出した。困っていて仕方なかったとはいえ、方法には疑問が残ります。

八岐の遠呂智は、八方に拡がる知ではないでしょうか。
「数えきれないくらいたくさんに枝分かれした」実のない知、なやみや迷妄、迷い。欲望と策略。目は血走り、腹には争いの意図。スギ(過ぎ、強欲)やヒノキ(火の気、欲望)。
それに対し富士は「不二であり全ては一つ」、実の伴った知、思いと言葉と行動の一致した真(まこと)。調和。
須佐之男命さまは八方に拡がる強欲の知を断ち、不二に立ち戻る道を示されたのではないかと思います。
草薙の剣は草(欲)を薙ぎはらう力の象徴なのではないでしょうか。

櫛名田比売は奇稲田姫でもあり、隠稲田姫でもあるのではないでしょうか。須佐之男命さまの現れるに対して、隠れである櫛名田比売さま。
そうだとすると、素晴らしく相性の良い夫婦神さまですね。
あらみたま(現)、くしみたま(隠れ)、にぎみたま(和)、さきみたま(分)。

以上、ツラツラと私見を書かせていただきました。
ねずさん、みなさま、いつもありがとうございます。
弥栄ましませ弥栄ましませ。
2016/05/31(火) 01:13 | URL | とほりすがり #-[ 編集]
No title
日本教文社から出ていた「古事記と現代の予言」の中に
遠呂智とは遠きロシアの智慧の事であると書かれています。
肥河上は〝日の源〟即ち日本であります。
神話は、時間を超越した世界にある心的原型を、古代人が感受して象徴的に表した物語であり、古代に伝えられた象徴物語に、現代の模型があるそうです。今は絶版となった本ですが、ねずさんに読んでいただきたいと思います。
2016/05/14(土) 23:58 | URL | #-[ 編集]
No title
八岐大蛇は土地と、製鉄に従事する者達だろうと思っており、櫛名田比売は人と解釈していたので、今回の解釈はこれはこれで面白いなと感じましたね。
むしろ、しっくりします。
櫛名田比売が田畑とは考えませんでした。

須佐之男命が接触したのは、一家ではなく村の様な集団だったと解釈すると、たかが老夫婦があれだけの酒樽を揃えられた事も納得出来ます。
現地にも行って見ましたけれど、確かにあそこの地形はねぇ…。

須佐之男命ですが、この高天原の一件と八岐大蛇の一件の間に、どういった心の変化があったんでしょう。
そこが常々知りたいと思うところです。
2016/05/14(土) 11:55 | URL | #-[ 編集]
日本神話の興味深い一説
日本神話について我々は知るということは必要不可欠であります。その上で著者のお話は十二分に価値のあるものであることは間違いありません。
その上で、実は日本神話には裏にとても重要な事柄があるという一説をご存知ですか?日本神話に興味を持とうとする方は、こういう話もあるんだーと、読んでみてください。
日本神話は実は未来史であるという一説がまことしやかにあります。
聖徳太子をご存知ですか?彼には不思議な力があると言われており、予知も出来たという話もあります。そんな聖徳太子ですが、実は未来をよげんしており、書物に残したという話があります。その書物は時の権力者によって内容はうしなわれてしまってしまいます。
しかし、聖徳太子はそれも予見しており、日本神話として決して未来予知の内容を奪われないようにしたという話です。
実は、かの楠木正成も、天皇のために戦うと決めた時、神話にある、ある部分より戦い抜くと決めたのだというのです。多くは省きますが、あるさかなの化け物と対峙する話で、北条家の鱗の家紋と重ねた話となされています。その魚との激闘の後、「短いの平安と長い混迷の時代が続く」という戦国時代を表しているという話です
また、イザナギ、イザナミの黄泉の話は、イザナギという汚れに包まれる、現代の文明社会に汚される日本を描いているとも言われています。
嘘か本当か、私には判断しかねるものでありますが、もしよろしければいろいろこういう面白みもある、と見ていただきたいと思います。
後付けだろうという方も多いでしょうが、そういう話からでも日本神話に触れていただければと思います。
2016/05/13(金) 21:56 | URL | 愴意 #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
スサノオ大神さまは神界から地獄界までも
往き来できる唯一の神霊なのだそうです。
地獄界の閻魔大王もスサノオ大神の分神だときいた事があります。織田信長の先祖はスサノオ神社の神主の家系で第六天魔王(スサノオ神)からの御告げで天下統一へ踏み出したと信長自身が言っていますね。
スサノオ神の分け御霊を頂いている強い人間でないと今の惰弱な日本を立て直す事は
不可能かもしれませんね。
2016/05/13(金) 09:48 | URL | #-[ 編集]
No title
日教組の正体:時系列
http://bewithgods.com/hope/jiji/nikyouso.html
2016/05/13(金) 07:07 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク