アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


十七条の憲法はなぜ十七条なのか

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160710 聖徳太子


十七条の憲法はなぜ十七条なのか。
このことに興味を持つ人は多いらしく、yahoo知恵袋などにも設問と答えが並んでいます。

いわく、
◯8と9と17は、縁起が良い数字だから。
(なぜ縁起が良いのかは不明)
◯七緒(ななを)が「たくさんの紐」で、これに人握りを意味する「十」を加えた。
(だから何のために?、目的は何?)
◯十七が、割り切れない素数だから。
(素数は他にもありますが。。。)
◯十七は、中国で神聖な数とされていたから。
(なぜ神聖なの?具体的に何経でそのように説かれているの?)

要するにいずれも、これという決め手に欠けた解説しかしていません。
17条であるということは、これが日本初の憲法である以上、必ずそこに誰もが納得する具体的な根拠がなければならないのです。
ではその理由は何だったのでしょうか。

実は答えは極めてシンプルであり、誰の眼にも明らかです。
そしてかつてこれは、考えるまでもない常識でした。
記紀に書かれた創世の神々の数が、17柱なのです。
ですからそれにちなんで17条の憲法にしています。
そしてその17条は、それぞれ、創世の神々と相対しています。

十七条憲法が制定されたのは西暦604年です。
それまでの支那は、小国が分立して覇権を競い合う状態が400年以上も続いています。
彼らが彼ら同士で争っているうちは、日本にとってなんの脅威もないのです。
ところが589年に、隋という巨大な軍事帝国ができあがりました。
そして隋は、次々と周辺国を脅かし始めていました。
そうしたなかにあって、我が国がひとつの国としてまとまり、独立自尊を保とうとして604年に公布されたのが、この十七条憲法です。

一方、記紀が編纂されたのは、そのおよそ100年後ですが、あたりまえのはなしですけれど、創世の神々は、記紀によって想造されたのではありません。
もともと上古の昔から語り継がれ、神代文字で書き記されてきたものを、あらためて漢字を使って書き表したのが記紀です。
古事記序文にそのように書いてあります。

その神話の冒頭には、天之御中主神に始まる17柱の神々が記されています。
そして十七条憲法は、各条項の意味も、17という数も、そのまま創世の神々に対応しています。





創世の神々は、まず特別な天の神様として5柱の神々がおわします。

初代 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
二代 高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
三代 神産巣日神(かみむすひのかみ)
四代 宇摩志阿斯訶備比古遲神(うましかしかひひこちのかみ)
五代 天之常立神(あめのとこたちのかみ)

天之御中主神は、文字通り、天空のど真ん中の神様です。
ありとあらゆるものの中心です。
そして十七条憲法の第一条は、「以和為貴(和を持って貴しとなす)」です。
すべての中心に、和を置きなさいというのです。
意味はしっかり対応しています。

二代目の神様は、高御産巣日神です。
高御産巣日神は、後に高木神となって天照大御神を輔弼される神様です。
政治上の上にある権威そのものの神様です。
十七条憲法の第二条は「篤敬三寳(あつく三宝を敬え)」です。
三宝とは仏と法と僧のことです。
政治よりも、政治の根幹となる神や仏、法理、それを護る者を大事にしなさいということです。

政治は、利害の衝突を生みます。
衝突を回避して、よりよい方向に持っていくことができるのは、政治以前に共有する文化的価値観があるからです。
この根幹がブレていたり、なかったりしたら、政治は対立しか生まなくなり、結果として戦乱を招き、人も国家も不幸を招きます。
利害の衝突や政治的対立よりも以前に、まずは価値観を大切にしなさいということです。

しかもここで「篤く仏法僧を敬え」と述べています。
日本にはもともと縄文以来の神道がありますが、蘇我氏と物部氏の争いにあるように、その神道と渡来仏教との諍いも当初は現実にあったのです。
ところが、この第二条では、争うのではなく「敬っちゃえ」としているわけです。
しかもその心は、高御産巣日神です。
お名前にあきらかなように、争うのではなく、高い次元で全てをむすんでしまわれるという神様です。
争うのではなく、結んでしまう。
その心が、この第二条になっています。

三代目の神様は神産巣日神です。
読んで字のごとく、日の神様との産巣の神様です。
第三条は「承詔必謹(みことのりを受けては必ずつつしめ)」です。
たとえどのような意見の違いがあろうと、ひとたび詔(みことのり)が発せられたら、それは神からのお言葉であるのだから、たとえどのような事情、意見、見解、対立があろうと、謹んでこれをお受けしなければならないというのが「承詔必謹」です。

日の神様というのは、天照大御神です。
その天照大御神の直系のご子孫であり、神々と人の最高の接点であられるのが天皇です。
ですから天皇のお言葉は、天照大御神様のお言葉です。
ひとたび日の神様との産巣をお勤めされる天皇から詔が発せられたら、謹しまなければならないということです。

四代目の神様は宇摩志阿斯訶備比古遲神(うましあしかひひこちのかみ)です。
たいへん、難しい漢字が並んでいますが、「宇摩志」は立派な、「阿斯訶備」は葦の芽、「比古」は男性、「遅」は泥を表わします。
泥の中から生き生きと延びる葦の芽のようなたくましく強い生命力の神様とされています。

第四条は「以禮為本(うやまうことを根本とせよ)」です。
ここは「群卿百寮。以礼為本(群卿百寮(ぐんけいひゃくりょう)、礼をもって本(もと)とせよ)」と書かれています。
どんな人にも、人であれば間違いを犯すこともあります。
失敗は常についてまわります。
けれど一度の失敗で、都度クビをはねることが良いことにはなりません。
この世にそもそも完全無欠などないのです。
それに人は成長するものです。

特に男性は行動的な分、およそ誰もが若いころから失敗続きです。
ですからだいたいどこのお宅でも、結婚当初は、旦那は「俺は亭主関白でいるぞ」と威張っているし、新妻も「そんなアナタが好き♡」なんて、のんきなことをやっていますが、だんだん歳を重ねるに従って、男性は外での失敗を、都度、女房に頭を下げて許しを乞うことになり、中高年になる頃には、すっかり女房に頭が上がらなくなっているというのが、世の常です。

それで良いのです。
けれど、数限りない失敗を重ねながら、男性は成長していきます。
「男子三日会わずば刮目して見るべし」といいます。
これはもともとは三国志演義にある「士別れて三日なれば刮目して相待すべし」から取られて慣用句化した言葉ですが、男は成長するのです。

先の大戦の頃は、戦闘機のドッグ・ファイトが行われた時代でした。
その中には、敵戦闘機を撃墜した数から、世界の撃墜王と呼ばれる人が誕生しました。
第二次世界大戦における1位はドイツのエーリヒ・ハルトマンで352機、2位がドイツのゲルハルト・バルクホルンで301機と続き、15位までをドイツ軍が独占しています。
そしてようやく16位の202機で日本海軍の岩本徹三中尉が登場します。

ところが一点大きな違いがあります。
ドイツ軍は、撃墜されたパイロットはパラシュートで脱出し、飛行機を乗り換えて何度でもまた出撃したのです。
これに対し日本軍は、基本、その脱出がありません。
つまり、
ドイツ軍の撃墜数は、じゃんけんで言ったら、勝ったり負けたりしながらも、とにかく勝った数であり、
日本軍の撃墜数は、じゃんけんなら、勝ち続けた数、つまり連勝記録なのです。
どちらが、可能性として国家にとって有利かといえば、答えは明らかだと思います。

人は、失敗を重ねることで成長するのです。
だからこそ、一度の失敗をあげつらって地位ある人の足をひっぱるのではなく、「以礼為本(礼をもって本(もと)とせよ)」というのです。

お一柱ごとの神々と、十七条憲法のすべてを対比して述べますと長くなりますので、以降は割愛します。
全部の突合については、今度出版する『ねずさんの日本の心で読み解く古事記』で明らかにします。

ともあれ、神代の昔から、日本人は高い文化性を持ち、その高い文化性を国のカタチにまで高めてきました。
そしてそのことによって、日本人は世界に類例のないほどの高い民度を保持した国を築いてきたのです。

私たちは、そんな日本を、いま、あらためて取り戻さなければならないときに来ていると思います。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
『ねずさんの日本の心で読み解く古事記』楽しみです。出版はいつ頃でしょうか?今度も身内に贈ってやりたいと思っています。
日頃子供のために、なるべく分かり易くかつ正しく美しい解釈の「古事記」をと、これまで三冊を読み聞かせております(うち一冊は、ご紹介いただいた『まんが古事記』一番のお気に入りです)。
それでも「因幡の白兎」のワニ、「豊玉姫の出産時の姿」のワニがサメに変えられています。2,600年以上伝えられた伝承が、たった70年間程の他国による揺さぶりで変えられてしまうというのは恐ろしい事です。こんな気付きを得られたのもねず先生のおかげです。我が子にはしっかりと正しく伝え、また伝えていってもらわなければなりません。
2016/07/14(木) 13:23 | URL | 渡辺 #-[ 編集]
日本のこころを大切にする党、増田氏推薦?なんで?
〉07/13 11:16By:大阪市民 URL

あ、いえ、やらないと気持ち悪かっただけなんで優しいわけじゃないんです。
猫好きなんで、ただそれだけです。
まぁ朝から臓物拾いはきつかったですけども…。

えっとねずさん、明日の記事でも良いので、増田氏推薦の件。
理由を教えてくれませんか?
一票を投じた身として、出来れば説明が欲しいです。
外国人参政権を認める増田氏をこころが推薦とは信じがたいのです。
共同通信のとばし記事であればと思いたいのですが…。
宜しくお願いします。
2016/07/13(水) 20:13 | URL | m.e #-[ 編集]
No title
こころ、増田氏を推薦 

本当ですか。もし、そうなら裏切られ気持ちです。 
2016/07/13(水) 19:10 | URL | ひとごととは思えない #-[ 編集]
No title
ねず先生、こんにちは。

十七条憲法が神々の数にちなんでいたとは驚きました。
この憲法には日本人が守り続けていくべきことが簡潔に書かれていますね。
私も日本国憲法九条改正に賛成ですが、この憲法自体に色々と問題があるので将来的には、十七条憲法のように簡潔にまとめられた憲法を新しく作り上げるか十七条憲法を復活させてほしいと思います。

天皇が統治する日本、法ではなく道徳によって統治をする日本を望みます。


2016/07/13(水) 16:16 | URL | ゆき #-[ 編集]
No title
宮中の素朴な疑問「皇室へのソボクなギモン」辛酸なめ子・竹田恒泰著
http://diarydaily.blog93.fc2.com/blog-entry-213.html
2016/07/13(水) 12:19 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
m,eさんはお優しいですね。 猫達は感謝して黄泉に旅立ちましたよ。
死体は穢れとして清浄を良しとする
神道では忌み嫌うと言われていますが、
縄文から伝わる古神道は死すら
神聖なものとしています。 生死は一如であり表裏一体ですね。 だから生理中の女性が神社に参拝してはいけないなどとは
全くの迷信です。 そんな事を言ったら月ものという神聖な生理現象の働きを受け持たれる三貴神の御一神である月読命様に無礼だし、最高位の女神であられる伊勢の大神様にも失礼ですよね。 穢れというのは人間の利己的な想いや行為から生まれるものだと私は思っています。
2016/07/13(水) 11:16 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
青山繁晴さんの話しをして恐縮なのですが、演説会で九条改正は必須である事、けれど自民党の憲法草案には反対だと青山さんは言われていました。 憲法は小学生にも心で分かる位に条文を短縮するべきで、10条位で良いと言われていました。成る程なと思いました。 聡明な聖徳太子が17条に憲法を現して下さったのですから、この憲法も新たな日本国憲法に取り入れるべきですね。
2016/07/13(水) 10:59 | URL | #-[ 編集]
No title
満員電車がなくなる日
-鉄道イノベーションが日本を救う-
http://www.lrt.co.jp/18man-in/%92%98%8F%91%83G%83b%83Z%83%93%83X36.pdf
2016/07/13(水) 09:35 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
神道実感!
おはようございます。
出勤前にコンビニに行く途中、にゃんこが死んでました。
車にひかれたんですね、で、産経を買った後、家に戻り、軍手と昨日の産経を持ってにゃんこの所へ戻り、道路で寝そべるにゃんこを新聞紙にくるんで引き上げ、近所の公園の隅っこに埋めてきました。
これもあれなんですかね、にゃんことは言えど、死に触れる事を穢れとする教えが生きているのでしょうね。
死体に触れるのは忌避感があります。
今回で、道路に寝そべるお寝坊にゃんこを引き上げるのは、三回目になりますが、何度やってもなれません。
変な角度からの神道実感報告ですが、エタとは穢れが多いと書きますよね。
ねずさんのブログを読みはじめてから、様々な事を教わりましたが、実生活に落とし込む難しさを実感しています。
まだまだ慣れていないんでしょうね僕は。
と言うわけで、行ってきます。
2016/07/13(水) 08:39 | URL | m.e #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク