アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


愛と青春の旅立ち 松崎慊堂(こうどう)

20160720 日本史検定7期


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20160721 愛と青春の旅だち


「愛と青春の旅だち」といえば、34年前1982年に公開されたリチャード・ギア主演の大ヒット映画で、昔ご覧になられた方も多いかと思います。
海軍士官学校の新入生と、町工場の娘とのロマンスを描いた青春映画で、日本でも大ヒットしました。
さらにこの映画の物語は、2010年に宝塚歌劇団星組が上演するなど、その後も強い影響力を持った映画として知られています。

映画はもちろんフィクションですが、実は、日本には、これによく似た真実の物語があります。こちらは本当にあったことです。
江戸時代中期の蘭学者である松崎慊堂(こうどう)の若い頃のお話です。
松崎慊堂は、渡辺崋山や高野長英などを育てた人物でもあります。

ちなみに渡辺崋山は、天保10(1839)年の蛮社の獄のときに逮捕されていますが、このとき師匠の松崎慊堂が老中水野忠邦に建白書を出し、そのおかげで彼は死罪を免れています。
渡辺崋山にとって松崎慊堂は、師匠であるとともに、命の恩人でもあったわけです。

松崎慊堂は熊本の農家の出身です。
幼名を松五郎といい、家が貧しかったので、幼いころはお寺に預けられて育ちました。
勉強好きな子で、学問で身を立てようと13歳で江戸に留学に出ています。

江戸では浅草の寺の住職にお世話になり、寛政2(1790)年には設立されたばかりの江戸湯島の昌平坂学問所(いまの東大)に入っています。
さらに江戸一番の儒学者であった林述斎のもとでも学び、寛政6年には林塾で塾生のトップである塾生領袖になっています。
要するに、たいへんな秀才で、しかも人格も良好な若者であったわけです。



その松五郎が林塾の領袖時代のことです。
松五郎が考え事をしながら歩いていると、町のならず者たちにドスンとぶつかってしまいました。
そして、彼らが手にしていた酒徳利を割ってしまいます。

「ごめんなさい」と松五郎がいくら謝っても、許してくれません。
それどころか、酔ったならず者たちは、「酒代を出せ!」と大金を迫ってきました。
ところが松五郎は、書生の身ですから貧乏で、
「そんな大金、ありません」としきりに謝るのだけれど、ならず者たちは、ますます激昂して脅しをかけてきます。

この様子を、すぐ近くで旅籠の飯盛り女をしていた「おすみ」という女性がみとがめました。
そしてならず者たちに近づくと、
「あんたたち、よってたかって何やってんのさ」と間に割って入ります。

そして彼らが要求した額を、おすみはその場で全額立て替えて支払いました。
松五郎は恐縮して、
「必ずお金は返します。しかしいまはお金がないから、分割にしてください」とおすみに申し出ました。

ところが話を聞けば、月二分の生活費でやりくりしているといいます。
いまでいったら月三万円です。
着ているものもみすぼらしい。
その少ない生活費から払うというのだから、おすみは同情して、
「分かりました。では、月二分を私があなたに払ってあげましょう」と約束してくれました。

それからのこと、毎月毎月、おすみから松五郎のもとにお金が届けられました。
頂いているうえに、届けてもらうのは申し訳ないからと、途中からは松五郎が自分でもらいに行きました。

月日がたったある月のこと。
今月に限って松五郎が現れません。
松五郎の住む長屋に行っても不在です。
それっきり松五郎から音沙汰がなくなりました。

おすみは、周りの女性たちから、
「バカねえ。あんた、騙されたのよ」と言われます。
松五郎は日本を代表する私塾の塾生です。
おすみは宿場の飯盛り女です。
飯盛り女というのは要するに売春婦です。
あまりにも身分が違うのです。

さらに何カ月かたちました。
ある日のこと、おすみの住む宿屋に、立派な身なりをしたお侍さんが駕籠に乗ってやって来ました。
そして、宿屋の主人に、
「おすみさんはいますが」とたずねました。

呼ばれて奥から出てきたおすみは驚きました。
あのみすぼらしかった松五郎が、見違えるような立派な姿で、そこに立っていたのです。

松五郎は、懐から六両のお金を出しました。
「いままでお世話になりました。
 これはお借りしたお金です」
そう言って、おすみにお金を渡しました。
「ようやく塾を卒業し、
 掛川藩に教授として召し抱えになりました。
 これから掛川に向かいます。
 いままで本当にお世話になりました。
 ありがとうございました」

そしておすみに、こう言いました。
「あなたさえよければ、
 私の妻になってください」

二人はめでたく祝言をあげました。
そしておすみは、渡辺華山や高野長英など、江戸後期のなだたる論客や学者達から母のように慕われ、この世を去りました。

繰り返しになりますが、おすみは、ちょっとかわいそうな言い方になりますが、売春婦です。
一方、そのおすみに結婚を申し込んだときの松五郎は、掛川藩にお抱え学者として仕官したばかりです。
もし日本が、どこかの国がしきりに世界中で宣伝してまわっているように、売春婦を卑しい職業と考えるなら、松五郎がおすみを妻にすることはありえないし、またそのような出自の女性を妻にする松五郎を掛川藩が許すはずもありません。

なぜなら松五郎の採用は、掛川藩にとっては、藩の大事な若侍たちの教育のためなのです。
当時の日本に、卑しい職業の女性を蔑視する風潮がほんのわずかでもあったなら、松五郎は大事な藩の若侍たちに教育を与える教授としてふさわしくないとして、藩から解雇されているはずです。
ところが、掛川藩は、松五郎の妻のことを全く問題にしていません。
むしろ、藩の重要な任務となった朝鮮通信使の通訳兼交渉役に松五郎を抜擢しています。

これがなぜかというと、そもそも日本には、身分差別という概念がなかったのです。
もちろん職業区分はあります。
上司と部下の関係もあります。
けれど、それらはすべて、世の中の役割分担であって、人の価値を決めるものではない、というのが古来からある日本人の思考です。

なぜなら、日本人はすべて、天子様のおおみたからです。
すべての人がおおみたからであるということは、すべての人は、おおみたからとして対等です。
そしてその中で、世の中を上手にまわすための分担があるのです。

また、日本人は魂観を持ちます。
肉体は仮の宿。人の本体は魂であるというのが、日本的思考です。
ですから、たとえこの身はやつしても、己の魂だけは汚さない。
それだからこそ、誰もみていなくても、しっかりと生きる。悪さはしない。
それが日本的思考です。

売春婦かどうかは、肉体の話です。
魂にとっては、仮の宿です。
生きていれば、いろいろな行きがかり上、さまざまなことが起きて当然ですし、身が堕ちるときもあります。
けれど、それでも、魂を磨きつづける。
それが日本人です。

だからこそおすみは、店の前でヤクザ者になぶられている松五郎を助けました。
おもしろいのは、このとき、ヤクザ者たちがおすみの気迫に打ち負かされていることです。
相手は激高した複数の男たちです。
おすみは、女ひとりです。
そのおすみが、ヤクザ者を向こうに回して、堂々とわたりあっています。
職業の問題ではない。
魂の品格の問題なのです。

もうひとつのポイントは、おすみが宿屋の売春婦でありながら、松五郎に仕送りしたり、ごろつきにからまれてカツアゲされたときに、その代金を代払いしている点です。

よく、戦後の時代劇などでは、売春婦たちは、子供の頃に女衒によって連れて来られ、年季があけるまで、売春宿の主人に借金漬けにして働かされたという設定がなされています。
要するに、これが「嘘だ」ということです。

女衒に買われてきたのは事実です。
仕事ですから、女達にも厳しい側面だって、もちろんあったことでしょう。
けれど、経済的には、彼女達は実に豊かでした。

だいたい当時の売春婦というのは、数え年15歳(いまの16歳)から、最大25歳くらいまでしか働かせてもらえませんでした。
彼女たちは、おおむね数え年5歳(いまの6歳)で買われてきます。
そしてまる10年、みっちりと芸事や読み書きソロバンを教えこまれ、15歳で店に出ます。
そしておおむね18〜20歳くらいまでに、お店からの借金は全額返済を済ませ、その後25歳くらいまで、貯蓄に励みます。
そしてお店を卒業すると、以降は貯めたお金で、自分で小さなお店を開いたり、田舎に帰って小唄や三味線、和裁などの師匠になったりして暮らしました。
売春婦たちには、それくらいの稼ぎと経済的余裕が、実は「あった」し、それが日本の風俗の伝統でもあったのです。
ちなみに中には大店の店主の妻となったり、大身の武家の妻になったりした女性も数多くいます。
そしてこういうことは、身分絶対の社会では、絶対に起きないことです。

ひとつ余計なことを書くと、松五郎は徳利を割ったといって6両という大金をヤクザ者に恐喝されていますが、6両といえば、いまの相場なら、だいたい40万円くらいです。
たかが徳利1本で40万円とはすさまじいですが、実は、昨今の恐喝バーと呼ばれる、酔っぱらいを連れ込んで法外な値段をふっかける商売の際の請求額も、40万円が相場なのだそうです。
その場でカツアゲできる金額が、だいたい5千円で、歩留まりが3万円。
後日集金に行って脅し取るときの相場が40万円なのだそうです。
江戸の昔も、平成のいまも、暗黒市場の相場は何もかわっていないのですね。

さて昨今、韓国が、日本軍によって朝鮮人女性達が拉致され、性奴隷にされた、などと言っていますが、そうした日本人の風俗感からしたら、まるで「?」です。
そもそも、女性を集めてきたのは、韓国人の女衒たちだし、売春宿を軍の駐屯地の脇につくるものだから、やむを得ず、軍費を使って、女性たちの健康診断までやってあげていたのです。

そもそも日本人の感覚では、売春婦もただの職業女性であり、いかなる職業であれ、職業に貴賤はなしと考えるのが日本人です。
そしてそれ以上に、いかなる職にあっても、人としての矜持を失わず、お天道様が見ていると信じて立派に生きて行くことこそ大事というのが、日本人の普通の感覚だからです。

ですからもし、韓国の韓国人売春婦たちが、日本人からお金を払ってのセックス以外に相手にしてもらえなかったのだとしたら、それはその売春婦達が、人として女性として、尊敬に値する何ものも持っていなかったということです。

ちなみに松崎慊堂(まつざきこうどう)は、酒の席での失敗談は数多く残っていますが、女性問題は、生涯に一度もなかったといわれています。
たとえ売春婦といえども、人として尊敬できるに値する人かどうか。
日本人は職業で人を見るのではなく、人の魂を大事にしてきたのです。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
小名木さんは、浜松出身なのでしょう?
なら、賀茂真淵の話もして頂けませんか
正直言って、賀茂真淵記念館は詳しい生涯を説明出来ていません
ただ、遺物を並べているだけで、書かれたものすら読めません
何のためにあるのか解らない記念館です
しかし、この方は大切な方なので、ぜひ、小名木さんの解説を見てみたいです
何故、賀茂真淵が大切なのかくらいは、ここのブログを見ている人は解っておられる方が大半だと思います
むしろ、知らないなら問題でしょう
2016/07/22(金) 21:40 | URL | 名無しさん@Pmagazine #-[ 編集]
No title
江戸時代の世情に疎いもので,今ひとつ分からないもので・・・・江戸時代の売春婦(遊女)についてですが,吉原を代表する遊郭が一流で,飯盛り女は吉原よりも格式が落ちる。もっと言えば,遊郭は花魁や遊女が外へ逃げ出さないように郭があるけれども,飯盛り女の場合には,町中の飲食店に住み込みの女郎と介しても良いのでしょうか?この下には,店に属さない夜鷹というのもありました。

勿論,花魁も,遊女も,飯盛り女も,売春婦に変わりはないのですが,そこへ通う男達はこの様な施設に行くときは,張り切っていったのでしょう。

誠に無粋な言い方で申し訳ないのですが,当方,昭和33年頃にはまだ子供であったため,立ち入り出来ませんでした。

今の世の中でも売春婦との呼び方には,いささか軽侮が込められている気がするのですが,当時を描いた読み物や物語には,小唄や三味線のお師匠さんを侮蔑する表現を感じません(映画,テレビを含めてです。)。
ただし,一般の女性からの評判は,良くなかったのだろうと想像しています(売春婦を定年で辞めたところで,自分の亭主の愛人になられたら敵と認識されるでしょう。)。

しかし,独身の男が売春婦と結婚することになりますと,誠実な男として評価されるのは,今も昔も変わらないと思います。
今の時代は,売春が禁止されていますから元売春婦の妻というのは存在しませんが,明治の木戸孝允の妻も元芸妓であったと思います。
2016/07/22(金) 16:15 | URL | ポッポ #/5dmJF4E[ 編集]
江戸時代は思いの他、今でいう人権を尊重する治世をされていたのですね。 なかには、笠間の殿様が農民に圧政を加えて、江戸幕府の老中に庄屋さまが直訴された事件もありました。 江戸時代が全て良かったとは思いませんが学ぶべきところも多いと思います。
2016/07/22(金) 11:56 | URL | #-[ 編集]
No title
松崎慊堂と渡辺崋山は師弟関係、渡辺崋山と高野長英は友人同士(崋山が10ぐらい年長)だったと思いますが、松崎と高野はさほどの関係ないんじゃないかと思いますが。面識ぐらいはあったかもしれませんけど。
2016/07/22(金) 10:05 | URL | P-1 #-[ 編集]
No title
人体に深刻な危険をもたらすトランス脂肪酸が野放し 菓子、パン、ファストフードは厳禁
http://biz-journal.jp/2015/05/post_9977.html
2016/07/22(金) 08:10 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク