アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


今日は廊坊事件があった日

20160720 日本史検定7期


ねずブロのタイトルを変えました。
「小名木善行 ねずさんのひとりごと」
  ↓
「ねずさんと学ぶシラス国」
に変更です。

ブログランキングの登録カテゴリーも、政治から哲学に変更しました。

調べてみましたら、
「ねずさんのひとりごと」ですと、これは悪評が立つ凶運数・・(たしかに(笑))
「小名木善行 ねずさんのひとりごと」ですと、艱難苦難の末に事業を再建するという運命数なのですが、先に艱難辛苦があるのだそうで、これもちと困る(笑)

「ねずさんと学ぶシラス国」は、あまり深く考えたわけではないのですが、発展を示す吉運数なのだそうです。(うれしい名前です(笑))

これに伴い、人気ブログランキングの登録カテゴリーも、政治から哲学に変更しました。
実際、ねずブロは、なぜ政治にいるのかわからないほど、政治のことをほとんど語っていません。
語っているのは、シラス国という視点から見た日本の歴史であり、和歌や古事記などに代表される文化であり、日本人が忘れてしまっている日本の古くからの知恵です。

人気ブログランキングの登録カテゴリーは、三千くらいあるらしいのですが、そういう視点のカテゴリーはないので、とりあえず、人文分野の哲学に登録してみました。
これからも、ご贔屓のほど、よろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

20150725 廊坊駅


79年前の今日、つまり昭和12(1937)年7月25日の深夜に起きたのが「廊坊事件」です。
支那事変のきっかけのひとつになった事件です。
翌26日には「広安門事件」が起こり、29日には「通州事件」が起こりました。

最近では、「支那事変」のことを「日中戦争」と呼ぶ人があるようです。
まだ私などが中高生の頃は、「支那事変、日華事変」だったのですが(支那事変が正しい)、最近では学校の教科書も「日中戦争」と書いているそうです。
これは中共政府の「日中戦争こそ、日本による支那への侵略の証であり、中共政府軍は侵略者日本と勇敢に戦った抗日の英雄でだ、だから人民解放軍なのだ」という一方的なトンデモ史観に由来します。

日本の教科書は、近隣諸国に配慮することになってしまっているので、そうしたトンデモ史観がどれだけ荒唐無稽なものであっても、それが他所の国で国家として認証されたものなら、それに配慮します。
このことは、韓国のトンデモ史観も同じで、こうなるとそれらをヨイショするインチキ学者の地位が向上し、まともな真実を語ると学会から排除されてしまうという、摩訶不思議な現象が日本国内で起こったりします。

<学会>と聞くと、多くの方は宗教団体を思い浮かべるでしょうが、大学の<学会>が、まさにある意味で宗教団体になってしまっているわけです。
なんとか、大学教育の正常化を図っていく必要があると思います。



廊坊事件


さて、廊坊事件(ろうぼうじけん)です。
昭和12(1937)年7月25日、北京の南東約50kmにある廊坊駅で、日本の軍用通信回線に故障が発生しました。
通信網の確立は、軍隊にとって生命線ですから、日本軍はあらかじめ国民党側に通知をして、ちゃんと彼らの了解を取り付けたうえで、通信回線の補修チームに、警護のための歩兵1中隊(第20師団歩兵第77連隊第11中隊)を付けて、都合約100名を現場に急行させました。

部隊が廊坊駅に着いたのは、午後4時半頃です。
このとき廊坊駅には支那国民党の兵、約6千(第三八師第一三二旅、第226団)がいました。
6千の兵がいるところに、修理兵を含むわずか100名が派遣されたのです。

この数の違いだけを見ても、日本側が支那国民党とドンパチする気など、まったく持っていなかったことがわかります。
あくまで日本の軍は、日本人の保護と、支那の平穏のために、いまでいうなら国連PKOとして派遣されていたのであって、だからこそ支那をまとめようとする国民党とは仲良くしたいと考えていたし、だからこそ6千人の武装兵がいるところに、たった100人で向かっているのです。

廊坊駅に到着した修理隊の隊長である五ノ井淀之助中尉は、国民党226団に到着を告げ、許可を得て廊坊域内にある日本の通信用電線の修理を開始しました。
あらかじめ通告してあったのだし、用件は単なる修理です。
事態はこれで何事もなく過ぎるはずです。

ところが、その修理の真っ只中の深夜午後11時10分、国民党軍が突然、修理作業中の日本軍に銃撃をしてきました。
小銃による単発狙撃ではありません。
軽機関銃による掃射です。
あきらかに軍事攻撃です。

普通なら、この瞬間に、双方の銃撃戦が始まるところです。
ところが、この攻撃を受け始めた時点で、日本側は、まったく応射をしていません。
応戦せずに、ただ弾が当たらないように身を隠しました。

平和維持のために来ているのです。
なんでここで戦わなくちゃならないのか。
「発砲禁止、銃弾に当たらないように身を隠して待機!」
これが修理隊の五ノ井隊長の命令でした。

ところがそうして、ひたすら弾を避け続ける日本軍に対し、なんと今度は、廊坊駅北方300mにある国民党の兵営から、銃弾を避けて隠れている日本軍に向かって、迫撃砲による砲火が加えられました。
これはたいへんな事態です。このままでは全員犬死です。
五ノ井隊長は、やむを得ず「応戦開始」の命令を下しました。
同時に本部に応援を要請しました。
国民党による攻撃開始から、なんと50分も経過した、午前0時頃のことです。

集団で殴ったり(小銃による攻撃)、蹴飛ばされたり(機銃による攻撃)されても、なんと50分間も、「争いたくないから」と、ただひたすらに耐え続けたのです。
ところが相手が刃物を持ち出してきた(炸裂砲弾による砲撃)ために、やむを得ず、応戦したのです。
これは、誰がどうみても明らかに客観的にみて正当な自衛行動であり、正当防衛です。

通報を受けた日本軍(支那駐屯軍)の本部は、事態に驚いて、すぐに第20師団に救援を命じました。
なにせ6千人の、最新鋭の装備に身を固めて、ドイツ式教練を受けた国民党軍に、わずか100名の日本軍が一方的に攻め立てられているのです。

第20師団は即時、歩兵第77連隊(約3000人)を廊坊に急行させました。
さらに26日午前2時30分には、第20師団の本体が、廊坊駅に向かいました。

けれど悪路の走行です。
距離は50kmです。
トラックを使った強行軍でも、1時間に12キロ程度しか進めない。
なぜなら、全員はトラックに乗れない。
それだけの数のトラックがない。
だから重い背嚢を背負って駆け足で行軍し、疲れたらトラックの荷台と交替して、今度はトラック乗車隊が駆け足するという行軍です。

「バターン死の行軍」などいうデマが戦後まかり通っていますが、こちらは同じ50キロを4日がかりです。
護送された米兵たちは、手ぶらでのんびり歩き、日本軍は猛暑の中を重装備を付けたまま、米兵100に対して1名で護送しています。
米兵たちは、途中でポーカーを楽しんだり、あげくは行軍をエンジョイしていました。
まさに「Walking Park」です。
ところがそんな行軍が、「死の行軍」と書き換えられているのです。

一方、廊坊駅への援軍のための行軍は、まさに地獄のような行軍です。
とにかく重い装備を担いで、一晩中走り通しだったのです。

廊坊駅の100名は、なんと明け方まで6000人もの国民党の大軍を相手に果敢に戦い、もちこたえました。
どんな戦いだったのか想像してみてください。
昼間、きつい行軍をして、やっと深夜、廊坊駅にたどり着いたのです。
そこで汗水流して通信施設の修繕をしていたら、いきなり銃撃を受け、応戦したら戦争になるからと、ひたすらガマンして応射しないでいたのです。
すると今度は迫撃砲を撃ち込まれ、やむなく応戦を開始したけれど、友軍の到着には、4〜5時間を要し、その間、ただひたすら、防戦をし続けたのです。
どれだけの苦労だったか。

日本軍の司令部は、夜明けとともに、廊坊にむけて航空隊を差し向けました。
航空隊が到着すると、ほんのわずかのトラックを横倒しした空間に、通信修理隊の面々が、まるくなって必死で応戦している様子が上空から見て取れたそうです。
眼下には、まるでゾンビの大軍のように、支那兵が円状に群がっていたのです。
「こんなすさまじい状況で、友軍は戦っていたのか」
爆撃機の操縦士の胸には、こみあげるものがあったといいます。

パイロットは、日頃の修練の業で、支那軍の迫撃砲陣地をピンポイントで爆破すると、あたりにいる支那兵たちに、ギリギリの低空飛行で、猛射を浴びせています。
もっとも当時の日本の飛行機というのは、所持している弾薬の陵が少ないので、100発も撃ったら、それで終わりです。
それでも果敢に地上すれすれまで降下して、なんとかして味方たちを助けようとしたその飛行兵の思いと行動には、目頭が熱くなります。

26日の午前8時、やっと丘の向こうに、日本軍の増援隊の姿が見えました。
するとどうでしょう。
重装備の6000の支那兵たちは、日本の応援部隊が遠くに見えたとたん、算を乱して逃げ出したのです。

これが26日の朝の出来事です。
支那兵たちが逃げた先が、通州です。
そして7月29日に起こったのが、通州事件です。

さて、この廊坊事件について、支那国民党は、当時、次のようなステートメントを発表しました。

 **
7月25日、日本兵約100名が廊坊駅に派遣され、
「電話修理」と称して同駅を占拠した。
廊坊を守備していた第29軍 第38師 第113旅の
旅長である劉振三は撤退を要求したが、
日本軍はそれを拒否した。
26日午前0時に、日本軍が中国軍に発砲を行い、両軍は戦端を開いた。
明け方になり、日本軍機が中国軍に爆撃を加え、
更に午前7時には天津から日本軍の増援が到着し、中国軍兵舎は壊滅した。
午前10時に中国軍は廊坊付近から撤退した。
 **

まったく、どの口から、これだけの嘘が、いけしゃあしゃあと出てくるのか、と思います。
事前にちゃんと了解をとりつけていたのに「駅を占拠した」。
駅でもちゃんと了解をとって通信施設修理を行ったのに「彼らは撤退を要求した」。
実際には午前11時10分に支那国民党軍側から発砲しているのに「午前0時に日本軍が支那に発砲した」。
さらに自分たちから迫撃砲まで撃ち込んできていたことは、口にチャックで知らん顔です。
そして最後は、「撤退した」とはおそれ入谷の鬼子母神です。

さらにいえば、6000対100という、圧倒的な戦いでありながら、日本軍を壊滅させることができず、日本の援軍が到着したら、蜘蛛の子を散らすように、逃げ出しています。
よく言えたものです。
勇気をもって戦ったのは、果たしてどちらでしょうか。

そしてその「撤退した」という支那国民党兵が、その3日後に通州で何をしたのか。
事実と虚飾をまぜこぜにして、プロパガンタをまき散らすのは、支那や共産主義者、あるいは左翼の常套手段です。
客観的かつ冷静に、事態を把握すれば、どうにも言い逃れができないほど、彼らの振る舞いは不埒なものです。

ちなみに支那人は、この手の嘘を、嘘だと思っていません。
彼らにとっては、面子(メンツ)こそが大事であり、メンツを立てる事こそが正義です。
ですから嘘が正義です。
勝てば官軍です。

日本の学者で、支那人は信頼できる民族とのたまう人がいます。
ものすごくやっかいでわかりにくいことですが、そういう嘘を言うことが、支那に染まった人たちにとっての正義です。
このあたりは、しっかりとわきまえないと、大怪我します。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html

南京事件は4回あった 小名木善行




【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
ねずさんと学ぶシラス国
まずは忘れないように書き取りを、と。タイトル欄を使わせていただきました。
さて、改めまして、改装つつがなくおめでとうございます。
記念すべき第1回を当日に読めなかったので、あの初版第一刷の『読み解く「古事記」』を買えなかったときのような口惜しさがふたた…え、まだでしたね…
さてさて、最近とくに思うのですが、事件はその日に学ぶに限りますね。
何年にあったかは大事ですし、年を追うのも大事ですが、寒暖や日夜の長さがわからないと、あまり身につかない気がしました。
この第20師団 歩兵第77連隊 第11中隊 五ノ井隊長以下100名が奮戦た夜明けは早かった。
夜戦は、暗闇で照準する先手よりも、発砲した銃火めがけた応射の後手が有利です。
しかし夜明けが早いということは、先手有利なため頭数の差が絶対的な差となる時が迫るのも早いことにほかなりません。
間に合ってくれと夜通し駆け抜いた援軍のみなさんは当然それを知っていたことでしょう。
21世紀を生かしていただいている自分自身、ならびにこれを読む皆様におかれても、このような時に「6千対百で夜明けが早い。人質でも盾にされたら狙撃精度がものを言う。着いてからの精密射撃戦なんだから体が痙攣しないよう力を温存しておこう」と考えるのが当たり前ではないでしょうか。少なくとも戦後生まれの合理主義ならば。
ところが、往時の考え方はまったく違っていたことが解ります。
今回の記事はそこに主題がないため触れられていませんでしたが、そんなことを拝察しました。
2016/07/26(火) 11:19 | URL | beany #-[ 編集]
伊勢白山道の読者の方のコメントを拝見して、ねずさんブログを知るようになりました。 本居宣長が古事記伝で本当に伝えたかったシラスの意義を本当に伝えて下さるのは、ねず先生しか知りません。今後も愛読させて頂きます。
ありがとうございます。
2016/07/25(月) 18:15 | URL | #-[ 編集]
No title
こんにちは。

こうした事実があるのにも関わらずに、支那は今でも嘘を言い続けています。
中共は反日教育をして国民をまとめようとしていますが、それももう限界に来ているのかもしれません。習近平は暗殺を恐れているという話をよく聞くようになりました。
戦後に作られた嘘は少しづつではありますが、嘘であることが明らかにされてきております。日本政府でこのようなことは嘘だと公言してくれる人物はほどんどいないのが残念ですが、民間で本当のことを知らせ続ければ政府も言いやすくなるのではないかと思います。

それにしても、支那軍の挑発はいつの時代でもひどいものですね。
日本は争いたくないという意思を持っていますが、このような連中に弱腰な態度を見せてしまうとどうなるのかは歴史を勉強すれば簡単に分かることです。
現代の支那軍がどれくらい強いのかは分かりませんが、日本が強固な姿勢を見せれば案外、簡単に逃げてしまうかもしれません。
2016/07/25(月) 14:33 | URL | ゆき #-[ 編集]
No title
藤原正彦、女系天皇は論外と語る
http://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/62441666.html
2016/07/25(月) 12:24 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
為すべき為せるを為す
お待ちしておりました「ねずさんと学ぶシラス国の物語」!。知国(しらす:知らす治らす統らす添らす沿らす)を教わってソノ深奥遼遠はともかく「この道しかない!」この道の「道」にこだわった軽輩妄顧に道らす(しらす:治らせる【親任】/識られる【総覧】)とコトバ遊びをして「為すべき(使命)為せる(資格)を為す(役割)」と日本文明(しらす)の啓開継承に「道らすの一つ覚え」をクドクド呟くようになりました。今後はウロウロせずに学べるモノと楽しみです。
2016/07/25(月) 10:27 | URL | 陸井夏樹 #kmQ4xb0A[ 編集]
No title
> 廊坊を守備していた第38師第13旅の

劉振三が指揮していたのは、第29軍 第38師 第113旅です。
中国語の文献には「一一三旅」と書いてあります。「百十三」じゃないのね。
2016/07/25(月) 09:47 | URL | ずっこ #-[ 編集]
No title
おはようございます。今日もありがとうございます。
この手の話は気分が悪くなりますね。今現在も何も変わっていません。世界中で同じ事を続けています。いい加減世間は分からないといけませんね。今の状況を作り出した米英は猛省すべきです。もうそろそろ真実を公に語ってもいい頃ではないでしょうか?彼の国を駆逐するために。
2016/07/25(月) 08:06 | URL | heguri #aYDccP8M[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク