アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


天下安らかなりといえども、戦を忘れれば必ず危うし

20160720 日本史検定7期

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20160804 天下雖安
写真:山本五十六記念館(長岡市)


写真は、新潟県長岡市にある山本五十六記念館に展示されているものです。
米内光政が山本五十六に贈った掛け軸の書です。
実に見事な書です。
ここに、

 國雖大 好戦必亡
 天下雖安 忘戦必危

と書かれています。
これは秦の将軍、司馬穰苴(しばじょうしょ)の『司馬法(しばほう)・仁本(じんほん)篇』第二節にある言葉です。
読み下しますと次のようになります。

 国が大なりといえども、戦を好めば必ず亡(ほろ)ぶ。
 天下安らかなりといえども、戦を忘れれば必ず危うし。

実に示唆に富んだ言葉です。
この言葉には、さらにその前段があります。
そこには次のように書かれています。




 戦道不違時 不歴民病 所以愛吾民也
 不加喪不因凶 所以愛夫其民也
 冬夏不興師 所以兼愛民也

 故国雖大 好戦必亡
 天下雖安 忘戦必危

(読み下し)
戦いの道は時に違(たが)えず、民の病(うれい)を歴(へ)ず、吾が民を愛する所以(ゆえん)なり。
喪を加えず、凶に因らず、夫其(ふそ)の民を愛する所以なり。
冬夏に師を興(おこ)さず、民を兼愛(けんあい)する所以なり。
故に国が大なりといえども、戦を好めば必ず亡(ほろ)ぶ。
天下安らかなりといえども、戦を忘れれば必ず危うし。

(現代語訳)
戦いは、情況の必要によるものです。
ですから戦いは、国民が侵されてから行うのではなく、国民を愛するが故に行われるものです。
誰かが死んだからとか、良くないことが起きたからとかではないのです。
どこまでも民を愛するからこその戦いなのです。
夏冬の農閑期だから戦うのでもなく、どこまでも民を愛するからこそ行うのです。
だからこそ、どんな大国であっても、その国がただやみくもに戦争を好めば必ず滅んでしまいます。
逆に、国がどんなに安泰であったとしても、戦うことを忘れれば必ず国を危険にさらすことになるのです。

もうすこし噛み砕いていうと、
 戦争は、
 施政者の都合で起こすものでもなければ、
 民が求めるから起こすものでもありません。
 民を愛するがゆえに行うものなのだから、
 平時において国防をおろそかにせず、
 また深追いするものでもありません。

となります。
簡単に言ったら「備えあれば憂いなし」ということですが、ここで注目すべきは「所以愛吾民也」とあることです。
どこまでも施政者が、民を愛することが基本だと説いています。
これが支那の紀元前3世紀の将軍の言葉です。

いまどきの支那に、その心がけを持った将軍はいるのでしょうか。
中共のことばかりを言っていることはできません。
いまの日本に、本当に国民を愛し、国民の誰もが本当に豊かに安全に安心して暮らせる世を目指している政治家がどれだけいるのでしょうか。

聖徳太子は、十七条憲法の第5条で「絶餮棄欲」、第6条で「懲悪勧善」と説きました。
「むさぼりを絶ち欲を棄てよ」
「悪をこらしめ善を勧めよ」という意味です。

古事記においても、悪が再三登場します。
ではその「悪」とは何かといえば、それは「欲心、私心」であると書かれています。
ということは、上にある十七条憲法の二つの言葉は、
「私欲を捨てよ」
「私欲私心をこらしめ、善を勧めよ」
という意味だとわかります。
なぜそうなるのかといえば、姿勢には「愛」が不可欠だからです。

外国のスパイが野党第一党の党首になろうという噂もあります。
そうでしょう。スパイなら巨額の機密費が使えます。
欲に駆られれば、国を失う。
中共にしてみれば、ドンパチなんて必要ないのです。
欲に目がくらんだ政治家に、カネという薬をかがせるだけですむ。
こういうことが、政治の場に入り込まないようにすることが、政治以前の問題だと思います。

冒頭の書には「山本元帥」とあります。
ですからこの書は、米内光政が、山本五十六海軍大将の死後に贈られた書とわかります。
だから「空憶」と右に書かれています。

「国雖大 好戦必亡 天下雖安 忘戦必危」は、軍人(武人)も政治家も、ともに「常在戦場」の言葉を忘れないという意味において、たいへん示唆に富む言葉です。
しかしそれと同等に、前段にある「何のために戦うのか」は重要だと思います。
なぜならそれは、どこまでも「民を愛するがゆえに戦う、民を守るために常に戦いに備える」ということだからです。

戦いというのは、もちろんドンパチも戦いですが、日常においても人の一生は常に戦いの連続です。
それは自分との戦いでもあるし、大きな力との戦いであったりもします。
そのとき、何のために戦うのか、なぜ戦うのか、そしてなぜ戦うのかといえば、「兼愛民也」、つまり愛する民のために戦うのだし、平時にあってもその戦いに備えるものだというのです。
都合や、求められたからではないのです。

東京都に小池知事が誕生しましたが、その小池氏は、既存政党、既存組織のすべてを敵に回しての戦いを制して都知事となりました。
既存政党、既存組織というのは、見方を変えれば既得権益ということです。
つまり小池氏は、戦後に生まれた既得権益を敵に回して選挙戦を戦い、これを制しました。
なんのために戦ったのか、そしてどうして多くの民衆が小池氏を熱烈に応援したのかといえば、小池氏が明確に「都民のために」戦うという姿勢を打ち出したからです。

そしてその答えは、登庁のその日に明確に結果となって現れました。
自民党の都連の議員たちも、都議会のドンと言われた内田氏も、その場に顔を出さなかったからです。
どんな不都合であったとしても、正々堂々と戦い、その結果については従容としてこれを受け止め、協力すべきは積極的に協力する。
なぜなら東京都議会議員は、どこまでも都民のために存在するものだからです。
ところが、最初からまるで幼児がダダをこねるようにして、知事を拒否する。
では、彼らはもし鳥越氏が知事になったとき、同じ行動をとったのでしょうか。
そうでないとすれば、ただの甘えです。
そしてその甘えが、既得権益と結びつき、都民のための都政ではなく、議員ための都政をしてきたから、都民のためにと選挙を戦い、勝利した小池氏を受け入れられない。
それがドンだというのだから、日本も落ちたものです。

個人のイジメ問題などでもおなじです。
何のために戦うのか。
イジメられたからといって、ただイジメっ子に立ち向かうだけなら、それは自分の都合です。
けれど、イジメを行う者は、必ず外にも迷惑をかけているものです。
その迷惑をかけれられているみんなとともに、みんなのために戦う。
そういう戦いができる自分に成長していくことが、個人としての戦いに備えるということです。
何も戦いは、軍隊だけの専売特許ではないのです。

人間という単語は、「人の間」と書きます。
人と人との関係のなかで、環境に適合していくから「人間」です。
ですから、ごく少数のために、他の人を蹂躙するのは、人間ではありません。
それは「人間の外」ですから「外人」です。

「外人」というのは、外国人という意味ではありません。
人の姿をしていても人ではない者が「外人」です。

その外人におもねり、自己の利益や自己保身を図る者もまた「外人」です。
これを「人の皮をかぶったケダモノ」と言います。

ケダモノとなる道を選ぶか、自立した人間として生きる道を選ぶか。
ケダモノ国家となる道を選ぶか、誰もが豊かに安心して安全に暮らせる道義国家としての道を選ぶか。
その選択のすべては、わたしたち自身にかかっているのだと思います。


20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

関連記事

コメント
小名木先生へ
僭越ながら、貴ブログの人気ランキングが降下の一途を辿っているようですが、今一度その原因を分析された方が良いのではなかろうかと思います。
読者コメント掲載の承認・非承認はブログ主の裁量に委ねられる処であることは確かでしょうが、愛国保守が取るべきスタンスとは「リアル&ファクト」を追求し、飽くまで「リアリスト」に徹することではなかろうかと思います。
自己の希望的観測や理想論に幻想を抱き、不都合な現実から目を背けて客観的事実まで情報隠蔽してしまうようでは、社会主義・共産主義を唱える「全体主義者」がやっていることと何ら変わらないと思いますが、いかがお考えでしょうか?

都知事選候補にはまるで三名しか存在しないかのような偏向報道を平然と行う「反日マスコミ」が担ぐ政治家に、碌な人物が居ないことは小名木先生も充分ご承知のはずです。
小池百合子氏に関しては、決して任期を全うすることはなく、「政治とカネ」の問題で週刊誌等で叩かれて舛添要一氏と同様の運命を辿るのは最早時間の問題かと思われます。
因みに、言うまでもなく「カジノ推進」のバックに居るのは密入国者「韓昌祐(ハン・チャンウ)」率いる反日在日朝鮮企業である「マルハン」です。

小池都知事 カジノ含む複合型観光施設誘致に前向き
http://gachi-sinpu.seesaa.net/s/article/440939002.html
2016/08/11(木) 13:00 | URL | 歴史の真実 #QMnOeBKU[ 編集]
No title
いつもありがとうございます。
ブログや「日本シリーズ3巻」、「百人一首」のご著書を読んで勉強させていただいています。

外の人、だから「外人(さん)」であり、
人間の外、ならば、昔ながらの言葉で「人外」ではありませんか?

今でも「外国人」のことを慣習的に「外人さん」と呼んでしまう人も多いので、
「外人とは「人間の外」を意味する言葉、差別語である」
とされてしまうと困ると思います。

本筋ではない小さいことでコメントいたしまして、申し訳ありません。
2016/08/06(土) 22:41 | URL | 山桜花 #-[ 編集]
No title
>国が大なりといえども、戦を好めば必ず亡(ほろ)ぶ。
 天下安らかなりといえども、戦を忘れれば必ず危うし。

今,生きている日本人の殆どは,鉄砲の扱い方を知りません。
これは,素晴らしいことですし,いかに日本が安全であるかを示すものです。

しかし,その裏では中国も韓国も有事の際には,自国のものを兵隊とするような国防動員法を制定しており,これを必要なときに運用することにしています。

今日のニュースでは,中国が尖閣諸島に中国漁船とこれに続いて海警が領海に侵入しました。

沖縄県の住民の方は,尖閣諸島に中国人が不法上陸した場合には,どうするのかと思います。
2016/08/06(土) 18:48 | URL | ポッポ #/5dmJF4E[ 編集]
No title
 日本は、何としてもシラスの精神に立ち返ることを第一の信条にしなければなりません。
 シラスの意味を知らない多くを占める今日の日本人に幼児の時代から徹底的に教育することこそ真っ先に手を付けなければならない必須条件と確信しています。
 ねずさんに感謝するとともに、今後ともご活躍を願っています。

 それにしても米内光政大将の書は書道のお手本のような見事なものですね、
2016/08/06(土) 13:24 | URL | tbsasahinhk #qauwC6GU[ 編集]
私達はまだ始まっていない!?。
変な表現ですが、獣(未人)を祓う武を備え、蛮(未開)を廃る法を調える獣武蛮法(説得)を必要とするうち(荒)は苔むす君が代(和[互助:助け合う]/愛[相補:補い合う])が始まる起点を目指すことこそヒト(霊止)の道であってカミはそれを道らす(親任総覧による祓獣廃蛮)国づくりとお知らせ下さった(詔)もの(早く人間を始めよう!)と妄想しています。「好戦必亡、忘戦必危」の天下では獣にあっては助け合うことすら叶わず、蛮にようやく助け合えても補い合うゆとりは残念ながらありません。確かな不幸で無くすべき災禍すが、今は核兵器を廃絶することでも平和を訴えることでもなく道らすに「いのち(魂の霊)」の哀しみ(不完全)と「いのち(使命)」の望み(愛で甚さ)を知るべく報せた結果(納得)として貶し合い挫き合い、奪い合い邪魔し合う常識や正義が祓廃されて「そんなコトやってる場合ではない!」と一人でも多くの人に道らすが知れ渡りますよう引き続き「ねずさんと学ぶシラス国ブログ」で学ばせていただきます。
2016/08/06(土) 11:32 | URL | 陸井夏樹 #kmQ4xb0A[ 編集]
更新ありがとうございます。

天下安らかなりといえども、戦を忘れれば
国は危うし。
大切な言葉です。 言い換えれば備えあれべ憂いなしですね。 いつ何時、中国共産党が日本を侵略するやもしれないと軍備を怠らずにする。それはひとえに国民を守る為にです。チベットやウイグル人のような悲惨な中共による人権弾圧を絶対に日本の婦女子達に受けさせない為にです。 その為には9条件改正は必要です。
中国、北朝鮮から撃ち込まれるミサイルに太刀打ちできるだけのミサイル防衛システムが日本には確立されていません。
これはおかしいです。 日本にこそサードを配備すべきだと思いますね。それができなきのは9条の足枷があるからです。
安倍首相の在任時に九条改正だけは
して頂きたいと想います。
2016/08/06(土) 08:05 | URL | #-[ 編集]
No title
ワクチンの罠・・予防接種という名前でダマされてしまいますね。
http://ameblo.jp/shanti-jyoti/entry-11999539735.html
2016/08/06(土) 07:20 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク