アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


シラス統治を取り戻す

京都御所

20160807 京都御所
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

先日「倭塾」でお話したことなのですけれど、日本におけるシラス(知らす、Shirasu)統治というのは、天皇という最高権威のもとに、民衆を「大御宝(おおみたから)」とすることにより、民衆自身が権力者からの自由を得るという、極めて先進的な社会統治システムということができます。

なぜ先進的かというと、現代社会において、もっともすすんだ統治手法と思われている民主主義であっても、結果として、選ばれた統治者が私的に民衆を支配し隷属化させてしまうのに対し、シラス統治は、権力者にとって民衆がどこまでも国家の最高権威からの預かり物という形になるからです。
ですからシラス統治は、究極の民主主義であり、民主主義が行き着く最後の形ということができます。

実際、古事記の物語を追ってみると、最初は高天原は、天照大御神によるウシハク統治であったわけです。
ウシハクというのは、主(ウシ)が佩(は)く、つまり主人が私的に支配するという統治の形態のことをいいます。
ところが須佐之男命という脅威が高天原に現れたとき、このウシハク統治は行き詰まってしまうのです。
それで天照大御神様が、天の岩戸にお隠れになってしまわれる。

そのときに生まれたのが、議会制民主主義です。
八百万の神々の代表者たちが天の安の河原に集まって、議会を開き、その議会の決議に従って、再び天照大御神様に、岩戸からお出ましいただけるように計らいます。

そしてこの後に、天照大御神様を最高権威とし、議会と行政府がその下にあって政治や行政を行うという形が完成しています。


20160810 目からウロコの日本の歴史



つまり、高天原の統治は、

 天照大御神の独裁的ウシハク統治(最初の頃)
  ↓
 天の安の河原での議会制民主主義の開始
  ↓
 天照大御神を最高権威とし、
 その下に議会と行政府を置くシラス統治

という順番で、シラス統治の形が完成し、その完成した統治の形態を、そのまま中つ国でも行うようにと、邇邇芸命が天孫降臨したのだ、ということが、古事記における話の流れとなっています。

ここでひとつ注意しておかなければならないのですが、大国主神神話では、「汝のウシハケルこの葦原の中つ国は、我が御子のシラス国ぞ」と、建御雷神の言葉が出てきます。
ここでは、シラスとウシハクが対義語として語られています。
しかし、建御雷神はウシハクを単に「汝のウシハケル」と言っているだけで、「悪い統治」と言っているのではないことには注意が必要です。
つまりシラスとウシハクは、対義語ではあっても、それは良い悪いを意味する対義ではないということです。ここは大事なところです。

なぜなら、天照大御神の岩戸開き前までの高天原の統治が、実質的にウシハクになっておいでだったわけです。
もし、シラス・ウシハクが善悪の対比なら、とんでもない冒涜になってしまいます。
そもそもすこし考えたらわかることですが、会社の創業期、あるいは非常時における軍隊の活動などにおいては、ウシハク体制が不可欠です。
今風にいえば、トップあるいは上官が、完全にリーダーシップを発揮しなければ、組織は形成されないし、動かないのです。
ですから世の中は、シラスとウシハクは同時に共存し、相互に補完するものであって、一方が良くて一方が悪いというようなことは、古事記には一切書かれていないという点には、本当に注意を払うべきです。両方必要なのです。

民衆が、より豊かに安心して安全に暮らせるようにする。
そのためには、民衆そのものを「おおみたから」として慈しむシラス体制と、
強力なリーダーシップのもとに、危険を顧みず民衆を動かすウシハク体制と、ときに応じて、どちらも必要なのです。
もっというなら、この二つの違いは、平時と変時における必要な統治の違いということができるかもしれません。

こうした統治の仕組みが、いつごろ我が国で考案され、それが実施されたのかは、まったくわかりません。
わからないくらい古い昔に考案され、それによって、国の根幹の形をシラスにしてきたのが、日本です。

シラスは、国家の最高権威と最高権力を分けます。
そして民衆を最高権威のもとに、「大御宝(おおみたから)」とします。
最高権力は、最高権威の下にありますから、これによって権力は、最高権威の宝を預かる立場になります。
自分のモノなら、勝手に処分できますが、上司からの預かりものでは、粗略にできません。
しかも民衆は「おおみたから」というのです。
最高の宝物です。
ということは、シラスは、「究極の民主主義」、あるいは「民主主義が最後に到達する最終的発展形」ということができます。

このことは裏返していうと、民衆にとって、権力者からの自由は、天皇という存在によって担(にな)われているということがわかります。
ですから天皇の御存在がありながら、天皇を重視しない社会風潮が生まれると、結果として民衆は権力者に支配されるだけの哀れな存在となります。
天皇という存在のありがたさによって、権力者は、どこまでも大御宝である民衆の誰もが豊かに安全に安心して暮らせるようにしていくことが、最大の使命となるのだし、民衆は天皇の権威のもとに、権力者からの自由を得ているのです。
天皇という存在のありがたさがなければ、民衆は、単に権力者に支配されるだけとなり、世の中は、ただ上下関係だけの支配と隷属が蔓延することになります。
これが発展すると、民衆は、事実上の奴隷となります。

ちなみに、日本には上古の昔から、奴婢、生口はいましたが、奴隷はいません。
大陸的な意味における奴隷というのは、単に人間が売買の対象となるというだけではありません。
奴隷はモノであって、人でさえありません。
先般の口蹄疫事件のときに、口蹄疫に罹患した牛が約30万頭、殺処分となりました。
30万頭です。とんでもない数ですが、この殺処分を命じた官吏も、実施した官吏も殺牛罪には問われません。
つまり、殺人罪も傷害罪も強姦罪も、人に対して適用されるものであって、動物やモノに対しては適用されません。
つまり奴隷は、ただの動物やモノと同じ扱いだったということです。

これに対し、日本の奴婢・生口は、どこまでも人です。
まず奴婢から申しますと、奴婢は、
「奴(やっこ)」=男性、
「婢(ひ)」=はしため
です。つまり、下男、下女のことを言います。

下男、下女というのは、お屋敷等で住み込みで働く人達で、いまでいうなら会社の「社宅に住んでいる社員たち」です。
たとえば製造業の会社なら、工場で働く人達が戦士、
事務所で経理などをして働いている男女が下男下女で、奴婢です。
ちゃんと給料をもらって働いているし、優秀な者なら、屋敷の主が費用を負担して高い教育が得られるようにしてあげたり、養子に迎えたりということもありました。
屋敷の主が世襲なら、下男下女たちも、その多くは世襲でした。
なぜなら、世襲であることで、信頼、信用が増すからです。
これはどうみても、人としての処遇です。
ということは、奴隷と奴婢は、まるで異なるものです。
いまの時代でも社宅に住んでいる社員さんたちのことを誰も奴隷とは思わないでしょう。

生口(せいこう)は『後漢書』に「107年(後漢永初元年)、倭国王・帥升らが後漢の安帝へ生口160人を献じた」という記録があります。
日本(当時は倭国)が、後漢の皇帝に160人の人を献上したのです。

少し考えたらわかることですが、最高の存在を自称する一大権力者である後漢の皇帝に、国家儀礼として献上する人たちを、果たしてホームレスのような穢い人たちを献上したりなどするでしょうか。
ちゃんと支那の言葉がわかり、それぞれに技術を持った優秀な人たちを160人献上することで、我が国が国家としての威信を示すのでなければ、献上にならないのではないでしょうか。
生口は、生きる口と書きますが、要するにこれは生きた人ということです。
しかも口があるということは、後漢の皇帝は、160人もの人を、これから生涯、食わせて行かなければならないのです。
食わせる以上に値打ちのある人達、つまり技術や教育のある人達でなければ、後漢の皇帝にしても、もらっても迷惑です。
つまり生口は、生きている優秀な技術や知能を持った人たちであって、これを大陸的な意味での奴隷と同じと考えるほうが、常識としてどうかしています。
日本は、民衆を大御宝とするシラス国なのです。

ところがそのシラス国が、昨今、たいへんに乱れてきています。
天皇軽視の風潮が広がってきているからです。
天皇権威を否定したり軽視したりすると、いちばんワリを食うのが民衆です。
下に行けば行くほど、ワリをくらいます。
なぜなら権力者はどこまでも自己の権力の肥大化、極大化を目指すものだからです。

ここでいう権力者というのは、お金持ち(富者)を含みます。
お金持ちは、もっとお金を求めます。
すると相対的に、多くの民衆は隷属下に置かれます。
つまり正規雇用が減り、人がまるでモノであるかのように、いつでもクビにできて、安い時間給だけを与えれば良いという状態になります。

従業員は、ただの駒であり、駒は安いほど良い。
そういう価値観が蔓延します。
そうなるのです。
経営者は自分が稼ぐためにパート、アルバイトを雇っているのです。
パート、アルバイトの生活の心配など、経営者には関係ない話なのです。

これが、大御宝を預かっているという関係になると、その宝が、より豊かに安心して安全に暮らせるようにしていくことが経営者の使命になります。
そうであれば、時給労働者ではなく、正規雇用、もっというなら終身雇用があたりまえの社会になります。

こうしたことが極端に現れたのが、ちょっと前までの支那社会です。
支那には支那人の経営する晩春宿がありましたが、ほんの数十年前まで、そこでは妙齢の女性が雇われ、両目が針で突かれて潰されるのが当然でした。
目が見えたら、客の選り好みをするからです。
そして、一定の年齢になると、その目の見えない女性たちが、店から追い出されました。
要するに使い捨てでした。
人が、カネと権力にしがみつくようになると、そこまで他人に対して冷淡になってしまうという、これはひとつの典型です。

昨今の日本でも、もはや終身雇用などという考え方自体が、ほとんど死語になりつつあります。
社員は使い捨て。
それも、自社で雇用するパート・アルバイトどころか、派遣を利用することで、雇用関係さえも拒否されるという風潮です。
そのどこにも、大御宝を預かっているのだという気概も思想も責任感もありません。

要するに天皇という国家最高権威のもとに、民が大御宝とされている社会が、いつのまにか、天皇は象徴という名のただの国家のお飾りでしかないような、きわめて侮辱的、国辱的な思想が蔓延し、その結果、そのように思い込んでいる民衆自身が、ただの隷属的支配を受け入れざるを得なくなってしまっているわけです。

いやいや、自分は終身雇用で、安定した仕事を持っているから関係ないと思われる方もおいでになるかもしれません。
けれど、その方の息子さんや娘さんが、将来正規の終身雇用になれる可能性は、いまや皆無に等しい情況に至っているわけです。
ということは、「天皇なんて関係ない。自分はちゃんと稼いでいる」と言っている、あるいは思い込んでいるその人自身が、一番大切な我が子の未来の幸せを潰していることになります。

シラスは、民主主義の超発展形です。
過去の歴史において、日本と同じように国家の最高権威と最高権力を分けるという統治の形態を生んだ国や民族は、他にもたくさんあったのかもしれません。
けれど残念なことに、せっかくそうした究極の民主主義が生まれていたかもしれないけれど、それらは民衆を支配し隷属させ、民衆から収奪の限りをつくす乱暴者や乱暴な民族、欲の塊となった不埒な人種によって、ことごとく滅ぼされ、いまではその片鱗さえもうかがい知ることができなくなってしまっています。

日本は島国だからシラスが生き残った、ということも違うと思います。
島国の内部であっても、権力争いというのは、いつの世も壮絶なものです。
日本でも、有史以来、そうした権力の争奪戦は何度もあったけれど、結局のところ、天皇のシラス国という統治スタイルが、結果として誰もが納得できる最も優れた統治形態だからこそ、紆余曲折はいろいろあっても、最後には、天皇のシラス統治が守られてきたのです。

一昨日、天皇のお言葉が発せられましたが、わたしたちは、いまいちど、シラス、ウシハクという、日本の原点に帰って、いまの日本を考えなおしてみる必要があるのではないかと思います。


20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
数日経って
1手抜きしない。
2できなくなる。
3備えよ。
ただそれだけです。特に1です。
あとは十七条に即して具体的に精緻に検討すれば必然が導けます。
言わせていただくなら:
 
どいつもこいつも「ぼくがかんがえたてんのう」を振りかざしてるだけじゃねーか。
そんなの個人差があって当然じゃね? そんなもん互いに持ち寄ったらモメたくなくてもモメざるを得ねーだろ。違うか?
ねずさんは解ってるからそこには軽く触れるにとどめて、国士を気取る者ほど視野狭窄に陥って気づかなくなりそうな点を書いてみせた。
 
そこにあんたら感謝とかしねーわけ? 顔を上げて周りを見ろ。耳を澄ませ。
 
なあ。猿飛佐助は戸沢白雲斎に何を言われた?
心眼心耳といって心を研ぎ澄ませば、暗闇に物が見え、静けさに音が聞けるようになるのだと言っていたではないか。
講談の作り話なのか?違うだろう。
迷ったときほどシンプルに。シンプルにしないで詳しい話したら木を見て森を見ずどころか枝葉末節に迷い込むぜ?
半分自分に言い聞かせてんだけどな。
失礼しました m(_ _)m
2016/08/15(月) 07:12 | URL | beany #-[ 編集]
くすのきのこさんへ
私は、シラス国の日本人として生まれ育ち本当に良かったと思います。シラスの心は日本人でなければ分かりづらいでしょう。
『君が代を声が裏返っても大きな声で歌おう』と言った体操団体金メダル、本当におめでとうございます。

この、君が代、日の丸が日本の国歌、国旗です。
くすのきのこさん、ご存知ですよね?
あなたは誇りが持てますか?
私は心より敬います。
くすのきのこさん、これらをキライという人たちがいたら、それはどんな人で、あなたはどうお感じになりますか。お答えいただけたらと思います。

そしてご立派な業績を数多く残されたのは昭和の大帝です。
天皇イコール昭和帝ではありますが、昭和大帝イコール今上陛下ではありません。混同して誘導なさらないように。

世界が認めている皇族は、今上陛下、秋篠宮家、常陸宮家です。バチカンも秋篠宮様、同妃を正式にお招きになりました。
2016/08/10(水) 23:50 | URL | 桐一葉 #a8N0vP3U[ 編集]
No title
まったく、今上天皇の御意思をことごとく無視して、足蹴にするような安倍首相と内閣のやり方には、腹が立ちます。民主主義の力で何とかしなければなりません。
2016/08/10(水) 22:25 | URL | #-[ 編集]
No title
こんにちは。
日本は権威である天皇の下に、国政を自裁担う権力を持つ幕府や内閣が存在。
幕府や内閣は栄枯盛衰で次々と変わっていくのが常。皇室はそれを凌駕して
存在。そういう存在であり続けるのは難しかったでしょうね。時代によって
は相当逼迫したでしょうが、それでも維持し続けた。現代はまだましな方か
もしれません。ものすごい努力の積み重ねの偉業だと思います。
そして庶民にとっては、現代は最高ではないでしょうか?ご尊顔すら拝めな
かった天上の方々を映像で、写真で見る事ができる・・この国の津々浦々ま
で訪なって下さる・・そんな時代があったでしょうか?かつてありませんで
した。これは外国の王室も同様です。情報の共有が可能な時代なのです。
雑草という名前の草はない。博物学者でもいらした昭和天皇の御言葉です。
空襲で皇居が焼け落ちた時の御言葉・・これで皆と一緒になれた。この後空
襲には強いが地下に造られた湿気で吊るした服が湿気ってしまう仮御所に戦
後16年までお住まいになられました。水が天井から滴ったそうです。
今のお上は、戦後8年目19歳にしてエリザベス2世の戴冠式に、元敵国の
英国に昭和天皇の名代として参列。チャーチル氏に恭しく礼をされ受け止め
た方。英国が日本国を尊重してくれたのも、受け止める器量があればこそ最
大のもてなしとなった。世代の移り変わりを示す行事だったのでしょう。
現代のお上は、常に日本の国と共におられますね。お上はお国でしょう。
ですからご自分のお体の事になぞらえてはおられますが、仰っているのは国
の在り様の事ではないでしょうか?戦後随分と時間がたったが日本の在り方
はこのままでいいのだろうか?その事を国民それぞれが考えて欲しいという
メッセージではないかと思います。混乱は免れないとの警告付きでw
日本の政治体制は今後どう変わっていくかわかりません。ですが皇室は政治
とは別格の上の存在です。政治や経済はその時々の権力集団が行うものでしょ
うが、皇室は国そのものの安寧のために存在し続ける努力を今後も絶やさな
いでしょう。例え知られなくてもやってきたわけですしねw
たとえ知らなくても・・名前のない雑草はない・・それぞれが固有である。
たとえ地味であってもw地道に今後を考えてしぶとく生きるように。
まあ・・腹を括るしかないわけです。あまり力みすぎないようにね。





2016/08/10(水) 15:48 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
お写真
ある方の指摘でネットを検索したら
雅○妃のお写真に心霊写真が多いのに愕然としました。心霊写真が頻繁に写りこむというのは、皇祖や神々の守りが薄い事を暗示すると拝察します。先行きが心配でならないです。真のご皇孫が弥栄えますように。日本国が平和でありますように。
2016/08/10(水) 14:47 | URL | #-[ 編集]
No title
毎日拝読さて頂いております。日本の統治の理想は「知らす」である事を、古事記は繰り返し述べていますが、その初出は黄泉の国から帰った伊弉諾が、禊をして天照大御神、月読、スサノオを生んだ記事になります。
「得三貴子。即其御頸珠之玉緒母由良邇〈此四字以音。下效此。〉取由良迦志而。賜天照大御神而詔之。汝命者。所知高天原矣。事依(而)賜也。故其御頸珠名謂御倉板擧之神。〈訓板擧云多那。〉次詔月讀命。汝命者。所知夜之食國矣。事依也。〈訓食云袁須。〉次詔建速須佐之男命。汝命者。所知海原矣。事依也」。
2016/08/10(水) 14:30 | URL | #-[ 編集]
No title
ねず先生、こんにちは。

シラスとウシハクは両方がバランスよく保っていくことが大切なのですね。
我が国はこの二つの統治方法を上手く使い分けてきましたが、今ではこの言葉をしらない日本人が大半になってしまったのは残念です。
今の日本の政治家でこの精神を持っている人は存在するのでしょうか。
やはり、民衆政治で選ばれた者と天皇に命じられた者とでは背負っているものの重さが違うので平気で不祥事を起こしてしまえるのでしょうかね。
日本人は今、日本という国のあり方や天皇の存在がどういったものなのか、もう一度考え直す時期に来ていると思います。





2016/08/10(水) 14:26 | URL | ゆき #-[ 編集]
シラス統治
取り戻すべきは、シラス統治。しかし陛下を象徴とするGHQ憲法下では、我々の意識の中で、陛下を敬う精神が養われない気がする。やはり改憲が必要か?
2016/08/10(水) 12:58 | URL | 厚木國殿 #NfOymItA[ 編集]
いつもありがとうございます。
シラス統治が復古するには、天皇陛下や皇室の直系男子が、天照大御神さまの直系のご子孫という素朴な信仰心が日本国民の心に復活しなければなし得ないと想います。
国民の神話教育が急がれる所以です。
それともう1つ、GHQ政策により皇室に深く入り込んでいる国体破壊思想や神道よりもキリスト教や他宗を信仰する態度も祓い改めて頂く必要があります。現実として本当の神道を体得されておられるのは、
秋篠宮親王殿下と少数の宮家だと拝察致します。

私も含めて日本人一人一人の意識も高めていく事がシラス国復古へと導いてゆく時節ですね。 太陽(日の本)の時代きたれりです。
2016/08/10(水) 11:08 | URL | #-[ 編集]
難しいコトは分からないが、きっと日本の根っ子の根っ子
【道らす(しらす)を知らない国づくりは外患化外のやりたい放題!】
_説得のせめぎ合い(主佩く〈うしはく〉獣蛮:駆け引き手心など)に留まれば「働かせモノ働かされモノ」が飽くなき主を競い、納得の道筋(自己実現論の第五段階?)を道らす(人道/ジントウ)に知れば「働き者」が我がため世のための「機楽・傍楽(ダジャレ)」工夫(モノづくりの原点)に専念できるユトリが醸成されますよネ?。きっと!。
_ねずさんを始めとする諸賢のヒモ解かれる知国(しらす:知らす治らす統らす添らす沿らす)の深奥遼遠はともかくとして、道らす和の国政参監では「この道しかない!」この道に「道らす」とこじつけて日本の根っ子の根っ子と解釈しております。
_それは始らす(しらす:ナニが分からないのかが分からない!アレコレできない!無知不完!)から道らす(為らす合らす調らす結らす和らす幸らす奇らす直らす・・・試行錯誤)を経て至らす(しらす:分かった!納得!/分からないこと出来ないことはない!全知完能!)に帰結するだろう妄想でしかありませんが、客観的で普遍的で無矛盾の憲鎹(ケンソウ:憲[心に刻み付ける]と鎹[心を繫ぎ留める])を思いついたのもまた道らすでした。
2016/08/10(水) 10:48 | URL | 陸井夏樹 #kmQ4xb0A[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク