アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


弁慶の勧進帳

★ 本日18:30より江東区文化センターで「ねずさんの百人一首」の講座があります。
  詳細は↓で。
https://www.facebook.com/events/223331701387270/</u>">https://www.facebook.com/events/223331701387270/

20160825 弁慶の勧進帳
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

「弁慶の勧進帳」といえば、見せ場の続く歌舞伎ファンにはたまらない定番です。
だいたい次のようなあらすじになっています。

源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸道を通って奥州平泉へ逃げようとします。
頼朝は義経を捕えるために、道筋に多くの関所を設けます。
義経一行が加賀の安宅の関(石川県小松市)に差しかかったとき、関所の守の富樫左衛門が一行を怪しみます。

問い質す富樫左衛門に、弁慶が答えます。
「我らは東大寺修復の寄付を募るための勧進をしている山伏である。」
「ならば勧進帳を持っているであろう。それを読んでみよ!」と富樫。

弁慶は白紙の巻物を勧進帳であるかのように装って朗々と読み上げます。
これが「弁慶の勧進帳読上げ」という、ひとつの見せ場です。

なおも疑う富樫は、弁慶に山伏の心得や秘密の呪文を問います。
弁慶は、間髪をいれず、これに答える。
これが「山伏問答」です。
富樫と弁慶の見事な掛け合いが行われます。


20160810 目からウロコの日本の歴史



富樫は、この時点でそれが義経の一行だと見抜きます。
その一方で、弁慶の堂々とした振る舞いにも心を動かされます。
ところがこのとき、富樫の部下のひとりが、
「そこにいる小男は義経ではありませぬか」と富樫に申出ます。
富樫は奉行ですから、これを無視するわけにいきません。

富樫は弁慶に、
「そこにいる小男が義経ではないか」と問います。
すると弁慶は、やにわにその小男を
「お前が愚図だから怪しまれるのだ」
と、金剛杖で殴りつけるわけです。

金剛杖というのは、いまでもお遍路さんなどで使われる、六角形、または八角形をしている木製の杖です。
これで思い切り殴るのです。痛いです。

弁慶は義経の家来です。
家来が主君を棒で殴るなど、本来ありえないことです。
それが目の前で行われている現実に、義経主従の絆の固さを感じた富樫は、義経一行の関所通過を許すのです。

ここは山場です。
富樫は関守であり、当時の仕組みとして、彼が義経一行を見つけ、逮捕すれば、彼は巨額の恩賞と名誉ある地位を得て立身に授かることができます。
ところが富樫は、知っていて義経一行の通行を許可するわけです。

しかもこのときの富樫は、自分が「それが義経一行である」と気付いたことさえも、周囲に悟らせないよう、配慮して振舞います。
知らないで通してしまったというのならまだしも、知っていて通したとなれば、富樫ひとりではなく、周囲にいる富樫の部下たちもその罪を免れないからです。

弁慶も、そうした富樫の心遣いに気がつかないふりをします。
そこで感謝などしたら富樫の立場を失わせることになるからです。
二人は眼と眼でわかりあいます。

歌舞伎では、ここは無音になります。
笛や太鼓や歌などにぎやかな演出が多い歌舞伎ですが、この場面では、静寂がかえって緊迫感を漂わせます。

最後に富樫は「失礼なことをした」と一行に酒を勧め、弁慶はお礼に舞を披露します(延年の舞)。
弁慶は舞ながら義経らを逃がし、弁慶は富樫に目礼して後を急いで追いかけます。(飛び六方)。

歌舞伎では、このシーンで弁慶が花道を踊りながら去っていきます。
観客はここで万雷の拍手となります。

勧進帳の読み上げや、山伏問答における弁慶の雄弁。
義経の正体が見破られそうになる戦慄感。
義経と弁慶主従の絆の深さの感動。
舞の巧緻さと飛び六方の豪快。
見どころが多いこの勧進帳は、歌舞伎のなかでも、実に素晴らしいものです。

物語は、もちろんフィクションです。
しかし、ここで登場した富樫左衛門は、実在の人物です。

実名を富樫泰家(とがしやすいえ)といい、1182年、木曽義仲の平氏討伐に応じて平維盛率いる大軍と加賀・越中国境の倶利伽羅峠にて対陣し、燃え盛る松明を牛の角に結びつけて敵陣に放ち、夜襲によって義仲の軍を大勝利に導いた実績を持ちます。
そして木曾義仲が源義経に討たれた後は、頼朝によって加賀国の守護に任ぜられました。 
肚のわかる豪胆で立派な武士だったようです。

この「勧進帳」はお芝居とはいえ、日本人の気質の、いくつかの大事な点を気付かせてくれます。

第一に「武士は上からの命令だけで動くものではない」という点があげられます。

もし富樫が、上の命令だけに忠実であるのなら、義経一行と見ぬいた時点で、義経らを逮捕しています。
しかし彼はそうはしていません。
見破りながらも、義経と弁慶の信頼、そして弁慶の堂々とした立派な態度に心を打たれ、通行を許可しています。
観客は、そうした富樫の態度に、拍手を送ります。

上からの命令だけしか動かない者を、日本人は軽蔑します。
パブロフの犬と同じだからです。
パブロフの犬は、ベルを鳴らす都度餌を与えていると、そのうち犬はベルが鳴っただけでヨダレを垂らすようになるというものです。
ベルが鳴る→ヨダレを垂らす。
上からの命令→ただ従う。
同じです。

お天道さまが観ていると考える日本人は、たとえ断れない上からの要望であったとしても、要求されたからただ従うというのではく、それを行うことが自分の魂に誓って正しいことといえるかを判断します。
そして納得して行動する。
納得して行動するから強いし、命がけにもなるのです。
後ろから銃を突きつけられてする仕事と、自ら率先して行う仕事では、仕事の質が違います。

ずっと後年になりますが、昭和13年にソ満国境に殺到した二万人のユダヤ人難民を救った樋口季一郎中将にしても、あるいは昭和15年にリトアニアで6千人のユダヤ人に命のビザを発行した杉原千畝にしても、建前に基づく上司の「駄目だ」という判断よりも、自らの魂の清浄さに従うという選択をしています。
そして、その選択をした部下を、上司は逆に、人として男として認めます。

似たような話は、忠臣蔵にもあります。
大石内蔵助は、主君の仇討のために江戸に向かうのですが、このとき垣見五郎兵衛(かきみ ごろべえ)というニセの名前を使います。
ところが東海道のある宿場で、本物の垣見五郎兵衛とばったり出くわしてしまうのです。

双方、自分がホンモノであると言って譲らないなか、ホンモノの垣見五郎兵衛は、大石に「通行手形を見せよ」とせまります。
当然、大石はニセモノですから、そんなものは持っていません。
だから懐から白紙を取り出して垣見に見せます。

ふと見ると、大石の荷物の長持(ながもち)には、播州浅野家の紋所が刻印してあります。
すべてを察した垣見は、目に涙を浮かべながら、
「拙者の通行手形をお使いなされよ。そして見事本懐を遂げられよ」と、ホンモノの通行手形を大石に手渡します。
このシーンは、忠臣蔵の見せ場のひとつです。

これは史実ではなく、弁慶の勧進帳に似せた創作ですけれど、観客はやはりここで万雷の拍手を送るわけです。
ここにもやはり、身分や上下関係や、事の是非よりも、人として男として立派な振る舞いをすることを優先するという日本的精神が現れています。

大石の通行手形は、白紙なのです。
どっちがホンモノかは、明らかにわかります。

オトポール事件では、当時の日本はソ連と敵対することは是が非でも避けなければならないことです。
杉原千畝のときは、当時の日本はユダヤ人を追い詰めているドイツと同盟関係にあります。
ですから千畝が内務省にビザ発行の許可を求めたとき、内務省は「ダメだ」と答えています。

しかしオトポール事件で樋口季一郎がユダヤ人を黙殺したり、あるいは杉原千畝がユダヤ人たちにビザの発行を「しなければ」、内務省も、政府の閣僚たちも、そして日本の世論も、あるいは樋口や杉原の親兄弟、親戚一同、同級生、友人たちみんなは、彼らを「腰抜け、人非人」とみなしたと思います。
彼らは上からの命令をただ実行したのではなく、お天道さまに見られている自らの魂が納得できる行動をしたのです。

単に上からの命令に服従するだけなら、バカでもできる。
それでは畜生と同じです。
「お手」と言われて、前足を出す。
「チンチン」と言われて、チンチンする。これと同じです。
単に、刺激を受けて反応しているだけです。

日本人の伝統的価値観は、こうした反応的行動を非常に蔑みます。
ベルが鳴っても、人として何が正しい生き方なのか。
それを自分自身の価値観の中で判断し、ご先祖や天地神明に誓って正しいといえる選択をし、行動する。
日本人は、これを魂の美徳としてきたのです。

おもしろい話があります。
16世紀のイエズス会宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(Alessandro Valignano)は、安土桃山時代から江戸時代初期に、日本を三度訪れたイエズス会の司祭です。
彼は第1回の日本巡察のときの模様を、『日本諸事要録(S. I. SUMARIO de las cosas de Japón)』(1583)という本に書き遺しています。
この本は東洋文庫にもなっていますので、お読みになられた方もおいでになるかもしれません。
そのヴァリニャーノ神父の記述の中に、次の一文があります。

*****
この国の民の悪い点は、
主君に対して、ほとんど忠誠心を欠いていることである。
主君の敵方と結託して、都合の良い機会に主君に対し反逆し、自らが主君となる。
反転して再びその味方となるかと思うと、
さらにまた新たな状況に応じて謀反するという始末である。
ところが彼らはこれによって名誉を失うことはないのである。
*****

ヴァリニャーノ神父は、日本人がきわめて名誉心の強い国民性を持っていると書いた後に、この文章を書いています。
どこまでも教会の命令であれば、たとえ理不尽な要求であっても従うことしか学ばなかったヴァリニャーノ神父にしてみれば、日本人はなるほど忠誠心を欠いているようにみえたことでしょう。
けれど、人として大切なこと、人として恥じないことは何かを、ひとりひとりが自分の良心と魂に誓って選択するというのが、もとからある日本人の気質です。

ですから上が間違っていると思えば、平気で反逆するし、自分が主君に代わってリーダーシップを発揮します。

このとき、「魂に恥じない」という価値観を持つかどうかが、隣国などとは異なる点です。
隣国の場合、このときの価値判断の基準は、常に「どちらが上か」か、「どちらが得か」です。
そこに「魂に恥じない」という価値観はありません。

なぜ日本人がこのような価値観を持つに至ったかは、明快です。
日本が「天皇の知国(しらすくに)」だからです。

「知(しらす)」というのは、神々とつながり、神々の御心のままに、神々の命(みこと)を持って、という意味です。
天皇は、神々とつながり、神々とともに、神々の名のもとに、臣民を大御宝とされています。
ですから、臣も民も、ともに天皇の大御宝という意味において、対等です。

臣は、人の上に立つ人、民は下にいる人々です。
もちろんそこには社会的役割としての上下関係は存在しますが、それ以上に、臣も民も、ともに大御宝、つまり、臣も民も、神々のもとで、人として対等であるということが、日本の社会の根幹になっています。

ですから、臣が間違っている、あるいは臣が、建前上NOと言わなければならなかったとしても、民は、神々が望まれることを実現する。
それが人としての生き方であるというのが、日本的正義であり、日本人的生き方となります。

ヴァリニャーノ神父は、日本人が「謀反しても、それによって彼らは名誉を失うことはない」と書いていますが、文章から察するに、おそらく彼は、なぜそうなるのかわからなかったのではないかと思います。
ですから彼の目には、それは「信じられない不思議な現象」にしか見えなかったことでしょう。

けれど、いかなる場合にあっても、どこにあっても「お天道様は見ている」と考えるのが日本人です。
お天道さまに恥じない生き方をするには、どうしたら良いのかが、日本人の行動の根幹です。
たとえ、上司の命令であったとしても、お天道さまに恥じない生き方を選ぶのが人として当然の行動と考えられたし、上司もそれができる男を、「胸に心(しん)のある男」として信頼したのです。

日本人のこうした思考と行動は、一昔前の日本人にとっては、あまりにもあたりまえの、子供の頃からの常識でした。
けれども、国王が絶対的権力と圧倒的財力を持ち、民に一切の私有を認めず、上に立つものは、下にいるものから、あらゆるものを奪いとって構わない。自分だけが得することができれば良いという思考回路を持つ人々には、日本人のこうした常識は、まったく理解できないものです。

日本人は、たとえ上の命令に逆らってでも、どこまでもみんなのためにみんなが幸せになることを選択します。
それが自らの魂に恥じない生き方を選択し行動するということだからです。

日本に住んでいても日本人になっていない人たちは、上の命令だけに反応します。
上に力があるからです。
上に力がないとなれば、平気でこれを裏切ります。
自分が上に立って、自己の利得を得るためです。

ですから日本人は、自分の魂に恥じない生き方をし、自分の頭で考え行動できる者を、優秀な男として評価し信頼します。
日本に住んでいても日本人でない人は、俺の言うことを聞く奴かどうかしか見ようとしません。
言うことを聞く者が「味方」であり、聞かない者は「敵」です。
その二者択一の思考しかない。

一見似たような行動に見えますが、その判断の元になっている考え方や行動パターンには、天地ほどの開きがあるのです。

そういえば、ユダヤ人を救った樋口季一郎や杉原千畝は、本省の命令に逆らってユダヤ人を助けたりビザを発行したから偉かったのだ、樋口も杉原も日本政府の被害者だと評価している人がいました。
全然違います。

彼らは、自分の頭で考え、自分の魂に恥じない行動を選択したのです。
そして彼らの上司も、彼らが「それができる男」と信じたから、「ダメだ」と返答しているのです。
弁慶の勧進帳の富樫と同じなのです。
それがわからなければ、日本人も日本の文化もおそらくまったく理解できません。
まして被害者などと、魂に恥じない生き方を貫くことが被害者ということなのでしょうか。
頓珍漢もほどほどにしていただきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html

「勧進帳」ダイジェスト版




【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
将門
将門は明治初期から昭和最後期まで、神田明神から摂社に遷座しています。これはもちろん朝敵将門が、天皇のおわする東京の神田明神の主祭神であることが相応しくないという理由です。これが戦前世代の価値観です。
昭和最後期に主祭神に戻っています。戦後天皇の位置づけが変わり、それが定着したからでしょうね。

ところで、これで合祀されている祭神を分割して遷座することも可能、ということも明らかですね。
2016/08/26(金) 05:14 | URL | 垂逸 #AIlHpmOk[ 編集]
神田明神
いつもありがとうございます。
勧進長は私も大好きな演目のひとつです。

東京総鎮守の神田明神の祭神は平将門公です。普通は時の天皇側の政権に矢を向けたのだから神様として御霊が祭られる事なんかあり得ないですよね。しかし将門公は都から遣わされた官僚達の理不尽な圧政に魂(良心)で
義憤を感じて乱を起こされたのです。だからこそ民衆は将門公を今日まで手厚く祭っています。 そして、これが本当の日本人です。
2016/08/25(木) 22:07 | URL | #-[ 編集]
No title
陶磁器の成分について
http://naovegan.blog.jp/archives/557553.html
2016/08/25(木) 17:23 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
>日本人は、たとえ上の命令に逆らってでも、どこまでもみんなのためにみんなが幸せになることを選択します。
これは,この一行だけを見ると,とんでもないことを言っています。
通常は法律を守ることが当然であるのです。しかし,時と場合によっては,これを守らずにみんなのために幸せになるならば,上の命令に逆らうことがあり,そして,その逆らった責任は自分が取ることを承知するとの前提があると思います。

ですから,上の命令に逆らったために左遷されたりすることは,愚痴一つ言わずに受け入れる覚悟を持った者にしか,これは出来ないことです。


こんな良い話の時に,水を差すようなことを指摘するのは,民主党政権の時,天皇陛下に習近平氏を面会させたことがあったからです。
当時のことは覚えておられると思いますが,天皇陛下に習近平氏(当時,副主席)を面会させたことは,どう考えても無理矢理でした。
それを,民主党は無理を承知で実行したのに,その責任は全く取らなかったのです。そればかりか,これに抵抗する宮内庁長官に「辞めろ」とまで言いました。また,面会の目的は明らかに天皇陛下の政治利用でした。
そして,このことに対して政府も政治家も,何の責任も取りませんでした。むしろ,政権にあるものは,憲法すらも超越できることを示したのです。

こんな憲法を無理矢理ねじ曲げての行動について,時の支那の野戦隊長には法律を破ったことしか残っていませんが,それが日本の国や国民のためになったとも思えません。

法が何故定められているのかと言うことを十分に知った者にしか,法を破ることは出来ないし,その場合には,自分で責任を取る覚悟が必要だと言うことを,知らなければならないと思います。
2016/08/25(木) 12:17 | URL | ポッポ #/5dmJF4E[ 編集]
きょうも道らすの一つ覚え!。
やはり「道らすによりて滅ぶる国あらば滅びてもよし、断じて滅びず!」ですよネ?。
2016/08/25(木) 11:21 | URL | 陸井夏樹 #kmQ4xb0A[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク