アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


日本の文化 和歌のお話

春光庵-作品-佐竹本三十六歌仙 素性法師
20160909 素性法師
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

 戦前戦中戦後にかけて、多くの軍人さんや元軍人さんたちに愛され続けたものに和歌や俳句があります。
いまでも新聞や雑誌のなかには、たくさんの文芸作品が掲載されています。なぜこれほどまでに短文字の詩歌が愛され続けているのでしょうか。

 古来、和歌や俳句はあらゆる日本文化の原点と言われてきました。
なぜなら古典といわれる和歌や俳句は、その文字上に書かれていることだけではなく、その文の外に歌意があるからです。
たとえば和歌です。
和歌には上の句と下の句があります。
その上下はいわばベクトルです。
そして上下二つのベクトルで指し示した三角形の頂点、そこに作者の真意があるとされてきました。
歌を読む者は、その二つのベクトルで、詠み手が真に言いたかったこと、伝えたかったことを読み解きます。
そしてその歌の真意に気付いたとき、読み手は大きな感動を得ることができます。

表面に書いてあることではなく、その奥に書かれている、つまり文字に書いてないところにある真意を読み解く、あるいは察するという文化が、実は、現代にもある、日本人の思いやりの心や、相手への細やかな気遣い、気配りに通じています。


20160810 目からウロコの日本の歴史



そこでひとつ例をあげます。小倉百人一首にある素性法師の歌です。

 今来むといひしばかりに長月の
 有明の月を待ち出でつるかな

この歌は、現代語に直訳すれば「すぐに帰って来るよと、あの人は言って出て行ったけれど、あれから長い月日が経って、とうとう晩秋の明け方の月になってしまいましたわ」という歌です。
「待ち出でつるかな」は女言葉で、最近の百人一首の解説書などをみると、この歌はお坊さんが女言葉で歌を詠んでいるから、この歌を詠んだ素性法師はいわゆるオカマのオネエに違いなく、彼氏が出て行ったきり帰ってきてくれないことを嘆いているのだと解説しているものがあります。
けれど違うと思うのです。
以下は私の解釈です。

 素性法師は、お坊さんになる前は、俗名を良岑玄利(よしみねのはるとし)といって、左近将監(さこんのしょうげん)であった人です。
左近将監といえば、近衛大将(左近衛大将・右近衛大将)の一角で、同じ役職をいただいた歴史上の人物といえば、徳川家康がこれにあたります。
戦前でいえば陸軍大将、戦後であれば陸自の幕僚長に相当する高官です。
そのいわば陸軍大将が、官位を捨て、家も捨てて出家しています。
出家は、この世の生を捨てて生まれ変わって別な存在(仏に帰依した僧)となるということを意味します。

 問題は、なぜ身分のある良岑玄利が身分を捨て、家を捨ててまでして出家して法師になったのかです。
これはいってみれば徳川家康公が、その地位を得た後に、お坊さんになって出家するようなものです。
これがたいへんなことであることは想像に難くありません。

 もともと素性法師は九~十世紀初頭にかけて生きた人です。
藤原純友の乱など、諸国で争いが相次いだ時期にあたります。
そういう時代にあって、良岑玄利は陸軍大将(左近将監)の要職にありました。
彼が左近将監をしていた時代の戦が、具体的にどの戦を指すものなのかは、はっきりとはわかっていません。
ただ歌に「有明」と出てきていることから、地名と夜明けを掛けて九州での大きな戦であったのかもしれませんが、それは歌からはわかりません。
ただ良岑玄利はその戦の最高責任者として指揮を執ったのであろうことは、役職上、当然のことです。そして戦となれば多くの血が流れます。

 戦いは、良岑玄利の名指揮によって勝ったからこそ彼は都に戻ってくることができました。
けれどその戦のあと、良岑玄利は出家し、戦で亡くなった兵たちの家を一軒一軒、尋ねてまわって、その家の仏壇に手を合わせ、経を唱える旅をしているのであろうと思われます。
旅をしたという具体的な記録があるわけではありません。
歌が、そのことを如実に物語っているのです。

 なぜならこの歌は、女性の言葉で書かれた歌だからです。
彼が諸国を訪ね歩いたある日、尋ねて行った先は亡くなった兵の家です。
そこにいたのは、兵の妻なのか母なのか、姉なのか妹なのかはわからりません。
けれどその女性が、
「あの人(子)は、戦に出発するときに、
 今度の戦いは、簡単な戦だから、
 きっとすぐに帰れるよ(今来む)と
 言いのこして出て行ったんですよ。
 だからきっと帰ってきてくれるに違いないって、
 ずっと待っていたのです。
 あれから何カ月も経ちました。
 もう晩秋です。
 有明の夜明けに月が出る季節になってしまいました。
 それなのに、あの人はまだ帰って来てくれないんですよ。」

そう言って、一筋の涙をこぼす女性の前で、ただうなだれるしかなかった、出家した元左近将監、この歌は、そのときのことを詠んでいるのであるかと私は思うのです。

 旅を終えた素性法師は、その後、仏門の世界で権律師(ごんのりっし)になっています。
権律師というのは、坊さんとしては、僧正、大僧都(だいそうず)に続く高い位です。
俗世で身分が高かったからというだけで就けるような位ではありません。
仏僧としての実績がなければなれない位です。
素性法師の、そうした姿があったからこそ、彼は万人が認める高僧となったのです。

 この素性法師のような話は、日清、日露、あるいは支那事変や大東亜戦争の時にも、たくさん残っています。
松井岩根大将もそのひとりです。
大将は戦地の岩を取り寄せて興亜観音を寄進しています。
乃木大将は日露戦争の戦没者のために、全国の神社に「忠魂碑」を寄進し、全国の慰霊の旅をされています。
少し古い話ならば、戦国時代の名将が、出家して仏門に入り、なくなった将兵の御霊を安んじることに生涯を捧げたという話なども、たくさん残っています。

 以下は大東亜戦争で特攻隊を送り出した玉井浅一司令のことです。
司令は戦争が終わった昭和二十二年の猛暑の日、愛媛県の関行男大尉の実家に、大尉の母のサカエさんを訪ねて、関大尉の母に両手をついて深く頭を下げると、次のように言ったといいます。

「自己弁護になりますが、簡単に死ねない定めになっている人間もいます。
 私は若いころ、空母の艦首に激突しました。
 ですから散華された部下たちの、
 その瞬間の張りつめた恐ろしさは少しはわかるような気がします。
 せめてお経をあげて部下たちの冥福を祈らせてください。
 祈っても罪が軽くなるわけじゃありませんが」

 この後、玉井司令は、日蓮宗のお坊さんになりました。
そして海岸で平たい小石を集め、そこに亡き特攻隊員ひとりひとりの名前を書いて、仏壇に供えました。
そしてお亡くなりになるその日まで、彼らの供養を続けられています。

 昭和三十九年五月、江田島の海軍兵学校で、戦没者の慰霊祭が行われました。
そのとき日蓮宗の導師として、枢遵院日覚という高僧が、役僧二人をともなって着座しました。
戦友たちは、その導師が玉井浅一さんであることに気づきました。
玉井さんの前には、軍艦旗をバックに物故者一同の白木の位牌が並んでいました。
位牌に書かれたひとつひとつの戒名は、玉井さんが、沐浴(もくよく)をして、丹精込めて、何日もかけて書き込んだものでした。

 読経がはじまると、豊かな声量と心底から湧きあがる玉井さんの経を読む声は、参会者の胸を打ちました。
来場していた遺族や戦友たち全員が、いつのまにか頭を垂れ、滂沱の涙を流しました。
会場に鳴咽がひびきました。
導師の読経と、遺族の心が、ひとつに溶け合いました。
その年の暮れ、玉井浅一さんは六十二年の生涯を閉じました。

 武将であれば、国を護るために戦わなければなりません。
けれど戦えば、敵味方を問わず、尊い命をたくさん失うことになります。
戦えば人が死ぬのは当たり前と、人の命をなんとも思わない将軍や王が、世界の歴史にはたくさん登場しますが、日本の将は、昔も現代も部下たちの命を、どこまでも大切にしてきたのです。
この素性法師の歌は、そういう日本の武人の心を、見事に象徴しているのです。

 この歌を百人一首に選んだ藤原定家は、この歌の詠み手の名前に、元の左近将監だった頃の良岑玄利の名ではなく、そっと「素性法師」と添えました。
その心、それが、古来変わらぬ、日本人の心なのだと思います。

 人には言葉にできない思いがあります。
その言葉にできない思いを描くために、万言を用いるか、それとも短い言葉にその思いを凝縮するか。
それは文化の違いといえるかもしれません。
日本人は、たった三十一文字の和歌の中に、伝えたい思いを凝縮する技術を築きました。
そしてその和歌の心が、いまなお、多くの日本人の心の中に息づいています。

お読みいただき、ありがとうございました。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
今日も軽輩の道らす國體(憲鎹・心宝紐帯・日本語)を胸裏に・・・。
「津波てんでんコ(自知自重)と結っコ(公知公協)/自主協立」に育った記憶で応援投稿したつもりが表現こそ謙虚に、しかし明らかに「無知のコトバアソビ」と解せる掣肘コメントに凹んでいたとき、知らすををお教えいただきました。おそらく今なお稚拙で「無知のコトバアソビ」に違いないとは思いますが、知らすをお教えいただいて「人はなぜ人を殺してはいけないのか(いのちはなぜ尊いのか)?」が分かった様な気がします。それは為すべき(教え合う:使命/イノチのワケ)為せる(学び合う:資格/天皇が道らす大御宝/日本文明啓開継承者)を為す(助け合う:役割/勤勉孝行)み~んなの国づくりこそ道らす日本と思い至ったからです。その道らす(しらす)とは「始らす(起/分かりたい)」から「道らす(人類は今ココ/守破離/荒和幸奇)」を経て「至らす(結/分かった)」へと続く壮大な物語の「この道しかない!」この道の序章(治らせる識られる[親任総覧]、國體[憲鎹・心宝紐帯・日本語]、国づくり日本の根っ子の根っ子)と思い至った軽輩造語です。
2016/09/09(金) 14:22 | URL | 陸井夏樹 #kmQ4xb0A[ 編集]
No title
帰化の条件には,どのようなものがありますか?
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji78.html#a09
2016/09/09(金) 08:05 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
左近の将監
いつも様々なことを教えていただき
ありがとうございます
以前にもご連絡いたしましたが
この読み方は(さこんのしょうげん)です
広辞苑にも載っていますが、わたしの
住んでいる仙台市泉区に将監という地域が
あるのです
お知らせまで
2016/09/09(金) 08:04 | URL | 柏木淑子 #-[ 編集]
No title
このお話は何度か読ませていただきましたが、改めて感動が湧きあがりますね。
このようにねずさんに解釈してもらって定家さんも「よく書いてくれた」って喜んでくれているのではないでしょうか。

ところで、昨日のひとりごと「原惣右衛門の母」をこの場でお借りします。

下記は、雑誌「歴史通」2015年5月号、加瀬英明氏の『ジョン。レノンはなぜ靖圀に参拝したのか』という題の寄稿の一部です。 テーマはジョン・レノンですが、ここに採り挙げるのは、加瀬英明氏の父の俊一氏とその母のやりとりの箇所です。

 東京湾に浮かぶ米戦艦『ミズーリ』号上で降伏式典が催されてから、70年目 を迎える。私の父、俊一は、重光葵全権に随行して参列した。
 重光外相がマッカーサー元帥の前にしつらえられた机に置かれた降伏文書に、 万涙を呑んで調印するわきに、父が立っている。

 その前夜に、母のか津が俊一を呼んで、「あなた、ここにお坐りなさい」と  いった。

 座ると、毅然とした態度で、「母はあなたを降伏の使節にするために育てたつ もりはありません」と叱って、「いかないで下さい」といった。
 
 俊一は「お母様、どうしても、この手続きをしないと、日本が立ち行かなく  なってしまうのです」と答えて、筋を追って恂恂と訳を明かした。

 しかし、か津は納得しなかった。「わたしには、どうして耐えられないことで す」といって立ち上がると、嗚咽しながら、新しい下着を揃えてくれた。
 
 私は中学に進んでから、父にミズーリ艦上で、どう思ったか、たずねた。
 すると、父は「日本は戦いには敗れたけれど、数百年にわたって、奴隷のよう に虐げられていたアジアの民を、解放した。そういう歴史的な大きな、新しい 時代を開いたという意味で、日本は勝ったという誇りを胸に秘めて、甲板を踏 んだ。 重光も同じ考えだった」と答えた。

 甲板に上がった時に、小さな日の丸が7,8個、灰色の壁に描かれているの  が、父の眼に入った。あきらかに「ミズーリ」号が撃墜した特攻機を表してい た。すると熱いものが込み上げてきた。 だが敵将の前で涙を見せてはなるま い。
 父は「これ程、生涯で泣くのをこらえたことはなかった」と、語った。

 私は「ミズーリ」号の甲板に立った父の悔しさと誇りをだいて成長した。
 
原惣右衛門のお母さんは、惣右衛門が自分のことを心配して戻ってきてくれたこと、どんなに嬉しかっただろう。でもその行為は忠義に恥ずべきことなんだと思ったんだ。悲しみと悔しさと怒り。 自分がいるから息子にこんなことをさせてしまった。 自分がいなければ・・。
その夜、喜びと怒り、どんな葛藤があったのだろうか。 息子に恥を書かせてはならない、そう決心したんだね。
凄い人だ。

明治天皇の大喪の日、乃木希典の妻静子は、希典と一緒に自刃した。 自分で短刀を胸に刺したけど、死にきれず、希典がそれを助け、死を見届けた希典は古式に則った作法で割腹自害したんだね。 

八田興一の妻外代樹は終戦(正しくは敗戦) 直後、興一がつくったアジア最大の台湾のダム鳥山頭ダムに投身自殺した。 戦死した夫の後を追ったんだ。

226事件で、青年将校に5発の弾丸を撃たれ、死にかけていた鈴木貫太郎に止めを刺そうとした安藤大尉を制した貫太郎の妻たか。
「あなた起きなさい!」の一言で、貫太郎は死の淵から息を吹き返した。
昭和天皇と2人で日本を終戦に導いてくれた鈴木貫太郎。(「ねずさんの昔も今も凄いぞ日本人」第2巻 『終戦内閣を支えた妻』)

凄いな、日本の母、女性は。 乃木希典、八田興一、鈴木貫太郎、凄い英雄たちだけど、なんかこの奥さんがいたから、ってそんな気もする。 原惣右衛門もこの母だからって。

昔だけじゃない、今もだ。 
東日本大震災で、宮城県南三陸町職員、津波がやってきて身の危険を知りながら、避難を訴えるマイクを握り続けた若い女性、遠藤未来さんのことを知らない日本人はいないですよね。(ところで、実はあの時、上司の男性も一緒に避難を訴えていて、彼はいまだに遺体が見つかっていない、って最近知った。)

長い文章、失礼いたしました。


2016/09/09(金) 06:42 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク