アクセスランキング

日本は「たみ」が「おほみたから」とされる天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。


日本には漢字以前に文字があった

ハワイのペトログリフ
20161026 ハワイのペトログリフ
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

古事記の序文に、天武天皇の詔(みことのり)として、次の記載があります。

「天武天皇は申されました。
 『諸家が持っている帝紀や本辞は、
 事実と異なるし、
 またその多くに虚偽の記述がある。
 いまその誤りを改めなければ、
 幾年も経ないうちに、
 日本はなくなってしまうであろう。
 歴史は国家の大本です。
 そこで巷にある様々な帝紀から撰録し、
 旧辞を取捨選択して、
 偽りを削り、まことを定め、
 後の世に伝えたいと思う。』」

この詔は、天武十年(六八一年)に発せられたもので、川嶋皇子、広瀬王などの皇族、貴族合わせて十二名を前にお言葉を述べられたものです。

詔は、はじめに「諸家にもたらされている帝紀と本辞」とあります。
「帝紀」というのは歴代天皇記のこと、
「本辞」は古くからの神話や伝承のことを指します。

これが「諸(もろもろ)の家にもたらされている」わけです。
原文では「諸家之所賷」で、
「「賷(せい)」という字は「もたらされている」ことを意味する漢字です。

20160810 目からウロコの日本の歴史


【倭塾】(江東区文化センター)
第34回 2016/11/12(土)18:30〜20:30 第4/5研修室
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室


【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
第8回 2016/10/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
第9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室



この一文で、古事記は帝紀と本辞を原典にして書かれたということは明らかなのですが、ではその帝紀や本辞はどうなったかというと、「蘇我氏が滅ぼされたときに、蘇我氏の屋敷と一緒に焼失してしまった」というのが、現代の通説です。
だから古事記は、「現存する日本最古の歴史書」とされているわけです。

ところがここには「諸家之」と書かれています。
「諸」は「もろもろ」です。
「もろもろ」ということは、たくさんあるということです。

ということは、
 帝紀(すめらきのひつき)
 本辞(さきつよのことば)
というのは、単独の書名の固有名詞ではなくて、もろもろの家にもたらされている様々な史書ないしは口伝・口誦などを「総称したもの」ということになります。

「諸」という漢字は、「言+者」から成る会意兼形声文字です。
言偏(ごんべん)は、取っ手のある刃物の象形と口の象形で、これは「かしこまって言う」姿を表わします。
つくりの「者」は、台の上にたくさんの芝を乗せて火を焚いている様子で、たくさんの芝を集めて火を焚いて、そこでかしこまって何かを奏上する姿です。そこから多くのものを一本化するといった意味となりました。
この組み合わせから「諸」は、「ひとつにまとめるべきもろもろの」とか、「まとめるべきいろいろの」といった意味に使われる字になっています。

つまり「諸家」というのは、ほんらいまとまるべき様々な家のことという意味の言葉です。
ということは、日本という国の中で、まとまるべき諸侯のことが、「諸家」という意味と受け取ることができます。
それが蘇我家だけを示したものだと、なぜ言い切れるのでしょうか。

続けて古事記は、「稗田阿礼に勅命をもって帝皇日継と先代旧辞を読み習わせたけれど、天皇の時勢が変っても、未だこの事業は完成に至っていない」と書いています。
その前のところでは、稗田阿礼について、彼は、見たものをすぐに覚えるし、一度聞いたら忘れない天才的記憶力の持ち主であると書いています。

「帝皇日継」と「先代旧辞」は、上にある「帝紀と本辞」と同じものを指すと言われていますが、もし、それらが一冊ないし数冊程度の本だというのなら、それだけの天才的記憶術師の稗田阿礼なら、たちまちのうちに暗記してしまったことでしょう。
ところが古事記は、「天皇が移り変わっても、未だ全部を暗唱するに至っていない(運移世異未行其事矣)と書いています。

稗田阿礼が記憶することについて、古事記の原文は「払耳勒心」と書いています。
これは、「耳で聞いたことを心に刻みつける」という意味です。
単に書かれたものを暗記するだけなら、「払耳」は不要な記述です。耳は関係ないからです。
ところがどうみても、「払耳勒心」は、「耳で聞いたことを心に刻みつける」です。
ということは、「帝皇日継」も「先代旧辞」も「帝紀と本辞」も、「書かれた書」ばかりではないということです。

ということは「払耳勒心」なのですから、これは「言い伝え」となっている伝承を「一度聞いたら忘れない」と述べているとわかります。
言い伝えなら、建物が焼失しても、人が生きていれば失われることはありません。

天武天皇がこの詔を発せられたのが681年です。
古事記が天皇に提出されたのは、712年のことです。その間、まる31年です。
稗田阿礼は、まる31年かけて暗記を続けているのです。
にも関わらず、

 然運移世異
 未行其事矣

(然(しか)れども、運(とき)移り世異(よかは)りて、未(いま)だその事を行なひたまはずき)
(現代文=しかし天皇の時勢が変っても、未だこの事は完成に至っていません)

と書かれています。
「未だに完成していない」のです。

暗記の大天才が、三十一年の歳月をかけて暗記を続けも完成しない。
しかもその中身は、単に書いてあるものだけではなくて、口誦も含んでいます。
ということは、稗田阿礼が調査し暗記したのは、これまでに述べられてきた通説通りに、果たして本当に「蘇我氏が保管していた書だけ」でしかなかったのでしょうか。

むしろ、「諸家が史書を持っていた」ということは、各地の豪族たちが、それぞれに「帝紀と本辞」を保持していたと考えるほうが、妥当なのではないでしょうか。
では、それらはいったいどのような文字で書かれていたのでしょうか。

もし、漢字で書かれていたとするならば、矛盾が起こります。
古事記は、序文で「然、上古之時、言意並朴、敷文構句、於字即難」と書いているのです。
意味は「ただ、旧辞を細かく採択し拾っていきましたが、もともとが上古のものであるために、言葉に飾り気がなくて故意に良く見せようとはしていないし、上古の文章や語句の意味を書き表わすのに、漢字では困難(不十分)」という意味です。

ということは、各豪族たちが保管していた「帝紀と本辞」は、漢字では書かれていなかった、ということです。
では、何で書かれていたのでしょうか。

答は、あまりにも明白です。
それが「神代文字」です。

神代文字は、いまでも使われています。
神社でいただくお守り袋を開けると、そこになにやら不思議な文字が書かれています。
これが神代文字です。

現代の学会は、神代文字は江戸時代の創作文字であったとして、その存在を否定していますが、違います。
江戸時代に研究が進められたのです。
神代文字は、伊勢神宮などには、平安貴族や鎌倉武士達が奉献した神代文字の弊(へい)が、いまも残っています。
江戸時代の創作というのなら、頼朝も義経もこれを書いて奉納することは不可能です。
ということは、江戸以前に「あった」ということです。

そもそも「漢字渡来まで文字がなかった」と考えるほうが、明らかに不自然です。
なぜなら日本は、「漢委奴国王」と記された金印を漢の皇帝から受領しているからです。
金印は、江戸時代に福岡県の志賀島で発見されましたが、この金印は、西暦57年に倭国にある奴国の国王が漢に使いを送り、漢の皇帝が授けた金印であることは、支那の歴史書である『後漢書』に明確に記されています。
漢字渡来とされる年より、500年近くも前の出来事です。

そして印鑑というものは、万国共通で「文書に押印」するものです。
送られた金印が、金印でなくて、泥印(銅でできた印)とかなら、もしかすると文字は使えないけれど、印だけはもらったということも可能性としてはありえます。
ところが、もらった印鑑が「金印」だと、そういう理屈は成り立たないのです。
なぜなら、支那の皇帝が授ける印には、ランクがあるからです。

支那の印には、玉印、金印、銀印、銅印の区分があります。
玉印は、象牙でできた印であり、これは支那皇帝だけが用いるものです。

金印、銀印、銅印は、支那の皇帝が下賜する印です。
これはオリンピックのメダルと同じで、明確な序列があります。
金印をもらえる国は、支那と対等もしくはそれに近い国力を持った国です。
銀印は、支那皇帝の傘下にあって郡長程度の国力のある国です。
銅印(泥印)は、村長さん程度の国です。

要するに、古代の支那の最強国家ともいえる漢から、日本が金印をもらったということは、倭の奴国は、漢と対等な国力を持つ国家であったということです。
しかもそれは、九州の奴国のことです。
日本全体としては、どれだけの国力があったかということです。
それに、日本に文字を操る文化がなかったのなら、そもそも漢の皇帝が日本に印を授ける理由はありません。

そもそも文字というものが、もともとどのようにして生まれたのか。
これについて、ひとつの定説となっているものが、亀甲占いの存在です。
亀甲占いは、亀の甲羅を熱して、そこに現れたひび割れのカタチで、占いを行うもので、これは広く東アジア一帯で行われていた習慣です。
漢字の、篆書(てんしょ)は、この亀の甲羅のひび割れをモチーフにして作られたとされています。
つまり、これが漢字の創成であったというわけです。

ところが、そこに疑問があるのです。
亀の甲羅のひび割れのパターンに、何らかの意味が与えられたとするならば、それは、最初のうちは、ひとつのパターンに、ひとつの音、ひとつの意味であったと推定できることです。
いきなり、別な亀甲に描かれた複数のパターンを組み合わせて文字とするというのは、どう見ても飛躍がすぎると思われるのです。

たとえば、星占いの山羊座とか水瓶座とか、それぞれの星座には、それぞれ固有の記号が与えられています。
それが、やぎ座とてんびん座の記号を組み合わせて、別な意味を持たせるというカタチに発展するためには、記号を生み出したところと、言語の異なる別な文化との融合が必要になるはずです。
なぜなら、記号化というのは、いちどきに複数の意味をもたせたら、わかりにくいからです。
記号が定着したあとに、その組み合わせが生まれるのです。

大昔の西洋では、△が男、▽が女の意味だったそうです。
この△と▽が組み合わさってダビデの星「✡」となって、男女の交合から、神との契約を意味するように記号が発展しています。
いま、トイレには、男性用、女性用のマークがありますが、そのマークが二つ並んだとき、何か別な意味となってそれが記号として定着するまでには、相当な歳月が必要です。
すくなくとも、いまの段階で、そのようなマークに、固定化した意味はありません。

要するに、記号化というのは、当初は、「一記号、一意」からはじまり、これが定着して、はじめて次のステップとして、記号同士を組み合わせた、さらに複雑な記号化していくものなのです。
ということは、亀の甲羅の線模様が、記号化、パターン化され、それがいきなり、複数の記号の組み合わせによる篆書の漢字になるということは、実はありえないことといえるのです。

おそらく、亀甲占いによって、ひび割れがパターン化され、それに特定の音が与えられるようになり、それが母音と子音の組み合わせによる、カナとなり、その亀甲占いのパターン記号が、文字となってから支那に渡って、その組み合わせによる篆書文字が生まれたと考えたほうが、明らかに自然です。

日本では、この亀甲パターンが、50種類に分類され、それがさらに5×10行に整備され、それぞれに音が当てられることで、神代文字が誕生したのではないかと思います。

そしてこれがパターンから、文字として使われるようになると、筆記具の違いによって、いまの仮名文字に楷書や行書、草書体があるように、地方ごとに様々な書体(フォント)が生まれ、それが、各地方豪族ごとに異なる神代文字として発達していったのではないかと思われるのです。

白村江の敗戦によって、日本を何が何でもひとつにまとめなければならない状況に至ったとき、支那の漢字を用いて、統一史書を作ろうという動きが生まれました。
そうしなければ、日本が滅びるからです。
なぜなら、その頃の日本は、歴史の古い国だけに、全国各地が皆、異なった神代文字を使っていたし、方言も強くて地方ごとに言葉が通じない。
これでは命令の伝達に支障をきたし、いくら倭国兵が強くても、軍としての統一的な行動に支障が出るのです。
このために新たな史書として編纂されたのが古事記だし、その古事記は、神代文字に変わる文字として、漢字で書かれるようになったと推定されるのです。

このことは、「論理的に考えたらこうなる」というだけで、現段階で証拠となるのは、古事記の序文の記述だけです。
しかし、そのような記述がある以上、やはり、そこは真面目に研究しなければならない分野ではないかと思うのです。
冒頭に書きましたように、現代考古学界、歴史学会等では、あくまで、神代文字はなかったという「決めつけ」が先行しています。
残念なことに、この「決めつけ」によって、日本では神代文字の研究がまったくおろそかになっています。

欧米では、この分野は、ペトログリフといって、古代文字として盛んに研究が行われています。
そして海外の研究者からすると、日本の古い神社などは、まさにペトログリフの宝庫です。

古代日本は、東アジアの大国だったのです。
そこのこを、再認識できるよう、しっかりとした研究が進められることを望みます。

お読みいただき、ありがとうございました。

20151208 倭塾・動画配信サービス2


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

ねずさんの日本の心で読み解く「百人一首」
 http://goo.gl/WicWUi</u>">http://goo.gl/WicWUi
「耳で立ち読み、新刊ラジオ」で百人一首が紹介されました。
 http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=11782
ねずさんのひとりごとメールマガジン。初月無料
 http://www.mag2.com/m/0001335031.html</u>">http://www.mag2.com/m/0001335031.html





【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ
関連記事

コメント
No title
在日朝鮮人の反日は白丁の出身を隠すため
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1125.html
2016/10/28(金) 21:33 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
歪(ゆがみ)
ねずさん、こんばんは。

大した事を書けない事に定評がある僕ですが、歪(ゆが)みって不正って書きますよね。
そんな日本語が大好きです。
正しくないという事は、歪(ゆが)んでいる、歪(いびつ)である、それは不正から来るんだよと文字が教えてくれています。
そういう価値観が当たり前な国。
素敵だと思います。
2016/10/28(金) 20:46 | URL | m.e #-[ 編集]
高橋良典さんが解明済み
神代文字については高橋良典さんが神代文字は縄文時代からあるという研究をされていますね。縄文時代は現生人類コーカソイドの拡大までずっと使われ、全世界のそれぞれの地方の言語の文字の母体になっている。古代エジプト文明からシュメール文明、インダス文明、インカ文明などなどそれぞれの文字は基本的にはヒエログリフであり、その時代の天皇が生み出したものだ。文字は50音の日本語発音が基本であり、神代文字の形態を作る権限は天皇にあった。そしてわが国に伝わる竹内文書に古事記よりはるかに昔の昔までのいにしえの天皇と同時にその天皇が生み出した神代文字まで書かれていたということになっていますよ。そして検証したところでは、それぞれの天皇の統治時代と世界の諸文明の時代が見事に一致する。天の=アメノ=アーメンをユダヤ人に教えたファラオ=天皇は第一代アメンホテップ1世=天常位比古神(あめのとこいひこのみこと)のことだという。全世界のヒエログリフは日本のさまざまな時代の神代文字として読むことができる。そして実際に古代エジプト時代の初期のヒエログリフであるツタンカーメンの碑文は見事竹内文書にあるその時代に対応する豊国文字で読めるのである。豊国とは超古代エジプトのことである。
超古代ミステリー4:ヒエログリフの謎「神聖文字か神代文字か?」
http://quasimoto.exblog.jp/22303997/
今後の研究をというより、高橋良典さんの研究をまずは知りましょう。もちろん、普通の学会からは無視されていますが、甲骨文字金文の白川静博士の研究も学会からは無視されていたわけだがいまではねずさんの漢字の説明にあるようにすべて白川説が標準理論に変わったのですから、将来はどうなるかは誰にも分からないでしょう。
2016/10/28(金) 16:34 | URL | KI #-[ 編集]
毎日拝見しています。
毎日楽しく拝見させて頂いております。
毎日、お疲れ様です。
私は、漫画も好きで、その中でもワンピースが大好きです。
ワンピースは、作者の尾田さんが、最後の地のラフテルについて、まだ詳しく明かしていなくて、作品が進む度に、ラフテルって何だろう?
きっと、今までの尾田さんの伝えたい思いからすると、物や宝箱に入る宝石ではなく、ワンピースの世界を変えて平和な世界にして欲しく、隠された歴史も最後のポーネグリフに、海賊王の願いが記されていて、海賊王は病魔で死を想定していたから、処刑台で海賊に夢を与え、未来ワンピースの世界を平和な世界に変える若者が最後の自分の気持ちを読んで、世界政府や貴族などを無くし、皆が笑顔で手と手を取り合い暮らせる世界を作って欲しかったのかな?と。
アラバスタ辺で、主人公が助けるアラバスタ国王と、王女ビビが国は人なり。彼等が居て初めて国だと、国民の幸せが一番大切だと願う思いが天皇陛下と重なりました。
尾田さんも、ねずさんも、今の若者に気づいて欲しい、気づいて国を大切にしてほしい。その気持ちが似ているように感じました。
毎日書き続けるのは大変だと思います、私も我が子に少しでも、ねずさんや、尾田さん、日本を良くしたいと願う人の気持ちを伝えていく努力をしたいです。
毎日ありがとうございます。
2016/10/28(金) 14:16 | URL | 苺大福 #9WtCdzrw[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/28(金) 12:48 | | #[ 編集]
No title
【大高未貴】「慰安婦狩り」を偽証した吉田清治「韓国スパイ」説を追う 
吉田が養子にした朝鮮人は戦後、沖縄の全駐留軍労働組合の組合委員長
http://anonymous-post.com/archives/14530
2016/10/28(金) 09:54 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
漢字と漢文
「漢字」は殷王朝で神意を占う甲骨文字として生まれ、周王朝で記録とコミュニケーションのための文字になったというのが通説です。周代以降、漢字は支那大陸の諸族、さらには周辺諸国にも広がりましたが、「漢文」の形で使われるのがスタンダードです。

話し言葉として中原の言葉を喋っていようが、南方の呉語や広東語を喋っていようが、はたまた北京語でも福建語でも湖南語でも客家語でも、さらにはベトナム語だろうが朝鮮語だろうが日本語だろうが、書き言葉である漢文の読み書きできれば異民族と意思疎通ができる――。それが東アジアで漢字が必要とされ、広く普及した理由でした。

しかし、日本人は「漢字で日本語を書きたい!」と考えました。このことを現代人は誰も不思議に思いませんが、「いま、自分たちが喋っている言葉を漢字で書きたい!」を思ったのは日本人だけでした。

現代中国で使われている中国語(普通話)は20世紀になってから作られた人工言語です。言文一致可能な書き言葉(白話文)がまず作られ、それを北京発音したものが現代中国語です。先に漢文に代わる書き言葉を作って、それから話し言葉に展開したのです。話し言葉を漢字で書いたのではありません。

香港などでも使われる広東語は一般に漢字表記されている言葉ですが、漢字では表現不可能な単語があるそうです。台湾語(対岸の福建省でも使われる?南語)でも文字表記の努力が行われているようですが現在でも正書法がなく、漢字表記やローマ字表記、その混合表記などが混在しており、やはりきちんと表記できる状態ではないようです。

朝鮮では吏読、ベトナムではチュノムによって母国語を表記する試みがなされましたが成功せず、漢字の存在意義は漢文利用にありました。吏読は朝鮮語を漢字表記する試みというより、漢文(漢文で表現される概念)を朝鮮語で読みやすくする試みといった方がいいように思います。

そんな中、日本人の漢字受容は「一部のエリートが漢文を読み書きできるようになりました」というものではなく、「日本人が日常使っている日本語を漢字で書いちゃえ」というものです。

これは日本人は「日本語(話し言葉)は文字で書き表せる」「書き表せて当然だ」と考えていたからと考えるのが自然ではないでしょうか? 「書き表せて当然だ」と考えていたから、漢字で漢文以外の言葉を書くという作業が不思議なものだと思わなかったのでしょう。それはつまり、漢字導入以前から「日本語を書く」ことがごく自然なことだったからのように思えます。
2016/10/28(金) 09:44 | URL | 平八 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓

↓好評発売中↓




ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク