アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


日本の神々が待ち望む日本人の目覚めとは

20161117 高天原
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

本論に入ります前に、一部の方にはお知らせしていましたが、15日未明から17日夜に至るまで、尿管結石でウンウン唸っていました。
このためまる3日間、ほとんど仕事が手に付かない状況でした。
おかげさまで、昨夜遅くに、ようやく回復し、今朝から復帰です。
ご心配をいただいた皆様、ありがとうございました。

 ***

さて、ここからが今日のテーマです。
日本史には、二つのターニングポイントがあります。
それが「7世紀」と「19世紀」です。

「7世紀」には、支那からの外圧によって国内が統一されました。
そして「大化の改新」が行われて日本が天皇のもとに統一されています。
「19世紀」には欧米列強からの外圧があって、日本が再び天皇のもとに統一されて、明治に至っています。
これが「明治維新」ですが、これは実は7世紀の大和朝廷の仕組みを、形を変えて復元したものということができます。

「7世紀」の大化の改新で、もっとも大きな出来事は、天皇を国家最高の権威とし、政治権力との切り離しを行ったことです。
このことは、実はもっと古い時代にも同じことが起きたのかもしれません。
たとえば、天照大御神様の時代、あるいは大国主神の時代、迩々芸命の時代等、もしそれが1200〜1300年おきに繰り返されている出来事だとしたら・・・などと考えると、日本は本当に、なんと奥行きの深い国なのだろうかなどと思ってしまいます。

さて、この権威と権力の分化ということは、たとえば、支那の皇帝を考えると、たいへんにわかりやすいものです。
支那の皇帝は、権威と権力の両方を併せ持つ絶対的支配者です。
皇帝が世の頂点にあり、そこから世の中の全てが上下と支配と隷属の関係におかれます。

支那にはもともと「天帝思想」があって、その天帝は、天を司る絶対的支配神です。
皇帝は、その天帝から地上世界における絶対的支配権を与えられた人です。
この絶対的支配権のことを「天命(てんめい)」といいます。

支那の皇帝には名字、つまり姓がありますが、天命を受けた皇帝が世に厄災を振りまくようになると、天命が別な姓を持つ他の者に革(あらた)まります。
天命が与えられる者の姓が易(か)わることを「易姓」といいます。
天命が革(あらた)まることを「革命」といいます。
この二つの語が並ぶと「易姓革命」になります。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室


易姓革命によって天命を得た者は、天帝のこの世における代理人です。
ですから天帝の名のもとに、この世の支配者となります。
その支配者は、各地の「王」よりも上位の存在ですから、「王」とは区別して「皇帝」と呼びます。
「皇帝」のもとに、王侯貴族兵庶民がいます。
それらのすべては、上下関係で構成されます。
そして上に立つ者は、下の者に対して、常に生殺与奪の権を持ちます。

皇帝は世界の中心ですから、世界の全ては、皇帝ひとりのためだけに存在し、その皇帝のもとに、世界のあらゆるものはかし付かなければならないとされます。
これが中華思想です。
中華のもとでは、皇帝は、地上における美女を独占し、その美女たちの面倒を見る官僚の睾丸を抜き、さらに美女たちの足に幼いころから木型を嵌めて、自立歩行することができないようにします。
私物なのですから、歩けようが歩けまいが関係ないのです。

古代における東洋社会では、支那の周辺国は、すべてその中華皇帝から冊封を受けました。
周辺国は、支那皇帝の冊封下に入ることで、自国の王としての権威権力を保持しようとしたのです。
ところが日本は、607年の第二回遣隋使において、

 日出處天子致書日沒處天子無恙云云
(日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々)

と国書を送りました。
現代語訳したら、「こっちも天子、あんたも天子、元気ですか?」といった意味の国書です。
日本は、その強大な軍事大国である支那に対して、堂々と対等を宣言したのです。

もちろん隋の皇帝(煬帝)は激怒しました。
けれどそのときの隋には、高句麗という強大な軍事国家がありました。
日本の国力をもって、高句麗を包囲しなければならない煬帝は、やむなく次の国書を日本に送りました。

「皇帝、倭王に問う。
 朕は天命を受けて天下を統治し、
 みずからの徳をすべてのものに及ぼしたいと思っている。
 人びとを愛育したというこころに遠い近いの区別はない。
 倭王は海のかなたにいてよく人民を治め、
 国内は安楽で風俗はおだやかだと知った。
 こころばえを至誠に
 遠く朝献してきたねんごろなこころを朕はうれしく思う。」
(原文:皇帝問倭皇 使人長吏大禮 蘇因高等至具懷 朕欽承寶命 臨養區宇 思弘德化 覃被含靈 愛育之情 無隔遐邇 知皇介居海表 撫寧民庶 境內安樂 風俗融合 深氣至誠 遠脩朝貢 丹款之美 朕有嘉焉 稍暄 比如常也 故遣鴻臚寺掌客裴世清等 旨宣往意 并送物如別。)『日本書紀』

文で煬帝は、対等な天子と呼びかけた日本の天皇に対して、「倭皇」と呼びかけています。
どれだけ日本の国力を重くみていたかということです。
これに対して日本が煬帝に送った国書の書き出しが、次の言葉です。

 東の天皇、敬いて西の皇帝に白す
(原文:東天皇敬白西皇帝)『日本書紀』

現代語に訳せば、「こっち天皇、あんた皇帝」です。
あんたが皇帝というなら、こっちは天皇だぜ、というわけです。
やはりここでも日本は堂々と「対等」を主張しています。
そしてこれが、我が国の外交文書に「天皇」の文字が使われた最初の出来事とされています。

日本は、古来「易姓革命」の国ではありません。
神話の昔から続く万世一系の天皇が、民衆を「おほみたから」とすることを国是とする国です。
ですから「易姓」の必要もなく、「易姓」の必要がないから、日本の天皇には、今も昔も「姓」がありません。

そして日本の天皇は、神話の時代に高天原の天照大御神から、
「高天原と同じ統治をせよ」
と詔されて地上に降臨した迩々芸命を祖先とします。
その迩々芸命は、天照大御神の孫にあたります。
つまり、天照大御神から綿々と続く血統そのものが、天皇の権威です。

そして天皇は、天皇の祭祀を通じて民衆を代表して、神界と人界をつなぎます。
これを「シラス」といいます。
天皇は、国をシラス(知国)ために、その「田から(田んぼで働く天皇のはらから)」である民衆が、豊かに安全に安心して暮らせるようにするために、人々のなかから、臣を選び、親任します。
ですから臣は、政治を司るのに必要な権力を持ちますが、その権力を行使する相手は、「自分の私有民」ではなく、あくまでも「天皇のたから」です。

古代から続くこの日本の形を、あらためて制度として明確にしたのが、大化の改新(645年)です。
大化の改新で敷かれた「公地公民制」は、こうした神代の昔からの日本の形を、あらためて、土地登記と戸籍台帳の作成で明確にしました。
この公地公民制の施行の際に、日本の各地方の土地の名、人々の姓は、漢字二字で書き表すようにとお触れされました。
ですから、いまも、ほとんどの日本人の名字や、地方の市町村の名前は、漢字二字で書かれています。

鹿児島県の志布志市のように、まれに三文字の名称もありますが、これは天智天皇から特別に許された栄えある名称です。
また、8世紀以降に開かれた新田では、「五右衛門新田」のように、漢字1文字〜6文字の様々な名称がありますが、これらは、大化の改新よりも、ずっと後の時代になって開かれた土地であり、名字です。

こうして日本人には、基本的に漢字二字で構成される様々な地名や名字が生まれました。
ですから日本の民衆には、それぞれに姓があります。
そしてその姓の種類は、いまや30万種類もあります。
つまり「数え切れないくらいたくさんの姓」があるわけで、これを「百姓(ひゃくせい)」と言いました。
最近では「百姓」を差別用語だとかいう、お馬鹿な学者や評論家がいますが、それらは日本の歴史をわきまえないか、知らないか、知っていていて嘘を宣伝する狂信者です。

もともと日本では、「八」というのは神数で、「たくさんの」を意味する言葉です。
その「八」よりも、さらに数が多いものを「百」と言い表しました。
ですからここでいう「百」は、文武百官の「百」です。
つまり「百姓」というのは、「数え切れないくらいたくさんの姓」という意味です。
そしてその「数え切れないくらいたくさんの姓」のひとつひとつは、天智天皇によって与えられた栄えある姓です。

だから日本人の名前は、「鈴木一郎」というように、姓が先、名が後になっています。
姓に誇りがあるのです。
そしてその「姓」を代々世襲し、父祖や先祖の御魂のもとに恥じない生き方をする、ということが、日本人の基本的アイデンティティを形成しています。

この考え方は、19世紀の幕末までしっかりと受け継がれました。
ですから江戸時代の武家の領地は、知行地と呼ばれています。
これは「シラス(知らす)を行う地」です。

つまり「知行」というのは、天皇からの預かり物である土地や民衆を、慈しみ守るということです。
ですから大名も、基本、守護大名です。
大名が守護するのは、自分の財産としての土地や人々ではなく、どこまでも天皇の土地であり天皇の民です。

ですから、日本における領主は、私有地私有民を持ちません。
領主が私有地私有民を持たないということは、いわゆる豪農と呼ばれた人たちも同じです。
豪農は、広大な土地を持ちましたが、それは私有田、私有畑としてではなく、どこまでも占有権として、これを保持したにすぎません。
なぜならすべては、天皇からの預かり物だからです。

その預かり物である民が、誰もが豊かに安心して安全に暮らせるように、全力をもって知行にあたることが、人の上に立つ者の役割とされてきたのです。
いまでも、すこしお歳を召された社長さんや、何代目かの世襲の社長さんなどで、「会社はみんなのものだ」と口癖のように仰る方がいます。
誰が見てもオーナー社長なのに、そのように仰るのは、そこに古くからの日本人の知恵があるからです。
そしてその背景をなしているものは、会社は社会の公器であり、社員は天皇からの預かり物だという考え方です。
7世紀の「公地公民」の思想は、こうして1200年の長きにわたって、ずっと受け継がれてきたのです。

ところが、幕末の黒船来航によって、日本は再び、政治面における挙国一致体制が必要となりました。
そこで行われたことが、あらためて天皇のもとに日本を統一するということでした。
これが明治維新です。

ですから「攘夷」も「開国」も、いずれも「尊王」を前提としています。
「尊王」を保持するための手段方法が「攘夷」か「開国」です。
明治政府を、「攘夷」から「開国」に変わったことは、あたかも変節であったかのように解説する人がいますが、これまた不勉強です。
目的はどこまでも「尊王」にあります。
「攘夷」か「開国」かは、現実に即した手段でしかありません。

さて私は、明治維新を振り返ったとき、結果として、天皇の存在を、あたかも「現人神」にしてしまったこと、これは、あってはならなかったことではないかと思っています。

天皇は、どこまでも、神界と人間界をつなぐ、シラス存在です。
このことは「四方拝(しほうはい、よほうはい)」にもあきらかです。
「四方拝」は、毎年元旦に天皇が行われる行事ですが、このとき天皇はまだ夜が明けない早朝に特別の建物に入られ、四方の神々をお招きし、
「国家国民のありとあらゆる厄災は、
 すべて私に先にお与えください」
と祈られます。
知らす国において、天皇は臣民を代表して神々と繋がる御役目です。
ですから天皇は、年の初めに神々に、
「ありとあらゆる厄災は、すべて我が身を通してください」
と祈られるのです。
→(参考)天皇の四方拝
 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3126.html

ですからどこまでも、神々は神々です。
天皇は、人の身です。
そこを履き違えて、天皇=神としてしまうことは、支那皇帝が天帝の代理人(=神)ということと同じになってしまいます。

その意味では、19世紀にはじまる明治の御維新は、実はいまなお現在進行系であるのかもしれません。
というよりも、明治以降に歪んだ天皇現人神論(これでは支那皇帝と同じ)や、占領統治によって歪んだ私たちの国の国体を、いまいちど整備し直して、本来のシラス国日本に戻るための大改革が必要ではないかと思います。
では、その大改革とは、どのようなものでしょうか。

もともと日本は、土地も建物も人も、すべては、政治権力の行使をしない天皇のものです。
天皇が「政治権力の行使をしない」ということは、独裁を防ぐために、これは必要な、古代からの日本の知恵です。
ただし、すべてのものは、天皇のものという、これは私権の制限です。
戦後の日本は、個人主義の蔓延で、欲をかいた者が得をするという、欲望社会になっています。
これを根幹から覆すのは、すべては天皇のものとする、つまり日本人は、私権のすべてを天皇にお返しする。
これは、日本の民衆による「私権奉還」です。
この「私権奉還」を実現すると、土地所有などの私権は制限され、公共の福祉が常に優先されることになります。

私権奉還しても、誰も困ることはありません。
所有権が、占有権と名前が変わるだけです。
現に英国ではいまでも、所有権を持つのは英国王だけです。

本来のシラス国日本を取り戻すため、
天上に神々がおわし、
天皇が民を代表して天皇の民を慈しみ、
その天皇に親任された臣が、天皇の民への政治を司り、
民が豊かに安心して安全に暮らせる世の中にしていく。
そこにすこしでも歪みや間違いがあれば、神々は国に天罰を下します。
ところがその間違いを訂正しようとするならば、悪鬼悪神がそれに抵抗します。
その悪鬼悪神とは、人々の私的な欲望のことをいいます。

私的な欲望よりも、私心を持たずに公益を優先する社会にすることが、結果としては人々に幸せを招きます。
そしてそれを実現してきたからこそ、日本は、民度の高い、平和な国家を保持してきたのです。
だいたい、今生限りの命しか持たない人間が、私的利益の独占のために土地や人を私有するという考え方自体が、すこし考えたら誰にでもわかることですが、横暴です。

このことに目覚めることが、実は、「おほみたから」が目覚めるということであり、日本が目覚めるということなのではなかろうかと思います。
日本の神々は、そのことに日本の民衆が気付く日を、ずっと待ち望んでおいでなのではないかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
カネも人も大量流入、北方領土は「中国領」と化している
カネも人も大量流入、北方領土は「中国領」と化している

【関連情報】
カネも人も大量流入、北方領土は「中国領」と化している

https://twitter.com/SpaceSheep_9/status/799377126474457088

反日売国テレビ局・マスコミが報道しない
自由を行使して、この様な重要な情報を報道
しないので、多くの日本国民は北方領土の復
帰を安倍晋三氏の手柄のように勘違いするだ
ろう。
 島ごと大量移民を引き入れる騙しの手口で
ある事を認識しよう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2016/11/18(金) 19:50 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
▀▅▀▅日本永住権取得が容易すぎる▀▅▀▅
日本の永住権取得条件が緩和され、例えば、日本人の外
国人配偶者は3年以上滞在すれば、前科があって無収入で
も無条件で取得できるようになりました。その結果偽装
結婚が横行するようになりました。

一方デンマークでは、婚姻による永住でさえ厳しい審査
が実施され、永住許可が下りないことが多くなりました。
例えば、在住7年後から申請可能ですが、7年間の間に1
回でも移民統合省が設定する基準や条件を満たさなかっ
た場合はノーカウントとなり、1年目からのやり直しとな
ります。その他多くの厳しい条件があります。さらに永
住権どころか、配偶者ビザ自体発行されない場合もあり
ます。例えば、コペンハーゲン郊外のブロンビューにあ
る施設でデンマークに関するテストを受けて、合格しな
ければ配偶者ビザ自体発行されません。その上、24歳以
下、60歳以上の外国人配偶者には居住ビザすら発給され
ません。

これには人口侵略戦略国中国も業を煮やし、デンマーク
に政治的圧力をかけています。デンマークの事例は、日
本にとっての対人口侵略法の参考になります。
2016/11/18(金) 18:01 | URL | #-[ 編集]
No title
現人神を否定なさっておられる部分には、少し違和感が..。

なぜなら、明治以前までも皇太子が「現人神」になるために「祝之神事」という儀式をお受けになられ、そして天皇になられるからです。

また現人神ということは、神と一体化した存在でもあります。
2016/11/18(金) 14:21 | URL | 大和~2600~ #E6kBkVdo[ 編集]
No title
天皇を現人神と呼ぶようになったのは、昭和になってからです。明治維新のときは全員が尊王家ばかりだったので、天皇が偉いという点は自明だったのでそれ以上に持ち上げる必要はありませんでした。

昭和帝が即位したとき、摂政の期間はあったとはいえ、まだ若く政府首脳の中で1人だけ20代でした。まわりの文官・武官はみな幼いころの宮様を知っているので若い天皇を子供扱いする風があったのではないか、そこで天皇は偉いのだということを強調しなければと考えた人がいるのではないかと思っています。
2016/11/18(金) 12:58 | URL | #-[ 編集]
易姓革命
「姓」とはもともと血縁集団を表す言葉(文字)で、同一の祖先を出自として同一の祖神を信奉する血族(宗族)を指し、またそれに附された族号を言いました。殷周の古代中国はおそらく母系社会なので、女系の血縁集団です。だから「姓」は女偏です。『説文解字』には「姓は人の生まれる由来であり、女に従い生に従うという。故に姓という」とあります。

周代になると人口が増えてきたのでしょう。「姓」も増えましたが、加えて「氏」が用いられるようになります。「氏」は姓の支系です。周王は血縁者や婚姻者を各地に封じると、諸侯に氏を与えました。

例をあげると、 武王は弟の度を蔡に封じ、その土地から氏をとって蔡とし、度(蔡叔度)は蔡氏の始祖となりました。 つまり蔡叔度は、姓は姫(周は姫姓)、氏は蔡、名は度、ということになります。ある「姓」の傍系や分家が「氏」です。

「氏」は、同じ祖神を信奉して共通の習俗を持つ「別の家」が登場したことを意味します。逆にいうとそれ以前の「姓」だけで人間集団を区別していた時代、「姓」が異なるということは祀る祖先が異なり、習俗が異なるということでした。

殷に代わって周が王家となった王朝交代を歴史の世界では殷周革命などと呼びますが、これが最初の(そしておそらく本物の)「易姓」革命です。この時代、「姓が易わる」というのは支配者の祀る神が変わり、習俗が変わる――今の言葉いえば、支配民族が変わり、統治原理が変わることです。驚天動地の大転換なので「易姓」が特別視されたのです。

周王朝が衰えて春秋時代となると世の乱れを嘆いて孔子が周公(周公旦)の政治に戻れと説き、乱世がさらにひどくなる戦国時代になると孟子は「易姓革命」説を唱えます。孔子が理想とした周が主君に当たる殷を倒したのは正統で、戦国の世で諸侯国が次々と滅んでいるのが正統でない理由を述べなければならかったのです。孟子曰く、周の武王が殷の紂王を討ったのは簒奪ではなく、天命が革まったことによる放伐なのだと。

戦国時代は秦王・政(姓は嬴、氏は趙)が天下を統一して始皇帝を名乗り、終わりを告げます。しかし、秦はほどなくして滅び、項羽と劉邦の戦いを経て漢王朝の時代になります。このころには姓と氏の区別があいまいになり、やがて「姓氏」と同一概念のように扱われるようになります。民族が入れ替わって、父系社会になったのでしょう。

実際に「殷周革命」が起こったのが紀元前11世紀ごろ、孟子が天命説を唱えて「革命」に意味を持たせたのが紀元前4~3世紀です。ホンモノの「易姓」が起こった時代と、「姓」の意味が変わって「革命」という解釈が誕生した時代は極端に違います。「皇帝」が登場するのはさらに後です。「皇帝の姓が易る革命」という説明は注釈付きで受け取る必要があると考えます。

日本では古代の豪族・氏族が、国家の政治体制を支える制度として編成される際に朝廷が「氏姓」を賜るところから始まりました。当初は身分や職務を表すものでしたが、律令体制を完成させようとする中で、公民を戸籍に記載するために氏姓制度が整備されることになります。公地公民制できちんと公民に公田を貸し出すためには、すべての公民と公田を把握・管理する必要があったのです。

しかし、公地公民制では新田開発の意欲を引き出すことができず、紆余曲折の末に墾田永年私財法が実施されることになります。この律令によって生まれた私田は国家の管理を受けることができないため、在地の管理者が必要となります。この管理者(当初はおそらく開墾者・所有者)は名主(みょうしゅ)と呼ばれ、対象の田んぼは名田(みょうでん)と言います。そしてそれらを呼ぶ際に用いられた名前が名字(みょうじ)です。

名主/名田と公地公民制は直接関係ないので、名字が漢字二字なのはそれ以前の姓や地名がほとんど漢字二字であることに範をとっただけでしょう。名田は国家管理下にないので、物理的にも法的にも脆弱でした。そのため、在地管理者は武装し、同時に大寺院や大貴族に保護を求めて形式的な「寄進」を行いました。前者が武士、後者が荘園の起こりです。

日本においては姓(本姓)と名字(苗字)は別物として扱われました。例えば、德川家康という人は德川は名字ですが、朝廷とやり取りするようなときは本姓の源を使って、源朝臣家康と名乗りました。家康の場合、もともと松平元康と名乗っていたものを徳川に改めたもので、名田由来以外の名字は多数ありますが、これは個人・家族を識別するためでしょう。日本にたくさんあるのは名字です。

江戸時代、名字や屋号は家名して一般化します。解説書などに「江戸時代の庶民には名字がなかった」と書かれる場合もありますが、いわゆる農民や商人でも「家」があれば名字がありました。家名だからです。

この頃の「家」は社会的な役割や権利を保持し、責任を果たして、そして継承する存在でした。武家であれば家禄、農家であれば耕地、商家であれば暖簾を代々、受け継ぐゴーイングコンサーンです。それに属する者は同じ名字を名乗ります。当主と跡継ぎは同じ名字です。次男坊・三男坊は家にいるうちは同じ名字を名乗るでしょうが、家を出れば名乗れません。この家を継げない人々が「名字がなかった」とされる存在の正体でしょう。

「百姓」という言葉は論語にも出てくるので、日本の姓ではなくて古代中国の姓でしょう。「異民族を含めてすべての人々」ぐらいの意味だと思います。もちろん、「天下万民」と訳してもOKでしょう。

※ 日本では明治になって法律用語で名字を「氏」としたので、混乱に拍車が掛かっています。
2016/11/18(金) 12:50 | URL | off vocal #-[ 編集]
トランプ会談
いつもありがとうございます。
トランプ氏と安倍首相の会談は、
和やかに上手く行われたようです。首相は一人で通訳だけでのぞみ、トランプ氏側は、美人のイヴァンカ夫妻も同席されたようです。政策顧問として、イヴァンカさんと夫のクシュナー氏は重要人物ですね。クシュナー氏はユダヤ系アメリカ人で敬虔な正統ユダヤ教徒です。
2016/11/18(金) 11:59 | URL | #-[ 編集]
日本は万世一系の男系の天子を頂き、
先祖崇拝という先祖~自分という縦軸を重んじる国柄。アメリカは多民族を受け入れて融和していく横軸に重きを置く国柄。 縦軸だけでは物質世界は発展しないし、横軸だけでは心、精神の深まりがなく、奪いあいの世界になる。 縦軸の日本、横軸のアメリカが
本当の意味で和合する事が世界平和の
礎を築く。 日米同盟は、益々大事だという事です。
2016/11/18(金) 09:55 | URL | #-[ 編集]
No title
Big Hero 6『ベイマックス』のふたりのお辞儀が完璧な「日本の正しいお辞儀」な件 *となりのトトロ(My Neighbor Totoro)
http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/7e4450dddc72871be298f86af43e3d86
2016/11/18(金) 07:26 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク