アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


日本人の素晴らしい精神性を示した武士の歌問答とは

◆明日24日は、「ねずさんの百人一首」塾です。今回は小式部内侍です。
https://www.facebook.com/events/1052885368129100/

20161122 八幡太郎歌問答

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

武士と武芸は異なります。
武士は、もともと10世紀頃の平安中期の新田の開墾百姓として誕生した開墾地主たちをもとにする人たちですが、日本における武芸は、これは神話の昔から綿々と続く、歴史の長いものです。

ですからよく誤解されていることですが、奈良・平安の貴族たちは、毎日、歌ばかり詠んで女道楽にうつつを抜かしていたようなことが言われますが、全然そうではなくて、たとえば弓術の流鏑馬は、6世紀の第29代欽明天皇が馬上で3つの矢を射られたことが起源とされています。
なぜ3つかというと、百済、高句麗、新羅です。
要するに朝鮮半島の動乱を鎮めるために、天皇が馬上で弓を射られて、これをお鎮めになろうとされたことが、そもそもの起源となっています。

また5世紀には、常陸国鹿島に関東七流(東国七流)という、日本初の剣術流派が生まれていますが、これは7人の宮司が古くから伝わる剣術を東国を中心に広めたことを起源とします。
宮司といえば神社ですが、鹿島神宮、香取神宮、八幡神宮などは、いずれも武の神様です。

鹿島様の御祭神には、大国主神に国譲りを迫った建御雷神がおいでになります。
香取様の御祭神には、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)がおいでになります。
これまた建御雷神とともに国譲りに向かった神様という記述が日本書紀にあります。

八幡様は、その祖が宇佐神宮で、御祭神が神功皇后と、その子の八幡大神です。
八幡大神というのは、応神天皇のことで、現在の左傾化した歴史学会においてさえ、実在が確認されている最初の天皇とされている天皇で、神功皇后の朝鮮征伐の後、武芸百般を国内で振興して武神となられたと聞きます。

要するに、武芸は我が国において、武士の台頭よりも、ずっとはるかに歴史が古いのです。
そしてもったいなくも、その八幡様のお名前を贈られたのが、源氏の棟梁、八幡太郎義家で、以下はそのお話になります。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室


 ***

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第1巻』「安倍一族と源義家」より抜粋

永承六(一〇五一)年には、前九年の役が起こりました。
これは陸奥の豪族の安倍一族(安倍晋三総理のご先祖なのだそうです)が時の国主に反抗して起こした反乱です。
この討伐隊のリーダーが有名な源氏の棟梁、八幡太郎と呼ばれた源義家です。

八幡神というのは武芸の神様で、その八幡の文字をあだ名に使われたくらいですから、相当の猛者です。
ですから別名がなんと、「天下第一武勇之士」です。
その源義家に、おもしろい逸話があります。

源義家が、敵の大将の安倍貞任を馬で追いかけていたときのことです。
追う義家、逃げる貞任。
義家は、貞任に、
「衣のたてはほころびにけり」
と下の句を投げつけました。
すると貞任は振り向きざまに、にっこり笑って
「年を経し糸の乱れの苦しさに」
と、上の句を返したというのです。
その答歌の見事さに、義家は構えていた弓を下ろし、貞任を逃がしてあげたとか。

これは義家と貞任の歌問答として大変有名なお話ですが、最近の学者さんたちの解説を読むと、さまざまな解釈があるものの、簡単に言えば、
義家の「衣のたてはほころびにけり」というのは、逃げる貞任の服装が乱れていたことを指摘したもので、
貞任の「年を経し糸の乱れの苦しさに」は、衣服が古着だからねえ、と答えたものだと書いてあるのです。

要するに、服装を乱し、丸くなって逃げていく貞任が、衣服が乱れているのは古着だからと答えたから見事な歌だというのです。
ちょっと待ってくれと言いたくなります。

両者は仮にも一軍の大将です。
それが古着云々の歌問答など、あまりに不自然ではありませんか。
しかもそれが、後世に残る名場面として語り継がれるなんていうことは考えられません。
なぜそんなツマラナイ解釈しかできないのかというと、この問答に流れる一番大事な思想的背景を見落とす、または故意に否定しようなどとするからです。

それは何かというと、義家も貞任も、「天下の公民」を預かる武家の大将であるという気概のもとに戦っているということです。
公民というのは天皇の民です。
その民を背負って戦っているという明確な使命感と自負のもとに、両雄の二人は対決しているのです。

ですから、はじめの義家の「衣のたてはほころびにけり」は、いわば、『北斗の拳』のケンシロウの「お前はもう死んでいる」と同じです。
義家は弓の名手であり、その剛弓は三枚重ねた鎧さえも射抜くほどの威力です。
狙いも正確です。

その義家がピタリと貞任に狙いを定め、しぼ弓を引き絞って、
「貞任、おまえの衣のたてはほころびにけり」
つまり「お前はもう死んでいる」と声をかけたわけです。

これを聞いた貞任は馬をとめ、振り返ります。
そしてニッコリ笑って、
「年を経し糸の乱れよの苦しさに」
と詠んだわけです。

これが何を意味しているかというと、「三百年続いた律令体制が崩れ、国司などの横暴に、多くの天下の皇民たちが苦しんでいる。その『苦しさ』のために、俺たちは立ち上がったのだ」ということです。
そうなると「お前はもう死んでいる」と下の句で詠んだはずの義家の歌は、ぜんぜん違う意味になってしまいます。

つまり長い年月の間に崩れた律令体制で、天下の皇民たちの生活が苦しくなり、それを守るために立ち上がったという貞任の歌を、義家の「衣のたてはほころびにけり」が補強してしまうのです。
政権側を代表している義家が、むしろ反体制側の貞任の言い分をまるごと認めたことになってしまうわけです。

年を経し    →長い年月の間に
糸の乱れの   →律令体制は乱れ
苦しさに    →多くの庶民が苦しんでいる(だから俺たちは立ち上がった)
衣のたては   →衣の縫い目(律令体制)は
ほころびにけり →ほころびてしまっている

つまり、義家の投げつけた「貞任、お前はもう死んでいる」が、あら不思議。貞任の上の句によって、あっという間に「律令体制が死んだのだ」という意味の歌に早変わりしてしまったのです。
実に見事なものです。

日本社会は、支配者が民衆を奴隷にして君臨するという大陸的支配社会ではありません。
民は、あらゆる政治権力に認証を与える権威である天皇の民です。
そして政治権力を持つ者たちは、その天皇の民を預かっているという立場です。

ですから武士たちにとっても、民こそが一番大事なものです。
民の生活の安寧のためにこそ立ち上がっているのであり、そこにこそ武士の存在価値と権威の本質があり、自覚があります。
もしそこで矢を射れば、民を救い民を守ることを使命にしている義家自身が、自己の立ち位置を否定することになってしまいます。
それが分かったから、義家は弓を下ろし、貞任を逃がしたのです。

命を狙われながら、即興でそこまで深いやりとりができる。
こいつはすごいヤツだ、ただ者じゃないぞ、と義家は思ったことでしょう。

この歌問答が後世に残る名場面とされているのは、実にこういう意味が含まれているからなのです。
そしてここでも「天皇のもとにある公民」という概念が出てきています。
安倍貞任が、大陸に見られるような地域の支配者豪族であり、民を私有物として奴隷のように支配しているだけの、つまり支配と被支配の関係しかないのなら、この歌問答はとりたてて「お前はもう死んでいる」「古着だからね」という軽薄な解釈がせいぜいで、深い意味を持ちません。

けれど、日本社会が「天下の公民」という基本理念を共用する社会であり、武士たちがその民を守るために立ち上がっているという背景を考えれば、この歌問答は、
「お前はもう死んでいる」
「それは体制の死を意味する」
という問答となり、一瞬のやり取りの中で歌の意味が反転し、安倍貞任の即興が冴え渡った、まさに歴史に残る名場面となるわけです。

そして貞任が瞬間的にそこまで歌を返したということは、貞任の精神の中に日頃から、
「俺たちは私利私欲のためではなく、民のために戦っているのだ」
という強い信念があったことまでをも、明確に示しているのです。

こういうことは、日本が天皇の存在によって成り立ってきたという歴史を否定したら、まったく理解できなくなります。
せっかくの美談も、ただの古着話になってしまうのです。

子供たちに古来変わらぬ日本人の素晴らしい精神性を伝え、教えることができなくなるなんて、もったいないことです。

(引用ここまで)

戦後のGHQによるWGIPの日本人洗脳工作は、近現代史にとどまりません。
中世史、古代史、そして国語や社会科目にまで及んでいます。
そして、まことに残念なことですが、いわゆる学者と名のつく人たちが、知らず知らずのうちに、その日本人劣化に拍車をかけるという結果に至っています。

それもそのはず。
公職追放によって、文系の優秀な、民族の誇りを持った学者はことごとくパージ(追放)処分となり、日本を貶めることに意欲を燃やす共産主義や無政府主義のアナーキストなどの偏向した学者が、新たに大学の教授陣となって、自分たちに都合のよい変更した学界を築いたのです。

そしていまでは、なんと小中高の教師になるための試験さえも、その偏向した説に基づく試験問題になってしまっていますし、また、大学においては、そうした日本文化を頭から否定し、理解しようとしない者でなければ、大学の講師にも助教授にも、ましてや教授にもなれず、学界にも残れないという悲惨な情況が生まれています。

平成に入って、政府が行った◯◯改革なるものは、ことごとく失敗したと言われています。
考えてみれば当然のことです。
政府が何か大きな改革ををしようとすれば、野党の要求によって、多くの場合「有識者会議」なるものが開かれます。
そしてその会議には、こうした、日本を否定することに意欲を燃やす左傾化した学者がズラリと顔をそろえるのです。
そこから生まれた答申に従って改革を行えば、行うほど日本が弱化し、経済も文化も低レベルなものになっていく、結果は見事にそのようになっています。

「衣のたてはほころびにけり」との下の句に、命を狙われるその瞬間に、瞬時にして、
「年を経し 糸の乱れの 苦しさに」と民を想う歌を返す。
そしてその意味を理解する。
これは、常日頃から、天皇のもとで民を大切に慈しむということを常識として、あるいは矜持としてこなければできないことです。
その歌問答の意味を、長々とした解説がなくても、瞬時に理解できたのが、かつての日本人です。
日本人は劣化してはいないでしょうか。
それはなぜでしょうか。

本来教育は、誇りを育て、人をつくるものです。
誇りは、自画自賛とは異なります。
信念に基づいた矜持です。
ですから、自画自賛のプライドは傷つきますが、誇りは傷つくことがないのです。

人をつくるというのは、そうした矜持を育み、社会において多くの人のために立派に役立つ人材をつくることです。
それができない教育なら、それは教育の名を借りた、ただの洗脳です。

昭和63年、戦没者追悼式にご臨席された昭和天皇の御製です。

 やすらけき
 世を祈りしも
 いまだならず
 くやしくもあるか
 きざしみゆれど

英霊に「くやしくもあろう」と呼びかけられた先帝陛下のお気持ちを、私たちは国民のひとりとして、恥ずかしく思い、そこから立ち上がり、本当の日本を取り戻していく。
そうすることで、21世紀の日本に、本当に意味での未来が拓かれるのだと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
No title
本日は本来、収穫祭の日のようですね。
盛岡へ行きますと、前九年・後三年という地名が平気で地名が残っていて、非常に生々しく感じたのを思い出しました。
先日仕事で情報入力をしていたら、静岡には瀬名なんて地名があるようで、こちらにはもの悲しさを感じました。
歌ですが、解釈によっては真逆の意味になってしまうこともあるのだから、奥が深いと思います。
先日、日比谷図書館の4階で歴史を学ぶセミナーに参りました。私以外は70前後の方ばかりでしたが、南京大虐殺はあったことが大前提で話が進んでまいりましたので、私は目を白黒させてしまいました。
私、武士の起こりとは、教科書に出てきませんが、移配された俘囚だったと思います。
中央政府と奥州の関係。非常に気になるところです。
私は長く仙台人として過ごしましたが、南部人には畏敬の念さえ覚えます。南部人は色が黒く、情に厚く、道徳心があり、金儲けは下手。人材もたくさん輩出する。総じて、そんな印象を受けますので、平安期以前においても、そういった人々はおそらく中央政府にいじめられたのではないか、と推察するものですが、如何なものでございましょうか。
2016/11/23(水) 23:53 | URL | one #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
トランプ次期大統領が早速TPP撤退を表明しました。中国包囲網の期待を
描いていた安倍首相は落胆が大きいでしょうが、私は個人的にTPPは危ないなと感じていたので良かったです。

トランプはアメリカ軍は日本を守っても日本がアメリカを守ってくれないのは、おかしい!って言っていますが、
正論ですよね。 日本国の為にアメリカ軍がどうして血を流すんですか? まず日本は日本人が守る。そんなの当たり前です。アメリカはあくまでアシストですよ。 だがら9条改正を行い、精強の自衛隊を国防軍にしなければならないのです。 日本は日本人が守る。アメリカ軍人を盾にして日本人を命を守るなど、武士道に反する事です。
2016/11/23(水) 13:15 | URL | #-[ 編集]
No title
共産主義者による日本人差別の歴史
http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-424.html
2016/11/23(水) 09:50 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
義家と貞任のやり取りの直前の様子は、『古今著聞集』によると

衣川の館、岸高く川ありければ、盾をいただきて甲に重ね、筏を組みて攻め戦ふに、貞任ら耐へずして、つひに城の後ろより逃れ落ちけるを、一男八幡太郎義家、衣川に追ひたて攻め伏せて、

となっていて、攻め手の義家は筏を使って渡河作戦だったこと、岸高くとありますからそれをよじ登る必要があったことが推測されます。この文の後に「貞任くつばみをやすらへ」とあるので逃げる貞任は馬上だったのでしょうが、攻め手に馬はなかったんじゃないかなと思います。馬で並走しながら歌を詠むのもどうかと思いますし。
2016/11/23(水) 09:35 | URL | カピバラ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク