アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


天皇の四方拝のありがたさ

四方拝(宮内庁書陵部蔵)
20160828 四方拝
(画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

四方拝については、今年8月に一度書いていますが、いまいちどリニューアルしたいと思います。
大事なことなので、新年にもう一度やります。

四方拝(しほうはい、よほうはい)というのは、毎年元旦に天皇が行われる行事です。
戦前戦中までは、四方節(よほうせつ)と呼ばれていました。
まだ夜が明けない早朝、天皇が特別の建物に入られ、四方の神々をお招きして、そこで祈りを捧げられる神事です。

どのような祈りかといいますと、天皇が神々をお招きされ、
「(国家国民の)ありとあらゆる厄災は、
 すべて私に先にお与えください」
と祈られるのです。

▼シラス

少し詳しく述べます。
まず、日本は天皇の「シラス国」です。
「シラス」は漢字で書いたら「知国」です。
これは『古事記』にそのように書かれています。

ということは、「知」という漢字の持つ意味と、大和言葉の「シラス」の意味は一致しているということです。
その「知」ですが、現代人の私たちはこの漢字を、ものごとを知ること、知識を得ることといった意味にしか使いません。
ところが、この漢字のもともとの意味(字源)は、すこし意味が違います。

「知」は、「矢+口」で成り立っています。
ここでいう「口」は、唇の「口」ではなくて、神棚に捧げる器を意味します。
その器は、お酒を入れるおチョコのようなものであったり、あるいは、秘伝を入れた器であったりと、様々な解釈があるようです。
とにかく、神棚に矢と器を置きます。
そして、そこに神様に降りてきていただき、祈りや感謝を捧げたり、ご神託を得たりするわけです。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室


ちなみに、いまでは神様へのお祈りは、神社などに、人が出向いて祈りを捧げますが、大昔は、そうした施設ができる前の時代には、そうではなくて、神様に、降りてきていただいていたのです。

そのようなことから、もともとの「知」という字の意味は、「神と人を繋ぐもの」であったわけです。
それは、神々の知恵を人がいただく行事でもあります。
だから「知」は、そこから派生して、知恵や知識を意味するようになりました。

『古事記』は、大和言葉の「シラス」と、支那漢字の「知」が、意味が一致したから、シラスに「知」という漢字を当てたわけです。
ちなみに、日本語には、漢字に、支那での発音のままの音読みと、その漢字に大和言葉の意味を重ねた訓読みがあります。
この訓読みがあるということは、実はとても大きなことで、支那漢字以上に大和言葉の語彙が豊富であり、支那以上に発達した言語や文字が、もともとの日本にあったということを意味します。
なぜなら、それがなければ、訓読みは発生しないからです。

現代人の私たちは、日本語の表記に漢字とカナを使います。
そのカナは、カタカナとひらがながありますが、それは漢字を変形して生まれたものだと言われています。
ひらがなについては、「安」の草書が「あ」になったなど、たしかにそうであったろうと思います。
けれどもカタカナは、むしろ日本の古代文字(神代文字ともいいます)の表記を活かしたものと考えたほうが合理的です。

そしてその神代文字は、ひとつひとつの文字に霊力が宿るとされ、実はいまでも、神社でいただくお守りの中に、その文字が使われています。
つまり、日本の古代文字は、私たちが日頃はあまり意識していないだけで、カタカナとして、そして神社のお守り札として、いまも使われ続けているのです。

さて、大和言葉のシラスと、漢字の「知」のもともとの意味(字源)が一致しているということは、「シラス国(知国)」の意味は、「神々と繋がる国」、あるいは「国そのものが神々と繋がる」という意味になります。
そして、その神々と人を繋ぐお役目を持つのが、天照大御神の直系のご子孫である天皇です。

つまり日本は、天皇が民衆を代表して神々とつながり、また神々は、天皇を通じて、民衆を神の子としてくださっている国である、ということになります。
これを「シラス国」といいます。

ところが戦後の日本では、その「シラス」という言葉が、完全に教育から消されてしまっている結果、まるで日本語ではないかのように、言葉の意味が失われてしまっています。
では、戦前戦中はどうだったのかというと、これは、はっきりいって誰もが知る「常識語」でした。

なぜなら、大日本帝国憲法の第一条に、
「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」
と書いてあるからです。

帝国憲法をよく知る方でも、いまどきは、この文の末尾の「統治ス」を、「とうちす」と読みます。
けれど、これは伊藤博文の憲法の解説書にもありますが、この「統治」は「シラス」のことです。
ですから、戦前戦中は、「統治ス」は、「スメラヒシラス」と読まれていました。

いまの日本国憲法の第一条に「天皇は日本国の象徴」と書かれています。
このことは現代日本人なら誰もが知ることです。
このように誰もが知る言葉のことを「常識語」と言いますが、
これとまったく同様に、戦前戦中までは、「スメラヒ、シラス」という言葉は、日本人にとっての常識語であったのです。

ちなみに「スメラヒ」というのは、もともとの字源は「シメラフ」で、これは名詞の「シラス」が、動詞に変化したものです。つまり「スメラ」も「シラス」も、もともとは、同じひとつのことをいいます。

▼神々をお招きする

日本は天皇のシラス国です。
民衆を代表して天皇が神々と繋がられらます。
そして四方拝では、天皇が、元旦の早朝に、皇居内にある特別な建物にはいられて、そこに神々をお招きします。
神社に詣でるのではなくて、天皇のもとに神々に降りてきていただくのです。
要するにこれは、まだ神社などの施設がなかった時代の「シラス」技法を、そのまま活かしたカタチになっているわけです。

このときお招きされる神々は次の通りです。
 伊勢神宮(皇大神宮・豊受大神宮)
 天神地祇
 神武天皇の陵(みささぎ)
 先帝三代の陵(明治天皇、大正天皇、昭和天皇)
 武蔵国一宮(氷川神社)
 山城国一宮(賀茂神社)
 石清水八幡宮
 熱田神宮
 鹿島神宮
 香取神宮

▼天皇の祈り

そして次のように祈りを捧げられます。

 賊冦之中過度我身   ぞくこうしちゅうかどがしん
 毒魔之中過度我身   どくましちゅうかどがしん
 毒氣之中過度我身   どくけしちゅうかどがしん
 毀厄之中過度我身   きやくしちゅうかどがしん
 五急六害之中過度我身 ごきゅうろくがいしちゅうかどがしん
 五兵六舌之中過度我身 ごへいろくぜつしちゅうかどがしん
 厭魅之中過度我身   えんみしちゅうかどがしん
 万病除癒       まんびょうじょゆ
 所欲随心       しょよくずいしん
 急急如律令      きゅうきゅうにょりつりょう

読み下しますと次のようになります。

 賊冦の度(かなら)ず我が身中を過ぎよ
 毒魔の度ず我が身中を過ぎよ
 毒氣の度ず我が身中を過ぎよ
 毀厄の度ず我が身中を過ぎよ
 五急六害の度ず我が身中を過ぎよ
 五兵六舌の度ず我が身中を過ぎよ
 厭魅の度ず我が身中を過ぎよ
 万病除癒  万病を除き癒し
 所欲随心  心のまにまに欲するところ
 急急如律令 急急律令の如く

「中過度我身」は、
 中過 中を過ぎよ
 度  かならず
 我身 我が身を
ですから、「◯◯は、かならず我が身中を通りすぎよ」と祈られるわけです。
「中過度」を、「自らの身を通り過ぎて降りかからないように」という意味だと解釈しているものもありますが、「中過=中を過ぎよ」だけなら、そのような意味にとれますけれど、「度」が付いているわけです。

「度」は、「广+廿+又」で成り立つ字です。
「广」は、建物の中。
「廿」は、器、
「又」は、人が手を交差しているところです。

屋内で器を前に人々が手を交差して何かをしているわけです。
そこから「のり」とか「おきて」、あるいはモノサシなどで計る度量衡や尺度などを意味する言葉になりました。
従って「中過度」の「度」は、「のり」とか「おきて」として「かならず」といった意味で用いられているとわかります。

ということは「中過度我身」は、「度(かなら)ず我が身中を過ぎよ」という意味になります。
申し訳ないけれど、どこにも「降りかからないように」という意味の言葉はありません。

そして最後に
 萬病除癒(万病を取り除き癒せ)
 所欲随心(欲するところは神の御心のまにまにあり)
 急急如律令(その成就よ速まれ)
と祈られています。
そうであれば、「降りかからないこと」が「急急(はやまれ)」では、意味が通じませんし、「随心(神の御心のまにまに)」ともつながりません。

要するにあらゆる災害は、民衆がその厄災を受ける前に、まずは我が身を通してください。
そして万病を取り除いてください。
自分の心は常に神々の御心のまにまにあります。
そして「その成就よ速まれ」と祈られておいでになるのです。

陛下は、新年のはじまりにあたって、誰よりも早く起きて、
 ありとあらゆる厄災は、自分の身にこそ降りかかれ。
 そして万病が取り除かれ、民が癒やされるよう
 自分の心は神々のまにまにあるのだから
 厄災は我が身にのみ先に降りかかれ、
と祈られているわけです。

その厄災とは何かといえば、
「賊冦、毒魔、毒氣、毀厄、五急六害、五兵六舌、厭魅」です。

「賊冦」は、危害を加えようとする悪い賊です。
「毒魔」は、この世に毒を撒き散らす魔です。いまの時代ならメディアかも。
「毒氣」は、人に害を与える悪意です。
「毀厄」は、人を傷つける苦しみや災難です。

「五急」は、五が森羅万象を示す五行(木火土金水)、これが急というのですから突然発生する自然災害のことであろうと思います。
「六害」は、十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)の中の二つの支が、互いに争う害を言います。要するに先輩後輩や世代間の争いなどですから、ひとことでいえば人災のようなものを意味します。
「五兵」は、戈戟鉞楯弓矢のことで、戦禍のことを言います。
「六舌」は、二枚舌どころか六枚舌ですから、外交による害のようなものです。
「厭魅」は、「えんみ」と読みますが、人への呪いのことをいいます。

四方拝では、今上陛下が神々に、
「これらの厄災は、すべて我が身に先に振りかかるようにしてください」と祈られるわけです。

以上をまとめて毎年元旦の早朝、まだ夜が明ける前に、天皇が四方拝として祈られる言葉を、畏れ多いことですが現代語訳しますと、おおむね次のようになります。

 危害を加えようとする悪い賊は、かならず我が身中を過ぎよ
 この世に毒を撒き散らす魔は、かならず我が身中を過ぎよ
 人に害を与える悪意は、かならず我が身中を過ぎよ
 人を傷つける苦しみや災難は、かならず我が身中を過ぎよ
 自然災害は、かならず我が身中を過ぎよ
 人災は、かならず我が身中を過ぎよ
 戦禍は、かならず我が身中を過ぎよ
 口害は、かならず我が身中を過ぎよ
 人への呪いは、かならず我が身中を過ぎよ
 万病を取り除き癒せ
 欲するところは神の御心のまにまにあり
 その成就よ速まれ

▼四方拝のありがたさ

要するに、年のはじめに神官のなかの大神官であられ、しかも神々の直系のお血筋にあられる天皇が、臣民を護るために、ありとあらゆる厄災は、すべて私を通してください」と神々をお招きして祈られるのが、四方拝であるわけです。

そして、この四方拝が、皇居において元旦の早朝に行われ、夜が明けると、一般の民衆(臣民)が、氏神様に初詣に行きます。
天皇がすべての厄災をお引き受けくださったあとだから、人々は安心して、神社に新年の感謝を捧げに詣でるわけです。

だから新年の参拝は、「拝み参らせる(参拝)」ではなくて、「詣でる」です。
「詣」は、言偏が魚偏に変わると「鮨」という字になりますが、「旨」は、匙(サジ)で食べ物を掬う姿の象形文字で、美味いものがあるところに行く、という意味から、神様のところに行ってお参りすることを「詣でる」というようになりました。
新年においしいものがあるということではなくて、おいしいものを食べさせていただけることへの感謝を捧げに行くから「詣でる」となるわけです。

世界中に、王や皇帝と名のつく人は、古今東西、歴史上枚挙に暇がないほど、数多くいたし、いまもいます。
けれど、それらすべての王侯貴族は、ことごとく「支配者として君臨する人」です。
これを古い日本語で「ウシハク」といいます。
「ウシ」は、主人です。
「ハク」は、大刀を腰に佩(は)くと言いますが、身につけること、つまり私物化することです。
ですから、領主や主人が下位にある領土領民を私物化し私有化することを「ウシハク」といいます。

ところが日本の天皇は、神々の御意思を臣民に知らし、神々の大御宝である臣民の豊かで安心して安全にくらしたいという思いを神々にお伝えする役割です。
つまり天皇は支配者ではなく、無私の大神官です。
その天皇を頂点とする体制を、これまた古い日本語で、「シラス(知らす、Shirasu)」といいます。

ですからシラス統治のもとでは、民衆は神々の「たから」です。
神々のたからであるということは、民衆に国家として最高の尊厳が与えられているということです。
つまり究極の民主主義といえる統治が、シラス(知らす、Shirasu)です。
日本の統治の根幹は、神話の昔から、このシラスです。

▼四魂と直霊

そしてこのことは、民衆の側にも高い民度が求められます。
そうでなければ、民は我執に走り、なかでも飛び切り欲の深い者が富や政治を私的に独占し、他の民から収奪をはじめてしまうからです。

ですから知らす統治には、シラスをつらぬき正義を実現する武人の存在が不可欠です。
欲を叩きのめすには、力が必要だからです。
人々が私的な欲を自ら抑えこむという高い民度が確立すれば、正義を行う武は必要ないかもしれません。
けれど、そのようなことは人間社会ではあり得ないから、不条理を正す武人が必要となるのです。
これを荒魂(あらみたま)といいます。

荒魂があって、人の和が守られます。これを和魂(にぎみたま)といいます。
人の和があって、人に幸せが訪れます。これを幸魂(さきみたま)といいます。
そして幸せがあって、真理への道が開かれます。これを奇魂(くしみたま)といいます。
そして真理があって、はじめて力の行使が認められます。これを荒魂(あらみたま)といいます。

荒魂・和魂・幸魂・奇魂の4つが揃って「四魂」です。
この4つの中心にあるのが「直霊(なおひ)」です。
「直霊」に歪みが生じると、「曲霊(まがひ)」となります。
その「曲霊」によるはたらきが、すべてかならず我が身を通ることで、臣民に降りかかるあらゆる厄災を取り除き癒せと祈られるのが、四方拝です。

世界の歴史に、王侯貴族と名のつく人はゴマンといます。
けれど、その中に、臣民に降りかかるあらゆる厄災は、まず自分の身に降りかかれと神に祈る、そんな王侯貴族が世界に他に例があるのでしょうか。
みんな、特権階級として、ほしいままに自分の利益だけを追求した王侯貴族ばかりではないでしょうか。

ところが日本では、歴代天皇が、こうして代々臣民の平穏と「直霊」を祈り続けてこられたのです。
ありがたいことです。
そして、そのような日本に生まれたことは、とても幸せなことです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
譲位
はじまして
ねずさんのひとりごと拝見させて頂きましたのは、WGIP、プレスコード、通州事件の支那人の方と結婚なさった九州の女性の話(名前を忘れました)ほか、いろいろと勉強させて頂いています。有難うございます。
四方拝のお話分かりやすく、日本人はGHQからの政策で、日本そのものが変えられてしまいました。教育、日々の行事すらメディアからも伝わりません。新嘗祭、四方拝まだいろいろと教育的にも日本の文化、伝統はなくなり危機的状況です。皇室のお話をすると不敬の言葉でなにも言えない状況です。ある方のブログも消えてしまい、私はブログはしませんが(機械がにがてで)コメントをYouTUBE載せたりしますが、規制があるのか他のブログ主の方々だけしか聞こえてきません。
先般の「生前退位、譲位」は皇祖神、歴代天皇に大不敬罪だと思います。このままでは、祭祀も途切れ(其でなくても祭祀は簡素化されています)一子伝承もなくなり、万世一系が途切れかねない状況です。嫡子を利用している方がおられ(メディア)を使い、女性天皇立てようとしていますよね。
生前退位とは、なんら関係のない女性天皇の話をメディアにさせて、女性天皇は歴代婚姻はされていません、継承順位の方がおられますので、女性天皇はないのですが、あるお方はそうではないようで、秋篠宮両殿下が出産禁止を言い渡していた人物が誰なのか女性天皇その先には女系天皇を押して皇統を止めたい方が誰なのか、天皇陛下のお話にあると思います。「美智子も親王誕生を大変喜んでおりますが、美智子はやはり皇太子の系譜に皇統を継がせたいと申しているんですよ」
(悠仁親王誕生直後の記事 2006.9.28週間新潮)
万世一系の拒否は皇室否定です。
私はある方のブログを拝見させて頂いています。このままでは、国体自体駄目になりかねません。先日の紀子さま、悠仁親王を乗せた車が追突事故、天皇両陛下「肝を冷やした」
「肝など冷やして」いません。
宮内庁が事故直後に考える時間を置かずに
「警備の増強は考えてないなどと発表しません。させません。「肝を冷やした」のなら
背後に美智子夫人(GHQ関係を考えると、立后されておられないので)がおられると思います。即時に秋篠宮両殿下に移譲して頂きたい。天皇陛下には、譲位ではなく摂政を置いて頂きたいです。陛下かが皇祖神、歴代天皇、先帝、万世一系考えおられることを祈ります。ないと言われるのであれば、国民無視になりましょう。
女性、女系天皇なるのなら、神社に参拝にも行けず、天皇廃止論、宮殿開放にもなりかねません。
一部ブログ主様から抜群させて頂きました。
長々拙い文章で申し訳ありません。
2016/11/29(火) 18:04 | URL | 真名 #N0W2aMNo[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/11/28(月) 06:19 | | #[ 編集]
聞いてみたい
読んでます。天皇がおられるおかげで宗教対立もなく爆弾テロも起きない安心して買い物にも行けると喜んでる次第です。ニュースを見てるとISが爆弾テロを起こした。犠牲者の多くはシーア派だとか?結局宗教対立?訳が分からないです。前々からの疑問点があるんです。かの織田信長公、名門武田家をも滅ぼし、延暦寺をも焼いてしまう絶頂期の織田信長。彼の武力をもってすれば天皇家も滅ぼす事が出来た筈。なのにしなかったのは何故なのか?不思議なんです。よろしければ見解を聞かせて下さい。宜しくお願いいたします。
2016/11/26(土) 05:56 | URL | ヤマト #-[ 編集]
いつもありがとうございます。

天皇の四方拝は陰陽道からきていると以前、ねず先生が紹介されていた
陰陽会の先生がブログで書かれていました。 朝廷に公職としてあった陰陽道を明治政府は廃止しましたが、我が国古来の天文学や易、土地の気脈を読み取る気学などある意味、東洋哲学のエッセンスがあったので惜しいなぁと想います。皇祖皇宗の神々に国民の掛かる災厄は必ず我が身を通して下さいと言上される事は捨て身の誓いをされているのと同じ事です。 天皇のご存在は有り難いです。
2016/11/25(金) 17:01 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク