アクセスランキング

日本はシラス国です。ウシハクと一線を画す日本の姿学んでいます。


日本的武道にあるもの

20161124 剣術
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本は古代から現代にいたるまで、ずっと天皇を中心とした治政の国家です。
ですから、鎌倉幕府も足利幕府も織豊時代も徳川時代も、それらはいわゆる政権交替であって、日本の国のカタチは変わっていません。

そうはいっても、たとえば江戸時代は、諸藩のことを「国」とよんでいました。
国という字は、日本国という意味と、上野国、下総国というように、諸藩やそれぞれの地域という意味の、両方に使われていましたが、これは「国」という字が、ある程度の独立した行政単位を示す意味で用いられていたからです。

武家政権となってから以降は、各「家」が、これを統治していました。
その「家」の最大のものが徳川家で、日本列島のだいたい3分の1くらいを領土として所有し、圧倒的軍事力と経済力、そして政治的影響力を行使していました。
これが江戸幕藩体制です。

徳川家の幕藩体制構築にあたっての最大の理念は、兎にも角にもこの国から「いくさ」をなくすことでした。
ですからそのために、全国の諸大名の配置も変えたし、大名には江戸に人質を置くことを強制したし、参勤交代を義務づけて諸大名の財力と抵抗力を削ぐということも行いました。

ちなみに「参勤交代」は、秀吉の朝鮮征伐の際に、全国の大名がいくさ仕度で九州にまで狩り出されたことを変形させたものです。
家康は、なによりも「いくさ」のない世の中を希求し、そしてそれを完全に実現したわけです。
こうして徳川の政治体制によって、日本の民衆は、いくさのない、江戸270年の太平の世をすごすことができました。

それにしても、徳川家の平和への願いは徹底していました。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室


有名な「生類憐れみの令」も、そのひとつです。
「生類憐れみの令」については、戦後、どういうわけか、「お犬様を人の命よりも大事にした5代将軍綱吉の稀代の悪政」であるかのようにさかんに宣伝されました。
学会でもそのように言われることが多かったようですし、学校でも、「だから綱吉は犬公方と呼ばれた」などと教えられたりもしていました。

ところがその「生類憐れみの令」は、幕末まで、何度となく幕府からお触れが出ています。
つまり、綱吉将軍は、単にそれを「はじめた将軍」というだけで、令そのものは、幕末まで歴代将軍によって引き継がれたり、再徹底のためにと、繰り返しお触れされているのです。

では何故、幕府が「生類憐れみの令」を繰り返し出したのかというと、犬の命よりも人の命はもっと大事なわけです。
ですから犬を殺してはいけないということは、人はもっと殺してはいけない。
そのことを全国に徹底するために、発布したのです。

それにそもそも、「生類憐れみの令」は、見て分かる通り「生類」、つまり生きとし生けるものすべてについて、その命を大切にせよ、いたずらに人や動物の命を奪ってはならないというお触れです。
あたりまえといえば、あたりまのことかもしれませんが、江戸時代にあっては、武士は常に腰に二本の刀を刺していましたし、町人だって、長脇差といって、ほとんど大刀と変わらない長さの刀を腰に差していたし、中には剣術の稽古をし、練達した町人やお百姓さんも多数いたのです。

しかし、練達の士は別として、一般人が腰に刀を刺していれば、ついカッとなって、人を斬ってしまうことはあるわけです。
ましてお酒でもはいろうものなら、ちょっとした口論から、ついつい刀を抜いてしまう。
けれど、様々な事情があったとしても、斬れば、相手も自分も、そして双方の家族も傷つくのです。
さらに、これが◯◯家の名誉にかかる問題、あるいは宗門の対立のようなものに発展すれば、再び「いくさ」がやってくることになります。

ところが武士は、腰に二本の刀を刺しているから武士なのです。
刀そのものを禁じる訳にはいかない。
そこで出されたのが、「生類憐れみの令」であったわけです。
つまり「生類憐れみの令」は、「稀代の悪法」どころか、命をどこまでも大切にし、二度と国内で戦を起こさないための、「稀代の善法」だったのです。

これが事実です。
ところが戦後の学界は、悪法という解釈でした。
学界がそのような解釈なら、テレビもメディアも小説も、みんなそれに右へ倣えです。

こうした情況に、20年ほど前から「新しい歴史教科書をつくる会」などが中心となって、既存の説を見直せという運動が起こり、また7年ほど前からは当ブログにおいても、「生類憐れみの令」は、命を大切にしようとする幕府の政策だったということを、年に何度か書かせていただいたりしました。

その結果かどうかはわかりませんが、先日テレビに東大の日本の歴史学の教授という方が出演して、
「最近の学界では生類憐れみの令は、命を大切にしようとする良いお触れであった」
と述べておいでになりました。
歴史学会の認識が変わったのです。
これは本当に良いことだと思いました。

ところがその学者、同じ番組で、
「鎌倉幕府の成立は、1192年の頼朝の将軍任命からではなく、1185年の壇ノ浦の戦いで、事実上の政権交代が起こったのだから、鎌倉時代は1185年に始まったのだ」と述べておいでになりました。
「わかってないなあ」
と残念に思いました。

頼朝は、自称・将軍ではないのです。
天皇から将軍の親任を受けて、はじめて全国の武士たちに号令できる立場となったのです。
会社で、いくらそのポストにふさわしい実力があったとしても、人事から正式な辞令がなければ、肩書はないことを考えれば、これは誰にでも理解できることです。

また、徳川幕府は、全国の武士たちがヒゲをはやすことまで禁じています。
男がヒゲを生やすのは武威を張り、徳川の天下に危害を及ぼす目的を持ったものだ、というのです。
ですから江戸時代の武士たちは、ヒゲを伸ばさなかったし、幕末の志士たちも当時の写真をみれば、誰もヒゲを伸ばしていません。

明治になってから、将校や元勲と呼ばれる人たちが、付け髭まで付けて髭を生やしたのは、欧米列強と対等な関係を築きたいという強い願いからです。
明治日本の最大の願いは、不平等条約を排し、欧米列強と対等な関係を築くことにありました。
そのために、髭だけでなく、帝国ホテルの横に鹿鳴館を開設して、洋服を来て舞踏会を催したり、欧米に合わせて冠婚葬祭時の礼服は、それまでは白があたりまえだったものを、わざわざ布告を出して、黒い服に変更したりもしています。

これは加瀬英明先生が、いつもおっしゃることですが、いまでも宮中での外国からの賓客のためのおもてなし料理は、日本料理でなく、フランス料理です。
明治時代には、日本料理は「遅れた未開人の料理」とされたので、当時の最高の西洋料理であったフランス料理を、日本における賓客のおもてなし料理としたのです。
日本は、まさに涙ぐましい努力を、してきたのです。

そうして、日清、日露を戦い、第一次世界大戦を制し、支那事変、大東亜戦争を戦い、日本は世界から「植民地」を一掃してしまいました。
このことは、もし日本の明治以降の働きがなければ、おそらく21世紀となった今日においても尚、世界の有色人種は、民族の独立など認められず、相変わらず植民地支配のもとで、隷属を余儀なくされていたであろういうことを考えれば、どれだけ偉大なことだったのかわかります。

ちなみに、植民地統治の時代、ブラック、イエローを含め、いわゆる有色人種というのは「痛みを感じない生き物」と信じられていました。
ですから、ムチで叩かれて痛がっていても、それは単なる演技であって、実は、痛みを感じる神経そのものがないと、そのように考えられていたのです。
もしいまの日本が、どこかの国の植民地になるのだとしたら。
その痛みに、耐えられる人は、いったいどれだけいるのでしょうか。

日清日露をはじめ、支那事変、大東亜戦争の、どの戦いにおいても、日本人の戦いは、常に10倍、20倍、甚だしきは100倍の敵を相手にするものでした。
そして、それら戦争の中の、個々の戦いを見ると、おそらくそれがギリシャやローマ、あるいはヨーロッパの近代の戦いだとすれば、歴史に残り、語り継がれるほどの、勇敢な戦いでした。
けれどそれは、ひとつひとつが、ものすごく過酷な戦いであったことを示しています。

兜(かぶと)も焦がす炎熱の中で、 敵の屍とともに寝る。
真水がないから、泥水をすすり、食べ物がないから野草を噛む。
荒れた山河を幾千里も行軍する。
あるいは骨まで凍る酷寒の中で、 背も届かないような深い汚水の中に2日も3日もずっと浸かって敵情を視察する。
その酷寒の中で、糧食が尽きて10日も何も食べずにいて、それでも戦う。
そして、多くの若い命が、青空の中に、海に、土に消えていきました。

行軍の際、傷ついた戦友をおぶって、何日もあるき続けたりもしています。
そしてそれだけ過酷な状況下で戦いながら、日本の兵隊さんたちは、現地で、いわゆる略奪や、強姦や、収奪を一切していないのです。

こんな軍隊って、世界の歴史に他にあったでしょうか。

このあたりのことも、日本兵は残虐だったとか、中共政府や朝鮮政府の宣伝工作と、それによいしょした日本国内の、とんでも学者によって、180度捻じ曲げて伝えられています。
けれど、そうした捻じ曲げた話が果たして事実なのかどうか、自分の親を見て考えてほしいと思うのです。
あなたの親は、祖父は、そういう悪人だったのですか?と。
血は争えぬといいます。
では、あなにも、そんな残虐な血が流れているのですか?と。

答はNOです。
まれに若い人で、「わかりません。自分ならするかもしれません」などと言い出す子もいます。
けれど、そういう若い人は、捕虜の目玉が栄養になる珍味だからと生きたまま目玉をくり抜いて、そのまま生で食べますか?と聞けば、答はNOです。
つまり、残虐や残酷の意味を、まるでわかっていないだけです。
日本人にはできることではないです。

いまも昔も・・・昔というのは、明治以降のことだけではなく、奈良平安の昔や、鎌倉、室町、安土桃山、江戸時代から、神話の時代まで含みます・・・日本人の願いは、ただひとつなのです。
それは、誰もが豊かに平和に安全に安心して暮らしていけること。
そして、武というものは、そのためにこそ存在する、というのが、日本人の思考です。

強ければ何をやっても許されるなどという思想は、どっか他所の国の常識にすぎません。
戦後、どっかの国の人が、日本の武道を真似て、ただいたずらに自分が強いということをアピールしたりしました。
おもしろいもので、強くなりたいからとその流派を学んでも、純粋な日本人は、強くなればなるほど、見た目がにこやかで、やさしそうになります。
ところが、どっかの国の人は、一定のレベルにまで練達すると、必ず、まるで見た目がヤクザか暴力団のようになります。
おそらく、DNAの違いなのだろうと思います。

先日、小野派一刀流の師範の演舞を、生で見る機会がありました。
片方が八段、片方が七段です。
互いに真剣を持ち、同時に上段から相手の面を狙って刀を振り下ろします。
刀はもちろん刃引きはしてありますが、真剣です。
あたれば、双方とも脳天を真っ二つに割られて即死です。

刀身は薄いですから、「相打ち!」と思った瞬間です。
相手の刀が、なぜか師範の左腕から、毛筋一本分、外側に流れてしまうのです。
そして師範の方は、相手の面ではなく、面にあたる直前に刀身を引き、相手の喉元に刀を突きつけました。
もちろん、寸止めです。
演舞なのに、背筋が凍りつきました。
まさに、烈帛の気合でした。

この演舞は、何度か繰り返して行われました。
何度やっても、結果は同じです。
まるで手品みたいでした。

全身全霊を込めて上段から面打ちに振り下ろした刀が、なぜか右に毛筋一本、逸れてしまうのです。
終わった後から、
「どうしてあのようになるのですか?」
とお聞きしました。すると、
「刀は歯から身にかけて、微妙に鋭角をなしています。
 その鋭角を利用して、相手の振り下ろした刀を、
 体側に滑らせるのです」
まさに神業です。

これが小野派一刀流というものなのか、と、衝撃を受けました。
武芸の練達者にかかると、あらゆるものが武器になるといいますが、その武器をまた、限界まで活かし抜く技術を、生涯かけて磨き続けるわけです。
昔の日本人が強かったわけだと思いました。

そして、その二人の師範が、どちらも、一見すると、とてもおだやかで、おやさしい方に見えるのです。
ところが、ひとたび真剣を持って壇上に立つと、その烈帛の気合が、広い会場内を、まるで水を打ったように、シーンとさせてしまうのです。
私などは、震えそうになりました。

武道物の映画というのは、一時期たいへんな人気があって、世界中で撮影されました。
その多くのストーリーは、不条理な暴力を日常的に揮う悪役がいて、それを倒すというものです。
ところが日本の古い映画では、欲にまみれて私利私欲を図る者を、練達の士が懲らしめるという筋書きのものであることが普通でした。
最近でも、やむを得ない事情で人を斬った者が、やはりやむを得ない事情で斬りに行くという筋書きとなっているものが(すくなくとも日本人が監督する映画では)主流です。

武は、どこまでも正しい心を養い、正義を実現するためのもの、というのが日本人の考え方です。
その正義とは、誰もが豊かに安心して安全に暮らせる平和な社会を維持し守ることにあるというのが、日本人の普遍的な考え方です。
ですから日本人の誰もが豊かに安心して安全に暮らせる平和な社会を希求するなら、武を正しく復活させていかなければならないのではないかと思います。

近年では、日本武道が世界に広がり、東亜地域の協会の会長さんが反日国の反日意識の塊であったりしています。
するとどうなるかというと、武道が、ただ「試合に勝てば良い」という、まるで異なるものになってしまいます。
挙げ句の果てが、日本武道が、どこぞの国起源説などが、平気で世界で宣伝されたりする。

思うに、試合はあくまで試合でしかありません。
戦時中に実際に経験している通り、実際には、1:1どころが、いどちに10倍、20倍、ときに100倍もの相手と、死ぬとわかって戦わなければならないときもあります。
もちろん、その場では、殺されてしまうことでしょう。
けれど、殺されながらも、その精神をしっかりと遺す。
そして、最後に正義が必ず復活するようにして、命を捨てる。
あるいは、そのために命をかける。

「◯◯道」と言いながら、その実、試合に勝つことだけが目的になっているのなら、それはスポーツ競技でしかないのかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
No title
良くご存知で無い方は、一般的な兵隊さん(=百姓)は、「郷土の誉れ」で郷土聨隊に入営し、隣近所の先輩・後輩と一緒にいた事を、ご存知無いようですね。百姓は「地付き」で動けません。そして、御先祖様の恥は、家の恥になります。全国から兵隊さんを集めた近衛聨隊でさえ、養子で外に出た大叔父(苗字が変わった)が、近所の馬鹿(古兵)に叩かれたそうです。しかし「私は、〇〇(屋号)から養子に出た△△ですけど」と脅かすと、その後、当人曰く「ある程度の無茶」は、全て聞き入れたそうです。でも、地方(=市民生活又は娑婆)に帰って「近衛に行った□□さん家のが、養子に行った〇〇さん家の△△ちゃんを叩いた」と後ろ指をさされ、格別の名誉の近衛のはずが、小さくなっていたそうです。「強姦」?隣の小僧がやったら、金玉握り潰すぞ!
2016/11/30(水) 17:44 | URL | #-[ 編集]
No title
こんにちは。
武術と武道は違うのだと思います。実践の術と、実践ではないが鍛錬や精神
修養のための道ではないでしょうか?
江戸時代は、武力を忘れないために武道へと進化させたのだと思います・・
・・がww結構昔(昭和初期くらい?)の剣の稽古のフィルムを見てみると
・・1対多数で木刀?で遣りあってたりするし、足も使うという・・現代の
剣道はまさにマーシャルアートであるなあ・・武術さえもアートにしてるよ
うな・・ww
そういえば江戸時代の花火は、大砲や鉄砲のための火薬の技術を忘れないた
めでしたっけ?現代では夏~秋にかけて日本中で花火で賑わってますね。お
まけに毎年春にドイツで行われるヤーパンタークという日本文化紹介イベン
トでは最後の〆が日本の花火(法規制により現地生産らしい)で賑わうよう
ですw
ロストテクノロジーと言えば、戦艦の砲台製造技術は今や失われているとか。
戦艦大和の砲台を作った旋盤だけは保存されているという噂ですが。
時代に合った形にはするが、大切な技術などは大事に保存し続ける。これが
日本の強みなのだと思います。昔の技術を発展させて現代に活かしている例
も多々ありますし。(海底ケーブルなど)



2016/11/28(月) 23:53 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
>日本兵は残虐だったとか、中共政府や朝鮮政府の宣伝工作と、それによいしょした日本国内の、とんでも学者によって、180度捻じ曲げて伝えられています。

私の父は、帝国陸軍の兵隊として出征しました。
親の性格は、自分が生まれてから亡くなるまでを見て、良いことも悪いことも知っています。

日本の兵隊の給与は、15円位でした。これの支出は、本人の小使い、親元への仕送り、慰安所での休養で三分するのが平均的だと聞いていますので、父も慰安所へ通っているでしょう。
当時は慰安所が合法とされていますから、問題はないと思います。

しかし、父が慰安所で慰安婦を、性奴隷として扱ったと言うことには、あり得ないと考えます。
それは、性格を知っているから、言えることです。
いま、日本軍の兵隊が、慰安婦の女性を性奴隷と扱ったと思う人は、御自分の父親や祖父が慰安婦を性奴隷として扱っていたと考えられ、その血が自分にも流れていると考えているのでしょうか。
そして、その性格は自分にも、受け継がれていると思うのでしょうか。

私は自分が仏様のように、善良な人間だとは思いません。
でも、女性を性奴隷として扱ったことについては、全くなかったと自信を持って言えます。
2016/11/28(月) 11:50 | URL | ポッポ #/5dmJF4E[ 編集]
更新ありがとうございます。
生類憐れみの令っていうのは、人の命を大切にする徳川幕府の意向が背景にあったんですね。綱吉は学問好きの
愚昧な将軍とか司馬遼太郎辺りもいってましたが、何をかいわんやです。

けれど犬を無闇に殺めただけで懲罰を受けるなら、韓国人なんか犬を苛めて殺して食べる事を日課にしている国民なので、ほとんどの韓国人を罰する必要がありますね。厳罰を加えてやりたいです!
2016/11/28(月) 10:50 | URL | #-[ 編集]
いつもありがとうございます♪

昨日のにっぽんじんさんの高齢ドライバーの事故についてのコメントについてですが、12月18日の虎ノ門ニュース51分あたりで武田邦彦先生が解説しています。
65歳から高齢ドライバーと定義すると高齢ドライバー数は全体の20%、高齢ドライバーによる事故率も20%だそうです。なかなか面白い解説していますのでよろしければ一度ごらんになって下さい。
マスゴミの言う事を鵜呑みしてはいけませんね・・・
2016/11/28(月) 10:16 | URL | 保守一年生 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓好評発売中↓

↓既刊本↓



ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最短で3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

過去の講演テーマです。
君が代と日本人
大国主神話とシラス国
和歌と日本の誇り
歴史から見た慰安婦問題
領土と主権のお話
和と結いの国、日本
日本人にとっての戦いとは
武士道と忠義
日本人と食のお話
建国の理念と日本の文化
世界に誇る縄文文化
百人一首と日本人 etc....
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク