アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


赤穂浪士とシラス、ウシハク

★次回倭塾は12月24日13:30開催です。
 この日は、今年最後の倭塾なので、ちょっぴり特別なイベントが開催されます。
 詳細は⇓で。

 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3232.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3232.html

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20161212 赤穂浪士
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


昨日14日は、赤穂浪士討ち入りの日でした。
以前はこの時期になると、毎年違ったキャストや監督でテレビで赤穂浪士が放映されたものですが、最近では、それがまったくなくなりました。
日本に住んで日本語を話し、日本人のような顔をしていても人モドキには、その日本的美徳感が理解不能なのかもしれません。

それどころか最近では、赤穂浪士の討ち入りは、ひとりの老人を47人の刺客がよってたかって嬲り殺した日本人の残虐性を象徴する物語などと、茶化されたりもしているそうです。
我々日本人の感覚からすると、もはや気でも狂ったのかといいたくほどです。

ちなみにお隣の半島では、ひとことでいえば、
「日本は悪魔の国であり、自分たちは栄えある歴史を持った民族なのだから、日本の文化を破壊し、日本人女性を強姦することが正義である」と教えられるのだそうです。
子供の頃からそのようなことを刷り込まれ、スポンサーが付けば、わざわざ日本にまで出かけていって、仏像や神社の石碑を片端から壊して行くことが正義だと勘違いする馬鹿者が生まれるのも、うなづけます。

日韓関係における韓国民の日本人もしくは日本への悪感情は、特定の勢力によって刷り込まれたものであるにせよ、もはや抜き差しならないものとなっていようかと思います。
個人的に見れば、なるほど良い人も(100人にひとりくらい)いるかもしれませんが、ここまでくれば、我が国は断交しなければ、我が国の法と秩序と文化と伝統、そしてなにより日本人の安全と治安が守られません。
制裁は当然のことと思います。

ただ、赤穂浪士に関して言えば、実は戦後生まれの私たちの世代は、毎年テレビで放映されていたり、映画化されていたりしていたとはいえ、巧妙にその根幹にあることを隠されて育っています。
それが何かというと、尊王と国家統治の関係性の問題です。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室
第38回 2017/3/18(土)18:30〜20:30第4/5研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室
第13回 2017/3/23(木)18:30〜20:30 第三研修室


そもそも事件のきっかけとなった浅野内匠頭と吉良のお殿様の確執は、巷間言われているような「ヒヒ爺いの若者いじめ」ではありません。
皇室尊崇を説く山鹿素行の教育を受けた浅野のお殿様とその家臣団、天皇は斎主であって統治は将軍職という室町以来の価値観のせめぎあいの中で起きた残念な事件です。

御存知の通り、日本は天皇を国家最高権威とするシラス(知らす、Shirasu)国です。
けれども、その統治機構の内部においては、ウシハク体制がなければなりません。
ウシハクという厳しさという重石がなければ、統治機構が崩壊してしまうからです。
そのウシハクを実行する頂点にある者が、将軍です。
だから征夷大将軍(夷狄を征する将軍)でありながら、夷狄ではなく、国内の統治を委ねられているのです。

基本的な国家のカタチは、天皇が民衆を「おほみたから」とするという国家最高権威によって民衆を保護し守るという根底における天皇のシラス国があります。
けれどシラスを実現するうえにおいては、武士たちによるウシハク統治が必要です。
根底に仁をおいても、悪は誅さなければならないのです。
その力を行使する者がなければ、国家のシラスは崩壊します。

このことは、すこし別な言い方をしますと、日本は、天つ神が知らしめ、国つ神がウシハク国であるという言い方になります。
ウシハクは、単独で国家等の統治に用いられますが、シラスはウシハクと表裏一体になって、はじめて機能します。

シラスとウシハクは、対立概念と説明したほうが、現代人にはわかりやすいです。
しかし先日も書きましたように、そもそも日本に「対立」という概念はありません。
「対立」は、訓読みしたら「ならびたつ」です。
現代的な意味の「対立」とは意味が違うのです。
シラスとウシハクは、「ならびたつ」ものです。

そこで赤穂浪士です。
ところが、室町幕府の時代、三代将軍足利義満は、明国との交易を開始するにあたり、日本国王を名乗りました。
これはあながち間違いではなく、王は、皇の部下ですから、それ自体は理論上は正しいものです。
ところがこのことが原因となって、国家の秩序が崩壊し、室町幕府はウシハク能力さえも失って戦国時代を招いてしまっています。

吉良家は、その足利将軍家の時代の高官の家柄ですから、もちろん皇室尊崇ではありますけれど、同時に幕府の権威をたいへんに大事にしてきた家柄です。
ですから当然、勅使下向の接待に際しても、将軍の権威を重んじます。

ちなみにこの勅使下向ですが、これは毎年お正月のための挨拶に、幕府が使者を京の都の朝廷に上らせていました。
将軍は天皇の臣ですから、これは当然のことです。
その御礼に、朝廷から勅使が江戸に下向しました。
これが勅使下向です。

浅野内匠頭と吉良上野介は、その勅使下向の接待役を仰せつかったのですが、浅野家は、皇室尊崇論の山鹿流です。
どこまでも天皇と将軍は主従の関係です。
ですから、天皇の遣いである勅使の席は、将軍よりも上です。
ところが、室町以来の伝統では、将軍は天皇の部下ではあっても、勅使という下級廷吏よりは上の存在です。
従って、簡単にいえば、勅使の席次は下位になります。

浅野内匠頭は、若いし、自分が学んできたことに絶対の確信を持っていますから、その室町以来の伝統が許せません。
こうしたことは、実際上の行為はささいなことであっても、思想的な違いが根底にありますから、いきおい感情がエスカレートします。
いってみれば、同じ保守派同士の争いのようなものです。
近いほど、骨肉相食む感情的な争いとなってしまうのです。

それで起きた事件が、松の廊下の刃傷沙汰です。
江戸城内での刃傷沙汰は絶対に禁止です。
けれど、この事件が起きた背景には、権威(シラス)を絶対視するか、権力の集中化(ウシハク)を絶対視するかという思想上の争いがあります。
本当は、両方あってはじめて国の統治は成り立つのですが、両者が争ったら国は割れてしまいます。
ですから幕府は、「刃傷沙汰」という一点をもって、異例の迅速さで浅野内匠頭の即日切腹を命じています。
他に方法がないのです。
ずるずると引き伸ばしてしまえば、幕府の権威に傷がついてしまうからです。

たかが刃傷に、藩主切腹、お家おとりつぶしというのは、極めて厳しい処罰です。
けれどその背景には、シラス国の実現のためには、臣に対する(民衆に対するではありません、臣に対するです)強力なウシハク統治が必要なのです。
幕府はそれを身をもって示したわけです。

ところがここで問題が起きます。
武士ですから切腹とはいっても、辞世の句は当然です。
そして殿様の辞世の句となれば、当然家臣団には知らされます。
その辞世の句です。

 風さそふ 花よりもなほ 我はまた
 春の名残を いかにとやせん

「風誘ふ花」というのは、桜の花びら(皇室尊崇)を散らす山から吹いてくる風のことです。
それでも「名残をとどめたい」というのです。
つまり殿は、どこまでも皇室尊崇の山鹿流の赤穂の意地を貫き通したいと辞世の句で述べているわけです。

これを聞いたら家臣団は、慄然とします。
亡き殿の意趣返しを何が何でもしなければならなくなります。
本来なら、幕府はこの辞世の句は家臣団には知らせたくないくらいです。
けれど、それが辞世の句となれば、知らせないわけに行かない。
けれど、放置すれば、これは必ず戦(いくさ)になる歌です。

治安を預かる幕府にしてみれば、これは困った自体です。
だからこそ、旧赤穂藩士の暴発を食い止めるために、幕府は徹底して調査や張り込みを行っています。
平和を守るための幕府なのです。
それが戦(いくさ)のタネを放置したとあっては、明察功過になりません。

けれど結果として、討ち入りは起きてしまうわけです。
絶対に起こさせてはならない事件が起きてしまいました。

これが町人たちが起こした討ち入り事件であったのなら、夜間に武力を用いて他人の家に乱入して多くの命を殺生したわけです。
当然に、その町人たちは、打ち首ですし、これだけ大規模な事件が起きることを、前もって予期して防ぐことができなかった江戸の町奉行は切腹です。
そういう事件が起こらないようにするために、奉行職が置かれているのです。
起きてしまったのなら、奉行が責任をとるのはあたりまえです。

ところがこの事件は、町人が起こした事件ではなく、れっきとした武士が起こした事件です。
ということは、武士の行動に最終責任を負っている責任者は誰でしょうか。
答えは、将軍です。
ましてもともとのきっかけは、大名の処分にはじまるのです。

では、将軍が切腹すべきでしょうか。

しかし将軍が切腹したら、国内統治も崩壊します。
国内統治は、ウシハク将軍という一点の重石で統治されているのです。
そこが切腹となったら、国内統治が崩壊します。

こうした局面で知恵を出すのが新井白石のお役目です。
むしろ、浪士たちの討ち入り事件は、義挙である、という評判をたてます。
すると、義挙の最高責任者は将軍です。
それなら将軍は罪に問われることはなく、幕府も安泰、治安も安泰です。
そのうえで、実行犯には武士としての名誉を与える処罰(切腹)を与える。
また、その身内には、諸藩で高禄での雇用を与える。

こうすることで、万事丸く収まるというのが、白石流の筋書きとなりました。
このため、藩主の浅野内匠頭は、即日切腹であったのに対し、すでに武士の身分さえも失っていたはずの浪士たちの切腹までは、およそ3ヶ月の間が置かれています。
たっぷりと、義挙の評判がたつのを待ったのです。

徳川幕府というのは、徹底して皇室尊崇を図り、また戦(いくさ)のない平和な社会の実現を求め続けた政府でした。
そしてこれを実現するために、徳川幕府は国内最強の軍事力と経済力を常に保持し続けました。
幕末に金(Gold)の流出騒動さえなければ、もしかしたらいまも日本は徳川政権のままだったかもしれません。
そのくらい、徳川政権は、力を持った政権だったのです。

そして力を持つということは、ウシハクということです。
ただし、その根底に、シラスを置くのか、そもそもシラスを持たないのか。
この違いは、圧倒的に大きな違いとなります。
徳川幕府は、間違いなく前者であり、それを貫き通した政権であったと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20161205 未来予測フォーラム2017-2

20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
No title
背景に思想的なことがあるとは知りませんでした。
表面に出ている文書や証言だけでは、わからないことがあると思いました。
最近では浅野内匠頭が精神病だったとか、神経質な性格がだったとか、酷い言われようです。ともあれ、泉岳寺に行きましたがたくさんの参拝者でいっぱいでした。あいかわらず人気があるようです。ちなみにNHKで「忠臣蔵の恋」という題名で放送してますよ。
2016/12/16(金) 18:19 | URL | #-[ 編集]
No title
こんにちは。
栄枯盛衰。徳川幕府も然り。幕末のゴタゴタで、長期政権にいつまにか鈍化
し驕っていた政権の姿が浮き彫りになってしまいました。攘夷(外国を打ち
払う)令に従い門番として血を流して外国と戦争したのは薩長のみ。島津氏
も毛利氏も鎌倉時代から皇室周辺で働いており、鎌倉幕府、室町幕府、戦国
時代を終結に導いた織田氏、豊臣氏の衰退を見てきた家であり、究極は幕府
よりも皇室。徳川政権が弱体化しているのであれば倒幕に向かうのは必然の
動きであったでしょう。最後の将軍の徳川慶喜も水戸で育ち、皇室を重んじ
る水戸学に親しんでいたでしょう・・皇室への政権返還への流れは、必然の
流れであったのでは?徳川幕府の官僚が結んだ外国との不平等条約を改正す
るために明治政府は、憲法制定や官費留学や戦争やその他いろいろと努力を
重ね続けたけれども、漸く条約改正し関税自主権を取り戻したのは明治44
年で、翌年45年で明治時代は終わり大正時代となる。徳川政権の外交失敗
から始まり、その尻ぬぐいに一時代が費やされたようなものです。
確かに、ほぼ鎖国状態であった江戸時代においては、徳川政権は良く機能し
ていた。けれども欧州列強、米、清を始めとする外国勢力と付き合う環境に
おいては、脱皮せざるを得なかった・・沙羅双樹の花の色のごとき盛者必衰
の理・・というわけでしょう。
例えば身体機能は、相反する機能を持つ交感神経と副交感神経の双方の働き
で恒常性を保っています。これと同じように、国の機構システムを保持する
ためには、様々な小勢力を大きな2つの勢力の対立へとまとめ上げて機能さ
せるのがコツなのです。幕末のゴタゴタの中、結局は倒幕勢力と幕府側の対
立へといき、相互に妥協(あるいは協力?w)して大政奉還、無血開城など。
新政府には倒幕志士も旧幕臣も入っての外国勢力への対抗の図へと・・こう
いう図を描いていた人物がいたはずです・・例えば勝海舟とか?国家百年の
計というような言葉は、こういう人物から発せられるわけで・・w
こういう図は、戦国時代の終わり・・力技で豊臣か徳川かの二択の流れに持っ
ていった時にも描かれていたと思いますw描いたのは、信長と光秀でしょう
ねww仏教勢力の反発を鎮火させ、なおかつ諸将をどっちかの下に付くとい
う流れに置いた・・こういうエンタメで島津や毛利を始めとする強豪も巻き
込む・・そういうパワーゲームで日本をまとめなくては危なかった・・当時
もスペイン、ポルトガル、イギリス、オランダおまけにイエズス会という列
強がやってきていましたから。彼らの常識では植民地にするには100年か
かってもかまわないというものですから・・特にイエズス会は。3代将軍の
家光になってやっと、イエズス会などが日本人を売買するのをキッチリやめ
させました。英蘭はスペイン、ポルトガルと戦うために、日本兵をマニラと
マカオに派兵してくれと家光に要請してたりして・・断られました・・この
時期の徳川政権であれば、幕末の不平等条約締結などなかったかも・・。
やはり・・祇園精舎の鐘は鳴るわけで・・。え?今、聞こえてませんか?w


2016/12/16(金) 03:55 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
おはようございます。何回かコメントさせていただいております。
故郷のことが載っていたので大変嬉しく思います。
大筋のストーリーは理解できているのですが、
いきさつとその後がわかって今までの徳川政権への認識が変わりました。
ありがとうございます!!!
先生のスレは今まで自分が知らなかった経緯とその後がわかるので
大変勉強になります!

つくづく思うのですが、最近のニュースは経緯とその後を報道しません。
あるキーワードのみ取り上げ報道するので何が正しいのかわかりません。
正しい情報は、自分で見つけないといけないのでしょうか?
2016/12/15(木) 12:23 | URL | #-[ 編集]
No title
おはようございます。いつもありがとうございます。
ついに国交断絶の時が来ましたか。永い永い間多くの政権が苦慮してきた半島との付き合いをこの時代で終わらせる事が出来たらどんなにかいい事でしょう。特権を無効にし、不法滞在者も一掃出来れば日本は必ず立ち直り、立ち上がります。国交断絶は希望ではなく、実行すべき優先課題です。
2016/12/15(木) 09:53 | URL | heguri #aYDccP8M[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓大好評予約受付中↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク