アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


特高警察と思想犯たち

★本日13:30、倭塾開催です。
 ちょっぴり特別なイベントが開催されます。
 詳細は⇓で。

 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3232.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3232.html

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20161222 特高必携
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


以下に示すのは、昭和7(1932)年に刊行されたある本に掲載された文章です。
ちょっと堅い文章ですが、是非、ご一読なさってみてください。短いものです。

 国家の進運は
 畢竟(ひっきょう)その国家本然(ほんねん)の
 独創的改革によって
 はじめて成就し得るものであって、
 決して模倣によって
 招来(しょうらい)し得るものでない。

 日本には本来、
 建国の昔から貴き伝統があり、
 有難き国風がある。

 ロシアの真似も、
 英国の真似も、
 アメリカの真似も、

 すべてそれらは、
 この国風を長養(ちょうよう)する意味で
 摂取する場合においてのみ
 意義を発揮し得るのであって、
 単に模倣のための模倣は
 決して日本のためにならぬのである。

 その昔
 儒教仏教もこれが国風化したときに、
 はじめてそれは日本国家のものとなり得た事実に鑑み、
 欧米舶来の新思想もまた、
 これを国風化して
 日本開展の一資料たらしむる覚悟が
 なければならぬのである。


20161026 倭塾バナー


【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室
第38回 2017/3/18(土)18:30〜20:30第4/5研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室
第13回 2017/3/23(木)18:30〜20:30 第三研修室


たいへんに濃い文章でが、実はこの文は「特高(とっこう)」と呼ばれた、特別高等警察官の職務手帳である「特高必携」の冒頭序文に書かれているものです。
戦前の「特高警察」といえば、思想取締警察として有名で、苛酷な拷問や尋問を行った恐怖の機構組織と、いまどきの多くの方が思っておいでです。

特別高等警察は、一般の警察機構が都道府県単位に独立した警察組織と異なり、
内務省の直接指揮下に置かれ、全国規模で思想の取締を行っていました。
そのように聞くと、なるほど特高警察は、怖い組織と思えてしまいます。
けれど、そこは警察なのです。
悪人から怖がられる存在でなければ、その勤めは果たせません。

特高警察がおかれたのは、大正12(1923)年です。
この時期になぜそういう機構がおかれたのかは、時代を考えるとわかります。
その前年の大正11(1922)年に、
「日本共産党」が結成されたのです。

大正6年(1917)にはじまる共産主義のロシア革命で、ロシア皇帝のニコライ二世を筆頭に、ロマノフ王朝の王族、貴族たちがことごとく殺されました。
さらにその余波は、大正9年(1920)には、日本人まで被害に巻き込んでいます。
それがロシアのニコライエフスクで起きた「尼港事件」です。
この事件では、ソ連の共産主義者たちによって、日本人居留民約700人が全員虐殺されています。

大正11年(1922)になりますと、ソ連が世界の共産化を目指してコミンテルン組織をつくり、そのコミンテルンは、世界から君主を廃絶すること、を活動の大目標に掲げています。
ソ連はとうの昔に国家が崩壊して失くなり、共産主義のいかがわしさも世界中の知れ渡るところとなったのですが、不思議な事に日本では、日本が民主主義の国でありながら、いまだに共産主義を標榜し、天皇廃絶を活動目標に掲げている不思議な団体があります。
彼らは日本に住んでいますが、日本語がよくわからないのかもしれません。

共産主義の恐ろしさは、どれだけの人の命を奪っても、「革命のため」であれば、すべてそれが正当化されるという、極めて誤った独善性にあります。
思想信条は自由ですし、いろいろな考え方を持つ人が、いろいろな切り口で経綸を行い、すこでもみんながよく慣れるように研鑽するなら、それは大歓迎です。
けれど、あらゆる事物や現象を、ことごとく対立ととらえ、敵となったものに対しては、どこまでも容赦ない攻撃を加えるという姿勢は、人としてあるまじき行動です。
そのような思想的傾向や、発言、行動は、国家として治安維持のために「取り締まらない方がどうかしています」。

大正時代の終わり頃、こうした事情から、世界中で共産主義者に対する逮捕や投獄がさかんに行われるようになりました。
ちなみにこの時代、支那では、「共産主義者かもしれない」というだけで、銃殺の対象でした。

その共産党が、日本でも結成されたわけです。
当然、これを取り締まるための警察機構が必要になりました。

そしてまず大正14年(1925)に「治安維持法」が制定されました。
これにより特高警察の取締に法的根拠が明示されました。
そして昭和初期にあった無政府主義者や、朝鮮独立運動と称するテロ組織、あるいは似非宗教などの反政府的団体も、取締の対象に加えられました。

特高警察は、おかしな思想に染まったと思われる人に警告を与え、必要に応じて逮捕し、ひとりひとりを誠実に説諭しました。
戦後、特高によって逮捕投獄された政治犯の人たちが、GHQの解放政策によって、牢獄からゾロゾロと出てきました。
彼らは、口を揃えて、
「私は平和のために国家権力による逮捕弾圧にも屈せずに信念を貫き通した」
と叫びました。

なるほど、これが世界の諸国であれば、獄中ではひどい拷問が加えられたであろうし、李氏朝鮮時代なら、体中の骨を一本ずつ折られたりしたであろうし、清國なら、体の肉を少しずつ削り取られたことでしょう。
そうした拷問にも耐えながら改心せずに信念を貫き通したのであるならば、日本人のみならず、世界中の誰もが仰天します。
もちろん彼らが戦後的ヒーローになるためには、特高による取り調べが厳しいものであったと思われれば思われるほど、都合がよかったという一面もあったことでしょう。

けれど、そのように物事を対立的に見る考え方そのものが、もうすでに間違っているのです。
「自分は正義であり、特高は悪である。」
と、このような二極分化して、対立的にものごとを把握しようとする姿勢そのものが、すでに子供じみているのです。

どんなことにも良し悪しがある。
良いことと悪いことは、常に紙の裏表である。
どんなことにも良い面はあるし、どんなことにも悪い面もある。
その両方を背負いながら生きるのが人間だし、人々の集合体である国家なのです。
だからこそ地面に足をつけて、他国の猿真似ではない日本の歴史伝統文化を踏まえて、外来のものからできるだけ良いものを国風化していくという努力が必要なのです。

特高警察はGHQによって解散させられました。
ですからどんなに特高警察を悪し様に言っても、元特高警察の人たちは、反論しませんでした。
しかし、彼らが逮捕した犯人に行ったことは、冒頭の特高必携に書かれた日本人としての必要を、彼ら政治犯とされた人たちとしっかりと話し合い、説諭することでした。
話してわかる相手でなくても、わかるまで教導する。
ときに涙を流しながら、一生懸命に彼らと向かい合い、話し合ったのです。

実際、日本の特高警察に逮捕されて獄死した人は、小林多喜二1名です。
世界の思想警察と比べたら、これは限りなくゼロに近い数字です。
しかも、このことは写真を見れば一目瞭然なのですが、当時食糧難となっていた日本において、なぜか特高警察解散に伴って牢屋から出てきた思想犯たちは、全員、極めて良好な栄養状態にありました。
特高の刑務所は食事が良い。
これは当時の社会の常識でした。

冒頭でご紹介した「特高必携序文」には、続けて次の記述があります。

「特高警察官は、
 彼等に対してよき薫陶を与え、
 よき反省のための伴侶であり、
 師であり、
 友であることによって、
 職務の実を挙げ得るよう心掛くべきである。
 それは独りその人々の幸福たるのみならず、
 国家のための至福たるべきものである。」

もし本当に、特高警察が、苛烈で鬼のような恐ろしい殺人鬼集団であったのなら、特高に逮捕された人たちは、そもそも出所できていません。
実際、共産主義国で政治犯として逮捕された人たちは、誰も出て来ていません。
なぜなら、裁判もなく、皆殺しにされているからです。
また仮に出てきても、五体満足で出所できた者は誰もいなかったことでしょう。

戦後、GHQによって特高警察は解散させられました。
そして特高警察に逮捕投獄されていた人たちは、口をそろえて特高を「恐怖の国家権力集団」という印象操作を行い、悪しざまに罵りました。
かつて特高警察官として、涙を流して説得にあたっていた、まじめで正義感の強い警察官たちの思いは、いかばかりだったことでしょうか。

お読みいただき、ありがとうございました。

※この記事は2014/6のリニューアルです。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

20161026 倭塾バナー


20161205 未来予測フォーラム2017-2


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
父は特高でした。
父が戦前に特高警察官でした。GHQにより追放されて正義を持って警官になったのに戦後まるで罪人のような汚名を着せられて日本政府や米国政府にも言いたい事は沢山有ったのに黙してました。戦争というのは人間の人生を一瞬にして変えてしまう物ですね。その後自分のしたい仕事に恵まれず辛い人生を父は送りました。今回特高警察官についてブログにしてくださりありがとうございます。
2017/01/12(木) 18:24 | URL | にゃんこ #-[ 編集]
共産主義に騙された人々
特高警察や治安維持法が、まるでソ連の秘密警察や思想弾圧法のように捉える人が多かったようですが、共産主義への理解とは別に、実際に「革命」という名の「虐殺」を画策しようとしていた者などは、取り締まられても仕方が無かったと思います。

勿論、一部には「反資本主義(労組活動)」を標榜しただけで、暴力的な共産革命に賛同していたわけではないのに(小林多喜二などは、労組活動に共感していただけで、暴力主義者では無かったと思います)、特高に拘束された者もいたのかもしれませんが、あの時代の情勢を考えれば、ある程度はやむを得なかったところもあったと思われます。

実際に、ソ連を司令部として、各資本主義国で工作員などを駆使して、「暴力的共産革命」を煽るように国内工作していたのですから。

その日本代表が「共産党」だったわけですね。

逆に、特高や治安維持法が無かった方が「日本破滅」になっていたのではないかと思うくらいです。

あの時代、労組の活動などはありましたが、共産党や共産主義に共感する者達とは、根無し草やどうしようもないドラ息子、出自や両親に強く反発する者、熱心に本を読み、勉強する一方で、世俗には疎かった帝大生などが大半だったようで、どう考えても「一般人」までが共産主義に共感していたとは思いません。

元炭鉱や造船所などの肉体労働者であっても、共産主義に共感していたという話は、ほぼ聞きませんね。

やはり、どう考えても詐欺的思想(提唱者のマルクス自体が、根無し草の浮浪者である事を知らなかった)である共産主義に染まった「一部の狂人達」が、ソ連の工作員などが煽った被害妄想(労働者が資本家によって搾取されている、国家が貴方達を戦争に駆り出そうとしているなど)によって、過激主義に発展しただけというのが、日本の「共産主義」ではないかと思います。

特高にも不手際はあったでしょうが、趣旨というか、特高は非民主主義者、統制経済派である、共産主義者(主に暴力革命派)を取り締まる事を目的としていたわけで、存在自体まで否定するのはおかしいのではないかと思うという事です。
2016/12/30(金) 21:23 | URL | 西 #-[ 編集]
No title
中学生の頃に読んだ「人間の条件」という本も、影響受けたけど、事実ではなかったのでしょうか。手塚治虫さんも「アドルフに告ぐ」では特効をひどく描写しておられますね。共産主義者は○でしたね。
2016/12/26(月) 13:00 | URL | すみれ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/12/25(日) 01:51 | | #[ 編集]
No title
▅▀▅▀大学国際化▀▅▀▅
日本の大学は、The Times Higher Educationの世界大学
ランキングを気にして、無理して国際化しようとしてい
ます。そのため、留学生に占める漢族学生の率が高くな
り、横浜国立大学ではそれが98%になっており、異常だと
言えます。異常の例として、本拠地に学生がいなく、神
田にサテライト校を設置し、漢族留学生で存立している、
東北地方の短大があります。これでは、国際化ではなく、
漢族化です。

刷り込まれた反日思想を潜在意識下に持つ漢族留学生を、
税金かけて招待することは、国益にかなっていません。
主要大学以外への漢族留学生は、就労目的を持つことが
明らかで、不法移民、犯罪集団形成につながります。

以上の状況は、問題民族に、国家の重要分野の人材育成
に影響を与える機会を提供することで、大問題です。
よって、留学生の出身国別配分率を設け、親日民族を優
先するのが妥当です。その場合、ヨーロッパとロシアで
かなりの日本留学希望者数があるそうなので、これらの
地域を最優先すべきです。アメリカ人は戦勝国として優
越感を日本人に対し持っており、漢族系も多いので、前
述地域ほど優先すべきではありません。

留学生にとっての障壁は、日本語での講義です。特に
ヨーロッパとロシアの学生にとって、漢字習得がこの障
壁の最大要因です。一方、簡体字使用の漢族学生にとっ
て、日本語の漢字習得が容易なので、対留学生比が高い
理由となっています。よって、英語での講義を導入すれ
ば、問題改善につながります。実際、英語での講義を導
入した神奈川大学では、フランス、ドイツ、ロシア、イ
タリア、スペインからの留学生比率が、過去5年で5%か
ら40%と8倍の増加がありました。ただし、英語の講義が
あることにより、日本人学生の学力低下の危惧も生じま
す。

日本は、現状維持で漢族侵透を許すか、大学講義の英語
化でバランスよい留学生比率を得るか、いっそのこと留
学生を拒絶するかを選択しなければなりません。
2016/12/24(土) 20:54 | URL | #-[ 編集]
暫らくぶりのコメントになります。ねず先生こんにちわ、今日の記事の特高警察、どのようなものであったか垣間見え、理解する事が出来て良かったです。しかし、私も唯一共産主義者の中で憎めない存在である小林多喜二氏の獄死は、納得出来ていません。今にして見れば、共産党の被害者に他なりませんが、あの遺体の惨たらしさを見ると心痛でしかないのです。
あの時代ですから、かなりの策略を持っていて(計画していて)、自白しなかった彼の純粋さ故の悲劇であったのでしょう、そう信じたい所ですが、坂本竜馬しかり、自らの志は民の為を思いつつも、実質は政治利用されて、結果的には日本国体を破壊しうる危険な思想とまでは本人は思い至らずに、残念な死を遂げてしまったように思います。 事実、多喜二氏も竜馬氏も生きていたら日本も相当難儀な事態になっていたように思えてなりません。
2016/12/24(土) 13:07 | URL | 紫陽花 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/12/24(土) 11:17 | | #[ 編集]
プロパガンダ
ちょっと前の池上彰氏の番組(でも今年だったと思う)で、「現存する日本の政党で最も古いのはどこでしょう」という問いが出ました。番組内での答えは日本共産党。議会に議員を出さず、暴力によって政権打倒を図る集団が政党ですか? プロパガンダは今現在も行われています。
2016/12/24(土) 10:17 | URL | ガンダー #-[ 編集]
おはようございます。
本日のお話は大変為になりました。

「特高が恐ろしい存在」ってイメージを植え付けたのって実は「はだしのゲン」なのではないかと思います。
特高に捕まったゲンの父親が苛烈な暴力に晒される。私は40代なのですが、幼少の頃読んだこの作品の影響は大きかったですね。今にして思うとプロバガンダ…だったんだろうなとは思いますが。

ねずさんにとって、この作品はどう捉えてますか?特高の場面や天皇陛下への捉え方など感想を頂けると嬉しいです。

長くなりましたが、よろしくお願いします。
2016/12/24(土) 08:19 | URL | コウ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク