アクセスランキング

敷嶌のやまと心の道とへば朝日にてらす山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


本の紹介『人生は残酷であるー実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬』

【お知らせ】
 4月20日(木)18:30 第14回百人一首塾(江東区文化センター)
 4月30日(日)13:00 玉響講演会「甦れ、日本魂」(御茶ノ水ソラシティ)
日本史検定講座・第八期生募集中
応募多数につき4月末で募集を締め切ります。お早めにお申込みください」
〜〜下の顔写真をクリックすると募集ページにジャンプします。〜〜
20170411 日本史検定講座



人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170418 人生は残酷である
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


本の紹介をしたいと思います。
ご紹介するのは次の本です。

『人生は残酷であるー実存主義(エリート)の終焉と自然哲学への憧憬』
 桜の花出版、森神逍遥著

著者の森神逍遥氏には、他に『侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識』があり、この本は、2015年3月に、当ブログでご紹介させていただきました。

前作の『侘び然び〜』が素晴らしい内容だったのですが、今回は前作以上で、手元に本が届くと、他の仕事も忘れて、いっきに最後まで読み通してしまいました。
内容の空虚な書が多い中で、本当に意義のある名著に巡り会えたという感想です。
この本は、考えることを半ば放棄したような昨今の日本人へのおおいなる警鐘ともなる本だと思いました。

テーマとしているのは、人間における<自分>と<他者>とについての根源的関係です。
著者は、生きるということは、自分の解明であり、人生の完成に貫かれているのであって、決して生きる意義をカルト・イデオロギーに求めてはいけないと説きます。

このことを、空間とは何か、時間とは何か、意識とは何かといった考察からはじめ、これらを通じて私達が「思考」と呼んでいるものが、果たして真実になっているのかと問いかけます。
戦後の左翼運動の正体を再確認しながら、私達が「思考」しているつもりになっているものは、実は、矛盾だらけのつくられた虚構にすぎないということへの自省を促します。

戦後の左翼思想の蔓延を、単に左翼や在日の「せい」にするのではなくて、私達日本人がいかにして偏った思考を持つに至ったかを、実に深く分析してみせてくれています。

『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆



著者は、この本の中で、昭和41年(1966)に来日したサルトルの実存主義の脆弱性を厳しく追求しています。
サルトルの実存主義というのは、ひとことでいえば、共産主義思想に力を与えた主体偏重の思想です。
つまり、生きているいまこの瞬間の自分が大事なのだと説く思想です。

要するに極端に言ってしまえば、いまこの瞬間の自分さえよければ、他はどうなっても構わないとする、そのような思想が、戦後の左翼思想と結びつき、その結果、日本人が刹那的で拝金主義的な支那朝鮮人のような生き方になってしまっている様子を、実に深く考察しています。

サルトル以降、国内では、いわゆる「知識人」という人種がメディアを含めた言論界を左右するようになりました。
ところがその「知識人」と称する人たちの思考は、実はただの拝金主義であり、拝金のためなら、どんな嘘でも許容され、権利は欲するけれど、義務と責任は拒絶するという、およそ無責任で傲慢なものであることを解き明かします。

また著者は、トランプ大統領とオバマ大統領、いわゆる従軍慰安婦問題、あるいは在日問題などを通じて、現代の社会問題は、<自分>問題と、実は一体であることを明快に説きます。
このあたりの展開は、実におもしろく、興味深く、是非、この本の中でご自身で体験していただけたらと思います。
たいへんわかりやすく、おもわず夢中になって読んでしまう本です。

私はこの本を読み終えて、人はひとつには、ドーキンズの説く「遺伝子の乗り物(ビーグル)である」という真実があることに加えて、もうひとつ、「人は魂という実態の乗り物でもある」ということを確信しました。
これは古事記に描かれた世界観と共通するものです。

本書は『人生は残酷である』という、いわゆる「読み物」的なスタイルをとっていますが、内容は現代の、というより現代から未来に向けた明快な哲学書です。
そして哲学書でありながら、たいへん読みやすい。
ですので、もちろんこの本は大人の方にもお薦めですが、中高生の息子さんや娘さんがおいでになれば、是非、この本を読ませてあげていただきたいと思います。
きっと、ゆるぎない魂への回帰ができる、日本人としてのアイデンティティの確立ができるものと思います。

今月にはいってこの本が12冊目の読了になりましたが、私の中では、この本が一番でした。
お薦めの一冊です。



お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第40回 2017/5/13(土)18:30〜20:30第1/2研修室
第41回 2017/6/24(土)18:30〜20:30第4/5研修室
第42回 2017/7/15(土)18:30〜20:30 第1/2研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第14回 2017/4/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
第15回 2017/5/18(木)18:30〜20:30第三研修室
第16回 2017/6/ 8(木)18:30〜20:30第三研修室
第17回 2017/7/27(木)18:30〜20:30第三研修室

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。

関連記事

コメント
No title
朝鮮からの難民は大量破壊兵器 ?! / 今、そこにある別の危機
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68639691.html
2017/04/22(土) 07:26 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
こんにちは。・・不生不滅 不増不減
自由連想・・
世の中には無駄なものは一つもない。言い換えれば、世の中には無駄なもの
は存在することはない。命を失うものがある。が、その思いだけは残り続け
生き延びるものらに応援し・・あるいは足を引っ張る・・それら全てを養分
にして前進するのが・・いいよ~とw八百万の事象・・カミさまとのお付き
合いだよ~とw
もう一つ自由連想。
ところで・・やまと・・というのは山の人という事だ・・と解釈する学者さ
んがいらっしゃるが・・。もっと深いのではないかな?
やまと・・とは・・あまと・・と重なる・・すなわち海人(アマ)。天の人。
山の人 と 海の人 そして 天の人。・・日本には古来、北方大陸民族と
南方海洋民族がやって来て交じり合っている。そこに天の人も加わったとw
山(大地)と海(海洋)と天(天空)・・大自然の神々達を感じますねw
また、やま・と(人) には わ・じん(人) が住む。山と海と天が和し
て住んでいる。や(YA)は わ(WA)と重なっているのかも?太古の言葉は
決して一つではなく方言多数だった。その中で天の人を中心にやまと言葉を
形成。言葉は社会を形づくる基盤。言語は社会と共に成長し進化する。けれ
ども大事な古い言葉もありますね。




2017/04/21(金) 18:38 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓

↓好評発売中↓




ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク