アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


大人の古事記

【お知らせ】
 4月30日(日)13:00 玉響講演会「甦れ、日本魂」(御茶ノ水ソラシティ)
 5月13日(土)18:30 第40回倭塾
日本史検定講座・第八期生募集中
応募多数につき4月末で募集を締め切ります。お早めにお申込みください」
〜〜下の顔写真をクリックすると募集ページにジャンプします。〜〜
20170411 日本史検定講座



人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170425 迩々芸命
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


律令の規定によれば、天皇の妻には大別して次の3つの種類がありました。
妃、夫人、嬪です。

「妃(きさき)」というのは、皇族の血筋の女性です。
「夫人(おほとじ)」は、中央の有力貴族の娘、
「嬪(みめ)」は、地方豪族などの娘です。

我が国の中世において、次の天皇になる人は、基本、天皇と妃の間にできた子とされました。
要するに、同じ天皇の子であっても、母親の実家の身分によって、位が定まっていたのです。

6世紀の終わりから8世紀にかけて、女性の天皇が相次いだのも、このことが理由になっています。
女性の天皇といえば、
 第33代 推古天皇
 第35代 皇極天皇(第37代斉明天皇はその重祚(再即位))
 第41代 持統天皇
 第43代 元明天皇
 第44代 元正天皇
 第46代 孝謙天皇(第48代称徳天皇はその重祚(再即位))
他に、少し時代が下って、
 第109代 明正天皇(1629〜1643)
 第117代 後桜町天皇(1762〜1770)
といった例があります。

これら女性の天皇は、全て男系皇族の女性であり、かつ既婚の場合は即位前に先帝陛下の皇后の地位にありました。
いわゆる女系天皇というのは、女性の血筋の天皇を意味しますが、これは過去に例がないものです。


『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆



さて、飛鳥から奈良平安時代の物語などを読むと、天皇の娘が天皇の異母弟の妻になって子をなす、などといった事例が数多くあることに驚かされます。
要するに兄の娘を弟が娶ったりするわけで、現代人の我々からすると奇異な感じがします。
ところが実は、こうしたことが大切にされたことにも神話が深く関わっています。

神話によると天照大御神の直系の血筋が天皇です。
その天照大御神は最高神です。
ですから天照大御神の直系の血筋であることが、天皇の権威の裏付けとなります。

この天照大御神の直系の血筋をひく皇子が、日嗣皇子(ひつぎのみこ、日継皇子とも書く)です。
天皇が天皇であるためには、その血筋をできるだけ濃い状態に保つことが必要です。
だから天皇は、皇族の娘との間に生まれた子でなければ、原則天皇になれなかったのです。
天皇の権威の正統性は、天照大御神からの直系のお血筋という点にあるわけですから、できるだけその血を濃い状態のままに後世につなぐことが必要とされたのです。

ところが昔は、子供はよく亡くなったものですし、万一皇族の女性との間に男子がなかった場合のことも考えておく必要があります。
だから夫人や嬪を妻にしたのです。
中央豪族にしても、地方豪族にしても、娘が天皇の子を産んでくれれば、その地位は天皇の外戚となるわけですから、格段に上昇します。
双方にとってメリットがあったのです。

なぜ男系皇族でなければ天皇になれないのかも、神話が元になっています。
もともと創世の神様には性別がなかったのですが、私達の住む地球において、最初の男女神となられたのが伊耶那岐神、伊耶那美神です。
地上における森羅万象のすべては、この二神が生んだとされています。

ところが伊耶那美神の直系は、黄泉の国に行ってしまわれます。
そして伊耶那岐神からお生まれになられたのが、天照大御神、月読命、須佐之男命です。
これを三貴神といいます。

この三貴神のなかで、高天原の最高神となられたのが、天照大御神です。
つまり、天照大御神は、伊耶那岐大神という男系の血筋から生まれています。
その天照大御神は、外見は女性神の姿をとられていますが、伊耶那岐大神から玉の緒をいただいています。
玉の緒というのは魂の緒、つまり伊耶那岐大神の神力そのものを受け継いだのです。
ですから天照大御神は、外見は女性ですが、御魂は男性神、女性神両方の力を併せ持ちます。
これによって天照大御神は、男女の性別のない創成神と同じ、最高神としての位を得ています。

その天照大御神の子が、男性である天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)です。
その子(つまり天照大御神の孫)が、やはり男性である迩々芸命(ににぎのみこと)です。
その迩々芸命が、地上に降臨して天皇家の祖となりました。
ですからその血筋を保持するためには、男系男子でなければならないとされ、その日嗣の皇子としての血筋を濃く保つために、天皇と皇族の娘との間に生まれた子でなければ天皇になれないという仕組みが確立したのです。
以上も神話に基づきます。

ちなみに支那の歴代王朝では、皇帝の子であれば、女性の出自に関わりなく、次の皇帝となりました。
天皇や皇帝の跡継ぎの問題は、国家の重大事ですが、果てしない殺し合いの結果、神話を失った支那では、皇帝の正統性は天命によると無理やりこじつけるしかなかったのです。

我が国は、支那の歴代王朝におけるこうした後継の方法を一切採り入れていません。
日本文明を、支那王朝の借り物ないし、衛星文明だと述べる人がいますが、国の後継者問題という大事からして、我が国は我が国の神話に基づく独自の対応がずっと行われ続けたのです。
要するに支那と違うのです。
なぜなら我が国には神話があるからです。

神話によって、我が国の民衆の地位も、支那とはまるで違っています。
支那の歴代王朝における皇帝は、ピンはねも商売のうちと考えるなら、ひとことでいえば商業王朝です。
支那の税制は、そもそも通行税で成り立っているというだけでなく、支那では社会のすべてが「上納」によって成り立っています。
乞食にも元締めがあり、元締めがピンはねをします。
その乞食の元締めは、地域の元締めに上納金を払います。
地域の元締めは、地方の大物元締めに上納します。
地方の大物元締めは中央に上納金を納めます。
つまりあらゆる階層で、ピンはねによる上納金が社会の階層構造をなし、その頂点に皇帝がいるのです。
これは支那の歴代王朝だけでなく、現代の支那共産党も基本構造は同じです。朝鮮も同じです。

このような階層社会では、現場でモノ作りをする人は、社会の最下層に置かれます。
そして常にピンはねされる人々です。
そしてピンはねをする側の人たちは、働かずに収入を得ます。
そのトップにあるのが、皇帝です。
ピンはねも商売のうち、と考えるなら、まさに「商業王朝」なのです。

我が国は違います。
我が国は「生産王朝」です。
これもまた神話に基づきます。
我が国では、モノ作りをする人々こそ社会の「たから」です。天皇の「おほみたから」です。
そうすることで生産者が大切にされてきたからこそ、我が国はモノ作り大国となったし、明治期の経済の大成長、戦後の急速な復興も可能にできたのです。

我が国では、神話によって天皇は国の最高権威とされていますが、なぜ最高権威なのかといえば、天皇は国のすべてを代表して高天原の神々とつながるお役目だからです。
これを「シラス」といいます。
なぜ国のすべてを代表するのかといえば、民も国土も、すべては天皇の「おほみたから」だからです。

そして天皇は、国のすべてを代表して神々と直接つながるお役目ですから、天皇の地位に万一のことがあってはなりません。
そのため我が国では、国の最高権威と国家権力を分離しました。

権力は責任を負うものです。
国のすべてを代表して神々とつながる天皇が、政治責任をとってしまわれたなら、この世に神々とつながる大切な方がいなくなってしまいます。
だから権威と、責任を伴う権力の分離をはかったのです。

その権力者が権力を行使する相手は、民衆です。
その民衆は天皇の「おほみたから」です。
まるでジャンケンポンのような仕組みですが、このこともまた、神話に基づいて形成された我が国固有の概念です。

つまり、日本という国家は、神話に基づいて築かれ、神話に基づいて国がずっと保持されてきたのです。

ちなみに日本は「モノつくり大国」とされ、古来、モノつくりをたいへん大切にしてきました。
我が国で産する勾玉(まがたま)は、翡翠(ひすい)や瑪瑙(めのう)を加工してつくられましたが、翡翠も瑪瑙も、硬度は6.5〜7もあります。
鉄の硬度が4です。
つまり翡翠も瑪瑙も鉄より硬いのですが、それらがまだ鉄器のなかった時代に、あの美しい勾玉の形に加工され、穴まで開けられているのです。

石英の粉末を利用して研磨加工したのではないかと言われていますが、翡翠や瑪瑙の原石を、あの勾玉の形になるまで研磨するには、ひとつの石に、小さなもので2年、大きなものになると10年磨き続けて、ようやくあの勾玉の形になるのだそうです。

それだけの期間、加工を続けるためには、あたりまえのことですが、その加工職人さんを食べさせるための社会機能が必要となります。
つまり、モノつくりを大切にする国でなければ、そのような加工品はつくりえないのです。

そして、そのようなモノ作りを国の根幹とするという国の在り方も、神話に基づきます。
もともと、大国主神の時代には、物流や流通といった商業が振興されたものを、これを天忍穂耳命が「下界は騒々しい」と喝破し、商業国からモノつくり国へと、国の統治の根幹が変更されています。

現代支那や現代韓国は、その日本の上前を撥ねることで、戦後の急激な経済の成長を図りました。
平成に入って以降、日本経済が横ばい、支那朝鮮経済が、世界一の貿易収支の大黒字となっているのも、簡単にいえば、日本や米国の利益の上前を撥ねたことによります。

いま米国が、北朝鮮の核開発を問題視して軍事的緊張が高まっていますが、この問題の根幹にあるのは、ピンはね商売で大儲けした支那韓国政府の利益の帳面の付替えを、米国にしようとしていることが根幹です。
要するに、北朝鮮自体は、米国にしてみればどうでも良いのです。
本丸は支那経済への牽制です。

ただし、戦時と平時では、価値が逆転します。
「戦争するぞ」と一触即発の危機にあるときは、戦争は起きません。
どちらか一方が、平和ボケしている状態にあるときに、戦争は起きます。
その意味で、いま東亜地域で戦争のきっかけを生んでいるのは、唯一平和ボケした日本です。
危機は北朝鮮にあるのではなく、実は日本にあるのです。
従って日本が臨戦態勢になれば、戦争は起きません。
日本の平和ボケが解消せず、日本に火の手があがったとき、世界中が巻き込まれる第三次世界大戦がはじまります。
つまり第三次世界大戦を招く引き金は、なんのことはない日本がそのキャスティングボードを握っています。
日本が目覚めれば戦争は起きません。
日本が目覚めなければ、戦争が始まります。
これも(当事者は別ですが)、神話に書かれていることです。

話が脱線しましたが、日本を取り戻すためには、日本の神話をしっかりと学ぶ必要があります。
その国内向けの神話は、古事記に綴られています。
けれど、その古事記を、子供向けの「日本昔ばなし」程度しか読まないのでは、日本の形はわかりません。
そもそも古事記は、大人向けに書かれた書なのです。
ならば、大人には大人の古事記の読み方があって当然なのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第40回 2017/5/13(土)18:30〜20:30第1/2研修室
第41回 2017/6/24(土)18:30〜20:30第4/5研修室
第42回 2017/7/15(土)18:30〜20:30 第1/2研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第14回 2017/4/20(木)18:30〜20:30 第三研修室
第15回 2017/5/18(木)18:30〜20:30第三研修室
第16回 2017/6/ 8(木)18:30〜20:30第三研修室
第17回 2017/7/27(木)18:30〜20:30第三研修室

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。

関連記事

コメント
皇嗣殿下
いつもありがとうございます。
秋篠宮殿下を皇位継承第一位の皇嗣殿下とお呼びするように安倍内閣は決定しました。 私自身は偉大な天武天皇の前例があるので、皇太弟とお呼びしたいのですが、皇嗣殿下でも浩宮さま後の天皇の皇統を引き継ぐのは
男系皇族の秋篠宮殿下、悠仁親王殿下との内外への示しになるので、安倍内閣の決定は評価させて頂きたいと想います。 朝鮮半島有事を期に私利私欲を貪ぶる支那中国や北朝鮮が大きく祓われ、本当の日本の姿が現れる事を願って止みません。
2017/04/26(水) 19:44 | URL | 大阪都民 #-[ 編集]
No title
どちらか一方が、平和ボケしている状態にあるときに、戦争は起きます。
その意味で、いま東亜地域で戦争のきっかけを生んでいるのは、唯一平和ボケした日本です

まさに平和ボケした我が国日本と日本国民の覚醒が必要だと思いますが。・・・

昨日の今村(前)復興大臣の発言やそれを盾にとって?国会審議拒否を行い審議や採決をサボタージュする野党。一般庶民から見て北朝鮮や中共、韓国の我が国への誹謗中傷や領土、領海を侵犯する行為が露骨に行われているのに国内問題の事だけで周辺国の自体推移を顧みない姿勢には失望を通り越して絶望感が漂います。

せめて安倍総理の足を引っ張らぬようにしてもらいたいが大臣職を名誉職とでも思っているのか当該国会議員の認識違いも甚だしいのではないでしょうか。(怒)もし与党が年功序列のような形で大臣職に不適格な者を任命しているならば今現在と未来の日本国と日本国民に対して全く無責任であると思う。
今村という議員がどの程度優秀な人なのかは知る由もないが当選回数や年齢等だけで適格か不適格かを見極めず登用するようでは旧陸海軍の硬直した人事による指揮官任命で作戦失敗と多大な将兵の犠牲のみいたずらに増やし敗戦した教訓を全く学んでいないと断ぜざる負えない。!(怒)

安倍総理が周辺事態を考え外交努力を行い中共や南北朝鮮の我が国への侵犯行為を阻止せんと動いている時、あまりにも閣僚は平和ボケしすぎていると思う。
昨日(本日だったか?)北朝鮮の挑発行為を報道しているさなか中共は公船4隻を尖閣の日本の領海に侵入させている。

そして同じ日本国の東京やその他大都市等では今日も普通に通勤通学をして日常生活が営まれているが、いつこの平穏な日が突如終わりを告げるかもしれない事を我々日本国民は理解して備える事を急いで行わななければと思う。

中共や北朝鮮はむろんのこと韓国も我が国日本国にとっては敵性国家である事をしっかり理解して備えなければそのつけは自分達に降りかかってくるのである。
2017/04/26(水) 19:15 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
さて、飛鳥から奈良平安時代の物語などを読むと、天皇の娘が天皇の弟の妻になって子をなす、などといった事例が数多くあることに驚かされます。

>正確には、「天皇の弟」→「天皇の異母弟」です。同母の近親の結婚は無かったのです。ここは、現代人に誤解されるところです。
2017/04/26(水) 10:11 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
アマテルカミは男性
またもホツマツタヱの話で済みません。
ホツマを含め記紀以前の文献ではおそらくアマテルカミ様は当然男性天皇と伝えられていたものと思われます。
天照大神が女性になったのは持統天皇のご意志が入っているのでは。
アマテルカミはおおよそ3千年前の実在の天皇ですから、それ以上長く天皇は男系男子と決められています。
現在たいへん立派な日嗣ぎの御子である悠仁親王殿下、そして秋篠宮殿下がおみえになりながら堂々と女帝や女性宮家の提案をする皇室破壊者います。善良な日本人でも「天照大神が女性なら仕方ないかな」と少しでも思ってしまうことにつけ込んでいます。
断じて女帝議論を封じ込めなければなりません。
2017/04/26(水) 09:12 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク