アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


「報告」だけではない、「復奏」という古事記に書かれた大事な観念とは(4)

◆youtubeの動画サイトをはじめました。チャンネル登録をお願いします。
 ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170517 バナー

【お知らせ】
 5月18日(木)18:30 第15回百人一首塾
 6月 8日(木)18:30 第16回百人一首塾
 6月24日(土)18:30 第41回倭塾
 7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
 7月15日(土)18:30 第42回倭塾
 7月23日(日)14:00 第 1回名古屋倭塾
 7月27日(木)18:30 第17回百人一首塾
人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

◆ねずさん123チャンネルはじめました。
 現在、3話アップされています。
 よろしかったらチャンネル登録をお願いします。


▼▼▼▼ここから本文▼▼▼▼

下照比売
20170515 下照比売
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


今回、4日間連続で「復奏(かへりごと)」という、いまではすっかり死語になってしまっている言葉が、実は、かつて神話教育がなされていた頃には、とても大切な常識語として定着していたということをお話しています。
前回の末尾にも書きましたが、古事記のすごいところ、おもしろいところは、こうした大切なことを記すのに際して、ただ筋書きだけを語るのではなく、そこに感動や共感を与える物語を付することで、そうした大事なことを人々の心に強く印象付ける工夫が凝らされているところです。
それがどのような話なのか、というのが、今日のテーマです。

────────────
6 下照比売の悲しみと天若日子の葬儀
────────────

天若日子(あめのわかひこ)が亡くなったことで、妻の下照比売(したてるひめ)は嘆き悲しみます。
その声は、天にいる天若日子の父にまで届き、父は妻とともに中つ国に天降ります。
そして盛大な葬祭を営みます。

それがどれだけ盛大な葬儀であったのかについては、ここでは省略します。
ただ、八日八夜続く葬儀であった、ということだけを記しておきます。

この盛大な葬儀が営まれているとき、斎場に阿遅志貴高日子根神(あぢしきたかひこねのかみ)という神様がやってきます。
阿遅志貴高日子根神は、下照比売の兄です。
つまり大国主神の子です。

ところがこの阿遅志貴高日子根神(あぢしきたかひこねのかみ)という名は、実に不思議な名前なのです。
「阿遅」は、遅れてやってきたという意味です。
「志貴」は、貴い志です。
「日子根」は、日が天照大御神ですから、天照大御神の子孫(子)を根とするという意味です。
つまり、中つ国の大国主神の子であるはずなのに、名前は「高天原系の血筋です」と書いてあるのです。
これはいったいどういうことでしょうか。

その阿遅志貴高日子根神(あぢしきたかひこねのかみ)が葬儀にやってくると、高天原から来ていた天若日子の両親は、皆、泣きながら、
「我が子は死んでなかった」
「我が君は死んでなかった」と言って、手足に取りついて泣くのです。
なぜかというと、その阿遅志貴高日子根神が、亡くなった天若日子とそっくりだったからだと古事記は書いています。

『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

そこで思い出すのが、以前、保育園の親子会で体験した、不思議な出来事です。
子供たちが、教室の後ろの方に下がり、お母さんたちが、教室の黒板側の方に移動し、教室の横いっぱいに貼られ、床まで届いた模造紙の後ろに隠れます。
その模造紙には、指先だけが出せる程度の小さな穴が空いていて、お母さんたちは、その穴から、片手の手先だけを子供たちに向けて出します。
つまり子供たちから見えるのは、お母さんの指先だけです。

この状態で、先生が、
「さあ、君たちのお母さんはどこにいるのかな。
 おかあさんのところに行って、手をつなぎましょう!」
と子供たちに声をかけます。
「ようい、どん」
で子供たちは、まっすぐに走っていって、自分のお母さんの手を握ります。
このとき、子供たちは、まったく迷わずに走っていって、自分のお母さんの手を握るのです。

模造紙が破られます。
すると、なんと驚くべきことに、すべての子供たちが、まったく迷わずに自分のおかあさんの手を握っていることがわかるのです。

お母さんたちは、模造紙の後ろです。
子供たちから見えていたのは、お母さんの片手の指先だけです。
それでも、子供たちには、自分の母がわかるのです。
これにはほんとうに驚きました。

けれど考えてみると、親子というのは、そういうものです。
小学校の運動会などに行くと、同じ体操服を来た児童たちが、運動場にいっぱいいます。
けれど、お父さんもお母さんも、あの大勢いる児童たちの中で、自分の子供がどこにいるのか、ちゃんとフォーカスできてしまうのです。
親子というのは、そういうものです。

その親が、「我が子は死んでなかった」と、阿遅志貴高日子根神(あぢしきたかひこねのかみ)の手足に取りついて泣いた、と古事記は書いているのです。
しかもその名前は、どうみても「日の子」、つまり大国主神の子、国つ神ではなくて、高天原の「日の子」というご神名です。
つまり、葬儀に現れた自称、下照比売の兄の「阿遅志貴高日子根神(あぢしきたかひこねのかみ)」は、実は、天若日子(あめのわかひこ)本人であったと、古事記は名前でちゃんと書き表しているのです。

ところが、取り付いて泣く親たちに、自称:阿遅志貴高日子根神は、おおいに忿(おこ)り、
「私は親友だから弔(とむら)い来たのだ。
 なせ私を穢(けが)れた死者と一緒にするのか」
と言って、刀を抜くと喪屋を切り伏せ、足で蹴散らして去ってしまうのです。

────────────
7 下照比売の歌
────────────

阿遅志貴高日子根神が去ったあと、下照比売は次の歌を歌います。

 天(あめ)なるや
 弟棚機(おとたなばた)のうながせる
 玉の御統(みすまる) 御統(みすまる)に
 穴玉(あなだま)はや
 み谷 ふた渡らす
 阿治志貴高日子根神ぞ


意訳すると次のようになります。

「天上界においでになる若い機織り娘が
 首に架けている首飾りの緒で貫く穴の空いた玉は、
 二つの谷を渡る阿遅志貴高日子根神です」

一見すると、兄の阿遅志貴高日子根神を讃えた歌にも見えます。
しかし歌は、「玉を緒で貫く、ふた渡らす」と詠んでいます。
そしてその玉の緒は、天上界で紡がれたものだとも詠んでいます。

天若日子は、天上界である高天原で生まれた神です。
その御魂が緒でつながっているということは、
これは「死んでいない」ということです。
その死んでない天若日子が、「阿治志貴高日子根神ぞ」と詠んでいます。

歌から、ここまでの記述を逆に読んでいくと、次のことがわかります。
天若日子は実は胸を矢で貫かれました。
けれど死んではいなかったのです。

天若日子は、それなりに真摯に中つ国と高天原の統合を願い、そのために働いてきたのです。
そういう誠実な若者だから、大国主神も信頼して娘の夫に選んでくれたのです。
けれど「復奏(かへりごと)」がなかったために、天若日子は、高天原から疑われてしまいます。
そして自分が疑われているとことを、自分に中った矢で知るのです。

言い換えるとその矢は、高天原が天若日子に死を賜ったということです。
事態がそこまで来ているならば、もはやどんな言い訳も通用しません。
そうであれば、天若日子は従容として死ななければなりません。
それが、男としての責任の取り方です。

ただ現実には、天若日子は、自分なりに本気で誠実に事を進めてきたのです。
中つ国に派遣される前の天若日子には、もしかしたら、高天原に意中の女性がいたかもしれません。
なにせ、若くていい男なのです。
そして高天原にも、若い独身女性はいるのです。
天若日子と結婚したいと想う女性もいたかもしれませんし、天若日子が結婚をしたいと願った女性がいたかもしれません。

けれど天若日子は、自分に与えられた使命をまっとうするために、高天原での生活のすべてを捨てて、任地である中つ国に赴いているわけです。
そして中つ国の大王である大国主神から、「わが娘を」という話に従い、下照比売を妻に迎えています。

もちろん経緯はともあれ、天若日子は、妻の下照比売を大切に想ったであろうことは容易に推測できます。
しかし、天若日子は、様々な誤解が積み重なって、死を賜ることになってしまったのです。

ひとつ救いがあるのは、高天原の最高神は、天照大御神様であることです。
天照大御神は、最高神です。
最高神であるということは、何もかもお見通しであるということです。
そうであれば、いつの日か誤解が解け、復命できる日がやってくるかもしれない。
天若日子が、そのように決断できたのは、彼自身が、中つ国が静かなる国になるように、彼にできるすべての事柄を、彼なりに誠実に履行してきていたからにほかなりません。

そうであるならば、自分は、ここでは「死んだこと」にしておいて、当分の間、身を隠そうと、実はこのようなケースは、日本史には度々登場します。
ところが、そうと知らない妻の下照比売は、夫が死んだと嘆き悲しみます。
その比売の嘆きを聞いて、高天原にいる両親も、息子が死んだと思って、わざわざ遠く高天原からやってきて、悲しみに沈んでいます。

そこで天若日子は、下照比売の兄を名乗って、両親や妻の前に現れたのです。
本当は、可愛い妻だけに、物陰からそっと手招きして、
「おい、オレだ。」
「えっ、あなた!、まさか生きてたの?」
「うん、いろいろ事情があってな。死んだことにしておいたんだ」
「良かった。あたし、あなたが死んだとばかり思って・・」
といった具合な展開で、妻をギュッと抱きしめて・・・という姿を天若日子は思い描いていたのかもしれません。

ところが、そうしてやってきた天若日子を、親が見つけてしまうわけです。
いくら、「私は下照比売の兄だ!」と言い張ったところで、親には本人かどうかくらいわかります。
しかし、両親は、高天原の神なのです。
処刑されたはずの天若日子が生きていて、両親が隠したとなれば、その咎は両親に及びます。
周囲の目もあります。
天若日子は、親に迷惑がかからないようにと、心を鬼にして祭壇を壊し、大暴れして去っていくのです。

この短い挿話の中で、阿遅志貴高日子根神の名は、歌では阿「治」志貴高日子根神と、名前の文字が「遅」から「治」に変わっています。
はじめの「阿遅」は、葬儀に遅れてやってきたことです。
あとの「阿治」は、間違いを整えようとしたということです。
なぜなら「治」には「間違いを整える」という意味があるからです。

そして「治」が間違いが整えられたという意味なら、後年、天若日子は嫌疑が晴れて、再び下照毘売と幸せに暮らしたということになります。
なぜなら下照比売の名前も、ここで「高比売」と変わっているからです。
夫が「志貴」なら、妻は「高」です。
二神揃えば、それは「高くて貴い志」を遂げたという意味になります。

古事記は、この節の末尾に、
「この歌は楽器とともに演奏される歌(夷振(ひなふり))です」と書いています。
夷振(ひなふり)というのは、宮中の大歌所(おおうたどころ)に伝えられた楽舞のことです。

天若日子と下照比売の物語が、感動的な二人の物語になっているからこそ、それが宮中楽舞として、長く伝えられたのだろうということができます。
なぜなら、天若日子の夫妻は、一時は疑われてつらい思いをしたけれど、任務をよく遂行しようとし、また互いに深く愛し合う一途な気持ちを抱いています。

「この世は、あの世からみたら仮想現実なのだ」ということが古事記の世界観と言って良いと思います。
そしてこのことが、シミュレーション仮説として、現代科学の最先端理論となっているということを先般ご紹介させていただきました。

ではなぜあの世の御魂の世界の住人は、この世をバーチャル世界として作られたのか、あるいは御魂となって、この世の肉体に宿るのかといえば、それは
「愛を経験できるからなのだ」そうです。

この世は、まさに愛のために築かれたというのが、真理なのだという話を、先日、ある方から教わりました。
古事記に書かれたこの下照比売と天若日子を通じて、私は、それが真実かもしれないと思いました。

────────────
8 まとめ
────────────

現代では死語になってしまっている「復奏」ですが、実際の社会において、「復奏」という言葉こそ失われているけれど、顔を見せての報告が大切な要素であるということは、誰もが社会人としての経験則から学ぶことです。
そして、こうしたことの重要性が、「復奏」という言葉があることによって、より明確になり、社会や組織の中での多くの失敗を防ぐことができることになります。

この「復奏」について、古事記の葦原の中つ国の平定の箇所を訳しているときに、もし自分が若い頃、社会人となった当時にこの「復奏」という言葉を知っていたのなら、おそらく自分のサラリーマン生活は、もっと大きく変わった、もっと良い方向に向かっただろうな、と、しみじみ実感しました。

そして古事記は、たいせつなことを、ただ「たいせつだ」と書くのではなく、そこに感動のストーリーを挿入することで、大事なことを、さらに強く印象付けようとする工夫まで凝らしてある。
これはすごいことだと思い、4回に渡って、この物語を特集させていただいた次第です。

西欧における宗教には、教義があり、その教義を学ぶことが宗教活動の一環ともされています。
ところが日本のかんながらの道では、そうではなくて、神話という子供でもわかる平易な物語仕立てにしながら、それが年齢とともに、あるいは自分自身の成長とともに、
「なるほど、そこに書かれているのは、そういう意味だったのか」
という気付きを与えてくれる仕様になっているところが、実は、本当にすごいところだと思います。

そしてこの、「教えてもらう」のではなく、「自分で気付く」ことを大切にした日本の文化というものは、どんな教義よりも、はるかに人間の持つ主体性を大切にし、人の持つ可能性を信じている文化なのではないかと思いました。

古事記は、このような人が生きる上で大切なことを、私たちにわかりやすい物語で伝えてくれています。
そしてその大切なことを決して忘れることがないように、感動の物語で伝えてくれています。
さらに古事記は、その感動を「愛」で語ることによって、我が国が「愛」を大切にした国であることも教えてくれます。

「愛」という字は、音読みしたら「アイ」ですが、訓読みは「いとし、めでる、おもい」です。
そしてその、「愛(いと)しく愛(め)でるような愛(おも)い」のことを、やはり「愛」の訓読みで、昔の人は「うつくし」と読みました。
このことは、古くからの日本人が、「愛」というものをどのようなものと考えていたのかを私たちに教えてくれているといえることなのではないでしょうか。

(1)〜(4)まで、たいへんに長いお話となってしまいましたが、おつきあいくださり、ありがとうございました。

「報告」だけではない、「復奏」という古事記に書かれた大事な観念とは
第一話 天忍穂耳命
第二話 天菩日神
第三話 天若日子
第四話 下照比売

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第40回 2017/5/13(土)18:30〜20:30第1/2研修室
第41回 2017/6/24(土)18:30〜20:30第4/5研修室
第42回 2017/7/15(土)18:30〜20:30 第1/2研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第15回 2017/5/18(木)18:30〜20:30第三研修室
第16回 2017/6/ 8(木)18:30〜20:30第三研修室
第17回 2017/7/27(木)18:30〜20:30第三研修室

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。

関連記事

コメント
No title
こんにちは。今回は、呑み屋の江戸猫の一人喋りもどきで・・
あっしが古事記で好きなのは、イザナミさまが黄泉の国にいなさるところだ
ねえ・・死後は誰もが国母がおわします黄泉の国へと行けるって事だから。
親より先に逝っちまう親不孝をしても、その先に国母がいらっしゃる。下手
すると追い返してくれたりする・・鬼の様に現世でやり残した事あるでしょ~
って言ってさwそんなとこだから、そこで親を待つのは寂しくないだろうっ
てね・・そう感じるねw悪い事ばっかりしてたら、怒られるねw閻魔様とどっ
ちが恐いかな?wそれから・・日本の社会ってのは昔っからま~ったりして
たのか、アマテラスオオミカミが岩戸に引っ込むまで、問題児の狼藉に手を
打たず、ついに大問題になってようやく会議の日々・・しかも解決法が宴会
だってんだから面白い。世界に日の光を取り戻すための盛大な宴会wいいね
えww酒も出たのかな?w
2017/05/19(金) 01:05 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
すべては神のもの 人間のものは何も無い
http://www5c.biglobe.ne.jp/izanami/kaminohado/004ashirirera.html
2017/05/18(木) 08:30 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
No title
2017/05/18(木) 08:11 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク