アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日本人にとっての軍神とは(広瀬武夫中佐物語)

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

Maach Ecute神田万瀬橋(旧国鉄万世橋駅)
20170611 万世橋駅
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


『ねずさんと語る古事記・弐』が予約開始となりました。
↓画像をクリックすると予約ページに飛びます↓
20170526 古事記弐


【お知らせ】
 6月 8日(木)18:30 第16回百人一首塾
 6月24日(土)18:30 第41回倭塾
 7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
 7月15日(土)18:30 第42回倭塾
 7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
 7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
 7月23日(日)14:00 第 1回名古屋倭塾(テーマ:古事記)
 7月27日(木)18:30 第17回百人一首塾
 *****

いま、東京駅からJR中央線に乗ると、停車駅は、東京→神田→お茶ノ水→四谷→新宿と接続されているのですが、昭和の初めごろまでは、神田駅とお茶ノ水駅との間に「万世橋駅」という名前の国鉄(いまのJR)の駅がありました。

この駅は明治45年(1912年)に東京市電(路面電車)の乗換ターミナルとして開設された駅で、ここに駅ができることによって駅周辺界隈が銀座と並ぶ大商店街となり、それがいま、世界に有名な秋葉原に育っています。

駅界隈は、もともと江戸時代には、神田界隈は武家屋敷街だったのですが、明治にはいり、このあたりには洋服生地を扱う問屋街が形成され連雀町(れんじゃくちょう)という町名となりました。
付近には飲食店や、寄席、映画館が集まります。
今は、そのあたりは「神田食味街」と呼ばれています。

明治22(1889)年に、立川~新宿間に「甲武鉄道」という名の私鉄が開業しました。
これがいまの中央線で、鉄道が次第に延びて、明治45年(1912年)に、万世橋駅が始発駅として開業したのです。になっています。
つまり
そうしてできたのが、下の絵にある万世橋駅です。

大震災前の中央線万世橋駅
万世橋駅


この駅舎は、大正12(1923)年には、関東大震災で焼失し、レンガ造りの高架橋だけが残ったのですが、後に神田駅や秋葉原駅が近くに出来たことで、乗降客が減少し、昭和18(1943)年に駅が廃止されました。
このときに取り壊した万是橋駅の資材は、京浜東北線の新子安駅に流用されています。

ちなみにこの時代の洋館風の公共建築物は、レンガ造りでドアや窓などの器材も丈夫で立派だったために、取り壊してもその資材は他にほぼ必ず流用されました。
支那では、いまでも日本統治時代の駅舎を使っていますし、旧満州の大都市にあった多数の建築物は、取り壊し後、ロシア各地の都市の公営施設に流用されています。

この流用(移設)に、抑留された旧日本軍人さんたちが使役され、何もなかったソ連の大都市に壮大な建築物が立ち並ぶようになって、「ソ連◯ヵ年計画により、ソ連の民衆は働かなくてもこのような立派な都市が築かれている」と宣伝され、これを真に受けた日本の知識人が、ソ連を人類の理想国家としてひれ伏して讃えていたわけです。



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!



ソ連が崩壊した後、世界中の大学や議会における共産主義は崩壊していきましたが、不思議な事に日本の大学には、いまだに共産主義を素晴らしいものと讃える人たちが生き残って、しかも教授陣を構成しています。
大学は本来、アカデミックな教養の殿堂のはずですが、どういうわけか教授陣の人脈の殿堂となっているようです。不思議の国ニッポンです。

さて冒頭に「万世橋駅」の話を書いたのは、実は、戦前には、この万世橋駅前に、ある壮大なモニュメントがあったからです。
それは、軍神・広瀬武夫中佐と、一緒に亡くなられた杉野孫七兵長の、巨大な銅像(明治43(1910)年建立)でした。

万世橋駅前の広瀬中佐と杉野兵曹長の銅像
広瀬中佐の銅像


この銅像も、戦後にGHQの指示で撤去されてしまいました(昭和22(1947)年)。
この時期、GHQは、日本国内にあった軍人さんの銅像を片端から破壊しました。
生き残った銅像は、大山巌元帥の銅像だけで、これはマッカーサーが個人的に大尊敬する軍人であったことによります。

そこで今日は、その軍神・広瀬中佐の半生を、書いてみたいと思います。

 ***

広瀬中佐は、日露戦争の旅順港閉塞作戦における閉塞船(へいそくせん)福井丸の艦長だった方です。
旅順港にいるロシア艦隊を封じ込めるために、旅順港の入り口を、沈船で閉塞させようとした作戦で、艦が攻撃を受けて沈没するときに、艦から撤収しようとして行方不明となっていた部下の杉野孫七上等兵曹(戦死後兵曹長に昇進)を助けようとして、ひとり船内に戻り、頭部にロシア軍砲弾の直撃を受けて戦死され、明治以降、初の「軍神」となられた方です。

広瀬武夫中佐
広瀬武夫中佐


広瀬武夫(廣瀬武夫)中佐は、慶応4(1868)年に大分県竹田市にある岡藩藩士の家に生まれました。
岡藩というのは、織田信長と豊臣秀吉に仕えた中川清秀の家系で、関ヶ原で徳川方につき、以降、一度の移封もなく廃藩置県まで、この地にあった藩です。
藩風は地味で堅実、これに九州男児としての豪放磊落さが加わり、やさしく真面目で男らしい藩士を輩出してきた藩です。

広瀬中佐は、幼い頃に母を亡くし、お婆ちゃんに育てられますが、明治にはいり西南戦争で家が焼失してからは、一家揃って飛騨の高山に引っ越しています。
その高山で小学校を卒業した広瀬中佐は、卒業後には小学校教師になるのですが、明治18(1885)年、17歳で海軍兵学校に入学しています。
その海軍兵学校入学時の成績が19番、卒業時が80人中64番でした。
決して成績の良い方ではなかったのですが、講道館で柔道を学び、有段者紅白戦で五人をいっきに勝ちぬくという実力を身につけています。

ちなみにこの頃の柔道は、体重制がありません。
勝ちも、「一本」と「技あり」しかなく、試合中の大声をあげた声援もありません。
まさに真剣勝負さながらに、シーンと静まり返った道場で、真剣勝負の技の掛け合いが行われました。
また体術には、殴る蹴るの当て身技も用いられ、まさに実戦さながらの柔道が行われていました。

当時の広瀬中佐は、また、兵学校の運動会のマラソンで、左足が骨膜炎で左足切断を宣告されるまでの状況でいながら、見事完走するという根性を見せています。

卒業して海軍の見習い士官になった広瀬中佐は、清水次郎長親分にも会っています。
それは練習艦で、広瀬中佐を含む50名程の練習生が清水港に入港したときのことです。
やってきた練習生をジロリと見渡した次郎長親分は、
「見たところ、男らしい男は一匹もいねぇなあ」と一同をけしかけました。

これが当時の気風で、そうやってけしかけて、男を探そうとしたわけです。
そうと知った広瀬中佐は、前に出て、
「おうおう、
 そう言うなら、ひとつ手並みを見せてやる。
 びっくりするな!」と、
いきなりゲンコツで、自分の鳩尾(みぞおち)を5~60発、立て続けに殴りました。
これには次郎長もいたく感心し、
「なるほど、お前さんは男らしい」と、互いに胸襟を開いて談話をしたという逸話が残されています。

卒業して海軍に入隊した広瀬中佐は、明治27(1894)年、26歳で日清戦争に従軍しました。
武功あって、翌年には大尉に昇進しています。
このとき広瀬中佐は、清国から捕獲した軍艦「鎮遠」の移送を命ぜられました。

「鎮遠」は、清国海軍がドイツのフルカン・シュテッティンに発注して建造した甲鉄艦で、当時は東洋一の堅艦と呼ばれた大戦艦です。
この「鎮遠」が開戦前に長崎にやってきたとき、日本を甘く見て、搭乗した船員たちが日本で乱暴狼藉を働いたのが「長崎事件」です。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1960.html

そして「鎮遠」は、日清戦争開戦当初の黄海海戦で、はるかに艦としての性能の劣る日本海軍を挑発し、一方的に攻撃を加えて起きながら、いざ日本側が反撃に転じると、瞬く間に大火災をとなり、慌てて逃げたところを航路を間違えて威海衛沖で座礁し、日本海軍に鹵獲(ろかく)されています。

その「鎮遠」を広瀬中佐が日本に曳航することになったのですが、いざ、搭乗してみると、船内があまりにも汚い。およそ手入れというものがされていない。
あまりの汚さに、部下たちさえも、掃除をどこから手を付けて良いかわからないというありさまでした。

すると広瀬中佐は、「清掃というものは一番汚いところからやるものだ」と言って、先頭切って便所掃除から始めたそうです。
当時はいまのようなトイレ用洗剤なんて便利なものはないです。
水と雑巾でこびり着いた汚れを落とし、それでも落ちない汚れは竹べらなどを使って落とすのですが、その竹べらさえも効かないほど、汚れがこびりついている。

このとき広瀬中佐はためらう部下たちを尻目に、汚れを爪で擦り落としたそうです。
そうやって部下に模範を示しました。
トイレは汚れる。
だからこそ率先してきれいにする。
広瀬中佐の行動は、まさに模範となる行動でした。

明治30(1897)年、広瀬中佐は駐在武官としてロシアに赴任しました。
明治34(1901)年1月のことです。
武官としてロシアのサンクト・ペテルブルクに滞在していた広瀬中佐は、かねてより親しくしていただいているロシアの海軍少将ウラジミール・コヴァレフスキー氏の晩さん会に招待されました。

そこには大柄なロシア将校たちが集まっていました。
そこで広瀬中佐は、ウラジミール少将から、「日本の武道の達人です」と紹介されました。
このような紹介をされて、おとなしく拍手で迎えられるのは、日本くらいなものです。
当時のロシアでも、「ならやってみせてみろ」とばかりに、腕自慢のロシア将校が広瀬中佐に挑んできました。
身長差は20センチ以上あります。

挑みかかってきた大男のロシア将校を、広瀬中佐は、得意の一本背負いで「エイッ!」とばかり投げ飛ばしました。
柔道は畳の上で練習するし、受け身を学んでいるから投げられた人も普通に起き上がることができます。
それでも強い人に思い切り投げられると、受け身をしても体がバウンドしてしばらく起き上がれないほどの衝撃を受けることがあります。
ましてロシアの邸宅の硬い床の上です。
床で腰をおもいきりぶつけた大男は、すぐには起き上がれない。
仲間に助けられてようやく立ち上がったその将校は、腰をさすりながら「日本の柔術コワイコワイ」と言いました。これに部屋中が湧きました。

こうして全員が、「ヒロセ君に乾杯!」と歓声しています。
この事件がきっかとなって、広瀬中佐はぺテスブルグで、ロシア軍の参謀本部の将校たち相手に柔道を教えることになりました。
世の中というのはおもしろいもので、このときの事件がきっかけとなって、ロシア内に柔道が普及しています。
そして日本とロシアとの国交がなくなったあとも柔道は残り、ロシアがソ連となったあとには軍隊用格闘技「コンバット・サンボ」という格闘技に発展しました。
そのサンボは、いまではロシア発のオリンピック種目ですが、勝負は「一本」で決まります。
またプーチン氏も柔道家として知られていますが、そのきっかけも、歴史をたどれば広瀬中佐に行き当たるわけです。

広瀬中佐がロシア人将校を投げ飛ばしたとき、その部屋にコヴァレフスキー少将の次女のアリアズナがいました。
アリアズナは一部始終を目撃していました。
ロシア人女性は美人として名高いですが、アリアズナも他聞に洩れず、肌は抜けるように白く、褐色の目はキラキラとかがやき、髪は亜麻色で、とても頭が良く、優雅で気品にあふれ、しかも子供のように無邪気で快活で明るい娘であったと言われています。

そして投げ飛ばし事件のあった翌日、アリアズナは、広瀬中佐のアパートを訪ねています。
以前にも一度、父母と一緒に訪ねたことはあったのだそうです。
けれど今回は、内緒の訪問でした。
(もっとも、貴族の娘ですから、たくさんの従者をしたがえての訪問です)。

訪問したとき広瀬中佐は、軍艦の断面図を開いて、熱心にメモをとっていたそうです。
そしてニッコリ笑うと、
「これは戦艦アサヒです」と、流暢なロシア語でアリアズナに紹介しました。
「アサヒとは、朝のぼる時の太陽のことです。
 朝の太陽のように清らかで、
 若々しく、力づよいという心をこめているのですね。
 私は去年4月にイギリスで完成したばかりのこの船に乗りました。
 おそらく世界で一番新式な一番大きな軍艦でしょう。
 私の国はこういう艦を6隻も持っているのです。」
広瀬中佐は、目を嬉しそうに輝かせながら、まるで自分の娘を語るように、軍艦の紹介をしました。
アサヒ、ヤシマ、シキシマ、ハツセ、フジ、ミカサ・・・

広瀬中佐は、それぞれの艦の名前を言い、その名前の意味を説明しました。
「美しい名前です。
 日本は美しい国だから、
 日本人はみな美しいものを愛しているんです。」

「どんなに堅牢な新式の大軍艦にも、
 われわれは日本人は、
 連想をかぎりなく刺激する詩のように
 美しいひびきをもった名前をあたえます。
 アサギリ、ユウギリ、ハルサメ、ムラサメ、シノノメ・・・ほらね。」

「力は強い。
 けれど心はやさしい。
 姿はうつくしい。
 これが我々日本人の理想です」

このとき広瀬中佐が述べたことは、軍艦の名前とその由来です。
けれどアリアズナは、広瀬中佐が無骨な中にも、愛と喜びと幸せと美しさを大切にする日本人の心や、日本の文化を感じ取りました。
そしてそんな広瀬中佐に、熱い恋心を抱きました。

アリアズナには、セルゲイという海軍少尉の兄がいました。
兄の縁故で、美しい彼女のまわりには、貴族出身のロシア海軍の若い士官がいつも群がりました。
なかでもドミートリ・ミハイロフ大尉ははっきりと好意を示して、彼女の心を捉えようとしていました。
ところがアリアズナだって、貴族の令嬢です。厳重なしつけを受け、物腰は優雅で美しく、しかもエカテリーナ女帝がつくった貴族女学校を卒業した才媛です。芯も強い。

そんなアリアズナにとって、ミハイロフらは貴族の武官らしく見た目も良いし、洗練されていたけれど、人として最も大切な愛と喜びと幸せと美しさを持つ心の不足を感じていたようです。
ところが広瀬中佐には、その全てが揃っている。

ところが年上の広瀬中佐は、アリアズナを、まるで妹をいたわるような気持ちでしか接しません。
指一本触れようとしません。
そんなある日広瀬中佐は、ミハイロフ大尉から、アリアズナが広瀬に好意を寄せていると知らされました。
広瀬中佐は、びっくりしたそうです。
そして広瀬中佐も、次第に彼女に心を寄せていきました。

ふたりは度々逢って、いろいろな話をしました。
一緒にいるだけで、二人の心はときめきました。

そんな広瀬中佐に、明治35(1902)年、突然、帰国命令が届きました。
ロシアと戦争になるというのです。
戦争は、すべてを奪います。

いよいよサンクト・ペテルブルグを出発する日、アリアズナは広瀬中佐に小型の銀側時計を渡してくれました。
その時計には、アリアズナのAの文字が刻まれていました。
Aには、Amor(愛)の意味も込められています。
そして時計の鎖には、彼女の写真を入れたロケットもついていました。

二人は、からなず再び逢おうと誓い合いました。
そして、これが永遠の別れとなりました。

実は、この広瀬武夫とアリアズナの恋物語は、広瀬の死後も長く世に知られていなかったそうです。
広瀬の死後20年たった頃、広瀬と同時期にペテルブルグに駐在した加藤寛治大尉が、広瀬とアリアズナの交際を知っていて、大正13(1924)年、加藤が第二艦隊司令長官として旗艦「金剛」に座乗して大阪湾から伊勢湾にむかって航海中に、同乗した大阪朝日新聞の記者大江素天に、
「もう話してもいいころだろう」といって、克明に語ったことで明らかになりました。
広瀬中佐の恋物語は、同紙に5日間にわたって連載され、世に知られることになりました。

下の絵は、広瀬武夫が義理の姉である春江に、絵葉書で示した恋人アリアズナの面影です。
きっとこの絵のイメージとアリアズナの面影が、どこか重なるところがあったのでしょう。
美しい女性です。

アリアズナ


明治37(1904)年2月、東郷平八郎中将率いる連合艦隊は、旅順口閉塞作戦を立てました。
旅順港の入口に老朽船を沈めることで、ロシアの旅順艦隊を港から出れなくしてしまおうという作戦です。
作戦会議のとき、秋山真之(さねゆき)参謀は、
「もし敢行すれば、
 閉塞部隊は
 全員、生きて帰れません」
と作戦に反対しました。

実は秋山参謀と広瀬中佐は同じ歳で、海軍兵学校では広瀬中佐が二級上です。
海軍軍令部諜報課員として着任した頃、二人は東京・麻布霞町で、同じ下宿に住みました。

このときの下宿の向かいの屋敷のお手伝いさんの談話が残っています。
「広瀬さんという人は武張ったかんじだけど、
 話をしてみるとやさしくて近づきやすかった。
 秋山さんはその逆でした」・・・だったそうです。

この二人の意見が、会議で対立しました。
広瀬中佐は言いました。
「断じて行えば鬼神もこれを避くといいます。
 敵からの攻撃などはじめからわかっていることです。
 退却してもいいなどと思っていたら、
 なんどやっても成功などしない」

広瀬中佐のこの言葉で、旅順港閉塞作戦は実行が決定されました。
しかし第1回閉塞作戦は失敗します。
明治37(1904)年3月27日に、第2回閉塞作戦が決まりました。
投入されるのは、「千代丸」「福井丸」「弥彦丸」「米山丸」の四隻です。
そして「福井丸」には、広瀬が艦長として搭乗しました。

実行の三日前、秋山真之が旗艦「三笠」から「福井丸」にやってきました。
秋山は、友でもある広瀬に、
「敵の砲撃が激しくなったら必ず引き返せ」と言いました。
作戦はもちろん成功させたい。
さりとても、友を死なせたくない。

旅順港閉塞戦
旅順港閉塞戦


いよいよ決行の3月27日未明、まずは先鋒の「千代丸」が、旅順湾入り口に向かいました。
ところが近づいたところをロシアの哨戒艇に発見され、サーチライトを浴びます。
照明に照らされた「千代丸」に、旅順港の丘の砲台が一斉に火を噴きました。
攻撃を受けた「千代丸」は、湾の入り口の南東、海岸から100Mに投錨して自沈してしまいます。
失敗です。

二番艦の「弥彦丸」は、湾の入り口手前まで近づくことができました。
しかしやはり見つかり、砲撃を受けて東向きに自沈しました。
続けて猛烈な砲火の中、副将の「米山丸」が「弥彦丸」と船尾を向かい合わせるように西向きに自沈しました。

これで港の出口の半分は閉鎖できました。
けれどまだ半分が開いたままです。
「なにがなんでも、これを塞がねばならぬ」

旅順港にいるロシア太平洋艦隊の戦力は、日本海軍とほぼイーブンです。
しかし大西洋からは、世界最強のバルチック艦隊が日本に向かって近づいてきていました。
もし、旅順にいるロシア太平洋艦隊とバルチック艦隊が合流したら、日本の海軍力とは雲泥の差が出ます。
そして日本海軍が敗れれば、日本は制海権を失い、朝鮮半島、満洲にいる日本軍は補給を失って孤立し、日本軍は全滅してしまいます。

広瀬中佐は、「福井丸」を駆って旅順港の入り口に向かいました。
残り半分をどうしても塞がねばならないからです。
敵のサーチライトを浴びました。
丘から砲弾が矢のように飛んできました。
その砲弾の中を、ようやく湾の入り口まで到達しました。

なおも「福井丸」は、右舷を旅順港側、左舷を沖に向け、艦を横にして湾を塞ぐ体制をとりながら、湾の入り口に向かいました。
あとすこし。あとすこし進んで投錨し、自沈すれば、湾を塞げる。
あとすこし。あとすこしです。

そのとき、猛烈に撃ちまくるロシア駆逐艦の砲弾が、「福井丸」の船首に命中しました。
その一撃で「福井丸」の船首は、木っ端微塵に、吹き飛ばされてしまいました。
「福井丸」は、浸水をはじめ、船首から海に沈み始めます。
艦尾が水上に上がりました。
もはや艦の操船は不能です。

もはやこれまでと、広瀬中佐は、砲弾が飛んでくるのとは反対側の左舷のボートをおろさせ、乗員全員を乗り移らせました。
ところが、点呼をとると、杉野孫七上等兵曹がいません。
「俺が捜してくる」
広瀬中佐は、ひとり船内に戻りました。
敵の弾は、まだ次々と飛んできています。
銃弾も来る。砲弾も来る。

艦はすでに半分以上が沈んでいます。沈没まであとわずかの時間しか残されていません。
艦の沈没の渦に巻き込まれたら、命はありません。
「杉野~!
 杉野はいるか~!!
 杉野はどこだ~!!」
これまで寝食を共にしてきた可愛い部下です。
決して死なせるわけにはいかない。無事に連れて帰りたい。
広瀬中佐は必死に杉野を捜しました。
一説によれば、彼は敵弾の中を、艦内をくまなく、三度にわたって探したそうです。

しかし杉野上等兵曹は見つかりませんでした。
やむなく広瀬中佐は「福井丸」が海にのみ込まれようとするぎりぎり、ボートに乗り移りました。
そしてボートが、六挺身ほど離れたところで、「福井丸」の爆薬が点火されました。
半ば沈んだ「福井丸」が大爆発を起こします。
海が明るくなました。
「福井丸」が沈むことで、ボートが敵の前にさらけ出されました。
爆破の破片の炎で、海上が明るくなり、ボートが敵からよく見えるようになったのです。

そのボートをめがけて、敵弾が矢のように飛んで来きました。
場所は湾の入り口のすぐそばです。
広瀬中佐は、他の乗組員に、絶対に頭を下げろと命令しました。

しかし戦況は、きちんと確認しておかなければならない。
それが艦長の職務です。
広瀬中佐は、そのために銃弾の中で顔をあげました。

そのとき、広瀬中佐の頭部に、敵の銃弾が命中しました。
広瀬中佐の頭が半分吹き飛び、身体が海中に落ちました。
「艦長~~!!
 艦長~~!!」
日ごろ広瀬を慕う乗組員は、必死の思いで艦長の姿を海に求めました。

「朝日」艦長の山田彦八大佐が東郷平八郎に出した報告書には、
「頭部に撃たる海中に墜落」と書かれています。
また明治天皇紀には「一片の肉塊を残して海中に墜落」と書かれています。
広瀬中佐が敵の直撃を受けたとき、近くにいた兵のそばを、飛び散った肉片がかすめました。
その痕跡がくっきりと残った兵の帽子が、靖国神社遊就館で時折展示さます。

広瀬中佐の遺体は、旅順港に流れ着きました。
そして遺体はロシア軍によって埋葬されました。
広瀬武夫中佐、享年36歳でした。
広瀬中佐は、翌日一階級昇進して中佐になりました。
そして、日本初の「軍神」と讃えられるようになりました。

さて、ここまでが「軍神・広瀬中佐」の物語です。
戦後、「軍神」という言葉は、あたかも軍国主義の象徴であり人殺しの象徴として、むしろ忌むべきものとして反日左翼主義者たちに喧伝され続けてきました。

しかし、ここまでの物語を読んで、みなさんは何をお感じになったでしょうか。
「軍神・広瀬中佐」は、戦争好きで、人殺しの象徴でしょうか。
断じて違います。

部下をかわいがり、身の危険を顧みず、最後の最後まで自らの命を犠牲にしてでも、部下の無事を願い続けて行動した、そういう広瀬中佐の人としてのやさしさ、ぬくもり、思いやり、勇気、そして国境を越えた愛が、多くの人々に「軍神」として愛され、尊敬されたのです。

※この記事は2009年10月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

広瀬中佐



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。
関連記事

コメント
No title
戦争と性犯罪2 共産主義による惨劇ーソ連軍のドイツ蹂躙
http://blog.livedoor.jp/ishiitakaaki3/archives/2232075.html
2017/06/12(月) 07:58 | URL | junn #p4GOlP7Y[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク