アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


日本刀と武士の魂

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170614 日本刀
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


『ねずさんと語る古事記・弐』いよいよ6月15日発売です。
↓画像をクリックすると予約ページに飛びます↓
20170526 古事記弐


【お知らせ】
 6月24日(土)18:30 第41回倭塾
 7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
 7月15日(土)18:30 第42回倭塾
 7月17日(祝・月)18:30 CGS【ねずさんとふたりごと】公開収録
 7月14日(金)08:00 ABCフォーラム朝食会(テーマ:百人一首)
 7月23日(日)14:00 第 1回名古屋倭塾(テーマ:古事記)
 7月27日(木)18:30 第17回百人一首塾
 *****

日本刀が武士の魂と呼ばれるようになったのは、江戸時代、国内から戦(いくさ)がなくなってからのことだと言われています。
それまでは、刀は護身用の武器のひとつにすぎないと考えられていました。
ですから戦国武者たちは、槍や大薙刀(おおなぎなた)を携行しましたし、宮本武蔵が鎖鎌(くさりがま)と対決した話も有名です。

実は、攻撃用の武器としては、刀より弓、あるいは槍や薙刀、鎖鎌の方が有利だといわれています。
あの宮本武蔵ですら、宝蔵院流の槍に苦戦したのは有名な話ですが、大奥のお女中などが習った薙刀(なぎなた)は、男性よりも非力な女性でも軽く大男を打ち負かすことができました。

六尺棒を使った棒術も強いです。
棒は、江戸時代には奉行所の捕物方が用いましたが、刺叉(さすまた)のような残酷さのないただの棒でありながら、修行した者の手にかかると、まるで孫悟空の如意棒さながらに伸び縮みするし、棒の端から端まで全部が武器になります。
赤鬼青鬼が持っているような鉄棒よりも、はるかに軽くて扱いやすく、しかも樫の木を使った棒は、めったなことで折れません。

剣術三段上といって、柔術や空手などの素手の戦いの有段者が、剣術使いと平手で戦う時は、剣道二段の相手なら、柔道や空手は五段くらいの有段者でないと互角に戦えないといわれました。
ところがその剣道も、棒術や薙刀と戦う時は、二段上でないと勝負にならないといわれたのだそうです。

ところが江戸期には、刀こそが「武士の魂」といわれました。
実は、ここに、いかにも日本人らしい道徳観が隠れています。

そしてこの伝統が昭和にまで引き継がれ、将校は「軍刀」を携行しました。
戦闘機乗りは、飛行機の計器を狂わせる可能性すらあったのに、軍刀を持って飛行機に乗り込んでいます。



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!



戦うための武器というなら、刀より銃のほうが断然有利です。
銃がそれほど普及していなかった時代でも、刀より、槍や薙刀の方が、断然有利です。
にも関わらず日本の武士は、刀をこそ魂としたのです。

昭和の軍人も同じです。
日本人にとっての軍刀は、西洋の儀仗兵の持つ儀礼用のサーベルと違い、どこまでも武人の魂と考えられたのです。
もっというなら、玉砕の戦場では、将校が最期の突撃するときは、軍服に着けた階級章を外し、一兵卒として、軍刀を抜いて敵の機関銃の前に突撃して行きました。
なぜでしょう?
どうして刀が武士の魂であり、最期の突撃は抜刀だったのでしょう。

理由は、武士の武士たる由縁にあります。
武士は、そもそも人を殺す職業です。
しかし人は「心」で生きるものです。

人を殺して心が痛まないのは、人ではありません。
それは、平時であっても戦場であっても同じことです。

親は子を叱って叩きます。
叩かれた子も痛いけれど、叩いた親も心が泣いています。
子を叩いて心が泣かないなら、それは親でもなく、人でさえありません。
これと同じです。

武士は、この世におけるウシハク存在です。
世の不正を正し、正義正道を貫くために、必要に応じて人を斬ります。
しかし、人を斬るという権力を持つということは、同時に、その責任を負うということです。
ですから、武士は腰に大小二本の刀を差しました。

大刀は、非道を正すために相手を斬るのに用います。
そして、たとえどんな事情があれ、人を斬ったら、自らもその責任をとって腹を切る、そのために脇差しを差しています。
江戸城内に昇る時は、大名、お殿様であって、武士は大刀は預け、脇差しのみを腰に差しました。
城内で人を斬る必要はありません。
けれど、そこは政治の場です。
政治は世間に対して権力を及ぼすものです。
従って、それを行う者には、常に責任が伴います。
殿中の武士たちが、脇差しだけを差していたのは、
「いつでも責任をもって腹を切る覚悟と意思の表明」です。

「政(まつりごと)」は、「正」しきを「行う」と書きます。
つまり「政」は、大刀そのものです。
ですから政治を担う者は、政という大刀をすでに携行しています。
だからこそ、登城する武士たちは、責任をとる脇差しを城内で常に腰に携帯したのです。

その意味で私は、少し極端なことを言えば、国会議員は、脇差しを差して議事堂に臨むべきです。
もちろん、脇差しであっても、殺傷力はあります。
国会議員で不埒な行いや、いたずらに政争を行うものは、容赦なく切り捨て御免にすべきですし、事業仕分けなどで結果として国民に迷惑をかけた国会議員は、その脇差しで腹を斬るべきです。
このことは、行政官僚も同じです。
省庁の課長以上は、脇差しを携行すべき・・・かもしれません。

江戸時代までの日本では、政治には、常にそれだけの覚悟が求められたし、それがあたりまえとされたのです。
なぜなら、武士たちは、天子様から、その天子様の「おほみたから」を預かる立場です。
その責任を負うのは、あまりにもあたりまえなことです。
要するにこれは、武士の責任こそが、武士の魂である、ということです。

ですから「武士の魂」というのは、刀そのものが魂なのではなく、そこに込められた「まつりごと」を行う者の覚悟です。
そういうことがわからない外国人が時代劇をつくると、庶民が武士の刀をまたいだといって、武士が「ワシの魂をまたぐとは何事か」といって、斬り捨て御免で庶民を斬ったなどという、デタラメを芝居にします。

ところがちゃんとした教育によって、その意味を教えられてこなかった戦後世代は、それに対して「あなたの国ではそうだったかもしれないけれど、日本の武士道は、違うのですよ」ということが言えない。
言えないから、そのまま引きずられて、そのような不埒な時代劇がつくられてしまいます。

昭和の軍人も、将校は軍刀を携行しました。
そして玉砕戦の最期になったときは、将校はその軍刀で腹を斬るか、抜刀して突撃を行って散っていきました。
抜刀して敵陣に突っ込むときは、階級章も外しました。
なぜかといえば、軍人は国家の機能です。
撃てと命令されれば撃つのが軍人です。
機能ですから、そこに人としての心はありません。
あるのは、ただ、勝つか負けるかの非常な世界です。

けれど、もうこれで最期となったときは、機能に徹して生きた軍人であっても、人の命を大切に思う、心の痛みを知る人間として死んでいきたい。
そう思うから、階級章をはずし、一緒に戦ってくれた部下たちとともに、軍刀を抜いて突撃したのです。

こうしたことは、ただ勝ちたいだけの相手にはわかりません。
だから日本兵の突貫攻撃に、ただ恐怖してあたり構わず機関銃を撃ってきます。
それは彼らがどこまでも、彼らが心のない機能としての「兵」だからです。

しかし「兵」である前に、私たちは「人」です。
無差別に人を殺す機能ではなく、心を持ち、人の痛みを知る人間です。
だから、階級章をはずし、軍刀で突撃したのです。

日本人としての誇りを持つということは、究極的には「心をもった人として生きること」なのだと思います。
やみくもに人を攻撃して個人的な満足を得るというのは、心のある人の行いではありません。
その矜持(きょうじ)を常に持ち、心は常在戦場にあるというのが、日本男児の戦慄する生き方なのではないかと思います。


※この記事は2008年10月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





関連記事

コメント
No title
先日、京都国立博物館で短刀の名品が揃う永藤一コレクションを見てきました。
昔の日本の貴族は男女問わず、生まれると守り刀として刀を贈られたと聞いたことがあります。
この守り刀は内外からやってくる誘惑から身を護ってくれる密教法具の五鈷杵になぞらえたものなのかもしれないなぁと素晴らしいコレクションを見て感じました。
2017/06/18(日) 22:50 | URL | 舞狐 #-[ 編集]
更新ありがとうございます。
池波正太郎の鬼平こと長谷川平蔵は、
「そなた達は、江戸を守る為に思う存分に働いてくれ。いざとなれば、わしが腹切って(切腹)お上にお詫びもうしあげれば済む話しだ。」と部下の同心に言っていました。まあ、実際は
江戸は平和で盗賊なんて殆ど居なかったですが、いざとなったら責任をとって腹を切るとの意識は、長谷川平蔵のように武士(治世者)であれば、当然の倫理感としてあったと想います。 日本の今の政治家は責任が無さすぎます。 結局は日本の神々様に嫌われて、霊的に責めを負わされるのですけどね(笑)
2017/06/17(土) 11:15 | URL | #-[ 編集]
鎌倉武士
武士が刀を大切に思ったのは、鎌倉武士に対する憧れではないでしょうか? 戦国時代の武士は戦って強ければよかったのですが、江戸時代になると武士らしさが必要になってきます。そのときのモデルが八幡太郎義家(鎌倉以前の人だけど)や頼朝・義経、楠正成などの“武士らしい武士”だったのでは思います。

鎌倉から南北朝に掛けて武士が装備していたのが大太刀でした。これは刀身が三尺(約90cm)とか、五尺(約150cm)とか、記録では七尺(約210cm)以上のものもあったとされる、刀というより槍や薙刀に近い長柄武器でした。大太刀は馬上で用いるもので、騎馬武者同士が突いたり、切り合ったり、あるいは馬上から雑兵をあしらったりしました。

屏風絵などに描かれた鎌倉武士や南北朝の武士たちは馬に跨り、弓に矢をつがえ、大太刀を振るっているのです。槍や薙刀は馬に乗らない兵卒や僧兵の武器なので、武士らしくない。武士は刀なのです。

二本差しも、鎌倉武士が馬上で振るう大太刀と、相手を組み伏せたときに使う鎧通しの二本を持っていたことが原型でしょう。だからといって脇差しが責任を取るためのものという説明を否定するものではありません。

鎧・兜も戦国時代には当世具足となり、形も西洋風のものも含めてさまざまでしたが、江戸時代のものは構造的には当世具足を踏襲しながらデザインは鎌倉時代の大鎧に回帰していきます。現在に伝わる五月人形の鎧飾り・兜飾りも伝統的な京甲冑や江戸甲冑は平安時代や鎌倉時代の国宝級の鎧・兜をモデルにしています。
2017/06/17(土) 09:46 | URL | 頑駄無 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
静岡県出身。国史啓蒙家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。
連絡先: nezu3344@gmail.com
著書
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』
日々、先人たちへの感謝の心でブログを書き綴っています。それが自分にできる唯一のお国への、先人たちへの、そしていま自分が生かさせていただいていることへのご恩返しと思うからです。こうしてねずブロを続けることで、自分自身、日々勉強させていただいています。ありがたいことです。

AdSense
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓大好評予約受付中↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

Facebook
講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク