アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


帰ってきたホタル・・宮川三郎少尉

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

昨日の穴澤大尉とか、今日の宮川少尉とか、ウチの孫が、そろそろ同じ年頃にさしかかってきています。
もちろん、特攻隊のパイロットたちは、拙孫などとは比較にならないくらい優秀な子たちです。
親御さんのお気持ちや、爺ちゃん、婆ちゃんの気持ちを考えると、本当にいたたまれない気持ちになります。
彼らは、年寄りの自分たちを護るためにちっていくのです。
逆じゃないですか。
年寄りが先に死ななきゃならんのです。
そうじゃありませんか?
遠い昔のことです。
いまさら私たちが身代わりになることもできません。
けれどそのかわりに、孫達に誇れる立派な日本を築いて行くために、自分たちにできることをして行こうではありませんか。
それこそが彼らへの最大の御恩返しだと思うのです。


宮川三郎少尉
宮川三郎少尉


【お知らせ】
 7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
 7月17日(祝・月)18:30 CGS公開講座(幕末史)
 7月23日(日)14:00 第1回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
 7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 8月 9日(水)18:00 新潟県新発田市講演(古事記)
 8月13日(日)14:30 東京・世田谷講演(古事記)
 8月15日(火)14:30 ねずさんと靖国神社昇殿参拝
 9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 *****

宮川三郎少尉といえば、知覧航空基地から特攻隊として飛び立ち、ホタルになって還ってきたというお話で有名です。
以下は、そのホタルが還ってきた富屋食堂の鳥濱トメさんのお孫さんで、鳥濱トメ顕彰会、薩摩おごじょ経営者の赤羽潤さんから直接伺ったお話です。

 ***

特攻作戦は、知覧を始め、宮崎の都城など九州各地や、台湾の航空基地からも出撃していますが、なかでも知覧が本土最南端であったことから、陸軍の全特攻戦死者1,036名のうち、半数近い439名が、ここから出撃されました。

富屋食堂は出撃前の特攻隊員たちの憩いの場でした。
トメさんは、隊員たちから母のように慕われていました。
ですからトメさんは、出撃されたおひとりおひとりのことを、全員分、まるで昨日のことのようによく覚えておいでした。
なかでも宮川少尉のことは、とても印象に残っていて、何度も何度も聞かされました。

宮川さんが知覧に来られたのは昭和20(1945)年5月の終わりごろです。
宮川さんは新潟の人で、雪国の人らしく色白でハンサムな方でした。

宮川さんは、知覧に来る前、万世飛行場から一度特攻に出撃しています。
しかしこのときは機体が故障して引き返しています。
「自分ひとりだけが生き残った」

宮川さんはそのことをとても気にしていて、そのことを鳥濱トメさんへの手紙にしたためています。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・弐』
  まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
20170526 古事記弐



「先輩、同期生がつぎつぎと散華し、
 自分たちばかり残るというのは
 心苦しいことです。
 この心はわかっていただけると思います。
 だが、決して死を早まらんつもりです。
 任務を完遂するまでは、断じてやります。
 ご安心ください。」


これが当時の19歳の青年の手紙です。

その宮川さんいる知覧に、宮川さんの故郷の同級生が赴任してきています。
その同級生に先に出撃命令が出ました。
出撃するということは、死ぬということです。

「俺もすぐ行く。靖国神社で会おう」
そう言う宮川少尉に、同級生は言ったそうです。

「俺は先に故郷の小千谷に行くよ。
 そこでお前が来るのを待ってる。
 靖国には一緒に行こうな」

「わかった。すぐ行くからな」

「すぐに来なくていい。
 貴様はゆっくり来い。
 何年でも俺は待っているから」

宮川さんは、出撃する前夜の6月5日に、一緒に出撃する仲よしの滝本恵之助曹長と二人で、富屋食堂にやってこられました。
二人は、「明日出撃です」と、ごきげんでした。
そしてその日は、ちょうど宮川さんの20歳の誕生日でした。

トメさんは、宮川さんのために、お赤飯を炊いてあげていました。
二人はお赤飯を、おいしいおいしいと召し上がっていました。
その帰りがけ、宮川さんが、突然、気がついたように言ったのです。

「おばさん、
 俺、明日も帰ってくるよ。
 ホタルになってね。
 滝本と二匹で。
 だからおばさん、
 追っ払ったらだめだよ」

まるで、冗談のような口ぶりだったそうです。
トメさんは、食堂にくるときどこかでホタルでも見かけたのだろうと、そのときは気にもとめませんでした。

翌6日は、どんより曇った日でした。
この日は総攻撃の日で、朝から特攻機がどんどん飛び立ちました。
トメさんも見送りに行きました。

その日の夜のことです。
出撃したはずの滝本さんが一人でひょっこり食堂にやってきました。

二人は編隊を組んで飛び立ったのですが、どうにも視界が悪い。
そのため、何度も滝本さんは宮川機の横に並んで、
「視界が悪い。引き返そう」
と合図を送ったそうです。

特攻作戦の経路


けれど、宮川さんはその都度、手信号で、
「俺は行く。お前は帰れ」と合図しました。
何度か目の合図のあと、滝本さんは引き返しました。
宮川さんは、そのまま雲の彼方に消えていかれました。

滝本さんは、その話をされながら、
「宮川は開聞岳の向こうに飛んで行ったよ」と言って、涙をぽろぽろとこぼしました。

夜の9時ごろです。
食堂には、トメさんの娘さんが二人と、滝本さん、奥の広間には、明日出撃予定の隊員たちが7〜8名いて、遺書を書いていました。

トメさんは、なんとなく不思議な気持ちになって、食堂の入り口の戸を、すこしばかり開けました。
すると、それを待っていたかのように、一匹のホタルが、ふら〜と食堂にはいってきて、天井のはりところに、とまりました。

それは、とても大きなホタルでした。
大人の親指くらいの大きさがありました。
ホタルの季節には、まだ少し早いです。
そんなに大きなホタルがいること自体が、不思議です。

そのとき、娘の礼子さんが、
「あっ、宮川さんよ。宮川さん。ホタルになって帰ってきた!」と叫びました。

滝本さんもびっくりされた様子でした。
トメさんは、みんなに言いました。
「みなさん。宮川さんが帰っていらっしゃいましたよ」

その場にいた全員で、何度も何度も「同期の桜」を歌いました。
涙がとめどなくあふれました。
ホタルは長い間、天井のはりに止まっていました。
歌が終わったとき、ホタルは、すっといなくなりました。

宮川少尉は、新潟県小千谷市出身で、旧制新潟県立長岡工業高等学校を首席で卒業し、昭和18年10月に明治神宮で行われた第一陣学徒出陣壮行会にも参加された方です。
トメさんは、戦争が終わったあとも、こうして出陣され知覧を飛び立たち散華された特攻隊員達のために、もとの知覧基地に、一本の墓碑を立て、そこに来る日も来る日も、毎日お参りされました。

毎日です。自宅からその墓碑まで歩くのに、足の悪いトメさんは、片道に30分もかかりました。
その道のりを、暑い日も寒い日も、毎日お参りされました。

雨降りなどは、たいへんです。片手に杖をつき、片手にお線香を大事そうに抱えてお参りに行っていたのです。
両手がふさがっているため、傘を持つことができません。
なのでトメさんは、雨が降ると、ずぶぬれになってお参りしていました。

そのトメさんが、お孫さん達に、繰り返し語ったことがあります。
それは、
〜〜〜〜〜〜
特攻隊のみなさんは、
みんなとっても「思いやり」のある子たちだったんだ。
あの子たちが行ったのは、
軍の命令だから逝ったとかそういうことじゃなかったんだ。
あの子たちはね、
故郷にいる親御さんや、
兄弟の方々や、妹や大好きな人たちを守ろうとして、
旅だって行ったんだ。

誰だって、死ぬのはこわいよ。
そのことは、昔の人もいまの人も、なんにも変わらない。
あの子達だって、こわかったんだ。

でもね、
あの子達は、みんなを守るため、
自分の命を犠牲にしてでもみんなを守りたいっていう
「思いやり」の心があったんだ。

私はね、
出撃した全部の隊員さんたちを知ってるよ。
ぜんぶ、私の子供たちだったよ。

あの子たちはね、
人を、故郷を、大好きな人を「思いやる」心があったから、
自分の命を犠牲にしてでも、
まわりの人たちを守ろうとして出撃して行ったんだ。
〜〜〜〜〜〜

知覧基地で、特攻に行く隊員さんたちは、全員、三角兵舎と呼ばれる建物の中で寝起きしてました。
その三角兵舎は、松林の中にありました。

戦争が終わると、その三角兵舎は、全部取り壊されました。
何年も経ってから、トメさんの娘さんの礼子さん姉妹と、まだ幼かった(このお話を聞かせてくださったお孫さん)たちみんなで、その松林に行かれたそうです。

ふと眼にしたのは、その松の木の一本一本に刻まれた文字でした。
そこには、亡くなられた特攻隊員さんたちが、ご自分で掘ったのでしょう。
筆跡の異なるお名前が、いっぱい刻まれていたのです。

それを見たとき、わかったそうです。
彼らだって、死にたくなかった。

「俺たちが、生きて、呼吸して、
 ここで寝起きして、
 生きていたことを、
 決して忘れないでくれ!」

その木に刻まれたお名前のひとつひとつに、そういうメッセージが込められているのだと。
このことに気付いたとき、その場に居合わせた全員が、声を絞り出すようにして泣いたそうです。

文中にある鳥濱トメさんの娘さんの礼子さんは、戦後生き残って結婚し、赤羽礼子さんとなりました。
そして、『ホタル帰る』というご著書をあらわされています。

その本の一節をご紹介します。

*******

無事にトメが退院し、富屋食堂は数ヶ月ぶりに元に戻った。
年が明けて昭和19年。
少年兵は第十期生が巣立ちを終え、それぞれに南方の空に飛び立っていき、代わって第十一期生になっていたが、池田、川畑らの5人組の指導教官は残っていた。

その日曜日、二女の礼子は初潮を見てお腹が痛いため、奥の自分の部屋で寝ていた。
トメは娘の成人を祝って朝から大量に赤飯を炊いて、いそいそと立ち回っていた。昼頃になると少年兵たちが三々五々集まってきて、富屋は賑やかになった。
いつものように若い教官の五人組も集まっていた。

「おばちゃん、きょうは礼ちゃんはいないの」

「礼子はね、きょうはおめでたい日なの。
 だから奥で寝てるけど」
話し声は寝ている礼子にも聞こえた。

「さ、皆さん、きょうはおめでたい日なので、
 お赤飯を炊いたのよ。
 お祝いだからどんどん食べてね」
「お赤飯? すげえな」
と池田たちは半ば感動し、半ば驚喜していた。

「でも、おばちゃん、なんのお祝い?」
「なんのお祝いって、皆さん喜んでください。
 礼子が女になったのよ」
それが聞こえて来ると礼子はふとんの中で赤くなった。

「礼ちゃんが女になった?
 おばちゃん、変なこというなあ。
 おれ、初めっから礼ちゃんて女の子だと思っていたけど、
 礼ちゃんて女じゃなかったの」

トメはくすくす笑った。
「それにしても変じゃない。
 礼ちゃんが男だったとしても、
 どうしていまごろ女になるのさ」

体は大きくて、お国のために戦うと立派な覚悟を持っていても、まだこの子たちは数えで19歳。
「女になる」という言葉を知らないほどに純粋無垢なのだ。

「さあ、皆さん、どんどんおかわりしてよ」
その言葉の意味がどうであろうと、ここのところは色気より食い気。
少年たちはそろってパクウパクと赤飯にかぶりついた。

********
この文は、草思社文庫、赤羽礼子著『ホタル帰る 特攻隊員と母トメと娘礼子』からの抜き書きです。
285ページあるうちの、はじめの50ページからの抜き書きですから、ほんの出だしのところです。
もう、このあたりを読んだだけで、もう涙があふれて。


戦前の日本にあって、戦後の日本にないもの。
その最大のものは、「純心」と「思いやり」かもしれません。

自分の全知全霊をかけて、ときに自らの生命さえもかけて人を思いやる心。
私達の、日本の心を取り戻す戦いというのは、
「思いやりの心」を取り戻すための戦いなのかもしれません。

日本人は、
10年で、日本の国体を抜本的に改革し
20年で、清国を破り
40年で、大国ロシアを破り、
80年で、世界を相手に戦って欧米の植民地時代を終焉させました。

10、20、40、80という数列からしたら、次にくるのは160年目です。
160年目というと、平成37(2025)年です。

おそらくそのときに日本が、日本人が世界に示すもの。
それは、おそらく人類が人としての純心に目覚めること、そして互いの思いやりの心なのかもしれません。

◆鳥濱トメ顕彰会
http://www.torihamatome.jp/
(よろしければ、是非会員に。)

お読みいただき、ありがとうございました。

※この記事は、2012年10月30日の記事をリニューアルしたものです。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

なでしこ隊 「テレビドラマ」



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





関連記事

コメント
No title
初めまして。
たまに時間に余裕のある時にお邪魔させて頂いてました。
私は学生時代に日本が好きになれず、欧米に憧れて歴史を疎んじていました。戦争に関する事にも興味がなく、読んだ書物もフランス文学をメインのものでした。絵画で言えば洋画が素敵と思い込んでいました。
日本は息苦しいと思い暮らしてましたが、netでいろいろな事を知るようになって考えが変わりました。日本って素晴らしい国と、今では日本人として生きてる幸せを味わっています。そしてどんなに辛くても泣かずに頑張ってられるのに、今回のようなお話しに出逢うと涙がぼろぼろと溢れてくるのです。今もテッシュで拭いてから書いてます。
若くして私達の為に全てを捧げてくださった方々に、決して恥じる事のない人生にしたいと思っています。
いつもありがとうございます。
2017/08/12(土) 20:23 | URL | おいしい水 #WHV6ECt6[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/08/11(金) 20:16 | | #[ 編集]
何時も涙を堪えきれません
こんばんは。
毎日拝読させて頂いておりますが、初めてコメントさせて下さい。

宮川三郎少尉は間違いなくホタルになって戻ったのだと思います。

実は私、空を飛ぶことを趣味としており、限定資格なのでアメリカでしか有効ではありませんが、計器飛行証明を持っています。子供の頃から、できれば職業としてパイロットになりたかったのですが、それは叶いませんでした。
しかし、趣味・アマチュアとして、機長資格で毎年飛んでいます。
これは私だけでなく、プロ、アマを問わず、パイロットは機を飛行させ、自らが飛翔と一体となり、終着点では如何に上手く着陸する(させる)ことが出来るか、それが出来ることが大いなる喜びであり、これを誇りとしております。なので、空港で、これから飛び立つパイロットと、降りてきたパイロットとの表情とは違う。このように何時も観察しております。

さて、宮川少尉。
係る状況下、彼らには出撃したら(機の不備等を除き)着陸はあり得ません。上手く行って着機弾炸裂!下手をしたら海面激突で自滅。
どの時代のパイロットでも、着陸したと分からない位の繊細且つ微妙なタッチダウンは夢です。宮川少尉も同様だったと思います。

宮川少尉は、パイロットの夢である着地着陸感を得られないことはご存知のうえ、飛び立たれました。でもその先には、自らの夢を実現する機の操縦以上に、国の安寧の気持ちが強かったはずです。その気持ちがホタルとなって富屋食堂さんの一角に着陸させてくれたのだ。そう思います。

昨今の政治官僚機構を悪く言うつもりは毛頭ありませんが、「散れ」とは申しません。しかし「ドスン」とでも良いから、「着陸せよ」!と申し上げたいと思います。
2017/08/11(金) 20:15 | URL | 大石 誠 #SXC8jODk[ 編集]
時の流れ
軍人として亡くなられた方々の命の重さは同じですが、特攻された方々のお話が多いのは、自ら死を迎える時が合ったからなのでしょう。

その時の間に、日本人の魂が共鳴するのでしょうね。

肉体は魂の入れ物に過ぎないと今では信じていますが、二十歳前後の生きる希望に溢れる世代にとっての死は、受け入れ難いものです。

それを想いますと言葉が有りません。

生き残った若者がモーレツ社員となり、命懸けで日本の復興を成し遂げてくれましたが、バブルで弾かれてしまいました。

少子高齢化の時代、大切な若者を高齢者が守ることも必然なのでしょう。

2025年頃には何があるのでしょう?
ある方のHPですが、今上陛下はアマテラス様の分け御霊を受け、皇后様はイエス様、或いはマリア様の分け御霊だそうです。
今上陛下と皇后陛下は、キリスト教世界に号令できる権威を神界から与えられているのだそうです。

信じがたいお話ですが、両陛下から溢れる光を感じますと、真実なのかも知れません。

「シラス」が伝わるのかも知れませんね。
.
2017/08/11(金) 19:09 | URL | 神無月 #UXr/yv2Y[ 編集]
最大の岩盤
加計問題がいまだに騒がれています。
文科省という「岩盤」に穴を開けたことが問題になっています。
おかしな話です。

しかし、文科省の岩盤は政治家が頑張れば開けることは可能です。
今の日本の最大の岩盤は「国民」です。

テレビでバラエティー番組を見て、自分の周り半径500m内のことしか考えない多くの国民が最大の「岩盤」です。

中国や北朝鮮の行動を見ても自分のことではないと思っています。
「国民」という「岩盤」に穴を開けられるのは安倍首相しかいません。

だから「マスコミ」は安倍叩きに必死なのです。
「マスコミ叩き」を本気でやらないと日本はダメになります。
2017/08/11(金) 14:03 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
テーマ :「七生報国」の精神を持たぬ政治家や役人が多過ぎる!
日本が危機であるのは、安全保障上の観点からだけではない。政治家も役人も言論人も、守るべき価値を見失っているのではないか。昭和の50年代まで、国家としての日本は存続した。アメリカに押し付けられた憲法で骨抜きになったとはいえ、戦前の日本が息づいていたからだ。政治家も役人も現在のように薄っぺらではなかった。
柳田國男の『先祖の話』には「七生報国」という言葉が出てくる。生まれ変わって国のために尽くすことができるとの精神は、日本人の根本の支えでもあったからだ。神風特攻隊の若者が敵艦に突っ込めたのは、それがあったからである。卑怯な恥ずかしい振る舞いをせずに済んだのは、日本人が日本人であったからだ。そこに柳田は日本人の精神性の高さを見たのである。「少なくとも人があの世をそう遥かなる国と考えず、一念の力によってあまたたび、此世と交通することが出来るのみか、更に改めて復立帰り、次?々の人生を営むことも不能では無いと考えて居なかったら、七生報国という願いは我々の胸に浮かばなかったろうとまでは誰にでも考えられる」。
「先祖代々くりかえして、同じ一つの国に奉仕し得らえるものと、信ずることの出来たというのは、特に我々にとって幸福なことであった」という精神を、もう一度思い起こすべきだろう。また今年も8月15日がやってくる。「至誠純?情なる多数の若者」の上に今の日本の繁栄が築かれたのを忘れてはならない。政治家や役人がエゴでしか動けないのでは、真の日本人ではない。日本を取り戻すということは、「七生報国」の精神を取り戻すことなのである。
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/926f02dca98fda874c6d6243c6d5ede8
2017/08/11(金) 09:23 | URL | とおりすがり #-[ 編集]
No title
彼らは、年寄りの自分たちを護るためにちっていくのです。
逆じゃないですか。
年寄りが先に死ななきゃならんのです。
そうじゃありませんか?

ならば、そのような死地に若者を追いやった、当時の年寄りたちの政治家や軍人を、なぜ非難しないのですか?そのような戦前をとりもどそうなどというたわ事を言うのですか?
2017/08/11(金) 09:05 | URL | #-[ 編集]
No title
この日曜日、社青同出身の池上彰がテレビ東京で
『特攻』を騙るそうです。もう本当に我慢できません。
2017/08/11(金) 08:58 | URL | スポット参加 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓
↓好評発売中↓





ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク