アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


明治天皇替え玉説を否定する

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

「明治天皇替え玉説」というのが最近流行っているのだそうです。
それは我が国における天皇の位置を、諸外国の王や皇帝と同一視した、とんでも説と申し上げさせていただきます。
そのようなことをおっしゃられる方は、はっきり申し上げて、日本の天皇の意義をまったくわかってらっしゃらない。
我が国では、替え玉などまったく必要ないし、まして幕末頃というのは、いまよりもはるかに国学に基づく皇国観が浸透していた時代です。
ですから替え玉は、「ありえない」のではく、「必要がない」のです。


20170921 孝明天皇
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
 9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)第20回 百人一首塾
 *****


「明治天皇替え玉説」というものがあります。
「明治天皇は開国に踏み切ったけれど、その父の孝明天皇は攘夷派だった。
 父が攘夷派なのに、子の明治天皇が開国したのはおかしい。
 だから明治天皇は替え玉だ」
というのが、その説の根拠です。

私からすると、「わかってないなあ」と思います。

なぜなら、替え玉など、日本においてはまったくその必要がないからです。
天皇は、国家最高の権威です。
開国するのか攘夷するのかは、政治上の意思決定です。
つまりそれは、天皇の下にある政治上の意思決定件者が行うことです。
天皇は、これを承認するだけです。

幕末当時の国内世論は、開国か攘夷かで、真っ二つに割れていました。
朝廷内にあっても、それは同じです。
ですからその時々で、開国派が朝廷の要職にあれば、朝廷の意向は開国になるし、反対なら攘夷になります。
それだけのことです。

天皇は、決まったことを承認するお立場です。
天皇が決められるのではありません。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・弐』
  まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
20170526 古事記弐



あたりまえのことですが、決めるということは、責任を伴います。
そして政治上の意思決定は、そこに必ず利害得喪が生じます。
早い話、病院を築けば多くの苦しむ人を救うことができますが、一方で病院用地のために土地を失う人も出るわけです。
民を「おほみたから」とするお立場の天皇が、そうした責任の一切を負うのでは、天皇の御存在そのものが失われかねません。

ですからこれを防ぐために、はるか上古の昔の神話の時代に考え出された仕組みが、国家最高権威と国家最高権力を分けるという、我が国独自の統治スタイルです。
これがシラスの統治の形です。

古事記では、これが天照大御神が天の石戸にお隠れになられたところで出てきます。
須佐之男(スサノヲ)が高天原にやってきたときに、天照大御神が須佐之男命と直接対決されます。
その結果天照大御神は、責任をとって天の石屋戸にお隠れになります。

ところが天照大御神は、太陽です。
隠れてしまって困るのはみんなです。
そのことを古事記は、「高天原だけでなく、中つ国もみな闇に閉ざされた」と描写しています。

そこで八百万の神々が立ち上がるのです。
そして政治責任を伴う政治的意思決定については、八百万の神々が自分たちで責任をもってこれにあたることにしたのです。
これが我が国初の国会であり、かつ、天皇が政治的意思決定者ではなく、神々が責任をもった意思決定を行うことの事始めです。
このときに初まった権威と権力を立て分けるという国家統治の形こそ、我が国の統治の根幹です。

神話に基づくというのが不服なら、天智天皇から持統天皇に続く飛鳥時代に確立された統治もまた同じです。
天智天皇の時代に公地公民と、そのレールが敷かれ、その子の持統天皇の時代に、これが制度として確立しています。
それまで、皇位継承者をめぐり、様々な思惑がからみ、優秀だとされた大友皇子や大津皇子が不遇のうちに処刑されるという事態もあったわけです。

同じことが三度繰り返されてはならないという、持統天皇の強い意思によって、皇位継承者は血筋によって初めから定められた者がなることとされ、さらに天皇は神々と繋がる祭祀を行うお役目、政治的意思決定は、政治の組織が行うと定められています。
そしてこれ以降、歴代天皇は、政治的な意思決定を行わない。
もしどうしてもその必要があるときは、天皇位をご譲位されて、太上天皇となってこれを行うとされたのです。
我が国における太上天皇(上皇)の、その最初のひとりが、まさに持統天皇です。

「そんなことはない。昭和天皇は終戦の御聖断を下されたではないか」という方もおいでになるかもしれません。
そうではなくて、「だから御聖断」なのです。
終戦を決めるとき、政府の見解は二分して、まったく意思決定ができない情況となりました。
だから時の鈴木貫太郎内閣は陛下に御聖断を求めたのです。
このことが戦後、明確に語られないのは、それが国家の非常大権を意味するからです。

国の交戦権は、実は憲法を越えます。
「人を殺してはならない」は法ですが、襲撃されて防御するのは正当防衛です。
これと同じで国家の非常時に実力を行使することは、法や憲法の枠組みを越えた国家非常大権です。
早い話、米国は、度々戦争を行っている国ですが、合衆国憲法に、「このような場合に戦争を行う」あるいは「このような場合には戦争を行ってはならない」などの条文はありません。
ないのになぜ戦争ができるかといえば、それは国家非常大権が大統領にあるからです。

我が国の終戦の御聖断は、この裏返しで、原爆使用によって、すでに日米戦争は国家間のいわば良識を持った戦争が、国際法をも無視した場外乱闘の様相を呈したことに憂慮された天皇が、揺れる政権の求めに応じて御聖断を下されたというものです。
非常時だから、天皇の非常大権が行使されたのです。
もし平時に陛下が御聖断を下されれば、その時点で反対派は粛清の対象になります。
それほどまでに御聖断というのは重いものなのです。

お隣のChinaでは、国家のトップは皇帝です。
そして皇帝はすべての政治権力と国家の最高権威を独占します。
独占するから、意思決定に齟齬が生じ、この傾きが大きくなってくると、皇帝そのものが打倒されて、別な血筋の皇帝を立てざるを得なくなります。
そしてその都度起こる戦乱によって犠牲になるのは国民です。

持統天皇の御在位は7世紀の終わり頃です。
そして以来ずっと、我が国では、天皇は意思決定に関わらない、意思決定を行うのは、天皇によって親任された政治責任者の役割とされてきたのです。

幕末における開国か攘夷かという二択は、国家の命運を担うたいへん重く大きな政治問題です。
そしてこの時代、朝廷の内部でも、開国派と攘夷派が、政治責任者として度々入れ替わっています。
孝明天皇ご自身の意思ではないのです。
このことは明治天皇におかれても同じです。
つまり、「明治天皇が替え玉」になる必要性が、そもそもないのです。

幕末は、いまよりも、ずっと尊王思想が強かった時代です。
むしろ尊王こそが常識化していた時代です。
だから「尊皇攘夷」だし「尊王開国」です。
尊王であることを基盤として、攘夷か開国かという政治問題への対策が求められていたのです。

そうした時代背景にあって、尊王そのものを否定する「替え玉」説などは、そもそも成り立ちようがないし、その必要もない。
必要もないのに、替え玉など、そもそも誰がするというのでしょうか。
そのようなことをすれば、した人がかえって政治的に立場を悪くするだけです。

要するに「明治天皇替え玉説」などを述べる人は、申し訳ないけれど、我が国の天皇の存在を、Chinaの皇帝や西洋の王様と同じ、国家最高権力者としての存在の延長線上に捉えている方と断じざるを得ません。
それはつまり、我が国天皇についての勉強不足、我が国国体や神語についての勉強不足であり、我が国の天皇の御存在のありがたさを見失った「とんでもない説」に他ならないと申し上げさせていただきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





関連記事

コメント
No title
『明治天皇替え玉説』
って何十年も前からあるみたいですけど
何度も何度も論破されてるにもかかわらず
今も主張している人が多いです
なんででしょうね?左系の人が好きそうな話のネタだからでしょうか?

あと、入れ替わったとされている方は養子ですので
南朝の末裔云々は関係ないです
2017/10/06(金) 00:38 | URL | #-[ 編集]
No title
明治天皇すり替えは、そういう意図で行われたのではなく、簡単に言えば開国における「朝鮮人対策」のために行われたようです。相当ややこしい話ですが、裏でご皇室側が数十年前から計画されていたようです。

また天皇の権力に関しても、明治天皇が軍人勅諭で天皇に権力があることを関してははっきりと仰られておられます。また中世は国のあり方が歪み、神武天皇の掟に背く浅ましい次第だったとまで・・。

ただ勿論、権力をもっていても極力行使されずに臣民側に任せるというのが天皇陛下だとは思いますが。
2017/09/25(月) 18:23 | URL | 大和~2600~ #EBUSheBA[ 編集]
ばかばかしい替え玉説
明治天皇陛下は御製の和歌を10万も残しておられます。
卑しい身分の田舎者に和歌は無理でしょう。

どうして一部の方々は南朝北朝にこだわるのでしょう。
後醍醐天皇の時代じゃあるまいし。
もともと皇室の御兄弟の話で、王朝交代ほどの意味はまったくないし。
2017/09/25(月) 10:17 | URL | ネコ太郎 #-[ 編集]
今の天皇は南朝系。江戸時代は北朝系。
何事も現実は小説より奇なりですね。天皇の替え玉説は説ではなく事実です。ちゃんと現実の証拠を多角的に取り上げて研究して下さい。古事記日本書紀だけで世界が語れるほどこの現実は甘くはありません。江戸末期は北朝から南朝への天皇入れ替えが行われました。そのときのフィクサーは裏四天皇として現存しています。天皇家というのは、1つの筋で出来上がっているわけではなく、歌舞伎や能の世界のようにたくさんの宮家で守られていますね。明治以降は、満洲国、朝鮮国、支那国の王家と天皇家は縁戚関係を結び、同時に統治していったわけです。天皇家の支配様式は、縁戚関係による閨閥支配ですから、欧米や支那朝鮮の武力支配とは形が異なりますが、日本のやり方ともまた異なります。天皇家や公家をあまりに理想化しすぎて、絵に描いた餅の危険を最近は感じております。あらゆる可能性を念頭において物事は分析しないと誤ります。ご活躍期待しています。
2017/09/25(月) 09:14 | URL | KI #-[ 編集]
No title
こんにちは。明治政府は、開国して攘夷(外国勢力を打ち払う)をやってのけ
たわけですね。国全体が上から下まで、こらえて国を変貌させていった。
国の大事には時間がかかりますね。
2017/09/24(日) 02:32 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
スッキリしました^^!
 お久しぶりです、ねず先生^^!

 実は自分も、この天皇すり替え論を本屋で見たとき、
「そんな畏れ多いことを日本人が、しかも戦前の“真の日本人゛ができるわけない!!」
と、憤りとともに強い疑いを持ちましたが、今日のねず先生のお話を見て、心から安心し、スッキリしました^^!
 …自分は幼い頃、曾祖母(明治生まれ)に、
「日本で一番偉い人は総理大臣?」
…と聞くと曾祖母は即座に、
「違う違う。天皇陛下よ^^」
…と答えてくれました。
続けて、
「…天皇陛下ってどんな人…?」
と尋ねると…
「神様…かねぇ^^」
…と、優しく答えてくれました。
実際その頃の自分も…日本人としてのDNAからなのか…幼いながらにも“天皇陛下“にはどこか仰ぎ見るような感覚がありました。
故に、すり替え論には強い疑問をもちました!

 ねず先生、今日も本っ当にイイお話、誠にありがとうございました^^!
自分は日々、心から敬愛するねず先生を応援しております^^

では!

 
2017/09/23(土) 21:27 | URL | 次郎左衛門 #-[ 編集]
いつもながら、とても勉強させて頂いております。

記事を読んでいて、ふと思ったのですが、「天皇」という適切な英訳が存在しない、と言うことも、天皇替え玉説に一役買っているのではないのでしょうか。

エンペラー(皇帝)では、世俗君主になってしまってます。
何か適切な英訳で、世界に配信出来ればいいのですが。
2017/09/23(土) 14:50 | URL | ジャイアントロボ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク