アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


権力者による私的支配を拒否し続けてきた自由の民とは

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

タイトルの答えは、日本人です。
民族が皆殺しの憂き目に遭う危険が伴う世界では、民族が国家としてまとまることで外敵を打ち払うために、国家の中心に権力を置くという社会形態が常識化しました。
だから世界には国家ができたし、王国が生まれたし、同盟や朝貢なども行われました。
ところが権力には腐敗が付き物だし、権力者だけが贅をつくして民衆が貧困にあえいだり、ときにはその権力が兵力を持つことで自国民を虐殺したりという出来事が度々起こりました。
それは何も太古の昔に限ったことではなくて、お隣の半島で、つい60年前にも、大統領による自国民への大量虐殺事件が起きているし、ほんの28年前にはその向こうにある自称大国で、自国の学生たちを戦車で大量に轢き殺すという蛮行も行われています。
ところが世界でただ一国、権力からの自由を得ながら、なおかつ平和で豊かな国を築いてきた大国があります
それが日本です。


20170928 シラス統治


【お知らせ】
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
 9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)第20回 百人一首塾
 *****

人類史を考えたとき、人々がまだムラの小さな家族共同体を営んでいた時代から、現代のような大規模国家を形成する時代まで、少なくみつもっても2万年、長いスパンで考えるなら20万年の歳月がそこにあります。
その長い人類の歴史の中で、人々は村落共同体を徐々に発展させて、豪族集団を形成し、その豪族集団を束ねる豪族が現れることで、国家を形成するようになりました。
そしてこの課程のなかで、人々の社会には、世界中どこでも「支配する者」と「支配される者」が生まれたということは、およそ定説といって良いことであろうと思います。

数の上から言ったら、いつの世も支配される側が圧倒的多数です。
問題は、その支配する側です。

China史では、その支配する側の頂点に立つ皇帝は、最初に天命を受けた皇帝は人情の人であり、人望があり、優れた資質を備えていて、人々の理想とする国家の建設に向けて、ときに戦いながら善政を施し、国をまとめたとあります。
ところが代を重ねるごとに、その皇帝に傲慢が現れ、我侭(わがまま)と身勝手が強くなり、支配される民衆の生活は破壊され、国家は貧窮のどん底に叩き落され、ついには天帝がその天命を別な者に与えることで、国が革(あらた)まる、というのがChina史であり、東洋史の基本的な流れです。

西洋史も似たところがあります。
強大な悪の敵が現れ、その敵によって多くの民衆が殺され、奪われ、生活を破壊され、ついには国家まで崩壊に至る。
ところがそこに英雄が現れて、民衆とともに力を合わせてその強大な敵に立ち向かい、ついにはその敵をやっつけて、平和な理想の国家を形成する。
するとまたそこに強大な敵が現れて、国が滅ぼされ・・・というサイクルの連続が、ヘロドトスに始まる西洋史学の基本構造です。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



ただ実際には、China史においては、初代皇帝だけが仁徳の人で、その後におかしくなっていったというわけではなくて、おそらく最初から冷徹な殺人鬼があらゆる権謀術数や武力を用いて自らの栄達を図ったのであろうし、それによって出来上がった新国家(王国)も、民衆にとっては、不条理を押し付けるだけのただの収奪マシンでしかなかったし、民衆の幸せなど、ほとんど省みられることすらなかったというのが、実態であろうと思います。

西洋史もまた、英雄は権力者となり、結果として民衆が望むものは、いつの時代においても常に「権力からの自由」であり続けたというのが実情です。
ですから彼らにとって、自由であることは、まさに見果てぬ夢であり、坂の上にある手の届かない雲であり続けたわけです。

このことは、19世紀以降に中心をなした民主主義においても実は同じです。
国家は民衆が形成するものであり、民衆こそが国家を担う者だから、その民衆の選挙によって国家の代表を選べば、民衆に自由と幸せがやってくるに違いない。
そのことを理想として、自由や博愛精神や市民の平等を高らかに民衆の権利として謳(うた)い上げて形成したのが、いわゆる近代国家です。

ところがその近代国家は、政治権力と、これに結びついた商業資本によって操られ、気がつけば、かつての王国の時代では考えられなかったような市民への大量殺戮が公然と行われるようになり、富は偏在し、気がつけば選挙には利害がうごめき、政治権力者と商業資本家は、その富と権力を寡占し、結果として末端にある民衆は飢餓と病と殺戮による地獄のような生活を余儀なくされてしまっているというのが実情です。

日本人は、そうした近代国家をこそ最高の政治形態であると学校で教わり、西洋社会やあるいは日本での生活が、それなりに豊かなものであることから、すっかり忘れてしまっていますが、いまもなお、アジアやアフリカの諸国、とりわけ近代社会に欠かせない資源を持つ国においては、豊かと言われる西側国家の収奪によって、貧困と病と暴力が圧倒的に国民を支配し続けているというのが、世界の現実です。

こうした中にあって、いったいいつの時代にはじまったのかさえもわからないはるか神語の昔から、我が国では、国家最高の存在を「権威」とし、その権威によって末端の国民が「おほみたから」とされる国作りが行われてきました。
政治権力者にとって、自らの権力の下にある民衆は、自分よりも上位にある国家最高権威の「たから」なのです。
つまり、国も国民も、領土も領民も、いずれも「俺のもの」ではなくて、国家最高権威のものとしてきたのです。

そしてこのことが示すことは、ただひとつです。
それは、民衆は国家最高権威によって、権力からの自由を与えられてきた、ということです。
日本人は、太古の昔から、まさに自由の民なのです。

仁徳天皇の物語に、仁徳天皇の減税によって、人々の生活が豊かになったときの逸話が書かれています。
豊かになった人々は、仁徳天皇という国家最高権威によって、自分たちが豊かさを取り戻すことができたことに感謝し、荒れ果ててしまっていた皇居の整備に、こぞって馳せ参じたという記述が日本書紀にあります。

また、平安中期の伊勢神宮の斎主であり、神祇大副であった大中臣能宣(おほなかとみのよしのぶ)は、
 御垣守 衛士の焚く火は
 夜は燃え、昼はきえつつ、ものをこそ思へ
と歌を遺しました。
歌の意味は、皇居の門番を、無給であるにも関わらず、進んで買って出てくれている民衆が、一晩中不寝番で篝火(かがりび)を絶やさず、また日中は篝火は消すけれど、その不動の姿勢を崩さない。
民は、自分たちが豊かに暮らせる(都までの旅費も宿泊費も食費も全部自前)ことが、天皇の存在のありがたさによって、自分たちが権力からの自由を得、またそれによって豊かに安心して安全に暮らすことができることへの感謝を、こうした門番を含む勤労奉仕で捧げてくれている。
その民の気持を、思いを、我々政治を担う貴族はしっかりと受け止めていこうではないか。
という意味です。

思うに、一部の貴族や豪族、あるいは政治権力者や富者・長者といえる人たちだけが富や権力を独占し、寡占し、結果として民は絞られるだけ搾り取られるという搾取社会と、天皇という国家最高権威によって、末端の民こそが「おほみたから」とされる社会では、雲泥の差が出るのではないか。

いまでも多くの日本人は、道や電車で財布を拾えば、黙ってそのまま警察に遺失物として届け出をします。
一昔前の日本人なら、たとえば明治時代に日本にやってきたイザベラ・バードは、旅館に大切なものを置き忘れたとき、それを黙って日本人の馬子が届けてくれて、謝礼を渡そうとしたけれど、馬子が決して謝礼を受け取ろうとしなかったことに、たいへんな驚きをもって、その事実を手記に遺しています。

誰もが安心して食べられる社会が営まれていたからこそ、人々は個人の利益よりも、正直であることや、魂に恥じないことを大切にする社会を営むことができたのです。
外出するときに、家に鍵などかける必要など、毛ほども感じなかった時代は、ほんの半世紀前まで、日本ではあたりまえだったことです。

英国のチャーチルは、
「民主主義は最悪の政治である。
 これまで試みられてきた、
 民主主義以外の
 全ての政治体制を除けばだが」
という有名な言葉を遺しました。

なにも学校で習った民主主義だけが、最高の政治形態ではないのです。
そのことは世界に先駆けて民主主義を実現したとされる英国の首相が、そのとおりに語っている。

日本には、上古の昔から続く、究極の民主主義があります。
それは、民をこそおほみたからとする、シラス統治です。
私は、小手先の憲法改正論以前に、私たち日本人が、もともと日本が持っていたこの究極の民主主義についての理解を、国民的常識にしていくことの必要性を強く感じています。

そしてそれこそが、神々の望む日本の姿であると思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
日本人に産まれた幸運
他のコメントの方も言われていますが、日本人に産まれたことだけでも幸せな事ですね。

不満や悩みは有りますが、その多くは他人と比べたり、欲望の失敗など自業自得が殆どです。

ブッダも言われています。
般若心経、存在は存在しない。諸行無常です。

また、精神のお話ですが、日本人の霊魂だけが「日の霊人」なのだそうです。神の分け御霊です。それで、神の言葉が直接理解できる為「シラス」の世が造り出せるのだそうです。

日本人以外は「月の霊人」と言われ、神の言葉が理解出来ない為、宗教が必要になるのだそうです。
問題は、その宗教の教えが、年月を経て人間に都合よく書き換えられてしまった事でしょう。

改めて、日本人に産まれた事は、年末ジャンボに連続当選以上の幸運だと思います。

但し、人間の穢れた霊魂を浄化する使命を授かっているそうですので、欲まみれの人生では次は無い様です。
.
2017/09/29(金) 14:17 | URL | 神無月 #-[ 編集]
No title
>日本人は、そうした近代国家をこそ最高の政治形態であると学校で教わり、西洋社会やあるいは日本での生活が、それなりに豊かなものであることから、すっかり忘れてしまっていますが、

今の私にとって、江戸時代以前の暮らしは、とても悪かったように思えます。もしかしたら、明治・大正や戦前の昭和も暗かったのかも知れないとすら、考えてしまうのかも知れません。

しかし、これは敗戦によって、戦前の日本の良いところを総て否定された、占領軍による統治のWGIPや3S政策によるものだと思います。

そうでないと、辻褄の合わない部分が、沢山あるのです。

日本人による正しい日本史の編纂と、その教育がされることを希望します。
2017/09/28(木) 14:43 | URL | ポッポ #/5dmJF4E[ 編集]
良き国に生まれたことを感謝します!
本当に素晴らしい国に生まれたことを感謝します。
同時に、わたしたちの世代で、そのような国柄を消滅させてはいけないと強く思います。
2017/09/28(木) 14:24 | URL | Kaminari #-[ 編集]
No title
日本に生まれたことを、先人にも 英霊にも 陛下にも感謝しなくちゃ!
2017/09/28(木) 10:17 | URL | なおと #ublSHzNI[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク