アクセスランキング

敷島の大和心を人問わ(は)ば 朝日ににおう (ふ) 山桜花(本居宣長)。日本は天皇を国家最高権威とし、民を「おほみたから」とする「シラス国」です。


インパールの戦い

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

戦後左翼評論家の「ああだ、こうだ」のご託宣よりも、現実にあった歴史の後に、どういうことが起きたかをキチンと見ることの方が余程真実に迫るのではないかと私は思います。

20171008 インパール作戦
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
 9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)第20回 百人一首塾
 *****

大東亜戦争の末期、昭和19年3月から6月にかけて、日本陸軍はビルマ(現在名ミャンマー)からインド北東部の要衝、インパールを攻略しようとして作戦を発起し勇戦しました。
けれど補給の不備で果たせず、空と地から英国軍の反攻を受けつつ退却しています。
負傷し、飢えて衰弱した体でマラリアや赤痢に罹患し、退却途中で大半が力つきて、退路には延々と日本兵の腐乱死体や白骨が折り重なっていたことから、白骨街道と呼ばれました。

生還した兵の記録に次のようなものがあります。

小田敦巳著『白骨街道生死の境』
 道ばたに腰掛けて休んでいる姿で
 小銃を肩にもたせかけている屍もある。
 手榴弾を抱いたまま爆死し、
 腸わたが飛び散り鮮血が
 流れ出したばかりのものもある。
 たいてい傍らに飯盒と水筒が置いてある。
 ガスが充満し牛の腹のように
 膨れている屍も見た。
 地獄とは、まさにこんなところか。

 その屍にも雨が降り注ぎ、
 私の心は冷たく震える。
 そのような姿で屍は道標となり、
 後続の我々を案内してくれる。
 屍を辿った方向が分かるのだ。
 皆これを白骨街道と呼んだ。
 屍の道標を頼りに歩いた。」

英国軍はこの退路にもしばしば現れ、容赦なく銃弾を浴びせています。
日本兵の死体のみならず、負傷し罹患して動けない兵をも生死を問わずガソリンを掛けて焼きました。
こうした酸鼻な敗戦だから、作戦を指導した牟田口中将は、戦後あらゆる罵声を浴びせられました。

負ければ賊軍は世の習いです。
しかし、幾らそんな評価をしても失われた生命が帰ってくることはありません。
むしろ戦争を知らない世代を生きる我々は、歴史を評価するのでなく「何を学ぶか」が大切なことだと思います。

そのインパール作戦には、戦争を知らない我々には不思議なことが幾つかあります。

◇ ◇





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部


昭和18年9月の御前会議で絶対国防圏として千島、小笠原、マリアナ、西部ニューギニア、スンダ、ビルマを含む圏域と定め、この外郭線において敵の侵攻を食い止めようという戦略が決定されました。
その基本戦略に反してインドに撃って出ようというインパール作戦は、最初に書いたようにその翌年3月のものです。

どうしてこの時期にこういう作戦を立てたのか。
反対していた大本営も、当時日本に滞在していたチャンドラ・ボーズの強い要請を受けて作戦の実施を認めています。
インドの独立に火をつけることで、退勢が濃くなって来た大東亜戦争の戦争目的を改めて世界に訴える意味が重視されたためだったといわれています。

守る英国軍は15万です。
攻める日本軍は9万、他にインド国民軍4万5千がいました。
加えればほぼ並ぶのに、日本軍はそのインド国民軍をまるごと温存しています。
つまり作戦遂行にあたって「置いてきた」のです。

世界の普通の国ならこうした場合、インド軍を寧ろ前に立てて自国軍主力の犠牲を少なくしようとします。
ましてインド独立のための戦いです。
インド国民軍を前に出して何が悪いと考えるのが普通です。

ところが日本軍はそれをしていません。
自分たちが戦いの先頭に立っています。
個別に少数のインド兵を配属された日本軍の下級将校も皆そうしています。
戦闘のプロである日本軍の幹部は、これがどういう困難な戦いになるかは分かっていたのでしょう。
だからインド兵は後ろに置き、自分たちが先頭に立ってインドを目指しています。

日本軍の心意気は必ずやインド兵に伝わり、インドの決起を促すであろうと、或いは末端の兵士はそこまで考えていなくとも、虐げられたアジアの尖兵として戦うという本能的なアジアの心は、大東亜戦争の日本軍将校が共有していたのではないかと思います。

果たして遠からずインドは独立しました。
ということは、インパール作戦は成功したのです。
その意味を知ればこそ、戦後の東京裁判に独立間近のインドは歴史の証人としてパル氏を判事として送り込んだのではないかと思われます。

 ◇ ◇

戦争を知らない我々にとって二つ目の驚きは、こういう惨烈な戦いに終始日本兵の士気が高かったと聞くことです。
インパールは補給を無視した無謀な戦いであると戦後の誰でもが書いていますが、もともと国力の隔絶している日本がやむを得ず世界を相手に広いアジア全域で正義の戦いを始めているのです。
第一線への補給の困難は分かりきった話です。

ましてアラカン山脈に分け入る進撃です。
そこはジャングルの中です。
食料乏しく、弾薬も尽き、医薬品は最初から不足し、マラリアやテング熱、赤痢も猖獗する日々を、遠路はるばる二ヶ月を戦い抜きました。
かのワーテルローの戦いはたった1日です。
戦いの二ヶ月というのは、ものすごく長い期間です。

後方との連絡の細い山道は常に上空からの銃爆撃にさらされて、命令も情報も伝わってこなかったに違いありません。
その中を日本兵たちは、ほんの数人の塊となって英国軍と戦い続けています。
しかもひとりも降伏しない。
誰も勝手に退却しない。
軍の形は崩壊しても、一人一人の日本兵は弾の入っていない歩兵銃に着剣して、後退命令の来る最後まで戦い抜いています。
そうした闘魂の積み重ねで一時はインパールの入り口を塞ぐコヒマの占領まで果たしています。
前半戦は勝っていたのです。

◇ ◇

三つ目の不思議はその軍規である。
餓鬼や幽鬼のような姿で山中を引き揚げる日本の将兵たちが、だれ一人、退却途中の村を襲っていないのです。
既に何日も食べていない。
負傷もしている。
病気にも罹っている。
けれどビルマ人の民家を襲って食物を奪い、家畜を殺し、ついでに女を犯すといったことは、まったく伝えられていません。

銃を持った敗残兵がそうのようなことをするのは世界史の常識です。
戦場になったビルマ人たちは戦中も戦後も、日本軍に極めて好意的であったと聞くのは、そういう不祥事がなかった証拠です。

更に驚くべきことに、戦後のインパール戦記は沢山書かれたけれども、民家を襲うようなことはしなかったと誇る記述を誰一人も残しておられないのです。
戦争に関係のない民家を襲わないなんて「当たり前」のことだったからです。
むしろ、退却途中でビルマの人に助けて貰った、民家の人に食事を恵まれたと感謝を書いている例が多いのです。
それが日本人だった。
そういう生き方が我々の祖父や父の若き日であったのです。

◇ ◇

最後の不思議です。
この戦いは英軍15万と日本軍9万の大会戦です。
有名なワーテルローの戦いはフランス軍12万、英蘭プロイセンの連合軍は14万ですから、ほとんどそれに匹敵する歴史的規模の陸戦です。

にもかかわらず、英国はこのインパールの戦いの勝利を誇るということをしていません。
戦いの後、インドのデリーで、英国に胡麻すりのインド人が戦勝記念式典を企画していますが、英国軍の上層部が差し止めたと伝えられています。

何故か、理由は判然としませんが、以上の戦いの回顧をして、私は何となくわかる気がするのです。
第一線で戦った英国軍は勝った気がしなかったのではないか。
自分たちは野戦食としては満点の食事を摂り、武器弾薬も豊富に持ち、次々と補給される。
そして植民地インドを取られないために、つまり自国の利益のために戦っている。

それなのに日本兵は、ガリガリに痩せ、誰しも何処かに負傷し、そして弾の入っていない銃剣を握りしめて、殺しても殺しても向かってくる。
それが何と、インドの独立のため、アジアの自立のためです。
そんな戦いが60日以上も続いたのです。

ようやく日本軍の力が尽きた後に、何万もの日本兵の屍が残っていました。
それを見たときに、英国人たちは、果たして正義がどちらにあるのか、自分たちがインドを治めていることに、正義があるのか、根底を揺さぶられる思いをしたのではないでしょうか。

実際、インパールで日本軍と戦った後、インドに起きた独立運動に対する英国駐留軍の対応は、当時の帝国主義国家の植民地対応として、あまりにも手ぬるくなってます。
やる気が感じられないのです。
ガンジーたちの非暴力の行進に対して、ほとんど発砲もしないで通しています。
以前の英国軍なら、デモ集団の真ん中に大砲を打ち込むくらいのことはしていたのに、です。

そして、戦後の東京裁判で、英国はインドがパル判事を送り、パルが日本擁護の判決付帯書を書くことについて容喙していません。
そこに私はインパール作戦が世界史に及ぼした大きな、真に大きな意義を感じます。
戦後左翼評論家の「ああだ、こうだ」のご託宣よりも、現実にあった歴史の後に、どういうことが起きたかをキチンと見ることの方が余程真実に迫るのではないかと思うのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
こんにちは。
とても面白い、ちょ~っとシニカルな方のブログの一部をご紹介します。
前の大戦前後の流れが、とても楽しく眺められます。この方の自説に完全に
賛同する必要もありませんが、こういう観点もまた、時代を複合的に捉える
には参考になると思います。重ねて申しますが、ちょっと天邪鬼さんです。
”共産主義ばんじゃい 雅子様大好き”で検索。近衛内閣Q&Aその1~3、
対米開戦Q&A をそれぞれご堪能下さい。写真もあり、コミンテルンの悪戯
にも触れてありますw・・面白いのは1930年ロンドン買う群軍縮会議。巡洋
艦、駆逐艦、潜水艦などなど細か~く、米・英・日の比率が決められました
が、日帝は対米6割を要求され・・対米7割だと米は都合が悪い?のが世界認
識?というツッコミがww・・(そ~んなに強いと思われてたのか日帝??)
で、モメモメの数年後の妥協案の一部が補助艦全体の保有率が対米6.975w
し~な大陸のマフィアに最初に近代武器持たせて軍事訓練したのが、ドイツ
顧問団だとか・・他にも戦火の広がりを留めようとする政治家と、徹底攻勢
政治家の動きも解り易い。スパイがどんなに大きな被害をもたらすか、新聞
が扇動に使われたのは、なんと!日本人が字を読めて新聞を読めたからだと
かw・・(確かに、その頃の世界状況でも日本の識字率は高かった。逆を言
えば、旧ソを始め各国の識字率は低かった。)などなどです。(全体の感想
としては、それでも現代の政治家・官僚達よりは、主義主張を持ってたかも
しれないねw政党政治が地方や庶民の意見を反映するシステムになっておら
ず、選挙予算を採るための政党システムに堕ち、金権選挙はリーマン議員を
作りだしており、政治は中央と地方が切り離されている。コレでは天災・防
テロ・国防は難しい。日帝の暴走を笑えな~い)

日本は古代より多文化多民族で共存共栄を図った結果が多神教であり、御上
は神祇官として扇の要のように存在する。これは一神教とは相容れない点が
ある。八百万の神々がおわすから。ところがこれを侵食しようとする一神教
の動きがある・・と、尖る方々もいる。(特に産児制限にお怒りのようで)
コレもまた神の矛のかき回しか・・とも。


2017/10/14(土) 17:37 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
「勝負に勝って、試合に負ける」ではないでしょうけど
全ての英霊の行いがもたらした、奇跡ですね…。

今でも欧米には根強く人種差別が残っていますが、それを公けに押し進められなくなったのは、このような犠牲…というより、己の身を捧げた方々のなされたこと、その意味が、神仏の意というのか宇宙の理にかなっていたためではないかと、ふと考えてしまいます。

このような方々を不当に貶める者共には、それ相応の報いがあるでしょう。
いわゆる「特亜」三国も、自分たちが人間扱いされていなかった歴史を直視すればよいのです。

日本に感謝するどころか、足蹴にし規制し利用しようとするその心根、報いを受けることでしょう。旧植民地宗主国たちも、まだカルマをきちんと支払っていませんが…。

人類社会の雛形として、日の本が祝福され続けますように。
今は、私たちが理不尽な日本解体の策謀から、一人ひとりが「それは違う」と別のあり方を選ぶ時でしょう。
2017/10/14(土) 05:09 | URL | 野菫 #-[ 編集]
No title
インパール作戦は色々と運が悪かったですよね。
何十年かに一度の大豪雨がずっと続いたり、後方との連絡路が悪路の山道だったりで。
もともとは三週間の短期決戦で、物資は基本的に現地調達で済ませるという計画でしたっけ。
補給を大幅に減らしたのも、牟田口中将によるものではなく、大本営による指示でしたよね(確か)。遠いインドのジャングルまでの補給は難しかったり、大東亜戦争で日本全体が窮乏していたというのもありますが、チャンドラ・ボースからの強い要請で始まった作戦なので、大本営もあまり補給を割く気になれなかったというのもあるのでしょうか。
2017/10/13(金) 17:23 | URL | jomon #-[ 編集]
No title
いつも拝読させて頂いてありがとうございます。
女性が日本を不幸にする、のではなく、あなたたの周りの女性として頂ける有難いです。
敢えて言うならば、私の夫も弟も日本を知りません。不幸にしていると思います。これからを生きる子どもたちを不幸にしていると思います。
私や友人は政治の話をします。両親もします。知らなければならないことを知らない主人や夫は不幸です。
自国への感謝はありません。
かく言う私もありませんでした。戦争が起きれば脱出すればいいなんて、安易に考えていました。
けれど、ねずさんのお陰でようやく世界や日本がみえてきました。
人にはそれぞれタイミングがあると思います。私は悪阻で動けない時に、幸いにもねずさんのブログに出会えました。
あなたの周りの方々が目覚めることを心より祈っています。
2017/10/12(木) 22:35 | URL | ようやくママ #-[ 編集]
No title
 4つの不思議を教えて頂きありがとうございます。あまり良い印象で語られなかったインパール作戦に対する理解が深まりました。

 この戦いに参加した日本兵は忠臣蔵の47士と同じ心情だったと思います。彼らは主君のために命がけで戦う侍だったのです。名を汚すことを最大の恥とし、大義の為一命を捧げることを尊いことと捉えています。

 私もその場にいたらきっと彼らと同じ行動を取ったと思います。自分は何のために生まれてきたのか。おいしい食べ物を食べ、着飾るために生まれてきたのではありません。それらの欲望を否定はしませんが、真の満足感はきっともっと高いことを成し得た後に得られるものと思います。

 彼等は我々の誇りです。日本人として生まれたことに深く感謝致します。
2017/10/10(火) 22:35 | URL | zipangu #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/10/10(火) 14:11 | | #[ 編集]
女性が日本を不幸にする
女性が日本を不幸にすると書くと女性から「馬鹿にするな」と批判されると思います。女性を差別するつもりは毛頭ありません。

批判を覚悟であえて書かさせていただきました。
女性は男性と異なり、基本的に優しく、争いを好みません。
と同時に「政治」に対しても距離をおいています。

我が家は私以外は女性ばかりです。
政治の話をすれば皆いやがります。

女性週刊誌を見て下さい。
女性の興味は「ファッション」「グルメ」「旅」「芸能」が中心でスキャンダル以外の政治的な話題は殆ど書かれていません。

不幸なのは政治に無関心な女性も「一票」を持っていることです。

誰に投票するかは日頃の「お茶の間バラエティー」テレビで決めることが多いと思います。政治家の名前も良く知らない人が投票するのはテレビで報道される人が中心で、マスコミが投票者を決めています。

自分たちの生活に密接に関わる選挙を「AKBグループの人気投票」のような気持ちで投票しているのではないでしょうか。

女性全員がそうだというのではありません。
特に若い女性はマスコミに影響されないようにして欲しいと願っています。

お叱りがあればコメント願います。
2017/10/10(火) 12:14 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
インパール作戦の時にネズミを食べていた
昔、絵の先生から、インパール作戦に参加した時に食べるものが無かったのでネズミを捕まえて食べていたと聞いたことがありました。
大正や昭和初めに生まれた我々の先輩はそこまでして白人支配をはね返そうと努力していたことを思い出しました。感謝です。
2017/10/10(火) 11:25 | URL | 昆布 #-[ 編集]
No title
おはようございます。今日もありがとうございます。
インパール作戦は現在の保守系の方からも牟田口中将を最低最悪の
男と言われています。日本陸軍最悪の作戦とも言われました。では
当時最前線で戦った兵士たちはどうだったんでしょう?先日のNHKは援蒋ルートの事には触れましたが、それが何であったかは伝えませんでした。この作戦はインド独立と援蒋ルートを断つ為に行われた陸軍歩兵による特攻ですよね。そんな感じがしています。
大東亜戦争、支那事変では多くの方が尊い命をお国に捧げ散ってゆかれました。自分たちが勝利することを信じて戦い抜かれました。その尊い犠牲の上に今の日本があります。ありがたいことに日本は今平和です。先人たちが世界を相手に戦われたその結果だと思い、感謝していますが、政治は失敗続きです。今やっと普通の国家になれるチャンスが訪れています。
2017/10/10(火) 09:33 | URL | 岡 義雄 #-[ 編集]
タイの英霊慰霊碑に桜を!
私は年3、4回タイ王国チェンマイ県を訪れます。宿泊先農家の手伝いをしながら、折をみてバンカード国立高校敷地内にある慰霊碑を靖国神社の御酒を携えて参拝します。ここには作戦帰還途中にお亡くなりになられた英霊の方々の御遺骨が眠っておられます。管理されているこの学校の先生によると、日本の桜は数度失敗しているそうです。私はメーホンソン、チェンライ、チェンマイに桜の名所がありますのでタイの桜の品種でもいいのではと思っています。なんとかして実現したいと思っています。花が咲いたら報告します。
2017/10/10(火) 08:51 | URL | kouken #8gAhkzMo[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク