アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


倭(やまと)の神と呼ばれた男

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

最初に問題提起をして、その答えを徐々に明らかにしていくというのが、古事記の記述の特徴です。
古事記の中つ巻の場合、「天下の政」という言葉が冒頭に出てきます。
そして「政」とはいかなるものかが、中巻全体を通じて明らかにされていくわけです。


20151004 神武天皇


【お知らせ】
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
 9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)第20回 百人一首塾
 *****


古事記は、ほんとうに面白いです。

たとえば皆様よくご存知の神武天皇です。
神武天皇のお名前は、即位前は、日本書紀では「神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)」です。
「磐」は、巌(いわお)、岩石のこと、「余」は「我(われ)」、「彦」は男性を意味しますから、お名前を読み下せば「巌(いわお)となった日本の尊い神様」という意味になります。
日本書紀は正式な漢文で書かれていますから、ひとつひとつの漢字そのものに意味があると、これはご納得いただきやすいと思います。

ところが古事記になりますと、読みはおなじ「かむやまといわれひこのみこと」でも、字は「神倭伊波礼毘古命」です。
これだけでは、ちょっと意味がわかりにくいです。
ところが原文にちゃんと注釈が書かれています。
「神倭以下の5文字は音だけをとったあて字である」というのです。
つまり、「神倭イワレヒコのミコト(命)ですよ、とちゃんと注釈しているのです。

これがどういうことかというと、
「神倭」は、「倭国(=日本)の神」です。
「イワレ」は、「云われた、呼ばれた」です。
「ヒコ」は、男性を意味します。
つまり、「やまとの国の神と呼ばれた男」の物語です、とちゃんと書かれているわけです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



そして最後の「命(みこと)」です。
実は古事記では、「〜の命(みこと)」と、「〜の神(かみ)」を、ものすごく厳密に書き分けています。
どのように書き分けているかといいますと、
「〜の命(みこと)」は、その時代に肉体を持って生きていた御存在、
「〜の神」ですと、御霊(魂)としての存在(まさに神様そのもの)として書かれています。
肉体には命が宿りますが、肉体が滅べば命もなくなるわけです。

けれど、肉体も命もなくなっても、御霊は永遠です。
そしてその御霊を、明確にはっきりと確信をもって当然に「ある」という前提ですべての記述がなされています。
つまり神武天皇記は、「やまとの神と呼ばれた男の活躍と、その男が天皇になるまでの物語」ということになります。

で、ここからが面白いのです。

その「やまとの神と呼ばれた男」は、ある日、兄の五瀬命と「天下の政を看よう」と語らって日向(宮崎)を出発するのです。
もうここから注意が必要です。
実は古事記では、ここではじめて、上巻ではまったく使われなかった「政」という漢字が使われているからです。
けれど「政とは何であるか」は、まだ明らかにされません。
実は、以降の物語の中で、その「政」の意味と、そのために何が必要かが描かれていきます。

このように、最初に問題提起をして、その答えを徐々に明らかにしていくというのが、古事記の記述の特徴です。
上巻の神代では、最初に「知国(シラス国)」という言葉が出てきます。
イザナキが、生まれた子の天照大御神に、「汝は高天原をシラセ」と言うのです。
けれど、では「シラセ」とはいったいどのような統治形態を言うのかは、そこでは明らかにされません。
そして古事記の上巻は、まさにその「シラス」とは何かが大きなテーマとなって物語が進めれられていきます。

最初に問題提起をして、その答えを徐々に明らかにしていくというのが、古事記の記述の特徴です。
古事記の中つ巻の場合、「天下の政」という言葉が冒頭に出てきます。
そして「政」とはいかなるものかが、中巻全体を通じて明らかにされていくわけです。

さて、兄弟で日向(宮崎)を出たお二人は、大分で大歓迎を受けます。
歓迎を受けたということは、認められたということです。
つまり兄弟の旅の目的が認められ、歓迎され、喜ばれたということです。
けれど兄弟は、すぐに大分を去ります。
そして筑紫(福岡)で一年、広島で七年、岡山で八年を過ごします。
何をしていたのでしょうか。

兄弟は、目的を持って旅立っています。
目的とは「天下の政を看る」ということです。
では何のために、1年も8年もそれぞれの地に滞在したのでしょう。

滞在したということは、そこで食べていたということです。
しかも滞在場所には、もともとの現地の人々もいたことでしょう。
長期滞在したということは、現地の人々にもたいへんな歓迎を受けていたということです。

何をしていたのでしょうか。
ヒントになるのが古代から明治、大正、昭和初期にかけて全国で活躍した「老農」です。
老農は、農業指導者のことで、土地にあった作物を紹介し、改良し、育て方を教え、その料理の仕方までをも伝授して、地域の農家のみなさんが、よりたくさんの稔りを得れるように指導していた民間農業指導員で、昔は土地の開墾のための技術の伝授などもしていました。

いまでも、国際青年協力隊などで、日本人の若者が世界中の貧しい国で農業の指導と振興をしています。
これは、みんなが豊かになれるための指導・振興ですから、どこにいても喜ばれますし、滞在期間も自然と長期化します。

そこで神倭伊波礼毘古命と行動をともにした兄の名前が問題になります。
兄の名は「五瀬命(いつせのみこと)」です。
「五瀬」というのは、「五穀」と、それを育てる「浅瀬」を意味します。田んぼには浅瀬をつくります。
つまり、五瀬命は、畑と田んぼと五穀の神様であり、指導員であったということが、そのお名前で明らかになります。
おそらくは、稔った作物の美味しい料理の仕方なども指導していたのでしょう。
昔も今も、誰だって美味しいものは大好きです。
きっと兄の五瀬命は、誰からも好かれる笑顔の素敵な良い男だったのだろうと思います。

ところが、ご兄弟は、奈良まできたとき、思わぬ抵抗を受けるのです。
ナガスネヒコの一団が、軍勢を率いていきなり矢を射掛けてきました。
この「ナガスネヒコ」は、古事記では「那賀須泥毘古」と書かれています。
そしてこの名前は6字とも音だけをとった当て字ですと書かれています。
素直に読んでみたら「なかすど」です。
要するに、近隣の人達を襲って民衆を泣かせていた、人々を泣かす男、悪いやつ、つまり野盗の群れだったということがわかります。
野盗といえば野党ですが、要するに良識の府である参議院にいてさえ、平気で暴力をふるうとんでもない奴らだったわけです。

そしてここが大事です。
兄弟は、船から「楯」を取り出して彼らの矢を防いだのです。
けれど、兄の五瀬命に、矢が刺さり、兄はその傷がもとで亡くなってしまうのです。

兄の五瀬命がどれだけやさしい男であったかは、死ぬ間際の兄の言葉に明らかです。
兄はこういったのです。
「弟よ、俺達は日の御子だ。天照大御神様からの直系の子孫として、これまで誰もが食える世の中にしようとして東に向かってやってきた。ずっと平和を願ってきた。けれど、矢を射掛けられたとき、つい抵抗して武器(楯)を使ってしまった。平和を願いながら戦ってしまった。この傷はその罰なのかもしれない」

兄の五瀬命は、名前の通り農業の専門家ですし、おそらくは(これは私の想像ですが)料理の達人でもあったのではないかと思います。
美味しい作物をたくさん稔らせ、その作物で美味しい料理を作ってくれるし、その料理の仕方まで教えてくれる。
そんなとってもやさしい兄貴です。
そんなやさしさを持った兄貴だからこそ、みんなを幸せにしたかったし、みんなの幸せな笑顔を大切にしたいから、一生懸命農業の指導をし、料理も教えたりもしていたのです。
きっと、笑顔のとっても素敵な兄貴だったのだろうと思います。

そんな兄貴だから、理不尽な暴力にさらされても、なんとかして話し合って解決すべきと思ったし、だから「楯」を使ったことさえも、まずかったのかもしれないと思ったに違いありません。
けれど、「楯」だけでは現実に身を護ることができなかったし、そんなやさしい兄は死んでしまうのです。

ここで高天原が登場します。
なんと天照大御神は、生き残った神倭伊波礼毘古命に、天空から太刀を授けるのです。
それもただの太刀ではありません。
あの最強の武神、建御雷神の太刀です。
つまり「神太刀」です。
太刀は、楯と違い、敵を斬り伏せるためのものです。

高天原は、明確に「戦え」と言っているのです。
イージス(楯)艦だけではダメだと言っているのです。
攻撃用原潜や、敵地攻撃のためのミサイル、それも地上最強の建御雷神の太刀を持てと言っているのです。
これは攻撃型武器は世界最先端、最新鋭の最強の武器を常に保持せよということです。

けれど、それだけの装備をしても、まだまだ世界には危険がいっぱいです。
そこらじゅうに荒ぶる神がいます。
だから高天原は、すぐに戦うのではなく、味方を集めてから、集団的自衛権を行使するよう、八咫烏(やたがらす)を派遣しています。

八咫烏も、日本書紀では三本足のカラスとされますけれど、古事記にはそんなことどこにも書いてありません。
そもそも「咫」というのは、長さの単位の「尺」のことで、「八尺」なら、身長1メートル90センチくらいの長身です。
しかも「カラス」と書かれていますから、色黒の人達です。
その一団が遣わされるわけです。
太刀の戦いのとき、長身であることは、リーチが長いぶん、有利になります。
日本人は倭人というくらいで、もともと背の低い人が多かったですから、平均身長155センチくらいの中にあって、190センチの八咫の一族は、たいへんに大きな人達です。

その八咫烏たちの案内によって、熊野方面を旅すると、次々と仲間たちが兵を連れて集まってきます。
軍団が強くなると、なかには騙し討ちしようとする馬鹿者もあらわれます。
屋敷に誘い込んで、座ったら床が抜けて、下にある竹矢来で串刺しにして殺してしまおうという、不逞半島人みたない者があらわれるのです。

けれど、そうした情報を事前に察知することで、一行は難を逃れています。
つまり戦いには情報が大事だと古事記は書いています。

そして途中で神倭伊波礼毘古命が献上品などをもらうと、それらは全部、部下となった者達に配り、それが酒や食べ物なら、毘古はそれで大宴会をしています。
ひとりで富を独占するのではなく、どこまでもみんなとともにある。
いただきものは、みんなのものだから、みんなで分ける。
そういうことが人の上に立つ者として大切だということも、ここで説かれています。

そして強力な武器を持ち、大軍を擁した神倭伊波礼毘古軍は、ナガスネヒコを討ちます。
ここは、まさに神倭伊波礼毘古命がナガスネヒコを、斬り殺しています。
悪の根は、退治しなければ、またポッポのように、議員バッチがなくなってもまだ悪さをするのです。
禍根は完璧に絶てと古事記は教えてくれています。

神武天皇の即位前の戦いはまだまだ続くのですが、「天下の政を行なう」、つまり「天下に正しい道を広める」ことを目的とした神倭伊波礼毘古命の東行きの旅は、単にやさしい心をもって善政を施すだけでは、いざというときの脅威に対抗できない。そうした脅威のためには、日頃から準備を整え、しっかりとした軍備、しっかりとした軍を養い、いざ戦うときには「撃ちてし止まん」覚悟で猛然と戦い勝利していかなければならないのだ、ということが書かれています。
これが実に三千年近い昔の日本の知恵です。

昨今、国防をおそろかにするだけでなく、近隣諸国と同盟関係を結んで我が国の平和と世界の平和を守ろうとする安保法案に、左巻きの国会議員や「SEALDs」なる学生たちが反対運動を行いました。
国内では「SEALDs」のデモは、自称20万とか30万人とか述べていたようですが、冷静な海外メディアの報道では、わずかに千人。
保守系の安保賛成デモの方が、実はぜんぜん人数も多いし規模も大きなものでした。
そしてそんな「SEALDs」は、海外で、ひとことでいうなら「日本の学生は国防のなんたるかをまるで考えていないお坊ちゃまである」と、世界中から顰蹙をかっています。

かつて満州で匪賊のボスである張作良を討ったときも、遅きに失しました。
しかもこのときは、ボスの張作良を逃しています。
それがどれだけの被害の元になったか。

昨今の安保法制も同じです。
現実に中共の脅威があり、中共の横暴が目に余る状態になっているのに、日本は武装するな、集団的自衛権も行使するな、戦争反対と寝ぼけたことばかり主張する。
そしてその主張の背景には、中共やその下請けである韓国のスパイ工作がある。
そんなことがわかっていながら、それらが言論の自由の名のもとに放置される。

正しい「政」を行なうには、そのような者達に対しては、仲間を集め、断固成敗していかなければならいのだということを、古事記はまず「政」を語るその冒頭で明確に教えてくれているのです。

もちろん「政」とは何かは、これだけのことではありません。
「政」の本質とその展開の方法について、古事記は、ここから第33代の推古天皇の御世に至るまでの歴史を通じ、徐々に明確にこれを教えてくれています。

もう、実におもしろい。
ものすごく勉強になります。
まさに、いまこそ、全国民に知ってもらいたい話が、実は古事記には満載です。

※この記事は2015年9月の記事の再掲です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




関連記事

コメント
ねずさんの歴史について批判
初めまして、ねず先生。

先生のブログを読んで歴史観に前から違和感を感じていましたが今回は看過できないので批判文を書きます。

長髄彦について何故、素直に「泣かすど」と解釈できるか理解できません。
神武天皇、太安万侶の時代の言葉で無いでしょう。現代のヤクザ言葉でないですか?
長髄彦の名前は足の脛が長い(身長2m前後)生駒山から大阪市(長柄)までの地名など色々あります。
五瀬命についても宮崎県延岡市を流れる五ヶ瀬川から(上流は高千穂)です。多分、数字の五から連想したと思われますが五穀豊穣の神は四国徳島の大宜都比売命です。
古事記、日本書紀には素盞嗚命に斬られて死体が五穀になったと書いてあります。

神武天皇が船出したのは博多港です。
福岡市と前原市の境には日向の地名があります。

ここからは私見ですが、古事記には筑紫の日向と書いてあり、これは筑紫島(九州)でなく筑紫国で神武天皇の時代に日向国は無く熊襲国と言われていました。
五瀬命、神武天皇は兄弟でなく阿蘇山を境に九州北部を神武天皇、南部を五瀬命が治め、博多港、延岡市周辺の港(美々津は旧海軍が推定したので地元や学者には異論がある)を出港して宇佐八幡宮の沖で合流したと思われます。
難波の地名は浪が速いと書いてありますがデタラメです。アゼルバイジャンの首都バクーは風の町と意味で一年中、強い風が吹くからです。大阪港は台風の日だけ浪が速いのです
。普通に考えれば長髄彦は明石海峡で守りを固め東征船団は鳴門海峡(渦潮は一年中なので浪が速いとは鳴門の渦潮)を通りました。
このとき多数の兵を失ない五瀬命は大怪我したと思われます。
太陽の向きに逆らった伝説は正しくは渦潮の流れに逆らい黒潮に乗って熊野地方に上陸したとの話ではないでしょうか。

私が看過できないのは何故、神武天皇が善政で長髄彦が悪政なのかです。
更に満州の馬賊と長髄彦を同一視するのは非常識過ぎます。

奥羽地方には長髄彦と兄の安日彦が亡命した伝説があり福島県の三春藩主は長髄彦の子孫と称し幕府と朝廷から系図を改めるように言われても先祖を蔑ろに出来ないと言ったそうです。
長髄彦は古事記、日本書紀に悪人とされているだけで実際には背の高い善人なのです。

先生は皇室崇拝のあまり、敵対者を罵倒し過ぎています。これでは韓国、中国の反日思想と同じです。

先生の哲学、宗教、文化の考察は立派ですが歴史観については自虐観、左翼、日教組などに拘る為、幾らか暴走している処が観られます。

先生に対して批判的なりましたが、御一考して下さる様、御願いします。
2017/11/04(土) 04:39 | URL | でんでん虫 #39Ts72MY[ 編集]
いつもありがとうございますー🇯🇵🙏
本当にために成るお話しに感謝申し上げますーお身体大切にして

日本🇯🇵人の目覚めのためにも、この国を真面なシラス国として

若い人にも継承して行きたいです。⛩🙏🇯🇵
2017/10/15(日) 12:22 | URL | ツカモトチアキ #7YtV1QkE[ 編集]
「倭人」とは何か?
>日本人は倭人というくらいで、もともと背の低い人が多かったですから、平均身長155センチくらいの中にあって、190センチの八咫の一族は、たいへんに大きな人達です。

「倭人」について、韓国や中国では「小柄な人」「小柄で醜い人々」という解釈がなされています。

九州北部や山口の渡来系弥生人は、決して「小柄」ではありません。
江戸、明治、大正時代の日本人男性の平均身長を上回っています。
食生活の変化からか、栄養状態の良い上流階級の人々を中心に、古墳時代にかけて西日本の人々の伸張は伸び続け、170センチ近い長身の人々も現れます。

「小柄」と言えば、男性の平均身長が155~159センチ(各地で微妙に異なる)と低い縄文系の人々を指したのではないでしょうか?

つまり、縄文系の人口が多く、半島や大陸との交流も活発で、彼らの活躍がかなり目立っていたという事ではないでしょうか?
つまり、縄文時代のみならず、弥生や古墳時代になっても、縄文系の人々が存在感を発揮していたという事です。
2017/10/15(日) 11:46 | URL | 疑問 #iydQorAY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク