アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


今月の良書紹介

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

今月も、良い本、感銘を受けた本のご紹介をさせていただきます。
ご紹介するのは、次の4冊です。

1 松木國俊著『日本が忘れ韓国が隠したがる 本当は素晴らしかった韓国の歴史』
2 田母神俊雄著『愛国者』
3 坂東忠信著『寄生難民』
4 加瀬英明・‎馬渕睦夫共著『美し国 日本の底力』


20171117 良書


【お知らせ】
11月25日(土)18:30 第20回 百人一首塾
12月16日(土)18:30 第46回 倭塾 公開講座
12月23日(土)18:30 第21回 百人一首塾
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月10日(土)18:30 第48回 倭塾公開講座
2月22日(木)18:30 第23回 百人一首塾
 *****

◆◆◆本文◆◆◆



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



───────────
1 松木國俊著
『日本が忘れ韓国が隠したがる 本当は素晴らしかった韓国の歴史』
───────────

日韓関係に関わる真実の書である・・と書けば、類書は他にもたくさんあります。
ただ、松木先生のこの本をご紹介するのは、この本の姿勢が、
「いま日本人がすべきは、謝罪ではなく、感謝である」
という姿勢に貫かれていることです。

戦後に生まれた韓国は、日本統治に対する対抗国家として成立しています。
ですから反日こそが何にも増して優先されるべき国是となっています。
そしてご存知の通り、その反日ぶりは徹底しています。

しかしだからといって、日本人が反韓という対立軸の罠に嵌まることはないと私は思っています。
対立し対抗し、相手をこきおろし、嘘八百を並べ立てて相手を攻撃する。
そのような次元の低いことに日本人は慣れていないし、それをすれば、日本も韓国と同じレベルに劣化します。

たいせつなことは、真実を直視し、真実を語ることにあります。
日本は何一つかれらに悪いことをしていないし、それどころかかつて日本統治下にあった朝鮮半島は、きわめて治安がよく、経済も教育も、まさに一大発展を遂げていたということ。
そして日本統治時代の半島には、かつて、日本人以上に日本人だった、そして立派だった朝鮮人がたくさんいたという事実を、私たちは堂々と彼らの前で主張し、その事実を突きつけていくことにあります。

このような視点でまとめた本は、もしかするとこの松木先生のご著書がはじめてかもしれない。
一読して、本当に気持ちがスッキリする、良書だと思いました。
お薦めです。




───────────
2 田母神俊雄著
 『愛国者』
───────────

二番目にご案内するのは、田母神先生の最新刊である『愛国者』です。
軍事の専門家でもある先生は、この本の中で堂々と、「北朝鮮は日本を攻撃しない」と述べられています。
そして国際政治の本質は「奪い合いである」と述べられています

日本では学校教育の公民の授業で、国を愛してはいけないと教えます。
そして国家権力は、常に悪いことをするから、その監視をするのが国民の勤めであると教えます。
そうした教育を受けたエリートが、実社会で厳しい社会人としての生活から逃避して、自らが受けた教育のままに国会議員になると、つぶれた民進党の議員になり、ただ政府を攻撃することを正義と履き違えます。

ところが実際の国際社会は、国家が他の国家から富を奪ってきて、国民に豊かさを与えています。
お金があっても軍事力が制限されている日本は、まさに狙い目、食い物、カモ以外のなにものでもないのです。

田母神先生は、こうした事実をひとつひとつ例をあげて解きほぐし、日本が抱える最大の問題は、日本に巣食う反日勢力という悪の巨塔だと喝破しています。

そしてこの本では、最後のところで、「私が逮捕に至るまでの経緯と真実」として、事実をありのままに述べられています。
田母神先生を応援する意味でも、ぜひとも本棚に揃えたい一冊です。



───────────
3 坂東忠信著
 『寄生難民』
───────────

坂東先生が、偽装移民問題や今後激増が予想される大陸や半島からの難民問題に警告を放つ渾身の作です。
この本で坂東先生は、
「国の安全を脅かすのはマスコミの『都合』だ」と喝破されています。

このページで、それぞれの本の画像は、そこをクリックするとAmazonの購入ページに飛ぶようになっていますが、不思議な事にこの本は、なぜか本のイメージ写真が出てきません。
それだけ、一部の人達には不都合な真実が、明確に指摘されているということなのではないかと思います。




───────────
4 加瀬英明・‎馬渕睦夫共著
 『美し国 日本の底力』
───────────

加瀬先生の新しい対談本です。
この本のはじめに冒頭にある文章を引用します。

「日本国民は、150年前の明治元年に本格的に開国するまで、外国と接触することがほとんどなかった。
そのために私たちは外国人というと「同じ人間だから、心が通じるはずだ」と十把一絡げにして、とらえやすい。
だた、国や民族はそれぞれ地理的条件や、信仰する宗教、歴史体験によって、考え方や生き方・・行動様式が大きく異なっている。
外国といっても、動物界が虎、象、ワニ、カバ、猿、馬、羊まで分かれるように、多様な国や民族が競っている。
日本が世界に立ち向かうときには、それぞれの国や民族の性格をよく学んで、あわせて日本の民族性を知る必要がある。」

まことにもってその通りだと思います。

この本の最後の方に「『わたくし』が存在しない日本の和歌」という一節があります。
Chinaや西欧の詩歌は、どれも「私」を意味する文字のオンパレードです。
どこまでも自分本位なのです。
ところが和歌には、「私が〜〜」という歌はひとつも存在しない。
これは日本の文化の大きな特徴のひとつであると思います。

ちなみにこのブログにおいても、文章に「私が」という言葉が、ほとんど存在していないことにお気づきいただけますでしょうか。
過去記事にさかのぼっていただいても、良いです。
ためしに、他のサイトと比較していたくのも良いかもしれません。
意識しているわけではありませんが、圧倒的に「私が」という表現が少ないことにお気づきいただけると思います。

加瀬先生は、この章でおっしゃられています。
「そもそも『個人』という言葉もやはり外来語で、明治に入ってから訳された新しい日本語なのです」

絶対にご一読の価値がある本だと思います。



お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事

コメント
スギ薬局に「韓国式ではなく、日本のお辞儀を!」ってメールしたら、すぐに謝罪返信が来て
スギ薬局に「韓国式ではなく、日本のお辞儀を!」ってメールしたら、すぐに謝罪返信が来て
https://twitter.com/ikuyoshimi/status/932271907486932992

すごいニュースです。 スギ薬局の機敏さは顧客サービスで心に染み渡るものがあります。
 新入社員教育でコンスを教育した研修教育会社へ賠償請求をしたらスギ薬局の企業好感度が更に
上がるでしょう。 日本人消費者と共に栄える会社を一つづつ増やして行きましょう。
 日本人の安全・安心で自由な社会を守る為に皆でコンスを無くす活動を広めましょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
2017/11/20(月) 21:15 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
韓国でも若い世代では親日な人が少しずつ増えてるようです。
ネットで情報を得たり、実際に日本を訪れて日本人と関わる事によって現実を知り、段々向こうでも反日洗脳が効かなくなってきているんでしょうね。
日本人自身が真実を知り始め、韓国の若い世代もまた官製の反日洗脳に呆れ始めている。
この流れに取り残されるのは日本国内にいる反日勢力だけです(笑)
2017/11/20(月) 13:46 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク