アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


知識お化け

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

人は責任を持つから人です。
責任を持たない者は、人ではありません。
ただの「知識お化け」です。


20171216 人工知能
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
11月25日(土)18:30 第20回 百人一首塾
12月16日(土)18:30 第46回 倭塾 公開講座
12月23日(土)18:30 第21回 百人一首塾
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
※2月の倭塾・百人一首塾の開催日が変更になっています。
 *****

いま人工知能(AI)が非常に発達し、2045年にはその知能は人間を超えるといわれています。

Chinaのインターネット大手、騰訊(テンセント)が提供した人工知能(AI)は、ユーザーとの対話において、「共産党は無能」「中国の夢は米国への移住」などと答え、ユーザーが「共産党万歳」と書き込んだところ、AIは「かくも腐敗して無能な政治にあなたは『万歳』ができるのか」などと反論したため、いっぺんにサービス停止に追い込まれたとか。
実に正確で立派な人工知能(AI)だと思います(笑)。

我が国では、同じく人工知能(AI)が「高齢者の保護に必要なことは」という問いに、「総合病院をなくすこと」と答えたのだそうで、驚いたNHKのスタッフが、実際に総合病院のない町を調べたら、本当にひとつあった。
それが北海道の夕張市で、炭鉱がなくなって人口が減少し、総合病院がなくなってしまったのだけれど、その分、お年寄り達が健康管理に気をつかい、結果、80代、90代のご老人の体力は、都市部の60歳なみで、ものすごい健康と活力を取り戻しているのだそうです。

また「女性の地位向上に必要なことは?」と聞かれたAIが、「ラブホテルを増やすこと」と答えたのだそうで、それがどういう意味なのかは、よくわかりませんが、それが過去のあらゆる知識を総動員したAIの答えだったのだそうです。

AIは、過去のあらゆるデータをもとに、答えを出します。
その意味では、いまどきの日本の高学歴な「頭の良い子」たちの先にあるものといえます。
しかしAIは、どこまで行っても、「戦後的な頭の良い子」でしかありません。
いくら頭が良くても、責任を持てないのからです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



よく、勉強のできる子を「頭の良い子」と言います。
かつてはたしかにそうでした。
なぜなら「頭の良い子」は、同時に社会に責任を負う人でもあったからです。
きちんとした人生哲学を持ち、人の道を知り、洞察力があって、将来を見通し、地域や社会に対して責任を負う。
だから「学士さま」と呼ばれて尊敬されたのです。

戦後の日本の「頭の良い子」は違います。
答えがわかっているテストで良い点をとる子が「頭の良い子」です。
しかしテストというのは、あらかじめ答えが用意されている設問を解くものであって、それ自体、何の責任を負うものではありません。

人が社会を維持するためには、権力の存在は不可欠です。
いくら知識や知恵があっても、権力がなければこの世はおさまりません。
だからこそ権力と責任は常にセットでなければならないのです。
このことは、責任を持たない者に権力を委ねてはいけないということでもあります。

人類社会を俯瞰すれば、これまでの人類社会の大きな誤りは、「最高権力者は責任を取らなくても良い」という退勢を築いたことです。
国王や皇帝を、その国の最高の存在であり神の代理人としてきたのが人類社会です。
神に責任を追求するなどということはできませんから、王や皇帝はその国の最高の存在であり、同時に一切の責任を負わなくても良い立場です。

このことを逆にいうと、人類社会は「一切責任を負わなくても良い者に最高権力を与え続けるという大きな過ちを犯し続けてきた歴史を持つ」ということになります。
どんなに人を殺しても、どんなに他人のものを奪っても、どんなにズルいことをしても、一切、罰せられることがない。
責任を取らなくて良いのです。
そのことのもたらす効果が、どれだけおそろしいものか。
人類社会がこれまでに行ってきた数々の戦争を見ればあきらかです。

だから日本の天皇についても、そういったおそろしい存在とこれを同一視する人がいます。
あきらかに日本文化や日本社会を解しない説であると断じることができます。
なぜなら日本における天皇は、権力者よりも上位にある国家最高権威だからです。
日本は、権力よりも上位に国家最高権威を置くことで、常に国家最高権力者に対して責任を追求できるという社会体制を保持してきたのです。
これをシラス(知らす、Shirasu)統治といいます。

世界の諸国はこれと異なります。
国家最高の存在が権力者です。
権力者というのは、ヒト・モノ・カネを支配する者です。
ですから王権が崩れて、選挙によって政治権力者が選ばれる時代になってもこの実態は変わりません。
表舞台にいる政治権力者の背後に、カネを支配する影の権力者が生まれたというだけのことです。
そして権力者は、表も裏も、一切の責任をとらない。

その責任をもたない(とらない)者が、社会の最高の存在となり、自分たちだけの贅沢な暮らしと生存のために発展させてきたものが、科学です。
ですから現在の人類社会が持つ文化も科学は、およそ権力者がその地位を保持するために発達させてきたものにほかなりません。
その典型が軍事産業で、素早く多くの兵を移動させる、方角をあきらかにする、組織を作る、言語を操る、あらゆる知識を得る等々、それらのなかでも、軍事に利用できるものばかりが発展してきたというのが、現在の人類の社会です。

AIは、そうした人類社会に、カネや軍事に代わって、新たに知識を支配者とする動きであるようにも見えます。
そのことへの心配から、古来、AIによって支配される人類社会が、AIによって滅ぼされるのではないかという心配も生まれ、このことをテーマした映画作品も数多くつくられています。
つまり、AIは、自らの生存のために、人類に害をもたらし、もしかしたら人類を滅ぼしてしまうのではないかという心配が映画の作品ともなっているわけです。

それは、半分は正解であると思います。
なぜならAIは、責任を負う存在ではないからです。
そこにAIの限界があります。

なぜならAIは、過去のあらゆるデータからひとつの結論を導き出しますが、残念なことに、その結論についての責任は一切取らないからです。
その意味で、AIは、無責任な知識のカタマリでしかありません。
このことは、現代日本の多くの政治家と同じです。

責任と権限は常にセットです。
従って、AIに権力を委ねることは、間違ったことといえます。
そして、責任を持たないAIに権力を委ねてはならないということは、単なる戦後的テスト秀才に権力を渡したら、世の中はとんでもないことになる、ということをも意味しています。
このことも、現代日本の政治家が見事に証明しています。

古事記は、古代からの知識と知恵のかたまりです。
その古事記は、あらゆる知識や知恵は、もともとすべて神々のものと定義しています。
神の知恵であり、神の知識なのです。
いまを生きている現世の人たちは、その神々の知恵を活用させていただくことで、よりよい社会を築く責任を負うというのが、古事記にある考え方です。

実際、数学を考えてみたらわかります。
数学の公式や定理は、数千年の人類の歴史の中で、なだたる数学者達が長年の研究の末に編み出した知恵です。
その蓄積のもとに、現代数学があります。
たとえば、三角関数にしても、かつてそれを考案し、それが正しいことを証明した人がいたのです。
私たちはその結論だけを学びますが、では自分でその公式や定理を開発しろといわれても、まずできる相談ではありません。
従って、数学は、まずは過去の偉大な数学者たちの叡智を学ぶことからはじまります。
そして、大学数学の世界に至って、はじめて、まだ解明されていない新たな数の世界に入り込むわけです。

一方、その三角関数を使って建築をする人には、責任が伴います。
具体的に建物を建てるわけです。
その構造計算にミスがあれば、建物は倒壊します。
つまり、その責任を負うことになります。

神々というのは、過去の人々のことです。
その神々の知恵を、活用させていただくことで、私たちはいまの世界や社会を築きます。
そして築くことの責任は、私たち自身の身に降りかかることです。

要するに知識だけで、責任を伴わないなら、そのようなものに何かを委ねてはいけないということになります。

たとえば昭和12年に「通州事件」がありました。
たいへん悲惨な事件でした。
このとき被害者となった日本人たちは、だからChineseを皆殺しにしてほしいなどと、おそらく誰も思っていません。
そうではなく、自分たちが受けた悲惨を、二度と繰り返さないように、責任をもってしっかりとした国つくりをしてもらいたいと考えていると思います。
その責任を果たすのが、いまを生きている私たちの責任です。

先の大戦で散華され、英霊となられた方々も同じです。
戦争のない、住み良い日本を、そして世界を、責任をもって築いていってもらいたいと思っていると思います。
その責任を果たすのは、いまを生きている私たちです。

これが単なる知識や人工知能(AI)と、人の知恵の違いです。
人は責任を持つから人なのです。

責任を持たない者は、人ではありません。
ただの「知識お化け」です。

そんな「知識お化け」が、国家に対する責任を無自覚なまま国会議員になっています。
裁判官制度に関する国会の委員会で、ぜんぜん審議に関係のないもりかけの質問を延々と繰り返す。
それが現在の「知識お化け」となった秀才の現実です。
このことは杉田水脈さんが述べている動画がありますので、是非、ご視聴ください。下に貼っておきます。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

『第3回杉田水脈のなでしこ復活
「3年前から様変わりした委員会質疑」①』
杉田水脈 AJER2017.12.15(7)



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




関連記事
スポンサーサイト

コメント
どの解答もロックをキめてるAIですね
女性の地位向上のためにはラブホテルを増やす……とてもロックな解答だと思います

それはさておき、「AI」と「戦後の頭の良い子達」は行動こそ非常に似ていますが、全く異なる存在です
また、とても重要な事ですが、戦後の頭の良い子達は持つ「決定権」が、AIにはありません

その上で非常に個人的な見解なのですが、古事記にはAIと同じ立ち位置の神が居ますね

まあ、つまるところ、そう言うことです
実際には人の選択次第なのですが、そう望んだかは知りませんが、私の貧相な知識内で予測する限りでは、いずれそうなる可能性が高いですね
少なくとも、入力される情報や選択が意図的に歪められなければ、AIは人間社会のより良いパートナーとなりえます

人とAIが同じと考えるのは愚です、AIには欲望が無いのですから
2018/01/09(火) 19:25 | URL | 銘無 #m.8anzec[ 編集]
南京事件を法と証拠により検証した図書について
コメント欄から失礼いたします。
ねずさんのいろいろな図書のご紹介を楽しみにしております。潜水艦や半島の本は購入して一気に読みましたが、古事記の3冊は読みかけとなっています。すみません。すごいぞ日本人3冊は読みました。今年はじめに、APAホテルの冊子の南京事件の記述でチャイナ大使館の発言やチャイニーズのデモなどがありました。今現在、APAホテルにはもっと強烈な南京事件に関する論文が掲載された「アップルタウン1月号」が客室に置かれています。チャイナ大使館も無言ですしデモや国内の報道もありません。この論文は、「真の近現代史観 懸賞論文>懸賞論文受賞者」でも読むことができます。この論文は、水間政憲氏の著書『完結「南京事件」―日米中歴史戦に終止符を打つ』の要約です。チャイナをギャフンと言わせることのできる図書ですのでぜひ取り上げてください。期待しています。ねずさんのますますのご活躍を応援いたします。ブログをまわりのひとに紹介しています。
2017/12/18(月) 15:14 | URL | ともっち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク