アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本のかたちを取り戻すと日本経済が蘇る

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本経済再生の要諦は、
一に相互信頼社会の復活、
二に権力と責任の同一化
三に新技術の開発促進、
四に国土強靭化、
五に国学の復活
にあります。


20171221 経済
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
12月23日(土)18:30 第21回 百人一首塾
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****

景気を取り戻す。
経済を取り戻す。
素晴らしい政治テーマですが、実は、経済も景気も人が織りなす人々の活動や行動の結果です。
つまりいまの不況も人がそのようにしたものである、ということです。

日本繁栄の道のひとつめは、「相互の信頼の復活」です。
人と人、国家や自治体、政治、官僚、財界、民間との間に、必要なものは「信用(クレジット)」です。
信用は、貯金に似ています。
つまり信用という名前の口座残高が多ければ経済は活性化するし、残高が少なければ衰亡するし、赤字になれば破綻します。
これは経済の原則でもあります。
経済は人が織りなすのですから、社会に相互の信用と信頼がなければ、成り立たないのです。

明治の初め頃の日本は、超が付く貧国でした。
加えて武士が廃業しました。
当時の武家を、大手企業にたとえてみたらわかることですが、中央の株式会社徳川さんを筆頭に、全国300社の参勤交代のある上場企業が、軒並み倒産して、その働き手(サラリーマン)が、全員失業しました。
リーマン・ショックどころではない経済の大混乱が起きたことは言うまでもありません。

ところがその日本は、日清戦争が終わる頃には、年間750万円の朝鮮の国家予算に、3000万円の補助金を無償で出してあげるほどの経済力を有していました。
日露戦争の頃には、日本は世界の5強国の一角に食い込むだけの経済大国に成長していました。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



大東亜戦争の終戦のときも同じです。
600万人の旧軍人および軍関係者が失業し、国内は焼け野原で、食うものもろくにない。
そればかりか、財閥は解体させられ、公務員は20万人が公職追放となり、地主さんたちは小作農に無償同然で土地を分け与えさせられるという大混乱が起こりました。

ところが、日本はまたたくまに復興が進み、昭和27年に主権回復したかと思うと、なんと焼け野原の貧乏国が、そのわずか12年後には、アジア初の東京オリンピックを開催(昭和39年)する国にまで成長し、さらにその12年後には世界第二位の経済大国にまで成長しているのです。

どうして日本がこれだけの復興、復活、あるいは成長ができたかといえば、政府と国民、そして国民相互に、しっかりとした信頼の絆があったからです。
政治や政党あるいは、公職追放後の後釜に座った醤油組や三国人などによる官僚や教育者などは、しきりに対立と闘争を煽りましたけれど、日本全体としては盤石の相互信頼社会が形成されていたのです。
だから日本は復活も復興もできたのです。

これは、少し考えたらあたりまえのことであることがわかります。
工事を任せれば、ただ任せるだけで、どこにも負けない立派な仕事をしてくれるのです。
しかもそれがあたりまえになされるのです。
工事を発注しても、手抜き工事をする、工事代金を途中でネコババする、あるいは工事途中で逃げてしまう。
そういう状態の国とは、根底が違うのです。

以前、パラオにKoreaの業者が空港と本島との間に橋を架けました。
ところがこの橋が完成後に、あっという間に崩落事故を起こしました。
パラオ政府は、その倍賞を求めようと、工事を受注した会社を探しましたが、とっくにその会社はなくなっていました。
そんな状態では、実は経済など成り立ちません。
相互信頼の信用の絆がないからです。

日本経済が、まるで成長しなくなった。日本政府が、改革をすればするほど、日本経済は悪くなった、という言葉を、最近、というか平成以降、よく耳にします。
実際、ひとりあたりのGDPは、1993年には世界第二位だったのに、2012年には13位です。
国際競争力は、1989年から1993年まで日本は世界1位でしたが、2012年にはなんと26位です。
日本経済は、悪化の一途です。
日本は、その80年代の終わり以降、経済成長率では世界のビリです。

これは当然の結果です。
日本が汚鮮され、いつのまにか政官財民の信用の絆が失なわれ、社会のあらゆるものが対立関係となったのです。

協力すること、協同すること、相互に力を合わせることは「癒着」だ呼ばれました。
サッカーの選手たちが、チーム内で互いに協力しあってプレイすることが「癒着」であり、批判の対象なら、それで試合に勝てるはずがありません。
これは、すこし考えれば、誰にでもわかることです。
しかし昨今の日本では、まるで気が狂ったように、協力することや協同することが「癒着」として糾弾されます。

しかしたとえば河川の堤防が決壊して、大規模な水害が発生するとします。
なんとかしなければならない。
そうなれば、まさに政官財民が、みんなで協力しあって、被災者の救助や支援、あるいは復旧作業をしていかなければなりません。
ところが、官僚が工事資金をネコババし、工事業者が利益を抜くために手抜き工事をし、働き手も、面倒くさいからと、もらえるものだけもらって、まともな仕事をしなければ、いったい出来上がる工事はどのような堤防になるのでしょうか。

平成日本は、それを続けてきたのです。
政官財民が、互いに敵対し、互いをののしり合い、「お前のせいだ」、「いやいやあんたのせいだ」と、互いに批判や悪口雑言を並べ立て、それぞれが「自分こそ被害者です」と声をはりあげるばかりで、誰も責任をとらない。
それで良い結果を期待するほうが、どうかしています。

政官財民は、癒着してこそ、成果があがり、経済が潤い、国が活性化するのです。
互いにののしり合い、責任を押し付けあっているだけで、経済の復興や成長はありうるのでしょうか。

日本は、もともと天皇が国民を「おおみたから」とし、その国民を支えるのが官の役目だとされてきた国です。
みんなが、日本を「我が家」と思い、みんなが家族同様となって助け合い、慈しみあい、互いに努力しあって、みんなでみんなを支えていく、そういう国柄でした。
だからこそ、日本には信用があり、信用があるから安心して仕事を任せられたし、政官財民の誰もが、互いに協力しあって持てる能力を最大限に発揮しあって、国をささえてきたから、日本は住み良い良い国であったのです。

経済も景気もお金も、すべては「人の世」がつくりだした人のなせるわざです。
ということは、「人」の民度(これを信用といいます)が高くなければ、全体がひずむ、落ち込む。あたりまえのことです。



このように申し上げますと、ChinaやKoreaは、国民相互の信頼関係などないのに、経済が発展している。
ということは、信用や信頼などは関係ないのではないか、という声も聞こえてきそうです。

たしかにChinaの上海や、北京、大連、あるいはKoreaのソウルの町にも、いまやビルが建ち並んでいます。
Chinaは世界二位の経済大国と豪語しています。
けれど、そこにあるビルは、ハリボテです。いつ崩落するかわからない危険な建物です。
そのビルの周辺には、貧民街が広がり、年収60万円もない人たちが、まるでモノのように扱われています。
なるほど、一部には大金持ちもいますが、その大金持ちたちは、自国の通貨で預金などしません。
すべて預金は外貨建てです。
つまり、そこには政官財民の協力の姿など、どこにもありません。
ただ支配と隷属があるだけです。

では、そのような国が、どうしてビルが立ち並ぶようになり、世界の経済大国になるのか。
これも答えは簡単です。
日本から、ヒト・モノ・カネが流出しているのです。
彼らは日本の利益のネコババで、見せかけの繁栄を手に入れているにすぎません。

このことは簡単に証明できます。
日本がChina、Koreaから完全撤退したら、その瞬間、両国の経済は破綻します。

つまり彼らの経済発展は、日本からの、いわば「泥棒経済」です。
だから日本を叩いたり脅したりするのです。
その意味では「強盗経済」です。

日本は、殴るぞと脅かせば、いくらでもお金を出してくれる打ち出の小槌だからです。
日本から巻き上げたお金で、ハリボテのビルを建てたのです。
そして日本は、そうされることが当然な「お詫び国家」に成り下がっています。
それで日本経済が復活するのは至難の業のようです。



むかしむかし「しなむら」という貧乏な村がありました。
食い物もろくにありません。
人々は殺し合い、肉を食ってようやく食いつないでいました。
ところがある日、山向こうに「ひのむら」という村が広大な田んぼを切り開いて、豊かに暮らしていることに気がつきました。
そこで「しなむら」の人たちは、隣の村を襲っては、米を巻き上げました。
おかげで、誰もがたらふく食えるようになり、ものすごく豊かになりました。

あたりまえのことですが、米を作っていた「ひのむら」は、だんだん貧しくなっていきました。
村人たちは、米の作り方が悪いんじゃないか、いやいや庄屋さんの態度が最近悪いんだよ、と互いに疑心暗鬼になり、互いの信頼関係が崩れ、いつの間にか米をつくる力さえも半減していきました。
いつのまにか堤防のメンテナンスもおろそかになっていきました。

村にいても食えないからと、昔貧乏で、いまは豊かになっている隣村に行き、そこで米を作るようになりました。
けれど、作った米はことごとく、その村の村人たちに巻き上げられてしまいました。←(いまココ)

ある日「ひのむら」を洪水が襲いました。
かつて立派な堤防で水害を防いでいた「ひのむら」は、人々が堤防の手入れを怠るようになっていましたから、あっという間に、堤防が決壊し、水浸しになり、いつしか村はなくなってしまいましたとさ。



政治は対立だ、と思っている人は、いまの日本に多いようです。
けれど、対立し、争い、互いに悪口を言い合う世の中では、どこまで行っても、信頼の和は広がりません。
そして信頼がないところに、信用は生まれません。
信用がなければ、経済は絶対に活性化しません。

争いよりも和、対立よりも協和、不信よりも信用。
経済は人が織りなすドラマです。
ならば、人が変わらなければ、経済なんて絶対によくならない。
そして住み良い世の中は築けない。

だからこそ、日本を取り戻す。日本の本来ある信頼の和の国のかたちを取り戻す。
それが、まわりみちにみえて、実は、いちばん近道の日本再生の道なのです。


第二に必要なことが「権力と責任の同一化」です。
責任を持たない者に権力を委ねてはいけません。

昨今の国会を見ていると、国会議員でありさえすれば、当事者でもなければ専門分野でもない、日頃まったく関係していない分野の取り決めに際しても、一票は一票として扱われます。
政党内の選挙でも同じです。
ベテランの議員で、その問題について大きな責任を負い、その責任の自覚のある人と、まったくの素人のポット出の議員が、同じ1票です。
こんな馬鹿な話はないのです。

「権限」というのは、常に「責任」と一体のものです。
当事者の一員だから、会議に参加できる資格を持つし、会議に参加したということは、その結果について責任を負うのです。
経済対策や財政対策として何らかのことが決められて、その対策の結果が予期に反して悪化したなら、では、誰が責任をとってきたのでしょうか。

責任を取れないなら、権限も与えるべきではないのです。
国会議員なら、国政に責任を持っているのです。
盛り蕎麦や、かけうどんは、蕎麦屋の責任です。
そして責任のないところには、たとえ1票であっても、権力や権限を与えてはいけないのです。


第三に新技術です。
なるほど、現在の時点の半導体にせよ、自動車にせよ、なるほど技術は国外に流出しました。
そのため、日本の国益は大きく損ねられ、一方、開発コストをかけずに濡れ手に粟の隣国は、開発コストにあたる経費を巨額の広告宣伝費にまわし、また自国内で市場を独占して、十二分に利益のとれる高値で製品を売ることで、大儲けをしています。

そうなってしまったものは、いまさら取り返しもつきませんが、ところが技術というものは、まさに日進月歩です。
いまの世界を征している、あらゆる技術は、ほんの数年後には、ただのローテクにしかならなくなるのです。

ファミリーコンピューターが出たばかりの頃、マリオにしても、パックマン、インベーダーゲームにしても、当時の世界を一世風靡しましたけれど、いまのゲームの技術レベルからしたら、とびきりのローテクということになります。
自動車は、いまハイブリットの時代へと変化しています。
巨大な大型セダンに乗っていればお金持ちで幸せという時代は、どんどん過去へと過ぎ去り、おそらく10年後には、自動車は宙を浮くようになります。
スーパージェッターの流星号(古いか)は、現実の日常生活のものとなります。

そしてそれら技術面において、日本は間違いなく世界の最先端にあります。
ただし、不思議な事にその最先端技術は、国が保護していない分野についてのみ、存在しています。
最先端技術開発を担う人たちにとって、国や行政は信頼するに足らない存在でしかないからです。
このあたりは、一の相互信頼をしっかりと見直していかなければならないことです。


四ツ目は国土強靭化です。

日本は天然の災害が多い国です。
そのためには、工事に手抜きは許されない国でもあります。
しかもいまの日本にある橋梁や堤防、高架道路などの社会インフラは、先の東京五輪(昭和39年)に向けて造られたものばかりです。
耐用年数を越えているのです。
このことは、原発も同じです。
耐用年数を越えた原発が、いまや全体の三分の二を占めます。

つまり、リニューアルしていかなければならないのです。
そのためには、たくさんの工事が必要になります。
そして、そうした工事に、一切の手抜きがあってはならないのです。

昨今では、工事の手抜き、部品の手抜きはあたりまえの常識になりつつあります。
なぜなら、競争用件が「価格競争」になっているからです。
これはいけないことです。
天然災害の多い日本では、競争は常に「品質競争」でなければならないからです。
そしてそれができる社会制度を、私たちは考え直す必要があります。


五つ目は、国学の復活です。

道徳教育、行儀作法などといっている間は、実は、まだまだなのです。
神話教育でもだめです。
神話とは荒唐無稽なおとぎ話のことを言うからです。

わたしたちの国にあるのは、神話ではなく神語(かむかたり)です。
その神語(かむかたり)からの我が国の歴史を学ぶのが国学です。

本当の意味で、この国学が復活するとき、日本は蘇ります。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
ねず様今晩は。私個人の考えでは現在の状況は戦後教育が元凶になっているのではあるまいかと思っております。戦前戦中の世代の皆様が築き上げてきた事がらは戦後世代に引き継がれた後、坂道を転げ落ち大企業でさえ不正が横行し信用を失墜させています。

日本復活の為にはねず様が掲げられた五つの指針と教育の見直しが絶対に必要と思います。隣国への不必要な譲歩や支援は一切取りやめて我が国の復活の為に政策を実行するべきと思います。日本の政治家はどこを見て仕事をしているのか。?全く残念な事ですね。
2017/12/25(月) 17:37 | URL | 一有権者 #-[ 編集]
No title
ニッポン無責任時代かw.
2017/12/23(土) 09:46 | URL | 7C #-[ 編集]
No title
主様は政治家が失政した場合の責任の取り方をどのようにお考えなのでしょうか。今までの記事を読んでいても、具体的な責任の取り方というものに何を考えておられるのかがわかりません。まさか、江戸時代のように腹を切ることを期待されているわけではないと考えますがいかがなのでしょうか。
いくら政治家が腹を切ったところで、失政が回復されるわけではありません。また、信念にもとづいてやったことが必ずしもうまく行かないことなどいくらもあることですから、そのたびに腹を切るのでは政治家のなり手が居なくなります。PTAならそれでよいかもしれませんが、国の運営がそれでは困ります。
北朝鮮では失策した担当者の粛清が頻繁に行われています。韓国では大統領経験者の失脚と自殺が頻繁に発生しています。私は日本がそのような国になる事は望んでいませんが、主様はそのようなことをお望みなのでしょうか。

日本では選挙で選ばれた議員、内閣が、国民の委託のもとに国を運営しています。政治家の責任は結局は選んだ国民の責任になります。国民が当事者意識を強く持って政治家を選ばないといけないことは当然ですが、行政は票の格差を見直して選挙民の無力感を解消しなければならないでしょう。
2017/12/23(土) 06:59 | URL | #AIlHpmOk[ 編集]
五つ目のおどろき

一般的に、として、相対化するしかない浅薄な身、
求心性と遠心性という理解だとしても、、、
「あっと驚く」一歩です。
 
実用上、ある種任意に規定し、「そういうことにする」から始まるのが、
根拠ともされる地点、
冥界にも幽界にも今は縁のない者は、漂うだけです。
ある意味、宗教性を帯びるわけですが、精神性という理解程度で、
読者の端に置いてくださいますように。

表題が、あるいは大いなる意思に叶うものやも、と、ふと思います。
2017/12/22(金) 19:59 | URL | 二つ目  #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク