アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


聖武天皇と光明皇后

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

聖武天皇と光明皇后の天平時代は、仏教が国営仏教から民間信仰へと発展し、またキリスト教も普及し、当時の文化は、いまなお「天平文化」として歴史に光彩を放つものとなっています。
そこでこの時代を、百人一首の27番の中納言兼輔の歌に併せてご紹介したいと思います。


20171223 聖武天皇と光明皇后
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****

百人一首の27番に中納言兼輔の歌があります。

 みかの原わきて流るるいづみ川
 いつ見きとてか恋しかるらむ
(みかのはら わきてなかるる いつみかは
 いつみきとてか こひしかるらむ)

この歌は、中納言兼輔の恋しい相手が、一度も逢ったことがない女性なのか、会ったことはあるけれど逢えなくて恋しいのかわからないということから、古来、解釈がむつかいしい歌とされてきた歌です。

そこで歌を分解してみますと、
「みかの原」は、漢字で書くと「瓶原(みかのはら)」で、いまの京都府木津川市のあたりのことです。
奈良時代の聖武天皇の御代に、ここに恭仁京(くにきょう)が置かれていました。
この恭仁京というのは、たった3年間だけ都だったところです。

「わきて流るる」は、水流が分かれるという意味と、水が湧いて流れ出るという、二つの意味に掛かっています。

「いつみ川」は、かつて恭仁京のあったあたりを流れる木津川そのものを指すとともに、「いつか見た川」を掛けています。

「いつ見きとてか」の「か」は、疑問をあらわす係助詞で、「何時私が見たというのか。見たことなどないのに」という打ち消しになっています。

「恋しかるらむ」の「らむ」は推量の助動詞ですから、ここは「恋しいのだろうか」となります。

ですので単純に現代語訳しますと、
「奈良の木津川に水が湧き出して、そこから別れたいつみ川を、私はいつ見たというのだろうか。見たことなどないのに、どうしてこんなに恋しいのだろうか」となります。

なるほど歌には「恋しい」と書いてあります。
一見、恋心の歌にも見えるかもしれません。
けれど、もしこの歌が「恋の歌」だとすると、「いつ見きとてか」の意味が通じなくなるのです。
だから、冒頭の解釈のように「むつかしい」となってしまいます。

毎度申し上げることですが、和歌は、上の句と下の句という方向磁石を使って、作者がいちばん言いたいことを指し示すものです。
言いたいことを直接言うのではなくて、上の句と下の句が、まるで正三角形の底辺の両端で、この2点から、一番言いたい高みである正三角形の頂点を読み手に伝えようとします。
そういう視点でこの歌を見ると、不思議なことがあります。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



まず上の句は「みかの原わきて流るるいづみ川」と詠んでいます。
ここに出ているのは、お相手の女性というより、具体的な場所を示しています。
そして下の句は、「いつ見きとてか恋しかるらむ」です。

なるほど「恋」という文字を使っています。
しかし歌は、「いつ見き」と書いているだけです。
つまりこの歌で兼輔が詠んでいる「恋しかるらむ」ものは、必ずしも人(女性)ばかりを指しているとはいえないのです。

そして読み手の名前は、藤原兼輔ではなく、官名である中納言兼輔としています。
ここまでお読みいただいた方ならおわかりいただけると思いますが、個人名でなく、官名で詠んだ歌というのは、なにかしら職業上のことを歌に詠み込んでいます。

上に書きましたように、「みかの原」は、「瓶原(みかのはら)」です。
そこには、奈良時代の天平年間の聖武天皇の御代に、恭仁京(くにきょう)という都が置かれていたところです。
そこで「わきて流」れたのは、水がわき出して流れたというよりも、何か新しい政治上の動きが起こり、そしてそれが政治的な二つの多きな流れを生んだという意味に受け取ることができます。
そうであるとするならば、上の句の「みかの原わきて流るるいづみ川」は、聖武天皇の恭仁京で生まれた新しい流れを意味していることになります。

つまり、泉が湧くように新しい時代を切り拓き、そして流れを大きく分けた聖武天皇と、その御世を指しているわけです。

恭仁京が奈良に置かれたのは、天平13(741)年から天平16(744)年であり、藤原兼輔が中納言となったのが延長5(927)年頃のことです。
歌は、聖武天皇が恭仁京を置かれた時代から二百年近くも後に詠まれています。
当然藤原兼輔は、聖武天皇にお会いしたこともなければ、在りし日の恭仁京を見たこともありません。
そうであれば、「いつ見きとてか」は、見たことがない場所としてすっきりと意味が通ります。
つまり、藤原兼輔が「どうしてこんなにも恋しいのだろうか」と言っているのは、同時代を生きている生身の女性のことではなくて、実は、聖武天皇の御世と恭仁京のことを指しているといえるのです。

では、その聖武天皇の御代の恭仁京では、どのようなことがあったのか。
実は、このことを考えるに際しては、とてもたいせつなことがあります。
それは、第38代天智天皇の御世に始まる「大化の改新」は、天智天皇一代ですべてが終わったわけではない、ということです。
続く弘文天皇、天武天皇、持統天皇、文武天皇、元明天皇、元正天皇まで、国をひとつにまとめるために、様々な施策が行われ続けています。

Chinaに唐という巨大な軍事国家が誕生し、その唐が新羅と結んで、倭国の属国だった百済を滅ぼし、その百済復興のために救援軍を起こしたのが662年です。
ところがその翌年には、白村江の戦いで大敗してしまう。
そしてこれにより倭国は、Korea半島における権益の一切を放棄して、国境をいまの38度線のあたりから、Korea海峡にまで南下させています。

ところが唐に人質にとられた倭人たちから、倭国に「唐が再び日本に攻めてくる準備を進めている」との情報がもたらされます。
まさに本土決戦になってしまうわけです。

実際には、唐は、その後、越(いまのベトナム)戦線が膠着し、倭国攻めは実現しませんでしたが、それはあくまで結果であって、当時の時代下においては、まさに、日本は建国以来の最大を危機を迎えていたわけです。

こうした背景に基いて、第38代天智天皇は、大化の改新を行い、我が国の領土も民のすべては「天皇のおほみたから」という大改革に着手します。
これは大事業です。
それまでの倭国は、血族からなる豪族たちのゆるやかな集合体です。

このことは、もともとの大昔では、村落集合体=「くに」という概念であったということです。
当時の人口を考えると、5〜600年もすると、日本全国全員が血縁関係です。
そういう意味では、当時の倭国は、まさに日本全国、皆、血族、という関係にあったわけですが、それでも各地域ごとに、村落同士がゆるやかに結合して「くに」を形成し、その「くに」が、天皇を中心とした「国家」というさらに大きな集合体を形成していたわけです。

天智天皇は、公地公民制を敷くことで、これをあらためて「国家」として統合したわけです。
ところがこのことは、豪族たちのもとにある私有民を、天皇の民とすることを意味します。
それまで地方で勝手にやっていたお店が、いわば大手資本の傘下にはいったわけで、中には、納得できない豪族もいただであろうことは、容易に察することができることです。

しかし、他国侵逼難が目の前にあります。
どうあっても、国をひとつの統一国家にしていかなければならない。
そしてこの事業は、第40代天武天皇に受け継がれます。

天武天皇は、皇親政治といって、政治の中枢を皇族で固め、法制度としての律令を定め、国史編纂事業を開始しました。
これを受け継いだのが天武天皇の皇后であった持統天皇で、飛鳥浄御原令を制定し、さらに巨大な都である藤原京を造営し、さらに我が国の国号を「日本」と改められました。

そして第43代元明天皇のときに、古事記が完成し、我が国最初の公式通貨である和同開珎を鋳造し、第44代元正天皇のときに、都を奈良に移し、また日本書紀が完成するわけです。
ちなみに元正天皇は、歴代天皇の中でも最高の美女といわれる天皇です。

そしてこの元正天皇が譲位されて皇位に就いたのが第45代の聖武天皇です。
聖武天皇の母は、藤原不比等の娘の宮子ですが、心的障害に陥り聖武天皇が37歳になるまで、我が子との対面もされなかったといわれています。
その聖武天皇は、やはり藤原不比等の娘の光明子を皇后にします。
これは、皇族以外からの立后としては、初の出来事です。

この聖武天皇の時代が「天平(てんぴょう)時代」です。
この天平年間というのは、名前こそ「天の平らかなる時代」ですが、とんでもなくたいへんな時代でした。
聖武天皇が即位されたその年(724年)に奥州で反乱が起きたことを皮切りに、各地で天変地異が相次いだのです。

聖武天皇は深く仏教に帰依し、願いが叶うという仏教の教えのままに、翌年1月に、厄災を取り除こうと600人の僧侶たちを宮中に招き、般若経を読誦してもらい、さらに9月には、お公家さんたち3000人を出家させて坊さんにしています。

ところがそれだけの信仰を貫かれたにも関わらず、728年には聖武天皇の、たったひとりの皇太子が薨去されてしまう。
しかもその6日後には、宮中に隕石が落ちるという大凶事が起きました。
そして732年には日本中が旱魃(かんばつ)に襲われると、翌734年には関西地方を阪神淡路大震災級の大地震が襲いました。

相次ぐ天変地異や不幸に、聖武天皇は天平6(734)年には、ますます仏教への傾斜を強くし、一切経の書写を国家事業とすることを決められるとともに、天平8(736)年には、遠くインドやベトナムからも高僧を招き入れ、仏教への傾斜をますます強くしていきます。

ところがその結果は、翌年の太宰府における疱瘡(ほうそう)の大流行となります。
そして天平9(737)年には、都に疫病が流行り、朝廷の高官たちの大半がまたたく間に、亡くなってしまうのです。

聖武天皇は、ますます仏教への信心を強くされ、天平12(740)年には、奈良に大仏を建立する発顕を行われました(勅願は743年)。
これがいまも残る奈良の大仏です。

一方、皇后となった光明子(光明皇后)は、Chinaから渡来した景教に深く帰依しています。
景教というのは、古代キリスト教の教派のネストリウス派のことで、実は西洋では異端とされて、追い出された教派でした。
そのネストリウス派の教えが、ペルシア人の司祭の「阿羅本(あらほん)」によって唐へと伝えられ、景教と呼ばれるようになったわけです。
景教というのは、China語で「光の信仰」という意味です。

景教は、唐国内で「大秦寺」という名の寺を建て、我が国には、その「秦氏」によって、伝えられました。
秦氏は、光明皇后の保護を受けて、日本各地に大避神社と号する神社を建立します。
「大避」というのは、いまでは「だいひ」と呼びますが、もともとはこう書いて「ダビデ」と読んだのだそうで、今風に言うならば、要するにキリスト教ネストリウス派のダビデ教会であったわけです。

光明皇后は、この大避教の教えを受けて、施薬院という無料の医療所を設けています。
ここに収容した疱瘡患者の皮膚から流れる膿を、光明皇后が直接御手で拭われたというのは有名な逸話です。

要するに天皇は仏教に帰依し、篤く仏教を敬い、皇后はキリスト教徒になっていたわけです。
そうして国家鎮護を願われるのですが、ところが不思議な事に次々と国難が襲ってくる。
相次ぐ凶作に、東国は深刻な飢饉となります。
そこで聖武天皇が行われたのが、東国行幸です。
凶作にあえぐ東国の人々を、少しでも励まそうとされたのです。
そして都に帰朝すると、奈良の都に帰らずに、近くに恭仁京を建て、そこに遷都されたのです。

恭仁京で、聖武天皇は、次の天皇になる皇太子として、光明皇后との間にできた女児(阿倍内親王=後の孝謙天皇)を指名し、また墾田永年私財法を定めて土地の私有を認める制度変革も実施しています。
(これによって新田を私有田として開墾したお百姓さんが、後の武士となっていきます)
そしてさらに、奈良に大仏を造立することの詔勅を発せられたのです。

なかでも特筆すべきは行基(ぎょうき)との和解です。
それまで、仏教は国営仏教であって、実は民間での仏教帰依は禁じられていたのです。
ところが行基は、その禁をやぶって、民衆に仏教を広めました。
なにせ天子様が信仰してらっしゃる教えです。
しかも神道なら、「願いが叶う叶わないは、あなた自信の精進努力による」としかいわないのに、仏教は「信仰すればあなたの願いはすべて叶う」というのです。
これに民衆が飛びつかないわけがありません。

これを民衆に説いた行基は、ですから民衆のヒーローとなりました。
けれど行基は、ご禁制を破っているのです。
ですから朝廷からすれば「お尋ね者」です。
その「お尋ね者」を、聖武天皇は、正式に「日本初の大僧正」として起用し、さらに行基に奈良の大仏建立の実質的な責任者を命じたのです。

ここで仏教そのものについて議論する気はまったくありません。
たいせつなことは、そういう批判めいたことではなくて、天平時代には、仏教が国営化されていたこと、そして相次ぐ不幸が日本を襲ったことから、その鎮撫のために、壮大な仏教建築や大仏建立、そして絵画や彫刻など、様々な分野で、仏教を基礎にした芸術、文化が花開いたのが、天平文化の時代であったということです。

「いつ見きとてか恋しかるらむ」と、この時代を詠んだ藤原兼輔が、恋しいと詠んだのは、まさにその天平文化そのものを意味したものといえます。

ちなみにこの聖武天皇の時代、大化の改新は、なお現在進行形でした。
わたしたちは、大化の改新といえば西暦645年と学校で習いますが、これはあくまでもはじまりであって、その年に、大化の改新のすべてが完了したわけではありません。
聖武天皇の御在位は749年、大化の改新がはじまってから百年後です。
その百年後の時代においても、なお改革は続行中であったのです。

少し脱線しますが、明治維新も、そのはじまりが嘉永6(1854)年のペリー来航にあることは、大方の学者さんたちの一致する意見ですが、その明治維新が完了した時期となると、これはもう諸説あって定まっていません。
実は私は、「明治維新はいまなお現在進行形である」と思っています。

なぜかというと、明治維新というのは、幕府が締結した不平等条約の解消を目的とした大改革であったからです。
そして日本が外国の治外法権などの特権を排し、完全な主権国家として欧米諸国と対等となったのは、昭和17年から終戦の年までのたった3年間しかありません。
戦争がおわると、日本は米国を主とする連合国によって占領され、主権を奪われ、サンフランシスコ講和のあとも、いまだに日本は、日本国憲法という占領統治憲法を抱いたままになっています。

その占領憲法には、我が国が主権国家として領土主権を有することさえ明記されていません。
国家の非常時における「非常大権」もありません。
しかも国連において日本は、国連に敵対する「敵国」と明記されています。
そしてその日本は、隣国がありもしない慰安婦問題で騒ぎ立てても、その根拠となる河野談話を見直すというきわめてまっとうな事業さえも、連合国の長である米国からダメ出しされるという情況です。
つまり、戦後の日本は、主権国家とはとうてい言えない、諸外国と不平等な関係におかれています。
ということは、明治維新の理想である諸外国との不平等な関係の解消は、いまだ解消されていないのです。
改革というものは、それほどまでに激しく長い道のりである、ということです。

ふたつめには、当時の日本は、遠くインドやベトナムとも交流があったということです。
東亜というと、昨今では、何もかもがChina、Koreaしかないような論調が目立ちますが、東亜はそれだけでなく、数多くの国を持つ地域です。
そして日本は、遣唐使、遣隋使によってChinaと国交を持つだけでなく、他の東亜諸国とも交流をもっていたということです。

みっつめには、仏教は聖武天皇の時代から民間信仰の仲間入りした、ということです。
それまでの仏教は、あくまで国営仏教であり、これが民間信仰の仲間入りするのは、行基を待ってからであるという点も、わたしたちが歴史を学ぶ上で押さえておかなければならないポイントであろうかと思います。

そして聖武天皇と光明皇后の時代は、仏教が国営仏教から民間信仰へと発展し、またキリスト教も普及し、当時の文化は、いまなお「天平文化」として歴史に光彩を放つものとなっています。

この27番歌を詠んだ藤原兼輔は、その聖武天皇の天平の御世について、私は見たこともないけれど、時代を分けた、つまり国教の中に仏教を組み込み、また民に私有田を認め、仏教文化(天平文化)が花咲いた時代であり、文化性という意味において、その恭仁京の時代を「恋しい」と歌っているのです。

ちなみにこの歌を詠んだ中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)は、紫式部の曾祖父にあたる人です。
そして三条右大臣(藤原定方)らとともに、紀貫之ら歌人の面倒をよく見ていた、いわば当時の貴族文化のスポンサー的な役割を果たしていた文化人です。

そして兼輔は、教養人であるとともに、中納言として政府の要人でもありました。
恭仁京の時代と異なり、兼輔の時代は、すでに国風文化が進展した時代ですが、そうした文化の庇護者として、高い芸術性を持った天平文化の時代を、彼は「見たことはないけれど、恋しいね」と詠んでいるわけです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
ベトナムとの交流
初めてコメント致します。
聖武天皇の時代
ベトナムとも交流があったとの事ですが
その事実は、どんな書物や歴史書に書いてあるのでしょうか?
私は香道を嗜んでおり、お香の歴史を学ぶ中で
香原料は大陸を渡ってが通説となっておりますが、私はどうしても納得がいきません。
ベトナムと交流があったのであれば、沈香や白檀が輸入されていてたと考えられます。
私は、日本の文化が大陸から学んだと言う歴史は間違いだと思うのですが、それを証明できる歴史書があるのであれば知りたいと思います。
2018/01/03(水) 15:50 | URL | 桂子 #-[ 編集]
No title
こんにちは。2つの流れ・・
聖武天皇の頃には、橘諸兄・吉備真備・玄昉 対 藤原仲麻呂(恵美
押勝)でしょうね。押勝は増長していき皇室を圧迫。公地公民(すべ
ての土地は天皇に貴族とする律令制)とは名ばかりで、古代豪族に土
地を手放させ、実質は押勝の私領へという状況だったと。聖武天皇の
次を継いだ孝謙女帝は取り込まれたように見え、一度は譲位したので
すがw押勝と水面下の争いの後、勝利。再び称徳女帝として復活~。
宇佐八幡神宮に係る古代豪族連合と組んで(聖武帝もここと組んだ)
一芝居。最終的には皇統は天皇家で続けると御神託にて宣言w
(宇佐八幡宮神託事件)何故芝居が必要だったか?聖武帝の時代には
天災続きだったのも一因かと・・聖武帝即位1年後の725年~746年に
かけて・・奈良大地震・近畿~東海の大旱魃と飢饉・近畿地震・天然
痘流行・鹿児島海底火山爆発・肥後地震と大雨(推測M7程度)・美
濃地震・744~746にかけて地震27回・・等々。
ついでに・・歴代の中で聖武天皇と孝謙天皇=称徳天皇のお二人のみ
が生前からの尊称であると。他の方々は諡号(追号・遺諡を含む)を
逝去後に贈られている。そして、皇統を維持すべしと宣言した女帝は
”しょうとく”と読めるわけです。十七条憲法の御方と同じ読みw当時
の発音が同じだったかは判りませんが、少なくとも似た音ですね。正
しくは宝字称徳孝謙天皇。字面の通りに、孝謙女帝の時は母上の光明
皇后に謙遜して孝行し、その逝去後に称徳女帝として”しょう徳”と称
すると。これが生前から?ぐ~ぜんかな~?w
藤原兼輔は897年から昇殿し醍醐天皇に仕え927年に権中納言に。この
時期の2つの流れとくれば・・漫然と唐風に傾いていた藤原政治に対し
国風文化の流れを作った光行天皇・宇多天皇・醍醐天皇・遣唐使廃止
の菅原道真では?和歌だけではなく国史編纂も。これで日本独自の国
風文化が花開いていくと。ですが・・藤原政治も盛り返していく流れ
で菅原道真は左遷。諦めず祟り炸裂?清涼殿落雷事件に天災に・・。

万葉集1059 
 三香の原 久迩の都は山高み 川の瀬清み 住みよしと
ところが万葉集1060
 三香の原 久迩の都は荒れにけり 大宮人のうつろひぬれば
聖武帝は、くにのみや・恭仁京、木津川(泉川)流域の盆地に造り
始めるも(橘諸兄の勢力域)、わずか4年弱で難波宮に移りせっかく
造った建築物も火災で焼失・・火付けが疑われているとwその後、
紫香楽を経て平城京に再び戻る事に。しか~し、コレで諦めない。
その後、代替わりして桓武天皇の長岡京、そして平安京へと。
どちらが勝ちというのでもない。流れはもつれつつ先へ先へと。
いつかも同じような事をしてたし、これから先も同じように繰り返すw
歴史は形を変えて繰り返すが常に新しい未来へと進む。
・・駄洒落も一興w・・いつみ 川 いつみ とてか・・
・・いつ・・いつ・・?と言って繰り返すのが・・恋しいねw





2017/12/27(水) 10:09 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
今の状況は、不平等と不公平では無いのでしょうか。
嘘によって平等にしてるのですから。
不平等のみより酷い状態かと。
2017/12/26(火) 03:34 | URL | 名無し #-[ 編集]
No title
先の「日本は神道を元にする国柄」のコメントに同意いたします。
2017/12/25(月) 12:20 | URL | よみびと知らず #yJABJ7SI[ 編集]
NHKの不思議な宣伝
NHKの偏向報道が広く世の中に知られるようになりました。
社内に共産党員が多くいるのではないかと思います。

昨日、GAOの映画番組を見ていると、NHKの宣伝がありました。
民間企業ではないNHKが何故宣伝をする必要があるのか不思議です。

紅白歌合戦の宣伝なので違法ではないと思います。
それにしても驚きました。
2017/12/25(月) 10:29 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
日本は神道を元にする国柄
いつもありがとうございます。
国の難儀を取り除こうとされて
仏教に深く帰依されて聖武天皇の御心はよく分かりますが、日本は神道を根本にする国柄です。神道の復興と帰依こそ、日本を治め国民を安らかにする道であると進言する即近がいなかった事が相次ぐ天変地変の元だと想います。仏教は今は日本に溶け込んでいますが外来の教えです。その教えで日本を治めようとする事に無理があります。それは現代でも同じです。日本は神道を元にして国を治めるのです。

八幡宮の宮司が惨殺されましたが、
神職が金儲けや色事で倫理観を失うと
神も見捨てるとの証だと想います。
つまり神々様はきちんと観ておられるのです。
2017/12/25(月) 07:40 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク