アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


当用漢字は日本文化破壊工作の一環としてつくられたというお話

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

皆様学校で、何の疑問も持たずに「当用漢字」を習ったことと思います。
実はその「当用漢字」は戦後に誕生し、GHQによる日本破壊工作の一環として生まれたものであると申し上げたら、どのように感じられるでしょうか。
以下は今週の月曜日に発行した「ねずさんの有料メルマガ」に書いたものの一部です。


20171226 当用漢字
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****

「当用漢字」は、GHQの指導に基づき、昭和21年11月5日に国語審議会が答申し、同年11月16日に内閣が告示しました。
要するに戦後の占領政策の一環として誕生しました。
もともとは、日本占領時に、日本精神弱化のために日本の公用語を英語にしてしまおうという動きもあったのですが、日本には1億からの人がいるし、日本人が英語が堪能になって逆に文化侵略をしてくるのも恐ろしい(笑)ということから、日本語そのものに手を加えようとして実行されました。

はじめに日本語の文章で使用頻度の高い1850字が「当用漢字表」に、「さしあたって用いる文字」として選ばれました。
そして実は、これによって日本人は國語文化の大切な部分を失いました。

たとえばいくつか例をあげますと、わかりやすいのが礼儀作法の「礼」という字です。
「礼」は、もともとは「禮」と書きました。
字を見たらわかりますが、「禮」は「示(しめす)へん」に「豊(ゆた)か」です。
つまり、おじぎをしたり、お礼を言ったりする礼というのは、相手にわかるように、はっきりと豊かにそれを体の動きで示す、だから「禮」だったわけです。
ところが、それが「礼」という字になると、いったいなんのことだかわからなくなる。

学校の「学」に至っては、ものすごく重要な文化が失われました。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



もともと「学」は、「學」と書きました。
「へん」のところが複雑な書体になっていて、「X」が上下に二段並んでいますが、これは人の手で、両側にあるのが大人たちです。
つまり「學」という字は、複数の大人が、みんなでひとりの子を立派な人にするために「引っ張り上げる」という意味を持つ漢字であったわけです。

ところがこれが「学」になると、むしろ「子」が主体で、自力で学ぶことが「学」というように錯覚します。
要するに、教育者の側が子のレベルを引っ張り上げるというのが、もともとの「學」、子が自力で学ぶというのが、新字体の「学」です。学ぶ主体が逆なのです。

そもそも「教える」という字も違います。
昔は「敎」と書きました。
この字は、上にある「X」の部分が、大人を意味します。その下に子がいます。
そして、つくりの部分は、右手で殴ることを意味する象形です。
要するに、子の成長と未来に責任を持っている大人が、立派な大人になるように子を殴りつけでも成長させるというのが「敎」という昔の字なのです。

ところが新字体の「教」になりますと、老獪な老人が子を殴りつけるという字体になっています。
要するに子の未来に責任があるわけではない狡猾で老獪な老人が、若者をカタに嵌(は)めて言う通りにさせて自己の利益を図るというのが「教」という漢字です。
責任の所在の有無によって、意味が逆転してしまうのです。

Korean社会は、いまもアポジと呼ばれる60年安保を仕掛けた反日主義の老人が在日社会を牛耳り仕切り、若者たちを操って自己の利益を追求しているといわれていますが、まさに新字体の「教」を地で行く社会になっているわけです。

我が国の教育も、ですからもともとは「敎育」です。
この成長と未来に責任を持つ大人が、子を一人前にするために子を殴りつけででも育(はぐく)み育てるのが「敎育」であったわけです。
「教育」と「敎育」では、意味が違ってしまうのです。

要するに、使われる漢字が新字体と呼ばれる、別な字になることによって、実は、意味だけでなく、社会道徳や慣習まで影響を受けてしまうわけです。

漢字は、もともと異なる言語の人たちが、漢字の持つ意味によって、文字でコミュニケートするためのツールとして発達したものです。
ですから漢字は、その文字の持つ意味によって、様々な使われ方をします。

たとえば古事記では、天照大御神(あまてらすおほみかみ)が天岩屋戸(あめのいわやと)にお隠れになったとき、世界が闇に閉ざされて、そこで「万妖悉発」と書いています。
これで「よろずのわざわひ、ことごとくおこる」と読み下すのですが、ここで「わざわひ」という大和言葉に、「災(わざわ)い」ではなく、意図して「妖」という字を用いているわけです。

「妖」という字は、女性が体をくねくねさせて男性を誘惑する姿をあらわす漢字です。
つまり、暗闇の中で、女性がくねくねと体をくねらせて男性を誘惑するようなことを、古事記の作者は「わざわひ」だと断じたのです。災害が起こったのではないのです。

このことと対をなす行動として、次に天宇受売(あめのうずめ)の岩屋戸の前でのダンスが描かれています。
そこから古事記は、天宇受売のダンスが、決して怪しい男性を誘惑するようなエロチックなダンスではない、ということを、明快に表現しているわけです。

ところがそういうことをちゃんと読まないと、あたかも天宇受売が「ちょっとだけよぉ〜」と、まるでヌードダンサーのような怪しい踊りを踊ったようにとらえられてしまい、古事記を読み間違えてしまいます。
漢字の意味を理解することは、大事なことなのです。

実際、よく使われる「当用漢字」が幼年教育に採り入れられることによって、現実に我々日本人は、日本的な精神性の大切な部分を失うに至ったということができます。
「禮」という字を子供に教えるのはむつかしいという人もいるようですが、子供というものは、むつかしい字であっても、意味がわかれば、それなりに吸収するものです。

昭和30年代のことですが、ある子は幼稚園に市営バスで通園していました。
乗るバスは「西循環」という市内西部を循環するバスです。
いろいろな行き先のバスが次々とやってくる中、その子は、ちゃんと「西循環」という漢字を理解して、間違えずに毎日の幼稚園の行き帰りにバスに乗っていました。
しかもその子は、自分の乗るバスの行き先の漢字を覚えて、ちゃんと紙に書くこともできたそうです。
大人がちゃんと「學(まな)ばせればできる」のです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
日本語ルネッサンス...
ぜひ、失われた言葉をリスト化しましょう。

先日、IPA=情報処理推進機構によって、6万の日本語にコードを振る作業が終わった、とニュースがありましたが、
その6万語に、戦前の文字が含まれているのかは不明です。
2018/01/01(月) 04:03 | URL | アシオ #ReOT891Y[ 編集]
No title
こんにちは。文字も歴史と共に変化する文化では?
時代により話し言葉が違いますしw字体も違いますし。
平安時代の古筆など略字もありますよ。草書など読めませんw
お寺さんは真面目に書いてありますけどwそりゃ~お経ですしw
藤原定家さんとか・・賭弓之式とか読みやすい字体ですが、門の文字
は略字だったりします。御の文字もなんとな~くw空海さんの筆注書
から引用したらしい筆注自在抄(伝世尊寺経伊)の字体など・・アート
ですw尾張徳川家家伝の書をパラパラ見る限り、平安時代以降の国風
文化では、古筆は漢字そのものをアートに魔改造していったようです
ね。写経とか以外はw江戸時代なんてひらがな混じりでwひらがなも
漢字もくずしで読めないwそういえば浮世絵の版元は暦や読み物も印
刷してましたが、これもまた立派なアート字体で・・でないと彫りに
くいですね。暗号みたいなのを読み解くのが楽しみだったのかもねw
明治のお偉い学者さん達は、字体については多分お経や儒家の書など
を参考にしたと思いますwふる~い物を保存するのも得意な国だしw
最近は絵文字が日本から世界に広がっていってるようですよ(^^)
文字を書く時代から印刷する時代へ、そしてメールする時代へ。時代
は変わっても、文字をアートしてしまうのが日本人?


2017/12/29(金) 03:56 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
なるほど新字体は意味が少しずつ抜けたり変わったりしてるんですね…
でも簡体字になってしまわなくてまだマシでした…あれは文字の魂が抜けきっちゃってますもんね…
2017/12/28(木) 23:33 | URL | #-[ 編集]
安倍政権は、英語早期化、多言語表記推進
安倍政権になってから、英語教育の早期化が進んでいます。
安倍政権は、TPP推進などグローバル化も積極的に進めてきました。
そのせいで、企業内の英語公用化も進みました。
また、観光立国を進めてきたせいで、中国語や韓国語などを含めた多言語表記も安倍政権になってから急増しました。
このままでは、日本語、日本文化は衰退するでしょう。
2017/12/28(木) 01:12 | URL | 大和誠 #.8bT96/M[ 編集]
No title
私はるびを是非復活してもらいたい。るびがふってあると難しい漢字も読めて読書が楽。なんで廃止されてしまったんでしょうか。
2017/12/27(水) 19:28 | URL | りんご #-[ 編集]
No title
私の名字の一文字は、一番年下の子だけ文字が違います。
平成10年頃の難しい漢字を統一?したからとか。
これって、出自が怪しい輩と同じにしたいからだろ、と思っています。
何故に、変えるんじゃ、ボケー。
文科省か…。
2017/12/27(水) 18:14 | URL | 戦後生まれ #ZPSHKfio[ 編集]
その問題は岡潔先生も望月新一先生も言っておられますね。
その問題は岡潔先生も望月新一先生も言っておられますね。

数学者 岡潔思想研究会
http://www.okakiyoshi-ken.jp/index.html

新一の「心の一票」
https://plaza.rakuten.co.jp/shinichi0329/diary/

日本人の日本語OSができる時に、別の国の英語OSを入れてしまうと、ウィルスがOSに入り込んだのと同じ状態になりかねないと。

実際に、幼少期に英語を身に着けると、単なる香港人やシンガポール人になってしまい、虫の音を聞いても雑音としか聞かない、風流の分からないアジア人になってしまう。

やはり最初に日本語や日本文化や日本の歴史を学ばせるべきでしょう。
2017/12/27(水) 11:26 | URL | KI #-[ 編集]
日本人の情操
日本語の中には外国にはない言葉が沢山あります。
「もったいない」「いただきます」「ごちそうさま」など英語ではうまく表現できない言葉です。

アメリカの弁護士「ケントギルバート」さんが言っています。
英語を日本語にするのは簡単だが日本語を英語にするのは難しいと。
日本語固有の言葉の中に日本人特有の「情操」があるのではないでしょうか。

政府は小学生から英語教育を始めました。
日本語をまともに話せない子供に英語を教えることに疑問を感じます。
物事を英語で考えだすと日本人固有の情操が失われていきます。

2017/12/27(水) 10:06 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク