アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本銀行券と政府発行硬貨のお話

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本国内で通用している貨幣(お金・通貨)には、
「日本銀行が発行するお札(銀行券)」と、
「日本国政府が発行するコイン(硬貨)」の二種類があります。
なぜでしょうか。


20161226 神功皇后


【お知らせ】
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****

昨年12月にこのブログに書いたことですが、我が国に一万円札や千円札のような「お札(紙幣)」と、10円玉や100円玉のような「コイン(硬貨)」の二種類があることは、みなさま御存知の通りです。
そのお札をよく見ると、そこには、
「日本銀行券」
と書いてあります。

一方、コイン(硬貨)には
「日本国」
と刻印してあります。

つまり日本国内で通用している貨幣(お金・通貨)には、
「日本銀行が発行するお札(銀行券)」と、
「日本国政府が発行するコイン(硬貨)」の二種類があるのです。

ではどうしてその両方のお金を政府が発行しないのでしょうか。

実は明治のはじめには、実は明治政府がお札を発行していたのです。
それが冒頭の写真です。
中央に一円紙幣に「大日本帝国政府紙幣」と大きく書かれています。
発行者の名前も、画面左側に「大蔵卿」と赤く書かれています。

ところがこうした政府発行紙幣は実は信用がないのです。
これは世界中どこでもそうです。
なぜなら、政治は色物で、色はコロコロと変わるからです。

政治の都合で、紙幣をガンガン印刷されても困ります。
なにせただの紙ですから、原価はしれています。
A5版にも満たない小さな紙切れ一枚で、何万円もの価値を創造できてしまうのです。
ある意味、危険極まりないわけです。

ですから徳川幕府は、そうした貨幣の信用のなさを、金(gold)で裏付けていました。
金(Gold)を使った大判小判を用いることで、幕府の信用だけでなく、金(Gold)の持つ信用をそこに重ねることで、安定した通貨の供給をしていたのです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



ところが幕末に、日米和親条約の細則によって、日本から金(Gold)が大量に米国に流出しました。
持ったこともないような大金を持つことは、個人にとっても集団にとっても不幸なことです。
大量の金(Gold)を日本から得た米政府は、結局その金(Gold)で南北戦争という大内乱を起こし、なんと90万人という途方もない死傷者を国内に出したのです。

一方、持ち出された側の幕府は、金の含有量の少ない万延小判を発行することで、なんとかして金(Gold)の流出に歯止めをかけようとしました。
するとこんどは米国は、英仏を経由して敗れた米国南軍の装備を幕府側と薩長軍に巧妙に売りつけて、日本に内戦を起こさせます。

この作戦で日本は、もしかすると米国の南北戦争なみの大乱となり、ドロドロの泥仕合を繰り広げ、それこそ「ケツの毛まで」むしられるほど、装備を買わされるところでした。
ところがなんと日本では、勝海舟と西郷隆盛が面談して、あっさりと江戸は開城、戊辰戦争が話し合いで終わってしまったのです。

もちろんご存知のように、その後も上野の彰義隊の戦いや、会津戦争、函館五稜郭の戦いなど、戦いは尾をひきましたが、将軍職を廃して天皇中心の明治新体制をつくるという目的は、江戸開城の時点で、いわゆるケリが付く、という状態となっていますから、あとは残敵掃討作戦のようなものであったわけです。
ドロドロの戦いは回避されてしまったのです。

このように申し上げてわかりにくければ、経済的には、新たな軍用品の国際売買は、江戸開城の時点で打ち止めになってしまったということです。
日本に底なしに戦争道具を売りつけようと目論んでいた米英仏の目論見は大外れになってしまったのです。

ところがここでまた日本の側には新たな問題が起こります。
その戊辰戦争までの間に、通貨の裏付けとなる金(Gold)がすでに大量に国外に流出していたのですから、明治新政府にはお金(Gold)がないのです。

そこで明治新政府が行ったことが、紙の紙幣の発行です。
これが征韓論が湧いて西南戦争があった翌年の明治11年で、冒頭の写真は、このとき発行された紙幣です。
絵柄が三韓征伐を行った神功皇后であるということは、我が国の紙幣の発行と、征韓論が結構ダブっていたりします。
要するに時の明治政府は、征韓論に湧く国内世論に、神功皇后を描いたお札を発行することで答え、そのことで紙幣の信用のなさを乗り越えようとしたのです。

ちなみにその征韓論、あたかも朝鮮半島侵略攻撃論であるかのように、間違って教えられていますが、
第一に、朝鮮半島は大陸から日本に突きつけられた匕首(あいくち)のような地勢にあります。
この時代、清国はボロボロで、英仏が事実上領土化していましたし、ロシアも南下を目論んでいました。
そうなると、当然、朝鮮半島も無事では済まない。
だから、まるで中世のような体勢にあった李氏朝鮮に、あらためて近代化を促進してもらえるように、彼らを説得しなければならない。

ところが、李氏朝鮮は儒教国であって、大勢を引き連れた大行列の交渉人でなければ、信用しないのです。
これは彼らの社会体制です。
一方、変に近代化した明治政府は、西洋的ルールで、外交担当者を李氏朝鮮に交渉に赴かせれば良いと、軽い考えでした。
そのため、バカにされたと怒った李氏朝鮮は、日本を「無礼の国」と断じています。
無理もないことです。彼の国はいまだに古代のままなのですから。

西洋かぶれした明治政府の対応に対して「朝鮮半島に正しきを行う」ために、ちゃんとした古式作法に則った大行列の使節団を送らなければならないとしたのが征韓論です。
征韓論の「征」の字は、「正しきを行う」という意味を持ちます。

学校教育でも、漢字を、その成り立ちとか意味から漢字を教えようとしないで、単に画数が多いか少ないかだけで漢字教育をしようとするから、ちゃんとした意味を読み取れなくなっているのです。
子供は、小学校低学年でも、漢字の持つ意味や成り立ち、その象形性をちゃんと教えれば、画数に関係なくちゃんと漢字を覚えるものです。

話が脱線しましたが、明治政府は、国防のために軍事費はかさむし、公務員の給料も負担です。
是が非でもお金がいる。
ところが肝心のGOLDがない。

そのため、市中の両替屋さんたち(いまでいう銀行)も、政府発行紙幣を額面で受け取ってくれませんでした。
今風にいうなら、銀行に1万円札を両替に持っていくと、4千円しかもらえないようなものです。
そこで、政府に信用がないのなら、今風に言うなら
「では、両替屋を新たに作って、そこで両替をやらせよう」ということでできたのが、明治14年の日本銀行の創設です。

日銀は、翌明治15年に開業し、明治16年には政府や、それぞれの銀行が独自に発行していた通貨を全部額面で回収しました。
また、明治17年には、その時点でまだ日本に残った「銀」を用いて、日本銀行兌換紙幣を発行しました。
要するに金(Gold)がないけど、銀(Silver)なら手元にあるから、その銀を裏付けにして紙幣を発行したのです。
そしてこれによって、日本の通貨はようやく安定を迎えました。

ちなみに、この「明治政府発行通貨に信用がなくて額面の半値以下でしか両替商が扱ってくれない」という時代に、せっせと政府発行紙幣を安値で集めていた男がいます。
それが岩崎弥太郎で、日銀がその明治政府の紙幣を額面で買ってくれることになったことで、彼は大儲けして、時の財閥となりました。こうしてできたのが三菱財閥です。

誰もがこれを、「岩崎弥太郎は先見の明があった」といいます。
違います。
弥太郎は、金(Gold)やシステムのもたらす信用より、「約束を守るという日本という国と日本人」を信じたのです。
そしてそのことが、三菱の大財閥を生んだのです。

昨今、三菱グループは、何かと叩かれていますけれど、三菱の根幹には、国を信じ、民族を信じるという創業精神がいまもしっかりと息づいています。
頑張っていただきたいと思います。

というわけで、いまも日本では、日銀が紙幣を発行し、政府は補助通貨としてコインを発行するという住み分けが行われています。
お手元のお札や、コインを見たときに、そんなお話をお子様やお孫さんたちにお正月、してあげたらいかがでしょう。

「先輩たちに、いろいろな苦労があったんだね」
その苦労の上に、いまの日本があるのだということを知っていただく、良いきっかけになるかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございました。

※この記事は2016年12月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
こんにちは。
アメリカの中央銀行制度を連邦準備制度(FRSもしくはFed)といい、
連邦準備制度理事会(FRB)が統括すると。
確かにアメリカのFRB(連邦準備銀行)は民間企業ですが、FRB(連邦
準備制度理事会)という政府機関の下にあるわけです。そしてアメリ
カ政府との関係は、アメリカン・ルールにより行われます。この関係
は、アメリカの状況により変化しているようです。確かに、リンカー
ンやケネディの暗殺と無関係とは言えないかもしれませんし、世界恐
慌との関係も指摘されています。しかし現代に至り、サブ・プライム
危機、リーマン・ショックをくらいまして・・欧米主要国は大不況が
長期間にわたる事に。このままではアメリカが破綻してしまいますの
で・・超金融緩和・・米国財務省証券(米国債)の大量保持、政策金
利引き揚げ、量的緩和など・・に至ったそうです。アメリカン・ルー
ルでは、アメリカの政治政策と金融政策のある程度の分離があるんで
すよ。マネーとは金塊と言うよりも信用。(もちろん裏道はあります
がw)これが世界恐慌や世界大戦の歴史を経て変化している。
アメリカ政府が他国を攻めるためにドル調整をしたら信用がおちる。
しかしFRBが行うのであれば、国際市場との関係で動くわけですからw
つまり、お隣のチャイナのように国が札を刷り、それを世界侵略に利
用するわけではない。チャイナには延々と続いて来た贋金文明があり、
国内には偽札が溢れかえって経済を回しているのですが、その札をド
ルに換えて海外の土地を企業を買収しているわけです。そのためのマ
ネーロンダリング機関としてカジノを日本に作りたいwカナダのカジ
ノを始め、そこいら中でやってますよね。アメリカのFRBだけをあげ
て、チャイナの状況に考えが及ばないのはどうでしょうか?
アメリカ政府が政界と経済界を完全にくっつけないのは、どちらにも
過ちが生じる恐れがあるからでは?確かにアメリカは一枚岩ではない。
だからこそ紆余曲折もするが、伸びていく可能性がある。
戦後のGHQはコミンテルンという共産集団に牛耳られていたと。その
反省から日本における占領方針は途中から変わったのだと。当初、日
本の大企業は300ほど解体される予定が9社に留まったのもその影
響もあるかと。アメリカは本国でもアカ狩りを実施しています。こう
いうのがアメさんの面白い所です。ちなみにGHQ情報部のウィロビー
少将は、日米の双方にコミンテルンのスパイが入り込み多大な損害を
得るに至ったという三田村武夫氏の論文を検討してみるという器量の
持ち主だったようで、アメリカ本国のアカ落とし調査が始まったと。
一方、日本は・・。いつまでもGHQのせいにし続けるのは如何なもの
でしょうか??

2017/12/29(金) 02:41 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
FRBや日銀をはじめ、世界各国に存在する中央銀行ですが、こいつらの存在に疑問を持ったことはありませんか?
なぜ、公的機関ではない私的銀行家の集まりである中央銀行に通貨を発行する権限があるのか疑問に思ったことはありませんか?
彼らは臣民の誰からも信任を受けていないのに、通貨発行権とそれに伴う発行益を独占している。
ここに世界で指折りの詐欺行為、強奪行為が存在していることに気づいてほしいものです。
通貨発行権は本来なら政府が管理すべきで、日本では天皇大権に属する権限です。それを不当に奪われている状態なことに気づいている人はどれくらいいるのでしょう。
ゴールドスミス、JPモルガン、ロックフェラー、ウォーバーグら、名だたる銀行家がイギリスとアメリカから通貨発行権を奪ったことは、レントシーキングの始まりであり、この世界で指折りの不幸な出来事でしょう。
それに抗ったリンカーンとJFケネディの末路は皆さんご存知ですよね。

2017/12/28(木) 12:36 | URL | 日和歌 #-[ 編集]
No title
間違って教えられているのではなく、意図的に捻じ曲げて教えられているのです
2017/12/28(木) 08:18 | URL | fefe #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
パチンコをはたき出せ!
パチンコ撲滅
パチンコ市場は21兆円
そのお金を消費に向ければ莫大な経済効果が生まれる!

 ↓関連記事↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1197.html
やまと新聞を守れ!

やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。
みんなの力でやまと新聞を応援しよう!!
やまと新聞社の公式HPは
 ↓コチラ↓
http://www.yamatopress.com/ 購読料は月500円です。
下の窓の中味をコピペすると、上のバナーをご自分のHPに貼ることができます。
やまと新聞の紹介記事はココをクリック
殲滅支那大連盟
殲滅支那大連盟

■満州国臨時政府■
 ↓ ↓ ↓
http://www.manchukuo.net/
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク