アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


干支(かんし)のお話(2)

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

元旦に、今年「戊戌の年」は、強力な武器でこれまでの価値観が打倒され、新旧交代が促進される年であると書きました。
「戊戌」の「戊」も「戌」も、どちらも武芸の達人でなければ使いこなせない斧槍を意味する象形で、その年は、良くも悪くも斧槍を持った武人の軍団が新しい価値観をもって、これまでの60年間支配的だった価値観を打ち倒す年となるというのがその骨子ですが、もう少し詳しく掘り下げてみたいと思います。


成長曲線


【お知らせ】
1月6日(土)13:30 第47回 倭塾 公開講座
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****


去年までの動きは、新しい価値観が台頭する一方で、旧来の価値観が衰退する流れでした。
上に図を書きましたが、昨年の「丁酉(ひのととり)」の年というのは、まさにそのブレイクスルーポイントであったわけです。
これは、「丁」が釘の象形で組み合わせた木材を安定させ、「酉(とり)」が徳利(とっくり)の象形で稔りと成熟を意味することから、そのように読めるわけで、まさに新しい価値観が古い価値観と、新旧交代したわけです。
その意味で、昨年の元旦には、
「今年(2017年)の動きが、国も個人も、
 今後の60年を支配することになる」
と述べさせていただきました。

要するに昨年はブレイクスルーポイントにあたる年であったわけで、今年は、それが加速されるわけです。
それが「戊戌(ぼじゅつ)の年」です。
「戊戌」は、「戊」も「戌」も、どちらも「斧槍」を意味しますから、武芸の達人が複数、斧槍を手にして立ち上がっているわけで、古い価値観は、強力に打ち破られていくのです。




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部


その古い価値観は、これまでの60年間を支配した価値観です。
そこには、富と財力と権威が蓄積され、これに基づくヒエラルキー(社会階層)も持っています。
一方、新しい価値観には、まだ富も財力も権威も社会階層も確立していません。
にもかかわらず、新しい時代の流れの加速は止まらなくなります。

その意味では、今年は繁栄を手にする者と、滅亡していく者と、世の中が両極端に分かれることになるわけです。
よくある干支占いは、「戊戌の年は、そういう年だ」と説きますが、ねず式は、単に漢字の持つ意味の解読ですけれど、不思議なことに同じ結論に至ります。

古いもの、つまり在日特権や左翼思考、反日思考は、次々にその正体が暴かれ、これにしがみつく者は、地位も名誉も財も数年のうちに失うことになります。

これは必ずそうなります。
なぜなら、良くも悪くも、新旧交代だからです。
それは、必ずしも良くなることばかりを意味しません。

60年前には、中共や北朝鮮が「理想の楽園」ともてはやされました。
それが60年かけて、実態が暴かれ、もはや世界中で彼らは信用をなくしつつあります。

日本国内では、60年前にすべてが万事、反日化、左傾化、インスタント化(簡略化)というレールが敷かれました。
それに与(く)みした者は、人も企業も政治家も、まさに我が世の春を謳歌しました。
けれど、その実態が暴かれ、いまや彼らは世間の信頼を失いつつあります。

この60年が、世の中が悪い方向に振れたなら、これからの60年は、何が何でも良い方向に振れてもらわなくてはなりません。
その動きがどのような方向に向かうのかは、昨年の干支がこれを象徴しています。
昨年反日左翼は、「もりかけ」で自民の首を取ろうとしましたが、北の脅威が迫り、与党は信頼を回復し、自民は衆院選で圧勝しました。
野党も、民主党は民進党と党名を変えてまで生き残りを図りましたが、これも分裂に至り、頽勢は誰の目にもあきらかです。
いまだに国会では、その野党が「もりかけ」にしがみついていますが、すがればすがるほど、彼らは今後ますます世間の信用と信頼を失っていくことになります。

ただし、ひとつ注意があります。
新らしい時代に適合した人たちは、もちろん新時代の立役者となるのですが、ここに重大な落とし穴があることを忘れてはならないのだと思うのです。

これまでの60年は、ある意味、欲望と破壊の60年です。
次の60年は、おそらく愛と建設の60年となるであろうと思います。
日本は「シラス(知らす、Shirasu)国」を取り戻すのです。
それだけに、傲慢や慢心に陥ってはならないと思うのです。

「戊戌」は、斧槍を意味します。
しかし先だっても書きましたが、では我が国において、旧来の特定権益者たち1500万人を、ロシア革命やChinaの文化大革命さながらに、皆殺しにするのでしょうか。
我が国にそのような非道の文化はありません。

つまり、私たちは、堂々と真実を述べ、堂々と本来のあるべき日本の姿を語り、それを国の内外に向けて発信し、そうすることで、誰もがそれによって得ることのできる愛と喜びと幸せと美しさのある、豊かで安心で安全な社会を築いていく。
そこを一歩でも踏み間違えたら、途端に神々の怒りに触れ、滅びの道をたどることになるということです。

最後に「新時代を生き残るヒント」を申し上げたいと思います。
60年前の戊戌の年の日清のチキンラーメン登場以降、我が国の世の中は、「簡単、便利、インスタント」がモットーとなってきました。
各家庭からは、早朝に台所でまな板に包丁を当てる母の音色が消え、もっぱら簡単便利が世の中の中心となってきました。

ところがこの10年来、それとはまったく別な、新たな動きが誕生しています。
それが「かわいいお弁当」で、様々に工夫を凝らしたお弁当に関する雑誌は、猛烈な販売部数を誇っています。
この「かわいいお弁当」は、母の子への愛情がなせる技です。
つまり、新時代のキーワードは、「かわいらしい愛の表現」となるものと思います。

企業において商品開発をご担当されている方、デザインを担当されている方、あるいは子育て中の方など、今年以降の新しい時代のヒントとして、「かわいらしい愛の表現」をキーワードにご検討を進めてみられたらいかがでしょうか。
また、ブログやFacebook、TwitterなどのSNSにおいても、愛を前面に打ち出す者が、今後の新しい時代の勝利者になっていくものと思います。
対立ではないのです。
愛です。

愛によって、互いによろこびと幸せを得る美しい世界。
身近なところでその愛を表現できたら、それは幸せを招くものとなると思います。
それがこれからの60年を支配するキーワードです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部


関連記事
スポンサーサイト

コメント
No title
こんにちは。ねずさんはロマンチストなのですね。
当方、三島由紀夫と同様、愛という言葉で痒くなる質でしてw
同じものを見ても、個々人により認識されるものは違ってくる。
その多様性が和歌の世界に満ちている。何故なら、言葉を惜しむ事で
受け取る側のイマジネーションに任せる芸術だから。
そういう質だから、平安時代の女流文学は痛々しい。彼女達は無意識
の内に時代への疑問とおびえを表現している。をかし~元々は愚かな
という意味・・それを敗者側の清少納言が書く・・あはれ~無常観を
意味する・・これを勝者側の紫式部が書く・・。
初めての幼帝であった清和天皇以来、藤原氏は更に登り続けるが、
清和帝の時代は天災がてんこ盛りで・・864富士山貞観大噴火から、
大干ばつ・別府鶴見岳と阿蘇山噴火・肥後津波と地震・貞観大地震・
出羽鳥海山噴火・開聞岳噴火・伊勢で蝗害・相模・武蔵大地震・その
他京都で地震多発・・880年までの16年間のトピックだけでこれw
相模・武蔵の揺れは京にまで至ると。880清和帝逝去後も、887までに
もほぼ毎年天災が。開聞岳噴火・上総と下総と安房大地震・887年7月
七道諸国の仁和地震と津波8月余震。この間に清和帝より876陽成天皇
~884光孝天皇へ、そして887年9月に宇多天皇践祚。翌年からはぐっ
と天災の記載が減る。清和帝の直系は陽成帝だが、そこから清和帝の
叔父の光孝帝へと受け継がれた事になる。915鳥海山噴火・十和田山
噴火など・・地球変動の時期だった・・この約百年後に清少納言や紫
式部が活躍し藤原道長が栄える。そして更に約百年後の1096東海・
1099南海大地震(享保・承徳地震)を経て時代は院政を敷く鳥羽天皇
へ。そしてまた約百年後には1192鎌倉幕府へと。
・・をかしく、あはれな世の流れw
・・その中に浮き沈みするのが人の姿
・・それならせめて、形式美を求めるのをつとめとし

2018/01/07(日) 05:54 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
本年もよろしくお願い致します
明けましておめでとうございます。

昨年も貴重なお話を頂き、勉強になりました。

私事ではあるのですが、現在、半導体関連の仕事をしています。
ですが、知れば知るほど奥が深く広い世界であることを実感しています。
これからも表面だけを理解したつもりになって調子に乗らず、謙虚に学んでいく所存です。

これも、先生が常にブログでお書きになっていることのお蔭だと思っています。
それだけでなく、転職の際にお世話になった県の就職支援センターのカウンセラーさんのお蔭でもあります。

本年も先生のブログから、学んでいきたいと思います。
よろしくお願い致します。
2018/01/04(木) 18:37 | URL | ならち #-[ 編集]
九紫火星が本宮の年
本年は九紫火星が中宮の年なんですね。 二月三日の節分より運気が変わります。美と名誉と魂の尊厳を重んじる神仏顕現を現す年神だそうです。
また、離宮が定位置の九紫火星なので、今までの価値観との離別、親しき人や場所との別れも意味するそうです。ねずさんが仰るように旧い価値観との離別と新しい価値観への移行が
促進される本年である事は間違いないようです。傷みを伴う改革が世界規模で起こるようですが、希望を持って生きたいと想います。
2018/01/04(木) 11:22 | URL | 大阪都民 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク