アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本が壊れない本当の理由とは

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本は先の大戦で敗れました。
しかし日本は、いまも日本です。
なぜ、戦いに敗れても日本は壊れなかったのでしょうか。

昭和30年代の日本
20180114 昭和30年代
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****

のんびりしていてはいけない、もっと危機感をもたなければダメだ、亡国だ!!と右側の人は言います。
左側の人は、戦争をしたがっている、9条を守れ、安倍はどうのこうの、とテレビや新聞で騒ぎ立てています。
では、普通の大多数の日本人は何をしているかといえば、ただ淡々と日常を真面目に頑張って生きています。
右にも左にも同調できずに、自分の道を進んでいます。
大切なことは、右だとか左だとかではなくて、その対立のもっとずっと手前か、あるいはもっとずっと向こうの方にあるということなのではないでしょうか。

明治の頃、宮城県大崎市に、鎌田三之助という衆議院議員がいました。
その三之助がメキシコに視察にでかけているとき品井沼の排水工事をめぐって、工事推進派と中止派がそれぞれ対立して、住民を二分してしまうという、たいへんな騒動が起こりました。
三之助が急遽帰国して現地に向かうと、品井沼の排水工事は、三之助が一年前にメキシコに向けて出発したときからまったく進んでいません。
三之助がいなくなったあとに、それぞれの村の意見が対立してしまったのです。

品井沼の干拓工事について、そもそも工事自体が不要と言い出す者、干拓そのものが不可能だと言い出す者、決まったことだからやろうという者、それぞれ目先の利害で対立してどうにもならないのです。
宮城県の亀井県知事が仲裁に出張っても、まったく問題が解決しない。

三之助は帰郷するとすぐに村に向かいました。
そもそも品井沼は、四方を山に囲まれていて、排水ができないのです。
そこに水の出口、つまり排水路を築けば、広大な沼には、1000ヘクタールの水田が生まれるだけでなく、周囲800ヘクタールの土地は水害から守られます。
けれどもそのためには、岩盤でできた急な斜面に穴をうがって、トンネルを掘り、そこからさらに水路を伸ばしていかなければなりません。
それはいずれも山中での工事です。
たいへんな難工事です。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部




けれども、その工事が完成すれば、そこに住む人々の暮らしは、まちがいなく豊かになる。
だから三之助は、私財を使い果たしてでも、村を水害から守り、新たな土地を拓こうと、この計画を推進していたのです。
村に向かった三之助は、反対派の人々の家を一件一件訪問し、ひとりひとりを粘り強く説得しました。
こうして反対派の人々もついには納得し、みんなが一致団結して工事を行うことになりました。

品井沼の干拓のために力をつくした三之助は、明治四十二(1909)年、村人たちの強い願いで鹿島台村の村長になりました。
元国会議員が、村の村長です。
見栄っ張りな人にできることではありません。

三之助にとっては、見栄など、愚の骨頂です。
三之介にとってたいせつなことは、村の人々が、いまよりもすこしでも豊かに安心して安全に暮らせるようにしていくことだからです。
そのための政治です。

なぜ三之助はそこまでしたのでしょう。

それには理由があります。
日本人だからです。
それでわからなければ、日本では、民こそが国家最高権威である天皇の「おほみたから」だからです。
そして天皇は神々の直系のご子孫であり、中つ国である地上社会を代表して神々とつながるお役目だからです。
これを「シラス(知らす、Shirasu)」といいます。

そしてそのシラス天皇によって、民衆こそが「おほみたから」とされている。
だからその「おほみたから」のために、自分にできる最大限のことをする。
これを「忠義」といいます。
「忠」と書いて、大和言葉では「まめなるこころ」と読み下します。
「義」と書いて、大和言葉では「ことはり」です。
義は、羊に我と書きますが、大昔は羊は神々への捧げ物です。
たいせつなもののために、我が身を捧げるのが「義」です。
その字に、大和言葉の「ことはり」を当てています。
「ことはり」というのは、条理・道理のことです。

その「条理・道理」のために、打算や損得抜きの「まめなる心」で「我が身を捧げる」のが、日本的「忠義」であり、武士道です。
これは、儒教における「忠・義」、言い換えればChinaやKoreaにおける「忠・義」とは、使っている漢字は同じでも、意味がまったく異なるものです。

彼らの文化にとっての「忠・義」は、上司上長のために命を捧げることです。
上長が嘘やデタラメをしていても、それをかばいだてするのが、彼らにとっての忠義です。
これは我々日本人の感覚では、受け入れ難いものです。

鎌田三之介に限らず、武士道に生きる者は、そうして民が豊かに安心して安全に生きることができるようにしていくことに、全力を傾け、誠実を貫いたのです。
それが日本的な臣の生き様だったのです。

このことは大東亜の戦いで散っていった英霊たちも同じです。
彼らは祖国の自由と独立自存のために戦い、かつまた植民地政策による支配と隷属の関係に置かれた東亜の諸民族のために戦いました。
世界中、どこかの国や地域を征服したら、その国の民を先兵にして敵と戦わせるのが常識であった時代に、彼らは、むしろ現地の人々を激戦地から避難させ、より厳しい戦場へと出向いて行きました。

そうした中に、戦地で散華された多数の女性看護婦たちもいます。
彼女たちは、傷病兵のためにと、戦況厳しい前線へと出向き、そこで多くの彼女たちの命が失われています。
なぜ彼女たちはそこまでしたのか。
彼女たちもまた、民衆こそ「おほみたから」とする日本に生まれ育ち、日本人として生きたからです。

自分には火の粉がかからない安全な場所と時代にいて、他人の悪口を言うのは、個人主義の世の中では、なるほどそれは個人の勝手かもしれません。
しかしひとついえることは、お互いに非難や中傷をあびせあうだけでは、この世は決して良くはなりません。

私たちは、大人も子も、右も左も、みんなが「おほみたから」であるのだという自覚と誇りを取り戻さなければならないと思います。
なぜならそれこそが、「天の大御心」だからです。

日本は先の大戦で敗れました。
しかし日本は、いまも日本です。
なぜ、戦いに敗れても日本は壊れなかったのでしょうか。

それどころか、日本は、いまでも世界の大国の一角です。
東京に至っては、世界の都市別のGDPランキングで、なんと世界一です。
ロシアが大国と思っている人もいるようですが、2016年でいえば、ロシアのGDPは1兆2800億ドルで、日本(4兆9386億ドル)の4分の1でしかありません。

日本が見事に復活した理由、それもまた日本が「民こそをおほみたから」とするシラス国だからです。
国土が焦土となったとき、政治向きには◯◯闘争と呼ばれた対立や紛争が次々と起こりましたが、多くの民衆は、そんな「政治遊び」などに付き合っているヒマはないと、仕事の席では政治の話は御法度にして、みんなで力を合わせて瓦礫を撤去し、町を復興させていったのです。
日本がおかしくなりはじめたのは、そうした皇民教育を受けない戦後世代が、社会の中核を担うようになってからのことです。

ひとつ申し上げたいことがあります。
戦後、GHQは日本を壊そうとしました。
これは事実です。
しかし、結局のところ、傷は負わせましたが、壊すことはできませんでした。
なぜでしょう。

その答えは、日本人(日本に住んで日本語を話し日本人のような顔をした日本人でない人は除きます)の誰もが常に生涯を通じて「愛と喜びと幸せと美しさ」を求める民だからです。
そのことが日本人には、魂に刻み込まれています。
DNAであると言っても良い。

そして人が「愛と喜びと幸せと美しさ」を求めて生きることは、どこの国のどの民族にとっても普遍の大事です。
だからGHQは、日本の制度を壊しても、日本人の心を壊すことはできなかったのです。
これこそが日本が不滅の理由です。

「そんなことはない。日本には様々な問題がある」という方もいるかもしれません。
しかし、問題があるということは、問題を自覚できる感覚があるということです。
そして自覚ができることならば、それは改善し、乗り越えれば良いだけのことです。
それは神々が我々に与えてくれたチャンスです。

チャンスは、いつの時代にも、どんな場合にも「苦難」の形をとって目の前に現れます。
それを乗り越えていくことが、生きるということなのだと思います。

だから人類が「愛と喜びと幸せと美しさ」を求める限り、
日本は永遠に不滅です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事
スポンサーサイト

コメント
GHQ(アメリカ)の誤算
結局GHQは日本を壊そうとしたけど、その結果日本(人)よりもより凶悪でより凶暴でより狡猾でより扱いにくい中国、朝鮮(韓国)を国内に受け容れてしまい(日本(人)よりも扱いやすい、劣っているという思い込みのもとに)、挙句日本は先の戦争でアメリカ本土に指一本触れられなかったのにもかかわらず、中国・韓国(人)はアメリカという国そのものを中から腐らせていった(最終的にはアメリカ二大政党の一角・民主党が著しく汚染された)わけですからね。


でなけりゃ、リッパート事件で韓国の国としての責任を全く追及せず、自国の大使クラスの要人が怪我させられたのにも関わらず、一切の責任をも韓国に求めなかったなんて、大国のメンツ丸潰れな事を出来るわけないですからね。これって結局軍隊で言う所の友軍への発砲「フレンドリーファイア」なわけですから。
2018/02/03(土) 10:53 | URL | すごい漢 #99DFA69w[ 編集]
No title
こんにちは。船頭多くして 船 山に登る・・みたいな?
団結する中心を一時的に失い、集団は目的を忘れてワヤワヤになって
しまった・・。ミギやヒダリと規定する時、実は定点が必要なのです。
その定点は中央にあるとは限らない。いろんな対がありますねw例え
ば未来と過去の間には現在が存在します。まだ若い子供であれば未来
のほうが長いし、老いていれば過去の方が長い。地球と太陽であれば、
地球よりもず~~~っと大きい太陽の周りを地球が回る。原子核(陽
子と中性子)と電子も規模は違いますが電子が原子核の周りを回る。
この場合、定点は太陽や原子核に限りなく近いと考える事が出来る。
地球と月では地球が限りなく定点に近い。太陽と地球と月となります
と・・三体問題となりなんだか難しいw・・船頭が多くなった?現実
は対となる存在はいくつもあって複雑に絡んでいる。それを大きくわ
けるとミギとヒダリという感じになるわけですね。
干拓賛成派(消極的賛成派を含む)・反対派(消極的反対派を含む)。
相互作用する力のバランスがキモですから・・地道に賛成派を増やす
のには1対1で説得と・・そうやって賛成派に傾くようにバランス調
整をしていけば、最後まで(心中では)反対派がいてもどうにか合意
に達すると。人々の中心となって物事を成すのは大変な仕事ですね。
目的意識を忘れてしまうと、定点から外れてしまう。やりすぎると逆
に徹底的に分裂・分解してしまう事もある。過ぎたるは及ばざるに劣
ると。バランスって難しいですね。
日本は天災国です。大天災のたびに・・前の戦の空爆の時もですが
国土の上に行方不明や身寄りも解らぬ屍はいくらでも・・2011年の
震災の時もね。原発事故の処理もまだ解決していません。それに防空壕
・・ではなく核シェルター?に加え非常食備蓄の義務化のようなスイス
が民間防衛で指導しているような事も議論されていません。防衛に特化
した兵器も作れるのでは・・?武装中立を目指して欲しいものです。







2018/01/17(水) 04:56 | URL | くすのきのこ #-[ 編集]
No title
ねずさん、今日も良いお話を有り難う御座いました。
ねずさんが、毎日一生懸命に私たちが日本人であることを思い出させようとして下さっているので、何が大切なのか少し分かってきたような気がします。
これからも応援しています。沢山の方に読んで頂きたいです。
2018/01/16(火) 17:16 | URL | すみれ #-[ 編集]
「日本は永遠に不滅です」
嬉しくて何度も噛み締めたい言葉です。
日本人に生まれながら、忘れてしまっているもの、曇ってしまっているもの、汚れてしまっているもの、
いつか、全員、大和魂に立ち返るものと信じて待っています。
2018/01/16(火) 16:22 | URL | しみず #-[ 編集]
必読の本
この本は極東の状況に光を当てるという目的のもとに書かれている。と同時にある国に対してなされている間違いを正すという目的もある。日本との戦争以前から、そして戦争が始まってから中国で起きている出来事は、プロパガンダのためにぼんやりと雲がかかったように見えている。

アメリカにいる人々にはそこで何が起こっているのか、理解のとっかかりがないために特にそう見えるのだ。アメリカ人が極東で起きている出来事に間違った理解をしているのは、新聞記者のせいではないのである。

なぜならば、彼らは中国の検閲官が厳格なルールを強制するために何も出来ないのである。(後略)

この文章は現在のものではない。1938年にアメリカ人「フレデリック・ヴィンセント・ウイリアムズ」氏が書いた著書「Behind the news in china」(邦訳本:中国の戦争宣伝の内幕)の序文で書かれたものだ。

21世紀の現在も中国は日米の仲を裂くため世界に「日本の貶め宣伝」を繰り広げている。この本を読めば、如何に中国が日本を戦争に引きずり込んだかが良く分かる。1937年7月に起きた通州事件に関しても詳しく書かれている。が、12月にあったと言われる南京事件は何も書かれていない。なかったからだ。

1937年の8月13日から始まった上海事変もその内幕が書かれている。日中戦争の真実を知るための必読の本だ。日本の国会議員は全員読むべき本だと思う。
「日本が悪かった」という人たちにとって目から鱗の本と思われる。

日本は中国の「世論戦」に負けてはならない。
2018/01/16(火) 13:08 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
日本の良さだけを主張しても逆に日本の問題点の解決から遠ざかる。
「日本は壊れない国である」
はたしかにそうです。
誰もが常に生涯を通じて「愛と喜びと幸せと美しさ」を求める民
でもあります。

しかし、その壊れないために自ら犠牲になった者たちへの感謝や具体的行動(例えば遺骨収集)の乏しい国です。
そして「愛と喜びと幸せと美しさを求める民」はその逆の策略・強奪の国に汗水たらして蓄えたものを奪われる能天気な民です。

今、日本、日本人をたたえるテレビ番組が多数増えた中、
日本を壊そうという番組もまた勢力保持のままです。
2018/01/16(火) 10:37 | URL | and #aYDccP8M[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク