アクセスランキング
FC2ブログ

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


新しいことをはじめると

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180117 売国議員
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
1月20日(土)18:30 第22回 百人一首塾
2月8日(木)18:30 第23回 百人一首塾
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
https://www.facebook.com/events/173204450082211/
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
https://www.facebook.com/events/2239063132986930/
 *****

真面目な話です。
周囲と違うことを言いだしたら、必ず批判し迫害され、バカにされます(笑)。
これは当然のことです。
なぜなら、周りの人々は、その時点では、全員が旧来の意見(違う意見)だからです。

周囲と違うことを唱えるということは、広義の意味における新説を提唱することです。
周囲の説を仮に旧説とするなら、旧説には実績があり、歴史があり、これによって形成されたヒエラルキー(階層)があり、富や利権があります。
新説は、周囲のすべてを「敵に回す」ことになります。
当然叩かれます。あたりまえのことです。

叩く側(旧説の側)に立つのは容易です。
周囲は味方(もしくは味方と思える人)ばかりだし、叩く意見は周囲から認められるから、批判も堂々とできます。
それは、なにやら自分が認められたような錯覚や、それによる快感を得ることもできます。

一方、新しいことを唱える側は、そうした批判にさらされることによって、自説を強化することができます。
だいたいにおいて、新説というのは、唱えられた最初のうちは隙間だらけで、これは今風に言えば「ツッコミどころ満載」状態なものです。
だから批判が必要です。
つまり周囲が敵となって四方八方から攻撃してくれることによって、新しいことを唱える側は、人も説も成長させることができます。
ですから、それはとってもありがたいことです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部



こうして批判に晒されながら説が強化され、説の証明が誰の眼にもあきらかになったとき、あるいは周囲に味方がひとり増え、ふたり増えして、それがむしろ世間の常識となったとき、これは狭義の「新説」となります。
このときになって、広義の新説は、はじめて世間から認められたことになります。
そこにいくまで、早くて20年、長ければ100年とも言われています。
それだけに、新しいことを提唱する人は、世間から認められないことを最初から覚悟しなければなりません。
そういうものです。

ただ、世の中には不幸にして、ろくでもない新説に巻き込まれてしまう人もいます。
良い例がオウム真理教です。
はじめからただの詐欺でしかないものを、あたかも人類普遍の真理のように唱えて、オウムは犯罪集団となりました。

あるいは世間にわかりやすくするために、意図的に歪めたものもあります。
大国主神話の因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)がその一例です。
古事記のどこにも「うさぎ(兎)」とは書いてないのです。
けれど、それを意図して「うさぎ」とすることで、因幡の白兎は、歴史を通じて子供達に良い影響を与え続けてきました。
それはとっても良いことであったと思います。

「失われたものを取り戻す」ということは、このような「新しい説を唱える」ことに似ています。
当用漢字にしても、昭和21年にGHQの指導によって、日本人から漢字を通じた推理力・洞察力・判断力・理解力、そして先を読む力、考える力を失わせるためという目的をもって、およそ2千字弱のよく使われる漢字が選ばれ、その文字が簡略化されました。

これによってたとえば、大人たちが子を一人前に育てるという意味の「學」が「学」となり、子が学ぶものが「学」となりました。
もともとは大人が能動、子が受動だった「學」が、子が能動、大人が受動にすり替えられてしまいました。

筆順も変えられました。
「必」は、「心」を書いてから「ノ」を書くものであったものが、「ソ」と先に書くように変えられました。
これによって、もともとの「必」が、心にビシっと刻む(ノ)という意味であったものが、何やら点をいっぱい打つだけのもの、足跡を残すためだけのものへと、意味が変化してしまっています。

和歌も、戦後に、テニヲハを工夫するだけの文字遊びのようにされ、とりわけ古典和歌は中高年のふしだらな男女の恋愛ソングのように扱われるようになってしまいました。

神話も、もともとは私たちの祖先が、後世に残してくれた子孫に伝えるべき大切な寓話としての神語であったものが、戦後には、ただの荒唐無稽な作り話や童話、あるいは妖怪譚のように扱われることになりました。
そして我が国の正史であった日本書紀は、ついには史書としての扱いからさえも外され、歴史学では取り扱わないものにされてしまうという結果を招いています。

その理由というのがふるっていて、これは戦前の研究者にも問題があったと思いますが、歴代天皇の寿命がありえないほど長すぎるといいます。
たとえば神武天皇は127歳(時年一百廿七歲)、垂仁天皇は130歳(時年百卌歲)と書いてあります。
なるほど、数字だけを見たら、長すぎるといえる寿命です。
しかし、原文を見れば「時年」と書いてあります。
この時代の「年」は、稲の収穫から次の収穫までを表し、当時は二期作です。
つまり年というのは、いまでいう半年のことです。
要するに神武天皇は63歳、垂仁天皇は65歳で崩御されたと記述しているのです。

この時代は、大和言葉に近い意味の漢字を手探りしていた時代です。
それには、相当の苦労があったことでしょう。
それでも、1300年前の私たちの先輩たちは、後世の人々に、日本の成り立ちをすこしでも整理してわかりやすく伝えようと、それは仮に大和言葉が失われてしまったとしても、漢字の象形性をもって、何千年経っても、その意義が失われないようにと、真剣に文書に取り組んでくださっていたことを意味します。

そうして諸先輩たちの苦心をまったく省みようともせずに、ただ「おかしい」と決めつけるのは、現代人の傲慢としか言いようがないものと思います。
もっと謙虚に、もっと素直に、ありがたいこと、尊敬すべきことと思って、しっかりと読めば、そこには限りない子孫への愛情が満ち溢れているのです。

逆にいえば、私たち日本人から、こうしたご先祖の愛を失わせようと画策した人たちは、日本人から愛を失わせようとした人たちであるということができます。
それはオウムとなんらかわりないことです。
道理で、戦後日本がオウム事件に破防法の適用ができなかったわけです。

ちなみにネット工作を専門にしている某極左系会社(仮にPC社と呼びます)は、インターネットの掲示板、ブログ、SNSなどへの対策専門の会社なのだそうですが、この会社の会長と称する人物は、名だたる極左系国会議員各位に、年間1千万単位の政治献金を行っています。

ネットでは、あからさまな粘着やしつこい個人攻撃などが反復継続して行われていますが、いわばその元締め役の、どうやらこれがダミーで、そこでは、IPアドレスやIDを無限に創作して(つまり複数の人になりすまして)投稿ができるツールが用いられ、ネット工作をしているのだそうです。
つまり、日本解体工作には、いまだ巨額の資金源があるということです。
これら工作によるものは、上に述べた「周囲を敵にする」とは意味が異なります。
これらは、情報テロ集団です。

いくら装っても、テロは言論ではありません。

下の本は、昨日出版されたばかりの本ですが、そのあたりのことが詳しく書かれています。
興味の有る方にはご一読をお薦めします。



お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ



関連記事
スポンサーサイト

コメント
相互主義
金沢工業大学の「伊藤俊幸教授」が産経新聞の正論に「中国軍には相互主義で対応せよ」という文章を寄稿していた。

中国は国際法に反する自国法を制定して、他国の船舶に対して中国の法を守れと強要している。それなら他国も中国に対して同じ法を作って中国にのみ適用すべきだといった内容です。

これは検討に値する提案ではないかと思われる。領海に関する法律だけでなく、不動産の取得などに関しても中国の国内法と同じ対応を取るべきではないか。日本の不動産を中国企業や個人が買い漁っているのは中国による侵略を許しているようなものだ。

中国では土地は国有であって、企業や個人は所有できず、賃貸借しか許されていない。中国に対しては全て相互主義で対応すべきではないかと思われる。
2018/01/19(金) 16:59 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

AdSense
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
AdSense
カテゴリ
月別アーカイブ
AdSense
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓






ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
AdSense
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

AdSense
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク